6年第34回東彩ガス杯 2日目

準優勝!3-0春日部幸松、2-1千寿常東、0-3LIEN 会場 春日部市中野グランド .

●東彩ガス杯 2日目 2018/6/17(日)
3-0春日部幸松、2-1千寿常東、0-3LIEN 会場 春日部市中野グランド

《速報》
1位パート準々決勝
vs春日部幸松 3-0勝ち
12:20準決勝進出です。

準決勝vs千寿常東 2-1勝ち 決勝進出です。

決勝 vsLIEN 0-3負け準優勝で終了。
8人交代なしで頑張りました。
詳細は黒澤コーチ、関谷コーチより

槇山
———————
☆準々決勝VS春日部幸松 3-0
先週の頑張りのおかげで、今日は1位トーナメント。
ただ6年生は2チームに分かれたため、交代選手なしの8名。積極的にプレイする事を心掛け試合に挑みました。
相手に優れた選手がいる情報もあったため、不安な立ち上がりでしたが、中盤からのスルーパスにMFが反応し先制点。
そのままの勢いで俊足MFのドリブル突破で追加点。
後半にもコーナーをDFが押し込み3-0で完勝。全員で走りきった勝利でした。

☆準決勝VS千寿常東 2-1
DFのカバーリング、中盤のバランスの修正を再確認し試合に挑みます。
前の試合の勢いそのままに、サイドからのドリブル突破やセンタリングからのシュートなどフォルテペースで試合を運ぶ中、
相手に一瞬の隙をつかれサイド突破から1失点。ただ今日のフォルテは諦めません。
すぐにPKから同点に追い付き、最後はセンタリングをゴール前で合わせ2-1で勝ちきりました。
今朝、全員で頑張って優勝しようと伝えた言葉にプレイでこたえてくれた選手達、立派な戦いぶりでした。
この調子で監督、コーチ、保護者の期待をのせて、48チームの中から頂点をかけた決勝戦に挑みます。

6年 黒沢
———————
☆決勝戦 VS LIEN 0-3

準々決勝と準決勝は、選手、コーチ、保護者が三位一体となったチームで勝ち上がった。
決勝戦の雰囲気は特別である。3位決定戦以外の44チームが見つめている舞台となる。
2試合交代なしのフルメンバーで戦ってきた選手達にも疲労と緊張感が残る。
相手は今大会1失点の埼玉県内の強豪チームで、決勝への意気込みも強く感じられる。

大歓声の中、キックオフ。立ち上がり、こちらも大会1失点のフォルテDFが翻弄される。
GKのファインセーブもあり、辛うじて跳ね返すのが精一杯。相手の詰めも早い。
前半10分、フォルテDFのクリアが味方の腹部に直撃したことで、一時負傷退場した。
数的不利の状態の中で対応できず、左から個人技で抜かれミドルシュートを決められる。
負傷した選手が復帰してからも続けて右からの連携で失点。後半も相手の組織的なサッカーに何もできずにいたが、
豪快なFKでは観衆を湧かせる場面もあり、CKでもゴールチャンスはあった。
それでも相手スルーパスの1本で失点。総合力でも格上の相手に精一杯戦えた試合だった。
試合終了後の選手達の悔し涙はきっと成長につながるだろう。

結果は準優勝。選手達は交代選手がいない中でよく頑張りました。
選手同士がよく話し合い、励まし合い、普段では見れない選手達の顔がありました。
2週に渡り応援してくれた保護者の皆さんありがとうございました。
監督、コーチもお疲れさまでした。

6年 関谷

★2018年東彩ガス杯要項vol4.0 1日目結果2日目対戦R1

●東彩ガス杯 1日目 2018/6/10(日)
0-0栄町、2-0杉戸諏訪、0-0YANAKA 会場 春日部市中野グランド

34回を迎えた歴史ある大会。
先輩OB.OGも同じグランドで参加してきた大会だ。
春日部市中野グランドに14名の選手が集まる。
本日は48チームを8ブロックに分けて戦い、次節の順位トーナメントに進む。
ブロックで1位にならなければ、決勝トーナメント進めない。

春から闘ってきた、U-12リーグでは目標としてきた県大会出場を見事勝ち取った19期生。
秋から始まる県大会に向け、チーム全体の底上げが必要だ。

固定気味になっていたポジションをリセットし、今大会はポジションを入れ換えて望みました。
また、コーチたちのレベルアップを図る為、試合前のアップから、先発選手、交代選手のタイミングなどを
先輩コーチのサポートを受けながら、望みました。

vs.栄町 0-0
vs.杉戸諏訪 2-0
vs.YANAKA 0-0

1勝2分けで最終戦は決着がつかず、
コイントスで勝敗を決め、見事に勝ち取りました。
次節は一位トーナメントです。

保護者のみなさん、雨の中、車だしと暖かい応援ありがとうございました。
コーチもコーチングと審判とお疲れ様でした。

各試合の詳細は
vs.栄町 小川コーチ
vs.杉戸諏訪 関谷コーチ
vs.YANAKA 黒澤コーチ

よろしくお願いします。

谷津
———————-
中野グラウンドに14名の選手が集まり予選1次 3チームのリーグ戦を行なった。

1試合目 VS栄町 0-0

試合に出ていても出ていなくても全員で声を掛けて全員で戦う事を意識して挑みました。
攻撃ではみんな足が止まっていてボールをもらう動きがなくパスが繋がずシュート数が少なく得点する事ができませんでした。
ルーズボールの部分では動き出しが遅く相手に負けていた。
絶対相手より先に触りマイボールにするんだという意識をチーム全員が持つことが必要だ。
トラップやパスミスが多かった試合でした。
止めて蹴るなどの基礎的なことをしっかり練習しなければいけない。
ベンチからの選手の応援やコーチングはいつも以上に出ていたのは良かったです。
気持ちを切り替えて2試合目へ

小川
————————
2試合目 VS杉戸諏訪 2-0

1試合目の引き分けから勝利を掴みたいフォルテ。
「パスを出してからの動き」「スペースを作り、スペースに走る」をテーマにコーチング。
試合は序盤からフォルテペース。MFの中盤から左右にボールを出せている。
展開が止まるとDFとGKまで下げて組み立てようとする意識があり、丁寧にボールを回そうとしているのが分かる。
FWも得点チャンスが何度かあったが綺麗にゴールから嫌われる。
仲間がボールをアシストしてくれる分、期待に応えたい。
待望のゴールは前半終了間際。
MFが相手DFを2人をしっかり抜き去りミドルシュート。サイドMFが置き去りとなり相手を引き付けていたこともゴールにつながった。
後半は終始フォルテペースの中、DFのボールカットから右MFにつながり、スペースに入ったFWがスピードを生かした中央突破で豪快にシュート。
GKに辛うじて弾かれるが、左MFの鋭い嗅覚でこぼれ球を押し込んだ。
その後も後半アディショナルタイムにコーナーキックをヘッドで決めたが主審のタイムアップコールでノーゴールとなった。
結果を残したい試合は全員サッカーでテーマに精一杯チャレンジして戦い勝利を残した。
選手達のモチベージョンを高め3試合目に続く。

6年 関谷
——————–
3試合目 vs YANAKA 0-0

来週の1位トーナメントをかけた最終戦。今日の2試合の反省を踏まえ、ゴールに向かっていく姿勢を再確認し試合に挑みました。
前半は相手のボール回しにふられ苦しい時間帯もありましたが、全員でのカバーリングやキーパーのナイスセーブもあり無失点。
後半も一進一退の気持ちの入った好ゲームでしたが、勝敗はつかず。
引き分けのため、大会ルールでコイントスにて勝利。
普段とは違うポジションでも精一杯頑張った選手達、今後も様々なことにチャレンジして、自分の可能性を拡げて欲しいと思います。
大粒の雨のなか、ご協力頂きました保護者の皆様、本日も熱い声援ありがとうございました。

6年黒沢

6年野田市民大会 準優勝!

0-5エンデバー、8-0梅里、3-2福田 会場 野田市スポーツ公園                .

野田市民大会結果

次に向けて選手達がそれぞれの課題を認識した1日でした。
結果は2勝1敗、準優勝でした。
詳細は、若林監督から。
6年矢形
——————-
第一試合
VSエンデバー 0-5
慣れないメンバー・ポジションということもあり、あまりうまくいかない展開が多く5失点。
これからのチーム体制もあるので、今日のような展開をどう打開していくか?何が足りないか?を
選手が考えられる環境を作ってあげることが大事だと思いました。

第二試合
VS梅郷 8-0
1試合目の敗戦で選手達に変化がありました。
試合前にプレー・ポジションなどコミュニケーションを取り試合への心意気が感じられた瞬間があり、良い展開に持ち込み8得点。
少し自信がついたと感じられる試合でした。 

第三試合
VS福田 3-2
よい流れで迎えた3試合目、この試合前も選手同士で連携やポジションの確認を話し合う時があり、
今日一日で選手達の意識が少し変わった気がします。
危ない場面もありましたが粘り3得点。2失点しましたが勝利することができました。

今日は貴重な経験ありがとうございました。

六年生と言うこともあり、今のメンバーでサッカーができる時間が短いので楽しく思い出に残る時間にしてもらいたいと思います。

若林

4年野田市民大会

フォルテ赤優勝!                                   .

4年生 野田市少年サッカー大会
フォルテ 白
vs 福田 3-2 ◯
vs フォルテ赤 1-6 ×
vs エンデバー 4-4 △
vs 清水台 0-0 △
4戦1勝1敗2分け 3位

フォルテ 赤
vs フォルテ 白 6-1 ◯
vs 清水台 1-0 ◯
vs エンデバー 12-0 ◯
vs 福田 7-0 ◯
4戦4勝 優勝

今回は保護者の方にコーチとして参加して貰いました。

フォルテ白
2人のDFの安定感もあって、攻撃に厚みが出来た感じがしました。
テーマにしてあるコミュニケーションは一人ひとりがコーチングする声が聞こえました。
ブロック予選でも課題となったゴールの意識とシュートする姿勢を身に付ければ、もっと得点出来ると思いました。
3位と良い成績をあげたのも、フォルテ白の底上げが、かなり上がったと思います。

フォルテ赤
優勝した事は凄く良かったと思います。
試合の内容としては、テーマであるオーバーラップが出来てないと言う事。
サイドの選手が攻撃に絡んでない印象が有りました。
全試合26得点を上げたものの、シュート数はそれ以上。最後のフィニッシュは確実にものにしたかったです。
それでも全員が声を出してコミュニケーションを取っていました。
球際の強さは練習の成果が出てました。

今回も応援サポートしてくれた保護者の方々、コーチとして参加来てくれたお父さん達、
審判の手伝いをしてくれた中村コーチ、佐久間コーチ、矢嶋コーチ本当に有り難うございました。

4年生コーチ 飯塚

野田市民大会結果

2年、1年、幼稚園・保育園野田市民大会

会場 野田市スポーツ公園                 .

☆2年生
〇フォルテホワイト

全試合(四試合)敗退
得点一点も取れず。

試合前、目標を確認。ドリブルしてシュートまで持って行く!と各々口にしていました。
試合毎に、悔しくて泣く者・次は一点入れると意気込む者・あまり走れなかったと反省する者。

全試合終了後、声を出して走れた!ドリブルもできた!でも点数が取れなくて悔しかった。と話す選手達でした。

まだまだ目標レベルに到達していないかもしれませんが、不馴れな保護者コーチに対しても不満を言わず、
精一杯走ってゴールを目指した選手たちに成長と期待を感じた1日でした。

未経験のコーチ業、温かく見守ってアドバイス下さったみなさま、ありがとうございました。

赤澤

***************************************
☆1年生

本日は、1年生の保護者監督として参加させて頂きました。
フォルテメンバー2名
体験参加者6名
計8名で出場しました。
子供達は、初戦少し緊張しているのかな?と思っていましたが、

1試合目 フォルテVSエンデバー
まさかの7点の大量得点で勝利!子供達は凄い!!

2試合目
フォルテVS清水台
2対0で負けてしまい子供達はとても悔しがっていました。

3試合目
フォルテVSエンデバー
2試合目の反省を生かして4対1で勝利!

4試合目は
2試合目に負けたチームと再度対戦
接戦を制して、4対2で勝つ事が出来、その結果、1年生の部で見事優勝!!
試合が終わり子供達に今日は、楽しく試合が出来たかと聞いたところ
皆声を揃えて、「楽しかったー」と子供達は今日の経験でフォルテのスローガンでしょうか?
勇気を持って1歩前に踏み出せたのではないかと思います。
私自身も、子供達のおかげで久々に、ワクワクドキドキしてとても、良い経験をさせて頂きました。
また、日頃からご指導頂いてる
監督、コーチ、本日サポートして頂いた保護者の皆様
ありがとうございました。

栗原

***************************************
☆幼稚園・保育園

今回は保護者監督として2回目の大会となりました。(*前回のKKでお手伝いいただきました)
フォルテ園児3人、体験園児4人・計7人で試合に挑みました。
結果は、4チーム中・3位でした。
最初の1試合目は、園児達みんなが声を掛け合いながらの試合が出来ました。
2試合目からは、少し疲れが出たのか、声も出なくなり園児達からも笑顔がなくなって行きました。
監督として試合が始まる前に園児達みんなに3つの約束をしました。
1・相手のボールを逃げずに取りに行く
2・ボールを持ったら一歩でもゴールに近づける
3・笑顔で試合をする
この3つで3の笑顔が一番大切だよと言いましたが、最後まで園児達みんなに笑顔をさせてやれなかったのは監督として頑張れなかった事です。
結果3位で園児達みんな悔しがっていましたが、この悔しさをこれからの練習にいかして、フォルテ選手として頑張れると信じています。
先週と今日の2大会で、良い経験をさせていただきありがとうございました。
そして、色々サポートしていただいた保護者の皆様ありがとうございました。

石川

4年ホワイト2B予選①

2-1まつひだい、1-2つくしSC 会場 主水グランド

30年度4年第2ブロック予選7B_~6月16日結果

●フォルテホワイト2B予選② 2018/6/16(土)
2-1まつひだい、1-2つくしSC 会場 主水グランド

2B予選大会フォルテBホワイト 4年生9人、3年生2人が松戸主水グランドに集まった。
勝てば、決勝トーナメント進出がかかる大事な試合。

第1試合
vs まつひだい (0-1,2-0)2-1 勝利
第2試合
vs つくしSC (1-1,0-1)1-2 負け

2試合通して、フォルテペースの時間帯が多く、攻めの姿勢が凄く見られた。
ただ、もっとゴールへの意識とシュートする姿勢が欲しかった。
結果は7ブロックのグループリーグ3チームが、勝ち点が並ぶ結果になった。(2勝1負1分け)
流山翼SCとつくしSCの結果次第では1位通過の可能性も有り。

詳細は佐藤コーチからお願いします。

4年生コーチ 飯塚
———————
4年生ホワイト2B予選2日目開催されました。
テーマは前回と同じく
①コミニュケーション
②アプローチを早く(球際を負けない)にしました。
まつひだい 前半0-1 後半2-0 2-1 勝ち
初戦は相手も初日から2勝しているが得失点差を考えると勝たなくては厳しい状況から攻撃的に来ると考え
選手達には絶対に攻撃を受けるのでなく自分達から前へ前へ出てボールを奪うように声かけ送り出す。
テーマ通り前でボールを奪うことができフォルテペースで進むも相手も体を張ったディフェンスで中々ゴールが奪えずにいる。
ゴールキックのミスを奪われた先制される。
ここでいつものホワイトなら引いてしまうがその後も引く事なく前へ前へ出ることができ後半に3年生が2得点上げ2-1で勝利することができた。

2試合目つくしsc 前半1-1 後半0-1 1-2負け
1試合目と同じく相手は負けれない状況から攻撃的に来る。
攻撃を受けるのでなく前へ前へ奪う事ができフォルテペースで進むもやはりゴール前でドリブルで何人も抜こうとして囲まれてボールを取られる。シュートも自分の型にならないと打てないとシュートチャンスが少ない。
逆に相手は数少ないシュートチャンスをものにしていた。

2勝1敗得失点差で2位以上確定し決勝トーナメント進出決定!!
今回3試合で得点11点失点4点とボールを奪ってカウンターという得点がほとんどで失点シーンも崩されずにミスからの失点となった。
今回のリーグ戦でのテーマは理解で取り組んでいたが新たな課題が見つかり今後のトレーニングで克服していけたらと思う。
3年生の2人の選手は8人制を始めて間もない状態でいきなりの4年生の試合だったが自分達の持ち味を生かし戦力として活躍しくれた。
ドリブルに緩急、角度の変化をつける事でドリブルの幅が広がると思いました。
2B決勝トーナメント、東葛大会とまだ機会があるので3年生の試合とは違った環境になるが是非一緒サッカーできたらと思います。
3年生監督、コーチ出場のご協力ありがとうございました。
決勝トーナメントもあります。審判部の方々、保護者の方々今後もご協力宜しくお願い致します。

4年生コーチ 佐藤善昭

30年度4年第2ブロック予選7B_6月10日結果
●フォルテホワイト2B予選① 2018/6/10(日)
8-1流山翼SC 会場 主水グランド

6/10(日) 2ブロック予選 ホワイト
4年生9人、3年生2人、フォルテ ホワイト11人の選手が、主水グランドに集まりました。

第1試合
vs 流山翼SC (4-1,4-0)8-1 勝利

1試合目だったので、雨の影響も無く、無事に試合が出来ました。
試合の詳細は、佐藤コーチからお願いします。

本日は応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同してくれた對馬コーチ、有り難うございました。
来週も2ブロック予選なので、保護者の方宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚
———————-
本日4年生2B予選ブロック1日目実施されました。
フォルテホワイト(Bチーム)
流山翼エスペランサさんとの試合でした。
前半4-1 後半4-0 結果 8-1でした。
本日のテーマは①コミニュケーション②アプローチを早く(球際負けない)で行いました。
昨年の2Bでは出場時間も短い選手達でしたが今年は2チームエントリーという事で
今まで主力選手に依存する事多かったためこの大会は自分達が主役になってやろうと送り出しました。
開始3分で先制に成功しましたがすぐにフォルテDFの選手がオバーラップした所をカウンターを受け
追いつかれてしまいましたがその後相手の攻撃を受けるのではなくテーマにもしていたアプローチを早く
自分達から前に前にボールを奪う事ができ大量得点に繋がったと思います。
失点場面での修正もオーバーラップをやめるのでなくオーバーラップしたところをカバーすると試合内で修正する事ができました。
登録選手全員試合に出れ来週の残り2試合も今日と同じサッカーができたらと思います。
また3年生から二人の選手が出場しました。ドリブルでドンドン仕掛け4年生にない攻撃のアクセントになりました。
技術の高さにワクワクさせられました。
3年生の日程があるにもかかわらず試合への出場のご協力ありがとうございました。
雨の中審判部の皆様、3年生監督、コーチの方々 4年生のコーチ、保護者の方々のご協力ありがとうございまた。

4年生コーチ 佐藤善昭

4年オレンジSICリーグ②

6-0越谷FCj、12-0幸松JFC、1-3FC フレッズ 会場 野田市立七光台小学校

●オレンジSICリーグ② 0616(土)
6-0越谷FCj、12-0幸松JFC、1-3FC フレッズ 会場 野田市立七光台小学校

4年生SICオレンジ
雨上がりで涼しい七光台小にオレンジ9名が集まる。

①越谷FCj 6-0
②幸松JFC 12-0
③FC フレッズ 1-3

試合は勝ったり負けたりするのが良い。
オレンジは4年生になって初めて負けたようだ。
試合後の選手の顔は死んでいた。

本日、ホワイト2B第2節とブッキング(本日予選突破)さらに土曜で多くのコーチの手助けを頂いき感謝です。

詳細は近内監督から。
*****吉原*****
———————-
雨模様の中、オレンジ組のメンバー9人が市役所に集合。前回に引き続きSICに帯同する。
ホワイト組は、主水グランドで2B予選の試合。
オレンジ組は、7月に2B予選を控えての試合となる。
今日のテーマは、
 高い位置からの速いプレス
 コミュニケーション(サポートの声)
 オーバーラップのチャレンジ
今迄、やって来た事を使って試合をする。

対 越谷FC
6-0,0-0 6-0 勝ち
開始早々から速いプレスでボールを奪い、スピードに乗った攻撃で前半6-0で折り返す。
後半は、メンバー全員を交代して来た相手。
スピード、フィジカルとも互角な状態で中盤での攻防が続き0-0で試合終了。

対 幸松JFC
4-0,8-0 12-0 勝ち
試合前のミーティングで今日のテーマを再度、確認して試合に望む。
前半から怒涛の攻撃と1対1でのボール際での勝負で負けない選手の頑張りが見える試合でした。
1試合目、2試合目とテーマにトライ出来た事は、とても良かった。

次は、本日最高の対戦相手。
対 FCフレッズ
1-0,0-3 1-3 負け
自分達のペースである速いプレスとスピードのある攻撃で先制点。その後も攻撃を仕掛けるが追加点が奪えない。
徐々に相手もスピードに慣れて来て、カウンターでの攻撃を仕掛けて来る。相手中心選手のマークが遅れ始める。此処で前半終了。
ハーフタイムに相手中心選手のマークを指示するが、左サイドから持ち込まれて同点。
その後、相手のペースで進む中コーナーキックから失点。1-2と逆転されて自分達のプレーを取り戻せず、更に失点して1-3で試合終了。
4年生になって初めての負け試合を経験。
負け試合から得る事は、大きい!
今日の経験をノートに記録して、マークの基本を再度確認しよう。

保護者の皆様、寒い早朝よりご協力頂き有難うございました。
これから、2B予選、東葛予選と続きますので応援、協力の程 宜しくお願いします。

近内

●SICリーグ① 0602(土)
6-0FC郷州、3-2エスペランサ総和FC、2-0利根キッカーズ 会場 守谷大利根グランド

2ヵ月振りに見る、4年生の試合に14名が揃った。
今日も暑い中での3試合、どれだけやれるか?
試合前のミーティングで、今日のテーマを話す。
 速いプレス
 1対1で負けない
 オーバーラップのトライ
選手が、どれだけチャレンジする事が出来るかを見守る。
1試合目
対 FC郷州
3-0, 3-0 6-0 勝ち

2試合目
対 エスペランサ総和FC
2-0,1-2 3-2 勝ち

3試合目
対 利根キッカーズ
2-0,0-0 2-0 勝ち

今日の試合は、普段やっていないポジションをやらせたりテーマへのトライと戸惑う事も有ったと思う。
又、試合中の選手交代、ポジションチェンジにも対応出来る様になっていた事は頼もしい。
これからも、レベルアップ出来る様に頑張れ!

今日も、朝早くからご協力頂きました保護者の皆様、有難うございました。
これから、宜しくお願いします。
野口コーチ、岡野様
審判、有難うございました。

近内
—————————
SICリーグ 結果
vs FC郷州 (3-0,3-0)6-0 勝利
vs エスペランサ総和FC (2-0,1-2)3-2 勝利
vs 利根キッカーズ (2-0,0-0)2-0 勝利

仕事を終えてから参加したので、3試合目の感想です。
フォーメーションは2-3-2。普段からテーマとしているコミュニケーション。ボールを奪う。オーバーラップをする。
全体的にはコミュニケーションは取れてると感じました。
プレスからのボールを奪う。球際の強さは練習での成果が出来ていました。
オーバーラップに関しては選手達のオーバーの意識が出てました。
ただ、サイドからの展開で、ボールを持ってる選手とオーバーする選手のタイミングが合わない。
味方からボールを受けた時に、オーバーする選手の上がりを待たずに、むやみに一人で速いドリブルをする選手が多く、
オーバーしてる選手が追い付けないで、ボールを奪われる事が多かった。
仲間の上がりを待つ、タメを作る事が出来れば、オーバーラップが生きる攻撃が出来ると感じました。

結果は2-0の勝利。テーマであるオーバーラップの意識があって、凄く良かったと思います。
今回は朝から応援サポートしてくれた保護者の方、近内監督、名和コーチ、野口コーチ、岡野様、お疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

5年2B予選

2-1FC ALMA松戸、1-1流山隼少年SC 会場 野田市スポーツ公園

●2B予選① 2018/6/10(日)
2-1FC ALMA松戸、1-1流山隼少年SC 会場 野田市スポーツ公園

VS FC ALMA松戸
2-1 勝ち
貴重な勝ち点3

VS 流山隼少年SC
1-1 引き分け
2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。
次節7/15(日)に持ち越しになりました。

5年コーチ 国生
———-
いよいよフォルテ5年生での公式戦が、本日 開催される。
今まで、様々な練習&試合で 沢山のサッカーを学んできたことを全部出し切れる試合になって欲しい。
梅雨の季節に開催するので、天気が心配でしたが河川敷グランドの為、対戦チームへも 基本 雨天決行の連絡をして開催する事が出来ました。
フォルテ5年 2B 会場主幹の為、前日準備&当日 朝6:45~会場準備 チームスタッフ&保護者 の皆様により 早めに準備をする事が出来ました。
本当にありがとうございました。

本日の、第1試合目は9時~で、フォルテの試合は第2試合目の10時~
対戦相手は FC ALMA 松戸。

松戸のチームは、どのチームも強い印象があり、どんなサッカーをして来るかもわからないですが、
フォルテ5年生が、今、挑戦しているサッカーをしっかり出来れば、良い試合が出来る。

VS FC ALMA 松戸
10時~の試合で、しっかりと体も気持ちも準備が出来ていたので、試合の入り方はよかった。
最近 5年テーマは、チーム全体で、前に出てプレスをかける事。
開始から気持ちの入ったハイプレスサッカーが出来ている。
相手コートでのプレーが続く中、左サイドからの攻撃に右サイドの選手がゴール前に飛び込み ゴール フォルテ先制点。
選手、ベンチ、保護者 全てが喜びに溢れる。
しかし、浮き足だってたのか?その後、1分もしない内に同点にされてしまう。
失点は、中盤でのプレスが甘く、センターバックが最後に身体を寄せきれないで、ドリブルシュートを決められてしまう。
一言で言えば「軽いディフェンス」。
この1年間の内に、練習したディフェンスの仕方をもう一度思い出して欲しい。
ここで、前半終了。1-1 同点

ここ最近のフォルテ5年生の試合では、先制点するも追いつかれて、更に逆転される事が多かったので、
ハーフタイムで集中力と落ち着き、を取り戻して後半に挑んで欲しい。

後半は、自分が私用の為、いなかったので…
左サイドプレーヤーのスーパーシュート(想像です。)が炸裂して2-1にて貴重な勝ち点3をもぎ取る事が出来ました。

VS 流山隼少年SC
第2試合目は、流山隼少年SCとの試合。
フォルテの試合より前に試合をしていたので、相手の特徴を選手達に伝える。
センターバックの守備力があり、ロングフィードがうまい。チャンスになるとドリブル突破で攻撃参加をして来る。
フォワードの選手が、小柄ながら足が速い。
など、相手チームの特徴を伝え試合に挑む。
相手チームがどんなチームだろうと、今のフォルテ5年生のテーマは変わらない。
前線からのハイプレス&高いディフェンスラインにて攻撃の厚みを作る。
しかし前半、一瞬の隙をつかれて1点奪われてしまう。
気持ちが落ちてしまうかとも思ったが、選手同士で声を掛け合い上を向いて試合に戻る。

後半になっても、前線からのハイプレスで体力も限界の中、チームのテーマを全員が頑張り、一進一退の攻防が続く。
相手チームも、追加点を狙いに前がかりになってきたので、前線の選手をなるべく前に残るように伝えると、
フォルテのカウンターが見事に決まり、同点に追いつく事が出来ました。
最後まで勝利目指して走り続けましたが試合終了のホイッスル。

1-1 引き分け

2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。

本日、勝ち点4
流山隼少年SC様は、日程の関係で、本日3試合して頂き 勝ち点4
フォルテ5年生は、次節の試合にて、引き分け以上で予選通過。
1ヶ月後の次節2B予選に向けて、更に練習して成長する事で予選通過が見えて来ます。
本日の試合で、出来た事、出来なかった事をチームスタッフで確認して練習にて修正して行きたいと思います。

最後に、FC ALMA 松戸 様 ?流山隼少年SC様 ラビットキッカーズ様
本日は朝早くから天候不順な中の公式戦、ありがとうございました。
7/15に次節開催させて頂きますので、よろしくお願い致します。

スケジュールの関係で、フォルテ4年生にTRMに来て頂きました。
フォルテ4年生 選手、指導者、保護者の皆様 天候不順の中、協力して頂き本当にありがとうございました。

審判部、野口コーチ

審判確認含め、サポートして頂きありがとうございました。
少しトラブルもありましたが、無事終了する事が出来ました。
引き続きサポートをお願い致します。

3年 篠田助監督
応援に来て下さり、更に本部運営もサポートして頂き、ありがとうございました。

フォルテ5年生、指導者、保護者の皆様。
2B 会場主幹の為、前日準備、当日も朝早くから準備をして頂き、更に本部運営 本当にお疲れ様でした。
自分自身、初めての主幹運営で、不慣れな為、大変ご迷惑をおかけしましたが、無事1日目を終了する事が出来ました。
次節7/15も会場主幹運営になりますので、ご協力をお願い致します。

フォルテ5年生は、様々な人にサポートして頂き、サッカーを思いっきりする事が出来ています。
それを、1人1人が成長した姿を見せる事が大事になりますので、1日1日の練習を真剣に取り組んで行きましょう。

フォルテ5年コーチ 国生

4年オレンジ交流試合

6-1ラビットキッカーズ5年 会場 野田市スポーツ公園

4年オレンジ交流試合
小雨のなかスポーツ公園には21期4年生オレンジチーム10人が集合。
フォルテ5年が主管する2B大会参加チームとフレンドリー2試合を組んでいただいた。
一方4年ホワイトは2ブロック予選で松戸市へ遠征。

21期4年生の目指すところは「選手が湧いて出るサッカー」
このところのテーマはオーバーと守備時の基本原則の順守。
1試合目ラビットキッカーズ戦、モチュベーションも非常に高く、オーバーを活かした攻撃が至るところで見られ、相手を翻弄した。
最終DF、MFからのドリブルとタイミング良い相手DFの裏に出すスルーパスは見事であった。
すべての選手が相手ゴールに向かうプレーで言うこと無し。結果は6得点で選手は充実感を感じた試合。
1失点はペナを横切るサイドチェンジのパスをさらわれたものの「パススピード」と「角度」で対応可能である。

本降りさなかの2試合目は「やめて帰ろうよ!」の言葉に選手は「絶対やりたい」の一転張り。
フォルテ5年生にお願いしてもう1試合。
選手はテーマ、基本を忘れて雨のピッチを縦横無尽に走り周り、自由気まま楽しんだ。
こんな時、何を言っても無駄。プレーを注意すれば、指摘された選手は後日必ず風邪をひく。
多くの得点をあげたがテーマがおろそかになり組織的なサッカーではなかった。
雨のスリッピーなピッチを経験できたのは良い経験となった。
声をかけて頂いた5年生に感謝。また、冷たい大粒の雨のなか見守っていただいた4年生5年生の保護者に大感謝。

いよいよ4年に一度のフットボールの祭典、FIFAワールドカップが10日後に迫った西野JAPAN。雲行き怪しい。
12年後もしくは16年後のワールドカップの主役は今一緒にいる選手たちであることを忘れてはならない。

吉原

2年以下KKリーグ③

会場 福田第二小学校 .

KKリーグ第3節 2018/06/10(日)
KK第3節結果

★kidsリーグ結果
●フォルテオレンジ
小雨降るもピッチのコンディションは悪くありません。
結果は全4ゲーム無得点、一勝も出来ませんがプロセスが良好にて報告致します。

先ずは前回の練習試合で明白となった課題である、フリーの選手にどう対応するか?について選手達からの抽出内容で二点です。
1,攻守の切り替えにメリハリが無い
2,ディフェンス時の位置が固まってる

それに対して選手はこう話しました。
声を掛け合って、攻守のスピードUPを図る。またマーク選手を明確にする事で克服できると気付く事が出来ました

しかし実際にゲームが始まると声を掛け合うシーンは少なく、相手の足元に集中し全体把握が出来ず。
パスを回され相手のペースになり初戦敗退しました。

直後のミーティング、やはり声かけを重要とし集中課題としました。
その後のゲームでは、少しずつでありますが声を掛け合った事い相手をマークしパスカットからの攻撃がありました。
点数には繋がらなかったが、声を掛けあう大事さが伝わったならば次に繋がる事と感じました。

本日は雨予報ともあり、決行のジャッチをされた運営の皆様。また足元の悪いなか集まって下さった保護者のご協力に感謝しております。
風邪など体調管理を引き続きお願い致します。

二年以下 赤澤
——————–
●フォルテホワイト
雨予報が出ている日曜日。通常の8分ハーフではなく、10分1本での試合とし早く切り上げるとの判断で試合スタート。
1G目の試合に入る雰囲気は悪くない。皆リラックスしている。何とか今回は良い雰囲気で望みたい。
選手に対して約束事を伝える
・取られたら取り返す!足だけ出してもボールは取れない
・他の選手に任せない(休まない。全員でやる)
以下、試合結果です。
フォルテW vs ペガサス 0 - 3 負け
フォルテW vs つくし野B 1 - 0 勝ち
フォルテW vs まちサカA 0 - 4 負け
フォルテW vs 南流山 0 - 3 負け
1試合目・・・遊びに来ていると思ってしまうくらい選手がふわふわしている。
走る、ドリブル、体を入れるなど普段の練習でやっていることが全くできていない。
何もできないまま試合終了。挙句の果てに終了後の相手チームへの挨拶もばらばらでできていない。
さすがにPトリックコーチより強く注意を受ける。選手たちは何をしに来ているかを再認識。表情が変わる。

2試合目には中盤からドリブルで相手を交わし見事にシュート。チーム初得点が生まれ勝利。
3試合目、4試合目は負けてはしまったものの、ドリブルを果敢に仕掛ける場面が増える。
ディフェンスに関しても体を入れて取りに行っている。
キーパーからはフリーになっている選手の背番号を声掛けしマークするように指示する姿も。
走り負けていない良い試合ができたと感じます。
結果こそは伴わなかったが良い形が何度もあり見ごたえのある試合でした。
次週の市内大会では良い結果が出せるよう期待したいと思います。

小雨が降ったり止んだりしてはいましたが何とか第3節を終了することができました。
保護者様におかれましてはフォルテクラブの活動にご理解、ご支援いただき、
会場設営大会運営にご協力いただき大変ありがとうございました。
今後ともご理解、ご尽力のほどよろしくお願いいたします。

2年以下 佐藤

★kinderリーグ結果
今日は来週の市内大会に監督をお願いする石川さんと栗原さんにベンチに入ってもらいました。
石川さんよりコメントです。 執行

今日はお疲れ様でした。
初めての保護者監督として子供たちと試合参加しました。
試合結果は、準優勝!
結果は準優勝で園児達みんな悔しがっていましたが、自分としてはとても良い結果だと思います。
最初の試合こそ園児みんなが緊張してましたが、2試合3試合とするたびに園児みんなが笑顔で楽しくボールを追いかけていました。
次の市民大会では、最初から園児みんなが笑顔で楽しくボールを追いかけて行けるように声掛けしたいと思います。

石川

KKリーグ第2節 2018/05/13(日)
KK第2節結果
★Kids
KIDSリーグ 第2節、朝から曇り空、天気予報も午後から雨と、天候に不安がある中の開催となりました。
今回は、参加選手11名。
いつもであれば2チーム参加するケースであるが、今回は外から試合を観て、試合の良い点、悪い点を確認し、
自分ならどうするか考えたうえで、出場する次のゲームにチャレンジする事とし、1チームでのエントリー。
参加6チームの総当りリーグ戦で、上位2チームを決定する形となった。
今日は、監督からの指示で、3つの課題が与えられた。
①ボールは、相手の正面から身体で奪いに行く。
②前へ積極的にドリブルをする。
③前へのドリブルがダメなら、横にずらしてボールを運ぶ。

結果、5戦中2分け3勝。準優勝。
第1試合 対 松戸旭 2-2 引き分け
第2試合 対 南流山 0-0 引き分け
第3試合 対 ペガサス 2-0 勝利
第4試合 対 つくし野 1-0 勝利
第5試合 対 ハイビレッジ 1-0 勝利

与えられた課題については、満足出来る程では無かったが、今までの試合とは個々の頑張りに、違いを感じられた。
勝ちきれない試合ではあったが、負けない試合でもあった。
ゴール前につめられても、相手とボールに向かい、選手全員がチャレンジし続ける姿が見られた。
選手や、ベンチからもマークの確認などの声もあり、11名全員で戦っていた。
以前からの課題、キックイン、キーパースローなどについては、今回改めての指示をしていない中、
選手達はしっかりと身に付け実践していた。

次の課題として、監督からの指示を実践し、負けない試合からの脱皮。勝ち切る試合を行いたい。

観戦していただいていた保護者の皆さんも感じられてるかと思いますが、
選手達は一年前とは比べ物にならないくらい、成長していると思います。
それも、個々の意思で。。。

これも、選手達を支えていただき、御協力いただいている保護者、各チームの関係者、
グラウンドや駐車場を貸与いただいて成り立っています。
今後も、子供達の成長に御協力いただけたらと思います。
本日は、ありがとうございました。

2年 コーチ 佐々木
—————–
★Kinder
朝早いと言うのに元気な姿で選手が集合。今回のキンダーは2年生女子2名が 助っ人として参加してもらいました。

会場へ集まった選手たちは朝だと言うのにやる気に満ちていました。
軽いアップをしている選手を見ても生き生きとしている。サッカーを楽しくしている姿が感じ取れます。
約束事は前回同様です。
1)ドリブルしている選手を後ろからフォロー
2)他の選手が頑張っているから・・・と休まない
3)キックイン、キーパーボールは時間をかけない
何よりも元気に。
今回は参加チームが3チーム(フォルテ含む)だったため総当り×2回の4試合となりました。
雨予報も出ていたため、タイムスケジュールよりも早められるところは早めながらの実施。

以下、試合結果になります。
1G
フォルテU7 vs ペガサスU7  0 - 4  ×
2G
フォルテU7 vs ハイビレッジU7 0 - 4 ×
3G
フォルテU7 vs ペガサスU7 0 - 1 ×
4G
フォルテU7 vs ハイビレッジU7 2 - 4 ×
0勝4敗 勝ち点0得点2失点13得失点11  3位
1位ペガサス  2位ハイビレッジ

交代選手がいない、体験の子を含めた試合の中、選手たちは必死にボールを追いかけました。
試合に入る雰囲気は悪くないのに皆、ボールを持つと後ろ向きとなり前に運べません。
ドリブルの練習をしているにも関わらず蹴ってしまい相手ボールになり失点。
1試合で1本もシュートが打てていない試合が続きました。
特別なことは言っていません。
徐々に選手のやる気スイッチが入ったのか後半の試合に関しては前を向いたプレーもできるようになり、攻守の切り替えが早くなりました。
キーパーからのリスタートも早く空いている選手へ、中ではなく外へ投げています。
ドリブルしている選手が取られてもフォローしているので取り返しドリブルができました。
結果、最終試合では2G決めるまでに!勝ち点こそは挙げられませんでしたが、
選手一人一人が試合毎に自分のプレーを思い返し気付きがあったからこそだと思っております。
フォルテにとって大事な選手の成長と今後の活躍する姿を想像しました。
指導者としての私の反省は、やはり1試合目への試合への入り方。
個々の選手への良い点、改善点の伝達が不十分であると思います。
この年代がフォルテゴールデンエイジだと言えるチームにしていきたいです。

保護者様におかれましてはフォルテクラブの活動にご理解、ご支援いただき。
会場設営 大会運営にご協力いただき大変ありがとうございました。
今後ともご理解、ご尽力のほどよろしくお願いいたします。

二年以下佐藤

#############################################
KKリーグ第1節 2018/04/08(日)
KK第1節結果
★Kids
●フォルテホワイト
今年度最初のKK。
フォルテからは、キンダーで1チーム、キッズでオレンジ(6名)、ホワイト(5名)の2チームエントリーとなった。
今年のKKでは、毎回順位決定戦を行い、表彰される事もあり、カップを目の前にした各チームの子供達も、眼の色を変えていた。
以下、ホワイトの報告です。
今回は、交代選手がいない状況、予選リーグ3試合、順位決定戦1試合を行った。
課題としては、練習でも重視してきた、ゴールスロー、キックインからのリスタートで、味方チームへどの様に繋げるか、相手に取られないか。
ドリブルで、前へ運び、後ろからもフォローをする。

初戦、対 ペガサス 1-1 引分
序盤からかなり押していたが、ゴールが遠い。
そんな中、先制点を奪われてしまった。
しかし、いつもなら下を向いてしまう選手達が、前を向きチャレンジを続けた結果、同点に。
追加点が欲しい所ではあるが、引分となった。
当初の課題についても、まずまず出来ていた。
第2戦、対 まちさか 0-3 負け
初戦に比べ、動きが悪い。
自陣ゴール前から展開出来ていない。そこで不安が的中してしまった。
ゴールスローで受け手がいない。近くの選手にも、相手マークがついている。
  キーパーも迷って近い所に出し、相手に奪われてしまった。そのまま失点。
ほぼ同じような形で失点を重ねてしまい、試合終了。
第3戦、対 南流山 1-0 勝ち
選手達も、第2戦の反省をしっかり行い、再確認。
交代選手がおらず、疲れもある中、時間は進む。
何度目かのチャレンジで、先制点を奪う事が出来た。
何とか守りきり、本日初勝利。

予選リーグでは、3位となり順位決定戦
対 まちさか戦 1-4 負け
やはり疲労は大きく、走り負けが目立つ。
先制点を奪われ、1点返すが、その後も失点を重ねてしまい敗戦。
試合内容としては、満足できるものではない。
しかし、この試合でハプニング。負けてる状況で、前に仕掛けた選手が負傷。
もちろん交代もいない。その選手は、あまりの痛さにベンチへ。
ピッチには4人。ひとり足りない状況で、大量失点となる事を覚悟したが、残り の選手達が大健闘。失点せずに耐えている。
それを目の前に、傷んだ選手も奮起し、ピッチに戻った。
選手達は、試合結果よりも必要な事を、学べたと思う。
精神的なキンダーから、キッズへ成長してきている事を感じる事が出来た。

今回からKKリーグの運営も代わり不慣れな所、お手伝い頂きました皆様、ご参加頂きました各チームの関係者様、ありがとうございました。
これからも、KKリーグを盛り上げていきたいと思います。
御協力頂けたら幸いです。

そして、選手達もお疲れ様でした。

二年以下担当コーチ 佐々木

●フォルテオレンジ
18年度Kidsリーグ第1節が4月8日よりスタート!
Kidsからは2チームのエントリーとなりました。
私はオレンジを担当。
元気に会場へ集まった選手たちは朝だと言うのにやる気に満ちていました。
軽いアップを実施しユニフォームを着た選手たちは今年度より毎回順位決定を行いトロフィーの授与がある事より、
獲得したいと言う意気込みがありました。
私も何とか「勝たせてあげたい」気持ちで試合に臨みました。

約束事は他の選手が頑張ってるから見ていようではなく、後ろからフォロー、 一緒に走って助けよう。
キックイン、キーパーボールの時は時間をかけずに早くリスタートしようでした。
以下、試合結果になります。
1G
フォルテO vs 松戸旭  0 - 3 ×
2G
フォルテO vs まちさかA 1 - 7 ×
3G
フォルテO vs ハイビレッジ 0 - 3 ×
4G
フォルテO vs 南流山 0 - 3 ×

6人での試合となり普段より交替の選手がいない中、選手たちは息を切らしながらも頑張って走ってくれました。
4試合を通して1点しか取れなかったことは残念ではありましたが、所々でチャンスはあり個々の選手の成長も見ることができました。
これから選手たちが大きくなるにつれて他のチームの選手たちも戦術的になってくると思います。
これからの課題は1対1に負けないボールキープと前に持って行くドリブルテクニックの習得と考えています。
私も土日の練習に集中の切れない意味のある練習メニューを実施する必要があると思いました。

次回は1節の悔しさを晴らせるように頑張ります。

フォルテクラブの活動にご理解いただき、会場の設営等、保護者の皆様にご協力いただき大変ありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。

二年以下 佐藤

—————
★Kinder
平成30年4月の時点で、一年以下のチメンバーが6人も揃いゲームが出来たことに感謝します。

チームメンバーは、新二年と共に練習を重ねてきた、経験のある3名と、初体験の3名でした。
本日のゲーム目的は
「サッカーを楽しむ」の一言です。

新二年に揉まれながらも、練習を続けていた経験組は、全員得点を決めるという成績でした。
一試合に6点を決めるプレイヤーや、ロスタイムに同点ゴールを決めるプレイヤーもいました。
ついに自分達のフィールドになったのですね!

初体験組の子供たちは、当然ですが最初は戸惑い、一歩も動けませんでしたが、
徐々に仲間の動きを真似しながらボールに向かって走り出しました。
中にはドリブルインを積極的にやるプレイヤーも出てきました。
すでに成長しているのですね!

初体験の子供たちとベンチでの会話を紹介します。
「ボールに触ったな!良かったぞ。また試合に出たいか?」と問うと
「うん、出たい!」と口々に話してくれた様にサッカーを楽しんでいました。
また是非一緒にサッカーをしたいです。

試合結果
ペガサス      1-1 分け
まちサカB     9-0 勝ち
まちサカA?     2-2 分け
ハイビレッジ   0-5 負け

試合に関わってくれた皆さん
ありがとうございました。

二年以下 赤澤

o16_TM(対 西武台千葉高校)

会場 清水公園自由大広場  .

6月なのに厳しい暑さのなか、西武台千葉高校の皆さんに胸を借りてのトレーニングマッチ。

フォルテOBも多数いる地元の高校、父母の応援も多数駆けつけてくれ、懐かしい方々との挨拶も時間の関係で疎かに試合が始まった。

リズムがつかめない相手のミスから立ちあがりすぐに先制。
しかし、現役の高校生がリズムを掴むと、スピード、スタミナでは到底かなうはずもなく、
30分の2本目からは押し込まれる時間が多く、サポートも少ない縦への単調な攻めが目立ち始め失点を重ねていく。

社会人が高校生と同じ練習をしている訳ではないし、スタミナ、スピードで劣ることは分かっていること。
残念なのは、それでも自分の不甲斐なさを皆の前で当たり前のように口にする選手がチームの士気を下げてしまう。

定期試験が終わったばかりで試合に応じてくれた西武台の選手、関係者に申し訳ない試合になってしまったように思います。
フォルテOBの高校生が、その他の西武台の選手の何人がこの社会人チームに将来興味を持ってくれただろうか?

本日は岩戸先生初め西武台千葉高校の皆さん、有り難うございました。
これに懲りず、またスケジュール合いましたら宜しくお願い致します。

小西

6年U12第5節

0-0 高根東、4-1市川北 会場 船橋市立習志野台第一小学校 .

1stリーグ星取表0527
(リーグ速報)
フォルテ野田 県大会出場決定
①レイソルTOR 勝点25
8勝0敗1分 66得点1失点(65)
②フォルテ野田 勝点21
6勝0敗3分 20得点2失点(18)
③北習志野FC 勝点17
5勝2敗2分 18得点9失点(9)
上位2位が11月から始まる県大会に出場します。引き続き、コーチングと応援をよろしくお願いします。
6年 関谷

●第5節0603
0-0 高根東、4-1市川北 会場 船橋市立習志野台第一小学校

今大会2回目の電車移動で、最終節2試合を戦いました。
①高根東 0-0引き分け
②市川北 4-1勝ち
リーグ戦を終了し、6勝3分の勝ち点21で2位通過となりました。

①スピードとフィジカルに優れる相手チームとの一進一退の好ゲーム。
互いにチャンスを生かしきれず。スコアレスドローで終わりました。

②開始前に2位通過が決定したので、最終戦は参加メンバー全員で試合に臨みました。
フォルテペースで試合が進み、トップの強烈なミドルで先制。追加点は左サイドからのクロスがOGを誘い、2-0で後半へ。
ゴール前の混戦から押し込まれ失点しましたが、直後に相手OGとGKのキックミスで2点追加でき、4-1で勝利しました。

リーグ戦9試合を2失点で終えたこと。戦術の理解力が高まったこと。この2点が評価できます。
得点力アップをはじめ、課題も多くあります。また、次に向けて頑張りましょう。

本日も暑い中、審判サポート、保護者の皆様の応援、ありがとうございました。

槇山

●第4節0527
1-0 常盤平少年サッカークラブ 会場 レイソルTORグランド

市内の小学校運動会が順延となり一週間延びた第四節。
レイソルTORグランドに15名の選手が集まる。

本日は一試合のみ。
以前にも対戦したことのある相手。
悔しい思いをしていた相手。
今度こそはと思い、望みました。

vs.常盤平 1-0 勝利

お互いにビッグチャンスを作りながらも、
後半終了間際まで、スコアレス。
DFからの縦パスを決めきり勝利。
見応えのある試合でした。

本日も車だし、熱い応援と、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、對馬コーチ、ありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチより。
矢形ヘッドコーチ、よろしく頼みます.

谷津
——————–
会場:レイソルTOAグランド
対戦チーム:常盤平少年サッカークラブ 1-0
キックオフ:13時
全日本U-12 サッカー選手権大会千葉県大会と関東大会千葉県予選への進出をかけた
U-12サッカーリーグ in 千葉 N4リーグも今回で第4節を迎えた。
暫定2位のフォルテ選手達は、秘めたる闘志と緊張を抱きながら、10時に会場に到着した。
本日の対戦相手である常盤平少年SCとレイソルTOA戦を観るためである。
キープレーヤーは何番の選手か、自分ならどう闘うか、どこにチャンスがあるか、選手それぞれの視点で観察していたと思います。
ウォーミングアップと戦術の確認の後、闘いのピッチに向かいました。

13時ちょうどのキックオフ。
序盤から相手チームに攻め込まれます。くさびのパスからの落とし、スペースへのボール出しからのコンビネーションプレー。
技術は相手のほうが勝るなか、懸命にゴールを守ります。粘り強い守備の結果、前半を0-0で折り返しました。

後半も相手の技術に翻弄され、セットプレーからも決定的ピンチを迎えますが、今日のフォルテはゴールを破らせません。
両者譲らない後半18分。中盤で相手からボールを奪ったセンターバックが前線へ送ったボールが見事にフォワードに渡り、
相手のディフェンスの隙をついてのシュート。ボールがゴールの左隅に突き刺さりました。
その後、相手の波状攻撃を守り抜き、試合終了のホイッスル。
死闘が続く40分の中で、一瞬のチャンスを見事に物にした15名のフォルテ選手達は、素晴らしい。
最後まで諦めなかった全員の気持ちが勝利を呼び込んだと思います。

激闘の後、レイソルTOAさんから有り難い練習試合のお誘い。
0-6で試合にこそ破れましたが選手一人一人がそれぞれの課題を再認識できたと思います。

いよいよ来週は、次のステージへの切符をかけた最終節。決して悔いが残らぬよう全員が全ての力を出し切って闘って欲しい。
保護者の皆さま、今日も選手達への元気が出る応援と送迎本当にありがとうござました。
来週も全力で挑む選手達は、あたたかく元気な応援に間違いなく勇気づけられます。
對馬コーチ審判でサポートいただきありがとうございました。次の機会もお願いできればと思います。

6年矢形

●第3節0506
10-0我孫子翼SC、2-1木刈FC 会場 野田市スポーツ公園

初夏を超える暑さのゴールデンウィーク最終日の野田市スポーツ公園に15名の選手が集まる。
昨日の練習から本日の試合を意識した練習を行う。
本日でU-12リーグ前期折り返し。

第一試合
vs.我孫子翼SC 10-0 勝利

第二試合
vs.木刈FC 2-1 勝利

特に第二試合は一点を争う試合となった。
ゴールバーに嫌われたシュートがあったが、入らなければ同じ。
チャンスにゴールを奪えなければならない。
しかし、コーナーキックから得点を奪うことが出来た。
次節も厳しい闘いとなるだろう。
着実に成長していこう。

役員さん、本日も主管として無事に開催することができました。ありがとうございました。
お手伝いいただきました、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、小西監督、野口コーチ、
激励にお越しいただきました、山崎監督、飯塚監督、ありがとうございました。

詳細は黒澤コーチより。

谷津
———————–
第一試合はVS我孫子翼。力の劣る相手に勝ちきりたい試合。
序盤は中々ゴールが決まらないが、FWがゴール前で押し込んで先制。
1点をとってからはフォルテペースで試合が進み、サイド攻撃、ミドルシュートなどで10-0の大勝。
前線からハイプレスをかけて常に諦めなかったこと、メンバーを入れ換えても全員で勝ちきれた点で価値のある勝利であった。
この年代は、どの選手が出ても勝ちきれるチーム力がついてきたのを証明した一戦であった。
欲を言えば、落ち着いてパスを回せばもっと楽に試合を運べるので、普段の練習から周囲をみたり、
トラップをどこに止めるかを考えて更なるレベルアップを目指して欲しい。

第2試合はVS木刈FC。互角と思われる相手だが勝ち点を積み上げたい試合。
この試合も、前線からハイプレスをかけ相手ゴールを目指す。
ややフォルテペースで試合が進むと、コーナーからのヘディングシュートが決まり先制。
土曜の練習がすぐに試合で結果に繋がる頼もしい選手達です。
こぼれ球から追加点を取った後、終了間際の失点は余計でしたが、最後まで諦めないチーム一丸での勝利でした。

本日も朝早くから会場設営の手伝いや、熱い声援をしていただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

黒澤

●第2節0429
1-0向山FC、2-0北習志野FC 会場 茜浜近隣公園サッカー場

①向山FC 1-0勝ち
②北習志野FC 2-0勝ち
共に技術やスピードのある選手を有する好チームでした。
トップの選手の頑張りと突破からの得点、コーナーからの待望のヘッド。ナイスゲームでした。
習志野茜浜での試合でしたが、今日の応援も先週以上でした。
帰りは選手、コーチ全員、保護者の車に分乗して帰ります。
詳細は鈴木コーチからです。

槇山
————————–
連休が始まり車移動での混雑を避けるため電車での移動。
浮かれ気分にならないか心配だったが、さすが高学年。マナーを守りすみやかに移動できました。
会場まで徒歩で約20分、良いアップにもなりました。

第一試合
向山FC 1-0

ベンチには監督、コーチは3人のみの為、試合前のテーマ、指示はわかりませんでしたがリーグ内はどのチームも高レベル…
個人技もあり一筋縄ではいかない。
前後半共にボールが足元につかず意図のないパスやただ蹴ってしまうプレーも見えました。
若干フォルテペースでゲームができていましたが決定打が出ず歯痒い時間帯が続きました。
後半に入りトップの選手の粘り勝ちで先制!最後までボールを追いかけた結果だと思いました。
応援席から感じた事はやはり、ゴールキックからの空中戦、競り合い、
その次のセカンドボールの寄せの速さを意識しいかにマイボールにするか、
とられてしまったとしても相手の攻撃を遅らせる、パスコースを塞ぐ、
次から次へとやる事が沢山ありますが瞬時に判断する力が大切ですね。

第二試合
北習志野FC 2-0

一試合目終了後に試合をしていたチーム。
観察を兼ねて観戦させてみましたがクローバーが気になり四つ葉を探しちゃう選手、草相撲しちゃう選手、
もう少しサッカーに集中しましょう(笑)
相手は見ている感じだとやはり個人技はある。
しかしセンターバックの裏がかなり空いていたためトップの選手にはそれを伝え狙うように指示をした。
前半、前日の練習の成果が証明された。
何本も何本もセットプレーを練習をし、試合中も幾度となくチャンスがあり期待が高まる中、
見事ヘディングシュートを決め先制!自信を持ってほしい!この点でチームの士気が高まり、
トップの選手が背面からくるボールを上手く合わせ2点目。
後半、チームの士気が下がる事なく全員がキッチリ仕事をし、顔が真っ赤になるまで走り続け見事勝利!
2節を終えて無敗無失点、素晴らしい!これからもっと暑くなってきます。
最後まで走りきれたチームが勝利に近づけると思います。
頑張ってる選手に言うのは失礼かもしれませんが次節も頑張って走りきろう!!

早朝より帯同していただきました野口コーチ、ありがとうございました。
また保護者の皆様も朝早くからのお弁当、熱い応援、帰りの送迎とありがとうございました。
次節も一丸となり戦いましょう!

鈴木

●第1節0422
0-0舞浜FCファルコンズ、0-0柏レイソルTOR 会場 我孫子市立並木小学校

6年U12リーグが開幕しました、今日はグループの中でも前評判の高いチームとの対戦になりました。

①舞浜FCファルコンズ0-0引き分け
足元の技術のしっかりしたチームとの印象でしたが、フォルテのハイプレスで終始フォルテベースでしたが、
フィニッシュの精度に欠き、引き分けてしまいました。

②柏レイソルTOR 0-0引き分け
個人スキル、戦術ともに格上のチームですが、守備戦術の共通理解を図り、押し込まれながらも集中した守備で守りきりました。
カウンターからの惜しい場面も作れました。
真夏に近い暑さでしたが、運動量が落ちることもなく、立派なゲームができました。
野口コーチには主審2試合を担当していただき、ありがとうございました。
今日も保護者の応援はすごかったです。選手の励みになりました。
このあとも試合が続きますが、サポートよろしくお願いします。
本日はお疲れ様でした。

槇山

5年イースタンリーグ

1-2瀬崎サッカー、0-1吉川武蔵野 会場 草加瀬崎グランド

●イースタンリーグ0603
1-2瀬崎サッカー、0-1吉川武蔵野 会場 草加瀬崎グランド

6月なのに厳しい暑さの中の5年生8人4年生2人(Gk)で挑みました。

会場 瀬崎グランド

1試合目
対 瀬崎サッカー 1-2負け
2試合目
対 吉川武蔵野 0-1 負け

第1試合開始フォルテペースで始まり相手選手のファール FKで先制点 をしたが徐々に相手チームのペースになり
プレスをかけるがなかなか上手くいない焦りが出てきたかボールが足元につかず
意図のないパスやただ蹴ってしまうプレーも見えました。

第2試合開始早々から相手チームへのプレスが良く出来ており何度もインターセプトが出来ていました。
横パスに関しては、徐々に出来ていましたがまだ前に蹴ってしまうプレーが見えました。周りを見よう。
今回の試合は、四年生のキーパーに全試合をやっていただきました。
体を張り前の飛び出しが良く何度も何度も効セーブを繰り返しピンチを防いでくれました。
本当にありがとうございます。

保護者の皆さん役員さん暑いなか
サポートをしていただきありがとうございます。
四年生の皆さん今回の試合で五年生は、本当に助かりました。
ありがとうございます。

小林

2年以下TM

会場 北部小学校 .

2年生以下トレーニングマッチ

今日は松葉SCさんにお越しいただきました。
朝から気温がどんどん上昇し厳しい暑さの中でのトレーニングマッチになりました。
今日のテーマはいつもやっている事。
・相手のボールはすぐに取り返しに行こう。
・奪ったボールはドリブルで運ぼう。
・キーパースローは空いているスペースへ。

グラウンドを広く使ってくる相手にボールだけに気を取られ効果的な攻撃をされて失点を重ねてしまった。
ではどうすればいいか?気づいた選手、特にキーパーは名前とマークする選手の番号をコーチングしようとアドバイス。
選手達から沢山の声が出てきた。
ベンチにいる選手もただ見ているだけでなく、みんなで一緒に声がけする事で自分が出た時にどうすればいいのか少し感じる事ができたと思う。

松葉さんは「守る時は小さく」、「ボールを奪って攻撃する時は広く」のお手本を見せてくれました。
今まで攻撃の時も固まっていたフォルテ選手もいろいろ勉強になったと思います。

暑い中選手たちは本当によく頑張りました。
もう少しで得点になるというチャンスが何度もありました。
得点にならず悔し涙を流した選手もいました。「次こそは」という気持ちを忘れず練習しよう!
まだまだボールコントロール、身体を使ってボールを奪う事。また体力、走力も物足りなさを感じます。
練習で基礎技術の習得に取り組むと共に試合で成長する事も沢山あります。
来週のKK、再来週の市内大会と続くので活かしていきたいと思います。

保護者の皆さま、今日も朝から会場設営、車両誘導などご協力いただきありがとうございました。

2年以下コーチ執行

5年フォルテ招待

                                 .
☆2018フォルテ招待結果

5/27(日)フォルテ招待五年生大会、添付ファイル⇑の通り、「4位/6チーム中」という結果でした。

五年生はやっと9人まで人数が増え、全員が揃っての初めての試合でした。
試合勘が鈍っている部分もあったかと思いますが、全員で声で助け合い、カバーし合い、全員で最後まで諦めずに戦う姿を見せてくれました。
結果は残念ではありましたが、この学年を小さい時から見続けてくれている各学年の監督、コーチの皆さんの目にも成長してる姿は見せれたと思います。
監督、コーチたちには課題が山積みですが、5人で話し合い、意見をぶつけ合い頑張っていきます!

今回のフォルテ招待においては、各学年の監督、コーチの方々のフォローが無ければ成り立っていないと思います。
自分が言うのも烏滸がましいですが、本当にありがとうございました!

最後まで身体を張り続けて臆する事なく前に飛び出したチーム1勇気のあるゴールキーパー、
チーム1の声を武器に仲間を鼓舞し自分もチャンスと見るや豪快なミドルシュートを打った選手、
得意のオーバーを度々仕掛けチーム1のディフェンスにおいては身体全体で止め続け難しいディフェンスラインの統率を頑張った選手、
入部して日も浅い中でも当日のキャプテンを任され失点直後にも大きな声で「取り返すぞっ!」と大声を出しチーム1のスピリットを出し利き足とは逆の左足で見事なゴールを奪った選手、
自分の長所のチーム1のドリブルを何度も仕掛けて戦いの中でアクセントを持たせてFKの悔しさを見事な左足のゴールで払拭した選手、
入部間もない中でもチーム1サッカーが大好きで監督・コーチの声を真剣に聞きチームのために全てを出してくれた選手、
体格に恵まれてる上に前への推進力は圧巻の一言でチーム1のキック力で多くのコーナーキック・ミドルシュートでチャンスを作り出してくれた選手、
チーム1の俊足を生かし幾度となく前線へのロングボールにスプリントを繰り返しボールを追いかけ頭を使った技巧的なフェイント・ドリブルで仕掛け続けた選手、
チーム1のサッカーセンスを持ち中盤で身体を張ったり時には攻撃の起点になり多くのパスを出したり時にはディフェンスラインまで戻って来て危険の芽を潰してくれた選手…

監督、コーチは全員をきちんと見てます。
これから卒団までの2年間はあっという間だと思いますが、楽しみしかありません!

試合結果というか思いを語ってて申し訳ありません…

これからも五年生を宜しくお願い致します。

フォルテ野田SC 五年生コーチ 清水

4年交流試合

会場 八千代町西豊田小学校                  .

4年交流試合
4年になって初めての遠征。
16名が八千代町西豊田小に集まった。
15分6本+20分3本

①江川SSS 1-0 2-0
②八千代SS 0-0 1-0

③境SS 2-0 4-0
④境SS 5-0
⑤八千代SS 2-0
⑥江川SSS 4-0

暑い一日、選手は走り抜き充実した1日でした。
保護者の皆さん大変お疲れ様でした。

詳細は飯塚コーチから
*****吉原*****
—————————
参加チーム
フォルテ
八千代SS
江川SSS
境SS

今回のTMでは公式戦に備えての色々なテーマ課題を選手達に伝え、失敗しても忠実にチャレンジする事を約束しました。
①コミュニケーション
②球際の強さ
③ドリブルで仕掛ける。周りが動きながらパスの選択も与える。
ポジションによってはひとり一人の動き方、パスの貰い方、スペースの使い方等をアドバイス。
フォルテは公式戦のメンバーに分けての前半はBチーム、後半はAチームで挑みました。
フォーメーションは2-3-2。

1本目
vs江川SSS(1-0,2-0)3-0
両チーム共に声は出しているが、周りの雑音に声が負けており、無言でやっているように感じました。
1対1の局面では負けてませんでした。

2本目
vs 八千代SS(0-0,1-0)1-0
やっぱり声の音量が小さい。ボールを奪った後の展開は、周りの選手の動き方がなく、ボールを前に蹴る。
無謀なドリブル等が目立つ。サイドの選手の動きが出来てない。

3本目
vs 境SS(2-0,4-0)6-0
試合前に各ポジションのコーチング。トップ下の動き方。サイドの選手の貰い方。DFのオーバーラップ。
GKへのバックパスを有効に使いながら立て直す等…
DFがボールをもった時にトップ下の選手が顔を出し、ボールを受けようとするシーンは、凄くチャレンジをしていた。
この連動が出来た時はスムーズに展開が運べた。

5本目 20分1本
Bチームvs境SS(5-0)
2バックの選手が凄く頑張ってくれた。サイドの選手はゴールへ向かうドリブルを積極的にしていた。
FWの選手は初得点も出来た。

6本目 20分1本
Aチームvs八千代SS(2-0)
この試合もトップ下の選手の動き方が出来ていて、サイドへの展開、ゴールへ向かうドリブル、相手を崩しての得点。凄く良かった。

7本目10分2本
vs江川SSS(2-0,2-0)4-0
最後の試合では今日決めたテーマを全力でチャレンジする事を約束しました。両チーム共に良い形で得点も出来ました。
今回は2バックの選手が想像以上に頑張ってくれて、全試合無失点で終える事が出来ました。
攻撃では、周りの選手の動き方次第で得点に繋がる事も分かったと思います。
まだまだ課題は有りますが、公式戦まで仕上げて行けるように指導して行きたいと思います。

本日は暑い中、沢山の応援サポート有り難うございました。
また公式戦、SIC等が有り忙しくなりますが宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚

4年フォルテ招待

決勝 フォルテA 5-3 フォルテB  会場 福田第二小学校               .

2018フォルテ招待 大会結果

4年フォルテ招待結果
本日は夏日のなか、ご協力有り難う御座いました。
新4年は20名。2チームエントリーとしました。

今日の試合を見て、「ドリブルが好きな選手の特徴を消してはならない」
また、
「ドリブルの前後をもっと大切にしなければ・・・」と思いました。

フォルテA 3-0 中根
フォルテA 2-0 西町
フォルテB 3-1 船橋イレ
フォルテB 6-0 YANAKA
5位決定戦
西町 1-5 船橋イレブン
3位決定戦
YANAKA 1 – 3中根
決勝戦
フォルテA 5-3 フォルテB

特に最終試合は素晴らしい試合でした。

お手伝い頂いた指導者、保護者に感謝致します。
先ずは報告まで

詳細は 飯塚、名和コーチより
*****吉原*****
——————-
4年生18人で2チームエントリーでの均等分けで行いました。両チーム共に決勝で会おうと約束をしました。

Aブロック
フォルテA
中根FC
西町FC

Bブロック
フォルテB
船橋イレブン2002
FC Gois YANAKA

フォルテA
vs中根FC
序盤からフォルテは積極的にプレスを掛けボールを奪う事が出来てる。
ドリブルでゴール前まで運ぶ事が出来るがシュートの質が悪くミートが出来ない。
ボールを動かさないシュートは良いシュートが出来るが、ボールが動いている状態のシュートは苦手なようだ。
前半は直接フリーキックを決め先制点。
後半はようやくドリブルが生きて、シュートも良い状態で打てて追加点を上げれた。
vs中根FC (1-0,2-0)3-0 勝利

フォルテB
vs船橋イレブン
パスで繋いでくる相手に対し、積極的にプレスを掛けるフォルテB、高い位置でボールを奪う事も出来てる。
フォルテAに比べてサイドの展開が上手く出来てる。ドリブルからのシュートも良い。
先制点も上げれてフォルテペースで試合が出来た。
フォルテBのGKのスーパーセーブが印象に残った。
vs船橋イレブン(1-0,2-1)3-1 勝利。

フォルテA
vs西町FC
勝てば決勝に進めるこの一戦落とせない試合だ。
この試合はルーズボールでのコントロールが出来ないシーンが多く見られた。
とくにファーストタッチが悪く相手にボールを奪われる事もある。
それでもしっかりと先制点を上げ追加点も出来た。
vs西町FC(1-0,1-0)2-0 勝利。

フォルテB
vs FC Gois YANAKA
お互い決勝で会う約束を守る為、負けられない戦い。FC Goisは4年が別件で来れない為全員が3年生だ。
前半はフォルテペースで行くかと思ったが、FC Goisの3年生が想像以上に凄い球際の強さを感じた。
フォルテも練習ではドリブルや球際の練習を中心にやって来たはずだが、前半はFC Goisに圧倒される展開が見られた。
ドリブルで仕掛けるも身体全体でボールを奪いに来る。一人でダメなら二人、三人と寄せられボールを奪われる事もある。
普段から取られたら取り返すをテーマに、ボールを取り返しに行くもFC Goisの3年生の球際の強さ。
相当練習で叩き込まれたと感じました。
それでもやっと前半は終了間際に先制点を上げる事が出来た。
ハーフタイムではピッチに立ったら年齢は関係無い。普段自分達がやってる事、自分が出来ることをやる。
それを伝え後半へ送り出した。
後半はフォルテも身体全体でボールを奪ったり、得意なドリブルをする選手も、
パスを出したらもう一度貰う動きや、選手ひとり一人が声を掛け合ってました。
後半はフォルテペースで進み大量得点も上げられた。
vs FC Gois YANAKA(1-0,5-0)6-0 勝利。

Aブロック
1位 フォルテA
2位 西町FC
3位 中根FC

Bブロック
1位 フォルテB
2位 船橋イレブン2002
3位 FC Gois YANAKA

決勝
フォルテA vs フォルテB
両チーム共に決勝までの約束を果たした選手達。最後の最後まで力いっぱい戦って欲しい。
試合前は作戦を兼ねて別々にミーティングを行いました。
Aチーム 飯塚コーチ、 Bチーム 名和コーチに見てもらいました。
お互い負けられない戦いで、凄く緊迫した試合でした。
前半開始両チーム、プレスでの寄せが凄くドリブルやパスをさせて貰えない。
それでもボールが収まる所では、しっかりと周りの選手が動いてパスを要求して貰うなど、皆がボールに絡もうとしている。
そんな中、フォルテAが左サイドから強烈なシュート。フォルテBのGKがパンチングをして防ぐも、こぼれ球を拾いシュートで先制点。
かと思われたがオフサイドの判定で得点ならず。それでもフォルテAの怒濤の攻撃で右サイドからのシュートで先制点を上げた。
フォルテA(1-0)フォルテB
更にフォルテAの攻撃で左サイドからの展開でスピードあるドリブルで強烈なシュートで追加点。
フォルテA(2-0)フォルテB
フォルテBも真ん中の選手を中心に怒濤の攻撃をする。フォルテAのハンドでPKを与えてしまう。強烈なシュートで1点を返される。
フォルテA(2-1)フォルテB
勢い付いたフォルテBのドリブルは止められない。それでも必死に身体を使いながらボールを奪う。
フォルテAも攻撃に入りたいが、フォルテBの勢いあるプレスにやられ、パスミス。
そのこぼれ球をを拾われフォルテBに同点弾を与えてしまった。
フォルテA(2-2)フォルテB
前半終了。
ハーフタイムでは点を取りに行く為、選手の位置を変えて再度チャレンジ。
後半もフォルテBの勢いが止まらない。真ん中の選手を起点に攻撃が展開される。
スルーパスからスピードある選手にボールが渡り、GKとの一対一で点を取られ逆転されてしまった。
フォルテA(2-3)フォルテB
それでもフォルテAは全員が諦めてない。フォルテAはGKからのパントキックで相手のヘディングしたボールを拾い、
そのまま強烈なドライブシュートが決まり同点に追い付いた。
フォルテA(3-3)フォルテB
更にフォルテAが左サイドからパスが中央のに居る選手に渡り、フリーな状態でのシュートで逆転した。
フォルテA(4-3)フォルテB
更にペナルティエリア内で間接フリーキックがあり。フォルテAがパスした後にシュートをして追加点を上げた。
フォルテA(5-3)フォルテB
そして試合終了。

決勝
フォルテA(2-2,3-1)5-3フォルテB
優勝
フォルテA
準優勝
フォルテB
3位
船橋イレブン2002

今回のフォルテ招待では両チーム共に見事に好成績をあげられました。
選手ひとり一人の実力が凄く上がったと思います。
今回の試合を見ても分かるように均等分けしてもレベルの高さを証明しました。これからの選手達の成長が楽しみです。
本当に応援サポートしてくれた保護者の方、指導者の方有り難うございました。

4年生コーチ 飯塚

3年交流TRM

会場 我孫子市少年サッカー場 .

15分1本8人制
対高野山 1‐2、0‐5、0‐2、1‐1、4‐1、1‐0

対利根キッカーズ 5‐0、4‐0

対イレブンジュニア 4‐1

午前の試合は暑さのせいか前日の初のなでしこ遠征のせいか思うようなサッカーができてなかった。
昼食後、選手達にいつものドリブルしてる選手の後ろに1人カバーをするということができてないことを話して午後の試合に挑んだ。
次々とカバーに走る選手達
そこからチームのリズムが出ていいゲームができた。
個性的なこのチーム
ひとりひとりの良いところを伸ばしていって欲しい。

保護者の方々、暑いなか車だし、応援とご協力有り難う ございました。

篠田

6年練習試合

会場 境町森戸小学校 .

未だ先日まで桜が咲いていたハズなのに、初夏の陽気だ。
本日は境町で活動している境トリニタスJr.さんにお招きいただき、明日からのU-12リーグの強化TRMと位置づけ、望みました。
学校行事と重なり、スタートは11名でしたが、後からかけつけた選手が加わり、14名で望みました。

個人はトラップやコントロールの課題とチームではパスの精度、サポートの動き、ゴール前への入り方など、
課題が浮き彫りになりましたが、良いTRMとなりました。

お招きいただきました、境トリニタスJr.さん、ありがとうございました。
本日もサポートいただきました、役員さん、保護者のみなさん、ありがとうございました。
明日からU-12リーグ前期がスタートします。
どうぞよろしくお願いします。

詳細は関谷コーチより。

谷津
—————-
vs 境トリニタス
(20分ハーフ)①0ー2 × ②2ー2 △ ③0ー0 △
(15分ハーフ)④2ー0○ ⑤4ー1○

25℃を超える初夏の中、元気な選手たちが集まる。
先週の練習からの課題を振り返り、「相手の間でボールを受ける」「ボールをつなぐ」をテーマにTRMに挑んだ。

全体的な総評として、
①は試合序盤から相手選手が真ん中に集まる。それに連られた選手が多く、
テーマを意識したプレーができず、簡単に2失点。
②は①の修正点をコーチング。
前半中盤から監督・コーチの声を意識できた選手が、中から外への連携プレーから多くなり2点先取。
しかし、相手メンバーを固めてきたことであっさり同点とされる。
DFとMFの連携不足もあり、また課題が残った。
③は両チームとも試合スピードは上がった。ただ、何度もシュートチャンスがあったが、綺麗にゴールから嫌われる。
④⑤は終始フォルテペース。途中参加の選手も加わり、体力のある選手が掻き回した。
特に⑤の2点目は、DFからのカットプレーから始まり、右からMFのダイレクトプレーの連携からライナー制の
センタリングをFWが競り合いながらゴールにつなげた。
それぞれのポジションでしっかりと役割を果たし、チームの士気を高めるゴールとなった。

初夏の暑い中、サポートして頂きました保護者の皆さま、ありがとうございました。
また、監督・コーチの皆さまもお疲れさまでした。
これから小学生大会の集大成。全日本少年サッカー大会千葉県予選が始まります。
長い大会となりますが、選手・保護者・監督コーチ、三位一体で挑戦しよう!!

6年 関谷

3年なでしこリーグ

7-0宮本、4-0瀬崎、15-0八潮中央 会場 八幡小学校              .
                  
なでしこリーグ第1日目
3年5名、2年6名で戦う
宮本戦 7-0 勝ち
瀬崎戦 4-0 勝ち
八潮中央戦 15-0 勝ち
フレンドリー(2年生中心)
宮本戦 3-0 勝ち
瀬崎戦 0-1 負け
先ずは結果のみ報告
寺田

6年練習試合

会場 三郷高州小学校                      .

6年生となったフォルテ19期生。
全日予選リーグ前のトレーニングマッチ。
スピードをチームのテーマに選手それぞれが課題に取り組んだ4試合。
対 彦成FC 3-2 20分ハーフ
対 南郷FC 8-1 20分ハーフ
対 彦成FC 3-0 15分 1本
対 南郷FC 2-1 15分 1本
詳細は、黒澤コーチから。
6年矢形

——————
本日は6年生としての初試合に16名で挑みました。
今日のテーマはスピード。味方への正確な強いパス、トラップから次の動きまでの判断力、
パスをもらう前の動き出しなど様々なスピードを意識して4試合を行いました。

第1試合は、終始フォルテペースですすみ、センタリングからのヘッドが決まるなど試合自体は3ー1で勝利。
ただし、試合中に声を出す選手がいなく、淡々と試合をこなした印象。
試合後、コーチ陣から全員で戦う気持ちをもって試合をして欲しいことを伝えると、
2試合目以降は気持ちの入ったプレー、ベンチからの声だしなども増えた結果、
サイド攻撃、中央突破、ミドルシュートなどでスコアは完勝。

やれば出来る素直な選手ばかりなので、次回からは自発的に実践して欲しいところです。
トラップやシュートなどの一つ一つのプレーは、まだまだ雑なところが多いですが、
今日の様にチーム一丸になってこれからの色々な大会に望み、個々のスキルアップとチームとしてのステージアップを目指して
今後も戦って欲しいと思います。

車出しや熱心な応援をしていたただきました父兄の皆様、ありがとうございました。
今年からコーチになりました。まだまだ未熟ですが頑張りますので、宜しくお願いします。

黒沢