5年2ブロック予選②

まつひだいSC 、流山東部FC 会場 流山東部スポーツフィールド

台風が先週同様に迫るなか、流山東部スポーツフィールドにて
5年生10名、4年生1名にて残り2戦に挑みました。
5年生は集まったのは10名だが、怪我でプレー出来るのは8名。
厳しい状況だ。

vs.まつひだいSC 0-14 敗戦
vs.流山東部FC 3-5 敗戦

まつひだい戦では、会場入りからアップの時点で相手の雰囲気に飲まれてしまっていた。
流山東部戦は前半0-4で折り返すも、後半に持ち直し3点を奪取。
追いつくことが出来なかったが、一本目からの気持ちを切り替え、良く戦えていた。
特にいつもベンチスタートとなる選手がスタメン出場し、必死に戦う姿にチームメイトも勇気を貰ったと思う。

得点は沢山失ってしまったが、最終戦でチームとして闘うことがきっと選手達の心に刻まれたと思う。

来週は東葛大会の第2節。
是非ともチームとして戦って結果を残してほしい。
本日戦えなかった選手。
チームのみんなが待っています。
たとえフィールドに立てなくとも気持ちは一緒です!

詳細は一也コーチより。

保護者の皆さん。
先週から順延となり、車出し等ご面倒をおかけしました。
応援、サポート、悪天候のなか、ありがとうございました。
運良くそれほど強い雨にもならずに試合が出来ました。
對馬コーチ、審判帯同ありがとうございました。

添田コーチ、最終戦まで日程調整等、ご苦労おかけしました。
ありがとうございました。
(谷津)

天気が不安定な中5年生10人、4年生1名で2B予選2日目に臨む。
会場到着後、試合準備をする時に1試合目の相手のまつひだいSCさんのアップの声の大きさ、元気さにフォルテメンバーは圧倒された雰囲気。フォルテメンバーもその近くでアップを開始するが、完全にのまれている。

1試合目
VS まつひだいSC 0-14 負け

普段、スタメンメンバーがケガや欠席でいつもとは違うメンバーでスタート。
完全に相手の雰囲気に飲まれて、相手ペース。最初の失点から立て続けに失点をされる。前半0-6で終了。ハーフタイムには指導者陣から必死に声をかける。
後半開始。まったく変わらない。やはり、失点を立て続けに許してしまう。まったく、チームとして戦えていない。終わってみれば、後半で8失点もしていた。
一人一人が個々でサッカーをしているようで、自分が抜かれても追わない、フォローにも行かない。もっと仲間を信じて、仲間の為に頑張る気持ちをもってやってもらいたい。

2試合目
VS 流山東部FC 3-5 負け

1試合目終了後、ミーティングで全員がインターセプトを狙うをテーマに2試合目に臨む。
試合開始直後は、前試合を引きずってる感じで開始直後から失点。前半は自分達のペースに中々もっていけない。前半を0-4で終わる。ハーフタイムで指導者陣からまたも必死に声をかける。
後半開始。やっと声もかけ合い雰囲気がよくなってきた。後半開始5分やっと前線中央2人のパス交換から得点をとった。そこから連続でもう1点追加点。チームとして動きはじめ、果敢に攻め相手ゴールに攻め立てる。守備も全員で守り失点もしない。後半15分、DFの選手が自陣から3人抜いて前線の選手にパス。それをさらにドリブル突破し3点目を取り、1点差までつめる。そのままの勢いでもう1点いきたかったが、終了前に失点を許し終了。

5年生の選手は普段の雰囲気は良いのだが、試合になると個々になってしまい、チームで助け合う部分が足りないのと気持ちで負けてしまってる部分が多く、そこが1番の課題になっていくと思う。皆んなが一つになった時の力は十分に備わっている。2Bの予選は全敗と言う結果になってしまったが最後の試合は全員で戦えていたと思います。まだ、東葛予選が残っているので、最後の試合の様な試合をすれば勝ち上がれると思います。皆んなに期待したいです。

悪天候の中、車出しサポート、応援に来ていただいた保護者の皆様ありがとうございました。

審判帯同していただいた、對馬コーチありがとうございました。

今後も遠征、試合などご協力宜しくお願い致します。
(瀬能一也)

2022年度 東葛地区少年サッカー大会 要項

東葛地区少年サッカー大会(8人制)実施要項
東葛地区少年サッカー大会 (11人制) 実施要項
2022年度 東葛地区少年サッカー大会 組合せ表 U9 3年生
2022年度 東葛地区少年サッカー大会 組合せ表 U10 4年生
2022年度 東葛地区少年サッカー大会 組合せ表 U11 5年生
2022年度 東葛地区少年サッカー大会 組合せ表 U12 6年生

5年東葛大会予選リーグ①

南流山SC、矢切SC  会場 江戸川河川敷グランド
5年東葛予選5Bグループ

江戸川河川敷グランドに5年生12名、4年生2名にて挑む。
2ブロックでは結果を出せていない。東葛では結果を出し、是非ともチームと選手の自信をつけてもらいたい。

vs.南流山SC 6-1勝
vs.矢切SC 1-1引き分け

もっともっと、自分と仲間を信じて貪欲になってもらいたい。
ガッツのあるプレーが出てきてほしい。

小西監督、對馬コーチ、GKコーチング、審判帯同ありがとうございました。
保護者の皆さん、車出しと応援、ありがとうございました。
次節は10月2日の予定です。

詳細は担当コーチより。
(谷津)

東葛予選5Bグループ
1試合目 vs南流山SC(4-0,2-1)6-1
2試合目 vs矢切SC(1-0,1-0)1-1

11日、東葛予選が江戸川河川敷グランドで行われた。ピッチは横縦と共に狭く、イレギュラーが起こりやすいグランドだ。
5年生12名、4年生2名の14名で挑みました。
試合前のミーティングではそれぞれのポジションの役割りと攻撃時の幅の使い方、守備ではチャレンジ&カバーを再確認する。とくに1DFの判断(チャレンジの優先順位)、2DFは1DFの状況に応じた判断を早くする事、あとは普段の練習の成果を出すだけ。

1試合目
vs南流山SC
序盤からフォルテのペースに持ち込む。サイドがフリーになる事が多い中、絶好のチャンスもゴールとはならない。相手GKのファインセーブに阻まれる。焦りのせいか次第にボールしか見えてない状態だ。ボールを奪った後、幅を使う事が出来ない、当然スペースが作れない。ドリブル突破も狭いところに行ってしまう。ベンチから「幅を使え」と指示を送り、ようやく意識してきたのかサイドが再びフリーになる事が出来た。開始5分には中央から左サイドへ、ドリブルからショートパスで繋ぎ、見事なゴールで先制点を上げる。更に4年生の活躍も有り追加点を重ねた。13分には右サイドからセンターリングを上げヘディングで3点目、サイドを使い分けながらの追加点も有り前半を4-0で折り返す。

後半はDF陣とGKとの判断が良くない、コミュニケーションを取れていないのが不安だ。後半開始7分に的中してしまう。GKへのバックパスの対応が取れずに相手にボールを奪われ失点を許してしまった。お互いに見合ってしまい痛い失点だ。声を一つで変わる状況も有ることを学んで欲しい。それでも攻撃陣の活躍も有り、コーナーキックから頭一つ越える高さあるヘディングシュートを叩き込んだ。後半はもう1点追加し試合終了。
シュートの数に対して得点が少なすぎるのは反省しなければならない。

2試合目
vs矢切SC
初戦の相手と違って、身長が高く女子3人率いるチーム。アップから声を出して活気のある良いチームだ。片やフォルテは声が小さい。相手の雰囲気に呑まれてる感じだ。お腹を壊す選手、負傷を訴える選手、そんな気持ちで戦えるのかな?フォルテは連戦で20分開けての試合となった。選手の体調を考慮しメンバーを代えて挑んだ。どの選手が入ろうが、いつも練習してきた事をやるだけ。
前半は攻守の切り替えが多く、相手のペースに呑まれることなく互角の戦いとなった。
お互いサイドを使う場面が多く、1対1の勝負所も増えてきた。相手サイドの女の子は身長も高くドリブルが多彩でフィジカルも強い。フォルテもボールを奪いに体をぶつけるも逆にやられてしまう。それでもチャレンジ&カバーで補う。何より相手選手のボールの受け方が全体を見れて常に進行方向にトラップをしている。
徐々にフォルテDF陣の連携がズレ始める、ボールしか見えてないのかボールの方につられて自分のポジションを開けてしまう。
そんな中、自陣のゴール付近でパスを受けようと、相手ゴールに背負向けてボールを受け、背後から来た相手のプレスに焦って、手薄になった所にパスを出してしまいインターセプトされてしまった。当然だがゴール付近での状況なので、そのままシュートを打たれ失点を許す。もっと体の向きを拘って欲しい。後半もDF陣の連携が取れない、背後を取られるパターンが多い。それでも前半のミスを取り戻そうとGKのスーパーセーブが光る。それを観て後押しされたのか、体調不良していた選手が「試合に出ます」と言ってきた。選手交代しピッチの中へ。温存してた分良く動いてくれる。フォルテの起点がようやく出来た。前半は思い通りのサッカーが出来なかったが、チームの起点が出来た事で息を吹き返す。残り時間が少ない中、途中から入った選手が強烈なミドルシュートを打って同点に追い付いた。ベンチからも保護者からも歓声が響く。気持ちのこもった強烈なシュートはこの日最高のパフォーマンスになった。試合は引き分けに終わったが、皆が「負けたくない」と言う気持ちがあったからだ。全ては気持ちの持ちようだと、今回の試合を通して思えたなら収穫は得たんじゃないかと思います。
今後はメンタリティーを強くしなければならない。チーム皆で頑張ろう。

応援サポートしてくれた保護者の皆様、帯同してくれた小西コーチ、對馬コーチ、有り難うございました。
(飯塚 裕司)

5年夏合宿 サマーカップ(神栖市)

3年生から6年生まで合計6回の合宿で自立した選手を育てる事を目的に実施しているフォルテ合宿。

コロナ禍のため3年生以上の学年で3年ぶりに実施
先週の6年23期に続き345年生は2022スポーツランドサマーカップ(神栖市波崎)に参加。

予定通り、6時集合、6時20分過ぎに出発にてスタート出来ました。
行ってきます。
見送りに来ていただいた、コーチの方、ありがとうございます‼️
(谷津)

途中、発酵の里道の駅7:30着7:45発、予定よりほんの少しだけ早めに現地に到着。
(井上)

【神栖合宿 1日目】
【5年生24期】
  vs.エース 1-4 負け
  vs.ACリベロ 4-2勝ち

初戦からとにかく立ち上がりから悪い。
体をはる、攻守の切り替え。
悪いことがでてしまった。

二試合目は四年生の助けもあり雰囲気が変わった。
五年生チームで雰囲気、リズムが変えられたら。

午後ももう一本ある。
変われるか。
(谷津)

午後からの一本、
先ほどの、四年生の助けで変わった五年生、自分達でどうしたらと
問いかけながら、アップに挑む。
しかしながら。
 vs.新田 0-10負け

今夜のミーティング、
自覚がキーか。
詳細は担当コーチより。
(谷津)

【神栖合宿 1日目 戦評】
【5年生24期】
vs.エース 1-4 負け
vs.AC.リベロ 4-2 勝ち
vs.新田 0-10 負け

 5年生2名欠席の10名の参加でスタート。
会場到着後、試合準備をしアップスタート。
ダラダラやっている感じがあり、帯同して頂いた小西監督から注意を受けるスタート。
 案の定サッカーになっていない。指導者から指示をだすが、選手達は返事をするが本当に伝わっているのかわからない。
 2試合目には、4年生にサポートをお願いした。
4年生のメンバーは必死に走りチームの雰囲気を変えてくれた。そのおかげで勝利する事ができた。その時にベンチに居た5年生はどう思っていたのだろう。1、2試合目の違いを5年生で話しあい3試合目に挑む。4年生サポートを借りるが、5年生の動きがまったく噛み合わず大敗をした。
 1日通して、個でサッカーをしている感じで、味方のフォローをしたり、声かけが全くできておらず、それが夜のミーティングの議題になった。ミーティング時に谷津監督からの問いかけにも沈黙が続くが、必死にどうすれば良いのかを考えさせ、次の日の為に長い時間話し合った。
(瀬能一也)

【神栖合宿 2日目】
【5年生24期】
昨晩のミーティング。
選手一人一人、チームの一員としてチーム、仲間の為に何が出来るか。
ゲーム中のコーチングは誰がいつする?
コーチからの問いかけに、
見えない壁があり声が出ない選手たち。チームで戦うにはチーム力がほしい。
コーチ陣は粘り強く選手達と向きあった。
本日の選手たちのパフォーマンスに期待。

  vs.梅郷1-3負け
  vs.草加Jr2-3負け
 交流戦
  ACリベロU-10 4-0勝ち

先制するも勝ちきれない。
ハードワークとは?
チームプレーとは?

交流戦は別学年指導者のアドバイスもあり、充実した試合となった。

保護者さんより、多数の選手への差し入れ、ありがとうございました。
スイカ、とても美味しく皆で夕食のデザートでいただきました。

植竹会長、関係各位、
初合宿ということもあり、
何かとご配慮いただきまして、
ありがとうございました。

保護者の皆さん。
初めての合宿で、色々とご心配なこともあったと思います。
選手達は親元を離れ、自分たちで考え、判断し行動することに努めました。
時には低学年を思いやり、上級生として動いてくれました。
是非、思い出、反省、聞いてあげてください。
帯同いただきました、指導者、保護者の皆さん、初めての合宿、
無事に笑顔で帰ることができました。ありがとうございました。

詳細は担当コーチより。
(谷津)

【神栖合宿 2日目 戦評】
【5年生24期】
vs.梅郷 1-3 負け
vs.草加jr 2-3 負け
交流戦
vs.AC.リベロu-10 4-0 勝ち

 梅郷戦では、先制する。チームの雰囲気は良いが追加点は取れず、逆に失点してしまう。また、昨日のよくない状態にチームは戻ってしまい、さらに追加点を許し負け。また試合終了後、話し合い。
 2試合目の草加jr戦では、先制点を許すが気持ちは切れずペナルティーエリア内でファウルをもらいPKで同点にする。その後も点を取り合うが試合終了前にはまたまた、昨日の状態にもどり、結果は負け。その状態を見て、3年生の佐藤監督が交流戦を指揮していただきました。選手にはサボったらすぐに変えると伝えた。選手達は必死に走っていました。声も出ており、チームで戦っていると感じられました。普段の練習、試合では居ない佐藤監督がベンチから必死に声を掛けてくれる姿に選手も必死に答えてくれたように見えた。
 佐藤監督ありがとうございました。選手達にはとてもいい刺激になり充実した試合だったと思います。
 この合宿では、今後の課題がいっぱい出たとおもいます。選手達に指導者からの想いをしっかり捉えてもらい、今後の練習、試合に活かし変わっていく事に期待したいです。
 合宿での生活面に関しては5年生はしっかりしていたと思います。
 植竹会長、2日間運転ありがとうございました。合宿、関係各位本当にご苦労様でした。今後も宜しくお願い致します。
 (瀬能一也)

【5年神栖波崎合宿 (生活)】
24期生初合宿。
お盆休み前に、合宿説明会を行う。
おこづかい、お菓子、自由と聞いて、テンションが上がる選手が数名。説明会から旅行気分だ。
安心してくれ。おこづかいを使う所は合宿先周辺にはない。
はたしてお菓子を食べる余裕があるかな?

来年度のフォルテトップチームの自覚の為に今回の合宿は先ずは自律を促すこと。
自分のことは自分で。
5分前行動で時間を気にする習慣を身につけ、自己管理を促すこと。

一日目
集合から出発までは、早朝ではあったが保護者、指導者の助けもあり、なんと予定通りに出発。
先ずは順調なスタートとなった。
バスの中では三年生と一緒。直ぐに騒ぎ出すかと思ったが、おとなしい。どうやら朝が早すぎて、眠いらしい。
途中休憩の道の駅。出発時間を告げ、5分前には戻ってくるようにと促した。
道の駅にはコンビニもあり、下級生も上級生も迷わず買ったり買わなかったり。
買っていいですか?と聞いてくる選手も。バスを汚さなければ、いいよ❗️
出発時間に遅れる選考も無く、会場に予定より少し早く到着出来た。

午前の試合が終わり注文したお弁当での昼食。全員が完食?していたが、やっぱり梅干し。カリカリのは食べなれないかな?
大人も同じお弁当なのだが、完食後におにぎりを食べる選手が。
そんな細い体の何処に入るの?

午後の試合も終わり、下級生よりも早く宿泊先へ。
宿に向かうバスの中で部屋割り、部屋長の発表。どちらにも反応が薄い選手たち。
部屋長はコーチからの指示の伝達、部屋の管理と、責任があります。
宿に到着すると、有難いことに未だ他チームも居ない。
本日一番盛り上がり騒いだのは、この宿の部屋に入った時でした。

宿の方から洗濯は早めに済ませたらと、アドバイス。
それではと早速、洗濯スタート。
部屋毎に洗濯機へ投入。あっさりと回り始めるのと、やたらボタンを押しまくり、なかなかスタートしないもの。後でコーチがこっそり調整し直したからね‼️
それでもナゼかもう一度洗い直した選手が。
これが脱水をしないで、干したらしく皆で助けたとか。オイオイ。

夕食までは各部屋で本日の振り返り。さっさと終わらせて⁉️カードゲームをやる選手が数名。
振り返りと明日の目標、きちんと書いたよね?

お楽しみの夕食。
ご飯、お味噌、お水は配膳してね。コーチ、保護者の分もお願いします。
ここでは皆がバラバラに動く。
作業分担出来てほしいな。
夕食はかなり多い。大人でも、ね。
デザートは保護者さんから差し入れていただいた、スイカ。
宿のご厚意で切って食べやすい大きさに。ありがとうございます❗️
おいしかった○太朗スイカ。

初合宿のミーティング。
流石に身に付いた?
ミーティング部屋に5分前に行くと既に全員集合し話せる体制で座っている。これは合宿の成果ですね‼️
ミーティングはチームになること。全員で助け合うことがテーマ。ミーティングのことはまた後程。
ミーティング終了後は寝るまで自由。就寝時間は自由。明日の起床を考えて寝るように。
こっそり23時過ぎに覗いたら、
一部屋は電気消して未だ眠っていませんでしたが、残り二部屋は寝てました。

二日目
昨日も早かった朝。今朝は起こしてくれる人はいない?仲間が起こしてくれるかも。
流石に4時半だと未だ暗い。
やがて目覚ましが鳴り始めた。

朝の散歩、ランニングの集合時間には全員が揃った。
お散歩は約1.5km.先の波崎新港。
港には沢山の釣り人が。
帰り際、片側三車線はあろうかという。見事な直線道路が。
有難いことにスタートライン?
らしきものが。
ここで、100m走かぁ?とけしかけるコーチ。え~❗️と言いながらナゼかスタートラインに並び始める走者。
結局、200mくらい?走りそのままランニングで帰ることに。
なんだ、まだ走れたんだね。
宿に戻るとここからが忙しい。
朝食から出発まで一時間無い。
朝食、出発準備、部屋片付け、
時間が足りない。
昨晩の夕食の反省から配膳時間を考えて朝食集合時間を10分前に。
集合時間には集まり、配膳を始める選手達。今度は作業分担してテキパキと行います。流石の五年生
やれば出来る!
配膳も終わり、下級生を待っているも現れない。朝の散歩からの戻りが遅れているようだ。
すると、五年生達が動き始めた。今度は下級生の選手分、コーチ分も分担し配膳し始めた。
下級生達を気づかい、全員分を確認。えらいぞ❗️上級生たち。
五年生達の気づかいで無事に会場へ到着し、大会二日目のスタート。
午後の交流戦まで戦い、帰路となりました。
途中、道の駅、SAでは買い物を楽しんだ選手たち。
笑顔での帰郷となりました。

保護者の皆さん、合宿生活通例では一日目に生活面で、だいたいがコーチから激怒されるのがお約束なのですが、24期生は初めての合宿生活でも手を焼くことがほとんどありませんでした。
これも、ご家庭での躾の賜物かと思います。
準備から終了まで、ご協力いただきまして、ありがとうございました。
今度は24期生メンバー全員で行けるよう、願っております。

道の駅さわら、守谷SA
によりながら、無事に19時に野田市役所に到着しました。
(谷津)

5年イースタンリーグ 第4節

大相模SSS、越谷南FC 会場 越谷市大相模小 

気付けば7月も終わり。
今月は梅雨に戻ったかと思う、
雨が続いたり、雷鳴が鳴り響いた日が多かったように感じていたが、今週は選手達にもこたえる暑さとなった。
本日も最高気温は36℃。
午後からの体力勝負になる対戦となった。
越谷市大相模小学校に12名の選手が集まる。
昨日は供にプレーしてきた選手一人と小さなお別れ会。
その選手の分も頑張ってほしい。

vs.大相模
1-3
vs越谷南
6-1

酷暑もあったが、大相模対戦は
チームとして戦えていなかった。
先取点までは、良かったが、
追い付かれてからが持ち直せなかった。
越谷南対戦は切り替えて良く、
チームとして連動出来ていたと思う。

主管チーム、対戦チームの皆さん、ありがとうございました。

保護者の皆さん、本日も応援と車出し、ありがとうございました。
小西監督、審判サポート、GKコーチング、ありがとうございました。

谷津

【Detailed report】
vs.大相模
1-3
体感したことのない暑さが、
アップしていても体力と集中力を奪う。
キックオフまでの会場入りしてからの約一時間、ポイントを一つに絞り、アップを行う。
あまり急かさず、このような条件の中でのプレーに先ずは落ち着いて望んでほしいと送り出す。
キックオフからお互いにフィニッシュ迄が遠かった。混戦からなんとか先取点を奪うもピンチをまねく。
昨日の練習で何度も繰り返した、
仲間との連動。しかし、焦りからか疲れからか思うようにいかない。
いつも回りを見ているか。
チャンスはどこにあるか。
更に酷暑により、体調を崩し始める選手も出てきた。
ボールを奪われた後の対応、
ディフェンスで体を張らない、
攻守の切り替え。集中力が切れそうな中でも相手チームは戦っている。
暑い中での戦い。合宿前に改めて良い経験をさせていただいた。

vs越谷南
6-1

初戦から2試合の間隔がある。
休憩には有難いが、試合に向かう気持ちを持ち直すには、気を使う。間延びしてしまうと、集中力が乏しくなる。
しかし、急かすようにすると、集中力が持たない。昼食と休憩をとりながらタイミングをはかる。
試合前ミーティングでは、相手との間合いの取り方、ボールを奪う、奪ってからの動き等を確認し、本日2試合目。
キックオフからボールサイドに寄ってしまう。グランドを広く使えるようになってほしい。
少しずつだが、展開が変わってくる。相手に合わせず、自分たちのチャンスを作る。仲間を信じてボールをだす。
ボールを出してくれると信じてのオーバーラップ、ラストパスを信じて飛び込んでくる仲間、やっとボールを自分達が動かすことを感じることが出来たことだろう。
1失点は不味かったが、ここも仲間で協力出来るハズ。

今月は24期生初めての合宿がある。
また、選手達の成長を期待したい。

谷津

フォルテフェスタ 2022 vol.1

フォルテフェスタ 2022 vol.1 会場 野田市スポーツ公園

新型コロナウイルス第7派の感染拡大で、全国の感染者が20万人をこえた。
日頃から親交ある、柏の葉エリアで活動する総合型地域スポーツクラブ まちサカFCと全学年で交流会を実施。

まちサカFCさんは2015年よりKids-Kinderをはじめ2019年6月には常総運動公園人工芝、2021年12月にはあけぼの山公園サッカー場に全学年が招かれ、交流を深めた。

【6年生の部】
フォルテ-まちサカ
① 2-0
② 1-0
③ 2-0
④ 5-1
⑤ 6-0

暑いなか、良く走ったと思います。
U-12の組み合わせも決まり9月から後期がスタート。
合宿には2バックシステムを完成させたいと指導者の願いは強い。

詳細は執行コーチから
植竹会長 ターフありがとうございました。
(吉原)

9月からはじまるU12後期リーグの組合せも決まりこの夏でチームの完成度を上げたいところ。
今日1日を通して多く点を取ることができたが、まだまだ決定機を逃す場面も多くあり、緊迫した試合展開であったら勝ちきる事ができただろうか?と思う。
しかしながら、試合展開としては周りを意識したプレー、ワンツーなどのコンビネーションも多くあり進歩が感じられた。
スポ少大会、合宿でもっと精度を上げていきたいと思います。

暑い中お越しいただきましたまちサカさんありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
保護者の皆様サポートありがとうございました。
執行

【5年生の部】
  本日はフォルテフェスタお疲れ様でした。
本日の結果
20分1本ゲーム
vsまちさか5年生
①2-0
②2-1
③2-0
④2-0
⑤0-1

昨今、続く暑さの中、毎週のように試合となった5年生、今回も2B予選に向けて、まちさかさんとのトレーニングマッチ色んなチャレンジをしながら試合に挑みました。
守備の所では、チャレンジ&カバーを含め、どのタイミングでボールを奪うかをテーマにしました。①先ずはインターセプトを狙う、これはどのポジションでも意識しなくては行けない。マークする相手との距離感とタイミングが大事になる。
②トラップした瞬間を狙う。③ボールを持った相手選手に前を向かせない。④前を向かれた場合は遅らせる。これをミーティングで伝えました。試合開始の立ち上がりは、選手達の落ち着きの無さにバタバタした場面が多く見られた。飲水タイム後は自分達のペースに入るが、止める蹴るの技術の弱さに相手にボールを奪われてしまう。それでもサイドからの攻撃は出来ている。後はフィニッシュのゴールだけだがゴールが遠い。その後の試合もインターセプトの意識はあるが、ボールを奪った後のパスが中々繋げられない。どの試合も似たり寄ったりだ。これを打開するには基礎の積み重ねが必要となる。
まだまだ伸び代ある選手達、一つひとつ大事に練習をして行きたいと思います。
本日は応援サポート有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

【4年生の部】
 スポーツ公園にて3.4年生合同でまちさかさんとTMを行いました。
4年東葛大会に向けて新しいシステムにチャレンジした。
まだ上手くいかない事が多かったが選手達は良く考えながらプレイしていた。
ドリブルとパスを使い分けシュートで終わるシーンが多く素晴らしいゴールも見られました。
暑い中選手達は最後まで全力で頑張っていました。
これから東葛大会、夏合宿に向けて練習でスキルアップしたいと思います。
対戦していただいたまちさかさんありがとうございました。
フォルテフェスティバルを企画していただいた執行コーチありがとうございます。
保護者の皆様応援ありがとうございました。

小川

【3年生の部】
 本日3年生12名全員集まりまちサカさんとの試合に望みました。
毎月のFリーグでのフットサルでの対戦はありましたが8人制では初めてです。
2B予選での敗退を糧に東葛予選に向けて再出発をするために本日より新たに守備の強化(約束)を追加していく事にしました。

今までは1人1人のプレスの強度は上がってきている為次に2人で奪う。『パッキングしてサンドして奪う』今までは1人がファーストDFのプレススピードを意識していたが次は1人目のプレススピードだけでなくチームメイトがプレスしている所にパッキングしに行かなくてはいけなくなり今までの倍走るイメージになる。

本日は4年生と合同で4年生チーム、3年生チームで出場する。
この暑い中選手達は初めて覚えた言葉を一生懸命使い挟もうと言う意識は度々見られ奪うシーンも見られた。合宿もあり強化していきたい。

本日は暑い中まちサカさんとたくさんのゲームして頂きありがとうございました。暑い中応援サポート保護者の皆様ありがとうございました。
執行コーチ
日程、スケジュール調整等本当にありがとうございました。
3年生佐藤

【2年生の部】
vsまちサカA 3-4
vsまちサカB 3-4
vsまちサカA 1-4
vsまちサカB 1-4

2年生7名+体験1名でのぞみました。
ボールを持ってない時に完全にスイッチがOFFになってしまい、ボールが来て初めてアクションを起こすシーンが多々見受けられ、大きな課題となった。
試合前に伝えられたテーマはプレスに行く事だけだが、スイッチが切れているためそれも遅れる。
それが失点に繋がる。

ボールを持った時に何をするか、持ってない時にどう考えて動くか。
やっている練習がなぜ必要なのか。
伝えきれていないなと感じた。

全ての試合が終わったあと、負ける事も多くなってきたけれど、どうやったら勝てるのか。
コーチ達と一緒に考えようと伝えました。

昨日今日と体験に来てくれた選手はピカ一の運動量で、経験はないとの事でしたがなぜか自然とやって欲しいことをやってくれてびっくり。
楽しみなところが本当に多かったです。

暑い中対戦していただいたまちサカFC関係者・選手の皆様、ありがとうございました。
またぜひお願いいたします。

保護者の皆様、応援や合間の選手のケア等ご協力いただきありがとうございます。

執行コーチ、企画・調整等お疲れ様でした。
選手たちとともに指導者にとっても大事な時間になったと思います。
ありがとうございました。

矢嶋

【1年生以下の部】
1試合目 vsまちさかL 9-0
2試合目 vsまちさかA 12-0
3試合目 vsまちさかB 6-0
4試合目 vsまちさかL 4-0
5試合目 vsまちさかAB 13-1

体験のお友だち、上学年の妹が3名体験するなか試合が行われた。1年生2名、年長以下2名、女の子1名のチーム編成が多い中で、普段の練習がどう生かされるか楽しみだった。

いつものサポートに来る仲間が中々いない、自分が責めて守りもしないといけない責任感が大きく感じられていて、それぞれ選手がたくさん走った試合だった。

疲れないためにも周りを見て、仲間にパスをする選択肢も、思うようにパスが出せないもらえないことは課題。
後半ようやくパスの繋がりからいい得点の形が見られ、終わりに今後の成長を期待した。
年長以下の選手や初参加の女の子も、初得点の喜びを味わうことが出来てよかった。

炎天下の中、1年生以下らしい元気さや、『楽しかった!』の感想に全てが詰まっていた。夏休み中、あそびも勉強も個人練習も頑張ろう!

まちさかの皆さん沢山の経験をありがとうございました。来週も宜しくお願いします。
保護者の皆様、選手のケアや送迎、応援ありがとうございました。

1年生以下 富澤

本日は暑い中大変お疲れ様でした。
全ての選手
全ての指導者
すべての保護者
そしてピッチに感謝いたします。

5・4年交流試合

梅郷FC   会場 野田市立福田第二小学校
本日、福ニ小で4年、5年年生の合同で、梅郷さんとのトレーニングマッチを行いました。
5年生11人、4年生5人での参加です。

5年生は課題であるプレスバック、繋げるをテーマにして試合に挑みました。プレスバックは意識もあって、カバーして遅らせてる味方との連携でボールを奪う場面が見られました。
ボールを奪った後、繋げる意識はあっても、しっかりと止める事が出来ず、トラップミスして相手に奪われたり、ラインの外に出たりして基礎的なことが出来ない。チーム全体の動きだったり、バランスが良くなかった場合は修正出きるが、試合中の止める、蹴るの基礎的な事は、どうする事も出来ない。これはフォルテの練習だけでは上手くならない。
自主練して沢山やらなくては身に付かない、どれだけ自分が努力するかだ。基礎が出来なければ繋ぐ事が出来ない、個のスキルを上げて行きたい。
次の2B予選まで、チーム一丸となって、課題をクリア出来るよう練習して行きたいと思います。
本日は朝からグランド準備、応援サポートしてくれた保護者の方々、有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

5年2ブロック予選①

会場 流山東部スポーツフィールド

流山東部スポーツフィールドにて
五年生になって初の公式戦に望む。
11名が暑さのなか、挑んだ。
vs. 小金原FC 0-2
vs.新松戸SC 0-7

得点チャンスが無かったわけではない。
第二節までに準備を整えよう。

野口コーチ、審判帯同ありがとうございました。
保護者のみなさん、車出しと応援、ありがとうございました。

詳細は担当コーチより。
谷津

2ブロック1日目
会場に向かう道中、雨が降りましたが会場到着前に雨が上がり一安心しました。

【1試合目】
小金原FC 0-2 負け

試合開始、選手みんなが緊張してるのかいつも通りのプレーができない。自分の足元にボールを持てない。しかし、相手陣地でのプレー時間が続きシュートも打っている。雑なパスから無理やり打つを繰り返しで得点までいかない。相手陣地でプレーしてる時間が続いているから不意にくる相手カウンターが怖いが前半は0-0で終了。前半に1点が欲しかった。
後半は相手の猛攻が続くがなんとか守る。中々相手陣地までボールを運べない。相手からボールを奪っても雑なパス、ボールを待って奪われるの繰り返しで失点を許す。失点後も同じ事の繰り返しで得点を狙って前線の選手はやっているが、選手同士の声かけ、選手同士の求めている部分の違いによる間延びによる相手のカットからの2点目の失点を許し試合終了。

これからの課題がとても出た試合だと思う。
みんなで声を掛け合って頑張ってもらいたい。

野口コーチ帯同ありがとうございます。これからも宜しくお願い致します。

保護者の皆様、朝からの送迎、応援ありがとうございまし。これからも試合が続きますが宜しくお願い致します。
5年コーチ 瀬能一也

【2試合目】
vs新松戸SC(0-7)負け

本日、2B予選のスタートとなった5年生、初戦は攻めながらも得点に結びつかず、相手に2失点を許してしまい、初戦を黒星スタートとなった。選手皆で話し合ったミーティングでは、プレスを早くする、チャレンジ&カバーをするを決め事にしました。
2戦目は対新松戸戦、イースタンでも対戦したこともある強豪チームだ。サイドから真ん中、真ん中からサイドへと確実に繋いで、空いた前のスペースに一気に出してくる相手に、フォルテ陣も前線からプレスをかけ、2列目でボールを奪う。だがボールを奪った後、パスが繋げない。次のプレーがイメージ出来てないのかボールを持ちすぎてしまい雑なパスを連発。周りのサポートも有るのに、周りが見えてない。この試合でとくに目立ったのが、プレスバックの無さ。攻撃は積極的に出来ても戻る事が出来てない。とくにサイドポジションはそれがある。サイドが上がれば、後のスペースが空く事は誰でも分かる。それをカバーしようとアンカーやセンターバックの人が遅らせようとする、そこでサイドの選手がプレスバックすることにより、挟んでボールを奪えるんだ。またサイドから攻められてるにも関わらず、逆サイドが戻らないので、相手の逆サイドがフリーになってしまう。そこにパスを出されて、フリーな状態でシュートを打たれゴールを許す。体力が無いとか、疲れたとか、ピッチに入ったからには、やらなければならないんだ。暑さは他のチームも一緒、どのチームも歩いたり、足が止まったりはしていない。前線でプレスをかけ走っている選手、空いたスペースを埋めようとカバーし続ける選手、暑さの中、フル出場して走り回ってくれた選手。その姿をちゃんと見て欲しい。それが出来たらチームも強く成長するだろう。先ずは試合の中では無駄な動きを無くそう。それは周りを見る事だ。顔を上げ、相手、仲間、スペースをどれだけ見れているかの情報を持って欲しい。それだけで、余裕が持ちイメージが付く。無駄な動きも無くなる。それを練習中から意識してやる事。初戦、2戦とも負けてしまったが、まだ2試合ある。それまでは一つひとつ課題をクリアしながら練習に励んでいきたいと思います。

本日を応援サポートお疲れ様でした。
野口コーチ審判の帯同有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

5年交流試合

会場 つくばアカデミーセンター

4月に天候不順により、開催できなかったTRM。
全面人工芝のグランド、夜間照明完備と素晴らしい環境にお招きいただき、TRMを行った。
五年生11名にて15分を7本。
相手の技術、スピード、様々な事が一つ一つお勉強。
良い経験をさせていただいた。

お招きいただきました、鹿島アントラーズつくばスペシャルコースの皆様、ありがとうございました。
保護者のみなさんも遅くまで、車出し、応援とありがとうございました。
小西監督、帯同いただきましてありがとうございました。

詳細は飯塚コーチより。
学年コーチも遅くまでお疲れ様でした。
谷津

本日、鹿島アントラーズつくばアカデミーセンターにて鹿島アントラーズつくばさんとのトレーニングマッチを行いました。
ナイターでのトレーニングマッチで気温も最適な状態で人工芝と良い環境での試合となりました。
ここぞとばかりに、ギャラリーの数にビックリ!
スペシャルコースのスクール生だけに、個の技術、トラップ、パススピード、オフザボールの動き、プレスの速さ、体の入れ方、素晴らしいものを魅せて貰いました。
そんなチームと試合が出来るフォルテの選手たちは、どんな思いで挑んだのか?

1本目
開始早々、相手の動きに戸惑いながら一気に自陣に攻めこまれる。何度かGKのファインセーブに助けられピンチを防ぐ。
フォルテもチャレンジ&カバーで対応出来ているが、中々マイボールに出来ない。
スキルの高い相手にドリブルで突破しようとする場面が見られる。シンプルに叩くことも出来ない、ボールしか見えてないのか?
1本目終了。

2本目はシンプルにと意識するよう伝え、送り出す。1本目とは違い、何とか修正出来、マイボールの時間帯も増えてきた。それでも相手のプレスの速さは止まらない。中々ゴールまで行かせて貰えない。それでも1本目よりは良い試合が出来た。

3本目は間延びする場面が多く、そこの空いたスペースをやられ、失点を重ねてしまう。

4本目は常に高い位置を取る事を伝える。
高い位置を取る事で、ボールを直ぐに奪える形を作る。見事にはまり、そこから得点が出来た。

5本目は主力の不調も有り、ベンチに下げての試合、他の選手たちに期待するも、ヘトヘト状態、間延びする、足が止まる、パスミス連発、足が完全に止まってしまった。
相手は誰が試合に出ても、自分たちのプレーは最後までやり遂げる。フォルテの選手たちにはどう映ったのか?

6本目に入る前に、限界を自分で作るな!とベンチから活を入れられる。
選手たちのスイッチが入ったのか、5本目と違い選手の動きにキレが出て来た。

7本目、最後の試合はこの日、最高の試合となった。プレスの速さはフォルテも負けてない。高い位置も取れて、相手を自由にさせない。体を張って倒れる選手も、最後まで立ち上がりやり遂げてる。得点までは行かなかったが、失点も許さなかった。最後までやり遂げた選手たちの姿に希望が見えました。

次は2ブロック予選がスタートする。
予選前の貴重な経験をさせてくれた鹿島アントラーズつくばのスタッフ、スクール生の皆様、本当に有り難うございました。

そして応援サポートしてくれた保護者の皆様、お疲れ様でした。

5年コーチ 飯塚

5年イースタンリーグ 第3節

吉川武蔵野、FC三輪野江 会場 野田市立福田第二小学校

福田第二小学校にて、
五年生12名、四年生4名にて
試合に望む。

昨日より真夏のような暑さだ。
本日も朝から日差しが容赦なくグランドを照りつける。
まだ梅雨明けしていない関東地方。来月からの公式戦では更に暑さが厳しい戦いもあるだろう。

vs.吉川武蔵野 1-1 引き分け
vs. FC三輪野江 21-0 勝ち
TRM
vs.吉川武蔵野 2-1 勝ち

1点の試合も大差の試合も、
得点迄の過程が大事。
厳しい暑さの中でも、チャレンジすることを忘れずプレー出来ただろうか。
詳細は飯塚コーチより。

保護者のみなさん、本日も暑いなか、主管サポートと応援ありがとうございました。
小西監督、審判割当、GK練習とありがとうございました。

来週も試合があります。
暑い日が続くようですので、
選手のみんなは体調管理を気を付けよう。

谷津

本日、5年生のイースタンリーグが福ニ小学校で行われました。
5年生、4年生と共に暑い中、頑張ってくれました。
試合の中で、ゴールの意識は全員が持っている。これは素晴らしい事だ。だからシュートを多く打つ。ではなく、やみくもにシュートを打っているだけではゴールにならない。当然、相手も失点されないためにゴールを守ろうとする。とくに中央突破はさせて貰えない。その中でどうしたらゴールをスムーズに確実なものにするのか?選手達には考えてほしい。
中央を固めてくる相手をどうしたら崩せるのか?ドリブル?パス?攻める場所は?そんな事を常に考えて挑んで欲しい。
相手のペースに合わせるのではなく、自分達が今まで練習してきた事を全力でやるだけ。
2B予選も間近です。昨年の悔しさを思い出して欲しい。5年生の誓ったチームの目標は?
来週は2B予選前のトレーニングマッチです。
相手は申し分ない程の強豪チームです。天候の状況を祈りながら迎えたいと思います。
朝早くからグランド準備、応援サポートしてくれたスタッフ、保護者の方々、本当にお疲れ様でした。

5年コーチ 飯塚

5年交流試合

古河JSC、上高野FC 会場 古河市立第二小学校

古河JSCさんからのお誘いで3チームによる、TRMを行った。

古河野田 0-11
野田上高野 0-1
古河野田 1-1
野田上高野 3-1

午前と午後で同じ組み合わせにて対戦。
午前と午後で何が違ったのか。

選手も、指導者も、改めて考える良い機会となった。
詳細は後程。
谷津

古河JSCさんからのお誘いで
古河JSC、上高野FC、フォルテ野田による、TRMを行った。
以前から知り合いであった、野口コーチが窓口となって、マッチメイクしていただいた。
ありがとうございます。

会場の古河第二小学校は住宅街の中にある、落ち着いた雰囲気のグランド。
少し砂が深い。
本日は、五年生メンバー12名で望む。来月からの公式戦を見据え、
選手達のポジション争いも気になるが、先ずはチームで戦い、チャレンジすることを伝え、TRMに望む。

対戦結果
古河野田 0-11
野田上高野 0-1
古河野田 1-1
野田上高野 3-1

午前と午後で同じ組み合わせにて対戦。
午前と午後で何が違ったのか。

特に、午後からの古河戦では、
選手達の意識はどうだったのだろう。勝てるかもしれなかった対戦は、惜しいでは無いと思う。
指導者は締める意識を共有出来ていただろうか。
もっと指導者も意識を高めていかなければ、と思わされた。

最終戦では、2点先取しながらも1点を決められ、波にのりそうな相手を執拗に粘り踏ん張った選手がいたことで、相手を振り切る追加点を奪えた。

本日TRMのMVPは、普段はサブになることが多く、余り目立たない選手。
だが、今日は交わされても諦めず、プレッシャーをかけ続け、粘り強く相手に向かうプレーは、
ベンチで見守る仲間を熱くさせ、自然と声援にも力がこもり、チームに元気を与えてくれた。

これからも選手たちの沢山の熱いプレーに期待したい。

お招きいただきました、古河JSCの皆様、対戦いただきました、上高野の皆様、ありがとうございました。
保護者の皆さん、本日もありがとうございました。
帯同いただきました、野口コーチ、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

谷津

2022年度5年フォルテ招待

5年生フォルテ招待  会場 野田市立清水台小学校

優勝:東習志野FC
準優勝:FC浦安ブルーウィングス
三位:ペガサスJFC
四位:フォルテ
五位:越谷FC
六位:上沖SC

清水台小学校に新しい仲間と四年生サポートの14名の選手が集まる。
今週は梅雨入りしたかのような天候が続き、開催が危ぶまれた。
今朝は天気が気になり、早く目が覚めてしまった。
昨夜も強い雨が降る時間もあったが、本日は小雨と雲り、なんとか開催出来そうだ。
本日は新ユニフォームのお披露目。新ユニフォームに選手たちは、気持ちが高ぶっているようだ。

新しい仲間が加わり、改めて本日から新生24期生のスタート。
対戦戦績ももちろんだが、
ホストチームとして、応援してくれているみんなが拍手を贈るプレーを期待したい。
本日の目標は
①ハイプレス
②チャレンジ&カバー
③仲間とプレーする

Bブロック予選
vs.上沖SC 2-0
vs.浦安ブルーウィングス 1-2
予選2位通過
三位決定戦
vs.ペガサスJFC 0-4
総合四位

得点チャンスはあるのだが、1点が遠い。
基本的なボールタッチ、ポジショニング、仲間との連携、等の技術面と、順位決定戦では体力面も課題があったと思う。
新しい仲間が加わり、チームとしてきっと出きるプレーの可能性が広がっていく。
沢山の、のびしろがある選手たちに期待したい。

ご参加いただきました、チームの皆様、本当にありがとうございました。素晴らしい経験をさせていただきました。
決勝戦はどちらも譲らない、白熱した試合となり、グランドで見ていた全員が食い入るようにみていました。素晴らしい試合をありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
朝早くからお手伝いいただきました、指導者各位、植竹会長、ありがとうございました。
對馬コーチ、野口コーチ、そして決勝戦にて主審を吹いていただきました、山崎コーチ、審判サポート、ありがとうございました。
野口コーチ、今後とも5年生へのサポートお待ちしてます。
添田コーチ、今回もチーム招致から日程調整、様々な準備等まで、ありがとうございました。
そして、役員さん、保護者の皆さん、無事にフォルテ招待五年生大会を終了出来ました。
選手たちも良い経験が出来たと思います。
来月も試合が続きますが、よろしくお願いいたします。

フォルテ最優秀選手は、一つ下の学年ながら、
サイドでひた向きにボールを追い、守備にも攻撃にも常に挑んでいた選手に贈られた。

試合詳細は担当コーチより。

【リーグ戦1試合目】
VS上沖SC
結果2-0

試合開始前のミーティングで谷津監督から
ハイプレス
チャレンジ&カバー
仲間とサッカーをする
という事を言われ初戦を迎える。

試合スタート直後から攻め続けるが点を取れない時間が続いた。相手陣地にいる時間が長いがみんながシュートを打つが雑なシュートが多く0点で前半終了。

後半、サイドからのクロスが逆サイドに抜けていき、新加入の子が念願の一点を取ってくれた。
その後も、攻め続け二点目を取ることが出来試合終了。

一試合目から勝てたのはよかったが、もっと得点が入っててもよい試合だった。
まだまだ、これからが楽しみなチームメンバーに期待したい。
リーグ戦では得点を取れる試合ではなるべく点を取ったチームが有利になる事を試合終了後に飯塚ヘッドコーチに言われ次の試合に臨む。

瀬能

【グループリーグ2試合目】
本日は5年フォルテ招待に、多くの指導者が参加、優秀選手の選出を頂き有難うございました。

第1試合目を勝利し、良い雰囲気で第2試合目に挑みましたが、相手のチームは攻守共に素晴らしく、フォルテワントップへのパス供給がことごとくカットされ攻め手がない。また、中盤でのボールロストから失点してしまい前半終了。
後半も中盤を支配されながらも4年生選手がサイドからドリブルで駆け上がりセンタリングを押し込む事が出来、同点に追いついたが、その後、またもや中盤でのボールロストから失点してしまった。
試合終了の時間が迫る中で、相手ゴール前までボールを繋ぎ、最後の反撃となるシュートを撃つが、ゴール枠外に外れタイムアップ。
なかなか、自分達のゲーム展開とはならなかったが、今後の可能性を大きく感じる試合となりました。
保護者の皆様には、本日の大会運営にご尽力頂き有難うございました。
今後共、宜しくお願い致します。
寺田

【順位決定戦】
新メンバーが加入し、リーグ1戦目、2戦目を良い試合で終えることが出来た。サイドからの攻撃は新メンバーと4年生の活躍も有り、リーグ2位通過で終えた。
3位決定戦はペガサスJFCさんとの対戦、技術、フィジカルを備えたチーム、序盤から自陣に攻めこまれるも、チャレンジ&カバーで何とか凌ぐ、相手のドリブルを足で取ろうとして簡単に抜かれてしまう。また攻められてる方の逆サイドをフリーにし、そこにパスを出されるなどスライドが間に合わず、開始11分に失点を許し前半を折り返す。
後半は中央から攻めこまれるシーンが多い。真ん中の中盤が左右に揺さぶられ、空いた中央のスペースをつかれ、相手に中央からシュートを打たれてしまう事が増えてきた。後半は3失点を許し試合終了。

vsペガサスJFC(0-10-3)0-4 負け

後一歩のところまできた、初となるトロフィーを逃してしまった。
ただ今回の大会は、今までとは違って大きな手応えを感じました。新メンバーが加わった事で、今まで普通に試合に出てた選手も、試合時間が少なくなった事、選手達の思いはどう変わるのか?ここで変われる選手達なら、チームは更に強くなると思います。今後の選手達に期待したい。

当日、朝早くからグランドの準備、審判などのサポートをしてくれた監督、コーチの皆さん有り難うございました。
最後まで応援サポートしてくれた保護者の皆さん本当にお疲れ様でした。

飯塚(裕)

【2022年度5年フォルテ招待 全試合結果】 
 閉会式にて団体賞、優秀選手賞を贈呈。
なお、優秀選手賞は予選6試合の選手パーフォーマンスより、他学年フォルテ指導者10数名の投票で選出させて頂きました。 添田
フォルテ招待5年生大会 結果

5年イースタンリーグ 第2節

高砂イレブンFC、安行東SC 会場 川口市立神根東小学校
五年生9名、四年生2名にて望む。
会場の神根東小学校は外環道の直ぐわきだが、落ち着いたとても広いグランド。

市役所出発前に、会場での荷物の置き方の注意を受けていたのに、
浮き足だってまとまりが無い選手たち。
コーチに更に注意を受ける。

vs.高砂 1-2 負け
vs.安行東 1-0 勝ち

高砂戦は先制しながらも、追い付かれ逆転負け。
安行東戦はカウンター攻撃をGKとバックが粘り、失点を許さない。
しかし、フォルテはいくつもシュートを放つが、決められない。
チームで勝ち越す力と点を奪う力を身につけよう。

主管チームの皆様、対戦チームの皆様、本日はありがとうございました。
保護者の皆様 もお世話になりました。
詳細は飯塚コーチより。

谷津

イースタンリーグ 結果
vs高砂(1-0,0-2)1-2 負け
vs安行東(1-0,0-0)1-0 勝ち

本日、イースタンリーグが神根東小学校にて行われました。

1試合目
vs高砂イレブン
前回に引き続き、チャレンジ&カバーが重要とされ、攻撃では縦パスを常に意識する、相手が縦パスを警戒したら、横パス等を使って相手を崩す事を伝えピッチに送り出す。
前半は良い場面も悪い場面も出ていて中々得点に繋がらない、サイドからの攻撃もセンターリングまで行けずチャンスを行かしきれない。それでも得点を狙いに行き、18分に先制点を上げる。後半はスタミナ切れなのか相手への寄せが遅くボールを奪いきれず失点を許す、更に失点を重ね逆転負け。

2試合目
vs安行東
スタートから勢いを見せたフォルテ、左サイドからのパスを見事にに決め、開始早々先制点。その後も積極的に果敢な攻撃で相手を振り切り、切り返しからのシュートを打つ、得点にはならなかったがストライカーらしい動きを見せた。チーム全体がチャレンジ&カバーを意識する等チームの動きが良い。相手のスピードのある選手にも振りきられながらもカバーの意識が高く相手を自由にさせない。GKのファインセーブにも助けられ得点を許さない。チーム全員で1点を守りきったイースタン初勝利、勝ち点3を手に入れた。まだまだ課題も沢山有るが、今日の勝利は見事でした。

日に日に成長している選手達、一歩一歩の積み重ねが選手達の力となり、原動力になってきます。2ブロック予選は間もなく始まります。24期生の目標は県大会出場!それに向けて選手達も指導者も頑張って行きたいと思います。
これからも応援サポートよろしくお願いします。
本日は朝早くからの送迎サポート有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

5年イースタンリーグ 第1節

新松戸SC、FC北野(葛飾) 会場 野田市立福田第二小学校

福田第二小学校に五年生9名、
四年生3名にて望む。
昨日は夏のような日差しだったが、今日はどんより曇り空。

昨年はコロナのこともあり、
試合がなかった選手たち。
今年度初の体外試合となった。

vs.新松戸 0-8
vs.FC北野 0-1

初戦では相手の早い攻めに対応出来ず、たて続けに失点。
立て直しに手間取ったが、修正し後半は1失点に抑えた。

二戦目は1点が遠かった。チャンスで決めきるようになろう。
詳細は飯塚ヘッドコーチより。

対戦いただいた、新松戸さん、FC北野さん、ありがとうございました。
審判帯同いただいた、對馬コーチ、ありがとうございました。
とても、助かりました。
佐藤監督、グランド設営を助けていただき、ありがとうございました。

保護者の皆さん、
本日のイースタンリーグ主管、
無事に終了出来ました。
ありがとうございました。
来週は遠征となります、
よろしくお願いいたします。

谷津

イースタンリーグ 結果
第1試合
vs新松戸サッカークラブ(0-6,0-1)0-7 負け
vsFC北野(0-1,0-0)0-1 負け

本日イースタンリーグが福ニ小にて行われました。5年生9名、4年生3名、計13名でリーグに挑みました。
5年生は久しぶりの試合で、少しおぼつかない雰囲気で、アップの練習でも何となくやっている感じでした。今回から新たなフォーメーションで体制を作る。ミーティングではそれぞれのポジションの役割などの説明を教える。ここ数ヵ月の練習では2対1、2対2を行い、チャレンジ&カバーをしてきました。
このフォーメーションはチャレンジ&カバーが最も重要とされるシステムです。

第1試合 新松戸サッカークラブ
初戦から幅を使いサイドを展開する相手に対し、アプローチに遅れをとるフォルテは相手を自由に突破させてしまう。更に右サイド、左サイドへとボールを自由に行き来される中、開始1分にセンターリングを合わされ、ドフリーで打たれ先制点を許す。更に自分のポジショニングも把握出来ず相手をフリーにしてしまう。サイドも戻れない状態でカバーが間に合わず失点を重ね前半だけで6失点。
ハーフタイムでは、この位置は誰がチャレンジしてカバーに入るか、この選手は動きによって誰がマークするのか、相手のシュートは必ずゴールを隠す見せない位置に入る等を伝え送り出す。後半は前半と違い、見事に選手たちは応えてくれた。チャレンジ&カバーのタイミングも良い。とくに後半からアンカーの選手が凄く良い形でボールを奪うなど、相手に負けないくらい戦えていた。サイドも4年生の活躍も有り良い形になってきた。後半はGKのビックセーブも連発し、1失点で終える事が出来た。結果は惨敗でしたが、後半のような戦い方は選手達にとっても手応えがあった試合でした。

2試合目 FC北野
初戦で圧倒的な強さを見せた新松戸に対し、2対1と新松戸から勝利を取るチーム、どれだけ自分のポジションを把握しチャレンジ&カバー
が出来るか、初戦の後半のような戦い方をして欲しい一戦。前半からハイプレスを仕掛けるフォルテ、一人ひとりが自分のポジションをしっかりとこなしている。チャレンジ&カバーのタイミングも良い。相手自陣に長く入れる時間帯も増えてきた。後はゴールのみ!相手も自陣のゴール前はさすがに寄せが早く、中々シュートを打たしてくれない。そんな中、ボールを奪うもパスの判断ミスが失点へと繋がってしまった。それでも気持ちを切り替え、ゴールを目指す。後半は相手のファウルも有り、ペナルティーキックのチャンス、無情にもゴールバーを越え得点ならず、更に終了間際にもペナルティーキックのチャンス、キッカーを代えるも相手キーパーに弾かれ得点ならず。1点が遠いフォルテ。それでも今回は何か手応えを感じた試合でした。まだまだ伸びしろがある選手達、次は点を取れる事を願いたい。
本日は朝早くからグランドの準備を手伝いしてくれた佐藤監督、審判、GKのサポートをしてくれた對馬コーチ、本当に有り難うございました。保護者の方も応援サポートお疲れ様でした。

5年コーチ 飯塚

2・3・4・5年交流試合

まちサカ サッカークラブ  会場 あけぼの山農業公園サッカーグランド
対戦相手:柏の葉 まちのサッカークラブ
場所:あけぼの山公園芝生広場第1
天候:はれ

【2・3年生】
 用事やケガのため、3年生6人に2年生9人の応援を得て参戦しました。
パスをつなぐことを課題に取り組みました。
会場は人工芝のようなあざやかな色のすばらしい天然芝でした。
雨上がりでしたが、日中は風もなく、おだやかでした。

結果(15分1本)
5人制
フォルテ 3-0 まちサカ2B

8人制
フォルテ 3-0 まちサカ3A
フォルテ 3-1 まちサカ3B
フォルテ 0-4 まちサカ4A
フォルテ 3-3 まちサカ4B

5人制は3年生だけで戦いました。フットサルのルールにまだ慣れていないものの、アシストのついた得点が2点ありました。

対まちサカ4Aでは、寄せが遅い、自分のポジションに戻らない、すぐあきらめてしまうなどのプレーが出てしまい、何度もサイドから崩され、失点を重ねてしまいました。

その後のミーティングで修正のコーチングがありましたが、対まちサカ4Bでは引き分けるのがやっとでした。

全体を通して、パスを繋ぐことが出来る選手が増えてきましたが、まだまだ伸びしろがあるようです。守備面での課題もあります。これからも練習をがんばりましょう。

また、助っ人の2年生による得点や、ベンチからのコーチングがあり、頼もしいかぎりでした。

寒い中、御協力頂いた関係者の皆様、保護者様、ありがとうございました。
小倉

【4年生】
ミーティング時間を十分に取り、戦術ボードで本日のテーマを確認。
・ハイプレス
・トップに入る選手は場面ごとの動きを意識
・チャレンジ&カバー+スライド
・ビルドアップ
3年生から試合ごとにヘルプをもらいながら、4年生7名が15分×5試合行いました。

vsまちサカさん
一本目(4年チーム) 1-3
二本目(5・6年合同チーム)0-2
三本目(4年チーム)2-1
四本目(5・6年合同チーム)1-8
五本目(4年チーム)2-2

ここのところ、1試合目の入り方に落ち着きがあり、開始後5分までの失点が少なくなっていた。
良い傾向が続いていたのだが、本日はスロースターターの悪い癖が。
1本目については足だけ出して置き去りにされるディフェンスの悪癖や、中央にいる選手同士の連携不足からの失点、ボールホルダーとの距離の詰め方、プレッシャーをかけるタイミング、ボール奪取のタイミングなど、普段の練習で教わっているはずのことが徹底できずにピンチを作り、失点してしまう。
2本目でようやく質の良いパスからの攻撃が出始め、3本目以降はヘルプに入ってくれた3年生の思い切りの良いプレーにも刺激を受け、徐々にテーマを意識した良い動きが見られはじめる。ポジションを入れ替えてもがたつかなかったのは、その証左かと思う。
5本目は、調子を上げてきた感触から残り3分までは勝てるという雰囲気があった。勝ちきれなかったことは反省してほしい。
とはいえ、全体として良い手応えで終えることのできたトレーニングマッチとなった。

本日素晴らしいフィールドで対戦できる機会をいただいたまちサカさんには大変お世話になりました。また対戦の機会をいただければと思います。

執行コーチには窓口として全体の調整をしていただいき大変助かりました。

各試合ヘルプに入ってくれた3年生、今日も積極的で勇敢なプレーを見せてくれて感動しました。ありがとう。

保護者の皆様には、朝早くからほぼ一日サポートしていただきました。明日の蹴り納めで一年の締めとなりますが、対外試合の最終日ということで、今年一年のサポートについて、この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

ありがとうございました。
4年 添田

【5年生】
5年生A 交流試合 vsまちサカさん

まちサカさんのお誘いで、柏市あけぼの山グラウンドにて、多学年同時開催となった遠征トレーニングマッチ。

今回の五年生共通のテーマは攻守の切替え。
・GKが補給した時や、ボールを奪った時、周囲の選手が素早く左右に開き、パスコースを作り展開を図ること。
・ボールを奪われた時、周囲の選手のディフェンス意識。奪った時の攻撃意識。

対戦結果
①2-0 対 5&6年生チーム
②3-0 対 4年生Aチーム
③0-1 対 6年生チーム
④1-2 対 6年生チーム
⑤0-2 対 6年生チーム 

選手たちのプレーを見ていると、全てが今あるボールのみ。次の展開を想像・予測した動きになっていない。
そのため、展開が遅れボールロストしてしまう。
今後の課題として、展開の予測と空間的な認知能力アップによって、慌てないプレーができるのではないかと思われる。

今回のTMは、2チームだしの形で参加したこともあり、ベンチを温める時間なども無く、全員が試合に出続けた。疲れたなどの声も上げられないような状況で、対戦してくれたまちさかさんも、4年生から6年生までの様々なチームであったこともあり、フォルテの選手たちにとっては、最高の経験ができたのではないかと思います。
また、フォルテ側も人数の補充の為、4年生、3年生からの助っ人もいただき、その選手達にとっても良い経験となったのではないかと思います。
体格の違う相手とどのように戦うか、個人で対応できない場合、どのような連携をする必要があったのか。
まだまだ課題は山積みです。
2021年のプレーは終わりますが、2022年へ繋がる最高のトレーニングマッチになったのではないかと思います。

助っ人で協力してくれた4年生、3年生の選手ありがとうございました。

お声がけいただいた、まちサカさん。緑の多い素晴らしい天然芝グラウンドでの、多学年でのトレーニングマッチを企画調整ありがとうございました。

会場までの送迎など、ご協力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

5年 佐々木

5年生B 交流試合 vsまちサカさん
試合報告

5年生は2チームに分かれまちサカさんとの交流試合に臨みました。
以下Bチームの報告です。

今日のテーマは攻守の切替え。
初めのうちはGK、サイドバックは特に意識して動き出しは良かったが終盤にかけて、疲労の蓄積から効果的な切替からの攻撃については精度が落ちた印象。
守から攻、攻から守の場面は常にあり、いつ、どのタイミングでどう判断すればいいのか?
をもっと意識して考えてもらえるようにコーチングしていきたいと思います。
今日は全員が休みなく交代もなく試合経験ができました。また、対戦相手も4年生から6年生までで通用した事、もっと磨かなければならない事も感じることができたと思います。
助っ人で協力してくれた4年生、3年生の選手ありがとうございました。

今回お声をかけてくださいましたまちサカさん。天候にも恵まれて素晴らしいグラウンド、複数学年での企画調整ありがとうございました。たくさんの事が得られた1日となりました。

保護者の皆様もご協力ありがとうございました。
5年 執行

4年東葛大会・予選リーグ②

4年生東葛予選2日目 会場:柏市立大津ヶ丘第一小学校

気持ち良い秋晴れの中、
四年生8名、三年生4名にて第二節に挑む。

本日は前節と違い13時のキックオフ。試合前のアップ、準備を考えると昼食のタイミングが微妙だ。
保護者さんにはご苦労をお掛けするが、会場入り前に途中で昼食をとるタイミングを作った。
いつも思うが、選手たちの為に様々なご協力をいただける、保護者さんには頭がさがる。

vs.FCアミスターB
2-0 勝利

vs.高柳FC
2-0 勝利

前節では無得点となった東葛予選。
今日は得点すること、
得点する為に練習してきたことを出すことを目標に挑んだ。

初戦前半では、練習してきたことを活かせず、チャンスを作れず、
無理なシュートや苦し紛れのプレーが目立った。
初戦後半は、ハーフタイムでのミーティングから修正でき、サイドからの展開を作ることができた。

第二戦は初戦のおさらいから、切り替えて挑む。
スタート直後は初戦よりも相手のプレスが早く、慌てることも多かったが徐々にフォルテのペースが作れ、
シュートまで行けるようになる。
この試合も得点はサイドからの展開でゴールを奪えた。

本日の2試合、決定機が何度かあったが、ゴールに届かないことが多々あった。
次はゴールに届くよう、チャレンジを続けよう‼️
また、決めきれない決定機で相手に持って行かれそうな「流れ」を
、何度もインターセプトを仕掛けたことで、くい止めてくれた選手がいた。
無失点で終えられたのは、この選手の献身的なディフェンスとGKの気迫のファインセーブだろう。

目標であった得点しての勝利で終えた選手たち。
決勝トーナメントへ駒を進めることは出来なかったが、今日のチームで得た勝利を忘れないでほしい。

大会主管チーム、対戦チームの皆様、良い経験をさせていただけました。ありがとうございました。

保護者の皆さん、車出しとサポート、ありがとうございました。
對馬コーチ、審判帯同ありがとうございました。

そして添田コーチ、大会スケジュール調整ありがとうございました。コロナの影響で何度も調整いただき、ご苦労おかけしました。

試合詳細は添田コーチより。

追伸
本日、忘れ物で悔しい思いをした選手がいた。きっともう二度と忘れ物はしないだろう。

谷津

4年生東葛予選2日目 
会場:大津ヶ丘第一小学校

1試合目
VS FCアミスターB
東葛予選2日目,1試合目の相手は4月の交流試合以来の対戦となる。
あれからどれくらい成長できているのか,ここ数試合と練習で取り組んでいる自分たちの形で攻めきることができるのか。
結果を示して自信をつけたいところ。
試合の入りは落ち着きがあり上々。高い位置をとりインターセプトも成功している。ただし,中盤でボールを奪取できていはいるが,サイドへの展開に至らず,中央の混雑に突っ込む無理な突破で潰されてしまう。そのこぼれ球も拾うも,相手を崩し切れていない状況から無理にシュートをしていて威力に欠ける。自分たちで変化すべきことに気付けたのか,徐々にサイドからの攻めを見せ始めたところで前半終了。
先にボールに触る,パスがもらえるポジショニング,サイドへの展開、一つ一つの意識をチーム全体でもう一度共有し後半へ。
後半開始早々右サイドをロングボールから深くえぐる。修正点へのチャレンジをすぐに実行する良い雰囲気。直後の後半3分,左サイドの選手がドリブルで駆け上がって中央のスペースに預けると,見事なワンツーで相手ディフェンスを切り裂き再び左サイドへ。これを見事に決めて待望の先制点。両サイドからの積極的な攻めが中央のスペースを生かし,中央のスペースが生かされるから両サイドの攻めが生きる好循環が生まれはじめる。この後も,サイドのオーバラップからの中央への折り返しなど練習通りの攻撃を見せ攻め続ける。すると15分,こぼれ球を左サイドから詰めて追加点をもぎ取る。最後まで気持ちを切らさず,前後半通じてディフェンスはペナルティエリアへの侵入をほとんど許さない頑張りを見せて試合終了。
無失点で勝利。

2試合目
VS 高柳FC柏
1試合目で良い雰囲気にはなったが,中央のスペースを間延びさせず球際の勝負に負けないこと,高い位置でのインターセプト,意識的にサイドにボールをちらしてフィールドを広く使うこと,ゴールを奪って終わることを再確認し試合に入る。
中央での主導権争いを制して左サイドからファーストシュート。試合前の確認のとおり,中央でのボール奪取の意識を高く保って試合に入ることができている。ただし,相手もリズム良くパスをつなぎ左サイドを差し込まれると,8分あたりから中央に間延びする部分が見られるなどやや苦しい時間帯に。苦し紛れのロングキックは跳ね返され,カットされ,なかなか自分たちでボールを落ち着かせることができない。13分、インターセプトからサイドへのスルーパスが通り,展開に変化が。中央の無理な突破をせずにサイドから攻め,中央での勝負を制する時間が続き,両サイドからの良い攻めが出始めたところで前半終了。
後半開始後も良いリズムは続き,サイドから攻め立てる。ただし,相手も受け身に回らずカウンターで一気にゴール前に迫り,GKと1対1の決定的なピンチに。ここはGKのファイセーブでなんとかしのぐ。お互いにゴールに迫る緊迫した展開が続く中,右サイドを粘り強く攻めて突破。ゴール前に折り返し,詰めるもGK正面。立て続けに左サイドからもシュートするがやはりGK正面。12分あたりまで良い攻めが続いた直後,相手も反撃に。またしてもばたつくほど攻め込まれるも今日はディフェンス陣が踏ん張りしのぎきる。14分,左サイドの突破からゴール前への折り返しを押し込み待望の1点目を奪うことに成功。終了間際の18分には交代メンバーが素晴らしいパスを中央に入れ,本日一番走り回って中央を制する原動力となった選手が決めて2点目。この試合も無失点で勝利することができた。

本日も3年生から4名のサポートをいただきました。1試合目の2得点、2試合目の1点目は今日サポートしてくれた3年生が奪ったもの。素晴らしい攻めでした。ありがとう。

対戦していただいたFCアミスターさん、高柳FC柏さん、本日はありがとうございました。また、対戦の機会をいただければと思います。主管の沼南JFCさんには予選日程の調整と会場運営、大変お世話になりました。

對馬コーチ、本日の審判大変お世話になりました。試合中の選手たちがお互いに活発に声かけをしていたことお褒めいただき、選手たちも励みになったと思います。ありがとうございました。

谷津監督、飯塚コーチ、長谷川コーチ、本日もお世話になりました。次につながる試合ができました。今後ともご指導よろしくお願いします。

保護者の皆様、本日も全面的なサポートありがとうございました。おかげさまで選手たちは力を出し切り、恙無く大会予選を終えることができました。

ありがとうございました。

4年 添田

4年東葛大会・予選リーグ①

4年生東葛予選1日目 会場:柏市立大津ヶ丘第一小学校

昨日の秋空の快晴からはガラリと変わりどんより曇りでのスタート。
柏市の大津ヶ丘第一小学校にて
四年生8名、三年生2名、にて挑む。
会場は校舎から一段下がって見晴らしが良いグランド。

vs.トリプレッタ
0-4 敗戦
前半は1失点にて折り返すが
後半に追加点を許す。
中盤でボールを支配され、
相手トップのフェイントに不用意に飛び込み交わされてしまった。

vs.沼南JFC
0-10
一試合開いてからの試合。
修正点を確認し送り出す。
相手はこのリーグの主管チーム。
個人技もしっかりしているが、
チームでのパスワーク、等々、
しっかり鍛えられているチームだ。
後半にメンバーを入れ換えれることで、シュートまで行けた。
この相手でチャンスメイク出来たことは選手達の成長だろう。
終了間際、フォルテCBが放った豪快なロングシュートがゴール右上に決まると誰もが思ったが、
相手GKの見事な跳躍と、セービングで決まらなかった。
これは相手GKを誉めるべきだろう。

本日はとても勉強させてもらえた。
ひとつでも出来ることを積み上げよう。フォルテ四年生。

詳細は添田コーチより。

野口コーチ、審判帯同ありがとうございました。とても助かりました。
大会関係各位の皆様、ありがとうございました。

保護者の皆さん、本日は寒いなか、ありがとうございました。
次節も宜しくお願いします。

谷津

会場:柏市立大津ヶ丘第一小学校

1試合目
VSトリプレッタSC
0-4

2-4-1のシステムを本格的に使い始めて間もない4年。中盤に3年生2名のサポートをもらって強敵に挑む。前半の立ち上がり、これまでどうしても集中し切れず失点をしがちだった時間帯を無難にしのぐ。CBが跳ね返すロングボールが何度か前線に入るも自分たちのものにしてゴールに迫るまでには至らない。攻撃の時はサイドを広く使い、守備の時は絞って攻撃の目を摘む形が中々落ち着かず、最終ラインと中盤にスペースができたところを突かれ失点。前半を終える。それでも新システムは後半も大きな綻びを見せず、機能させようと各ポジションの選手も努力を続けたが、中盤の支配力で上回られ、パス、トラップ、ドリブルの精度と練度の不足が球際で不用意なミスを産み、そのもたつきは相手に更なる間を与え、そこを突かれて後半10分過ぎに立て続けに得点を許す。一矢報いたいところだったが、相手のディフェンスを崩し切れずゴールまでの残り20mが遠い。最後までシュートを放てず、試合終了間際にも追加点を許し終了。

2試合目
VS沼南JFC
0-10

得点こそ奪えなかったものの、1試合目で新システムに手応えを感じつつの2試合目。1試合目に攻め切れなかった相手と互角以上の勝負を見せた、こちらの相手も強敵。落ち着いた立ち上がりに変わりはなかったが、キーパーとの呼吸が合わなかったバックパスが不運にもゴールへ。魔が差したのは一瞬で、ここは気持ちを切り替え集中し直して相手の攻めに耐える。クリアボールが相手に当たってゴールしてしまうなど不運も重なったが、この試合も大きな破綻無く前半を終える。だが、後半は1試合目に比べ疲れが見え始め、動きが悪くなる。そのため中盤でボールを簡単に奪われ、相手の早く正確な攻めの勢いを削げず、1試合目ではそれほど見られなかった最終ラインと中盤の間に綻びが。そのスペースを容赦なく突かれ連続失点!
。苦しい場面が続く。ここでトップのメンバーをチェンジし、攻めの意識を持ったポジショニングを徹底する修正点を伝え、挽回を図る。中盤の選手たちも球際の勝負に粘りを見せ、競り勝ち始めるなど良いリズムが生まれる。結果、CBからのロングボールが前線で生かされ始め、中盤からの強烈なシュート、右サイドを崩してゴール前に攻め込んでのシュートを立て続けに放つ。どちらも相手キーパーの超好セーブに阻まれ得点できなかったものの、2試合通じて初めて攻めの意識が実を結んだ。残念ながら得点を奪えず、点差も1試合目よりも開いて試合を終えたが、最後まで戦う姿勢は見せてくれた。

強敵との2試合。得点を奪えず、完敗。でも相手も同じ4年生。自分たちのサッカーがしたければ、ここまでの自分たちに足りなかったものは何か、真剣に向き合う必要がある。思い当たるなら、改善しよう。分からないなら一緒に考えよう。強い相手と試合ができて、真っ向勝負したからこそ、自分たちのサッカーが見つかりそうな気配が感じられたはず。毎日積み重ねるしか、昨日の自分を超える術は無い。みんなで一緒に頑張ろう!

主管の沼南JFCさん、対戦していただいたトリプレッタSCさん、本日はありがとうございました。また、対戦の機会をいただければと思います。

野口コーチには本日の審判大変お世話になりました。選手たちにいただいたアドバイスを生かせるよう練習に励みたいと思います。

保護者の皆様、本日もサポートいただきありがとうございました。季節も進み、今後も健康管理に気を配る日々が続きますが、引き続きご支援、ご協力お願いいたします。

ありがとうございました。

4年 添田

4年第2ブロック大会・予選リーグ②

4年第2ブロック大会・予選リーグ② 会場:江戸川主水グランド

梅雨明けの松戸主水グランドに四年生、三年生あわせて12名が集まる。
本日も気温が高く、キックオフが、13時半と厳しい闘いになりそうだ。
2ブロック予選突破には、前節の失点があるために、勝つだけではなく、
得点を多く取ることが必要だ。

松戸主水グランドはきちんと刈り込まれ、気持ちのよいグランド。
松戸四種にて昨日も刈り込んで準備してくれていたとのこと。
とても有難い。

vs.まつひだいブランコ 2-1
勝利
得失点差で予選突破はかなわず。
もっと仲間と協力して局面を打開出来るようになろう。
もっとチャンスを作ろう。

開始直後から、
ボールを持つと相手に突っ掛けてしまう選手たち。
相手に詰められると、懐に入れて周りが見えなくなる。
周りが見える選手になろう。

何度も試合中に、仲間とのパスワークで局面を打開するように伝えるが、
なかなかチャレンジしない選手たち。

残り5分切ったところから、中盤の選手がボールを受けてサイドに展開する動きができてきた。
これで沢山の得点チャンスが生まれるがフィニッシュまでいけない。
良いパスが出ても、トラップ、体の使い方等の受け手の連動が必要だ。

本日の試合の最後の5分。
選手たちには、感じた手応えを忘れないでほしい。
失点は不用意なGKへのバックパスから相手に奪われ失点してしまった。

公式戦後にはフレンドリーマッチを組んでいただいた。
まつひだいさんのご厚意で公式戦に出れなかった選手中心でのゲームとなった。
相手チームがAチームの選手も混じっての試合であったため、失点を重ねてしまう。
疲れもあるが、ゴール前での粘りが無く、チームを鼓舞していたGKも気弱になってきてしまった。
しかし、ここは数々の試合を経験してきたコーチ陣の盛り上げにより、選手たちは失点を重ねながらも最後まで諦めずに走りきった。

素直で純粋にサッカーを楽しむことを忘れない選手たち。
今後は、チーム全員で勝つ喜びをみんなで分かち合いたい。
市役所へ戻り選手たちを見送った後、コーチ陣は改めて気を引き締め直しました。

主幹のまつひだいの皆様、
予選は本当にお世話になりました。ありがとうございました。
保護者の皆様、時節柄、無観客での試合となりましたが、選手たちはきっと今後に繋がる沢山の経験が出来たと思います。
是非、試合のことを聞いてあげてください。
また、とても体調を整えるには難しい時期となります。夏休みにもはいりますので、先ずは、食事、睡眠、と規則正しい生活を心がけていただければと思います。

四年生、三年生コーチ。
ありがとうございました。
残念ながら、予選突破は叶いませんでした。
しかし、選手たちの目はきっと前を見ていると思います。
今後も宜しくお願いします❗️
お疲れ様でした‼️

谷津