3年なでしこリーグ 第3節

草加住吉SC、草加東SSS  会場 野田市立清水台小学校

vs 草加住吉SC
0-5(0-1,0-4)
vs 草加東SSS
2-1(0-0,2-1)

開催決定30分後の6時30分頃から雨が降り始め、またも雨の中での開催となったなでしこリーグ。
5年生指導者の協力も得て試合準備に入る。

第1試合は立ち上がりこそゴール前まで運ぶ場面も作れたが、相手が徐々にグランドコンディションに慣れてくると草加住吉が攻め、フォルテが守る構図が出来上がる。
粘り強い守備や相手のミスにも助けられ耐えられる時間もあったが、ゴール前でクリアが小さくなったところでミドルシュートを決められる。
後半は開始早々にビルドアップのミスから失点すると、泥や水溜まりをものともしない相手に対しフォルテの選手は優しい・軽い・甘いと三拍子揃って、守備に追われる時間ばかりとなる。失点を重ねて気温も気分も低いまま試合は終了となった。

第2試合は30日(土)の東葛予選を見据えたメンバー構成で臨む。1試合目よりも良い形でボールが奪え、フィニッシュまで持ち込めるようになった。後半開始直後に失点するも1試合目よりも選手たちに動きが出てきてボールも動くようになる。すると終盤にフリーキックを直接決めて同点。さらに右サイドからの攻撃で逆転し試合終了。雨と気温の低さ、グランドコンディションという難しい中で気持ちを切らさずに点を取れたことは評価したい。点を取れているときはベンチの選手も含めて楽しそう。こういう場面をこれからも増やさなくてはいけない。

昨日、今日と選手には少し厳しい言葉をかけました。悪天候の中で良くない試合をして、逆転も出来たという今日一日が選手にとって一つレベルアップ出来るポイントになれたらと思いました。
また、今日は2名の2年生が出場しましたが、本当に体を張って戦ってくれました。

厳しいコンディションの中、応援いただきました保護者の皆様、お疲れ様でした。
また、朝早くから会場設営にご協力いただきました5年コーチの皆様も助かりました。
ありがとうございました。

飯塚

2年以下Kids-Kinderリーグ 第5節

Kids-Kinder リーグ 第5節 会場:野田市立福田第二小学校

【Kids リーグ】
フォルテVS松戸旭 3ー4
フォルテVSまちさかA 1ー4
フォルテVSまちさかB 2ー5

テーマは
1、スタートポジション
2、プレス
3、2枚目からのプレス

緊急事態宣言解除になり久しぶりの対外試合。
中には緊張している選手も何人かいる中、初戦が開始。

テーマになっているプレスは以前から選手達が行っていたせいか、自然とかけれていて良かったと思います。
選手達の課題にもなっているスタートポジションは意識していても、相手ボールになるとポジションがグチャグチャになってしまい、簡単な縦パスが通り失点という場面も。
まだ自分のポジションとして何をするべきか理解が出来ていない。
まだボールに釣られて自分のポジションから離れてしまう。
そこから相手チームがスペースに抜けて失点
そんな中でもフォルテはプレス+2枚目からのプレスで得点に繋がる場面も見られ、褒めたいと思います。

まだまだ課題はありますが、1つ1つ解決し選手達に伝えていければと思います。
関係者の皆様、今日は朝早くからお手伝いして頂きありがとうございます。

2年生以下 奥村

【Kinderリーグ】
5対5のフットサルルール(10分ハーフ)

①4-3 VS松戸旭
②0-1 VSまちさかG
③5-1 VSまちサカW

kinder(一年生以下)は、一年生5人•年長7人の計12人で試合に臨みました。

今節の課題
○ 相手がボールを持った時にプレスに行く
○ボールを奪った後のスペースへ抜け出すドリブル
○相手のキーパースロー•キックインの際の立ち位置

2ヶ月ぶりのKKリーグ開催となり選手達のやる気は十分だったが、試合前•試合後の監督•コーチの話を聞く姿勢ができておらず、集中力に欠けていた。
ボールを持ってる相手へのプレスは徐々にできているものの、まだまだボールウォッチャーになるシーンが多く見られる。
スペースへ抜け出すドリブルを意識できている選手もいたが、ボールコントロールがいまひとつ。最近の練習で力を入れているところでもあるので、継続して取り組みたい。
相手ボールのポジショニングについては、試合の中での即席の課題となってしまった為、次節までの練習で理解させたいところ。

次節までの課題
○ボールを持っている相手へのプレス
○スペースへドリブルで抜け出る際のボールコントロール
○味方ボール•相手ボールのリスタートの際のポジショニング

試合に関しては選手みんな楽しんで、頑張っていると思う。試合以外のところでの監督•コーチの話をもう少し集中して聞くことができれば、試合内容も格段に良くなるはず。練習の中での集中力UPに指導者の工夫が必要と感じた今節でした。

久しぶりのKK開催となりましたが、
こうして開催できることに指導者・保護者•参加チームの皆様に感謝。次節もケガや事故なく開催できるようよろしくお願いします。

2年生以下コーチ
深津

5年交流試合

南流山SC、梅郷SC  会場:野田市スポーツ公園

5年交流試合
昨日に引き続きスポーツ公園にて2チーム(南流山SC、梅郷SC)を招いて交流試合を行った。

9時の気温は25度、湿度61%、ピッチは短く刈り込まれた草芝が気持ち良い。

だいぶ出足も速くなり次第に良いプレーが出て来た。

①フォルテ 2-0 南流山
②梅郷 2-0 南流山
③梅郷 0-1 フォルテ
④ フォルテ 2-2 南流山
⑤梅郷 0-0 南流山
⑥梅郷 0-1 フォルテ

以後 15分ゲーム
⑦フォルテ 1-0 南流山
⑧梅郷 0-1 南流山
⑨梅郷 2-0 フォルテ

指導者の心はすでにU-12に向いている。
選手は長いblankから抜け出した。
次回が楽しみ

詳細は担当コーチより
****吉原****

9日、10日の土日は、久しぶりに試合を行いました。
ボールを丁寧に繋ぐテーマを、選手たちはよく意識してプレーしていました。
お互いの距離感やサポートの位置、スペースの使い方など、上手くいかないことの方が多いけど、何度もチャレンジすることで、少しずつ良くなっていきます。
ディフェンス面では、ボールの奪う場面での積極性が徐々に出てきました。
せっかくのマイボールを簡単に奪われることが多かったので、ボールのキープ力は上げたいですね。

来週以降、イースタンや東葛などの試合が続きます。
チームの課題、個人の課題を一つずつクリアしながら進んでいきましょう。
対戦いただいたペガサスさん、南流山さん、梅郷さん。応援、サポートいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
槇山

5年交流試合

ペガサスJFC  会場 野田市立清水台小学校
5年生交流試合
8月28日以来の対外試合。清水台小にて、ペガサスJFCと交流戦を行う。
ゲーム感を取り戻もどす試合に15名が挑む。
気候も良く、久しぶりの試合に期待した。

20分ゲーム
①2-0ペガサスJFC
②0-0
③1-2
④0-0
⑤0-0
⑥0-1

水を得た魚の如く、選手の気持ちは十分だったが、
遅い、弱い、狭い、集中切らさない個々のプレー、ゲームプランが描けるようになるには、もう少し時間が必要でした。
active breakは予想以上に選手の感を鈍らせていたが、選手はそれなりに頑張っていた。

明日もスポーツ公園で試合あり。
Good performanceに期待しよう。

詳細は明日の結果と一緒に担当コーチから。
****吉原****

3年交流試合

高野山SSS (我孫子市)  会場 野田市立福田第二小学校

15分ゲーム×6本
vs高野山SSS(我孫子市)
6-8(0-2,0-1,0-0,3-0,1-5,2-0)

緊急事態宣言が解除され、70日ぶりの試合となった3年生。
東葛大会で同じ予選ブロックにいる高野山SSSに福田第二小学校へお越しいただきました。
この夏の加入や復会により11名となった3年生はこの日全員が集まりました。

何度か複数人でのカウンターでゴールに迫る場面がありましたが、ペナルティエリアに入る頃には相手の人数も揃ってしまいシュートまで持ち込めなかったり、シュートの精度が低さが見られました。しかし、ゴールキーパーからのフィードに抜け出したり、フリーキックを直接決めたり、今までに見られなかった形の得点も見られたことは収穫でした。

守備面も含めてですが、自分に出来ることを少しずつ増やし、出来ることと出来ないこと、やるべきことを整理していきたいと思います。また、サッカーに対する向き合い方を考えていかなくてはいけません。ちょっとずつ成長していきたいと思います。

対戦いただきました高野山SSSの皆様、ありがとうございました。
また、朝からサポートくださいました保護者の皆様、お疲れ様でした。

飯塚

5年交流試合

松葉SC (柏市)   会場 野田市立清水台小学校

清水台小で松葉SCさんを招待して交流試合を行いました。
20分×4(クーリングブレイク3分)
10分×1

テーマ
1.スローイン時、判断を早くしてすぐにプレーする。
2.サポートを早くして数的優位をつくる。
3.デコイ(おとり)を使ったプレーをする。

スローインはほぼ全ての場面で1人1人が意識して早いリスタートができていた。
あとは早い動きだしの工夫をしたい。
2と3についても今までは1人で突っ込んでボールロストしていた場面も周りのサポートを使ってチャンスに繋げたり、効果的なワンツーや、パスを出すフリをしてドリブルするなどのプレーが増えたのは良かった。
9月からは活動自粛期間に入ってしまうが今後も数的優位の作り方、使い方を意識させたいと思います。
お越しいただいた松葉SC様、暑い中献身的にサポートしていただきました保護者の皆様ありがとうございました。

執行

5年イースタンリーグ 第7節

5年イースタンリーグ 第7節 吉川武蔵野 草加住吉 会場:野田市立清水台小学校

5年イースタン第7節 主管
7月の最終日、先週の東葛連戦に引き続き、本日はイースタン第7節を午後から清水台小で主管運営。
イースタン初のクリーニングブレイクを採用した。

①フォルテ 2-2 武蔵野
②住吉 3-0 武蔵野
③フォルテ 1-0 住吉

今日も暑いなか選手はよく走りました。緊張した良い試合です。
試合はいつもテーマを意識!
DFの上がりがもう少し早くなると良いですね!

暑いなか多くの保護者に感謝。

*****吉原****

武蔵野
2-2 分け
住吉
1-0 勝ち

『テーマ』
2ブロック、東葛を経験し、フォルテのチャンスの多くは走力や個人に依存している傾向。それも強い武器には変わらないが、組織力で戦うサッカーを今回養い、磐石なチームにしたい。
「独りじゃない仲間がいる」
・ワンツー活用
・ボール保持者を助ける動き

『総評』
テーマを意識したプレーができ、初得点を決めた、ボール保持者を仲間がフォローした結果、四人の選手が関与するパスから得点をあげる。またベンチからは前向き、ポジションの確認をする声かけがあり、組織力の強さを確認できた。

『次回に繋げたい』
指導者と打ち合わせ絞り込み一点
・数的優位の理解

以上報告です

赤澤健児~⚽

5年東葛大会・予選リーグ②

5年生東葛予選2日目 会場:福太郎スタジアム

vs 三小キッカーズ 1-0
勝ち
暑い中、一進一退の痺れる試合でした

執行

1 vs 0 勝利
勝たなければ先に進めないフォルテに対して引き分け以上で本戦に2位通過となる三小キッカーズとの試合でした。
ただ三小キッカーズも引き分ける気もなく、拮抗したゲームとなりました。
前半は攻め続けるも守備力の強さにゴールを割ることができず逆にカウンターから足の早い選手のドリブルに翻弄され、ひやひやする場面が多々ありました。
後半4分に混戦から左利きのフォルテ選手が右足でスルーパス。トップ選手が走り勝ち落ち着いて置きに行くようなシュートを右隅に見事なゴール。
一進一退の戦いはハードワークの末、フォルテが勝ち取ることができました。
終始、集中の切れること無く戦うことができました。
15名で戦ったため、出場機会の無かった選手も多くいました。私から控え選手に話を聞きに行く前に出られない悔しさを伝えてくる選手もいましたがちゃんとベンチから応援をしてくれました。ピッチ内外の選手が出きることを全力で表現し、全員で勝ち取った勝利だと思います。

選手、保護者、指導者。このメンバーで気持ちを共有できる喜びを感じました。
本戦までにさらなる底上げを行い望みたいと思います。

2日間に渡り帯同いただきました小西監督、無観客により役員、当番の方にはいつも以上のご苦労をお掛けしましたが気持ち良くサポートいただきありがとうございました。
保護者の皆様も朝早くからの準備、送り迎えありがとうございました。
皆様へ勝利で恩返しできるよう23期生はこの先も頑張ってまいります。

5年佐藤 知幸

3年東葛大会・予選リーグ①

3年生東葛予選1日目 会場:松戸市立北部小学校

7/24東葛3年生予選
結果
ドラゴンズ柏sc 0-5
DUC.sc 1-5

1試合目 
試合の入り方は凄く良い。球際で競り勝つシーンや体をしっかり入れてボールを奪えたり、キーパーの声がけも良く良い守りからスタート出来ていたが中々攻撃に移る事が出来ない。
全員で良く守れてはいたが前半終了間際に相手のクロスボールに外から入ってきた選手に合わされ失点。
前半は相手の攻撃範囲が狭く守れてはいたが後半は幅を使われボールを追いかける展開が続きスタミナ切れからかフリーでシュートを打たれるシーンが増え失点が続いた。
キーパーを中心に守備面は良く頑張っていた。
攻撃はFKのシュート一本。攻撃の時間を増やしていければもっと試合が楽しくなるはず。

2試合目
1試合目同様守備から入るが、1試合目では見られなかったサイドからパスで崩すシーンや、攻撃に移るシーンが見られた。
後半2年生が中央からドリブルで2人を交わしシュート。こぼれ球を詰め待望の1点。
まだまだ攻守共に人任せのプレーが多い。プレッシャーをかけても2人目が中々動けない。

今回たくさん点を取られてしまったが選手達は前向きで次は勝つと言ってくれた。選手に試合に勝つ喜びをもっと与えられるよう指導に励みたい思います。

3年長谷川

5年東葛大会・予選リーグ①

5年生東葛予選1日目 会場:フクダ電子スクエア

・結果
まつひだい 6-2 勝ち
トリプレッタ 2-4 負け

・総評
猛暑であるが選手達はよく走った、大きな汗をかきながら全力であった。執行コーチより、「スタートから全力で行くぞ!」というメッセージが選手達にしっかり伝わっている。初戦の入り方が良く、開始44秒に先取点をあげる。
両試合、テーマに向き合ってベストを尽くしたゲームであった。各選手、気持ちの部分で勉強しなくてはならないシーンもあり、また一つ強くなれる良い体験ができた。また明日、成長したメンバーがみれると思う

赤澤健児~⚽

2年以下Kids-Kinderリーグ 第3節

Kids-Kinder リーグ 第3節 会場:野田市立福田第二小学校

【Kids リーグ】
①VSつくし野R 3ー0〇
②VS松戸旭 9ー0〇
③VSつくし野 1ー2×
④VSまちさかA 2ー3×
⑤VSまちさかB 4ー6×

テーマは「スタートポジションをとる」

団子サッカーを脱却する為スタートポジションにテーマをおき試合に挑みました。
味方キーパーからパスをもらう時のポジショニング、キックインパスをもらう時のポジショニング、この2点に重点を絞り、試合を始めました。
頭で考えながら体を動かすという初めての事に混乱して中々うまくスタートポジションをとれない。

プレー中に質問を投げかけ選手達に自分の立ち位置が何処なのか気付かせながら試合が進み、前半試合が終了

監督、コーチ達に言われてからそこにいるのではなく、選手が理解してそのポジションをとるという事は中々難しい。

後半試合はスタミナも切れてしまい、ルールにもなっているプレスが遅く、相手選手にカウンターをくらい失点。
ボールに夢中になって自身のポジショニングを見失い団子サッカーになってしまう場面もあった。

初めての難しいテーマでしたが、選手達同士で声を掛け合いポジションの確認をする場面など見られ最初にしては〇だと思います。
選手全員を褒めたいと思います。

この猛暑の中、御協力頂いた関係者の皆様、保護者の皆様、大変ありがとうございました。

2年生 奥村

【Kinderリーグ】
①0-2 VSペガサスA
②7-0 VS南流山G
③6-0 VSペガサスB
④1-4 VS南流山B

結果:準優勝

kinder(一年生以下)は、一年生5人•年長5人の計10人で試合に臨みました。

以下が前回の課題でございましたので、その点を重点的に課題として取り組みを行いました。

次節の課題
○相手がボールを持った時にプレスに行く
○相手の少ない方向へのドリブル

一部の選手は出来ておりましたが、まだまだ充分なプレスが出来ておりません。
ドリブルに関しましては、基本的な止める。運ぶ。が出来ない選手が殆どでございますので、先ずはトレーニングで止める。運ぶ。を行いたいと感じました。

課題(個人)
◆聞くでは無く聴く力をつける。(ピッチ外)
◆止める。行きたい方向にボールを運ぶ。
◆常にプレスをかける。

課題(チーム)
◆攻守共に全員で行う。ドリブルしてる選手の後方フォロー。守り時の全員でボールを取りに行く。

2年以下担当
逆井

4年第2ブロック大会・予選リーグ②

4年第2ブロック大会・予選リーグ② 会場:江戸川主水グランド

梅雨明けの松戸主水グランドに四年生、三年生あわせて12名が集まる。
本日も気温が高く、キックオフが、13時半と厳しい闘いになりそうだ。
2ブロック予選突破には、前節の失点があるために、勝つだけではなく、
得点を多く取ることが必要だ。

松戸主水グランドはきちんと刈り込まれ、気持ちのよいグランド。
松戸四種にて昨日も刈り込んで準備してくれていたとのこと。
とても有難い。

vs.まつひだいブランコ 2-1
勝利
得失点差で予選突破はかなわず。
もっと仲間と協力して局面を打開出来るようになろう。
もっとチャンスを作ろう。

開始直後から、
ボールを持つと相手に突っ掛けてしまう選手たち。
相手に詰められると、懐に入れて周りが見えなくなる。
周りが見える選手になろう。

何度も試合中に、仲間とのパスワークで局面を打開するように伝えるが、
なかなかチャレンジしない選手たち。

残り5分切ったところから、中盤の選手がボールを受けてサイドに展開する動きができてきた。
これで沢山の得点チャンスが生まれるがフィニッシュまでいけない。
良いパスが出ても、トラップ、体の使い方等の受け手の連動が必要だ。

本日の試合の最後の5分。
選手たちには、感じた手応えを忘れないでほしい。
失点は不用意なGKへのバックパスから相手に奪われ失点してしまった。

公式戦後にはフレンドリーマッチを組んでいただいた。
まつひだいさんのご厚意で公式戦に出れなかった選手中心でのゲームとなった。
相手チームがAチームの選手も混じっての試合であったため、失点を重ねてしまう。
疲れもあるが、ゴール前での粘りが無く、チームを鼓舞していたGKも気弱になってきてしまった。
しかし、ここは数々の試合を経験してきたコーチ陣の盛り上げにより、選手たちは失点を重ねながらも最後まで諦めずに走りきった。

素直で純粋にサッカーを楽しむことを忘れない選手たち。
今後は、チーム全員で勝つ喜びをみんなで分かち合いたい。
市役所へ戻り選手たちを見送った後、コーチ陣は改めて気を引き締め直しました。

主幹のまつひだいの皆様、
予選は本当にお世話になりました。ありがとうございました。
保護者の皆様、時節柄、無観客での試合となりましたが、選手たちはきっと今後に繋がる沢山の経験が出来たと思います。
是非、試合のことを聞いてあげてください。
また、とても体調を整えるには難しい時期となります。夏休みにもはいりますので、先ずは、食事、睡眠、と規則正しい生活を心がけていただければと思います。

四年生、三年生コーチ。
ありがとうございました。
残念ながら、予選突破は叶いませんでした。
しかし、選手たちの目はきっと前を見ていると思います。
今後も宜しくお願いします❗️
お疲れ様でした‼️

谷津

5年イースタンリーグ 第6節

5年イースタンリーグ 第6節 新松戸 八潮メッツ 会場:野田市立清水台小学校

5年イースタン第6節主管
気象庁は16日関東地方に梅雨が明けを発表。
今日も朝から気温がぐんぐん上昇、30度を越える真夏日となり熱中症も厳重注意となった。
清水台小で第6節を主管した。

①フォルテ 0-0 新松戸
②八潮メッツ 1-5 新松戸
③フォルテ 4-2 八潮メッツ

以後 次週の暑さ対策で八潮メッツとフレンドリー15分ゲーム×2
④フォルテ 2-0 八潮メッツ
⑤フォルテ 1-1 八潮目

昨日に引き続き酷暑。
選手たちは集中切らさず、良く走った。

中盤もう少しゲームをつくりたいな!
相手DFを崩すための横パス。ゴール狙うためにパスを繋げる。
昨日練習。DF裏でゴールを狙える縦パスをいつも意識したい。

来週は東葛大会。選手のGood Performance に期待しよう。

久しぶりに染谷監督の顔がみられました。
今後、すこし顔出しがふえそうです。

本日も暑いなか朝からサポートして頂いた保護者に感謝です。
詳細は担当コーチから
*****吉原****

梅雨明け発表後、気温も上昇する中、清水台小学校にて、イースタンリーグを開催しました。

今日のテーマ
・インターセプト
・スペースを狙う
・セットプレーを大切にする。

結果
イースタン公式戦
① フォルテ  0-0 新松戸
② 八潮メッツ 1-5 新松戸
③ フォルテ  4-2 八潮メッツ
トレーニングマッチ(15分)
・ フォルテ 2-0 八潮メッツ
・ フォルテ 1-1 八潮メッツ

初戦 vs 新松戸
ディフェンス陣のインターセプトへの気持ちも高く、ラストパスを通させる事も少ない。
中盤の選手もスペースに動きながらパスコースを作る意識も増えてきた。
サイドからのドリブル突破も、折り返すことが難しい。
最大の課題は、フィニッシュまでいけない事。
ラストパスを出すタイミングの問題で、オフサイドとなるケースも多い。
前半の枠内に打ったシュートも2本とチャンスを作れていない。
失点の機会も何とかしのぎ、0-0で後半へ。
後半に入っても、何度となくゴール前へのチャレンジも、シュートへ繋がらず。良いサイドチェンジ、縦へのスルーパスなども見られたが、相手GKのポジショニングで止められてしまう。
数少ないセットプレーの場面も、頭をかすめクリーンヒットならず。
しかし、コーナーキックからのヘディング、ロングシュートなど、ディフェンス陣の攻撃的なプレーであったことは、評価できる。
そのままタイムアップとなり、スコアレスドローとなる。

第二戦 VS 八潮メッツ
初戦のゴールが遠いもどかしさを挽回したいメッツ戦。
開始早々から、しっかりとボールを繋ぎ悪くない立ち上がり。
開始3分、やっとその時は来た。フォワードの選手、待望の得点。
ここからゴールラッシュへと繋ぎたい。
しかし、得点から約1分後、相手ゴールキックで中盤の選手へ。そのまま俊足のドリブルで簡単に抜かれてしまい、失点。
得点後のわずかな時間だっただけに、痛い。
失点にはならなかったものの、中盤での相手フリーキックの場面で、壁ゼロ。相手に好きなように蹴らせてしまうような危険な場面もあった。
両チーム得点が動かない中のコーナーキック。初戦のヘディングシュートと同じ選手が頭で合わせる。今回はミートしたがバーに当たりゴールならず。新たな光も見えたように思える。
その後、相手のファウルでミドルレンジから直接フリーキック。
ここは、最近ミドルのFKを得意としている選手が、ゴール右上に決めてくれ、勝ち越しゴール。
ここで前半終了。
後半に入り、スペースへの展開や、動きながらのパスなど、組み立ては悪くない。
ここでパスを繋ぎ形を作ってのオフェンス陣の初ゴール。
その後もトップの選手がセンターサークル付近からのドリブル突破で追加点。
このまま失点をせず終わりたい。
引水タイムもあり、アディショナルタイム。残り僅かの時に、相手右サイドからの攻撃。シュートを打たれ一時はキーパーが食い止めたが、こぼれ球がゴール前へ。そこに飛び込んだ相手選手とディフェンダー。もつれあいながらも、ボールはゴールマウスへ吸い込まれた。この時、身を投げ出しながらも必死にゴールを守ろうとするフォルテDF。今までに見たことのない光景だった。

選手たちは、テーマとなっていたことについては、ある程度実践していた。
東葛大会前の最終確認とともに、勝ち切る気持ちを大切にしたい。
東葛までに修正できる点としては、第二試合の最後の失点シーン。必死に守ろうとする気持ちと、プレーではないかと思う。
ディフェンス同様に、ゴールを奪う気持ちを強く持ち、あきらめない事。失敗を恐れない気持ちを持って試合に臨む事で、良い結果が得られるだろう。

暑い中、朝から見守っていただいた保護者の皆様、ありがとうございました。
東葛大会前として、お願いです。選手にとって、プレッシャーになるのではなく、いつもよりも前向きになる声かけで送り出してください。
そして、最高のフィールドでプレーできる喜びを持ち、楽しんでプレーしてくる事を約束してください。
きっと最高の笑顔で帰宅することになると思います。

また、多忙の中イースタンリーグにご参加いただいた、八潮メッツジュニア関係者様、新松戸SC関係者様、ありがとうございました。
今後とも、選手たちの笑顔を作り出せる環境を一緒に作り上げていきましょう。

5年 佐々木

5年交流試合

烏天狗FC、エンデバ-FC  会場 野田市スポーツ公園

梅雨前線が停滞するなか、 昨日は久しぶりの青空が見えた。しかし、耐え難い暑さで夏が思いやられる。

本日はスポーツ公園に埼玉からチーム「烏天狗」(指扇を中心に活動)を招き、3チームで交流戦を行った。ピッチは時に日差しも強く、蒸してとても暑かった。

全結果(20分ゲーム、飲水タイム有)
①エンデバー 5-0 烏天狗A
②フォルテ  3-0 烏天狗B
③フォルテ  4-0 エンデバー
④フォルテ  1-2 烏天狗A
⑤エンデバー 2-0 烏天狗B
⑥フォルテ  0-3 烏天狗A
⑦フォルテ  0-2 エンデバー
⑧フォルテ  2-1 烏天狗B
⑨エンデバー 3-1 烏天狗A
⑩エンデバー 2-0 烏天狗B

暑いなかどの選手も良く走りました。

仲間にボール出す時は味方がゴールに向いて受け取れる位置に出す。
レシーバーは、相手の裏でゴールに向かってタッチできるタイミングで飛びだす。をいつも心のなかに!。

DFは常時周りを観ながら、基本の位置からインターセプトでボールを奪い。前線へ!
良い攻撃は良い守備から。

次も暑さに負けず、頑張ろう。

詳細は担当コーチから。
野口コーチ有り難うございました。
保護者に感謝。
****吉原****

[5年]TRM7/11 試合報告
対戦相手:鳥天狗Jr.FC、エンデバー
場所:野田市スポーツ公園
天候:くもり

フォルテは14人で参戦。ケガが早く治りますように。
ボールをつなぐこと、パスの受け方を課題に取り組みました。

結果
20分 6本
フォルテ 3-0 烏天狗B
フォルテ 4-0 エンデバー
フォルテ 1-2 烏天狗A

フォルテ 0-3 烏天狗A
フォルテ 0-2 エンデバー
フォルテ 2-1 烏天狗B

【vs烏天狗B】1本目
序盤から優勢に試合を運びながら、先制点がなかなか獲れない。それでも、左サイドでボールをつなぎ、左MFが切り込み、得点。中MFがインターセプトから得点。中MFから右MFにボールをつなぎ、得点。右MFはケガから復帰後初得点でした。

【vsエンデバー】2本目
1本目の勢いのままに、一歩前でプレーすることで相手エリアでの時間が長い展開。CKと左サイドからのセンタリングでそれぞれオウンゴールを誘い、2点
。その後はCKを中DFが受け、相手をずらして得点。さらに最終ラインから左MFにつなぎ、切り込んで得点。引かずに前でプレーすることで、優位に試合を進めたいいゲームでした。

暑さに体が慣れていない中で、20分3本連続というスケジュールをこなしましたが、ほとんどの選手は元気よく走っており、少し心配になるぐらいでした。個人差はありますが、パスの受け方は少しずつ身についているようでした。練習の成果がすぐに出る選手、自分の持ち味を毎試合出す選手いろいろですが、1つ覚えて、1つ忘れることがないように、一歩ずつ前に進めたらいいと思います。

天候に不安がありましたが、日ごろの行いがよかったのか、雨が降り出したのは撤収後でした。

本日も御協力頂いた関係者の皆様、保護者様、ありがとうございました。

5年コーチ 小倉

3年第2ブロック大会・予選リーグ②

3年生2ブロック予選2日目 会場:松戸市立河原塚小学校

vs 流山翼少年SCクラッキー
2-5(0-1,2-4)

vs矢切SCアタック
1-1 (0-0,1-1)

当初予定されていた6月20日(日)の日程が、雨で順延となっていたが、何とか天候ももって蒸し暑い中、予選2日目となった3年2ブロックの予選リーグが開催されました。

フォルテは3年生8名と2年生の2名で臨みました。
初戦の相手は、予選全勝と個の技術やチームの実力も格上との試合です。
前半は、ほぼ相手にボールを支配され、何度もピンチを作ったが、フォルテ守護神のビックセーブ連発。何とか守備陣も粘り強く戦うも、前半14分ゴール前にスペースを作られフリーでシュートを打たれてしまい失点。
後半も粘り強く戦い、奪ったら、逆サイドの
広いスペースやフリーのスペースに早くパスを入れるように指示をする。
後半開始早々に失点してしまいリズムが悪くなってしまったが、後半3分に左サイドのスペースに良いパスが通り、スピードにのって相手DFを振り切り、GKと1対1。
このチャンスを冷静に流し込み、反撃に移るも、疲れが出てきて、少しずつ足が止まってくる。5分、6分と失点。
ここで、フォルテ守護神がセーブに行った際に手を負傷。一瞬、主審がバツサインを出したが、本人の強い意思により、プレー続行。
それに奮起した諦めない攻撃陣、11分に相手DFを引き付けて出来たスペースに走り込んだ、2年生が体格の大きなDFに詰められるも、粘り強くキープしシュート。攻撃の連動が見れました。
良い形で得点するも、体力的にもきつくなって集中が切れてしまった12分には、追加点を奪われ試合終了。
前節は、フィニッシュまで行けなかったが、
得点が出来た事は評価。しかし、一つ一つのプレーに責任がなく人任せ。

次戦の矢切戦は、粘り強く最後まで諦めないで、全員で守備する、攻撃時も同様に、全員で攻撃する。足が止まらないで、サポートする事を伝えた。
次戦は連続となる為、水分補給やエネルギー補給をして、40分休憩となるが、みんなボールを蹴りたくて仕方ない。
休む時間が少なくて大丈夫か心配したが、監督、コーチ陣の予想を上回る選手達のスタミナ。試合に入ると1人1人のプレーに責任感があり、誰一人、足が止まらない。
相手の攻撃スイッチを入れさせない、早いプレスが連動し、お互いに一歩も引かない気の抜けない展開の中、前半終了。
後半も前半と同じ戦いが出来ればチャンスを作れると送り出す。
すると後半開始早々に、右サイドからチャンスを作り、センターリングからシュートをするも、枠外へ。ゴールは奪えなかったが、今日一番の展開でした。
両チーム共にアタッキングサードに入るもフィニッシュに行けず、時間は過ぎ、12分、フォルテにチャンス。これも2年生が右サイドで粘り相手を引きつける。後ろから、2人がカバーに走っている。中央のスペースを選択した2年生からのパスを冷静に流し込み、試合が動く。これはいけると思ったのは、私だけでしょうか?相手に上手く逆サイドを使われ同点弾をあびる。とても押さえの聞いた良いシュート。大活躍のフォルテ守護神でも難しかった。
同点となってしまったが、会場にいた他チームからもとても良い試合をしていたとお褒めの言葉をいただきました。
来週からまだまだ試合がありますが、今日の2試合目を継続すれば、良い試合が出来ると選手は体感したと思います。
継続して練習からしっかりやっていきましょう。
今日は本当に良く戦いました。

サポートしてくださいました谷津監督、保護者の皆さま、対戦いただきました関係者、大会運営いただきましたラビットキッカーズ様ありがとうございました。

對馬

2年以下Kids-Kinderリーグ 第2節

Kids-Kinder リーグ 第2節 会場:野田市立福田第二小学校

KKリーグ第2節
会場:野田市立福田第二小学校
5対5のフットサルルール(7分ハーフ)

①6-0 VSまちサカG
②1-4 VSペガサスA
③4-0 VSまちサカW
④1-0 VSペガサスB
⑤0-5 VS松戸旭

kinder(一年生以下)は、一年生5人•年長6人の計11人で試合に臨みました。

ゴール前までドリブルで抜け出せるものの、フィニッシュのところでうまくいかないシーンや、せっかく相手を抜いても、抜いた相手に追いつかれるシーンが何度も見られました。
しかしながら、キックインやキーパースローではだんだんとボールを狙ったところや遠くに蹴る•投げるのコツがつかめてきている選手もいて、ゴールにつながるシーンがありました。

前節に比べ、プレスに行くことが少なくボールウォッチャーになる場面が多々あったことが、失点の主な原因となりました。

次節の課題
○相手がボールを持った時にプレスに行く

○相手の少ない方向へのドリブル

前節同様、暑い中での5試合でしたが、最後の試合まで体調崩さず元気よく楽しめたことが何よりです。
指導者・保護者の皆様、大会開催に向けてお忙しい中での準備ありがとうございます。次節もケガや事故なく開催できるようよろしくお願いします。

2年生以下コーチ
深津

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
Kids『結果』
優勝
南流山G 1-1 分け
FORZA沼南 4-1 勝ち
南流山B 4-2 勝ち

『テーマ』
・積極的なプレス
・キックインの受け方(縦の動き)
・練習したドリブル技術を使う

『総評として』
猛暑の中、皆走りきる力とメンタルがあった。団子サッカーを徐々に脱却し、スペースへのドリブル、仲間を信じる事ができるようになり、ぐっとサッカーらしくになってきている。プレスの速さは習慣化され、奪うボール量からチャンスになり優勝に繋がっている。課題を各指導者と確認する、周りを見る力と、ドリブル技術の二点があがる。来週も引き続き第三節なので、テーマに対して向き合っていきたい。

赤澤健児~⚽

2年以下交流試合

ペラーダジュニアーズ  会場:野田市立北部小学校
             

本日ペラーダさんとのTMが開催されました。
2年生9名.1年生5名で均等分け混合チームを2チーム作り挑みました。
8分ハーフ5本行いました。宿題(テーマ)は市内大会から取り組んでいる
1.早いプレス 2.ナイス、どんまいの声 3.ドリブルしてる選手を助ける行いました。

①1-3 ④3-7
②0-2 ⑤1-2
③1-2

結果1試合も勝てる事ができませんでしたが良かった点は、失点はしたものの対個人に対して体をぶつけてボールを奪うシーンが多く見られました。課題は相手はドリブルに力強さ、スピード感を感じ意図してコートロール(運んでいる)がやはりフォルテの選手はドリブルのスピードもなくうまくコントロールできていない、特にシュートを打つ前の最終タッチが悪いためシュートが上手く打てない、どうしてもプレスを意識しボールばかり見てしまうと周りの相手が見れていないと課題が多く残りましたが次のKKまで少し時間もあるので少しずつ課題を克服していけたらと思います。
TMお声掛けして頂いたペラーダさんありがとうございました。

幼稚園組は親子サッカーをしました。たくさんのお父さん、お母さんに参加して頂き大変盛り上がりました。ご参加ありがとうございました。

2年生以下コーチ佐藤

3年第2ブロック大会・予選リーグ①

3年生2ブロック予選1日目 会場:流山市江戸川河川敷サッカー場

vs ラビットキッカーズ
0-2(0-1,0-1)

20日(日)に予定されていた1日目が7月4日(日)に順延となり、本日が予選初日となった3年2ブロックの予選リーグ。
今回も雨予報の心配もありましたが、無事に開催されました。

フォルテは3年生9名と2年生の1名で初の公式戦に臨みました。最初の相手は松戸市春季大会で4位となったラビットキッカーズ。
これまで上の学年でもボールを運ぶ技術は高いレベルの選手を多く育ててきたチームです。

前半開始直後にボールへのアタックが少し遅れ、相手の足にはいってしまい、イエローカードを受けるスタートとなりました。これでプレーが消極的になってしまうかとも思いましたが、その後もなんとか粘り強く対応出来ていました。
7分にゴール正面、やや距離のあるところでフリーキックを与えると、スピードのあるボールがゴールを襲う。ゴール前が混戦になっていたことでブラインドになってしまい、ゴールキーパーの手を弾きゴールに吸い込まれ先制を許します。
攻撃では両サイドからのドリブルでアタッキングサードまでは運ぶものの、サポートがないためフィニッシュまで持ち込むことが出来ませんでした。
後半も前半同様に粘り強く守りながらサイド攻撃を中心になんとか得点を目指しましたが無得点に。10分には今月よりフォルテに加入した選手が試合デビュー。後半終了間際にはハンドで与えたゴール正面からのフリーキックをまたも直接決められてしまいました。

流れの中での失点はなく、守備も粘り強く出来ていたことは評価出来ますが、やはりサッカーは得点を取らなければなりません。少しずつグループでボールを動かすところにも取り組んでいきたいと思います。

予選リーグ突破には厳しいスタートとなりましたが、選手たちにはなでしこリーグやトレーニングマッチとも違う良い経験が出来たと思います。

サポートしてくださいました保護者の皆さま、対戦いただきましたラビットキッカーズの関係者、ありがとうございました。

飯塚

5年第2ブロック大会・予選リーグ②

5年生2ブロック予選2日目 会場:野田市スポーツ公園

正式名称は千葉県サッカー協会 第4種委員会 第2ブロック大会・5年生大会Group1・予選リーグ第2日目
予選は5チーム総当たりのリーグ戦。
上位2チームが9月の決勝大会へ進む。

前日から雨が降る予報がありましたが、
雨が降らないまま2ブロックが開始出来ました

第1試合vs常盤平 0-1 負け
試合開始と同時に選手達が相手に向かって行く
相手にプレッシャーをかけてボールを奪いパスで繋いでゴール前に行くがファーストシュートは入らず。
前半8分頃相手が中央から縦パスが通ってしまいそれを止めようとしたがペナルティエリア内で倒してしまいPKを与えてしまった。これを決められてしまい0-1。
その後も相手を攻め続ける。昨日練習した
コーナーキックからのセットプレーも練習通りポジションを選手達が決めて走り込むもシュートが入らない。
後半に入っても疲れている中で選手達が走り続けて攻め上がるが得点が取れぬまま試合終了。

第2試合vs流山翼 3-2 勝ち
最初の試合で良い試合が出来ていたので、その試合展開を忘れずに始まった2試合目。
試合開始から両サイドを大きく使った試合展開で開始1分でファーストシュートが飛び出すも
ゴールにならず。中々1点が遠い。
そんな中前半16分頃、相手コートでボールを奪い中央から右サイドに縦パスが通る。それを1タッチで前に出し右サイドからシュートを打ち
ゴールが決まる。ようやくの1点が決まり選手達の指揮が上がってくる。
後半に入っても攻め続ける。後半7分頃に右サイドから縦に抜け出し中にパス。一度目は弾かれたがセカンドボールをそのまま蹴り込み2点目が決まる。その後も今度は左サイドから同じような形でシュートが決まり3点目。
この後も攻め続けるも少し疲れが見えたのか
相手の選手にロングシュートを決められてしまい3-2にされてしまう。ただ選手達全員が諦めずに攻め続ける中試合終了。

今回の総評としては、攻め続ける事が出来てはいるが最後のフィニッシュが雑になってしまい
得点出来ず勝てる試合も勝てない事になってしまった。
ただ、コーナーからのセットプレーはたった1回の練習ではあったがしっかりポジションを取って攻めていたのが見れて良かったです。

今後の課題としては、シュートの精度アップと
コーナーからのセットプレーの技術向上が必要だなと感じました。

保護者の皆様今日一日選手達の送迎と本部のお手伝いをして頂きありがとうございました。
今後とも選手達の成長を見守って下さるよう
よろしくお願いします。

井上監督 小西監督
審判とクラブ・ウェルフェア・オフィサー
として来て頂きありがとうございました。
色々と分からない事が有り凄く勉強になり
ました。
今後ともよろしくお願いします。

          5年コーチ 石川

大型台風5号が梅雨前線を刺激して北上。関東地方は南部を中心に雨、局地的にカミナリを伴う予報が出ていた。しかし、雨は無くまずまずの天候だった。

第2日目は、トリプレッタと常盤平は2勝、フォルテは1勝1敗で追う形となる。

①フォルテ 0-1 常盤平
②ALMA松戸 2:4 流山翼
③常盤平 2-1 トリプレッタ
④フォルテ 3-2 流山翼
⑤ALMA松戸 0-4トリプレッタ

Group1最終結果
①常盤平 4勝0負
②トリプレッタ 3勝1負
③フォルテ 2勝2負
④流山翼 1勝3負
⑤ALMA松戸 4負

2試合とも内容は非常に良かった。積極的にサイドのスペースに向けてスルーパスが相手陣内の裏を突く。折り返しもGKの出られない良位置に入れられ、得点チャンスを何度もつくった。
しかし、ゴール前の数cmをものに出来ないもどかしさの2試合だった。終了後の選手の顔は充実感を感じたようだった。

次は東葛
守備の安定と攻撃の約束事に精度をあげたい。

2日間、完璧な主管運営をして頂いた保護者、井上、小西監督、有り難うございました。
*****吉原****

5年生指導者、保護者の皆様
今日は、結果こそ今一歩のところでしたが、素晴らしい試合が展開されたようで、皆様のご尽力、サポートに感謝しかありません。実際に試合を見ることができず、残念です。選手たちは、なかなかできない経験を積むことができ、自信になったと思います。またこれからに向けてのモチベーションの向上にもなったでしょう。
これからさらに、選手たち一人一人のスキルや人間性を伸ばせるよう、一丸となって指導、サポートをしていきましょう。
本日は、ありがとうございました。。槇山

5年第2ブロック大会・予選リーグ①

5年生2ブロック予選1日目 会場:野田市スポーツ公園

正式名称は千葉県サッカー協会 第4種委員会 第2ブロック大会・5年生大会Group1・予選リーグ第1日目
予選は5チーム総当たりのリーグ戦。
上位2チームが9月の決勝大会へ進む。

昨日から関東地方は広く雨雲がかかり、傘が手放せなかった。今朝も雨が残っていたが次第に日が差しこんだ。
ピッチはややスリッピーだが水たまりもなく、緑がとても綺麗。

①ALMA松戸 0-2 常盤平
②流山翼 3-5 トリプレッタ
③フォルテ 5-2 ALMA松戸
④常盤平 3-1 流山翼
⑤フォルテ 1-2トリプレッタ

早朝から主管運営等、保護者に感謝。井上副代表、小西監督,他、多くの指導者有り難うございました。

昨日から、何度も何度も天気予報をみてしまったのは私だけではないだろう。

続きは次週27日(日)同会場。
最後の試合は充実した良い試合、次週も選手のGood performanceに期待しよう。

詳細は担当コーチから

*****吉原****

雨が止む予報が長引き第一試合が始まるくらいまで小雨が続いたがフォルテの試合が始まる頃には曇り空に。雨男のレッテルを剥がしたい。

フォルテの試合は第3試合。朝早い集合で待ち時間が長かったが皆士気は高い。

vs ALMA松戸 5-2 ○
vs トリプレッタSC 1-2 ×

最近取り組んできたのは
「奪ったボールを丁寧に繋ぐ」
だったが緊張か焦りか相手にぶつけてしまうシーンが多く守備から攻撃への展開が物足りない。止める、蹴るの基本技術、相手との駆け引きの部分で精度を上げたい。
また、技術の高い相手だともっと守備の強度を上げていかないと通用しない事が実感できた。
そしてビックチャンスでしっかり得点する事。
決める所でしっかりゴールできていればもっと有利に試合が運べたと思う。
今日選手たちは勝利に向かって精一杯のプレーをしてくれました。強い相手と真剣勝負する事で得られた経験は大きいと思います。それぞれ感じた事を来週に繋げてもらいたいと思います。
来週あと2試合予選突破に向けて準備したいと思います。
対戦していただいたチームの皆様。朝早くから準備、お手伝いしていただいた保護者の皆様。
井上副代表、小西監督、応援に駆けつけてくれました指導者の皆様今日はありがとうございました。

執行