4年タカスポ杯

1-0AZUL SC、5-1大泉FC、0-4古河SS 会場 リバーフィールド古河

7/16タカスポ杯 4年生19人がリバーフィールド古河に集まった。
気温35℃近くある猛暑の中、選手達は一丸となって試合に挑みました。

予選リーグ
vs AZULSC (1-0,0-0)1-0 勝利
vs 大泉FC (2-0,3-1)5-1 勝利
決勝
古河SS (0-1,0-3)0-4 負け
優勝
古河SS
準優勝
フォルテ

vsAZULSC
毎回テーマにしてあるコミュニケーションや前からの積極的なプレス、プレスした所を予測してボールを奪う。
オーバーラップなどを意識する。
前半から積極的にプレスするフォルテ、相手チームも引けをとらない実力派。
球際ではフォルテが上だが、相手の連携したパス回しは相当な体力を奪われる。
猛暑の中交代しながら選手達を送り出す。
前半で先制点を上げ、後半も前からのプレスで相手チームを自由にさせない。良い形で試合が出来たと思いました。
結果 (1-0,0-0)1-0 勝利

vs 大泉FC
この試合はホワイトをメインに挑みました。やる事は1試合目と同じで、前からのプレスを徹底しました。
ここではセンターの2人が上手くハマり、相手チームの攻撃をさせてませんでした。
センターの2人は試合の中でお互いコミュニケーションを取っており安定したバランスでした。
その分攻撃にも力が入り得点も出来ました。結果(2-0,3-1)
5-1
勝利

vs 古河SS
ここではオレンジをメインにホワイトの勝利の後押しもあって選手達も気合い十分。
古河SSはパスで繋ぐサッカーで、よくサッカーを知ってるチームだ。
特に速いリスタートの切り替えは注意すべき所。
前半からパスで繋ぐ相手に対し、前からのプレスを徹底するフォルテ。
球際では本当に強くなった選手達。フォルテペースだが中々得点が出来ない。
相手GKのファインセーブに阻まれる。後半も前からのプレスをするが、この暑さで徐々に選手達も体力が消耗される。
選手交代もするが、相手チームのパスサッカーがここへ来てハマり始める。
フォルテの選手もプレスに行くが足が動かない。何とか必死にボールを奪いに行くもファールを取られる。
更に速いリスタートで切り替えが出来ず失点。
完全にガス欠になったフォルテは足が止まってしまい。勝つことが出来なかった。
結果(0-1,0-3)0-4 負け
準優勝 フォルテ

この猛暑日で選手達は凄く頑張りました。速いプレスでボールを奪う。球際の強さは練習の成果が出てました。
ここ最近の試合ではパスで崩される事が多く。凄く課題が出た試合でした。
強いチームとの試合も勉強になり良い経験になりました。
この猛暑日の中、応援サポートしてくれた保護者の方々、
帯同してくれた中村コーチ、国生コーチ、4年生コーチ本当にお疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

タカスポ杯結果0716

【7/21】4年SICリーグ

.
7月21日SIC組合せ改訂版_最終の最終

7月7日SIC組合せ改訂版

6月16日SIC組合せ

6月2日SICリーグ大利根G改訂版

七光台小学校グランド注意事項

大利根G注意20180401

【2018・SIC運営要綱】
2018・SIC運営要綱

SIC年間組合せ表2018年(第21回)改訂版②

【9/2~】6年全少2ndリーグ

                               .
■2ndリーグ(10チーム総当たり)
1stリーグにおいて1・2位を1部リーグ、3位以下を2部リーグに分け、再編成して実施。
9 月 2 日(日)
9 月 9 日(日)
9 月 16 日(日)
9 月 23 日(日)
10 月 7(日)
〔予備日〕
各土曜日
9 月 30 日(日)
10 月 14 日(日)

■第42回全日本少年サッカー大会千葉県大会
2ndリーグ1部は全チーム、2部は 1 位及び 2 位チームがエントリーできる。

開催日:開会式 11 月 3 日(土)
11 月 4 日(日)
11 月 11 日(日)
11 月 18 日(日)
決勝/11 月 25 日(日)

詳細は、2018U-12実施要項 を参照してください。

全日予選 1stリーグ
1stリーグ星取表0527

1stリーグ第5節_0603

1stリーグ第4節_0520
運動会延期の関係で、第4節は、20日⇒27日に延期

1stリーグ第3節_0506 野田市スポーツ公園案内図

1stリーグ第2節_0429

1stリーグ第1節_0422

全体日程
N-4リーク_組み合わせ日程(0412)

N-4リーク_組み合わせ日程(0402)

2018U-12実施要項

6年ライオンズカップ①

浦安ブルーウィングス4-2、FC三輪野江ビィクトリーズ5-0、道祖土SSS1-1(PK1-2) 会場 野田市スポーツ公園

ライオンズカップ1日目 2018/7/15(日)
梅雨も明け、連日の猛暑が続いている。
昨日の準備でも役員と保護者が汗をかきながら行った。
短く刈られたスポーツ公園に15名の選手が集まる。

このところ取り組んでいる、繋ぐサッカー。アップから意識した練習を行う。
練習を活かしたプレーが出ることを期待し、予選ブロック3試合に望んだ。

vs.浦安ブルーウィングス 4-2
vs.FC三輪野江ビィクトリーズ 5-0
vs.道祖土SSS 1- 1(PK1-2)

予選ブロック2位で通過となりました。

昨日の準備、朝早くからの準備と役員さん、保護者の皆さんありがとうございました。
お手伝いいただきました、コーチの皆さん、お疲れ様でした。

来週もよろしくお願いします。

詳細は
関谷コーチ、鈴木コーチ、黒澤コーチから。

谷津
—————–
朝から気温が高い中、15人が2週にわたる試合に挑みました。

第一試合
浦安ブルーウィングス
4-2

テーマは「繋ぐ」直接見る事はできませんでしたが前回の古河では繋ぐ事により体力を保ちながら前へ運んでいく事を学び、
それが上手く機能していた事を聞きました。
今回もそれをテーマに挑み、楽にと言う言い方はおかしいかもしれませんが、いかにこちらのペースでボールを回せるかを確認し、試合開始。

スポーツ公園特有のフィールド…草の為、ボールが止まってしまう。ある意味ホームグラウンドだが、いつもの力ではパスが繋がらない。
2点の失点もハッキリしないパスをカットされた。
パスが失速してしまうのなら周りがさらに寄ってあげるとか浮かして走らせるパスなど工夫をしてみよう。
そして6年の欠点だと思う所は開始のホイッスルと同時に100%で発進できないこと。
徐々に調子が上がる為前半戦がバタバタになってしまう。
気温により試合時間が6分3分6分ハーフとなり、エンジンがかかったなぁと思うとクーリングブレイクとなってしまう。
そんな中でも自分達で声かけをし修正して4点取り勝利。
アップの時からスイッチを切り替え体と気持ちをしっかり100%にし試合に挑もう。
暑い中よく走りました。

本日も暑い中、設営、応援と協力して下さった監督コーチ、保護者の皆様、ありがとうございました。
来週もよろしくお願いいたします。

2試合目に続く…

6年 鈴木
——————-
2試合目。

VS三輪野江ヴィクトリーズ5ー0。

1試合目の中途半端なパスミスの修正を心掛け試合に挑みました。
前半からサイド攻撃をしかけ、狙い通りに右サイドから先制点。
続いて中央からのワンツーで追加点。さらには左サイドから個人突破で3点目。
前半は左右と真ん中から点をとり3ー0で折り返す。

後半は、メンバー交代を行い全員サッカーで追加点を目指し、結果5ー0で勝利。結果は良かったが、
試合を有利に運ぶためのパス回しはまだまだで、スローペースになった時に相手に合わせてしまうところもあり、
今後の強敵との対戦を考えると課題も多い試合であった。
Hブロック1位となり、来週の順位決定戦の1位リーグをかけ、Gブロック1位との最終戦に臨みます。

本日も猛暑の中、会場設営や試合運営に協力いただきました監督、コーチ、関係者、保護者の皆様、ありがとうございました。
選手達も暑さに負けず精一杯頑張っておりますので、今後も熱い声援をお願いします。

6年 黒沢
——————-
第三試合

vs 道祖土SS 1-1(PK1-2) ★

2戦目の快勝により、Hブロック1位で通過した。3戦目はGブロック1位の道祖土SSとの順位決定戦に挑む。
猛暑での試合のため、選手の体調面も考慮し計画的に休憩、食事、アップをしてきた。
選手同士の声掛けも前向きでチームの雰囲気も良かった。
試合は序盤から相手ペースとなり、右サイドから突破されライナー制のセンターリングを中央でダイレクトで合わされた。
ボールはGKの股を抜かれゴール。
フォルテも見習いたいほどの鮮やかな連携だった。
飲水タイムで気持ちを切り替えたことで、そこからフォルテにボールが回るようになる。
左MFからスルーパスをFWが受けGKを上手く抜き去り同点ゴール。
その後、何度か得点チャンスはあったが決めきれず試合終了。
PK戦は(1-2)。GKのファインセーブもあったがPK戦の難しさを知った。
チームの雰囲気も良く、モチベーションも高かっただけに悔しい敗戦となった。

保護者の皆さん、猛暑のなか運営準備、熱い応援ありがとうございました。
監督コーチもお疲れさまでした。
また来週も引き続きよろしくお願いいたします。

6年 関谷

5年活動報告

                                  
変換 フクダ電子アリーナ

18期生(現中1)に続き、ジェフユナイテッド千葉のホームゲームに招待していただけるということで、
フクダ電子アリーナで行われたジェフユナイテッド千葉対ツエーゲン金沢の観戦に行きました。

残念ながら千葉は敗れましたが、両チーム合わせて7得点が生まれた試合は、
セットプレーやカウンターなども含め様々な形があり、選手にとっても刺激になったと思います。
食事に夢中な選手、プレーを見てメモをとる選手、それぞれの個性も見られました。

朝から2ブロック予選もあり疲れた中でしたが、選手たちにとって良い一日になったと思います。

お疲れ様でした。

飯塚

5年2B予選②

2-0ラビットキッカーズ 会場 野田市スポーツ公園

●2B予選② 2018/7/15(日)
2-0ラビットキッカーズ 会場 野田市スポーツ公園

5年生2B予選 速報

フォルテ野田 VS ラビットキッカーズ
2-0 勝ち

フォルテ5年生
2B予選を 2勝 1引き分け
予選 1位 通過

おめでとうございます。

試合 詳細は、後ほど国生より

5年コーチ 国生

●2B予選① 2018/6/10(日)
2-1FC ALMA松戸、1-1流山隼少年SC 会場 野田市スポーツ公園

VS FC ALMA松戸
2-1 勝ち
貴重な勝ち点3

VS 流山隼少年SC
1-1 引き分け
2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。
次節7/15(日)に持ち越しになりました。

5年コーチ 国生
———-
いよいよフォルテ5年生での公式戦が、本日 開催される。
今まで、様々な練習&試合で 沢山のサッカーを学んできたことを全部出し切れる試合になって欲しい。
梅雨の季節に開催するので、天気が心配でしたが河川敷グランドの為、対戦チームへも 基本 雨天決行の連絡をして開催する事が出来ました。
フォルテ5年 2B 会場主幹の為、前日準備&当日 朝6:45~会場準備 チームスタッフ&保護者 の皆様により 早めに準備をする事が出来ました。
本当にありがとうございました。

本日の、第1試合目は9時~で、フォルテの試合は第2試合目の10時~
対戦相手は FC ALMA 松戸。

松戸のチームは、どのチームも強い印象があり、どんなサッカーをして来るかもわからないですが、
フォルテ5年生が、今、挑戦しているサッカーをしっかり出来れば、良い試合が出来る。

VS FC ALMA 松戸
10時~の試合で、しっかりと体も気持ちも準備が出来ていたので、試合の入り方はよかった。
最近 5年テーマは、チーム全体で、前に出てプレスをかける事。
開始から気持ちの入ったハイプレスサッカーが出来ている。
相手コートでのプレーが続く中、左サイドからの攻撃に右サイドの選手がゴール前に飛び込み ゴール フォルテ先制点。
選手、ベンチ、保護者 全てが喜びに溢れる。
しかし、浮き足だってたのか?その後、1分もしない内に同点にされてしまう。
失点は、中盤でのプレスが甘く、センターバックが最後に身体を寄せきれないで、ドリブルシュートを決められてしまう。
一言で言えば「軽いディフェンス」。
この1年間の内に、練習したディフェンスの仕方をもう一度思い出して欲しい。
ここで、前半終了。1-1 同点

ここ最近のフォルテ5年生の試合では、先制点するも追いつかれて、更に逆転される事が多かったので、
ハーフタイムで集中力と落ち着き、を取り戻して後半に挑んで欲しい。

後半は、自分が私用の為、いなかったので…
左サイドプレーヤーのスーパーシュート(想像です。)が炸裂して2-1にて貴重な勝ち点3をもぎ取る事が出来ました。

VS 流山隼少年SC
第2試合目は、流山隼少年SCとの試合。
フォルテの試合より前に試合をしていたので、相手の特徴を選手達に伝える。
センターバックの守備力があり、ロングフィードがうまい。チャンスになるとドリブル突破で攻撃参加をして来る。
フォワードの選手が、小柄ながら足が速い。
など、相手チームの特徴を伝え試合に挑む。
相手チームがどんなチームだろうと、今のフォルテ5年生のテーマは変わらない。
前線からのハイプレス&高いディフェンスラインにて攻撃の厚みを作る。
しかし前半、一瞬の隙をつかれて1点奪われてしまう。
気持ちが落ちてしまうかとも思ったが、選手同士で声を掛け合い上を向いて試合に戻る。

後半になっても、前線からのハイプレスで体力も限界の中、チームのテーマを全員が頑張り、一進一退の攻防が続く。
相手チームも、追加点を狙いに前がかりになってきたので、前線の選手をなるべく前に残るように伝えると、
フォルテのカウンターが見事に決まり、同点に追いつく事が出来ました。
最後まで勝利目指して走り続けましたが試合終了のホイッスル。

1-1 引き分け

2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。

本日、勝ち点4
流山隼少年SC様は、日程の関係で、本日3試合して頂き 勝ち点4
フォルテ5年生は、次節の試合にて、引き分け以上で予選通過。
1ヶ月後の次節2B予選に向けて、更に練習して成長する事で予選通過が見えて来ます。
本日の試合で、出来た事、出来なかった事をチームスタッフで確認して練習にて修正して行きたいと思います。

最後に、FC ALMA 松戸 様 ?流山隼少年SC様 ラビットキッカーズ様
本日は朝早くから天候不順な中の公式戦、ありがとうございました。
7/15に次節開催させて頂きますので、よろしくお願い致します。

スケジュールの関係で、フォルテ4年生にTRMに来て頂きました。
フォルテ4年生 選手、指導者、保護者の皆様 天候不順の中、協力して頂き本当にありがとうございました。

審判部、野口コーチ

審判確認含め、サポートして頂きありがとうございました。
少しトラブルもありましたが、無事終了する事が出来ました。
引き続きサポートをお願い致します。

3年 篠田助監督
応援に来て下さり、更に本部運営もサポートして頂き、ありがとうございました。

フォルテ5年生、指導者、保護者の皆様。
2B 会場主幹の為、前日準備、当日も朝早くから準備をして頂き、更に本部運営 本当にお疲れ様でした。
自分自身、初めての主幹運営で、不慣れな為、大変ご迷惑をおかけしましたが、無事1日目を終了する事が出来ました。
次節7/15も会場主幹運営になりますので、ご協力をお願い致します。

フォルテ5年生は、様々な人にサポートして頂き、サッカーを思いっきりする事が出来ています。
それを、1人1人が成長した姿を見せる事が大事になりますので、1日1日の練習を真剣に取り組んで行きましょう。

フォルテ5年コーチ 国生

3年生交流試合

会場 清水台小学校

3年生交流試合結果
vsペラーダジュニアーズ
15分x5本
1.1-0 ○
2.3-1 ○
3.0-1 ×
4.3-0 ○
5.3-1 ○

今日は37度を超える暑さとなり試合前から体調不良を訴える選手が出るなど厳しいコンディションでの試合となりました。
クリーングブレイクを入れながらの15分マッチを5本。
・ディフェンス時のポジショニング(カバーに入る)
・オフェンス時では練習で取り組んでいるワンツーを使う。
をテーマにしました。
ペラーダさんは4年生の合宿に参加しているメンバーもいて半分くらいは2年生という混合チーム。
体力、体格で勝るフォルテが優位な立場で試合をコントロールする場面が目立つ。
しかし、どこでワンツーを使ったら効果的なのか?自分で持ち込めるのか、味方選手を使うのか?
ボールを持った選手の状況判断の遅さや選択肢の少なさからボールを奪われるシーンが目立つ。
対してペラーダさんの方がパス1つとってもそこに意図が感じられてプレスに来た選手を巧みにかわしていました。
周りを見る視野、状況判断は今後意識していきたい点です。
ドリブル主体からパスを取り入れてまだ間もなく選手同士の意思が噛み合わない部分が多く
得意なプレーが身を潜めている印象ですが声を掛け合い試合を重ねながら高めていってもらいたいと思います。

今日は外にいるだけでクラクラしてしまう程の暑さの中、選手たちはよく走りました。
来週も東葛があるなど、夏場の試合も続きます。しっかり睡眠と食事をとるようにしましょう。

暑い中ペラーダさんありがとうございました。
保護者の皆様も設営、冷やしタオルなどの準備ありがとうございました。

執行

【終了7/8】3年第2ブロック

                                           .

2ブロック予選_最終結果

●タイムテーブル⇒第2ブロック3-5グループ 更新  

———————-
2018年_第2ブロック予選リーグ組合せ_20180511                                      

6年古河JSC交流試合

会場 古河リバーフィールド

①vs シャルムグランツ 8-0 ☆
②vs 壬生FCユナイテッド 0-1 ★
③vs 古河JSC 1-6 ★
④vs シャルムグランツ 1-0 ☆
⑤vs 古河JSC 3-0 ☆

30℃を超える初夏の中、古河リバーフィールドに15人の選手が集まった。
W杯期間中も重なり、選手の会話もスター選手のプレイで持ちきり。
今日のテーマは「つなぐサッカー」。
これは全小予選終了してからブレずに取り組んでいることもあり、練習の成果も試したいところ。
①~④TMではパスをつなぐ気持ちがある時とそうでない時で試合の運び方が変わってくる。
特に①では8点のうち4点はサイドから1点は中央の連携パスから決めている。
つなぐ気持ちのきっかけになる価値ある大勝だと思う。
最終戦⑤では更に飛躍が見られた。「サイドは下がってもらおう」「広がって展開しよう」と選手同士で話し合う。
選手の意識も高いと試合結果にも反映される。
パスもつながり選手たちは連動していた。ボールが連携するサッカーの楽しさが分かってきたと思う試合だった。

暑い中、保護者の皆さん応援ありがとうございました。
監督コーチもお疲れさまでした。
県大会1勝を目指して、三位一体で頑張りましょう!

6年 関谷

【終了7/8】KKリーグ第4節

                           .

●KKリーグ第4節2018/7/8(日)
4節結果

4節スケジュール
4節対戦表
4節駐車割

●KKリーグ第2節2018/6/10(日)
KK第3節結果

スケジュール3節
対戦表3節
駐車割3節

●KKリーグ第2節2018/5/13(日)
KK第2節結果

スケジュール
対戦表
駐車割

●KKリーグ第1節2018/4/8(日)
KK第1節結果

修正版(4/3)
KK4.8スケジュール_1
KK4.8対戦表_1
KK4.8駐車割当_1

—————————–
KK4.8スケジュール

KK4.8対戦表

KK4.8駐車割当

———————
●2018年度KKリーグ要項
2018KK日程(要項に掲載の表から変更有)

2018フォルテ野田KKリーグ要項

4年TM FCグラーナ

会場 常総運動公園 .

7/8(日) 交流試合 常総運動公園に4年生16人が集まりました。
公式戦が近いので兼ねてオレンジ、ホワイトと分けて試合をさせて貰いました。

●フォルテオレンジ
20分2本、15分2本 途中給水タイム有り。
1本目
vs FCグラーナ (1-1)
2本目
vs FCグラーナ(1-4)
3本目
vs FCグラーナ(1-3)
4本目
vs FCグラーナ(2-2)

FCグラーナとは以前、TMをしており、個の力も有り組織的プレーの印象が有りました。
この時は何本か勝たせて貰いましたが、今回は勝てるどころか、ボールすら中々奪えず
球際では完全に負けてました。相手のパスは以前よりもかなりの質が高く、
ダイレクトパスでの繋ぎはフォルテの守備が完全に崩されての失点でした。
フォルテもプレスをかけるも、相手チームの周りの動きに翻弄され、自分達の本来の力も出せずに終わりました。
数ヶ月前までは、互角な試合をしていたチームに、ここまで力の差を付けられたと痛感しました。
それでも選手達には貴重な経験になったと思います。
練習ではパスやトラップ、シュートの質などを上げ、球際での力を身に付けたいと思います。

本日は応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同審判での岡野さん、有り難うございました。

ホワイトは矢嶋コーチに見て貰いました。詳細の方宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚
——————–
●フォルテホワイト
フォルテ4年B vs FCグラーナB

1戦目 (20分×1) 3-0
2戦目 (20分×1) 2-1
3戦目 (15分×1) 3-1
4戦目 (15分×1) 4-0

公式戦の真っ只中という事で、チーム分けも公式戦登録のオレンジ(A)、ホワイト(B)で臨んだ練習試合、Bチームを見させていただきました。
人数が足りなかったため、試合毎にAチームから2人借りる状況でした。
普段、2トップの一角として出る選手を怪我で欠いていたので、得点力の部分で心配はありましたが、
そこはAチームからの助っ人が余りあるほどに埋めてくれました。

4戦での得点は全てAチームの選手によるもの。
そこは残念ではある。
Bチームのメンバーの課題の1つ。
前線の選手がボールを受けた時、どう運んでどうシュートまで持ち込むか。
形さえできればいいシュートを打てる選手もいるので、そこまでの過程に自信を持てればもっと変わってくるのかな、と思います。
守備面では、DFの2人が体を張って頑張ってくれていました。
全体として、相手ボール保持者に対する寄せのスピードが遅く、自由にボールを回させてしまうところがあった点、
味方が相手ボール保持者に寄せてコースを限定した後、次にボールが行くであろうコースを切る動き。
このあたりはとても気になった。

「失点については明確に指示を出せない俺(矢嶋)の責任だから気にしなくていいからねー」
試合中にこう伝えたところ、
「いや、僕が悪い!」
ちょっとびっくりしました。
こんな返しをしてくる子達なので、すぐ修正していけると思います。

今日は初めて1チームを1人で見させてもらって、自分自身に足りないものが多すぎて、戦術的な指示も出してあげられないし、そんな中選手たちは素直に話を聞いて頑張ってくれたと思います。
自分も選手達と一緒に頑張ろうと思わされました。

保護者の方々、4戦ずっと審判をしていただいた岡野さん、ありがとうございました!

矢嶋