2年高柳カップ

全15チーム中 3位 会場 FUEL鎌ヶ谷フットサルパーク             .

予選リーグ
vs風早レクト 1-2
vsまどか 2-0
vs柏sss 3-3
vsゼンニチ 6-0
グループ3位 全体7位

決勝トーナメント
1試合目
vsまちサカ 2-1
2試合目
vs行田西 0-5
3位決定戦
vs桜台 5-1
全15チーム中 3位

予選リーグ1試合目から、慣れない芝での試合とアップもままならない状況からイマイチ集中できない選手達。
自分たちのミスでの失点で1-2で負け。
2試合目からは1人1人に必死にボールを追いかける、自分自身で点を取るという意思の感じられるプレーが多く見られるようになり、
結果として2勝1敗1分で全体7位で予選リーグ通過。

決勝トーナメントでは、1試合目から何度も試合しており、五分五分の実力と思われるまちサカとの試合。
グループ1位で通過しており、勢いに乗っている
相手チームに対して、選手達の負けたくない気持ちがベンチの選手も含め感じられました。
ドリブルから崩した一点と終了間際での、相手のミスを見逃さないプレーで2-1で勝利。

2試合目の行田西では所々で良いプレーを見せますが、得点までは届かず。
相手チームのコーナーキック、フリーキック、キックインなどのセットプレーから立て続けに4点を取られるなどあり、
0-5で完敗。
相手チームの個々の技術も高く、選手達にとって良い刺激になったのではと思います。

3位決定戦では、負けた後の試合ではありましたが、集中力を切らさず、5-1で勝利。

全体3位という結果となりました。

1試合目こそ集中力を欠いたプレーが多く見られたものの、全体を通してここ最近では1番の気持ちの入った試合だったと感じています。
今日の試合から選手達にサッカーに対する気持ちの変化が少なからずあったと感じました!

暑い中、サポートして頂いた保護者の皆さまありがとうございました。

2年コーチ槇山

5年東葛予選①

0-0ラッセル、1-1三小キッカーズ 会場 逆井運動場

5年東葛予選① 2017/09/16(土)
0-0ラッセル、1-1三小キッカーズ 会場 逆井運動場

5年東葛予選①
台風18号の影響が心配されるなか、5年東葛予選が始まった。肌寒さが感じられる逆井運動場。
17名で戦う。

①12:00 ラッセル 0-0
②13:05 三小キッカーズ1-1
次節は上本郷と対戦。

勝ちきりたかったのだが・・・・

先ずは報告まで
*****吉原******
———————————
11人制で行われる東葛大会の予選1日目。柏市の逆井グランドにて行われました。

①vs柏ラッセル0-0
ショートパスを丁寧に繋いでくる相手に対し、前線からのプレスからカウンターを仕掛ける。
お互いにゴールチャンスを作る手前でボールを失う。
緊張感のあるゲームだったが、集中を切らさず守備ができました。

②vs三小キッカーズ1-1
1試合目から20分程度のインターバルで試合に入りました。
開始早々に右コーナー付近で相手ボールを奪ったトップの選手の頑張り、突破からクロスが入り、
反応したもう一人のトップの選手が合わせ、一度は弾かれたものの、こぼれ球を押し込み先制。
その後も相手コートでのプレー時間が多いものの、キープ力のある相手中盤選手に手を焼き、
次第に疲労から運動量と集中力が欠けてきた。
後半残り5分に、DFとGKのパス回しにミスが出て、ゴールを許し、同点。
その後トップの選手のドリブル突破から惜しいシュートもあったが、そのまま終了。

残り1試合ですが、他の試合結果により、勝てば自力で予選突破できます。
今日の2試合からは、ドリブル、パス共に前に急ぎすぎることと、試合をどう進めるかを課題にあげました。
個々は、キープ力アップと横へのドリブルやパスを使えるようにすることです。
今日は台風が近づく肌寒いコンディションの中で、熱い応援をいただきました。
また、小西監督には審判サポートとGKコーチングをいただきました。ありがとうございました。

5年槇山

4年SICリーグ

1-2エスペランサ総和FC、0-1越谷PCK、3-4越谷FC jr 会場 守谷市大利根グラウンド

4年SICリーグ 2017/09/16(土)
1-2エスペランサ総和FC、0-1越谷PCK、3-4越谷FC jr 会場 守谷市大利根グラウンド

今日のSICリーグは、四年生 7人で試合に参加し、8人相手に善戦しました!

第1試合
vs エスペランサ総和FC
1-2 惜敗
得点者:りょう

第2試合
vs 越谷PCK
0-1 惜敗

第3試合
vs 越谷FC jr
3-4 惜敗
得点者:あゆむ2、りょう

7人でしたが、全て1点差ゲームの惜敗でした。
選手は本当に頑張りましたっ!

詳細は後ほど….
——————-
9月に入ったからか、肌寒さが感じられる中 4年生 7人の侍のみでの試合に参戦!
朝に市役所に集合した時には、まだいつもの楽しさで笑顔があったので、一抹の不安はあったが、守谷・大利根グランドに向かう…

コーチの人数も少ないこともあり、タープ設営も含めて、みんなで協力しながら準備を始め、徐々に気持ちを切り替え試合に臨む…

————————
第1試合
vs エスペランサ総和FC

今回は7人での参加となるため4年生の試合のコンセプト「チャレンジ&カバー」に
「助け合い&1人1人が1人以上の1.2人分の力を出す」を声かけ、やり慣れたポジションで2-3-1のフォーメーションで
試合に送り出す。
試合が始まると、いつもの事ながら初戦の入りは動きが固い。
だが数的不利を感じさせないくらい、みんなでフォローし合う良い試合。
前半は身体を張り、0-0で終了。
本当によく走って頑張っているが、”声が無い”、”間延びしているため距離感を大切に”という事を伝えコーチも輪に入り
ベンチ前で全員で円陣を組み大声を出して気合いを入れる!
後半も一進一退の攻防が続く中、一瞬の隙を突かれて打たれた低い弾道のミドルシュートが芝(雑草?)によりスピードが加速し
キーパーが触れずにゴールを奪われてしまう。
だがここで、レフティの本日のキャプテンが「2点取れば良いだけだ!」と声を掛け下を向く事なく反撃に向けて気持ちを切り替える!
7人で戦う影響が徐々に出てきてしまい、疲労が隠せなくなってくるが、諦めずに集中する中、
相手ゴールキーパーがクリアしようと蹴ったボールに相撲の強いフォルテ選手が飛び込み、その選手の足にあたり相手ゴールに転がる…
足に当たった選手が走り込みシュートを打つがヒットしない…
そのこぼれ球を走り込んできた神出鬼没な選手がシュート!見事ゴールイン!!
だが、主審が線審に歩みよりゴールについて協議している。
ベンチからもオフサイドにも見えたため、緊張の時間が続く…


主審が線審から離れ、長いホイッスル!
ゴールイーーーーン!!
7人で奇跡の同点劇!疲れも吹っ飛びボールにプレッシャーを掛け続ける選手たち。
ここで踏ん張っていたディフェンスの選手2人は本当に頼もしかった!
合宿前からディフェンスをしてた選手は本当に身体を使ってボールを恐れずに立ち向かう!
スピードで抜けてくる選手への対応が課題ではあるが、ことごとくボールを跳ね返す姿は頼もしい!
また、合宿で急成長を見せた選手はダイレクトやトラップなどの判断が遅れる事はまだ修正点ではあるが、
ボールを奪おうとし、果敢にボールに関わっていく。
またもう1人の選手が攻めた際のカバーリングも出来ているため、本当にバランスが取れている。
だがやはり疲れがピークになった終了間際に足が止まった瞬間を突かれ、ドリブル突破からのシュートを入れられ試合終了…
7人での試合で本当によく頑張ったが惜敗…

1-2
前半:0-0
後半:1-2

————————
第2試合
vs 越谷PCK

2試合の休憩を挟み望んだ第2試合。
相手は、上がオレンジで下が黒、ソックスがオレンジとフォルテホームユニフォームと全く同じ色合いのため、
セカンドユニフォームの白色で試合に臨む。
越谷PCKさんは、前回のSICリーグの時に審判をやらせてもらったが、その時7人で全力でプレーしていたイメージがあるので、
気を引き締めて臨む…
キーパーの選手をフィールドに配置したりと1試合目とポジションを大幅に変えた事で、
いつもとの違いに戸惑いながらフィールド内で声を掛け合い修正を繰り返す。
いつもキーパーの選手も前へ前へと進みドリブルやディフェンスを諦めずにやる姿は1試合目にキーパーから
フィールドを見て感じる物があったの素晴らしい動き、いつも後ろの選手も前で身体を張る拮抗した展開。
だが中々点が入らないままに前半終了。
前半終わって、0-0。
若干のポジション変更をし、後半開始。
キーパーはここ最近ディフェンスを頑張っている選手。いつもならコーチからの話しを聞いない時間もあるが、
今回はハーフタイムで「キーパーをやりながら3人目のディフェンダーをやるくらい、前に出ること!」というアドバイスを
しっかり実践し、前に飛び出て何度もセーブを繰り返すが、前に出てゴールからズレていた所を狙われ失点…
きちんとアドバイスを聞いてた上でのプレーだったので、ベンチからフォローしてあげるべきだったと反省…
その後も全員で本当によく走り抜いたが1点が遠く、惜敗…

0-1
前半:0-0
後半:0-1
————————
第3試合
vs 越谷FC jr

再度、2試合の休憩を挟んでの本日の最終戦。
自分たちで練習を始めたりと率先して身体を動かし練習をする姿は頼もしく見える。
最後は1試合目同様、いつものポジションで戦う事を伝える。
最後の試合である事から最後まで、倒れるくらいまで走りきる事を伝え、盛り上げるために再三に渡り声を出す事を指示する。
本日の最終戦が始まる…
試合が始まると声を出し合い仲間をフォローし合う場面が多く見受けられる。
最後に勝って終わりたいというベンチと保護者の気持ちを汲んでくれて、身体をぶつけ懸命に戦う姿を見せてくれる選手たち。
だが頑張ってるのは相手チームも同じ、その勢いで先制点を奪われる…
だが今日のフォルテの7人の侍は前を向いて諦めない!
再開してからもボールを追いかけチャンスを作る。相手チームも追加点を狙い前掛かりになってくるところにスルーパスが出る!
走り込んだ相撲・体幹が強い選手が一生懸命走り込み右足一閃!Gooooooooal !!
同点に追い付き押せ押せムードだが、相手にサイドを突破され、ディフェンスが追いつかず失点…
追い付き、引き離しの試合展開…
前半終わって1-2
ハーフタイムに伝えたが、一生懸命頑張っているが、カバーが無く、声も途中で無くなり、
来た球を蹴り合ってるだけの”球蹴り”となり、サッカーになっていないと厳しいとは思ったが現状を伝える。
最後の試合で、もう一度やるべき事を再徹底して後半を迎える。
流石に7人での3戦目で足が止まってくる中で、練習時にピッチの草が長いためボールを強く蹴る事を伝えていた事もあり、
ドリブル大好きな選手がエリア手前からミドルシュート!彼は入団当初の思いきりのあるプレーが持ち味で、
サッカーを知れば知るほど考えてしまっていると思うが、やはり彼の思い切った力強いシュートは見ていても気持ちが良いし、
何かが起きる事を予感してしまう!今後も思い切ったプレーに期待したい。
そのミドルシュートはキーパーに弾かれるが、こぼれた場所には、神出鬼没なサイドハーフが!ボールを確実に押し込みGoooooooal !!
見事な同点弾!この選手は攻撃が大好きでディフェンスがおざなりになってしまうが、
この攻撃センス素晴らしいストロングポイントとして伸ばしてもらいたい。勢いはフォルテペースだが相手も必死に攻めてくる。
いまのフォルテ4年生は身体を使ってのディフェンスを出来る子が少なく、いつもディフェンスをやってる子の様に
デュエルする事を伝えたが、やはりすぐには出来ず足だけの為に、簡単に相手にかわされ突破されてしまい、再度逆転を許す展開…
それでも今日の7人の侍は諦めずに果敢に攻める!いつもは年下達の面倒を見る優しい面を持つやる気スイッチの場所が
なかなか分からないと言われ続けてきた体幹が強い選手がサイドを駆け抜け角度のない所から思いっきり撃ち抜く!
ボールはトゥーキックになりスピードがありポストギリギリに飛んだ事もあり見事にゴールに吸い込まれる!
この試合本人自身の2点目はチームにとって貴重な再度の同点ゴール!!ゴール後に「もう1点でハットトリックだぁー!」
と本人が喜び周りも勢いを取り戻す!7人での初勝利に向けて全員最後の力を振り絞る!



だが、やはり数的不利と体力は限界まできており、左サイドを抜けられて打たれたミドルシュート!
ここは、今まで何度もチームを救ってくれた頼れるゴールキーパーが横っ飛びのビッグセーブでボールを弾くが、
弾いた先に居たのは相手選手!
キーパーも立ち上がり必死にボールに触りに行くが、あと一歩及ばずにゴールを奪われる…
そして試合終了。
本当に惜しかった試合を落としました…
3-4
前半:1-2
後半:2-2
————————
試合が終わり、最近始めた牛乳を飲み帰り仕度を整え、一路市役所へ…
帰りの移動は約40分くらいであったが、流石に7人で3試合を戦った選手は何人か寝てしまっていた…
本当に最後まで頑張ったんだなぁ…と実感しておりました…
最後にキャプテンから保護者への挨拶…今日のキャプテンは以前からキャプテンシーの塊で皆んなを引っ張る姿は、
さすが!の一言ですが、今回も少ない人数の中でアップ、試合、休憩中と本当にチームをまとめてくれたと思います。
負けん気の強い性格なので勝ちたかった思いは人一倍でしょうが7人の試合で頑張ってくれました。

何度もになりますが、今回は7人で参戦しました。
試合に行く前、正直に言えば、ボロボロに負けてしまうだろうから、子供たちの精神的ケアをしなくては…と思っていましたが、
子供たちは合宿を終え、精神的にもチームとしてのまとまりも、技術・根性も本当に成長していました!!
7人での参加に賛否両論あると思いますが、本当に頑張った選手たちを褒めたいと思います。
また、応援してくれた保護者の方も最後まで選手の背中を押してくれる声援を送り続けてくれた事には感謝しかありませんし、
応援に来れなかった保護者の方たちも7人で参戦する事に誰一人として反対せず賛成してくれた事には本当に感謝しております。
まだまだ試合は続きますが、今回の経験を無駄にせず成長できたら本当に頼もしいと思った1日でした。

朝からご協力頂きました保護者様、帯同頂いた保護者様、本当にありがとうございました。

四年生 清水

***********************************************
4年SICリーグ 2017/08/26(土)
4-0武里sc、2-2ひたち野ライズFC、0-1高野山SSS 会場 守谷市大利根グラウンド
SICリーグ8/26(速報)

vs 武里sc
4-0勝ち

vs ひたち野ライズFC
2-2引き分け

vs 高野山SSS
0-1 負け

3試合とも良く声が出ていて良いプレーが多かったです。

本日の詳細は、清水コーチより

****************************************************
4年SICリーグ 2017/08/05(土)
4-1草加ジュニアFC、2-0エンデバーFC、3-4新松戸SC 会場 春日部大沼グランド

SICリーグ (4年) 速報
朝から蒸し暑い中、春日部 大沼グランドにて試合をさせて頂きました。

1試合目
vs 草加ジュニアFC
4-1 勝ち

2試合目
vs エンデバーFC
2-0 勝ち

3試合目
vs 新松戸SC
3-4 負け

試合詳細は、小林コーチより。

4年コーチ 国生
—————————-
4年生6人 3年生3人 (9名)で挑みました。
テーマは、チャレンジ&カバー 声を出すを選手に伝えました。

1試合目
対 草加jrFC 4-1勝ち
全体的に攻撃 守備面では、良かったと思うが 攻守の切り替えが遅いのが 見られた。

2試合目
対 エンデバー 2-0 勝ち
同じ野田市のチーム過去に何度か対戦してきた。(勝ち 負け?)
開始フォルテペースで進む。MFからのパスがFWに繋がりゴールサイドに決まり先制点。
その後も攻めるがなかなか得点が奪えず前半終了。
後半 何度か危ない場面があるがキーパーとDFが体を張って守り抜く。
MFがサイドからシュートで追加点で試合終了

3試合目
対 新松戸sc 3-4負け
3連勝がかかった試合チームとしての士気は、上がってきた。
開始フォルテペース中キーパーとの一対一でゴールスミにシュートで先制点。
相手も必死攻める一瞬の隙にカウンターをされるがGKが好セーブ ナイスキーパー!
その後も追加点をするがDFのミスから失点をしてしまい3-2で前半終了
後半フォルテも攻めるがなかなか得点に繋がらない。
相手チームが一瞬の隙にゴール前までドリブルされGKが前に出て体を張って守る。
こぼれ球にフォルテ選手が反応するが判断が遅く詰められ失点してしまう。
同点にされフォルテの気持ちが下がりその後追加点をされて試合終了

保護者の皆さん役員さん朝早くからサポートありがとうございます。
三年生ありがとうございます。

4年コーチ小林

*****************************************************
4年SICリーグ 2017/7/29(土)
1-4ペガサスFC、0-1清水台FC 会場 七光台小学校

7/29(土)暑さが厳しい中、七光台小学校にて初のSICリーグに望みました。

1試合目
vs ペガサスFC

温度が上がり暑くなってくる中でアップ開始
試合前のアップ時間も多くなかったため、紅白戦を行ない身体を温めました。
アップの紅白戦の段階で集中してる子、考えながらプレーしてる子など様々だったが、
三年生3人の応援、四年生久々の全員参加の合計10人で11時05分 kickoff!

相手はKKで何度も対戦してるペガサスFC!
KKでは接戦も含めて負け越していた相手なので少々気持ち的に後手に回っていたが、試合が始まると随所に好プレーを見せ接戦が続く…
そんな中、一瞬の隙を突かれて失点してしまう…
連携ミスも含めて課題の”声出し”が無いのが致命的となる…
いつもの通り、このまま気持ち的にズルズルと行くことを恐れていたが、三年生がゴール前に飛び込み足に当てる!
Goooooooal !!
前半終わって、1-1
追いついた勢いのまま、後半に臨むが暑さの中での体力の低下とメンバー交代を繰り返され主導権が相手チームに…
サッカーには、いつも考えさせられるが攻めきれない、奪いきれないと、あっという間に相手ペースになるのがサッカー
立ち続けに失点してしまい、気付くと3失点…
そのまま試合終了となり終わってみれば
1-4での敗戦。
結果だけ見れば大敗にも見えるが、歯が立たなかった相手の10番を止めたり、ヘディングをしたり、
なにより相手と戦う気持ちが見えた試合でした。
—————————————
2試合目
vs 清水台FC

同じ野田市のチームの清水台が相手。
SICでは、まだ勝ち星が無いとの事で気合いが入ってる相手に対して、1試合目を引きずっていないか気になるが、
笑いが起きるくらいリラックスムード!
良いのか悪いのか、気持ちの切り替えは出来てる様子。
いつもとポジションを変えキーパーはフィールドに、攻めの選手と後ろを入れ替えたりと普段ない形の布陣で臨む!
後ろをやってる選手が前線をそつなくこなすのは難しく、なかなかボールが収まらないが、
後ろのメンバーと急造キーパーが踏ん張り、前半終わって0-0。
拮抗した試合となる…

暑さが増す中、後半も大幅なポジションチェンジはせずに試合に臨む!
前線が仕掛けて跳ね返されても後ろが踏ん張り一進一退の攻防が続く…
そんな中、一瞬の隙を突かれてカウンターを浴びる。
キーパーが前に飛び出すが、スピードで横にかわされ、無人のゴールに流し込まれる…

最後まで前線のメンバーが踏ん張り何度も攻撃を仕掛けるが、フィニッシュまで至らず試合終了…

0-1
悔しさの残る惜敗でした…

同じ野田市のチームに負けたという悔しさをまだそこまで感じてない様でしたが、ベンチワークとして反省の残る一戦でした…

四年生が久々に7人全員揃い、応援の三年生と、まとまりがあったとは思いますが、惜敗の二連戦でした…

朝からご協力頂きました保護者様、助っ人で来てくれた3年生の選手たち、3年生の保護者様 本当にありがとうございました。

4年コーチ 清水

3年東葛予選リーグ①

2-0FCアクティブ柏ブルー 会場 六実三小            .

3年東葛予選リーグ① 2017/09/16(土)

曇り空で、いつ雨が降ってもおかしくない天候の中、東葛予選リーグの初戦。
メンバー 17人で挑みました。
対 FCアクティブ柏ブルー
2-0 勝ち

序盤、相手の出足が早いのと体を入れられて苦戦するが、当りに負けない事と早いプレッシャーを掛ける事で、
徐々にフォルテのペースになって来て先取点。
前半 1-0
ハーフタイムに、DFの間隔を詰める事と声を掛ける事を話して後半へ挑む。
後半、お互い早いプレッシャーで進む中、追加点を決めて試合終了。

終了後、15分 1本のTM
0-1 負け

詳細は、飯塚コーチから

23日(日) 残り2試合を行います。
染谷助監督
保護者の皆様
忙しい中、ご協力、応援有難うございました。
これからも、宜しくお願いします。
近内
—————————
3Oグループ予選リーグ
六実SC
FCアクティブ柏ブルー
フォルテ野田SC
カンガルーFC

第一試合
vs FCアクティブ柏ブルー
いよいよ東葛大会がスタートした。
初戦からクラブチームとの対戦だ。アップからヘラヘラと喋りながらするフォルテの選手達。
相手のアップの姿を見せると、ようやくサッカー小僧の顔になる選手達。
試合前のミーティングでは「サッカーで大事な事は?」と選手達に問いかけると、全員が一声に「声」と返事をした。
する事は皆一緒だ。
前半からお互いに攻防戦。相手チームもクラブチームだけあって一人一人の技術の高さがある。
フォルテもプレスをかけながらボールを奪いに行く。
攻撃もサイドからの展開を意識して広く使ってる。そんな中、サイドからドリブルで切り込み落ち着いてのシュートで先制点ゴール!
相手チームもカウンターを狙いに足の早い前線の選手にボールを叩く。
危ない場面もあったが、GKのファインセーブで前半を無失点で折り返す。
前半1-0。

後半もフォルテペースで、サイド攻撃をする。見事にサイドからの展開がはまり追加点を上げる。
更にGKのファインセーブで後半も無失点。
後半1-0。
vs FCアクティブ柏ブルー (1-0,1-0)2-0 勝利。
東葛大会。初戦を勝利で終える事が出来ました。
試合が続く中、中々練習が出来ないという不安も有りましたが、選手達は良くやってくれました。
東葛はまだまだ始まったばかりですが、今後とも応援サポートの方、宜しくお願いします。
今日は本当に有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

社会人市民大会

2-4 78中央 会場 南部広場                    .

市民大会 2017/09/10(日)
対78中央 2―4 負け

後期からのフォルテOBを含み数名の新メンバーが加わり今日は13名で臨んだ後期初戦。

前半相手チームに所属するフォルテOBの選手に先制弾を許すも、落ち着いてスピードを生かした両サイドからの攻撃を繰り返し、
2点を返して前半を2―1で折り返す。

後半5分に2名の選手交代、ベンチワークの悪さから中盤からディフェンスのバランスが崩れ始め、
そこを相手チームに突かれ失点、数名の足が止まり始めさらに相手チームのフォルテOBの選手に失点を許して後半3失点。
終わってみれば2―4で試合終了。

新メンバーを迎え、後期初戦ということもあり、手探り状態だったが練習不足が露呈した試合だった。

なかなか社会人でもあるメンバーが大半、スケジュール調整してトレーニングマッチを組むのも難しいが、
フットサルも含め個々で体調維持、管理も必要だと思う。

キャプテンやフォルテOBたちの今後の自主性に期待します。
事務的なこと含めサポートはさせていただきます。

小西

6年U-12リーグin千葉2nd 第5(最終)節

2-4FCトリムジュニア、3-2アヴァンスSC 会場 野田市スポーツ公園                .

●20170910現在Nリーグ2nd星取表0910
●20170507現在U12リーグ-1st【N7】_0507星取表

######################
U-12リーグin千葉2nd 第5節 2017/09/10(日) 
######################
会場:野田市スポーツ公園

vs FCトリムジュニア
2-4(1-2,1-2)
vs アヴァンスSC
3-2(0-2,3-0)

2017年の全日本少年サッカー大会千葉県大会への出場を賭けたU-12リーグもいよいよ最終節となった。
会場はホームのスポーツ公園。修学旅行の絡みで2名の選手が欠席。
会場運営もあり朝7時と少し早い集合時間に14名の選手が集まった。
すでに3敗を喫しており、前節終了時点で2位以内に入ることは不可能となり、千葉県大会への出場は叶わなくなった。
難しいモチベーションの中、今後の東葛予選やJAバンクカップに向けて、良い形でリーグ戦を終えたい。

vs FCトリムジュニア
4年2ブロックトーナメントでPKで敗れた相手。当時とは若干メンバーが変わった。
途中出場からPKを外し悔しい思いをした選手も、今日は3バックの右でスターティングメンバーに名を連ねた。
合宿前後のこの後期リーグで最も充実した時間を過ごしている選手の一人だろう。
機動力とセットプレーを考慮したメンバーで試合開始。3-2-2のフォルテに対してFCトリムは2-4-1の形。
数字上はオールコートでマンツーマンのゲームとなり、一人ひとりの能力が大きく影響する。
前半早い時間に中央でフリーな選手を作ってしまうと、高いフォルテのディフェンスラインの背後にボールを出され、
走り込んできた選手に決められる。
フォルテもサイドを起点にゴールまで迫るが得点出来ず、守備に緩さが見えたところで2点目を許す。
その後にフォルテが高い位置でボールをキープすると、猛然と走り込んできた左バックの選手が追い越してボールを受け、
利き脚ではない左足で素晴らしいシュート。1-2で前半を折り返した。
後半も前半と同様に守備面では球際の強さがなく、軽さばかりが目立つ。
攻撃面では後ろからのビルドアップが不安定、中央でボールが落ち着かない、前での勝負も引っ掛かるなど悪い流れになる。
途中から選手交代で落ち着く様子は見せたが、後半も2失点。
最後に右サイドからのクロスを再び左バックの選手が飛び込んできて頭で合わせた。
1年半前までトップを務めていたホームランキングがディフェンスラインに入るようになってから決定力が上がる不思議。
ボール保持で言えば互角以上の試合だったが終わってみれば2-4。
後期リーグで安定していた守備はどこへ行ってしまったのだろうか。

vs アヴァンスSC
リーグ戦最後となるこの試合。
先ほどの試合からメンバーを入れ替えてスタートするが、前半については語れる内容ではない。
先週の八木が谷北戦の前半も良い場面がなかったが、それと同じようなこの前半。
上手くいかないのは一人ひとりの技術、判断、選択が出来なかったこと。
そうなるとウズウズしてくるのはベンチに控える選手たち。
前半途中から少しずつ代わると流れは徐々にフォルテに。0-2で折り返したハーフタイム。
10分間のハーフタイムのうち、選手たちでの話し合いの時間をいつも3分間設けているが、
今日は5分経って出た結論は“声がない”。それで片付けて良いのか6年生。
後半、1試合目のゴールキーパーを2トップの一角に入れると、スピードのある突破とフィジカルを活かしたキープを披露。
すると相手の注意もそこに注がれ、フォルテの中央や逆サイドにも余裕が出始めた。
1点返すと勢いそのままに同点。盛り上がり始めたフォルテのホーム自由席(という応援席)。
主審から4審にアディショナルタイムが伝えられた辺り、右サイドから斜めのボールが入ると、
唯一ピッチ内で声を出していた選手が相手ゴールキーパーの頭を超えるシュートを放つとゴールに吸い込まれ逆転した。
その後も4点目を取るべく攻撃するも試合終了となった。
0-2からの逆転と感動的な試合のようにも見えたが、全ては前半の低調なパフォーマンスから始まったもので、
自分たちで苦しめてしまったようなもの。
後半に出場して試合をひっくり返した選手は褒めたいと思う。

今日の試合は保護者だけでなく、同会場で練習を行った4年生にも応援して頂いた。
最初こそ国生コーチと清水コーチの声が目立っていたが、徐々に選手たちからも声が聞こえてきた。
6年生はそれに応えることが出来ただろうか。4年生に希望や目標を与えることは出来ただろうか。
ホームゲームの雰囲気を作ってくれた4年生には感謝したい。

今回審判としてご協力頂きました對馬コーチ、他チームの割当てを急遽担当してくださいました井上監督ありがとうございました。
また、朝早くから会場運営などご協力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。
東葛予選も主管になりますので、引き続き宜しくお願い致します。

リーグ戦の総括についてはまた別途お送りします。

6年 飯塚

######################
U-12リーグin千葉2nd 第4節 2017/09/03(日) 
######################
7-1イレブンジュニア、4-0八木が谷北FC ホープ 会場 我孫子市五本松運動広場 

vs イレブンジュニア
7-1(5-0,2-1)
vs 八木が谷北FC ホープ
4-0(0-0,4-0)

詳細は前田コーチより。

飯塚
————————————————-
U12リーグ第4節
会場 我孫子市五本松運動公園

会場は我孫子市で管理運営している運動広場。サッカーグランドが2面用意され、それとは別に芝生の広場が広がっていて
そこでウォーミングアップも行える。当日は4年生の大会も行われていた。
天候は快晴。風もなく、湿度もなし。ただ日差しは強い。

1試合目
vsイレブンジュニア 7―1 ○

何といっても試合の入り方が重要。気持ちが入っていなければ実力が出せない。
本日、初戦はこのところの良い流れのまま試合に入ることができたのか、開始早々先制点と奪取。
細かいパスからドリブル突破での得点。パスの出し手と受け手のタイミングがバッチリ合っていた。
その後、立て続けに得点を重ね、失点も無いまま5-0で前半を終える。
後半もフォルテ勢い衰えず、ミドルシュートで得点あり、華麗なドリブル突破ありと絶えず攻めの姿勢を取っていた。
ディフェンスの両サイドへのさばきも良く出来ていた。
ポジショニングのちょっとした隙きからコーナーキックからのボールを押し込まれ失点。

2試合目
vs八木ヶ谷FC 4―0 ○

お昼を挟んでの第2試合目。
少し気持ちが緩んだのか、はたまた天気が良すぎて気持ちが浮ついてるのか、
試合の入りは気持ちが入っていなくルーズな様子。
その為、相手に合わせたプレーがチラホラ見える。
得点を取ることが出来ず、0-0で前半終了。
ハーフタイム、監督、コーチからゲキが飛ぶ。
後半、6分を経過したところでコーナーキックからの得点チャンス。
今日がフォルテ加入後、最初の公式戦となる長身の選手が見事に頭で合わせ先制点!
これで持ち直したのか、15分にはペナルティエリア外からのミドルシュートがゴールネットを揺らす。
後半終了間際では中央をドリブル突破し、立て続けに2点の追加点。失点なく試合終了。

夏合宿を経て、選手達は何かを掴んだのか、ここ最近の試合内容は合宿前とはあきらかに違う。
それほどまでに今回の合宿は貴重な経験をさせてあげたのではないかと振り返って思う。
そして監督、コーチが真剣に選手達に目を向け、厳しくも楽しくも共に過ごした時間は選手達の中で大きな糧となって
合宿後も前に進む力になっているのではないかと思う。

選手達!まだまだ伸びしろははかり知れないほどのものを秘めています。
自身の気持ちの持ちようであるからこそ、自分で変えられます。さらなるレベルアップをみせてください!

本日も早朝よりサポートいただきました保護者の皆様方、ありがとうございます。さらなる声援お願いします!

6年 前田

######################
U-12リーグin千葉2nd 第3節 2017/08/27(日) 
######################
2-0東習志野ホワイト、3-0FC八幡ビーバーズ 会場 習志野市茜浜グラウンド

2017年8月27日 U-12 2ndリーグ第3節
場所:習志野市茜浜グラウンド

vs東習志野ホワイト 2-0 勝ち
vsFC八幡ビーバーズ 3-0 勝ち

合宿を終え先週は11人制で2連勝、今日からは8人制での公式戦が再開する。
合宿前の第1、2節は3連敗と結果を出せていない。合宿中から守備の連動などが良くなりいい流れで来ている、ここで結果を残したい。

1試合目 2-0勝ち
前半、前線からの守備、積極的なシュートで流れをつかみ相手ゴールに迫るが得点には至らない。
徐々に中盤の連動が悪くなり相手ペースに前半を0-0折り返す。
後半も同じく中盤の運動量が落ち流れは良くないがサイド攻撃等から2得点、勝ち切る事が出来た。
勝ちはしたが引き上げてくる選手の表情を見ても上手くいっていない事を感じているようだ。

2試合目 3-0勝ち
合宿前から取り組んできた前線からプレスバックがはまりフォルテの時間が増える。
センターバックには先月入会し今日が初めての公式戦デビューとなった選手が安定した守備を見せた。
ドリブル突破から先制、CKを合わせて追加点、前半を2-0いい流れで折り返す。
後半選手交代にミス、守備中に2人の選手が同時に交代を試みてピッチ内は6対8に!
また交代選手が監督の指示のポジションチェンジを理解しなかったため4バック状態に!
流れを持っていかれたが中盤からのパスに前線の選手がチャレンジし追加点、終了前落ちつかせて
確実に勝ちに持っていきたかったが急いでしまい自らピンチを招いた。

取り組んできた前線からの守備が上手くいき始めている。
またサイドバックの選手も積極的にオーバラップを仕掛けいいサイド攻撃も増えてきた。
課題は前線で奪ってからの攻撃のパターンを増やしたい。
またサイドバックが上がった裏を突かれピンチを招く場面が目立った。
選手達自身で解決策を話し合い成長して欲しい。
ポジション争いが激しくなってきた、互いにいい競争心で切磋琢磨する事を望みたい。

今日もご支援頂いた保護者の方々ありがとうございました。
ここ最近は連勝を重ね選手達はいい流れで来ています。
試合が続きますが変わらぬ応援よろしくお願い致します。

6年 浪花

######################
U-12リーグin千葉2nd 第2節 2017/07/09(日) 
######################
1-2市川真間どろんこSC ネイビー 会場 市川真間小学校

7月9日 U-12 2ndリーグ 第2節
晴れ 市川市 市川真間小学校

VS 市川真間どろんこSC ネイビー
1-2 敗戦

非常に気温の高い中会場に到着。地面の硬さ、ピッチ全体のサイズ等を確認しながらアップに入る。
水分をまめに摂りながら準備が進む。
試合前のミーティングでは開始から全開で臨むこと等を伝えて送り出しました。

開始早々に球際の攻防を数回繰り返す。若干中盤のプレスに不安を感じる。数回の攻防の後にフリーキックを得る。
直接のシュートは枠の外へ。3分に近付く頃、中盤から不用意に裏へ蹴らせてしまう。
サイドから相手の侵入を許しシュートに持ち込まれてしまう。一旦はGKがストップするもこぼれ球に反応され失点。
まだまだ時間は充分にあるのですが、今一つ選手達の気迫がはっきりしない。自分達のペースを掴めず、焦りも見える。
日々の練習で培ったものを見せて欲しいと念じてしまう。
クーリングブレイク後にまたしても中盤のプレスが弛くなった瞬間に裏を狙われ失点。
前半は不本意な出来のままハーフタイムを迎える。

後半に入り選手交代とポジションチェンジを行い、ペースを手繰り寄せようとベンチも動く。
二点を先取し勢いがある相手の攻撃に跳ね返すのが精一杯の状態が続く。
しかし後半のクーリングブレイクが訪れるかという時間帯になりFWからのプレス、
MFの選手のフォローが良い形を作り始め、後半10分過ぎからシュートまでの形を作る。
後半残り僅かとなる場面でついに得点を挙げるも反撃もここまで、タイムアップの笛が鳴る。

先週に引き続き、試合後に監督・コーチ陣からたくさんの話を選手達に伝えました。
指導者間での話し合いも行い、状況の整理、今後如何に戦っていくべきか、多くの意見が出ました。

まだまだリーグ戦は続きます。保護者の皆様には引き続き熱い応援をお願いいたします。
本日も厳しい暑さの中での応援ありがとうございました。
会場設営、駐車場案内等を担当なさってくださいました。市川真間どろんこSCの皆様ありがとうございました。

6年 名和

######################
U-12リーグin千葉2nd 第1節 2017/07/02(日) 
######################
1-2ルキナス印西レッド、1-3木刈FC 会場 鎌ヶ谷福太郎スタジアム 

7月2日 U-12 2ndリーグ 第一節
曇り時々晴れ 気温32度
鎌ヶ谷市 福太郎スタジアム

1試合目
VS ルキナス印西(レッド)
1-2 敗戦

前日の雨で湿度が高い
雲の切れ間から太陽が時折顔を出すと
かなりの湿度・・・。
梅雨の最中 U12 2ndリーグが始まりました。

1stリーグで4位となり、上位2チームに入るには大事な初戦
久しぶりにベンチ入りするコーチの為にも結果が欲しい試合でした。

前半は慣れないピッチに戸惑いながらも連動する動きと
積極的な攻撃参加でチャンスを作り先制点を奪います。
その後もチャンスを多く作るものの、シュートミスや
大事な場面でのパスミスで追加点が奪えません。

選手たちは暑さからか足が止まりはじめると
セカンドボールをことごとく拾われ、ピンチが続きます
相手のシュートミスにも助けられ前半を1-0で折り返します

後半に入り選手交代で何とかペースを取り返したところでしたが
球際や寄せる動きで後手に回り24分、25分と連続失点し
逆転を許してしまいました。
その後も最後までペースは取り戻せず初戦を落としてしまいました。

今日の試合後選手たちにいろいろな話をしました。

来週からの選手たちに期待します。
まだまだ後期は始まったばかりです。

中村
———
2試合目
vs 木刈FC
1-3 敗戦

1戦目では、テーマ『距離感』がまったく機能せず待ちのサッカーをしてしまった。
試合後のミーティングで選手達と再確認をしてピッチに送り出す。
前半開始早々、右サイドを駆け上がられペナルティーに侵入して来た相手を止めきれず失点。
その後もペースを掴まれ中盤までは運べるがフィニッシュまでは行けずカウンターをくらう。
追加点を奪われ失点。
前半を0-2で折り返す。
後半、疲労が見え始めた選手を交代し巻き返しを図る。
中盤、カウンターを追いかける選手とキーパーが交錯しその間に相手が抜け出し更に失点。
フォルテも右サイドの選手を攻撃の起点とし攻め続ける。一点は返すものの無情にもタイムアップとなる。
本日の反省点は、相手に自由にプレーをさせてしまい待ちのサッカーとなってしまったことが敗因と考えています。
練習では更に対人力をつけ相手に自由にプレーをさせない意識づけを進めたいと思います。

本日は、早朝よりご協力いただきましたご父兄の皆様ありがとうございました。
まだ、リーグ戦は続きますので引き続きよろしくお願い致します。

6年コーチ 戸張

******************************************************

######################
U-12リーグin千葉 第5節 2017/05/14(日) 
######################
7-1我孫子隼SC、7-2新浦安ユナイテッドワンダー 会場:利根川ゆうゆう公園サッカー場

vs 我孫子隼SC
7-1(5-0,2-1)
vs 新浦安ユナイテッドワンダー
7-2(5-0,2-2)

4月に始まったU-12リーグ1stステージもあっという間の最終節。
昨日の雨でグランド状態 も不安はあったが、なんとか時間を繰り下げての開催となった。
野田のスポーツ公園とも似たグランドで、芝や草も長く、場所によっては土になっている。

第一試合はロングボール主体の相手に対して何度かミスもあったが、
セカンドボールをほとんど拾うことが出来ており、フォルテのリズムだった。
幅と深みを上手く作りながら攻撃でき、前半で5得点。
後半はセカンドボールが拾えなくなってきたことに加え、後ろのビルドアップもミスが出て、
やや相手のペースに飲み込まれてしまった。

第二試合は後ろからしっかりパスを繋いでくる浦安らしいチーム。
この試合も前半はプレスが嵌まったことと、ボールを持ったときの選択肢が多く作れていたことで
主導権は握っていた。
しかしこの試合の後半も徐々に相手のペースになってしまい、何度もピンチを招いた。

両試合とも不安定なグランドでボールの処理に対応出来なかったゴールキーパーのミスはあったが、
ミスの後も積極的にバックパスを受けるなど、最後まで前を向いてプレーしてくれた。
また今日はセットプレーも普段とは違う選手が担当したが、幾度となく良いボールを供給して、アシストにも繋がった。

1stステージは5勝2分け2敗で勝点17で33得点16失点。順位は他チームの試合が終わる28日に確定する。
9試合で無失点に抑えたのが1試合のみ、上位チームに比べるととにかく失点が多い。
1stステージのみで5勝出来たことは良かったが、自分たちが目標としていたところには届いていない。
ポジティブな部分でいえば15名のうち、10名がこのリーグ戦で得点をあげることが出来たことか。
特に今日久しぶりに得点を取った選手たちは良い母の日プレゼントにもなったと思う。

大きな怪我や問題もなく、1stステージを終えることが出来ました。
7月には2ndステージが始まります。
なかなか時間もありませんが、そこに向けてレベルアップしていきたいと思います。
保護者の皆様、各チーム関係者の皆様、ありがとうございました。

飯塚

######################
U-12リーグin千葉 第4節 2017/05/06(土) 
######################
会場:松戸市立東部小学校

vs ドラゴンズ柏SC
1-1(0-0,1-1)

U-12リーグの4日目。
今日の試合に勝てれば2位以内に僅かな望みを繋げることが出来る。
相手はドラゴンズ柏SC。
これまでの午前のゲームと違い、試合開始が15時30分からでこれまでとリズムが少し違う。

試合前のミーティングでは先週と今日の1試合目でドラゴンズのシステムが違うこと、
セットプレーの守り方をこれまでと違う形にすることを伝える。
ウォーミングアップの雰囲気も良く、試合に挑むことが出来た。

前半、思ったよりもボールを動かすことが出来ている。
ワンタッチのパスが繋がる場面もあったがフィニッシュまではなかなか持っていけない。
守備では1vs1の対応が軽く、簡単にペナルティエリアまで運ばれてしまうが、最後の場面で守りきることが出来ていた。
付け焼き刃的なセットプレーの守備もどうにか耐えてスコアレスで折り返し。

ハーフタイム、2つの修正点を伝え後半へ。

後半、玉際の強さがより一層出てきて、自分たちのチャンスも見せた。
6分、ゴール正面やや距離のある所でフリーキックを得ると、直接狙ったボールはキーパーの手を弾きゴールに。
東習志野FC戦に続いてフリーキックを決めた。
まさかの先制にフォルテのベンチ、保護者だけでなく、他チームからもどよめきが。
その後も相手に動かされながらも粘り強い守備からカウンターを狙う。相手のシュートミスにも助けられた。
しかし14分にコーナーキックをファーサイドで綺麗に合わせられて同点とされた。
そこからも交代で出てきた選手に決定的なシュートを打たれるなどしたが、同点のまま試合終了の笛が鳴った。

2試合を残して2位以内になることは出来なくなった。
リーグ戦初戦で勝ちきれていれば…負け試合を引き分けに出来ていれば…など、あとからなら何とでも言えるが、
今日の試合のみを見れば指導者として非常に清々しい試合を見た気がした。
2ヶ月後には2ndリーグが始まる。
良い形で迎えるために、まずは来週の1stリーグ残り2試合、たくさん点を取って終えられるようにしたい。

サポート頂きました保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、エネルギーゼリーの差し入れをしてくださいました荒井コーチ、ありがとうございました。

飯塚

######################
U-12リーグin千葉 第3節 2017/04/30(日) 
######################
会場:浦安市明海球技場

vs 豊四季FC A
5-2(2-0,3-2)
vs 北習志野FCイエロー
5-2(2-2,3-0)

U-12リーグの3日目。
会場は人工芝の明海球技場。9時からの試合ということで市役所6時出発だったが、全員時間に遅れることなく出発出来た。

第1試合は4年東葛予選で戦った豊四季FC。
主導権を握った前半は得点こそ少ないが安定した守備を見せた。
後半は少しペースダウンしてボールを持つ時間も減ったが、3得点を決めることが出来た。
残念なのは失点の形。特に2失点目は二人の相手フォワードがいるにも関わらずディフェンスラインの選手が、
センターサークルより高い位置まで出てしまったところをカウンターでやられた。

第2試合は北習志野FCイエロー。
昨日まで3勝1分けの好スタートをきっている。
立ち上がりからプレスも上手くハマり比較的高い位置で奪え、ボールもしっかり動かすことが出来た。
ビルドアップのミスからと遠い位置からのフリーキックで失点を続けたが、同点でハーフタイムに。
ビルドアップのところだけを話して挑んだ後半はさらにボールを保持し決定機も増やすことが出来、得点を重ねた。

6試合を終えて3勝1分2敗。勝ち星が先行し得失点差もプラスに戻した。
1stリーグも残り3試合。次回5月6日(土)の第4節は18期生で2015年度にキャプテンだった選手も所属するドラゴンズ柏SC。
チームが成長した姿を見せることを期待したい。

2日連続の公式戦となり、朝早くから遠征準備や車出しなどサポート頂きました保護者の皆様、ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。

飯塚

######################
U-12リーグin千葉 第2節 2017/04/29(土) 
######################
会場:清水台小学校

vs 東習志野FCブルー
1-3(1-3,0-0)
vs D.U.C SC
0-3(0-1,0-2)

本日行われたU-12リーグの2日目。今回は主管、会場責任ということで清水台小学校での開催でした。

最初の試合となる東習志野FCブルーは昨年度5年県大会で準優勝。県トレセンや4ブロックトレセンに選ばれた選手も在籍している。
ちょうど1年前のフォルテ招待の決勝でも戦ったが、手も足も出ずに0-3で敗れた。
リーグ1位突破最有力の実力のあるチームにどれくらい出来るか楽しみだ。

試合開始4分にコーナーキックから先制されると、直後にディフェンスラインでの横パスをインターセプトされ、
そのまま決められ2失点。
ここから少しフォルテの時間が増える。ゴール正面距離のある場所からフリーキックを得ると、
直接狙ったボールはゴール左隅へ。
相手ゴールキーパーが触るもボールはゴールに入り1点を折り返す。
しかし前半最後に再びコーナーキックを合わせられ1-3で前半終了。
後半は前半に比べディフェンスラインの背後へのボールの処理が安定してきた。
またカウンターで何度か相手ゴールに迫る。しかしそのまま後半はどちらにもゴールが生まれず試合終了となった。

続く第2試合。3年の東葛予選、2B予選、SuperFリーグ、4年練習試合、5年東葛トーナメントと、
何度も対戦しながらいずれも負けているD.U.C SC。
相手の戦い方はお互い知り尽くした中で、ミスが多く出てしまい失点を重ねてしまった。
第1試合と同じ3失点のゲームになったが、このゲームの3失点についてはボールの失い方、失った後の対応が悪すぎた。

4試合を終え1勝1分2敗となった。2位以内は非常に難しい状況となった。次に向けて気持ちを切り替えてほしいが、
今日のパフォーマンスはしっかり受け止めて反省しなくてはいけない。
試合は明日もある。連日の試合で大変だが、乗り気ってもらいたい。

朝から主管業務にご協力頂きました保護者、指導者の皆様、ありがとうございました。
また、天気予報を考慮し全体のスケジュールの繰り上げに対応してくださいました各チームの皆様にも感謝致します。

お疲れ様でした。

飯塚

######################
U-12リーグin千葉 第1節 2017/04/23(日) 
######################
会場:松戸市千駄堀多目的スポーツ広場

vs FCギャルソン浦安
2-2(2-0,0-2)
vs FC ALMA松戸
5-0(2-0,3-0)

先週開幕したU-12リーグ戦。フォルテが所属のN7リーグはグランド都合により本日がスタートとなった。
体調不良で1名が欠席し14名が参加となった。
開幕戦となったFCギャルソン浦安との試合、ユニフォーム忘れが1名発覚。
さらにチームの活動内でルール違反をした2名も最初の試合は出場停止と決まっていた。
こういう形で試合に出られないのは非常に勿体ない。

前半、フォルテがボールをほとんど保持するゲームは何度もフィニッシュまで持っていくも2点しか奪えず。
後半5分くらいで足が止まる選手が出始めるとミスが増え、急にゲームが慌ただしくなる。
対応の甘さから失点をすると、そこからは行ったり来たりの展開に。
サイドを深く侵入されクロスを上げられると、それがそのままゴールに入ってしまい同点にされる。
5年生も試合に出るギャルソン相手にミスが続きそのまま試合終了。
負けに等しい引き分けでのスタートとなった。

2試合目、相手のFC ALMAは昨年2ブロック予選で3-3の試合をした相手。
この試合も前半はフォルテのペース。フィニッシュの質は相変わらずで、2-0で折り返した。
1試合目との違いは後半の出来だった。
足も止まらず、ボールもある程度動かすことができ、体力的にも余裕があった。
交代選手もスムーズにゲームに入り、後半は3得点。
この試合ももう少し得点は欲しかったが、無失点に抑えたことは評価したい。

次節は4/29。
フォルテの相手は昨年度5年千葉県大会で準優勝の東習志野FCブルーと東葛トーナメントで敗れたD.U.C SC。
清水台小学校(主管)にて開催しますので、お時間ある方応援お待ちしております。

朝早くからサポート頂きました保護者の皆様、お疲れ様でした。

飯塚

5年交流戦

会場 境町猿島小学校                            .

境町の境トリニタスJr.さんから交流試合の申込みがあり、境町の猿島小学校へお招きいただいた。
元気な18名が集まった。昨日から続く猛暑日となったが11人制を含む8試合を戦った。
合宿前からのテーマである、仲間でボールを繋ぐこと、その為にギャップに顔を出すこと、仲間との距離感がテーマである。
なかなか、仲間同士に通じ合うのが難しい。
ボールを受ける前の準備に課題がありそうだ。
①0-1
②3-0
③0-0
④0-1
⑤0-1
⑥2-1
⑦1-2
⑧0-0

保護者の皆さん、暑いなか、本日もサポートと応援、ありがとうございました。
境トリニタスJr.の皆さん、良い機会をありがとうございました。

詳細は関谷コーチから。

谷津
—————————
【戦評:総括】
8月の合宿及び前日練習の成果を出すためのトレーニングマッチ。20分を8本のうち、11人制を2本行った。
「ボールを繋ぐ」「スペースに顔を出す」「仲間との距離感」
をテーマに選手たちは挑む。ポイントの試合と11人制の戦評を語る。

1本目の立ち上がりから球際で競り負け、中盤でのボールロストから速攻を浴びるなど、苦しい展開を強いられる。
DFの連携ミスから相手長身選手にあっさり先制されてしまう。

2本目は、1本目の反省を選手同士で話し合い士気を立て直した。
そのかいあってか、序盤からフォルテペースで試合が進む。
CKから中央に頭で落として混戦のなか押し込んで執念の先制ゴール。続けてFKを獲得。エースが確実に決めて追加点。
更にフォルテのポゼッション率も上がっている。
DFラインの裏へ走り込み、目先を変えた攻撃で状況の打開を試みたが、
統率された相手の守備によってオフサイドにされてしまう。
試合終了間際、センターからDFに下げたボールを右に展開。
俊足選手のオーバーラップからセンターリングを豪快に決めて追加点。テーマが活きたゴールだった。

5本目・6本目は11人制。大会を想定した布陣で挑む。
3-2-3-2のフォーメーションでトップ下の両サイドがキーマンとなる。
試合開始早々からボールが真ん中に集まる。ボールがつながらない中でも支配率が徐々に相手側に移っていく。
MFとDFの連携が取れずそのまま先制点を与えてしまう。気持ちを切り替えた6本目でも中央にボールが集まってしまうが、
ベンチからの鋭い声掛けもあり、徐々にボールがサイドへ回るようになってきた。
ワンツーの意識も高く、成功率も5本目と比べて上がってきたことで右からの展開で連続得点。
ようやく広がるサッカーが出来てきた時だったが、徐々に相手の強気なスルーパスに手を焼き始め、
終了間際にカウンター攻撃の単発を浴びてしまい終了。

最後に、夏日に近い残暑の中、選手たちは懸命に走っていた。20分×8本を最後まで戦い抜いたことは、
真夏の合宿の成果の賜物だと思う。
それでもこれからは、がむしゃらだけでは勝てる試合が少なくなってくる。
勝つためには、連携した戦術を取り入れることが、次のステップにつながるだろう。
ポイントは中盤の連携とセットプレー。
最近は、右サイドからのオーバーラップは武器になる兆しがあるため、
次はその連携を生かすFWと中盤の動きを確立させたい。
セットプレーでは、ポジショニングに迷ってる選手がいる。選手間で意志疎通が取れていないことが目立つ。
セットプレーは直接得点に結び付くし、狙って蹴れる選手たちも芽が出てきたことで、
そろそろフォルテの武器にしていきたい。

5年 関谷

3年なでしこリーグ⑩

3-0松原FC 会場 瑞沼市民センターグランド                       .

なでしこリーグ⑩ 2017/09/10(日)
3-0松原FC 会場 瑞沼市民センターグランド 

なでしこリーグ結果
フレンドリーマッチ
vs ちくみキッカーズ 0-0
なでしこ 第10節
vs 松原FC 3-0

今回は経験の浅い選手達をメイン挑む試合でした。
テーマはチャレンジする。一対一の場面では、練習で覚えたテクニックをやってみる。取られたら取り返す。取り返せなくても、
しつこく相手に付いて行く。

フレンドリーマッチ
vs ちくみキッカーズ
2回目の対戦ともあって、今回はフレンドリーマッチになりました。
主力メンバーを控えに挑んだこの試合。自らドリブルで仕掛ける選手達。ボールを取られても、諦めずに取り返そうとする姿勢。
凄く良かったです。自分のポジションの位置が分からない仲間が居れば、声を掛けて教えてあげたりしてました。
結果は0-0の引き分けだったけど、凄く価値のある試合でした。

第10節
vs 松原FC
試合数が中々こなせない、なでしこリーグ勝って勝ち点3が欲しいフォルテ。
2-4-1のフォーメーションで、主力2人をDFに使い。挑んだこの試合。
前半は守備がしっかりしていて無失点で押さえるも、得点が取れない。
前半0-0
後半は攻撃陣を替え、得点を狙いに行く。その期待に応えてくれて、ドリブルからのシュートで先制点!
更に追加点が入り2点、3点目と入り、後半3-0 結果は(0-0,3-0)3-0 勝利!

今回も何とか勝ち点3を取る事が出来ました。順位も上がる事が出来き凄く良かったです。
試合では練習で覚えたドリブルからのテクニックも選手達が何人かですが、やってくれました。
合宿での成果が出来た感じでした。
その後にはフレンドリーマッチもさせてもらいました。

フレンドリーマッチ 10分二本
一本目
vsちくみキッカーズ 0-0
二本目
vs 松原FC 4-0

一本目
ちくみキッカーズ戦は最初のメンバーと一緒で、ドリブルからのチャレンジ。中々、得点が取れない厳しさを痛感した試合でした。
結果は0-0 引き分け!
二本目
松原FC戦は主力の2Bメンバーで挑みました。主力に関してはサイドからの展開をと指示。結果は4-0 勝利!

今回も沢山の応援サポート本当に有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

なでしこリーグ③ 2017/07/09(日)
1-2八潮メッツ、5-0瀬崎サッカー、6-0中北少年 会場 中川北小学校 
試合結果 ⇒ 7,9なでしこ(中北小)試合結果

なでしこリーグ結果
vs 八潮メッツ 1-2
vs 瀬崎サッカー 5-0
vs 中北少年 6-0

猛暑の中、3年生16人が集う。前半戦と後半戦のメンバーを均等に分けての試合。
今回のテーマは声の掛け合いと周りを見る事。相手を自由にさせないプレスの徹底。

第一試合
vs 八潮メッツ
立ち上がり相手ボールからの開始でトップの選手がプレスを掛けてボールを奪う事を指示をするも、
それが出来ずいきなり攻めこまれるフォルテ…焦りが出てミス連発。
危なく失点されそうになるも何とか死守し中盤での攻防戦が始まった。先にチャンスを物にしたフォルテ。
見事ボールを奪いゴールまで運びシュートで先制点!1-0
そのまま勢いがつくと思ったが予想以上に相手のプレスが速い。一人に対し二人で対応してくる相手チーム。それに焦るフォルテ。
またもミス連発…判断力が鈍る中、自分達のポジショニングが把握出来ず無人のゴールに失点してしまった。
初の失点で動揺する選手達。
更に相手の勢いが止まらず追加点を与えてしまう。前半1-2
ハーフタイム中に選手達に自分がどのポジションかを再度確認する。声を掛け合いながら周りの仲間に教えてあげる。
メンバーを入れ替え後半へ…。
後半はようやくフォルテペースに持ち込んだ。しかし怒濤の攻撃をするも点に繋がらない。
相手へのプレスも前半に比べて後半はフォルテが速い。シュート数もフォルテが圧倒的に上回るも点が入らない。
焦りが出て前へ急ぎ過ぎてオフサイドになる場面が多数。結局、後半0-0のまま終え結果は1-2の敗戦
この試合は普段フォルテがやっている事を逆に相手にやられた事。初めての展開に動揺してしまった事。
ゴールの質の大事さが、凄く分かった試合でした。
この課題は普段の練習から意識を高めて行きたいと思います。

第二試合
vs 瀬崎サッカー
ここへ来てようやく本来のフォルテの良さが出来ました。プレスの速さも上手く行っている。味方のシュートのこぼれ球も拾えている。
前後半共にバランスの取れた試合でした。
結果は5-0 勝利!

第三試合
vs 中北少年
最後の試合もバランスの取れた試合でした。サイド攻撃からの得点も出来た。ゴールへ向かうドリブルも良かった。
しかしながら、まだオフサイドに掛かってしまう事が多い。
どのタイミングでボールを貰うか、どのタイミングで動き出しが出来るかも練習で取り組んで行きたいと思います。

猛暑の中、応援サポートしてくれた保護者の方々。本当にお疲れ様でした。
まだまだ暑い日は続くと思いますが子供達の健康管理の方も宜しくお願いします。

3年生 コーチ飯塚

なでしこリーグ② 2017/06/18(日)
3-0ちくみキッカーズ、3-0大相模サッカーSC、4-0清門FC 会場 清水台小学校

全試合結果 ⇒ 試合結果0618

曇り空で気温も高くなくサッカーの試合するには、最高のコンディションの中 なでしこリーグを開催しました。
今日は、各学年試合が有り4年生に3名参加。1名お休みで15名での参加。
清水台小グランドでの試合な為
今日のテーマは、
ドリブルで仕掛けるのか?、仲間にボールを出すのか?を各人が判断する事
ボールを持っていない時に周りを見ておく事
1対1に負けない事
練習でも言われている事を実戦でやる様に指示して試合に挑む。
なでしこリーグ結果
対 ちくみキッカーズ 3:0
対 大相模サッカーSC 3:0
対 清門FC  4:0
3勝  通算 6勝目

詳細は、飯塚コーチより

保護者の皆様、
朝早くから会場設営、グランド整備等ご協力頂き有難うございました。
これからも、ご協力の程宜しくお願いします。
近内
——————–
なでしこリーグ結果
vs ちくみキッカーズ 3-0
vs 清門FC 4-0
vs 大相模SC 3-0

今回は回りを見る。声を出す。誰がどの選手にマークするのかを声を出して伝える。
フリーの選手は声を出してボールを貰いに行く。
攻撃はワイドに広がり守備の時はコンパクトにする等をテーマに試合に挑みました。

1試合目
vsちくみキッカーズ
前後半とも声を出す事が数人しか出来てない。せっかくフリーで居るのに声を出さないでボールを貰えない選手。
まだまだボールにばかり行く選手。もっと回りを見れれば良かったと思いました。
一対一の場面では体を張ってボールを奪う事が出来た。
結果3-0

2試合目
vs清門FC
一対一では負けてない。後はドリブルしてる選手の後ろに行って声をかけながらサポートが出来れば完璧だ。
攻撃の場面でもワイドに広がる事も出来た。サイドからの攻撃の時はゴールに向かうドリブルをして欲しかった。
これも課題の一つで練習からゴールに向かう姿勢をしていきたいと思いました。
結果4-0

3試合目。
vs大相模SC
大分声を出せるようになった試合。疲れも出て居るが、最後まで体を張ったプレーが出来て良かった。
テーマとなった声を出す。回りを見る。それぞれ皆が意識をもった試合でした。
結果3-0

今回は皆が意識をもったプレーが出来たと思います。声を出す。回りを見る。一対一の強さ。凄く良かったと思います。
なでしこリーグ6戦未だ無失点記録。専属GKも居ない中、体を張ったプレーの一つ一つが素晴らしかったです。

今回も沢山の応援サポート本当にありがとうございます。今後とも選手達の成長を見守りながら、応援の方宜しくお願いします。

3年生コーチ飯塚

なでしこリーグ① 2017/05/07(日)
8-0八潮中央、4-0草加住吉、10-0安行東 会場 安行東小学校
全試合結果⇒なでしこリーグ①結果

3年生になって、8人制で行う初めてのなでしこリーグ。
17名全員参加で試合に望みました。
今までとは違うグランドの広さで行うので、システムを2-4-1に決めて試合に望む。
約束事として、
1.ボールを持っていない時に周りを見て味方と相手の位置を確認する。
2.DF 2人はどちらか1人が残って指示する。
3.1対1には、負けない。
の指示して、試合に望む。

対 八潮中央 8-0
対 草加住吉 4-0
対 安行東  10-0
3勝

なでしこリーグ初戦として上々の試合で、17名全員が試合に出場出来ました。
個人の足技、スピードを上手く使い多くの得点出来た事は良い自信になったと思います。
染谷助監督、野口コーチ、帯同有難うございました。

保護者の皆様
朝早くから送迎、応援のご協力有難うございました。
これからも、ご協力をお願いします。
近内
——————————-
前回天候の悪さに流れたなでしこリーグようやく初戦を迎えることになった。
フォルテ3年生17人全員が揃った。

1試合
vs 八潮中央 8-0
2試合
vs 草加住吉 4-0
3試合
vs 安行東 10-0

1試合目 vs八潮中央
3年生だけの初めての8人制の大会。17人全員を出場する方向でバランスを取りながらの組み合わせ。
団子サッカーにならないようにフォーメーション2-4-1で挑む。
試合前にはポジショニングの確認と声の掛け合をする事。
開始フォルテペースで試合が進む。全員で声をかけ、回りを見ながらスペースを探す。
ドリブルの仕掛けも良いがもっとゴールに運ぶドリブルが出来たら良かった。
プレスも出来ている。サイド攻撃のゴールは素晴らしかった。
結果は8-0勝利!

2試合目 vs草加住吉
もっとインターセプトを狙うようにと指示をする。
フォーメーション2-4-1の一人一人の配置を変えながらの2戦目。
慣れてないポジションなのか、ばらつきが目立つ前半戦。
何とか先制するが1点止まりだ。
後半はもっと回りを見て自分のポジショニングを確認する事。
時間差で人を入れ替えながらの対応。少しずつバランスがとれ、得点にも繋がった。
結果は4-0の勝利!

3試合目 vs安行東
最後の試合では配置を変えながらもバランスの取れた試合だ。
声の掛け合いでポジショニングの確認。インターセプトも少しずつ出来ている。
ドリブルもパスの連携も上手く行き大量点が取れた。
結果は10-0の勝利!

今回初のなでしこリーグにしては凄く良かったと思います。
まだまだ8人制に慣れてない選手ばかりだったけど、声の掛け合いひとつで回りを見れた事。
ゴールへの積極性。
凄く良い経験になりました。
特に3戦とも無失点で終えた事は凄く良かったと思います。
本日は保護者の方々沢山の応援サポート有難うございました。
染谷助監督、野口コーチ、主審サポート有難うございました。

3年生コーチ 飯塚

2年以下kkリーグ⑤

会場 福田第二小学校                                   .

kkリーグ⑤ 2017/09/10(日) 
★2017フォルテ野田KKリーグ第5節結果

●kidsリーグ第5節結果
vsまちさかA 0-1 負け
vs松戸旭B 2-1 勝ち
vsつくし野A 6-0 勝ち
vsペガサス 4-0勝ち

本日の試合としては、初めの2試合では身体の大きい相手や、プレッシャーの速いチームを相手に
自分達の練習してきたドリブルが上手く出来ずにパスに逃げる場面が多く見られた。
試合の合間で、シュート、ドリブル、パスを状況に応じて考えて行うこと。
一対一の場面では絶対に逃げないことなどを話し、残りの試合は自分達の試合が出来ていたと思います。
しかし、これから学年が上がるにつれて相手チームのディフェンス、プレッシャーは確実に速くて強くなってくると思います。
そのような相手にもしっかりと自分達のサッカーが出来るように、技術的にも精神的にも成長していく必要があると感じました。

本日は暑い中サポートして頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

2年コーチ 槇山
———————————————-
●Kinderリーグ第5節結果
日時:9月10日(日)
会場:福田第二小学校
コーチ
佐々木、パトリック、佐藤
メンバー
ひろと(C)、あきと、たける、キアン、ひまり、ゆうひ

9月に入り多少は気温も落ち着くかと思った日曜日でしたが猛暑日となり、暑さとの戦いでもありました。

第1試合
VS ハイビレッジFC 2-1勝ち
第2試合
VS 南流山SC 2-1勝ち
第3試合
まちサカSC A 7-0勝ち
第4試合
まちサカSC B 4-1勝ち

4試合全勝!にて終わる事ができた。

選手への指示
・空いているスペースにドリブルすること
・ドリブルしている選手の後ろをフォローすること
・団子状態でただボールを蹴るのではなくボールコントロールすること
・休む(遊ぶ)ことなくみんなが助け合うこと

試合前に各選手よりプレーでの目標を挙げさせ終了後にできたかどうかを確認。
初戦前には「点を5点決める」などの意気込みが多かったが、こなしているうちに
「ボールをキープする」、「取られても取り返す」などの意気込みにも変化があり、
試合前には自分たちでホワイトボードで作戦を練る姿も伺えた。

空いているスペースへのドリブルで自陣ゴール前まで運んでしまい危ない場面もあったが
後方からのフォローもできており、積極的に勝負を仕掛け走り負けない試合ができた。
今までの練習が結果として各選手が実力を発揮し役割を果たし、全勝で終わる事ができた。

執行コーチが審判を努めたため今回の試合は新米コーチ3名にて実施。
試合に望む中、コーチの中で約束事を決めた。
ドリブル!、シュート!、パス!などの選手が萎縮(考えなくなって)してしまうような
コーチングはせず、選手が自ら考えるサッカーをさせよう。
始まる前に具体的な方策を伝え、試合中は極力指示は出さず、終わってから選手に
できたできないを気付かせようと言うものだった。
なかなか難しかったです・・・。

本当に暑い中、選手たちは必死に頑張ってくれました。
今後も基本プレーの習得による選手全体の底上げを図り、元気なフォルテの育成をしていきたいと思います。

朝早くから会場設営など保護者の皆様にはご協力感謝いたします。ありがとうございました。
今後も宜しくお願い致します。

乱筆、乱文失礼いたしました。

報告者:1年佐藤
————-
今回は、選手13名選手、6名、7名の2チームでエントリーしました。
今回初の取組として、選手、コーチ共に課題を持ち、試合に臨みました。
コーチ陣は、試合中の選手に対する動きについて、ノーコーチングでいる事で、選手達が考え、選択する機会を作ろうと実施しました。
選手に関しては、各チームキャプテンを決め、試合前の招集や、選手のみでのミーティングの中心となる様、
また個人として、目標を明確にし、試合前後のミーティング時に確認を行いました。

Aチーム
4戦 3勝1分
対 つくしの 4-2 勝ち
対 まちさかB 2-2 引き分け
対 ペガサス 3-0 勝ち
対 ハイビレッジ 3-1 勝ち

全試合において、選手達全員がボールへ向かい、攻守に全力でチャレンジしているのが良くわかる試合でした。
普段練習の時は、諦める事が多かった選手も、今回の試合では、倒れても自ら立ち上がり、ボールを追いかけていました。
今回、良い試合が出来たのは、個々の技術だけでなく、気持ちが勝っていたからだと思います。
これは、選手達に考える機会を与えた事による成果の一部ではないかと思います。

残念な点としては、ゴールを決める事が出来た選手が、少なかった事です。
しかし、今回の様な気持ちを持ち続ける事で、次回以降、期待出来るのでは無いかと思います。

1年佐々木

kkリーグ④ 2017/07/09(日) 
KKリーグ第4節結果 ⇒★2017フォルテ野田KKリーグ第4節結果

●kidsリーグ第4節結果
まちサカSC B戦 10-0 勝ち
松戸旭SC A戦 4-1 勝ち
つくし野SC B戦 3-0 勝ち
FORZA沼南戦 7-0 勝ち
最近、練習で取り組んでいる相手DFを左右にかわす切り返しを実戦で何処まで使えるのかをテーマとしました。
まだまだ、縦に急いでドリブルを仕掛けてしまう選手が多かったが、積極的に左右に振る選手も見られた。
これからも落ち着いて左右に揺さぶるドリブルをチャレンジさせたいと考えております。
ドリブル軍団を目指す2年生コーチ陣でした。
昨日は朝早くから、また、猛暑のなか大会運営をして頂きました保護者の皆様に感謝申し上げます。

寺田  

●Kinderリーグ第4節結果
猛暑日となった今日、一年生10人、園児2人で2チームで挑みました。

試合結果
チームA
vsつくし野SC 3-1 ○
vsまちさかSCA 5-0 ○
vs南流山SC 6-1 ○
チームB
vsまちさかSCB 6-0 ○
vsFORZA!沼南 4-0 ○
vsペガサスJFC 2-3 ×

今までなかなか勝利することができず苦しんできた一年生チームも練習の成果が出てきた1日になりました。
詳細はパトリックコーチより。

執行
————————–
The day before the game (Saturday), I was told that we would be fielding two
teams on game day (Sunday). I had the challenging
task of dividing the teams. Our top two players usually play with the 2nd grade
team but not on this day, so we were able to compete at full force.
The game day objective was to execute what we had been practicing over the past
few weeks. First, to dribble in the ball
in from the sidelines after the ball goes out the play. Second, to dribble the
ball up ourselves and not rely on our strongest players to do so.
Third, to dribble the ball around congested areas towards an open space.
Fourth, to have our goalkeeper throw the ball to our players on the side of the
pitch, avoiding the center area.
We also pushed our goalkeepers to participate on offense. I believe that an
aggressive team forces positive things to happen.
The players executed today’s objectives very well. Our aggressiveness payed off
as both teams scored more goals than any
other team in the tournament, even while only playing three games compared to
the other teams’ four.
Highlight of the day: Both our kindergarten kids scored goals!

Patrick Frenette

試合の前日(土曜日)に、試合日(日曜日)に2チームを擁立すると言われ、私はチーム分けを頼まれチャレンジしました。
1年生上位2人の選手はいつも2年生のチームに入ってプレーしてましたが、今日は1年生チームに入り戦力が整いました。
今日の目的は、私たちが過去数週間にわたって練習していたことを実行することでした。
まず、サイドラインからのドリブルイン。素早くボールをセットしてドリブルする。
第2に、上手な選手に頼らずボールを自分自身でドリブルする。
第3に、混雑したエリアから周りを見て空いているスペースに向かってドリブルすること。
第4に、ゴールキーパーは真ん中ではなくピッチのサイドのスペースへボールを投球させる。
また、ゴールキーパーは攻撃に参加するよう求めました。
私は積極的な姿勢が良い結果に繋がると信じています。
選手たちは今日の目標を非常にうまく実行しました。
今日の試合数は他のチームが4試合に対してフォルテのチームはそれぞれ3試合しかなくても積極的なプレーが功を奏し
他のチームよりもたくさんのゴールが生まれました。
今日のハイライト:両方の幼稚園の子供たちがゴールを決めました!

パトリック・フレネッテ

和訳:執行
                                                   .

kkリーグ③ 2017/06/11(日) 
8-0まちさか、4-0FORZA沼南、2-1つくし野、10-0南流山 会場 福田第二小学校

vsまちさか 8-0
vsFORZA沼南 4-0
vsつくし野 2-1
vs南流山 10-0

今日の課題はドリブルでサイドから中に切り込む、ドリブルしてる選手の後ろに付きフォローする。でした
全試合通して意識して出来ている場面と出来ていなかった場面が見られましたが、
全選手が積極的にフェイントを使いチャレンジ出来ていました。
また、細くドリブルするか、スペースにドリブルするかの判断も良くなってきました。
次の課題はシュート打つ時に逆サイドに打つ意識付けをしていきたいとおもいます。

今日も暑い中準備、運営、応援ありがとうございました。

だいし

5年イースタンリーグ

2-0ホワイトシャーク、4-1高野山 会場 野田市立岩木小学校

イースタンリーグ 2017/09/03(日)

5年イースタン
岩木小にて18人全員で戦う

ホワイトシャーク 2-0
高野山 4-1
詳細は鈴木、矢形コーチから
******吉原******
—————————————————–
夏休みが終わり、お休みモードから切り替わり台風が去った清々しい今日、19人の選手が岩木小に集まりました。

第一試合
高野山  2-0

課題はボールのつなぎ方、受け方、そして声。
前後半でメンバーを総入れ替えし、相手エリアでの後ろを狙うパス。トップのポストプレー。自陣での回し方など
どれも出し手と受け手の連携が重要だけれども一番は声だ。声がなくては回せない。
試合中、監督、コーチの声が校庭に響く。そのくらい選手間、ベンチから指示があってほしいと思いました。
得点に関してはコーナーからの詰め、左からの突破と個人技での得点でサイドからのクロス攻撃は多かったが点には結びつかなかった。
オーバーや裏をかく所までは何度か良いシーンがあったがマイナスに上がらないとか持ちすぎて奪われるなど個々の課題もわかってきました。

第二試合
ホワイトシャーク  4-1

一試合目と同様にサイドからの展開が多く持ち込む所までは良いがフィニッシュまでいかない。
コーナーから頭で3点、セットプレーなら準備や予測ができている。
それを流れの中でできるように準備し先を読む事(考える事)をミーティングで話した。
最近は監督が試合終了後、自分達だけでミーティングをさせて今日の良かった所、悪かった所を話し合い
改善策を考えさせる事をしている。
7:3くらいで悪いところが多かったようだ。自分たちの中でも良し悪しは把握している。
後は今後の試合前にもそれを自発的に話し合い、ハーフタイムで帰ってくる時も「あの時はこうしよう」「あの場合はこうするから」など、色んな事を話し考えながらやってみよう。

残って審判をしてくださった監督、コーチ。車出しや応援、サポートしてくださった保護者の皆様。
ありがとうございました。

鈴木

****************************************************
イースタンリーグ 2017/07/29(土)
8-0越谷南、7-1彦成FC(フレンドリー) 会場 端沼市民センター
 
今にも降りだしそうな空のもと、14名の選手が集まる。

今日の会場は三郷市の端沼市民センター。
実はこの市民センター、元は小学校。しかもなんと本日帯同したコーチの母校だそうで。なんという巡り合わせ。

本日は順位に絡む試合を一つとフレンドリーを一つ。
明日の2ブロックを見据え、良い試合としたい。

Vs.越谷南 8-0
Vs.彦成FC 7-1(フレンドリー)

楽しい夏休みに入った選手たち。
どうも遊び気分が切り替え出来ない。

アップから気持ちが入りきらず、締まらない。
結果は得点も多く、内容もコンビネーションプレーやボールをつなぐことをチャレンジし良いところも多かったが、
ピッチとベンチの一体感が無かった。
サポート頂いたコーチからもアドバイスをもらったが、闘っているのはピッチの選手だけだろうか?
もしかしたら、コーチ陣のベンチワークが足りなかったか。
私も含めコーチ陣は本日のゲームを振り返り、明日の2ブロックへ活かそう!
チャレンジする選手を見習い、コーチもチャレンジしなければならない。

保護者の皆さん。
本日も小雨が降るなか、サポート、応援とありがとうございました。
對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

詳細は小川コーチから。

谷津
——————
7月29日 5年イースタン
瑞沼市民センター

vs 越谷南 8-0
vs 彦成 7-1 フレンドリー

気温はそれほど高くはないが湿度が高く蒸し暑い。雨が降ったり止んだりの天気の中14人の選手で戦った。
今日のテーマは「顔を出す」「つなぐ」「さぼらない」それを選手が強く意識する為にプリントにして選手に配られた。
2試合通じて最近の練習で力を入れているコンビネーションプレイ「ワンツー」「オーバーラップ」が
とても多く見られオーバーした選手がセンタリングを上げそれを見事に合わせ得点したシーンが何回かあり素晴らしかった。
しかしパスミスも多かった事は反省しなければならない。
これからチームとしてレベルアップしていく為には「つなぐ」でななく「確実につなぐ」意識を持ってプレイしていかなくてはいけない!
1本のパスミスから失点に繋がらないように出し手と受け手のコミニケーションがとても大切になってくる。
オフザボールの時どれだけサボらずにオンザボールの選手に関わる動きをするかが大事。
今日は特にトップの選手が前線から早いプレッシャーをかけ相手のバッグパスにも全力で追いかけていた事で得点に繋がった。
最後まで諦めないでプレイする姿は良かったです。

2試合目はフレンドリーだからといって全く声を出せなかったベンチ陣。
フレンドリーだから手を抜く?
公式戦だから本気を出す?
どんなポジション、練習、試合でも全力でプレイしてほしい!
明日は2ブロック予選全勝で決勝トーナメントに進める様頑張ろう!

サポートして下さった對馬コーチ本当にありがとうございました。
保護者の皆様車出し、応援ありがとうございました。明日も宜しくお願いします。

小川

イースタンリーグ 2017/07/22(土) 
2-0彦成FC、1-2エンデバー、4-2草加住吉 会場 七光台小学校

七光台小学校に14名の選手が集まる。
また暑い夏がやって来た。来月には夏合宿が控えている。
体力をつけたい夏。
苦しくても、チャレンジをわすれないでほしい。
最近のテーマ『繋ぐ』
繋ぐとは、ボールを渡すことだろうか?渡したことでゲームが何か変わっただろうか?
本能から脱皮する為に、頭に汗をかく選手たち。
頑張れ。チャレンジを忘れるな。
Vs,彦成FC
2‐0
Vs,エンデバー
1‐2
Vs,草加住吉
4‐2

第三試合で素晴らしいゴールが生まれた。
19期生では一番新人の選手。ゴール前で目が覚めるような鮮やかなゴール。
このゴールが自信になったのか、どんどんとボールに絡むようになった。
彼のお陰でチームに力が溢れてきた。
やはりこのチームはまだまだ上に行ける。そう、選手たち、コーチを目覚めさせてくれるシュートだった。
今日、間違いなくがむしゃらな頼もしいストライカーが生まれた。

保護者の皆さん、本日も暑いなかサポートと応援、ありがとうございました。

飯塚監督、仕事の合間の激励、ありがとうございました。

詳細は関谷コーチから。

谷津
————-
30℃を超える猛暑の中、元気な14人の選手たちが集まる。
先週に引き続き、イースタンリーグの公式戦。先週の課題を振り返り、「つなぐ」をテーマに予選リーグ2試合に挑んだ。

彦成FC戦。試合序盤から相手選手が真ん中に集まる。それにつられた選手が多く、テーマを意識したプレーができない。
前半中盤から監督・コーチの声を意識できた選手が、中から外への連携プレーから何度もシュートチャンスがあったが、
綺麗にゴールから嫌われる。
しかし、それから試合の雰囲気が変わった。DFからのロングキックを左MFが綺麗なトラップからのドリブル、
キーパーの動きをよく見たシュート。
ようやく欲しかった先制点。それからフォルテペースで試合を展開した。
追加点は右MFからFWへスルーパスでゴールにつなげて前半終了。追加点を狙いたい後半。
左MFからDFへ下げてロングキックのスルーパスをまたMFが駆け込み、鋭いシュートもあった。
更に、相手に攻め込まれる場面もあったが、DFのポジショニングと連携効果により助けられた。
後半は終始フォルテペースで無失点で試合終了。

エンデバー戦。日中の暑さもあり、選手たちを意識づけ士気を高めた。
前半から「つなぐ」意識を持ち、中から外、外から中と横への連携プレーがつながるも決定打に欠ける。
その後は、MFとDFの連携ミスにより連続で失点してしまう。
立て直すため、ようやく左からのカウンターでGKと1対1に持ち込んだが得点につながらない。
試合終盤にFKのチャンス。3枚の壁とGKを突き破る強烈なシュートでゴールした。
フォルテのゴールはこの1点のまま試合終了。

暑い中、サポートして頂きました保護者の皆さま、ありがとうございました。
また、監督・コーチの皆さまもお疲れさまでした。
選手・保護者・監督コーチ、三位一体で挑戦しよう!!

5年 関谷

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/07/16(日) 
3-0高野山 会場 福田第二小学校                   

梅雨にも関わらず真夏の空気を感じさせる福ニ小学校。
ホワイトシャークさん、高野山さんをお迎えしてのイースタンリーグが開催されました。

対ホワイトシャーク 6-0 フレンドリー

対高野山 3-0 公式戦

トレーニングマッチ 20分
対ホワイトシャーク 1-1
対高野山 2-2
対ホワイトシャーク 2-0
対高野山 2-0

猛暑の中、本日も18人の全員サッカーで1日を戦い抜きました。

第一試合のホワイトシャーク戦
相手陣地に押し込む時間帯が多く、試合には勝利しましたが、コンビネーションを意識したプレーがなかなか見られず、
課題が浮き彫りになった試合でした。
ゲーム中、ボールを触っている時間はほとんどない、だからこそ如何にボールに関わるかを選手達と話し合いました。
コンビネーションで大切なのは?という質問に対し、ボールを呼ぶ声、スペースでボールを受ける準備、
ボールの出し手の判断、相手をちゃんと見る。
まだまだたどたどしい回答でしたが、選手達からはそのような答えが返ってきたと思います。
コーチからは、プレー1つ1つに正解はない。重要なのは、どういう判断でそのプレーをしたかを
自信を持って言えることだとコーチングし、次の試合に送り出しました。

第二試合の高野山戦
試合開始から少しずつコンビネーションを意識する選手達。開始30秒、右サイドバックからのオーパーラップで良い形ができる。
このまま、コンビネーションから得点につなげたいところだが、2分15秒ミドルシュートからのこぼれ球を詰めきれず、得点には至らない。
一試合目からのもう一つの課題であるシュートの正確性と詰めの甘さが露呈してしまった。
相手チームのベンチに目をやると、監督、コーチの姿が見られない。
選手自らが、時計を持ち、ノートに記録をつけながら、ピッチで戦う選手達に大きな声で指示と声援を送っているのだ。
相手チームのベンチとピッチの選手達の声に圧倒されて、徐々に相手のペースとなってしまう。
危ないシーンがいくつもあったが、前半終了間際、センターバック自らがドリブルでペナルティーエリアにボールを持ち込み
執念の先制ゴールを決める。
選手を総入れ替えしての後半戦。ベンチもピッチも相手に声で負けないことを確認し、選手達を送り出した。
開始早々から、フォルテベンチの選手から大きな声援が飛ぶ。
ピッチの選手達も負けてはいない。相手チームを声で圧倒し、徐々にフォルテのペースへ。
見事な左からのクロスにフォワードが上手く合わせて追加点。更にコーナーキックを押し込み3点目。
その後いくつもゴールのチャンスがあったが、相手キーパーのナイスセービングに阻まれ試合終了。
今回の試合を通し、選手達がお互いに大きな声でコーチングし合う事の重要性を少しでも学んでくれれば、収穫である。
その後、ワンツーのコンビネーションをテーマに、トレーニングマッチを4本行いました。
将来のフォルテを担う若い選手達も参加し、彼らのファイト溢れるチャレンジに選手達も大いに感化された事だと思います。

保護者の方々、本日も早朝より準備と応援にご尽力いただき本当にありがとうございました。
この後、まだまだ試合が続きますので、選手達への応援よろしくお願い申し上げます。
5年矢形

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/07/09(日)
3-0ホワイトシャーク、1-1草加住吉 会場 しらこばと第二グランド

熱中症予報が出ているほど暑くなってきた。夏合宿へ向けて、暑さに慣れるよう、厳しいがコーチから激が飛ぶなか、選手たちは頑張った。

今日は慣れたポジション以外にも、経験の為に違うポジションも経験させた。

Vs.ホワイトシャーク 3-0
Vs.草加住吉 1-1

保護者の皆さん、暑いなか、サポートと応援ありがとうございました。
コーチの皆さんもお疲れ様でした。

詳細は梅澤コーチから。

谷津
—————–
 
炎天下の中、13時10分に15人のメンバーが集合して、しらこばとへと移動した。
1試合目の対ホワイトシャーク戦は20分ハーフでクーリングブレイクを採用して実施した。
今日の試合もフォルテは基本前後半総入れ替えの全員サッカーで望んだ。
さんざん押し込むも、なかなか良い形でフィニッシュ出来ず時々押し込まれ危ないシーンもあったが、
中盤で相手ボールを奪って先制した。後半はほぼ相手陣地でボールを支配して2点を取り
3-0で勝利するが声が出ておらず課題は沢山であった。

2試合目の草加住吉戦は、1試合目の同じ相手(ホワイトシャーク)に8-0で勝利してフォルテ戦に望んで来て気合いも十分であった。
前半は0-0で折り返し、後半の立ち上がりにやや差し込まれディフェンスが対応にもたついたところを先制された。
飲水タイム明けにコーナーキックから1点取り返しその後さんざん押せ押せとなるもチャンスを生かしきれず引き分けとなった。
最後の最後にベンチからも声が上がり全員サッカーの雰囲気となるもまだまだ課題は大きいゲーム内容であった。
この夏のテーマをしっかりと設定して望まなければいけないとスタッフ一同考えているところです。
炎天下の中を引率および熱中症対策のタオルや飲み物タープの設営などご協力いただいた保護者の皆様本当にありがとうございました。
来週以降も試合等続きます。どうぞよろしくお願いします。

梅澤

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/05/28(土) 
2-2エンデバー、2-1八潮メッツ、1-1草加住吉(フレンドリー)会場 尾崎小学校

5/28尾崎小にて、イースタン3試合を行いました。選手16名が参加。
3試合とも先に点をとられる展開でしたが、負けませんでした。
ポゼッションにこだわりを持たせ、オフザボールの動き、ポストプレー、ギャップにパスを通すなど、
今練習していることにチャレンジすることが、今日の課題です。

①vsエンデバー2-2引き分け
前半はGKのミスとDFの対応の遅れで2失点。
後半、ようやく数本のバスが繋がるようになり、右サイドの崩しから、MFの飛び出し、
ドリブル突破がきれいに決まり、得点。
さらに、縦横のバスワークから左サイドがフリーでシュート、こぼれ球をつめて同点。残り10分で追いつきました。

②vs草加住吉1-1引き分け(フレンドリー)
1試合目から先発全員を入れ替え、交代なしでやりました。
前半に1失点したが、つなぐ意識はあり、チャンスもあった。
後半ハーブウェイからMFが積極的にドリブルで持ち込み、そのままゴール。
さらにビッグチャンスもあったが生かせず、試合終了。

③vs八潮メッツ2-1勝ち
①②のメンバーを組み替えて、前後半総入れ替えで行う。
前半、右サイドをドリブルで崩され、カバーも遅れ、失点。PKのチャンスも逃し、後半へ。
2得点はCFのスピードによる突破だが、高い位置でのDFやCBのカバーリング、DFラインでのサイドチェンジなど、
良いプレーが多く見られました。
難しい課題で取り組ませていますが、最後まで逃げるプレーをせずにチャレンジしていたことは、評価できます。
ファーストタッチやボールを失わない体の使い方を覚えましょう。

今日は昨日の運動会に続き、1日の活動になり、また夏の暑さもあり、大変だったと思いますが、
保護者の大きな声援が選手を後押ししていました。
野口コーチには、レフェリー2試合お願いしました。
ありがとうございました。来週は市内大会です。2チームで出場の5年生には、のびのびとプレーしてもらいたいです。

5年槇山

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/05/06(土)
2-0上沖サッカー 会場 しらこばと第二グランド
5月6日イースタンリーグ(草加住吉提供)_結果

ゴールデンウィークも残すところ後2日。14名の笑顔が集まる。
先週と同じしらこばと第二グランド。
本日は野田市から出発する時点で、既に25度を超え30度に届きそうだ。
朝の天気予報では7月の夏日の陽気になるそうだ。
まだまだ暑さに慣れていないこの時期、熱中症に注意しなければならない。
本日は暑さに負け、だらけてしまうので、しっかりとゲームを行い、チャレンジすること。
そして、先週からも取り組んでいる、狙ってパスをだし繋ぐこと。
シュートはコースを狙い決める?
しかし、枠に嫌われ、先週同様に何本もバーを超えて行った。
パスももっと質にこだわり、出して受けてのポジショニングを考えなければならない。
しっかり練習しよう? 

Vs.上沖サッカー 2-0
Vs.住吉サッカー 3-2(フレンドリー)
Vs.上沖サッカー 0-0(フレンドリー)

詳細は関谷コーチから。
保護者の皆さん、本日も応援と車出し、予想以上に暑いなか、ありがとうございました。
本日参加の選手は慣れない暑いなか、頑張りました。
ゆっくりと休ませてあげて下さい。

コーチの皆さんもお疲れ様でした。

谷津
—————–
25℃を超える暑い中、元気な14人の選手たちが集まる。
先週に引き続き、イースタンリーグの公式戦のため、いつもの試合より長い20分ハーフで予選リーグ1試合に挑んだ。
「チャレンジする」「つなぐパス」をテーマに戦った。

上沖戦(公式戦)。相手が真ん中に集まる中、テーマを意識したプレーが多くできている。
中から外への連携プレーから何度もシュートチャンスがあったが、綺麗にゴールから嫌われる。
気持ちを切り替えた後半。燻っていた得点チャンスが左の攻めから到来。
DFからロングのスルーパスをMFが駆け込み、鋭いシュートでようやく先制点。
更に、相手DFと競り合いながらのFWの粘り強いゴールで追加点。相手に攻め込まれる場面もあったが、
DFのポジショニングと連携効果により助けられた。
それからは立て直し、無失点で勝利した。
終始フォルテペースで試合は展開していたが、決定力に欠ける部分もあり、あと2、3点は取れていたかもしれない。
ただ、テーマを意識した選手たちもいて賢明さは伺えた。保護者とベンチからの応援も
選手たちの支えとなった試合だった。

住吉戦(フレンドリーマッチ)。
公式戦後に日中の暑さもあり、選手たちを意識づけ士気を高めた。
前半から中から外、外から中と横への連携プレーがつながるも決定打に欠ける。
ようやく左からのカウンターでGKと1対1に持ち込み強烈なシュートで先制。
その後は、MFからDFの連携ミスにより失点。終盤、試合展開がシーソーゲームの中、ひとりの選手が締めた。
DFからつなぐパスで左からMFへ良い形で展開。そのままセンタリングをワントラップからの豪快なシュートで決めた。
初めて試合で決めたゴールが、勝利を決める記念すべきゴールとなった。

暑い中、サポートして頂きました保護者の皆さま、ありがとうございました。
また、監督・コーチの皆さまもお疲れさまでした。

イースタンリーグが始まりました!
選手・保護者・監督コーチ、三位一体で挑戦しよう!!

5年 関谷

*******************************************************
イースタンリーグ①開幕戦 2017/04/30(日)
6-1越谷南、4-1住吉サッカー 会場 しらこばと第二グランド

少し日射しがきついが、良いサッカー日和となった。4月最後の日曜日。
17名の選手が集まる。

Vs.越谷南 6-1
Vs.住吉サッカー 4-1

イースタンリーグの初戦。
隣には公営のきれいなスタンド付のサッカーコートが見える。
得点は狙って奪えた点もあったが、
運で?たまたま奪えた点のほうが多かった。
次のプレーを考え、狙いをもってプレーすれば、もっと落ち着いてプレーが出来るハズ。
失点はちょっとしたミスから与えてしまった。
来週もイースタンリーグが組まれています。しっかりと練習を活かしチャレンジしよう!
保護者の皆さん、応援と車出し、暑いなか、ありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチから。

谷津
——————–
今年で30周年を迎えるイースタンリーグ。参加チームも38チームと増え、レギュレーションが変更された。
全チームを4つのブロックに分け、ホーム&アウェイ方式で予選リーグを闘うのである。
フォルテは、10チームが揃うBブロック。12月までに公式戦18試合をこなすこととなる。
初夏の日差しがまぶしい、しらこばとグランド。元気なフォルテ17名。晴天の中、開幕戦2試合が行われた。

対 越谷南 6-1
対 草加住吉 4-1

本日のテーマは、ボールを失わず繋ぐこと。5年生になってから、本格的に取り組み始めたテーマである。
1試合目、2試合目共に、ディフェンスラインでボールを回し、前線の選手にボールを送ることを試みるが、
サイドバックの位置どりに課題があり、ボールが上手く繋がらない。
自陣でセンターバックがボールを持ったら斜め後ろまで開くことが一つのセオリーである。
サイドバックは斜め後ろまで開くことで、ボールを受けやすくなると共に、中盤にスペースができ、
ミッドフィルダーがそこにボールを呼び込むことができる。
この辺りの連動がなかなかできないのは、選手全員が次のプレー、次の次のプレーをイメージしきれていないところに
原因があると思う。
『サッカーのプレーは、常に連続しており、誰一人休むことはあり得ない。サッカーは、疲れるのが当たり前のスポーツだ。』
という前日の練習でのあるコーチの言葉を選手達は、常に心に刻み続けて欲しい。

両試合共、前半、後半で選手を総入れ替えし、本日のテーマに全選手が取り組んだ。
ボールの呼び込み方、トラップの方向、パスの出し方、ポジショニング、選手達のプレー1つ1つに
ベンチから真剣なコーチングがなされる。
それにひた向きに応え、修正しようという取り組みが少し垣間見れたのは、選手達の成長の証である。
来週もイースタンリーグの試合が開催されます。
今回の試合で失敗したこと、学んだことを、是非次の試合で活かし、自分の成長に挑み続けて欲しいと思います。

暑い日差しが照りつける中、本日も早朝より、選手達の送迎、準備、応援とご尽力いただいた保護者の方々、
本当にありがとうございました。
確実に成長しているフォルテ5年生です。これからも、是非、温かく、元気な応援をお願いできればと思います。

5年矢形

3年2B決勝トーナメント①

3-0ラビットキッカーズホワイト、4-4(PK3-2)松戸旭 会場 野田市スポーツ公園

3年2B決勝トーナメント① 2017/09/03(日)

3年 2B決勝トーナメント結果
対 ラビットキッカーズホワイト
3:0 勝ち
準々決勝
対 松戸旭
4:4 PK 3:2 勝ち
ベスト4
県大会へ出場
詳細は、後程

サポート頂きました、小西監督、井上監督、染谷助監督、国生コーチ有難うございました。
保護者の皆様
朝早くからご協力有難うございました。
9/17(日)も宜しくお願いします。

近内
————————–
2ブロック決勝トーナメント
一回戦
vs ラビットキッカーズホワイト (3-0,0-0) 3-0
準々決勝
vs 松戸旭SC (3-1,1-3) 4-4 ,PK3-2

ベスト4進出

2ブロック決勝トーナメント
各予選リーグを勝ち進んできた決勝トーナメント、2-4-1のフォーメションで挑む。試合前のミーティングではポジショニングでの役割を説明。
自分がどの位置に居るか。周りが見えてない仲間が居れば、声を出して教えてあげる。
サイドからの展開では、大きく広がった状態でパスを貰う。そして攻守の切り替えでの判断をする。

一回戦
vs ラビットキッカーズホワイト
前半からフォルテペースで試合が流れた。サイドを使いながらの攻撃は凄く、中からの声も有りチャンスの場面をいくつか作れた。
先制点あげ、立て続けに追加点もあげられて前半で3-0。
後半は主力メンバーを入れ替え、やる事は前半戦と一緒と伝える。サイドからの展開は出来ている。
後半多く見られたのはファーストタッチのミス。せっかく良いパスが来ても最初のタッチが出来ないと次の動きが出来ない。
いくつかのチャンスもゴールに結び付かず、後半は0-0のまま試合終了…
結果は3-0 勝利

準々決勝
vs 松戸旭SC
KKリーグでも対戦しているチーム。福田招待サッカー大会では一度、決勝トーナメントの準決勝で敗退し悔しい思いをした試合でした。
初戦同様フォーメション2-4-1。
サイドからの攻撃を意識するように。相手をフリーにさせない。プレスの徹底。
前半からサイドを展開にフォルテペース。左右からの攻撃も出来ている。先制点からの追加点も出来てる。
一失点されるも、更に追加点をあげ、前半を3-1で折り返す。
後半は頭から主力を休ませ温存。後半立ち上がり、松戸旭の攻撃が一気にきた。
フォルテも体を張ってボールを奪いに行くが、攻撃に進めない。
松戸旭もサイドからの攻撃をしてきた。前半のフォルテの展開を逆にやられた感じた。
フォルテも攻撃に行くが直ぐに中盤でボールを奪われる。そして後半失点を与えてしまった。スコア3-2。
更にサイドからの展開でDF陣が崩され、同点弾を与えてしまい。スコア3-3同点。主力をピッチへ送り出し見事に的中。
サイドから攻撃で得意なドリブルからのシュートで4点目をあげ突き放す。
アディショナルタイム1分と告げられる。選手達から、負けたくない気持ちが出てしまい。守りに入ってしまった。
「点を取りに行くぞ!」と言う声より「守りきるぞ!」と言う声が出てしまった選手達。
間違ってはいないが、点を取る姿勢が欲しかった。松戸旭もフォルテが引いた所を狙われ怒濤の攻撃。
最後はクリアボールが出来ず、ボールを奪われシュートを打たれて4失点目を与えてしまった。スコア4-4。
その瞬間試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
でも選手達の目は、まだ終わっていない。ベンチ際で3人のメンバーがPKの順番を告げられる。先行は松戸旭からだ。
1人目、フォルテのGKがナイスセーブで1人目を止めてくれた。
その勢いでフォルテの1人目が決め、2人目、3人目と決めてくれてPKを制覇。見事、ベスト4進出!
vs 松戸旭 (3-1,1-3)4-4 PK3-2

ヒヤリとさせた試合でしたが、見事に選手達が頑張ってくれました。
今回の試合では全員の声が出てて、サイドからの展開が多く見られた事が凄く良かったと思いました。
課題としてはファーストタッチの精度を上げる事。
ボール(ドリブル)を持って良い場所と簡単にボールをはたく場所(技術)を教えて行きたいと思います。
保護者の方々、帯同してくれたコーチの方々、沢山の応援サポート本当に有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

***************************************************
3年2B予選 2017/07/02(日) 
4-0初石少年SCレッド、7-0まつひだいSC、7-0つくしSC 会場 福田第二小学校
全試合結果⇒0702結果

昨日は、雨で急遽練習会場を中里グランドに変更し、2B予選のメンバーの発表と2B予選に向けて打合せしていると
雨も止み前日練習をして、今日の試合に挑む。
本日の天候は曇り、試合をするにはベストな状況だ。
3年生初の公式戦で選手達のモチベーションは、グッド。
試合前のミーティングで、
 周り状況を見て、声を掛け合う事。
 プレッシャーを掛けて、厳しい当たる事。
 試合を楽しんでくる事。
を話して1試合目に挑む。
対 初石少年SC レッド
4-0 勝ち

第2試合から、天候が変わり気温も30℃を超える。

50分休んでからの2試合目
試合前のミーティング
すべき事は、同じ。
選手達のモチベーションを上げて試合に挑む。
対 まつひだいSC
7-0 勝ち

第3試合、50分休んでの最終戦。
今日の試合も無失点で終わらせると、選手達のモチベーションを上げて挑む。
対 つくしSC
7-0 勝ち

2B-5bブロック予選結果
1位 フォルテ
2位 初石少年SC レッド
3位 つくしSC
4位 まつひだいSC

予選1位抜けでトーナメント進出。

保護者の皆様
本日は、朝早くから会場設営準備、主管対応のご協力有難うございました。
これから、宜しくお願いします。

井上監督、野口コーチ、染谷助監督
主管対応、審判の協力 本当に有難うございました。
近内
———————————
2ブロック大会 予選リーグ5b
vs 初石少年SCレッド 4-0
vs まつひだいSC 7-0
vs つくしSC 7-0

2ブロック大会 5b予選リーグ 1位通過

1試合目
vs 初石少年SCレッド
全体的にバランスの取り方がしっかり出来ている。ドリブルしてる選手のサポートがもっとして欲しい。
初戦にしては凄く良かったと思いました。。
結果4-0

2試合目
vs まつひだいSC
この試合もバランスが取れてサイドからの攻撃が出来た。
ただセンターリングのボールに対し慌ててシュートをする事が多くゴールに結び付かない。
ゴールを大事するのは勿論の事。周りの声で「フリーだよ!落ち着いて!」の声掛けが出来ればもっとゴールが出来たと思います。
オフサイドも多数見られた。課題の一つである。
結果7-0

3試合目
vs つくしSC
パスサッカーで来る相手チームに対しプレスをテーマにしたフォルテは上手くボールを奪う事が出来た。
CKが多かった試合だったが後ろから走り込みでのゴールが 良かった。
サイド攻撃も最後はゴールが奪えるようになった。凄く良かった試合でした。
結果7-0

今回は3試合共相手チームの団子サッカーが多く見られ。バランスの取れたフォルテはサイド攻撃での展開は本当に良かったと思いました。
ただ課題としてはオフサイドにならない為の動き出し、貰い方を教えたいと思います。
全大会は未だ無失点は本当に素晴らしい事だと思います。今後の子供達の成長が楽しみです。

保護者の方々暑い中沢山の応援サポート有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

6年習志野招待予選2次トーナメント

0-1高島平SC 会場 習志野市立谷津南小学校      .

習志野招待2次トーナメント 2017/09/02(土) 
0-1高島平SC 会場 習志野市立谷津南小学校

朝、雨が降り続く中開催の連絡が取れ市役所に集合した選手達はピッチに向かって出発した。
到着すると予想を覆し雨もほぼ降っておらず、グランドコンディションも申し分無し。
気温も低めで選手達にとってはありがたい気候だ。

相手が強敵ということもありアップの時点から選手達の間には緊張が走る。
合宿明けからコンディションを上げ続けているチーム状態なので監督、コーチも良いプレーを期待しピッチに送り出す。

前半、お互いに流れを掴みたい為、中盤でのペースの取り合いが続く。
両者の実力が均衡してか決定機が作れず前半を折り返す。

後半に入っても中盤でのペースの奪い合いが更に熱を帯びピッチがスピードを増した。
今日もFWの早いプレスが効き相手も攻め辛そうにしてる。
均衡が破れたのは後半中頃相手のシュートに対しコースに入り体をはった選手の手にボールが当たってしまった。
場所はエリア内!PKとなってしまった。
失点となるが選手達は変わらず相手ゴールを全力で目指す。
一歩届かずタイムアップ。

本日の選手達は合宿から続いている好調を存分に表現してくれました。
あとは、ボールを奪ってからの選択肢を増やすなど新たな課題が生まれてよかったと思います。

本日は、雨の中ご協力いただきました父兄の皆様、高島平SC様ありがとうございました。
選手達はまた成長できたと思います。
明日も遠征ですが引き続きよろしくお願いします。

6年コーチ 戸張

****************************************************
習志野招待予選1次リーグ 2017/08/20(日) 
2-0若松エルフSC、0-0鷺沼FC(PK4-3) 会場 習志野市立秋津小学校

2017年8月20日 曇り一時晴れ 気温28度
会場:習志野市立秋津小学校

習志野招待 予選1次リーグ

夏季合宿も無事に終え、お盆休暇明けの8/20、毎年恒例の習志野招待に参加させて頂きました。

初戦が第一試合という事と移動距離も考慮し
5:45の集合あきらかに寝起き状態の選手も数名いましたが、遅刻もなく市役所を出発しました。

第一試合

VS 若松エルフSC
2-0 勝ち

久々の11人制という事もあるのかポジション間の距離とタイミングがつかめず団子状態のサッカーに・・・
前線からのチェックも甘く、ミスも多い。
中盤でのセカンドボールもことごとく拾われ相手のペースに・・・

スコアこそ2-0ですが押し込まれる時間が多くチームの課題が目立ったゲームとなりました。

第二試合

VS 鷺沼FC
0-0

PK 4-3 勝ち

1試合目の反省点をミーティングで再確認し2試合目に臨みます。
初戦で2名のメンバーが怪我で離脱、普段キーパーを務める選手もフィールドで先発出場し11人ちょうどで試合に臨みます。

11人制にも慣れてきたのか選手間の距離も保たれうまくスペースを使い展開もスムーズになってきました。
個人技で押してくるチームを相手に前線からのチェックと中盤で挟み込みこぼれ球も体を寄せて拾い、
初戦とは違う気持ちの入ったプレーを見せてくれました。

何度かピンチを招きましたが内容は互角のゲームとなり前後半をスコアレスのドローで勝負はPK戦へ

フォルテは1,2番が枠外へ失敗しましたが
フォルテGKが1,2本目をビックセーブで0-0のタイに残り3本は両チームとも決めて3-3
フォルテ6人目はキーパーが自ら決めて4-3
最後の相手キッカーをまたもやフォルテキーパーがセーブし勝利となりました。

この日の主役となったキーパーは合宿から好調でしたが今日もフィールドでも得点を決めるなど大活躍。
真面目な選手でライバル達の台頭で悩んでいた時期もありましたが、地道にしっかり取り組んできた成果が最近出てきていると思います。

この勢いをそのままに2次リーグもがんばりましょう!

保護者のみなさん
今日も早朝から帯同やチームのフォローにご協力ありがとうございました。
来週から暑さも戻るとの予報もあり、何かとお願いする事も多いかと思いますがよろしくお願いします。

6年担当 中村

4年東葛予選②

2-0Forza!沼南 会場 松戸市立旭小学校                       .

4年東葛予選② 2017/09/02(土) 

4年生 東葛大会予選 2日目

予選最終1試合のみ

会場 松戸市立旭小学校
14時キックオフ
vs Forza!沼南

2-0 勝ち

フォルテ4年生 合宿以降 調子が上がり本日も勝つ事が出来ました。
試合詳細は、後ほど国生より

4年コーチ 国生
————————————
4年生 東葛大会予選 2日目 が松戸旭小学校にてありました。
午前中の大雨で、開催が心配されましたが主管の松戸旭さんより開催の連絡を受けて、
フォルテ4年生6人(1名休み)+3年生6人で、野田市を12時に出発。
出発時には、午前中の大雨が嘘のような晴天になり蒸し暑くなりそうな予感がしました。

会場到着してグランドが心配でしたが、とても水はけの良いグランドで水溜りなどもない良いグランドコンディション。

試合前のアップには、先週から始めている選手のみでやる動的アップ?をキャプテン中心にやるが、
まだまだ出来ないので、監督コーチからのアドバイスがありながら何とか身体を動かした。
強いチーム?クラブチーム?などは、選手達だけで声を出ししっかりとアップをしている。
フォルテ4年生も徐々に出来るように挑戦しています。

試合前のアップで、4年東葛大会は11人制の為、団子サッカーになりがちなので、
コートを広く使う為にもロングキックが必要なので、ボールを落としてからのロングキックの練習をしました。

試合前のミーティングにて、スタメン発表元気一杯の返事に期待が持てる。
自分からは、先日の日本代表の試合の事を話して、前線から激しくプレスを掛けて、他選手が連動、ショートカウンター。
カテゴリーは全然違うがフォルテの戦いも見習って欲しい。
3年コーチより声掛けのアドバイスが出発前にあり、4年生は先日の合宿最終日から見違えるように
アップの時点からの掛け声でチームを盛り上げる事が出来ている。
本日、一緒に参加の3年メンバーも何かを感じて、それを3年生チームに戻ってもやって貰いたい。

14時キックオフ
vs Forza!沼南

試合開始から身体を当てて激しくプレスを掛けられている。
相手チームも負けずにボールをキープ。
一進一退のスタート。
フォルテは、その中でもサイドのウイングバックの選手を上手く使いサイド攻撃が時折出来て、
サイドからのセンターリングや、サイドからドリブル突破でコーナーキックを奪うなど、
徐々にフォルテペースになって行く。
フォルテペースの間に先制点が欲しい。
前半中盤に、調子の良いフォルテ右サイド攻撃からペナルティエリアへのセンターリングから得点を狙うが
相手選手の身体を張ったディフェンスに押し返されたボールに、
いち早く反応した左ウイングバックの選手が右足を振り抜く。
ゴール前混戦する選手、ゴールキーパーの頭上を超えてゴールに突き刺す。
素晴らしいミドルシュート。
この選手は、合宿から両足付け根の痛みで思うようにプレー出来ずに、苦しい試合が続く中、
本日、自身のストロングポイントでもある「キック力」での素晴らしいミドルシュート。
最高の笑顔に全選手が集まり祝福のハイタッチ。
気を引き締めて試合再開。
3センターバックの安定した守備と、3年生中盤の選手の運動量も落ちずにプレスをかけ続ける。
しかし、相手チームも真剣にゴールを目指す中、一瞬のすきを付かれてシュートを打たれる。
ゴールの枠を捉えたシュートにフォルテゴールキーパーの横っ飛び。
ファインセーブ。
素晴らしい。本当に素晴らしい。合宿MVPの選手が素晴らしい成長したが、
実は、このゴールキーパーも2番目のMVP候補でした。
スーパーセーブをしても感情を出さないが、ここ最近の4年 声出しなどもゴールキーパーとしてしっかりと
声を出せるようになり、前への飛び出し。横への反応も良くなって来ている。
このファインセーブで、フォルテの集中力も途切れる事無く前半終了。
後半に向けて監督コーチよりアドバイス。
自分からは、また先日の日本代表の試合で追加点を決めた井手口選手の話をしてフォルテから、
誰が井手口選手になれるか?と葉っぱを掛けて、前半勢いのまま後半戦に挑む。

相手チームも必死に得点を狙って攻撃を仕掛けて来るが、フォルテ選手一人一人が守備の意識を忘れずに良い守備から
攻撃への切り替えが出来ている。
そこから3年中盤の選手が左サイドを突破、中央に駆け込む選手もボールを呼ぶ素晴らしい声出し。
センターリングか?と思った瞬間、相手センターバックをフェイント(ストップ&ダッシュ?)にて交わして
キーパーと1体1。
冷静にシュートで得点。
フォルテの井手口選手に名乗りをあげた。
しかし、この選手。この後のプレーで守備の意識を忘れ(体力不足?)守備をさぼるようになり選手交代(笑)
2-0になりフォルテの攻撃の勢いが付くが本日のフォルテ守備陣の冷静な判断(いつもは俺もゴールしたいとみんなで攻撃?)
で良く守る。
後半も一度だけ相手チームの素晴らしいシュートに、本日2度目のビックセーブ。
フォルテゴールキーパーの2本のファインセーブは、この試合の流れを完全にフォルテペースにする素晴らしいプレーでした。
後半も、様々な選手を入れ替え、給水させながらアドバイス後、違う選手と交代、
給水アドバイスで選手の負担を軽くさせながら試合終了。

vs? Forza!沼南

0-2 勝ち

フォルテ4年生 東葛大会予選が終了しました。
結果としては、1勝2敗
4チーム中3位 予選敗退
フォルテ4年生は、3年生の時は東葛大会決勝トーナメント進出、ベスト16の素晴らしい結果を出していただけに
本当に悔しい結果になりましたが、これからの成長で5年生6年生で更に上を目指して行きたいと思います。

主管の松戸旭sc様 会場設営、試合調整、ありがとうございました。

フォルテ保護者(3年4年)、監督コーチ、本日もサポート、応援ありがとうございました。
本日の試合は、選手の素晴らしいプレーで試合に勝つ事が出来ました。
帰り道も楽しく帰れたと思います。
是非、自宅に帰ったメンバーに本日の良かったプレーの事を聴いてあげてください。
本人達は、ダメだった所は自分達でわかっています。
良かった事を聴いてあげる事で、どんどん話をしてくれるようになり、
嬉しくなってもっとサッカーが楽しくなると思いますので、どんどん褒めて褒めて褒め殺しで伸ばして行きましょう。

ありがとうございました。

フォルテ4年コーチ 国生

****************************************************
4年東葛予選① 2017/07/17(月)海の日 
1-2高柳FC柏、2-3松戸旭 会場 松戸旭小学校

本日も連日の暑さ同様に蒸し暑い日中の試合に、4年 6人 と 3年 7人 のフォルテ13名で試合に挑みました。

まずは結果だけ

vs 高柳fc柏
1-2 負け

vs 松戸旭
2-3 負け

結果だけ見ると悔しい結果ですが、メンバーの素晴らしい戦いがありました。

詳細は後ほどさせて頂きます。

まずは、小西監督 GK指導 審判帯同 本当にありがとうございました。

4年コーチ 国生
————–
(詳細)
本日も連日の暑さ同様に蒸し暑い日中の試合に、4年 6人 と 3年 7人 のフォルテ13名で試合に挑みました。

会場は、松戸旭小学校

早めに会場入りする事が出来たので、夏合宿も控えているため、タープやシートなども4年生中心で設営。
保護者の方にアドバイスなどして頂き、設営も無事に済ませてから、まずは軽食。
その後ミーティングにて、東葛大会に優勝出来るチームは、千葉県で1位になれるチーム。
4年生は、去年その東葛大会でベスト8に入った事を自信を持って欲しい。との話と、
4年生も3年生も11人制サッカーは初めての為、本日の11人制のシステムを発表。
5-3-2
守備的なシステムの様ですが意外と攻撃重視。
システムの内容をメンバーに伝えて8人制のシステムと同じような説明をさせて頂きました。

試合前のアップには、体を温める為の様々なショートダッシュ。
次に名前を呼び合う為の長方形のロンド。
最後に11人制で大きな展開に必要なロングキックの練習でアップ終了。

1試合目のスタメン発表
対戦相手は高柳fc柏さん。1名とても大きな選手がいるのがとても印象的でした。
試合は、フォルテは前線から激しくプレスを掛けて相手の攻撃を早めに牽制するも
フォルテゴール前まで運ばれたり前半は一進一退の攻防が続く。
フォルテの決定機も2,3回ありましたが決めきる事が出来ずに0-0で前半終了。
飯井コーチ、清水コーチからメンバーへ、アドバイスを頂き、自分からは、本当に良い試合をしている。
が先日の2B予選同様、決めるべきところでゴールしないと勝ち切れない事などを話して後半スタート。
後半序盤にフォルテ4年生センターバックのクリアを3年生MFが、見事なパスを入れて、3年生FWがゴール前までドリブル。
GKの動きをよく見てシュート。
フォルテが見事に相手を崩して先制点。
勢いにのるフォルテでしたが、ゴール前混戦でこぼれたボールに相手選手が反応。
蹴り上げたボールが不運にもゴールに入ってしまい同点にされてしまいました。
その後、勢いにのる相手に追加点を許してしまい悔しい敗戦になってしまいました。

vs 高柳fc柏
1-2 負け

その後フォルテは連続で試合の為、20分ほどのインターバルがありましたので、応援席で応援していた監督コーチよりアドバイスを頂きました。
その後メンバー1人1人にチームメイトの良かったところを発表してもらうと、褒めて貰ったメンバーは、満面の笑みで嬉しそう。
負けの雰囲気は無くなり、次の試合に挑む。

2試合目は、松戸旭さんとの試合。
一試合目同様、相手の情報は何もないですが、メンバーには、1試合目の戦い方は、間違ってない。
フォルテの戦いをする事などを話して2試合目に挑む。
開始早々フォルテがプレスをかけて攻撃していた所、3人のセンターバックも気持ちが前がかりになってしまい
相手FWを後ろにしてしまいカウンターからの失点。
その後、連続失点で0-3で前半終了。
ゴールキックが自陣ペナルティエリア付近で取られてしまう事への守備へのアドバイスと、連続での試合の為、
FWとMFのプレスが弱くなっている事を説明。
最後まで走り抜き、まずは1点取り返す事を選手達に伝えて後半開始。
後半は、疲れているとは思うが、その疲れを見せないほど走り抜きプレスをかける選手達。
相手選手が疲れてきたのか?フォルテに勢いがついたのか後半2点返して2-3。
最後のアディショナルタイムには、右サイドを4年生サイドバックが突破してGKの飛び出しをぶつかりながらも
前にボールを送り出して、3年生FWがゴール。
しかしオフサイド。
4年生サイドバックの選手が自身でゴールに迎えれば、もしかしたらゴールできたのではと思いながらも試合終了のホイッスルがなりました。

vs 松戸旭
2-3 負け

結果だけ見ると悔しい結果ですが、メンバーは、この猛暑の中、真剣に戦い走り抜きました。
本日、一緒に戦った3年生には、本当に良い経験が出来たのではないでしょうか。
4年生は、悔しい結果になりましたが、4年生になってから1番良い試合が出来たのではないでしょうか。

東葛大会は、あと一試合あります。
最後までメンバー共に、全力で戦って行きますので保護者、監督コーチの皆様、更なる応援を何卒よろしくお願い致します。

保護者の皆様、車出し、タープなどの設営指導、メンバーへの応援ありがとうございました。

小西監督 GK指導 審判帯同 本当にありがとうございました。

4年コーチ 国生

5年生練習試合

会場 河原塚小学校                        ・

夏休み最後の日曜日、松戸市のラピットキッカーズさん、六実さんと、練習試合を行いました。
①六実 1-0
②ラピット 0-1
③六実 0-1
④ラビット 1-1
⑤六実 0-1
⑥ラビット 1-0
⑦六実 0-2
各15分ゲーム、⑥⑦は11人制

合宿での課題の一つである、判断スピードを上げる、ねらいを持ち考えてプレーするなどをテーマに、15人で臨みました。
つなぐ意識を持ちながら、懸命にプレーしていましたが、全体的にボールをキープできず、簡単に失うことが多く、
やりたいことができないうちに、試合が終わってしまう感じでした。

今日は、選手だけの反省会や、慣れないポジションへのチャレンジなど、先に進むための試みもやってみました。
9月は、大事な公式戦もあります、チーム一丸となって、チャレンジしていきましょう。

本日は、試合を企画していただいたラピットキッカーズ様、六実SC様には、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

また、保護者の皆様には、先週の合宿に続き、応援、サポート等ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。

5年槇山

6年練習試合

4-0清水台FC、2-0イレブンジュニア 会場 清水台小学校

9月10日(日)開催予定のリーグ戦第5節(フォルテ主管)に都合により参加出来ないチームが発生したため、
本日東習志野FCホワイトとイレブンジュニアの1試合だけ代替開催。
そこで、清水台FCをプラスして練習試合を行いました。

明日リーグ戦再開となる2試合が控えているフォルテは15分ハーフのゲームを2試合行いました。
柏レイソルホームタウン秋田遠征に参加のキャプテンや守備の要、ムードメーカーを欠き13名で臨みました。

vs 清水台FC
4-0(3-0,1-0)
vs イレブンジュニア
2-0(1-0,1-0)

習志野招待に続いて無失点に抑えたことはことは誉めたいと思います。
5月にリーグ戦前期を終えてからチームとして攻守に歯車が噛み合わない時期が続き、
リーグ戦後期も3連敗スタートとなっていたが、7月末の八千代町招待、8月の山梨合宿を経て上向きのきっかけを掴んだような。
そして先週の習志野招待で1次トーナメントを突破したことも自信になっていたような。
技術的なことをいえばミスだらけではあったが、それでもこの2ヶ月の悩んだ時期を考えると、
複数得点と無失点で終えられたのは良かったです。
また、先月加入し、本日が試合デビューとなった選手も最終ラインでは体を張った守備を見せ、
トップにポジションを移した最後には得点を決める上々のスタートとなりました。

審判帯同と会場準備のお手伝い頂きました野口コーチありがとうございました。
また、大会運営にご協力いただきました役員、保護者の皆様お疲れ様でした。

飯塚

ひたちなか夏合宿総括

                                            .
長文失礼
SUMMER inひたちなか Jr.FESTA に参加して(総括)

フォルテ野田の合宿は3年生からはじまり3年は1泊、4、5年は2泊そして6年は3泊となっている。
春、秋にはこれとは別に近隣での1泊合宿を実施している学年もある。
6年18期は一足先に山梨県甲府市に3泊の合宿を済ましている。上々の成果が上がったと報告された。
ひたちなかへは昨年18期5年生(尭監督が)初めて参加した。
19期5年は春の手賀の丘に引き続いての2回目の合宿で通算6度目となる。
3年21期、4年20期はこの合宿が初めてであった。
合宿に臨むテーマは学年ごとに異なり、各指導者からの日報で知ることができる。
今回の合宿は不安定な天候で幸い気温も高くなく例年の片品高原よりは暑いが海風がグランドに流れ込みちょうど良かった。
大会は74チームが親善試合を行いつつも学年ごとに優勝チームを決める大会である。
広々としたひたちなか新光町グランドは天然芝で整備され14面が規則正しく配置されていた。
各コートには日よけの天幕が準備されぬかりない運営がされていた。
工業団地の空き地を県から借用したひたちなか市が芝を張り、おおよそ20年前から運営を移譲され
素晴らしいいサッカーグランドに仕立て上げて本日に至っている。
日常のメンテナンスは旅館や民宿の人たちが畑仕事の合間に、傷んだ芝を張り替えたり、雑草を抜いたりと、
また、大会当日はトイレ掃除などを当番で請け負うという、町あげての大会とグランド運営であった。
季節を問わず休日はサッカー大会(他の種目もあり)が企画され、次週は女子サッカー大会、
9月は大学生の大会が目白押しでの開催と聞いている。

今大会はスポーツマネージメント(株)により企画されていた。参加チームは74チーム。
カテゴリー別では6年20チーム、5年24チーム、4年18、3年12チームが参加し、
19期5年は6年生の部、5年生の部に各1チームをエントリー、3年は2チームをエントリーした。
4年生は3年生に一部力を借りてのエントリーであった。

勝敗に一喜一憂するのだが合宿の本来の目的はそこにはない。 
選手は「知らない世界を知る」ことが第一であり、共同生活を通じて協調性を育んでいくことや、
日常と異なる環境でもいつもの自分を出せることに慣れさせる意味が大きい。
様々な失敗を重ね多くの事を学んでほしい。大人に叱られたりコーチに教えられて身についたものよりは、
自分の経験、失敗から得た知識は教えられたものよりははるかに深く身になじむからだ。
学校との違いは失敗する前にストップさせないのもフォルテ指導者の経験から来た指導方針である。
サッカーを通じて自立に向けてのトレーニングをさせるには親もと離れた合宿が一番有効的であると思っている。
また、指導者にとっては監督を中心とした指導者チームの意思疎通と役割分担がチームワークよろしく最大限に機能するよう合宿で確認をする。
指導者にとっても厳しい合宿であることは言うまでもない。
手を抜くコーチも見受けられるがそのコーチは子供と共にチームを去ってゆくのが今までの常である。

今大会はグランド良し、試合時間(40分ゲーム)良し、試合数1日3試合良し、宿泊良し、と満足できる大会であった。
気になるところは野田市から1時間30分と近すぎるところである。
選手の心理状態が単なる遠征と相違なく合宿へ切りかわるには距離が足りない。
景観変化、体感気温等を考えれば200Kmは放したかった。
宿舎からの移動は時刻が決められた巡回バスを利用しなくてはならず、効率的な時間運用で指導者を苛立たしていた。
いづれにしても、選手は様々な経験を得ることができた。

怪我人、事故もなく成功で終えられた事に感謝すると同時に、特に宿泊して頂いた保護者様や早朝出発の日帰りサポーター。
準備をはじめ、送り出して頂いた全ての保護者、役員様に感謝いたします。
今後も指導者が一致団結し協力しながら良いチームになるよう頑張りたいと思います。
有り難うございました。

副代表 吉原 靖之

5年_5,4,3年ひたちなか夏合宿

                                    .
夏合宿3日目 2017/08/20(日)

昨晩のミーティングは槇山先生の特別講座2回目。
班分けし、意見をまとめ発表させる。
選手の中でも自然とまとめ役が出てきて、自発性が芽生えてくる。
そして選手たち自らが考え、選んだ言葉に「感謝」があった。
何処までかは図り知れないが、その言葉が自然と出てくる選手が何よりうれしい。
選手たちとのミーティング後、3,4,5年生指導者ミーティングが3,4年生宿舎で行われた。
4年生コーチによるPC、プロジェクターによるプレゼン。
内容はチームにおける課題とそれをクリアする手法の例えを、学年選手に分かり易く、作り込んであった。
眠くなりがちな学年ミーティングがこのプレゼンでは選手たちは目を輝かせていたようだ。
是非ともこの手法はチームで共有したいのものだ。
ご苦労されて準備されたコーチには頭が下がる。

指導者ミーティング後に宿に戻ると選手たちは既に夢の中。明日は最終日。
フォルテ全員、最終日を楽しもう?

朝を迎えるとどんよりとした空。振り返れば、この合宿、ジリジリと暑い日はなく、雷とスコールのような雨もあった。
最終日の今日はどうやら暑くなりそうだ。
朝のランニングは宿舎目の前の水戸光國ゆかりの神社をお参りし、厳粛な雰囲気を感じ、阿字ヶ浦海岸まで向かう。
3,4年生チームや他の参加チームも朝早くから海岸に出て、シーズンの終わりを迎えようとしているビーチを散策している。
昨日のランニングで海に入り、濡れた足に四苦八苦した選手たち。
今朝はしっかりと対策してきた選手もいて、海に足だけつかり楽しんでいた。
しかし合宿!海岸から宿舎までの登り坂をランニングで走り抜く。早い遅いはあるが、全員がやり遂げる。
その後、朝食、パッキング、を済ませ試合会場へ向かう。

Jr.FESTA SUMMER 2017 3日目
5年生順位トーナメント
Vs.長生マリンズFC 1-0
Vs.ヨーケン東京FC 2-1
最終結果2位トーナメント5位

6年生順位トーナメント
Vs.プログレッソTCF稲城Jr. 0-0
Vs.SCUDETTO 6-0
最終結果Cリーグ戦2位

1日目、2日目のコーチコメントにもあったが、DFに課題が見えた大会となった。
相手からどうボールを奪うのか、何処でインターセプトを狙うか。
味方同士が連動し、仕留める事が出来るようになるのか。奪うチャレンジに挑む選手は沢山いる。
しかし、一人では限界がある。チャレンジする選手をカバー出来るかが、今後のカギになると思う。
チャレンジするのはボールに向かう選手だけではなく、フィールドにいる選手、ベンチにいる選手、
全てがチャレンジしなければ、良い機会は得られない。
この合宿を通じ、選手たちはコーチに様々なことでコーチングを受け、厳しいことや励まされたりしたことが沢山あったと思う。
これからは、選手たち自らが互いにコーチングし、励まし合ってほしいと思う。
既に仲間を励まし、声をかけている選手はチームに居ます。
その声が沢山聞こえるようになってほしいと願う。

会場運営者にこの3日間を闘わせてくれた感謝を伝えにチーム全員で向かう。
笑顔で対応し、TRMの組み合わせを滞りなく組んで下さった運営者には感謝しきれない。
会場を後にすると、吉原副代表の計らいで阿字ヶ浦海岸へ。聞けば本日が海水浴最終日。着替えて海に向かう選手。
おへそから上の深いところへは行くなと伝えるが、そんなことはおかまいなしの19期生。コーチ全員ハラハラだ!
大自然の海とも名残惜しいが、お別れ。
宿舎でシャワーを拝借し、汗を流させていただいた。優しい笑顔が印象的な宿のご主人にお礼を告げ、帰路に。
途中、ひたちなかの市場でお土産のお買い物。売り場の威勢の良いかけ声と魚介類の新鮮さに、選手たちは家族にと箱買いしていた。
更に折角だから見ていけと、勧める売り場のおじさんの声にマグロの解体ショーを見せていただいた。
その後渋滞もなく、無事に野田市役所に。
野田市役所では、ラスト一個の吉原副代表からのMVP賞が贈られた。
贈られた選手はケガで合宿中試合には出場出来なかったが、チームのメンバーとして常にサポート役を買って出ていた選手に贈られた。

19期生役員さん、保護者の皆さん、
また、20,21期生の役員さん、保護者の皆さん。
今回の夏合宿は3学年合同での大会参加となり、行き届かなかった事も多々あったかと思います。
無事に過ごし合宿を終えたことは皆さんのご協力の賜物と深く感謝いたします。
選手たちは親元を離れ、自らがしなければならないことを沢山学んだと思います。
是非、どんなことを感じたのか、聞いてあげて下さい。

指導者及び関係各位。
お疲れ様でした。私自身が初めての大会ということもあり、至らない事が多々あり、皆さんに助けていただきました。
ありがとうございました。
各学年で様々な経験が出来た事と思います。前述しておりますが、無事に終えたことに感謝しております。
重ねてお礼申し上げます。
紹介下さった、飯塚監督、ありがとうございました。

谷津

****************************************************
夏合宿2日目 2017/08/19(土)

昨晩は選手は流石に何度めかの合宿とううこともあり、早めに床についたようだ。

阿字ヶ浦海岸までのランニングにも、誰一人と遅れるものは居なかった。
少し雨が降るなか、足だけ海に入る。
大海原の大きさに触れた機会だった。

本日も4試合。
別にTRMも行われる。
昨晩のミーティングを活かし、試合に望んでほしい。

5年生リーグ
Vs.滝山JFC 0-6
Vs. 長生分けマリンズ 1-0

6年生リーグ
Vs.FC桜丘 3-1
Vs.長生マリンズ 0-4

明日もチャレンジを忘れずに。

詳細は梅澤コーチから。

谷津
——————————-
二日目も5年リーグと6年リーグの試合が重ならなかったので全ての試合に全員登録して試合に挑んだ。

1試合目 対6年F.C.桜ヶ丘

1対1の場面で拮抗した状況で出入りの激しい展開が続いた。
縦の短いコートでセンターサークルを少し超えた辺りでフリーキックをもらい、直接ゴールとなった。
その後オフサイドギリギリからの飛び出しで1対1でシュートが決まりリードを広げるも相手を簡単に1対1抜かれてゴールを許した。
結果的には3-1で勝利となったが課題が残った。

2試合目 5年対滝山JFC

相手は同学年であったが、ゲームスタイルが確立しておりコートの幅を一杯に使い
フォルテのディフェンスが追いかけ対応で簡単に抜かれてしまい、一人テクニックや声掛けが上手な選手が要所で顔出し、決める。
その悪循環でしまいには団子状態となり、終わってみれば6-1で完敗であった。
しかしながら唯一の得点は、来たボールをはたいて相手パスになっていた選手が来たボールを
相手のいない方にドリブルして抜いてシュートをして得点とした今後に繋げたいプレーであった。

3試合目 6年長生マリンズ

2試合目のプレーを引きずり、相手のテクニック的には1試合目のチームとほぼ変わらないが1対1の場面で負けてしまい、
相手のシュートミスに助けられ4-0で自滅という所であった。
体格的に負けていたが途中負傷で退場する選手も出てしまい。前の試合から修正できなかった。

4試合目 5年長生マリンズ

この試合も団子状態から抜けることができず何とか取った1ゴールで勝利する事ができた。

全試合を通してディフェンス面では簡単に抜かれてしまい、課題が残った。
負けが重なり、もともとテクニックでは少し劣る5年メンバーが運動量も下がるという悪いムードとなってからの打開策は何か!
声掛け等が足りないと子ども達自身もわかっていながら次の全力プレーを心がけることの大切さ、
3日目に繋がればこの合宿二日目の価値があると感じた。

応援に駆けつけて下さった保護者の方雨降りで肌寒い中様々なサポートありがとうございました。

梅澤

********************************************
夏合宿1日目 2017/08/18(金)

野田市役所に総勢40人以上の選手が集まる。
これからの合宿に興奮気味の選手たち。
少しその興奮を羨ましそうに見送る保護者と後から合流予定のコーチ。

会場のひたちなかまでは急がなくても1時間半程度。
少しもの足りないが、合宿ムードに切り替えなくてはならない。

どんよりとした、曇り空。芝生のグランドには既に沢山のチームが到着していた。
今回の合宿、チーム力を上げ全員参加の合宿としたい。

5年生リーグ
Vs.佐野SSS 5-2
Vs. 八潮メッツ 1-3

6年生リーグ
Vs.アビリスタ 0-5
Vs.滝山ホワイト0-4

本日のゲーム、何よりも体力、精神力の足りなさが浮き彫りになった。
苦しい時こそ、チーム力が大事だ。
コーチング、応援、ベンチを含め君の出来ることは?
君のストロングポイントは?

明日もチャレンジを忘れずに。

詳細は小川コーチから。

谷津
———————-
雨が降ったり止んだりと梅雨の様な天気が続くなか19人の選手が市役所に集まり先週の宇都宮遠征に続きバスで出発。
今回は3.4.5年合同合宿で Jr.FESTA SUMMER in ひたちなかに出場しました。
バスで1時間30分ぐらい走りると現地到着。
全面人工芝でコートの数は14コートもあり選手達も広さに驚く。
5年生リーグと6年生リーグと2チームエントリーし時間は被ってないので全試合全員で戦いました。

1試合目 5年生予選リーグ
vs 佐野SSS 5-2
前半はまだ遠足気分?動きが硬くパスが上手く繋がずシュートもキーパーの正面や枠外が多く0-0で終了。
後半1分、3分と得点するが4分、9分と失点してしまい後半9分だけで2-2。
得点した後の集中力がない。
それから3点取りましたがディフェンスに課題のある試合となった。

2試合目 6年生予選リーグ
vs アビリスタ 0-5
6年生リーグですが同じ5年対決。
相手のドリブルに飛び込んだり、一発でいってしまい簡単に抜かれてしまったりパスを回されなかなかボールを奪えません。
結果1点も奪えませんでしたが何度かチャンスはあった。
そこで決めていれば!
リズムに乗っていたかもしれません。

3試合目 6年生予選リーグ
vs 滝山ホワイト 0-4
相手は体も大きく動きが速くパスを回され全くと言っていいほど攻撃をさせてもらえません。
ボールを奪って前線の選手にパスを出すが全てオフサイド。
フォルテのシュート数は0で試合終了。

6年生リーグの2試合はレベルの高いチームと対戦し、もう勝てないと諦める選手もいたが、
相手のシュートを何本も止めて最後まで声を出し続けていたGKの活躍は良かった。

4試合目 5年生予選リーグ
vs 八潮メッツA 1-3
フォルテが先制するがバックパスを相手に奪われたりセンターバックの裏を取られるミスが多く失点してしまう。
周りを見て落ち着いたプレイが出来なかった。
FWが頑張ってプレスをかけるがその後予測が出来ずボールを奪えない。

明日の5年生リーグは2位トーナメント。
6年生リーグは予選最下位4チームによるリーグ戦となった。
試合の合間に選手達だけでミーティングを行いどうしてオフサイドになってしまうのか?
どうして簡単にパスを回されてしまうのか?
どうして勝てないのか?みんなで考えた。
今日は心も体も弱く全力で闘えませんでした。
明日は全力で闘ってほしい!

試合が終わり宿舎へ移動し班ごとに分かれ入浴と洗濯に分かれそれから夕食。
班ごとに残さず協力して食べていました。
夜のミーティングでは、グループに分け一つの課題にみんなで答えを考えた。
話を聞き合うことや発言することの大切さを学びました。
それから騒ぐことなくおとなしく寝てくれた。
今日反省したことや学んだことを明日に活かせるか??

役員さん、保護者の皆様準備や応援本当にありがとうございました。
コーチの皆様も本当にお疲れ様でした。

小川

4年_5,4,3年ひたちなか夏合宿

                               .
夏合宿3日目 2017/08/20(日)

夏合宿(4年)3日目

フォルテ4年 夏合宿 3日目は、朝から日差しが差し込み、合宿最終日に良い天気にてサッカーが出来そうです。
合宿初日の寝不足のせいか?昨日はメンバー全員が早めに寝て、朝の散歩集合時間にも間に合い、阿字ヶ浦海岸までの散歩も順調。
海岸での水遊びも2日目のため、4年コーチが率先して裸足で膝下での水遊び。
4年生も、俺も俺もと靴下を脱ぎ始めて水の中へ。
コーチ自ら夏合宿を良い思い出を作ってあげたいとの思いから、コーチ1人vs4年生7人での押し相撲。
コーチは、倒され全身海水の中へ。
合宿1日目2日目と試合では、負け続けている4年生メンバーに、力を合わせれば、強い相手でも倒せる事を身をもって?伝えていました。

朝食も、しっかり食べて試合会場へ到着。
昨晩の豪雨の為、4年生タープが1台全壊1台半壊状態。
他チームのタープなども全壊しているところが多数あり昨晩の豪雨の凄さを物語っていました。

アップには、身体をぶつけるボールキープ。
昨日、他チーム6年生が同じ事を本気で、激しくぶつかりあっているところを4年生に見せていたので、その事を伝えて激しくぶつかりあう。
もう一つは、相手より1歩でも前でボールを触りインターセプト、ボールキープ、両サイドのコーチとのワンツーなどのパス交換など、
しっかりとアップが出来た。
その中で、更に練習中から試合同様のチームを盛り上げる声掛け(1日目夜サッカーミーティングにて確認)を徹底してコーチ含めて声を張り上げる。
メンバーも声が枯れる程、声を出し続けて気持ちも身体も準備が出来て合宿 総仕上げの試合に挑む。
(試合前の話が長過ぎてすいません。)

フォルテ野田 vs 佐野SSS

コートへの入場での声出し、円陣での掛け声の大きさなど、今までのどの試合よりも声が出ていて、自分達で良い雰囲気を作ろうとしている。
キックオフ。
試合開始数分でフォルテ右サイドハーフの選手が激しいプレスからボール奪取からのドリブルシュート。
ゴール(フォルテ4年の夏合宿大会 公式戦 初ゴール)
選手、監督コーチ、応援保護者 共に大喜び。
ゴールした選手も全員とハイタッチ。
チームの声掛けも更に大きくなり勢いに乗る。
数分後、右サイドバックの選手が自身で奪ったボールを右サイド深くまでドリブル、更に中へ切り込みシュート?センターリング?
選択肢は2つあるなかセンターリングを選択。飛び込んだ選手がゴールへ叩き込んで2点目。
センターリングを選択してチームに貢献。
ゴールを決めた選手も良くゴール前に飛び込んだが、このゴールは、右サイドの前に進む強気なドリブル突破から
しっかりと中をみてアシストを判断した選手が、とても素晴らしい。
その後も得点を重ねる。
フォルテ中盤ボランチの左足からの豪快なミドルシュートがゴールに突き刺さる。
4年生チームに飛び級してきた、3年生メンバーのゴールキーパーの股を抜くドリブルシュート。ゴール。
相手最終バックの裏に抜けるパス?にいち早く反応したセンターフォワードが相手に倒されながらのシュート。ゴール。
ゴール前、浮き玉でのオーバーヘッドシュート?。ゴール。
合宿中、何度も練習したコーナーキック。
相手にクリアされるもセンターバックの選手のダイレクトミドルシュートがゴールキーパーの頭上を越えてゴールに突き刺さる。

様々なゴールが決まりました。が、この試合でも、足の付け根が痛い中、思うように動かない体に、
悔し涙を流しながら懸命にチームの為に守備にオーバーラップでの攻撃参加など最後まで戦った選手。
普段センターバックを一人で任せる事など、あまり無い選手を信じ続けて、3日間センターバックに器用した。
献身的に身体をぶつけて身を呈して守備をする選手の大成長。
1日目2日目と大量失点していたが、夏合宿の3日間 相手シュートに、何度も勇気を出して前に飛び出し身体を張って
シュートを止め続けたゴールキーパー。
ゴールを決めた選手以上に、本当に頑張っているところを監督コーチは、評価しているし見ています。

夏合宿 最後に、この素晴らしい試合が出来た事が、4年生にとっての大収穫だったと思います。

結果

vs 佐野SSS
8-0 勝ち

試合終了後、食事&アイスバス 大会本部への挨拶を元気一杯済ませて宿舎に戻る。
アイスバスで使う予定だった水着に着替えて、阿字ヶ浦海岸へ急ぎ足で向かう。
海水浴場は波が少し高かったがコーチも一緒に入って下さり、ライフセーバーもフォルテのヤンチャぶりをみて重点監視?して頂き、
目一杯楽しみました。

着替えをして、宿泊させて頂きました宿の方々への挨拶を済ませて、帰りのバスへ。
帰りのバスは、3年4年5年と3学年一緒に乗れる大型バスにて那珂湊市場へ移動。
グループ行動にて、海鮮お土産を沢山買い込み出発直前にカジキマグロの解体ショー?が始まり、出発時間を遅らせて見学。
終了後、野田に向けて出発。
一度、トイレ、お土産の為、インターによってから18時前に野田市役所 到着。
到着しても元気な子供達に若さのパワーを感じました。

夏合宿 最終日 保護者宿泊帯同 保護者応援 大会関係者 旅館の皆様 監督コーチ フォルテ選手の全てに関わって下さった方々へ
本当にありがとうございました。
特に、この夏合宿中のメンバー、ポジション、試合前のアップ、試合前のミーティング、ハーフタイムでのコーチングなどを
メインで4年生担当して頂いたコーチ。
素晴らしいコーチング本当にお疲れ様でした。

フォルテ4年生メンバーの初合宿は、本当に大成功したと思います。
一年後二年後、今の4年生メンバーが、どんな素晴らしい選手になっているか本当に楽しみです。
今後も自分自身メンバーと共に1歩1歩成長して行きたいと思います。
今後とも、よろしくお願い致します。

4年コーチ 国生

************************************************************
夏合宿2日目 2017/08/19(土)

合宿二日目
対 RIO 0-6負け
対 SCUOETTO 0-6負け
対 長生マリン 1-3負け

詳細は、清水コーチから
四年小林
——————————————
フォルテ4年 夏合宿2日目は、前日夜に興奮や不安などで寝れない子供たちが居て不安であったが、
約束の時間に集合しすぐ側の海に早朝散歩!
今年初の海という選手もいたりで、波逃げなどを楽しんでいる中、子供たちを楽しませようと裸足になるコーチ…
子供たちを海に引きずり込もうと追いかけるが、危険察知能力が高い子供たちを捕まえられず…
そうこうしているうちに雨が強まり急遽の撤収…裸足になったコーチは虚しさが残る中 靴を履いて寂しく帰る…
そんな中 昨日の晩御飯を経験してるだけに、覚悟を決めての朝食…朝からのボリュームとしては多かったが、
食べられない量では無く お腹一杯で戦闘態勢は整い、昨日と同じグランドへ!
今日の試合は2試合+TMの3試合。
昨日の夜のミーティングを受けて、声がどこまで出るか…を楽しみにしながら…

第1試合 対 RIO
0-6 敗戦…
朝からの試合という事もあるが、4年生いつもの事ではあるが、立ち上がりの動きが悪さが目立つ。
その隙を突かれたか前半開始1分も経たずに失点…その後ミドルシュートなどで立ち続けに失点…
合宿で興奮し昨晩寝れなかった影響か動きが悪い…ボールへのデュエルも出来ず逃げてしまったりで、
ズルズルと失点してしまい前半終わって0-6…
約2週間ケガにより練習が出来なかった選手が昨日の試合で股関節を負傷しながらも前半ディフェンスで奮闘してる姿は
頼もしかったが、痛そうな表情が気になる…後半ポジションを変え試合に望む。
徐々に身体も動くようになり、一進一退の攻防が続く。失点は無いが得点も奪えない…
相手選手の身体の入れ方も上手だがチーム全体としての連動・連携・フォローも無く攻めきれずに試合終了。
後半0-0で戦えた事を考えると、勝てる相手だったと感じる悔しさがありながら合宿2日目の試合が始まりました。
————-
試合が終わっての反省点を振り返るミーティングをしながら、高学年が実践しているものを良い所どりして(パクって?笑)
連日の”アイスバス ひざ下版” を実践!昨日よりは余裕が出てきてるが、初めてやる事への戸惑いと不安と期待とが
入り混じってる子供たちの表情に楽しませてもらいました!^_^
————–
第2試合 対 SCUDEET
0-6 敗戦…
アイスバスなどの時間を経て迎えた2戦目。
1試合目と比べて動ける様にはなっており、早々の失点はなく攻める時間も長くなるが、ゴール前まで行っても決めきれない。
8人制の宿命とはいえ、前後への動きの反復で体力的にもかなり厳しい事を繰り返すディフェンスの頑張りに全員が応え、
度々ゴール前に迫るが決めきれない。
ここでサッカーの難しさを実感するが決めきれないと攻め込まれるもので失点…その後も攻めるが前半終わって0-1…
後半も悪い流れは断ち切れず、流れの中からセットプレーなどからの失点を重ねてしまう…
但し、悪い事だけでは無く この合宿で取り組んでる、”後ろに下げてからの展開”や”ゴールキック時に
開くのか?絞るのか?のやり取り”など選手たちは教えた事を試合で試している姿も見られました。
重ねられた失点は後半だけで5失点…
終わってみれば1試合目と同スコアの0-6でした。
————–
試合後のミーティングは、監督・コーチ、選手で話し合いをし、反省点、良かった点を話し合い次の試合に挑む事を確認し合いました。
ミーティング後には、夏の海近くと言えば!という事で、国生コーチ発案の ”スイカ割り”を行ないました!!
但し、そこはサッカー選手のスイカ割りです、ただ単に目隠しをして割るのでは無く、
目隠しした選手に後ろから掛けれる声は5回まで!と制約を作り、如何にしてスイカまで辿り着ける様に誘導できるか??
というゲーム感覚で行ないました!
実際やってみると目隠ししてる選手に後ろから「そっちじゃなくて、こっち!」や動き出して早々に5回の指示を
使ってしまう選手などもいて、改めて指示を出す、声を出して呼ぶ という事への難しさを痛感しておりました。
またコーチの身体を張った行動により、スイカの隣に頭を並べておいてみた所、途中からスイカ割りなのか?コーチの頭割りなのか?
分からなくなるくらい、コーチ目掛けて指示が飛び交ってました…
(叩く棒は柔らかい素材のもので、コーチは何度か直撃を受けてましたが、笑っていられるほどの物でやりました!)
最後には帯同してくれているお母さんもコーチ割り?に参加し、日頃の恨みを込めて棒を振りかざしてました…(笑)
————–
トレーニングマッチ 対 長生マリン
1-3敗戦…
この日の公式戦は終わっていましたが3年生の一部の選手と応援に駆けつけていた2年生も参加してのTMを実施しました。
4年生には前の試合で少しずつ試していた ”後ろの選手に戻して展開する”を実践する事を約束事として試合に挑みました。
試合が始まってみると雨がパラつき始めてくる…
試合で後ろに戻すというのは、サッカーの戦術を本当に理解していないと、この年代の子供の「前に行った方が点が取れる!」、
「進むべきは前!」という気持ちを抑えきれず。なかなかうまくいかない…
そんな中 助っ人で入ってくれた2年生が驚くべきポテンシャルを持ってドリブルを仕掛ける。
パスを出す時も周りを見てから出す!極め付けは4年生相手にシュートを打ちゴールバーに当てたのには驚かされた。
試合は、やりたい事が未完成であったり疲れや雨の影響などもあり、1-3で敗戦…
試合の中での実践に多くの課題が露呈した試合でした。

試合終了間際に強くなってきた雨と遠くで響く雷鳴に身を震わせながら、早々に帰路の支度をし宿舎に急ぎました。
宿舎に戻ってからは停電したりと、もの凄いゲリラ豪雨と雷に子供たちは少々怖がりながらお風呂を済ませ、大盛りご飯を食べました!

2日目夜のミーティングは、昨日から引き続き行なっている”輪を全員で持ち上げる”以外に、
井上監督が用意してくれた”25マスを1から指で指していく”をタイムを計りながら実践。
選手個々に個性があり早い選手もいれば、遅い選手も居たりで、視野の狭さをゲーム感覚で楽しく分かりやすく教えられた
良い教材となったと思いました。

夜はミーティング後に、3~5年生のコーチでコーチ会議及び情報交換会を行ないました。
前日 子供たちに見せたパワーポイントでの資料を見て頂きながら、合宿2日間に付いて語り合いました。

またコーチ会議終了後 選手の部屋を見てみると、昨日の夜とは違い、全選手とも早々と就寝し、
明日の最終日、最終戦に向けて期待が持てそうだな??と思い、コーチ達の夜がふけて行きました…

さぁ!明日は最終日 子供たちにとって思い出に残る合宿になる様に頑張るぞ!

保護者宿泊帯同の皆さん荷物の運搬や選手の運搬、朝早くからの水筒準備など、ありがとうございました。
また、役員さん、応援サポートに来てくれた保護者様本当にありがとうございました。
助っ人の二年生、三年生も本当にありがとうございました。

四年生コーチ 清水

************************************************************
夏合宿1日目 2017/08/18(金)

本日から3・4・5年生 夏合宿が始まりました。
野田市 7:30出発して茨城県ひたちなか市新光グランド 9時過ぎに到着。
全員で3学年のベース作りをして4年生の第1試合目は、11時キックオフ
4年生は、初めてのフォルテ合宿が始まりました。

vs ビートルイレブン
0-14 負け

vs プレグレッソ
0-3 負け

vs 高洲scホッパーズ
5-3 勝ち

合宿1日目 詳細 は小林コーチより

4年コーチ 国生
—————————
四年生初の合宿が始まりました。
7時30分市役所を出発して途中友部SAにトイレ休憩そして9時過ぎにひたちなか新光町グランドに到着、
選手達だけでベース作り。
10時頃からアップを開始、軽くダッシュをし芝生の感覚を掴むために軽くドリブル、
その後長方形ロンドして11時にキックオフ。

四年生7人三年生1人で挑みました。
vs ビートルイレブン 0-14 負け
vs プレグレッソ0-3 負け
TM
vs 高洲scホッパーズ5-3 勝ち
全試合を通して攻撃面では、先制点をされると前がかりになりすぎてしてしまう事が多いパスミス トラップミスが目立ち
シュートまでなかなか持って行けない。
守備面では、攻守の切り替えが遅くボールばかりを見てしまい、相手選手をフリーにして得点される事が多く見られた。
得点をされると下を向いてしまう事があり、声も出なくなる点を取りかえそうという気持ちがなくなってしまう事があった。

試合終了後六年生が体験をしたアイスバスを四年生でもやり気持ちいいと言う声、痛くて泣いてしまう選手がいて、
様々な声が聞こえてきた。
そうこうしてる間に帰宿タイムへ
(国生コーチが用意をしてくれましたありがとうございます)

今回お世話になる宿、米屋に到着。
挨拶をしてからお風呂、洗濯を終わらせ、待ちに待った夕食、から揚げ、エビフライ、お刺身など子供達の喜ぶ声が聞こえました。

8時頃からプロジェクターを使いミーティング(清水コーチが作成)
テーマは、声を出す(名前 場所 )をやりました。
明日は、声が出るかな?
(清水コーチありがとうございます)

9時頃就寝なかなか眠れない子が数名いたが11時頃には、皆就寝していた? 明日は、6時から散歩。

先日ケガをした選手も復活(?)して、
四年生7人全員が揃い合宿に参加できた事が本当に良かったと思います。

今回合宿のテーマとして仲間を助け合う団結力、選手同士での助け合いが出来るようにする。
少しでもテーマの事が出来ればと…

保護者宿泊帯同の皆さん、合宿の準備、車出し等の保護者の皆さん、役員さん
応援、サポートに来てくれた保護者様、本当にありがとうございました。
助っ人の三年生ありがとうございます。

四年コーチ小林

3年_5,4,3年ひたちなか夏合宿

                      .
夏合宿1日目 2017/08/18(金)

8/18~20日の2泊3日、3年生18名と4年生7名で合計25名が同じ宿に宿泊しての団体行動。
3年生は初めての合宿、不安とドキドキ感一杯?
8/18 合宿初日
市役所を7時半に出発し、試合会場へ9時過ぎに到着。
11時からの試合に向けて全員で、ウォーミングアップするも動きが鈍い。
試合に挑む気持ちが見えない。

★フォルテオレンジ★
予選リーグ
気合いを入れる意味で『今日の対戦相手は、なでしこリーグで負けているチームだけど、どうする?』と聞くと
選手達は、『今回は勝つぞと?』と気合いを入れて試合に挑む。

対 八潮メッツ 2-3 負け
お互い、第1試合で動きが鈍く団子状態での展開の中、前半終了間際失点する。
ハーフタイム時に、グランドを広く使って攻める様に話をして後半に挑む。
後半、追加点を許し2点差になるも反撃し同点にするが、試合終了間際に失点してしまい敗戦。残念。

対 印西FC   0-9 負け
1試合目の敗戦を踏まえ、サポートの声を掛ける様に話をして2試合目に挑む。
相手のプレッシャーが早く、当りも強い。前半、FWとDFの間が開いてしまい、ルーズボールを拾われ5失点。
後半、FWとDFの間をコンパクトにする様に話をするも修正出来ず4失点。この学年で9失点は初めての事。
結果 予選リーグ3位

明日は、3位グループのリーグ戦へ

TM
対 キッズパワー 6-3 勝ち

****************************************************
夏合宿2日目 2017/08/19(土)
合宿2日目
3位グループのリーグ
テーマを
グランドを広く使って攻撃する。
プレッシャーを早くして、当りも強く。
対 滝山JFC  11-0
対 平磯SSS   7-0
TM
対 FC宮代東  7-0

****************************************************
夏合宿3日目 2017/08/20(日)
合宿3日目
3位グループリーグの最終戦
テーマは、2日目と同じ。
対 FC宮代東  5-0

最終順位 9位で終了。

フォルテホワイトは、
飯塚コーチより

3年生は、初めて合宿で自分達で用意したり、グループで行動するなど学ぶ出来たと思います。
初日、2日目と雨に泣かされましたが、3日目に晴れて海遊びが出来た事は、良い思い出になったと思います。
役員、保護者の皆様
合宿の帯同、応援有難うございました。
近内

—————————————————–
★フォルテホワイト★
夏合宿1日目 2017/08/18(金)

3年生初めての合宿で子供達も笑顔で市役所を出発。
一日目の天候はくもり雨。試合中の雨は避けたいところだ。

第4グループ フォルテ ホワイト
vs 滝山JFC ホワイト
vs KIDC POWER.SC

一日目
第一試合 vs 滝山JFCホワイト
2-4-1のフォーメーション
選手達だけで話し合いをする。それぞれの意見をまとめて確認。
サッカーでの必要な事。声を出す!後ろからは指示を出す!周りを見る!
試合前に円陣をして初戦開始。
全体的に一対一の強さは圧倒的にフォルテ。サイド攻撃からの展開が欲しいがサイドの選手が広がれずに前に急いでしまう。
声を何とか出すが、小さい声で味方が気付かない。
ベンチからの声でようやく反応する。前後半共に変わらずの展開。
結果4-0 4-0 8-0 勝利!

第二試合 vs KIDC POWER.SC
前半から攻防戦の試合だ。サイドから展開したいが中々出来ない。何とか先制点を上げるが、ミスから失点してしまう。
前半1-1
ハーフタイムでポジションを入れ替え調整。
後半はフォルテペースだ。得意なドリブルからサイドへの展開。後半3-1
結果 1-1 3-1 4-2

夏合宿2日目 2017/08/19(土)
二日目
決勝トーナメント 一回戦
vs ビートルイレブン U9
試合前に選手達だけで話し合い。アップも自分達で考え体を動かす。
選手達の士気を高める為にパス回しの練習では大きな声を出してボールを貰うようにする。
ベンチから円陣を組ませ試合開始。開始早々ビートルイレブンの猛攻を食らう。ドリブルもパスも個々の技術は高い。
フォルテも体を張って何とか点はしのぐが次々と攻撃が来る。
フォルテも得意なドリブルを仕掛けるが相手のスライディングが一人二人三人と波のように来る。
反則ギリギリなのか笛を吹いて貰えない。
相手も勝ちたい執念が伝わる。一瞬の油断もミスも逃さない相手に対し、ボールに食らい付くのがやっとのフォルテ。
前半終了間際に足が止まってしまい、ボールを奪われ失点してしまった。
そして前半終了…前半0-1
ハーフタイムで悔し泣きする選手達。経験の浅い選手達も、まずは自分が出来る事をする。声を出す。歩かない。ボールを追いかける。
今はDFが体を張って1点で収まってる。
士気を高める為に、もう一度円陣を組ませ後半開始。
後半は前半と違って声を出す事が出来ている。経験の浅い選手も歩く事なく相手にプレスをかけられた。
フォルテも攻撃が出来るようになった。後は点を取るだけだが中々点が入らない。
相手も必死だ。残り5分はフォルテペースだが、相手のスライディングが次から次と来る。
後半終了間際には相手の右サイドからの低いセンターリングにダイビングヘッドで押し込まれ2失点目を与えてしまった。
その瞬間試合終了ホイッスルが鳴り響く。相手の見事なダイビングヘッドは誉めるべきところだ。
後半0-1
結果0-1 0-1 0-2

順位決定戦
vs八潮メッツジュニア
なでしこリーグで唯一敗戦したチームだ。今回の大会でもフォルテオレンジが、後少しと言うところでスコア2-3で悔しい敗戦をした。
フォルテホワイトの選手達もオレンジの敵をとると言って気合い十分だ。
試合前にはサイドからの展開を増やそう。その為には攻撃の時はラインギリギリの所まで広がる事を伝えた。
前半は見事的中!サイドからの展開が多く。ドリブルもゴールに向かう事も出来た。
前半2-0
後半は相手も必死だ。相手の勢いに押され失点してしまった。それでも前半同様サイド攻撃をするフォルテホワイト。
残り僅かカウンターを狙いにGKからのパントキックで左サイドからの展開。ドリブルからセンターリング。右サイドから大きな声が聞こえた。
それを左サイドの選手が中を見て確認した。センターリングを上げ右サイドの選手がダイレクトシュート!見事ゴール!
今大会一番良い展開からのゴールだ。
後半1-1
結果2-0 1-1 3-1

夏合宿3日目 2017/08/20(日)
三日目
勝っても負けても最後の試合。最後は勝って終わりたいもんだ。朝からダラダラした雰囲気。
練習前に活を入れられる選手達。疲れが残っているのか…

5位決定戦
vs KIDC POWER.SC
予選リーグに対戦したチーム。相手もリベンジに来てる。前半は思い通りに行かない展開。
焦りながらも前半は0-0
後半は得意なドリブルからのシュートで先制点!更に左サイドからのドリブルで追加点!内容は課題が残る場面が多数。
それでも最後は勝利!
後半2-0
結果0-0 2-0 2-0

フォルテホワイト
予選リーグ
vs 滝山FCホワイト 8-0 勝利
vs KIDC POWER.SC 4-2 勝利
予選リーグ1位通過
決勝トーナメント進出
一回戦 vs ビートルイレブン U9 0-2 敗戦
順位決定戦
vs 八潮メッツジュニア 3-1 勝利
5位決定戦
vs KIDC POWER.SC 2-0 勝利
ストライカーランキング(得点王)
1位 高洲SCホッパーズ 9得点
2位 印西FCひょっこり 8得点
3位 フォルテホワイト(菊地航輝) 7得点

三日間の合宿での経験は子供達にとっても凄く良かったと思います。
大会の結果はどうあれ悔しさも皆感じたと思います。これもまた強くなる一歩として成長出来れば良いと思いました。
最後の海での遊びは子供達にとってもリフレッシュになりました。
保護者の方、沢山の応援サポート有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

5年宇都宮フェスティバル大会

3-0水戸トレセン、0-0(PK2-3)宇都宮JFCソフィア、2-1宇都宮北部トレセン 会場 栃木県宇都宮市石井緑地サッカー場

25回宇都宮フェステバル(最終結果)
**********************************************
5年生が毎年夏に参加する「宇都宮少年サッカーフェスティバル」について

今年は2勝2敗1分で終了した。この大会について特別な事ともあり参加経緯等記する事とする。

今年も宇都宮少年サッカーフェスティバルに参加した。
この大会は地域のサッカートレセンの強化、向上に寄与することを目的に宇都宮サッカー協会、宇都宮少年サッカー連盟が
主催する25回目の大会である。
参加24チーム中20チームがトレセンと称する選抜チームである。
埼玉から春日部トレセン、神奈川から伊勢原トレセン、山形県からモンテディオ山形、
そして千葉県からはフォルテ野田が招待されている。
フォルテ野田は関係者のご配慮により創立当初から、個人的には大会創設直後からお世話になっている。
当時は1日目の試合終了後に1~2名ずつ対戦相手の家にホームステイの形で宿泊させて頂き親交を深めたこともあり、
選手にとっては貴重な体験をさせていただいた大会でもあった。
中には高校時代まで交流していた選手もいて、数年後、偶然にも試合で再会した話も聞く。
そしてフォルテになってからは5年生の夏合宿として宇都宮駅前のビジネスホテルや旅館を利用して参加した。
大会初日は市内の祭りと重なり、夜は50基以上神輿や山車が目抜き通りを練り歩き、
クライマックスは見上げる程の二荒山神社の階段を氏子の担いだ神輿が一揆に駆け上がる壮大な祭りを見学できた。
試合はトレセン相手だけに緊迫した良い試合はするものの、簡単には勝たせてもらえなかった。
帰り際、主催協会の亀井さん、小針さんの「今回はどうだった?」の一言に「来年は頑張ります」と遠慮がちに答えるのが精いっぱいであった。
指導者としては地域トレセンの意地、指導者の熱い思いや指導を目の当たりに見られる良い機会でもあった。
そんな由緒あるトレセン大会にいつの日にか1位を狙って今後も参加したいと願っている。                   
思いは伝わるかどうか分からないが精一杯戦った大会であった。
是非来年も参加できる事を望む。

フォルテ野田サッカークラブ  副代表 吉原靖之
**********************************************
宇都宮フェスティバル大会2日目 2017/08/12(土)
3-0水戸トレセン、0-0(PK2-3)宇都宮JFCソフィア、2-1宇都宮北部トレセン 会場 栃木県宇都宮市石井緑地サッカー場

雨が強く打ち付ける音で朝早く目が覚める。

本大会は雨天決行だ。
本日は3位トーナメント。
是非、3位トーナメントでのトップをとりたい。

Vs.水戸トレセン 3-0 勝ち
Vs.宇都宮JFCソフィア 0-0(PK2-3)負け
Vs.宇都宮北部トレセン 2-1 勝ち

朝の雨が嘘のように回復し、蒸し暑く、日も照り、体力的にもつらい戦いとなった。
第二試合対戦チームのソフィアが3位トーナメントを制覇した。未来のなでしこチーム。体の使い方、個人技、連携プレーなど、見習うところが沢山あった。
来週は合宿、是非本日の対戦からの成長を期待したい。
それにしても、帰りのバスは行き以上にうるさい。まだ体力余っていそうだ。

保護者の皆さん、遠いところ、応援、サポートと、ありがとうございました。
小川コーチ。さわやか号運転、お疲れ様です。

詳細は後程。

谷津
————————-
昨日の渋滞を考え、早めの出発。
流石に半分くらいの選手は眠そうだ。
少し走るとマイクロバスの中での次週合宿の説明会。
早速筆記用具を持ってきていない選手が。おいおい、来週は大丈夫か?
ひたちなか合宿は宿から海が近いと聞いて、大騒ぎ。しかし選手諸君。
サッカー合宿です!お楽しみに?

Vs.水戸トレセン 3-0

昨日の試合の反省を活かせるよう、
アドバイスしてから送り出す。
もっと丁寧にパスをすれば、トラップをすれば、どれ程スムーズにボールが運べるか。
もっと次を予測して、スペースを活かせるようになれば、もっと楽しくなってくる。
ハーフタイムはスペースを活かすことをアドバイスし、送り出す。
終わってみれば、3得点で勝利となった。
しかし、未だ未だ。もっと得点のチャンスはあった。

Vs.宇都宮JFCソフィア
0-0(PK 2-3)
後から聞いたのだが、宇都宮で普段は男子に混じりプレーしている、6年生なでしこトレセン。
まず、体が大きく、素早い。
そして、体の使い方が上手だ。フォルテ5年生は競り合いで負けてしまう。
相手の実力をどう考えていたのか分からないが、明らかに出遅れるフォルテ。
ルーズボールを奪いたくても、簡単に体を入れられてしまい、触らせてもらえない。
相手のミスと必死の守りで前半を0-0で折り返す。
ハーフタイム、一歩も二歩も遅れていることを指摘。
また、体の入れ方で負けているが、ハイプレスをかけることを伝え後半へ。
多分、この試合がこの三位リーグの天王山。
後半に入ると相手ゴールキックにインターセプトを仕掛けることで、徐々にだが、シュートチャンスが生まれてきた。
しかし、相手GKのファインセーブなどでなかなかゴールを奪えない。
もう少し体で押し込むことが出きれば?
と思っていると終了のホイッスル。
3人ずつのPK戦へ。
惜しくも一本止められてしまい、勝ちきることが出来なかった。

最終戦
Vs.宇都宮北部トレセン
2-1
3位リーグ最終戦。次週の合宿に繋げる為に良いゲームにしたい。
立ち上がりから攻め込まれると、危ないシーンが続く。DF同士でカバーリングが出来ていない。
両サイドが崩され始めている。ベンチからの声で修正を試みるが時間の問題だ。
フォルテFwがトップでボールを受けるも次への攻撃への展開が出来ない。
もどかしく歯がゆい。気持ちがプレーにもでで来る。
ハーフタイム、攻撃は一度中へ預けてから外へ。MFが一度繋ぎに入ることを確認し送り出す。
蒸し暑く、かなり体力的にもきつい第三試合後半。しかし、相手も同じだ。
そんな中、MFがDFから受けたボールを左サイドをオーバーラップしている選手のスペースへ展開、
すると受けた左サイドの選手はゴール前へ走り込んでいる右サイドの選手とゴールの間にダイレクトパス。
惜しくも相手GKに阻まれたが、良い攻撃の形が出来た。
本日唯一の失点はつられた逆サイドをつかれ、対応が間に合わずに失点した。

保護者の皆さん、二日間に渡り、応援とサポートありがとうございました。
次週は合宿です。よろしくお願いします。
帯同コーチの皆さんもお疲れ様でした。
特に小川コーチ、連日のマイクロバス運転、ありがとうございました。

谷津

*********************************************************
宇都宮フェスティバル大会1日目 2017/08/11(金)山の日
0ー1下都賀トレセン、0-4宇都宮 西部トレセン 会場 栃木県宇都宮市石井緑地サッカー場

予選1試合目
VS 下都賀トレセン 0ー1

久しぶりのバス遠征。2時間の長旅も気持ちを切り替えて1試合目に望んだ。
「ボールを取られたら取り返す」「あきらめない」をテーマに選手たちを送り出す。
前半序盤はフォルテペース。
右からの展開が多く、シュートチャンスを作りたかったが、マイナスにセンタリングが上がらない。
相手DFのミスをFWが素早いカット、GKと1対1の場面もGKの動きを見れず外してしまう。
それから攻防戦が続くがそのままフォルテペースで前半終了。
15分ハーフとクーリングブレイクがなかったため試合時間が短く感じる。
後半、監督・コーチからは、もっと簡単にプレーすることを要求。
DFから左右に展開することでスペースが生まれ、広く視野も取ることもできた。
中央が空いたところで攻めに転じたいところだが簡単にカットされてしまう。徐々に守備の時間が多くなる。
試合終盤、攻め込まれ左サイドから中にボールが入ると、マークの外れた相手FWのシュートが決まる。
相手チームのシュート1本に敗戦した。攻め込めた試合だけに悔しい試合になってしまった。

5年 関谷
————————————–
朝から雨が降ったり止んだりする中19人の選手で遠征。
市役所を7時30分バスで出発。
トイレ休憩や渋滞もあり予定よりも遅く10時到着となった。

予選2試合目
vs 宇都宮 西部トレセン 0-4

序盤はパスを回され守る時間帯が多かったが前半5分カウンターから素晴らしいシュートを打つが欲しくもクロスバー直撃。
でもそのシュートからフォルテペースになりパスも繋がる様になる。がトラップミスが多く最後のフィニッシュが出来ない。
12分相手の見事なフリーキックで先制されていまう。
それから早いカウンター、オーバーラップでシュートまで行くが枠外で得点できず0-1で前半終了。
後半は選手を半分以上入れ替えました。
開始1分相手選手にドリブル突破され失点。
一発で抜かれたり、選手達の中途半端なプレイが目立つ。
7分コーナーキックからヘディングで得点される。マークの確認や、指示する声が選手同士あったのだろうか。
それから何本もシュートを打たれキーパーのナイスセーブもありましたが0-4で試合終了。
結果4点奪われましたが決める所で決めていれば流れが変わり勝てていたかもしれない内容。
繋ぐにはどうすればいいのか?
どうすれば点が入るのか?
どうすれば勝てるのか?
チームの為に自分が何ができるのか?
明日はいろんな事を考えてプレイしてほしい。
良かった事は継続!出来なかった事はチャレンジ! 明日の順位決定戦に期待!
行きと帰りのバスでは大騒ぎ。
試合ではおとなしい。
明日はバスで騒ぐぐらい声を出してもらいたい。
先日怪我をした選手も応援、サポートで参加し選手全員で戦えました。

保護者の皆様朝早くから車出し、サポートありがとうございます。
明日も宜しくお願いします。

小川