5年県中央大会①

0-2東習志野FC、0-2辰巳台FC 会場 習志野市袖ヶ浦少年サッカー場

駅伝大会などがあり、12名の選手で望む。

第一試合
東習志野FC 0-2 敗戦
第二試合
辰巳台FC 0-2 敗戦

全体を通し、気持ちの入っていないゲームとなった。
寄せが遅く、プレスがかからず、相手の切返しに簡単にかわされてしまっていた。
チームとしても闘えず、サポートの動きも足らなかった。
失点はウラを取られ失点した場面が目立った。
チームとして狙いを持った動きとドリブル、パスを身につけなければならない。

保護者のみなさん、朝早くからサポートありがとうございました。
小西監督、審判サポートありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチより。

谷津
—————————

4年3年TXドリームカップ

☆優勝☆ 0-0境SSS、1-0双葉SC、3-0YFC小絹、1-0きたぐりU、1-1ACもりや 会場 守谷市常総運動公園     .
TXドリームカップ3

TXドリームカップ(4年生以下の部)に参加させて頂きました。
4年生、7名中2名学校行事の為、休みの為
3年生 5名を加えて10名にて参戦させて頂きました。
場所は、守谷市常総運動公園で会場到着してビックリ。
なんと人工芝のとても素晴らしいグランド。
このグランドでサッカーが出来るだけでも、本当にありがたい大会でした。

第1試合 vs境SSS
0-0
第2試合 vs双葉SC
1-0
第3試合 vs YFC小絹
3-0
第4試合 vs きたぐりU
1-0
第5試合 vs ACもりや
1-1

6チームの総当りリーグ戦
3勝2引き分け
勝ち点 11

結果 優勝

試合の詳細は、井上監督より

4年 国生
———————
篠田助監督から8日にいきなり?のオファー、年のせいかお互い忘れていたか、
降って沸いたような大会への出場となりました。
主管のACもりやさんの代表と篠田助監督が知り合いということでお誘い頂いた初参加の大会です。
守谷市常総運動公園は人工芝で雨天でも素晴らしいグラウンドコンディションのなかサッカーをさせていただきました。

6チームのリーグ戦で15分1本で行われます。全チームと戦えて本当の順位を決められる大会方法だと思います。
いつもながら4年と3年の合同チームで挑みます。

初戦は境SSSです。4年を守備、3年を攻撃という布陣で終始フォルテペースで進めシュートを数多く打つも
無得点で試合終了。

シュートはゴールへのパスを意識させて双葉SC戦へ、今度はセンターを4年、サイドを3年で全員違うポジションで行う。
今日の選手は何かが違う、フォルテペースが続き3年の得点で勝利。

雨が降るなかYFC小絹戦へ、みんなドリブルでペナルティエリア付近まで行くがパスを出すことが多かったので
シュートを意識させて送り出す。
またも違うポジションでのチャレンジ、4年の滑るピッチを活かすトーキックでの得点を皮切りに3得点で勝利。
あれ?いつもの4年と違う?

次戦はきたぐりU戦。またも違うポジション。
なかなか得点を取れないなか4年からキーパーとディフェンスの間へ素晴らしいパス、3年が押し込んで得点。
同じ名前で通じあっていたようだ。

あれあれ?もしかして優勝。
できるだけいつもと同じように送り出す。

最後はACもりや。自分の得意なポジションを立候補させてキックオフ、お互い優勝がかかり熱い戦い。
キャプテンは明らかに緊張が見られる。正キーパーの勇気あるプレーで得点を許さないなか
4年の自称シュートにより先制点。
しかし相手の鋭いドリブルに対応できず度々危ない場面をつくられ遂に初失点。
その後何とかがんばり引き分けで終わる。

他のチームの勝ち点は計算せずにいたので本部に確認に行くとフォルテ勝ち点11、2・3位チームが勝ち点8で
20期生初のタイトル☆を掴んだ。(^-^)v

主管のACもりや様を初め対戦相手の皆さんありがとうございました。
3年の選手、保護者様いつもありがとうございます。
4年の選手、保護者様おめでとうございます。
初タイトルに免じて長文お許しください。
一番驚いている監督井上でした。君たちを信じていなくてごめんなさい。
いつの間にか成長していたようでした。

井上

5年東葛決勝トーナメント②

0-2常盤平 会場 松戸主水グランド                         .

11/12までの結果 ⇒ 2017_U11_決勝T_1112
5年東葛決勝トーナメント②  2017/11/12(日)
0-2常盤平 会場 松戸主水グランド 

東葛決勝トーナメント2回戦 vs常盤平0-2(0-2 0-0)で惜敗。
2ブロックチャンピオン相手に頑張りました。
詳細は小川コーチより。

槇山
—————————
年東葛大会決勝トーナメント1回戦

相手は今年の2ブロック王者常盤平少年FC。
王者相手に17人の選手で挑みました。

前半早々フォルテはバックでパスを回そうとするが相手の早いプレッシャーにボールを奪われ危ないシーンがあり守る時間帯が多くなる。
体を張ったプレイで何とか失点は防いでいたが前半12分左サイドからのセンタリングから見事なヘディングシュートで失点された。
難しい体勢から見事なシュートだった。
それから5分後相手の攻撃を何とかDFの頑張りで跳ね返すが味方に繋げられずセカンドボールを強烈なミドルシュート。
2失点で前半終了。
相手チームではあるものの、2点とも素晴らしいゴールでした。

後半はポジションや選手を攻撃型に変更。
前線でプレスをかけ続け中盤でボールを奪えるようになる。
そこからサイドの選手を上手く使える様になりシュートチャンスをつくるが得点できず試合終了。
0-2で負けてしまいましたが相手のスピードやテクニックあるドリブルにも体を張って守り後半は0点に抑えたのは良かった。
選手みんなが勝ちたいという思いがとても伝わった。全力で戦えて負けたのは悔しいが気持ちの良い試合でした。

課題は1対1で守れなければ1対2で守る。
1対1で抜けなければ2対1で攻める。
攻守共コンビプレイを強化いていきたい。

保護者の皆様車出しや応援ありがとうございました。試合には負けてしまいましたが選手達は確実に成長しています。
次回は県大会がありますので引き続き、応援をお願い致します。
野口コーチ、對馬コーチ審判サポートありがとうございました。

小川

5年東葛予選② 2017/09/30(土)
6-0上本郷 会場 逆井運動場

5年東葛第2節
ススキが夏の終わりを告げる9月の最終土曜。逆井運動場に15名が集まる。

前節で2引き分け、勝つしかない選手は終始試合を支配した。
上本郷 6-0
Hグループ2位で決勝大会に進出となりました。

明日は2ブロック準決勝、決勝。昨年に続き最高のパーホーマンスに期待する。

詳細は谷津監督から
****吉原****
—————
めっきりと秋らしくなってきた青空のもと、柏市逆井運動場に15名の選手が集まる。
前節で引き分け2試合としている為、第二節は得点して勝ちきることが先ずは目標。

Vs.上本郷SC 6-0
両サイドの選手はガマンし、サイドで開いて待つ、攻撃は待っている両サイドの選手を活かし繋げるを確認し、キックオフ。
序盤からプレスをかけ、ボールを奪えるが、狙った攻撃に繋がらない。
両サイドがガマン出来ずにサイドが活かせず、また味方同士の距離感が悪く、どうも繋がらない。
しかし、ベンチからの仲間のコーチングもあり、スペースへのパスが見られるようになってきた。
そして、開始から5分、右サイドに出たボールを素早い右サイドの選手が持ち込みそのまま先取点。
その後も同じ形で同じ選手が追加点をあげる。
しかし、距離感が悪いのか、繋ぐパスが弱く繋がらない。何かぎこちない。
お互いに出してと受けてが意識を合わせていないようだ。
これが相手に奪われてしまうが、DFの対応とGKが得点を許さない。
後半に入ると、横パスを狙いインターセプトされることが多くなった。
タイミングをズラす、フェイントを入れるなどの工夫が欲しい。
こうなると、ドリブル突破が有効な場面が出てくる。
Fwが持ち込んだシュートを押し込むなど、ゴールへの執着心も見えた。
自分たちのちょっとしたミスから危うい場面などもあったが、多く得点をあげ、予選突破となった。

TRM
Vs.柏ラッセル 1-0

先ほどの上本郷戦で負傷した、バックの選手を休ませ、ポジションを変えてのぞんだ。
さすがにグループ首位で突破したチーム。
簡単にはゴール前に運ばせてくれない。
寄せの早さ、ボールコントロール、ドリブル、どれをとっても是非、見習ってほしいところが沢山あった。
お互いに少ない決定機をものに出来ない。
焦りが相手が持ったボールに飛び込んでしまう。相手はどちらに切り返すかを、こちらを見ながら判断している。
飛び込んでは駄目だ。
そんな中、中盤でのプレスから奪ったボールを前のめりになっていた相手GKの頭上を抜く技ありシュートを決める。
その後お互いに得点出来ずに試合終了。
勝利とはなったが、沢山学ぶべきところが有ります。もっともっと頑張りましょう。

試合前の挨拶時に対戦チームのコーチから明日の2ブロック準決勝、決勝の激励の、言葉をいただいた。有難い。

この度、主管を務めていただいた柏ラッセル様、スケジュールの調整など、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

保護者の皆さん、本日も学校行事があったりとご苦労があったと思いますが、ありがとうございました。
また、指導者が審判で抜けている間、お手伝いいただきました、(仮免中)保護者コーチのお二人、ありがとうございます。
保護者の皆さん、明日も何処にも負けない、熱い応援をよろしくお願いします。

谷津

5年東葛予選① 2017/09/16(土)
0-0ラッセル、1-1三小キッカーズ 会場 逆井運動場

5年東葛予選①
台風18号の影響が心配されるなか、5年東葛予選が始まった。肌寒さが感じられる逆井運動場。
17名で戦う。

①12:00 ラッセル 0-0
②13:05 三小キッカーズ1-1
次節は上本郷と対戦。

勝ちきりたかったのだが・・・・

先ずは報告まで
*****吉原******
———————————
11人制で行われる東葛大会の予選1日目。柏市の逆井グランドにて行われました。

①vs柏ラッセル0-0
ショートパスを丁寧に繋いでくる相手に対し、前線からのプレスからカウンターを仕掛ける。
お互いにゴールチャンスを作る手前でボールを失う。
緊張感のあるゲームだったが、集中を切らさず守備ができました。

②vs三小キッカーズ1-1
1試合目から20分程度のインターバルで試合に入りました。
開始早々に右コーナー付近で相手ボールを奪ったトップの選手の頑張り、突破からクロスが入り、
反応したもう一人のトップの選手が合わせ、一度は弾かれたものの、こぼれ球を押し込み先制。
その後も相手コートでのプレー時間が多いものの、キープ力のある相手中盤選手に手を焼き、
次第に疲労から運動量と集中力が欠けてきた。
後半残り5分に、DFとGKのパス回しにミスが出て、ゴールを許し、同点。
その後トップの選手のドリブル突破から惜しいシュートもあったが、そのまま終了。

残り1試合ですが、他の試合結果により、勝てば自力で予選突破できます。
今日の2試合からは、ドリブル、パス共に前に急ぎすぎることと、試合をどう進めるかを課題にあげました。
個々は、キープ力アップと横へのドリブルやパスを使えるようにすることです。
今日は台風が近づく肌寒いコンディションの中で、熱い応援をいただきました。
また、小西監督には審判サポートとGKコーチングをいただきました。ありがとうございました。

5年槇山

3年なでしこリーグ

0-0西町FC、5-0越谷南FC 会場 柳島グランド                   .                       .

なでしこ試合結果0923まで

なでしこリーグ 2017/11/12(日)
0-0西町FC、5-0越谷南FC 会場 柳島グランド 

なでしこリーグ(14節,15節)
vs 西町FC (0-0,0-0)0-0
vs 越谷南FC (0-0,5-0)5-0
フレンドリーマッチ
vs 西町FC (15-1,5-0)20-1

14節 1試合目
vs 西町FC
今回は普段控えの選手達をメインに試合に挑みました。
今までのフォーメーション2-4-1から3-3-1にしました。
テーマとしては、サイドバックの選手の追い越しです。
前半は慣れないフォーメーションの中で、よく頑張ってくれました。
とくに左サイドの中盤と左サイドバックの追い越しが凄く形になっていて、チャンスをいくつか作ってくれました。
前後半ともに得点は出来なかったけど、凄く良い試合でした。悪い点では声が出てなかった事です。
もう少し周りを見て、声が出れば勝てた試合でした。
結果は(0-0,0-0)0-0 引き分け。

15節 2試合目
vs 越谷南FC
テーマは1試合目と一緒で、とくに声を出す事は必ずやる事です。
フォーメーションは3-3-1で、選手のポジションを変えて挑みました。
前半はやはり声が出てない。サイドバックの追い越しも出来ず、ボールを奪う時も足だけで行ってしまう。
悪い癖が出てしまった前半でした。
ハーフタイムではもう一度自分達が何をすべきかを再確認。先ずは自分達が出来る事をする。
後半は前半とは違って声は出てる。追い越しも少しずつだがチャレンジしてる。
後半は得点も出来て(5-0)
結果は(0-0,5-0)5-0 勝利。

フレンドリーマッチ
vs 西町FC
この試合は主力メンバーで、3-3-1のフォーメーションで挑みました。
テーマは追い越しとDFラインのコントロール。間延びしない。
カウンター攻撃をする時のDFラインの押し上げ。逆サイドへの展開をする事。
前半はサイドバックの追い越しが出来てパスも上手く行ってる。前半だけで(15-1) 後半は自分勝手な動きが多く見られた。
パス出来る所を強引にドリブルして無理なシュートを打ったり。自分がどのポジションなのかを把握出来てない。
ポジションを変えても中盤でのタメが出来ない。
結果は(15-1,5-0)21-1 勝利。

今回はフォーメーションを変えての試合でした。
慣れないフォーメーションでも、それぞれのポジションを学んだりしました。正直、東葛まで時間が足りません。
それでも新たな事をチャレンジしなければ、レベルの高いチームには勝てません。県大会では子供達皆が感じた事です。
練習からスキルアップ出来るようにして行きたいと思います。
本当にお疲れ様でした。今後も宜しくお願いします。

3年生 コーチ飯塚

なでしこリーグ 2017/10/01(日)
なでしこリーグの結果

エンデバー 8-0 フォルテ
ジェンシャン 1-3 草加東
フォルテ 0-11 ジェンシャン
草加東 1-2 エンデバー
フォルテ 0-6 草加東
ジェンシャン 1-6 エンデバー
以上。

寺田

なでしこリーグ⑩ 2017/09/10(日)
3-0松原FC 会場 瑞沼市民センターグランド 

なでしこリーグ結果
フレンドリーマッチ
vs ちくみキッカーズ 0-0
なでしこ 第10節
vs 松原FC 3-0

今回は経験の浅い選手達をメイン挑む試合でした。
テーマはチャレンジする。一対一の場面では、練習で覚えたテクニックをやってみる。取られたら取り返す。取り返せなくても、
しつこく相手に付いて行く。

フレンドリーマッチ
vs ちくみキッカーズ
2回目の対戦ともあって、今回はフレンドリーマッチになりました。
主力メンバーを控えに挑んだこの試合。自らドリブルで仕掛ける選手達。ボールを取られても、諦めずに取り返そうとする姿勢。
凄く良かったです。自分のポジションの位置が分からない仲間が居れば、声を掛けて教えてあげたりしてました。
結果は0-0の引き分けだったけど、凄く価値のある試合でした。

第10節
vs 松原FC
試合数が中々こなせない、なでしこリーグ勝って勝ち点3が欲しいフォルテ。
2-4-1のフォーメーションで、主力2人をDFに使い。挑んだこの試合。
前半は守備がしっかりしていて無失点で押さえるも、得点が取れない。
前半0-0
後半は攻撃陣を替え、得点を狙いに行く。その期待に応えてくれて、ドリブルからのシュートで先制点!
更に追加点が入り2点、3点目と入り、後半3-0 結果は(0-0,3-0)3-0 勝利!

今回も何とか勝ち点3を取る事が出来ました。順位も上がる事が出来き凄く良かったです。
試合では練習で覚えたドリブルからのテクニックも選手達が何人かですが、やってくれました。
合宿での成果が出来た感じでした。
その後にはフレンドリーマッチもさせてもらいました。

フレンドリーマッチ 10分二本
一本目
vsちくみキッカーズ 0-0
二本目
vs 松原FC 4-0

一本目
ちくみキッカーズ戦は最初のメンバーと一緒で、ドリブルからのチャレンジ。中々、得点が取れない厳しさを痛感した試合でした。
結果は0-0 引き分け!
二本目
松原FC戦は主力の2Bメンバーで挑みました。主力に関してはサイドからの展開をと指示。結果は4-0 勝利!

今回も沢山の応援サポート本当に有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

なでしこリーグ③ 2017/07/09(日)
1-2八潮メッツ、5-0瀬崎サッカー、6-0中北少年 会場 中川北小学校 
試合結果 ⇒ 7,9なでしこ(中北小)試合結果

なでしこリーグ結果
vs 八潮メッツ 1-2
vs 瀬崎サッカー 5-0
vs 中北少年 6-0

猛暑の中、3年生16人が集う。前半戦と後半戦のメンバーを均等に分けての試合。
今回のテーマは声の掛け合いと周りを見る事。相手を自由にさせないプレスの徹底。

第一試合
vs 八潮メッツ
立ち上がり相手ボールからの開始でトップの選手がプレスを掛けてボールを奪う事を指示をするも、
それが出来ずいきなり攻めこまれるフォルテ…焦りが出てミス連発。
危なく失点されそうになるも何とか死守し中盤での攻防戦が始まった。先にチャンスを物にしたフォルテ。
見事ボールを奪いゴールまで運びシュートで先制点!1-0
そのまま勢いがつくと思ったが予想以上に相手のプレスが速い。一人に対し二人で対応してくる相手チーム。それに焦るフォルテ。
またもミス連発…判断力が鈍る中、自分達のポジショニングが把握出来ず無人のゴールに失点してしまった。
初の失点で動揺する選手達。
更に相手の勢いが止まらず追加点を与えてしまう。前半1-2
ハーフタイム中に選手達に自分がどのポジションかを再度確認する。声を掛け合いながら周りの仲間に教えてあげる。
メンバーを入れ替え後半へ…。
後半はようやくフォルテペースに持ち込んだ。しかし怒濤の攻撃をするも点に繋がらない。
相手へのプレスも前半に比べて後半はフォルテが速い。シュート数もフォルテが圧倒的に上回るも点が入らない。
焦りが出て前へ急ぎ過ぎてオフサイドになる場面が多数。結局、後半0-0のまま終え結果は1-2の敗戦
この試合は普段フォルテがやっている事を逆に相手にやられた事。初めての展開に動揺してしまった事。
ゴールの質の大事さが、凄く分かった試合でした。
この課題は普段の練習から意識を高めて行きたいと思います。

第二試合
vs 瀬崎サッカー
ここへ来てようやく本来のフォルテの良さが出来ました。プレスの速さも上手く行っている。味方のシュートのこぼれ球も拾えている。
前後半共にバランスの取れた試合でした。
結果は5-0 勝利!

第三試合
vs 中北少年
最後の試合もバランスの取れた試合でした。サイド攻撃からの得点も出来た。ゴールへ向かうドリブルも良かった。
しかしながら、まだオフサイドに掛かってしまう事が多い。
どのタイミングでボールを貰うか、どのタイミングで動き出しが出来るかも練習で取り組んで行きたいと思います。

猛暑の中、応援サポートしてくれた保護者の方々。本当にお疲れ様でした。
まだまだ暑い日は続くと思いますが子供達の健康管理の方も宜しくお願いします。

3年生 コーチ飯塚

なでしこリーグ② 2017/06/18(日)
3-0ちくみキッカーズ、3-0大相模サッカーSC、4-0清門FC 会場 清水台小学校

全試合結果 ⇒ 試合結果0618

曇り空で気温も高くなくサッカーの試合するには、最高のコンディションの中 なでしこリーグを開催しました。
今日は、各学年試合が有り4年生に3名参加。1名お休みで15名での参加。
清水台小グランドでの試合な為
今日のテーマは、
ドリブルで仕掛けるのか?、仲間にボールを出すのか?を各人が判断する事
ボールを持っていない時に周りを見ておく事
1対1に負けない事
練習でも言われている事を実戦でやる様に指示して試合に挑む。
なでしこリーグ結果
対 ちくみキッカーズ 3:0
対 大相模サッカーSC 3:0
対 清門FC  4:0
3勝  通算 6勝目

詳細は、飯塚コーチより

保護者の皆様、
朝早くから会場設営、グランド整備等ご協力頂き有難うございました。
これからも、ご協力の程宜しくお願いします。
近内
——————–
なでしこリーグ結果
vs ちくみキッカーズ 3-0
vs 清門FC 4-0
vs 大相模SC 3-0

今回は回りを見る。声を出す。誰がどの選手にマークするのかを声を出して伝える。
フリーの選手は声を出してボールを貰いに行く。
攻撃はワイドに広がり守備の時はコンパクトにする等をテーマに試合に挑みました。

1試合目
vsちくみキッカーズ
前後半とも声を出す事が数人しか出来てない。せっかくフリーで居るのに声を出さないでボールを貰えない選手。
まだまだボールにばかり行く選手。もっと回りを見れれば良かったと思いました。
一対一の場面では体を張ってボールを奪う事が出来た。
結果3-0

2試合目
vs清門FC
一対一では負けてない。後はドリブルしてる選手の後ろに行って声をかけながらサポートが出来れば完璧だ。
攻撃の場面でもワイドに広がる事も出来た。サイドからの攻撃の時はゴールに向かうドリブルをして欲しかった。
これも課題の一つで練習からゴールに向かう姿勢をしていきたいと思いました。
結果4-0

3試合目。
vs大相模SC
大分声を出せるようになった試合。疲れも出て居るが、最後まで体を張ったプレーが出来て良かった。
テーマとなった声を出す。回りを見る。それぞれ皆が意識をもった試合でした。
結果3-0

今回は皆が意識をもったプレーが出来たと思います。声を出す。回りを見る。一対一の強さ。凄く良かったと思います。
なでしこリーグ6戦未だ無失点記録。専属GKも居ない中、体を張ったプレーの一つ一つが素晴らしかったです。

今回も沢山の応援サポート本当にありがとうございます。今後とも選手達の成長を見守りながら、応援の方宜しくお願いします。

3年生コーチ飯塚

なでしこリーグ① 2017/05/07(日)
8-0八潮中央、4-0草加住吉、10-0安行東 会場 安行東小学校
全試合結果⇒なでしこリーグ①結果

3年生になって、8人制で行う初めてのなでしこリーグ。
17名全員参加で試合に望みました。
今までとは違うグランドの広さで行うので、システムを2-4-1に決めて試合に望む。
約束事として、
1.ボールを持っていない時に周りを見て味方と相手の位置を確認する。
2.DF 2人はどちらか1人が残って指示する。
3.1対1には、負けない。
の指示して、試合に望む。

対 八潮中央 8-0
対 草加住吉 4-0
対 安行東  10-0
3勝

なでしこリーグ初戦として上々の試合で、17名全員が試合に出場出来ました。
個人の足技、スピードを上手く使い多くの得点出来た事は良い自信になったと思います。
染谷助監督、野口コーチ、帯同有難うございました。

保護者の皆様
朝早くから送迎、応援のご協力有難うございました。
これからも、ご協力をお願いします。
近内
——————————-
前回天候の悪さに流れたなでしこリーグようやく初戦を迎えることになった。
フォルテ3年生17人全員が揃った。

1試合
vs 八潮中央 8-0
2試合
vs 草加住吉 4-0
3試合
vs 安行東 10-0

1試合目 vs八潮中央
3年生だけの初めての8人制の大会。17人全員を出場する方向でバランスを取りながらの組み合わせ。
団子サッカーにならないようにフォーメーション2-4-1で挑む。
試合前にはポジショニングの確認と声の掛け合をする事。
開始フォルテペースで試合が進む。全員で声をかけ、回りを見ながらスペースを探す。
ドリブルの仕掛けも良いがもっとゴールに運ぶドリブルが出来たら良かった。
プレスも出来ている。サイド攻撃のゴールは素晴らしかった。
結果は8-0勝利!

2試合目 vs草加住吉
もっとインターセプトを狙うようにと指示をする。
フォーメーション2-4-1の一人一人の配置を変えながらの2戦目。
慣れてないポジションなのか、ばらつきが目立つ前半戦。
何とか先制するが1点止まりだ。
後半はもっと回りを見て自分のポジショニングを確認する事。
時間差で人を入れ替えながらの対応。少しずつバランスがとれ、得点にも繋がった。
結果は4-0の勝利!

3試合目 vs安行東
最後の試合では配置を変えながらもバランスの取れた試合だ。
声の掛け合いでポジショニングの確認。インターセプトも少しずつ出来ている。
ドリブルもパスの連携も上手く行き大量点が取れた。
結果は10-0の勝利!

今回初のなでしこリーグにしては凄く良かったと思います。
まだまだ8人制に慣れてない選手ばかりだったけど、声の掛け合いひとつで回りを見れた事。
ゴールへの積極性。
凄く良い経験になりました。
特に3戦とも無失点で終えた事は凄く良かったと思います。
本日は保護者の方々沢山の応援サポート有難うございました。
染谷助監督、野口コーチ、主審サポート有難うございました。

3年生コーチ 飯塚

2年以下kkリーグ⑦

会場 福田第二小学校                                   .

kkリーグ⑦ 2017/11/12(日)
★2017フォルテ野田KKリーグ第7節結果

●kinderリーグ Aチーム

今回のKKは、1年13名、幼稚園3名の計16名で、2チームに分けての参戦となりました。
課題として、メンバーの底上げを考える。人任せにせず、全員が試合に参加するという事にチャレンジしました。
編成としては、まだ経験の浅いチームと、選手も勝負を意識するチームに分け、戦いました。
経験の浅いメンバー中心となったAチームの結果ですが、予選リーグ三試合全てを落してしまい、
順位決定戦も敗退という結果となりました。
しかし、今回の課題である、チームの底上げ、そして他人任せにせず、全員が試合に参加する事については、
身体の小さな幼稚園生をはじめとし、練習より強い気持ちで、諦めず精一杯のプレーを見る事ができ、
確実に成長できた1日だったと思います。
次回のKK、そしてゼンニチカップまでには、成長し今より良い結果が出せるかと思います。

1年 コーチ 佐々木 
————–
●kinderリーグ Bチーム

Today I was mostly in charge of coaching the B team. Right from the announcement
of the teams, the mood was positive. The B team was composed mostly of
experienced players so they were confident in their team’s chances of winning.

Objective:
We had about an hour to practice before our first match so I let the players
decide what they thought would be important to work on before the games.
They wanted to practice change of direction techniques and evasion moves in
one-on-one situations. We practiced drills such as shoulder feints and scissors
moves while more advanced players worked on their 360 spin moves to evade
defenders.

In our pregame meeting, as has become our motto, we reinforced the importance of
dribbling towards open spaces and avoiding congested areas. We also reinforced
the importance of following the player with the ball in order to be ready to
defend if ever the opposing team takes control of the ball.

Outcome:
Today’s tournament style comprised of three round-robin games to be followed by
a rank deciding final game. We finished 2-0-1 in round-robin play which allowed
us to advance to the championship game. In a tightly fought final match which
was still scoreless at half-time,
we were able to win 2-0 to be crowned champions for the day.

Our players tried to execute our objectives but were confronted by very stiff
defenses, especially during the 3rd match which ended in a tie and the
championship game. The evasion moves didn’t always work but it was a great
opportunity to learn what needs improving.

Side note:
Organized sports aren’t just an effective way to get kids active, they’re also a
great way to learn life lessons. As a coach, it is our responsibility to try and
teach them these lessons. I learned yesterday that this isn’t always easy.

One of our duties as a coach is to try to balance playing time. Only five
players can be on the field at the same time, everyone will have to spend time
on the bench. It might sound natural to us adults but it’s very hard to accept
for young kids. “Why do I have to be on the bench!? I want to play!” is all kids
think.
Coaches try to sell the benefits of being on the bench, such as watching and
copying, but kids just don’t want to hear it. Spending time on the bench forces
kids to work on their patience and taking turns. It’s also a great chance to
have them think about other people’s feelings and not just theirs. This is a
team game and everyone wants to play as much as the others.

Using the proper techniques to keep the kids motivated while on the bench is
something I learned I need to work on as a coach.

Patrick Frenette

今日私は主にBチームの指導を担当しました。メンバーの発表から、選手達の雰囲気はいいものでした。
なぜならBチームのメンバーは主に経験豊富な選手で構成されていたので、
チームが勝てる可能性は大きいと彼らは確信していたからです。

目的:
私達の最初の試合まで約1時間あったので、試合前に練習することが重要だと思いました。
彼らは、1対1の状況で方向を変えるテクニックとそして相手をかわす練習をしたがっていました。
私たちは肩の動きでのフェイントやシザースなどを練習し、より高度な選手は、
360°回転のスピン(ルーレット)で相手をかわしました。

試合前のミーティングでは主題であるオープンスペースへのドリブルと混雑したエリアの回避の重要性を強調しました。
また、相手がボールを保持した時は素早く守備に切り替えて、すぐボールを奪いに行くことの重要性を強調しました。

結果:
今日のトーナメントスタイルは3つのラウンドロビンゲーム(1次リーグ3試合)で構成されその後に順位決定戦があります。
我々はラウンドロビンプレイで2勝1分で終え、決勝戦に進むことができました。
決勝戦では粘り強く戦い前半0-0で折り返し後半2得点し、優勝することができました。

選手たちは目標を達成しようと頑張りましたが、特に決勝戦とリーグで引分けになった試合では接戦でした。
オープンスペースへのドリブルや相手をかわす事は必ずしも上手く機能しませんでしたが、
改善が必要なことを学ぶことができました。

追記:
組織されたスポーツは子供をアクティブにする効果的な方法というだけではなく、
人生において必要な事を学ぶのにも最適な方法です。
コーチとして、これらの事をを試して教えることは、私たちの責任です。
私は昨日(試合の日)、これは必ずしも容易ではないことを学びました。

コーチとしての私たちの任務の1つは、プレー時間のバランスをとることです。
5人の選手だけがフィールドに参加でき、他の選手はベンチで時間を過ごさなければならない。
大人には当然のように聞こえるかもしれませんが、幼い子供たちには受け入れ難いことです。
「なぜベンチにいなければならないのですか?試合に出たい!」すべての子供が思う。
コーチは、上手な選手を見たり学ぶ事などベンチにいることのメリットを言い聞かせますが子供はそれを聞きたがらない。
ベンチで時間を過ごすと子供たちは忍耐強くなり、それは順番に取り組まなければなりません。
また、自分の気持ちだけでなく、他の人の気持ちを考えさせる絶好のチャンスでもあります。
これはチームゲームであり、誰もが他選手と同じようにプレーしたいと考えています。

ベンチにいる選手達のモチベーションに保つたに適切な声がけなど私はコーチとして取り組む必要があることを学びました。

パトリック・フレネッテ

和訳:執行
———————
●kidsリーグ

対 桜SSS 1‐1
対 まちさかC 10‐0
対まちさかB 13‐0
順位決定戦
対 まちさかA 3‐2
得失点差でAブロックを1位で上がりいつも接戦でいい試合をしてるライバルチームのまちさかAチームとの順位決定戦。
パスを使うようになってきた相手に早いプレスやインターセブトをしたり危険な場面では、
身体を張ってディフェンスをするフォルテの選手達に、バスを始めたばかりの相手は思うように試合が出来なかったようでした。

プレスを早くし走り負けなければまだまだ個人技でいけると思える試合でした。

朝早くから1日、お手伝いしてくださった保護者の方々有り難うございました。

篠田

kkリーグ⑥ 2017/10/15(日)
雨天中止

kkリーグ⑤ 2017/09/10(日) 
★2017フォルテ野田KKリーグ第5節結果

●kidsリーグ第5節結果
vsまちさかA 0-1 負け
vs松戸旭B 2-1 勝ち
vsつくし野A 6-0 勝ち
vsペガサス 4-0勝ち

本日の試合としては、初めの2試合では身体の大きい相手や、プレッシャーの速いチームを相手に
自分達の練習してきたドリブルが上手く出来ずにパスに逃げる場面が多く見られた。
試合の合間で、シュート、ドリブル、パスを状況に応じて考えて行うこと。
一対一の場面では絶対に逃げないことなどを話し、残りの試合は自分達の試合が出来ていたと思います。
しかし、これから学年が上がるにつれて相手チームのディフェンス、プレッシャーは確実に速くて強くなってくると思います。
そのような相手にもしっかりと自分達のサッカーが出来るように、技術的にも精神的にも成長していく必要があると感じました。

本日は暑い中サポートして頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

2年コーチ 槇山
———————————————-
●Kinderリーグ第5節結果
日時:9月10日(日)
会場:福田第二小学校
コーチ
佐々木、パトリック、佐藤
メンバー
ひろと(C)、あきと、たける、キアン、ひまり、ゆうひ

9月に入り多少は気温も落ち着くかと思った日曜日でしたが猛暑日となり、暑さとの戦いでもありました。

第1試合
VS ハイビレッジFC 2-1勝ち
第2試合
VS 南流山SC 2-1勝ち
第3試合
まちサカSC A 7-0勝ち
第4試合
まちサカSC B 4-1勝ち

4試合全勝!にて終わる事ができた。

選手への指示
・空いているスペースにドリブルすること
・ドリブルしている選手の後ろをフォローすること
・団子状態でただボールを蹴るのではなくボールコントロールすること
・休む(遊ぶ)ことなくみんなが助け合うこと

試合前に各選手よりプレーでの目標を挙げさせ終了後にできたかどうかを確認。
初戦前には「点を5点決める」などの意気込みが多かったが、こなしているうちに
「ボールをキープする」、「取られても取り返す」などの意気込みにも変化があり、
試合前には自分たちでホワイトボードで作戦を練る姿も伺えた。

空いているスペースへのドリブルで自陣ゴール前まで運んでしまい危ない場面もあったが
後方からのフォローもできており、積極的に勝負を仕掛け走り負けない試合ができた。
今までの練習が結果として各選手が実力を発揮し役割を果たし、全勝で終わる事ができた。

執行コーチが審判を努めたため今回の試合は新米コーチ3名にて実施。
試合に望む中、コーチの中で約束事を決めた。
ドリブル!、シュート!、パス!などの選手が萎縮(考えなくなって)してしまうような
コーチングはせず、選手が自ら考えるサッカーをさせよう。
始まる前に具体的な方策を伝え、試合中は極力指示は出さず、終わってから選手に
できたできないを気付かせようと言うものだった。
なかなか難しかったです・・・。

本当に暑い中、選手たちは必死に頑張ってくれました。
今後も基本プレーの習得による選手全体の底上げを図り、元気なフォルテの育成をしていきたいと思います。

朝早くから会場設営など保護者の皆様にはご協力感謝いたします。ありがとうございました。
今後も宜しくお願い致します。

乱筆、乱文失礼いたしました。

報告者:1年佐藤
————-
今回は、選手13名選手、6名、7名の2チームでエントリーしました。
今回初の取組として、選手、コーチ共に課題を持ち、試合に臨みました。
コーチ陣は、試合中の選手に対する動きについて、ノーコーチングでいる事で、選手達が考え、選択する機会を作ろうと実施しました。
選手に関しては、各チームキャプテンを決め、試合前の招集や、選手のみでのミーティングの中心となる様、
また個人として、目標を明確にし、試合前後のミーティング時に確認を行いました。

Aチーム
4戦 3勝1分
対 つくしの 4-2 勝ち
対 まちさかB 2-2 引き分け
対 ペガサス 3-0 勝ち
対 ハイビレッジ 3-1 勝ち

全試合において、選手達全員がボールへ向かい、攻守に全力でチャレンジしているのが良くわかる試合でした。
普段練習の時は、諦める事が多かった選手も、今回の試合では、倒れても自ら立ち上がり、ボールを追いかけていました。
今回、良い試合が出来たのは、個々の技術だけでなく、気持ちが勝っていたからだと思います。
これは、選手達に考える機会を与えた事による成果の一部ではないかと思います。

残念な点としては、ゴールを決める事が出来た選手が、少なかった事です。
しかし、今回の様な気持ちを持ち続ける事で、次回以降、期待出来るのでは無いかと思います。

1年佐々木

kkリーグ④ 2017/07/09(日) 
KKリーグ第4節結果 ⇒★2017フォルテ野田KKリーグ第4節結果

●kidsリーグ第4節結果
まちサカSC B戦 10-0 勝ち
松戸旭SC A戦 4-1 勝ち
つくし野SC B戦 3-0 勝ち
FORZA沼南戦 7-0 勝ち
最近、練習で取り組んでいる相手DFを左右にかわす切り返しを実戦で何処まで使えるのかをテーマとしました。
まだまだ、縦に急いでドリブルを仕掛けてしまう選手が多かったが、積極的に左右に振る選手も見られた。
これからも落ち着いて左右に揺さぶるドリブルをチャレンジさせたいと考えております。
ドリブル軍団を目指す2年生コーチ陣でした。
昨日は朝早くから、また、猛暑のなか大会運営をして頂きました保護者の皆様に感謝申し上げます。

寺田  

●Kinderリーグ第4節結果
猛暑日となった今日、一年生10人、園児2人で2チームで挑みました。

試合結果
チームA
vsつくし野SC 3-1 ○
vsまちさかSCA 5-0 ○
vs南流山SC 6-1 ○
チームB
vsまちさかSCB 6-0 ○
vsFORZA!沼南 4-0 ○
vsペガサスJFC 2-3 ×

今までなかなか勝利することができず苦しんできた一年生チームも練習の成果が出てきた1日になりました。
詳細はパトリックコーチより。

執行
————————–
The day before the game (Saturday), I was told that we would be fielding two
teams on game day (Sunday). I had the challenging
task of dividing the teams. Our top two players usually play with the 2nd grade
team but not on this day, so we were able to compete at full force.
The game day objective was to execute what we had been practicing over the past
few weeks. First, to dribble in the ball
in from the sidelines after the ball goes out the play. Second, to dribble the
ball up ourselves and not rely on our strongest players to do so.
Third, to dribble the ball around congested areas towards an open space.
Fourth, to have our goalkeeper throw the ball to our players on the side of the
pitch, avoiding the center area.
We also pushed our goalkeepers to participate on offense. I believe that an
aggressive team forces positive things to happen.
The players executed today’s objectives very well. Our aggressiveness payed off
as both teams scored more goals than any
other team in the tournament, even while only playing three games compared to
the other teams’ four.
Highlight of the day: Both our kindergarten kids scored goals!

Patrick Frenette

試合の前日(土曜日)に、試合日(日曜日)に2チームを擁立すると言われ、私はチーム分けを頼まれチャレンジしました。
1年生上位2人の選手はいつも2年生のチームに入ってプレーしてましたが、今日は1年生チームに入り戦力が整いました。
今日の目的は、私たちが過去数週間にわたって練習していたことを実行することでした。
まず、サイドラインからのドリブルイン。素早くボールをセットしてドリブルする。
第2に、上手な選手に頼らずボールを自分自身でドリブルする。
第3に、混雑したエリアから周りを見て空いているスペースに向かってドリブルすること。
第4に、ゴールキーパーは真ん中ではなくピッチのサイドのスペースへボールを投球させる。
また、ゴールキーパーは攻撃に参加するよう求めました。
私は積極的な姿勢が良い結果に繋がると信じています。
選手たちは今日の目標を非常にうまく実行しました。
今日の試合数は他のチームが4試合に対してフォルテのチームはそれぞれ3試合しかなくても積極的なプレーが功を奏し
他のチームよりもたくさんのゴールが生まれました。
今日のハイライト:両方の幼稚園の子供たちがゴールを決めました!

パトリック・フレネッテ

和訳:執行
                                                   .

kkリーグ③ 2017/06/11(日) 
8-0まちさか、4-0FORZA沼南、2-1つくし野、10-0南流山 会場 福田第二小学校

vsまちさか 8-0
vsFORZA沼南 4-0
vsつくし野 2-1
vs南流山 10-0

今日の課題はドリブルでサイドから中に切り込む、ドリブルしてる選手の後ろに付きフォローする。でした
全試合通して意識して出来ている場面と出来ていなかった場面が見られましたが、
全選手が積極的にフェイントを使いチャレンジ出来ていました。
また、細くドリブルするか、スペースにドリブルするかの判断も良くなってきました。
次の課題はシュート打つ時に逆サイドに打つ意識付けをしていきたいとおもいます。

今日も暑い中準備、運営、応援ありがとうございました。

だいし

6年JAバンクカップ

0-1VIVAIO船橋Y 会場 野田市スポーツ公園 .

会場:野田市スポーツ公園

vs VIVAIO船橋Y
0-1(0-1,0-0)

2週続けての台風の影響で冠水し、さわやか杯が中止、先週のJAバンクカップは会場変更を余儀なくされたスポーツ公園。
今日も福田SCとフォルテで1コートずつ担当予定だ
ったが、水溜まりが大きく残っており1面しか取れないため福田SCは二ツ塚小学校で開催。
フォルテの1コートも全体的に軟らかいピッチコンディションは、2月のチャレンジカップを彷彿とさせる。
先月の東葛予選で骨折をした選手が驚異的な回復力で戻り、久しぶりの全員集合も期待したが、
昨日アクシデントがあり2ヶ月ぶりの全員集合ならず。

試合の相手は強豪VIVAIO船橋Y。U-12リーグでも上位になり、トーナメント進出した力のあるクラブ。
これまで何人ものJリーガーを輩出し、高校や大学年代でもた育成には定評のあるクラブだ。

立ち上がりからゲームを支配するのはVIVAIO。
不安定なグランドコンディションの中でもしっかりボールを運ぶことができ、フォルテの選手はさらりとかわされる。
また、プレーに余裕があるためボールを運ぶ、離すの選択も良く、意図を感じる。
対するフォルテはプレーの選択肢と余裕がなく、簡単に相手ボールにしてしまう。
早い時間帯に先制点を奪われたが、ゴールキーパーの好守もあり0-1で折り返す。

後半、選手を少しずつ入れ替えて若干ボールが動くようになり、前にも運べるようになるが、
徐々に足取りが重くなりミスが増える。
同点のチャンスもあったが、最後までゴールネットを揺らすことが出来ず試合終了。
フォルテ野田18期生の公式戦はあっという間に終わってしまった。

スコアだけ見れば1点差で、もしかすると同点というのもあったが、後ろの頑張りがなければ大量失点もあり得た試合。
スコア以上に個々の差を感じた。
そこに対して私自身アプローチ出来ず、3年前に設定した目標に届かず公式戦を終えてしまったことへ後悔と反省ばかりが残った。

リーグ戦、東葛予選に続く主管業務で、なおかつ良くないピッチコンディションで大変だったと思います。
保護者の皆様、本当にありがとうございました。
また、準備や運営などご協力頂きました植竹会長、井上監督ありがとうございました。

6年 飯塚

3年中央大会②

1-0根郷ブルー、1-3バディSC千葉 会場 岩木小学校                .

3年中央大会② 2017/11/05(日)
1-0根郷ブルー、1-3バディSC千葉 会場 岩木小学校

晴天の中、3年生中央大会2次リーグが岩木小グランドで開催されました。
試合結果
対 FC根郷ブルー 1-0 勝ち
対 バディSC千葉 1-3 負け
1勝1負で 2次リーグ敗退
選手達は、現在の力を出して戦いました。
この敗戦をバネに更なるレベルアップを期待したい。
詳細は、飯塚コーチより

野口コーチ、對馬コーチ
審判の協力 有難うございました。これからも、宜しくお願いします。

保護者の皆様
朝から応援、ご協力有難うございます。
次回の試合でも宜しくお願いします。
近内
—————————-
1次リーグを1位で勝ち進んで来た24チーム。2次リーグDブロックの組合せ。
(2次リーグDブロック)
(Rブロック 1位)フォルテ
(Jブロック 1位) FC根郷ブルー
(wブロック 1位)バディーSC千葉

1試合目
vs FC根郷ブルー
情報が全く分からない対戦相手。ミーティングでは自分達の戦い方をする事を伝える。プレスの徹底。声を出しながら指示を出す。
球際では負けない事を伝え試合に挑む。
前半はフォルテからのキックオフ。開始からサイドへの展開。ゴール前まで持っていくが、相手にボールを奪われカウンター。
相手にパスを繋がれシュートを打たれる。
GKのファインセーブで何とか失点を免れた。前半は、お互い終始攻防戦で(0-0)のまま前半を折り返した。
後半はトップを代えスピードとパワーの選手を起用。開始からプレスを掛けに行く選手達。中々ゴールが出来ないフォルテも次第に焦り出す。
それでも選手達のゴールへの執念は凄く、右サイドからのクロスボールを後半から起用した、
トップの選手がトラップからGKの頭上を越えるシュートで先制点をあげた。(1-0) この後も攻防戦の中、
選手達は体を張ってゴールを守りきりました。
vs FC根郷ブルー (0-0,1-0)1-0 勝利。

2試合目
vs バディーSC千葉
勝てばベスト8決勝トーナメント進出。
バディーの背番号10はスピードもテクニックも他の選手達より群を抜いている。とくにオフザボールの時の動き方は凄く上手い。
試合前のミーティングではプレスを徹底。10番をフリーにさせない事を伝え試合に挑む。
前半はフォルテのキックオフから始まる。立ち上がりはフォルテペース。相手も必死にボールを奪いに来る。
フォルテのDF陣も10番に注意はしているが、オフザボールが上手く、いつの間にかフリーの状態でボールを受け、シュートを狙ってくる。
フォルテも必死にゴールを守る。攻防戦が続く中、やはり10番からの展開で、右サイドにパスを出され、
フリーの状態でシュートされ失点を与えてしまった。前半(0-1)
後半は選手のポジションを変え、トップ下の選手をトップに上げた。開始からプレスを掛けに行くフォルテ。
相手もパスの回しかたが上手い。相手の10番も遠めからもゴールを狙ってくる。常にゴール意識してるのが分かる。
フォルテも必死にボールを奪い、前線のトップにボールを出し、相手GKとの一対一。
GKに一旦はボールを弾かれるが、弾いたボールが相手の足に当たりオウンゴール。これで同点に追い付いた。(1-1)
これでリズムに乗りたいフォルテだが、相手の10番に翻弄さているのか、DF陣のラインコントロールが上手く出来ず、間延びしてしまう事が多い。
相手GKからのパントキックで中盤とDFの間にボールを落とされ、相手の10番にボールを奪われ、ミドルシュート。
2失点目(1-2)。更に焦りから、中盤でボールコントロールが出来ず、パスで繋がれ、フリーの選手にシュートを打たれ3失点目(1-3)
そして試合終了。
vs バディーSC千葉 (0-1,1-2)1-3 負け

今回の県大会は凄く良い経験をしました。沢山学ぶ事もありました。
1次、2次リーグからの強豪チーム。相手のプレスの速さ。確実に決めるシュートの質の高さ。どれも見習うものばかりです。
敗退してしまったけど、強豪チームを後一歩の所まで追い詰めた事実。凄く自信を持って良いと思います。
これからの子供達の成長を楽しみにしたいと思います。
色々と応援サポートしてくれた保護者の方々、本当にお疲れ様でした。
なでしこリーグ、東葛リーグの方も宜しくお願いします。

3年生 コーチ飯塚

3年中央大会① 2017/10/29(日)
3-3柏エフォートFC、5-0船橋イレブン2002ブルー 会場 福田第二小学校
中央県大会 (1次リーグ) 結果

悪天候の中、3年生の中央大会1日目を開催しました。
日程が詰まっているので雨でも試合をする。
Rブロック予選
対 柏エフォートFC 3-3
対 船橋イレブン2002ブルー 5-0
1勝1分で、柏エフォートFCと勝点が同じになったが8得点で予選を突破!
今日は、ベンチ一丸となって試合に臨んだ結果です。
2次リーグ進出
風邪等引かぬよう、体調管理をお願いします。

詳細は、飯塚コーチより

保護者の皆様
昨日、今日と雨の中グランド作り主管対応とご協力有難うございました。
今後も宜しくお願いします。

会田総監督、井上監督、小西監督ご協力有難うございます。
2次リーグも有りますので、宜しくお願いします。
近内
————————–
雨の中、開催された県大会(1次リーグ)
各地域ブロックから勝ち上がってきた72チーム。2次リーグに進めるのが24チーム。条件は1位通過。スタートからグランドコンディションは最悪の状態。
でも条件はどのチームも一緒。 フォルテはRブロックでの組合せ。
Rブロック
(フォルテ、柏エフォード、船橋イレブン)

アップから激しい雨が降り続く中、泥だらけになりながら、声を出す子供達。ミーティングでは、今日はパスではなく、ドリブルを重視する。
トーキックしながらのドリブルや、シュートもトーキックは有効だと伝える。決して球際では負けない事。相手チームに負けない位、
声を出す事。控えの選手もベンチから声を出すようにと伝えた。

1試合目
vs 柏エフォード
初戦から強豪クラブチームとの対戦。
前半からドリブルで突破するフォルテ。雨の中、思うようにドリブルが出来ない選手達。スピードに乗りたいが、
水溜まりにボールを奪われ混乱する選手達。
パスをするも、当然パスサッカーが使えない状態。相手にボールを奪われる。それでも、体を張ってボールを奪い返す。
いつもの展開が出来ないフォルテも焦りが出る選手達。
お互い攻防戦の中。徐々に相手チームがリズムに乗ってきた。雨の中の展開を知ってるかのように、ドリブルの切れが良い。
開始早々に先制点を奪われてしまった。(0-1)
更に相手チームのドリブルが止められず、2失点目を与えてしまった。(0-2)
フォルテも前半終了間際に何とか1点を返した。前半(1-2)
ハーフタイムの中、先ずは落ち着かせた。選手達には、スピードを出すにはトーキックを指示。
遠めからでもトーキックなら強いシュートも打てると伝えた。
後半の立ち上がりもドリブルでのスピードが、雨の影響で出ない。フォルテも攻めてはいるが、シュートも思うように行かない。
相手チームはドリブルが得意なのか、更に勢いに乗られ、3失点目を与えてしまった。(1-3)
ベンチからもチーム一丸になって必死に声を出す。徐々にフォルテも雨の中のドリブルの仕方を覚えて来た。縦への突破が出来てる。
スピードも先ず先ずだ。ボールを奪われても、サポートも出来ていて、直ぐに自分達のボールにしている。
後はゴールをだけだ。徐々にフォルテペースになってきた。
ようやくドリブルからのシュートで2点目が入った。(2-3)
更にフォルテの勢いが続き、相手を一人二人と交わしてのドリブルからのシュートで3点目の同点弾を決めた。(3-3)
更にフォルテの攻撃は続いたが、試合終了のホイッスル。何とか同点に追い付いた。初戦から凄く厳しい展開でしたが、良い試合を見せられました。
vs 柏エフォード(1-2,2-1)3-3 勝利。
フォルテ 勝ち点1

柏エフォードvs 船橋イレブンは接戦の中(1-0)で柏エフォードが勝利。
次の試合は、2点差以上の勝利が絶対条件。

2試合目
vs 船橋イレブン
2点差以上の条件は選手達も分かってるようだ。ベンチから一丸となって円陣を組み、掛け声と共に全員で声を出した。
前半は相手ボールからのスタート。トップの選手が全力でプレスを掛けに行く。相手がパスした所へインターセプト。
ドリブルからゴールを狙うもGKの真正面。雨の中のドリブルも慣れて来たようだ。完全にフォルテペース。
DF陣も上手くバックアップしてくれてる。期待に応えるかのように攻撃陣が、相手GKのパスミスを拾い。シュートで先制点を上げた。
更にフォルテの怒濤の攻撃で追加点。その後も得点を重ね、前半を(4-0)で折り返した。
後半もフォルテペースで、得点を重ね、後半(1-0)そして試合終了。
vs 船橋イレブン(4-0,1-0)5-0 勝利。
勝ち点3

Rブロック
1位 フォルテ 2次リーグ進出。
2位 柏エフォード 敗退
3位 船橋イレブン 敗退

今回は慣れない雨の中の試合も、色々と勉強になったと思います。
雨の中でのドリブルや、シュートも、普段使わないトーキックが有効な事も、沢山学んだと思います。
今回の試合を次にいかせるように練習でも取り組んで行きたいと思います。
グランド作りから、サポートしてくれた保護者の方々、本当に有難うございました。2次リーグの方も宜しくお願いします。

3年生 コーチ飯塚
                     

5年イースタンリーグ

0-2ラッセル、2-4エンデバー、1-1安行東 会場 七光台小学校           .

イースタン試合結果0923まで

イースタンリーグ 2017/11/04(土)
0-2ラッセル、2-4エンデバー、1-1安行東 会場 七光台小学校

5年イースタンリーグ
全てフレンドリー
15名が七光台小に集まる。
2バックシステムの開始
有意義な3試合であった。

① ラッセル 0-2
②エンデバー 2-4
③安行東 1-1

詳細は関谷コーチから
*****吉原*****
—————————-
秋晴れで快晴の中14人の選手たちが元気に集まる。
イースタンリーグの会場だがフォルテはすべてフレンドリーマッチとして戦う。
「2バックシステム」を採用した10月の上沖・越谷南戦では大量得点で勝利したが、
今回はフレンドリーマッチとはいえ、球際の攻防が勝負の分け目となる。
今回も「2バックシステム」を形にすることをテーマに戦った。

①ラッセル戦、②エンデバー戦
共通することは、開始早々に先制点を許してしまう。共に左からの展開で崩されている。
それぞれの失点のシーンでは、2バックシステムを意識できないまま、両サイドのMFが相手に追い付いていない。
相手の攻撃時にMFが抜かれたら、DFは2枚しかいない。
3対2の状況を作ってしまうことが多くの失点につながってしまった。
特に柏ラッセルとは東葛予選リーグで引き分けているため、ここで結果を残したかった。

③安行東戦 イースタンでは常連の強豪チームで2015年度では優勝している。
フォルテとは2年前のなでしこリーグで対戦しており接戦だった記憶がある(結果△1ー1)。
先制はフォルテ。相手GKからのボールをDFがカット。そのまま中央まで持ち込みMFへ縦パス。
相手DFと競り合いながらも、左隅へミドルシュートでゴール。
しかし、その1分後には失点してしまう。その後はシュートチャンスもあり攻防は続いたが、そのまま試合終了。
ポゼッション率は相手の方が高く、守る時間が多かった。
GKに助けられた場面も多かったが「2バックシステム」の意識が高くなったせいか、
少しずつ形になる兆しが見えたようにも感じた。次につながる1戦だった。

今、選手たちはこの「2バックシステム」によって「変化点」に来ています。
この「2バックシステム」は、考えるサッカーをするのにとても重要な要素が詰まっています。
それは難しいことではなく、これからのサッカーがもっと楽しくなるはずです。
楽しくなるヒントは監督やコーチが教えていくので安心してください。選手たちは練習に参加すること。
試合では全力で戦うことを心掛けてください。

監督・コーチ、お疲れさまでした。
保護者の皆さん、車だしに応援サポート、ありがとうございました。

5年 関谷

イースタンリーグ 2017/10/08(日)
13-0上沖、10-0越谷南 会場 福田第二小学校

5年イースタン
秋空のもと18名が福二に集まる。

①上沖 13-0
②越谷南10-0

(フレンドリー)
③大相模 1-2

2バッグシステムに変更。
選手の頭はちんぷんかんぷんでした。

詳細は小川コーチから
******吉原*****
———————-
10月9日イースタン

1試合目 vs上沖 14-0
2試合目 vs越谷南 10-0
3試合目 vs大相模 1-2 フレンドリー

快晴で日差しが強い中福田第ニ小学校に18人の選手が集まり全員で戦った。
先週の2ブロックの準決勝では負けてしまいましたが、最後まで諦めず素晴らしい試合を見せてくれて、
結果3位という成績は素晴らしかった。
勝ちきれなかったのはチャンスの時確実にゴールを決めれなかった事。
今日の決定力はどうか!?
いつもと違うフォーメーション、2バックにして挑んだ。
1試合目の前半はシュートを何十本も打ったが得点したのは2点。
後半12点入れたが枠外やキーパーの正面が多くシュートの質を上げていかなければならない。

2試合目ではスルーパスを狙ったりサイドを上手く使ったプレイは良かったが攻撃のスピードがなかった。

3試合で25点とったが外したシュートはその倍以上あり決定力が欠けている。
2バックにし戸惑いや迷いがあり動きがよくわかなかったと思うが、
これからフォーメーションを変えたりと色々試しながらレベルアップしていきたいと思います。
あとはトラップ、ドリブル、シュートと個の技術を上げていきたい。
保護者の皆様気温が暑い中サポートありがとうございました。

小川

イースタンリーグ 2017/09/03(日)
2-0ホワイトシャーク、4-1高野山 会場 野田市立岩木小学校

5年イースタン
岩木小にて18人全員で戦う

ホワイトシャーク 2-0
高野山 4-1
詳細は鈴木、矢形コーチから
******吉原******
—————————————————–
夏休みが終わり、お休みモードから切り替わり台風が去った清々しい今日、19人の選手が岩木小に集まりました。

第一試合
高野山  2-0

課題はボールのつなぎ方、受け方、そして声。
前後半でメンバーを総入れ替えし、相手エリアでの後ろを狙うパス。トップのポストプレー。自陣での回し方など
どれも出し手と受け手の連携が重要だけれども一番は声だ。声がなくては回せない。
試合中、監督、コーチの声が校庭に響く。そのくらい選手間、ベンチから指示があってほしいと思いました。
得点に関してはコーナーからの詰め、左からの突破と個人技での得点でサイドからのクロス攻撃は多かったが点には結びつかなかった。
オーバーや裏をかく所までは何度か良いシーンがあったがマイナスに上がらないとか持ちすぎて奪われるなど個々の課題もわかってきました。

第二試合
ホワイトシャーク  4-1

一試合目と同様にサイドからの展開が多く持ち込む所までは良いがフィニッシュまでいかない。
コーナーから頭で3点、セットプレーなら準備や予測ができている。
それを流れの中でできるように準備し先を読む事(考える事)をミーティングで話した。
最近は監督が試合終了後、自分達だけでミーティングをさせて今日の良かった所、悪かった所を話し合い
改善策を考えさせる事をしている。
7:3くらいで悪いところが多かったようだ。自分たちの中でも良し悪しは把握している。
後は今後の試合前にもそれを自発的に話し合い、ハーフタイムで帰ってくる時も「あの時はこうしよう」「あの場合はこうするから」など、色んな事を話し考えながらやってみよう。

残って審判をしてくださった監督、コーチ。車出しや応援、サポートしてくださった保護者の皆様。
ありがとうございました。

鈴木

****************************************************
イースタンリーグ 2017/07/29(土)
8-0越谷南、7-1彦成FC(フレンドリー) 会場 端沼市民センター
 
今にも降りだしそうな空のもと、14名の選手が集まる。

今日の会場は三郷市の端沼市民センター。
実はこの市民センター、元は小学校。しかもなんと本日帯同したコーチの母校だそうで。なんという巡り合わせ。

本日は順位に絡む試合を一つとフレンドリーを一つ。
明日の2ブロックを見据え、良い試合としたい。

Vs.越谷南 8-0
Vs.彦成FC 7-1(フレンドリー)

楽しい夏休みに入った選手たち。
どうも遊び気分が切り替え出来ない。

アップから気持ちが入りきらず、締まらない。
結果は得点も多く、内容もコンビネーションプレーやボールをつなぐことをチャレンジし良いところも多かったが、
ピッチとベンチの一体感が無かった。
サポート頂いたコーチからもアドバイスをもらったが、闘っているのはピッチの選手だけだろうか?
もしかしたら、コーチ陣のベンチワークが足りなかったか。
私も含めコーチ陣は本日のゲームを振り返り、明日の2ブロックへ活かそう!
チャレンジする選手を見習い、コーチもチャレンジしなければならない。

保護者の皆さん。
本日も小雨が降るなか、サポート、応援とありがとうございました。
對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

詳細は小川コーチから。

谷津
——————
7月29日 5年イースタン
瑞沼市民センター

vs 越谷南 8-0
vs 彦成 7-1 フレンドリー

気温はそれほど高くはないが湿度が高く蒸し暑い。雨が降ったり止んだりの天気の中14人の選手で戦った。
今日のテーマは「顔を出す」「つなぐ」「さぼらない」それを選手が強く意識する為にプリントにして選手に配られた。
2試合通じて最近の練習で力を入れているコンビネーションプレイ「ワンツー」「オーバーラップ」が
とても多く見られオーバーした選手がセンタリングを上げそれを見事に合わせ得点したシーンが何回かあり素晴らしかった。
しかしパスミスも多かった事は反省しなければならない。
これからチームとしてレベルアップしていく為には「つなぐ」でななく「確実につなぐ」意識を持ってプレイしていかなくてはいけない!
1本のパスミスから失点に繋がらないように出し手と受け手のコミニケーションがとても大切になってくる。
オフザボールの時どれだけサボらずにオンザボールの選手に関わる動きをするかが大事。
今日は特にトップの選手が前線から早いプレッシャーをかけ相手のバッグパスにも全力で追いかけていた事で得点に繋がった。
最後まで諦めないでプレイする姿は良かったです。

2試合目はフレンドリーだからといって全く声を出せなかったベンチ陣。
フレンドリーだから手を抜く?
公式戦だから本気を出す?
どんなポジション、練習、試合でも全力でプレイしてほしい!
明日は2ブロック予選全勝で決勝トーナメントに進める様頑張ろう!

サポートして下さった對馬コーチ本当にありがとうございました。
保護者の皆様車出し、応援ありがとうございました。明日も宜しくお願いします。

小川

イースタンリーグ 2017/07/22(土) 
2-0彦成FC、1-2エンデバー、4-2草加住吉 会場 七光台小学校

七光台小学校に14名の選手が集まる。
また暑い夏がやって来た。来月には夏合宿が控えている。
体力をつけたい夏。
苦しくても、チャレンジをわすれないでほしい。
最近のテーマ『繋ぐ』
繋ぐとは、ボールを渡すことだろうか?渡したことでゲームが何か変わっただろうか?
本能から脱皮する為に、頭に汗をかく選手たち。
頑張れ。チャレンジを忘れるな。
Vs,彦成FC
2‐0
Vs,エンデバー
1‐2
Vs,草加住吉
4‐2

第三試合で素晴らしいゴールが生まれた。
19期生では一番新人の選手。ゴール前で目が覚めるような鮮やかなゴール。
このゴールが自信になったのか、どんどんとボールに絡むようになった。
彼のお陰でチームに力が溢れてきた。
やはりこのチームはまだまだ上に行ける。そう、選手たち、コーチを目覚めさせてくれるシュートだった。
今日、間違いなくがむしゃらな頼もしいストライカーが生まれた。

保護者の皆さん、本日も暑いなかサポートと応援、ありがとうございました。

飯塚監督、仕事の合間の激励、ありがとうございました。

詳細は関谷コーチから。

谷津
————-
30℃を超える猛暑の中、元気な14人の選手たちが集まる。
先週に引き続き、イースタンリーグの公式戦。先週の課題を振り返り、「つなぐ」をテーマに予選リーグ2試合に挑んだ。

彦成FC戦。試合序盤から相手選手が真ん中に集まる。それにつられた選手が多く、テーマを意識したプレーができない。
前半中盤から監督・コーチの声を意識できた選手が、中から外への連携プレーから何度もシュートチャンスがあったが、
綺麗にゴールから嫌われる。
しかし、それから試合の雰囲気が変わった。DFからのロングキックを左MFが綺麗なトラップからのドリブル、
キーパーの動きをよく見たシュート。
ようやく欲しかった先制点。それからフォルテペースで試合を展開した。
追加点は右MFからFWへスルーパスでゴールにつなげて前半終了。追加点を狙いたい後半。
左MFからDFへ下げてロングキックのスルーパスをまたMFが駆け込み、鋭いシュートもあった。
更に、相手に攻め込まれる場面もあったが、DFのポジショニングと連携効果により助けられた。
後半は終始フォルテペースで無失点で試合終了。

エンデバー戦。日中の暑さもあり、選手たちを意識づけ士気を高めた。
前半から「つなぐ」意識を持ち、中から外、外から中と横への連携プレーがつながるも決定打に欠ける。
その後は、MFとDFの連携ミスにより連続で失点してしまう。
立て直すため、ようやく左からのカウンターでGKと1対1に持ち込んだが得点につながらない。
試合終盤にFKのチャンス。3枚の壁とGKを突き破る強烈なシュートでゴールした。
フォルテのゴールはこの1点のまま試合終了。

暑い中、サポートして頂きました保護者の皆さま、ありがとうございました。
また、監督・コーチの皆さまもお疲れさまでした。
選手・保護者・監督コーチ、三位一体で挑戦しよう!!

5年 関谷

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/07/16(日) 
3-0高野山 会場 福田第二小学校                   

梅雨にも関わらず真夏の空気を感じさせる福ニ小学校。
ホワイトシャークさん、高野山さんをお迎えしてのイースタンリーグが開催されました。

対ホワイトシャーク 6-0 フレンドリー

対高野山 3-0 公式戦

トレーニングマッチ 20分
対ホワイトシャーク 1-1
対高野山 2-2
対ホワイトシャーク 2-0
対高野山 2-0

猛暑の中、本日も18人の全員サッカーで1日を戦い抜きました。

第一試合のホワイトシャーク戦
相手陣地に押し込む時間帯が多く、試合には勝利しましたが、コンビネーションを意識したプレーがなかなか見られず、
課題が浮き彫りになった試合でした。
ゲーム中、ボールを触っている時間はほとんどない、だからこそ如何にボールに関わるかを選手達と話し合いました。
コンビネーションで大切なのは?という質問に対し、ボールを呼ぶ声、スペースでボールを受ける準備、
ボールの出し手の判断、相手をちゃんと見る。
まだまだたどたどしい回答でしたが、選手達からはそのような答えが返ってきたと思います。
コーチからは、プレー1つ1つに正解はない。重要なのは、どういう判断でそのプレーをしたかを
自信を持って言えることだとコーチングし、次の試合に送り出しました。

第二試合の高野山戦
試合開始から少しずつコンビネーションを意識する選手達。開始30秒、右サイドバックからのオーパーラップで良い形ができる。
このまま、コンビネーションから得点につなげたいところだが、2分15秒ミドルシュートからのこぼれ球を詰めきれず、得点には至らない。
一試合目からのもう一つの課題であるシュートの正確性と詰めの甘さが露呈してしまった。
相手チームのベンチに目をやると、監督、コーチの姿が見られない。
選手自らが、時計を持ち、ノートに記録をつけながら、ピッチで戦う選手達に大きな声で指示と声援を送っているのだ。
相手チームのベンチとピッチの選手達の声に圧倒されて、徐々に相手のペースとなってしまう。
危ないシーンがいくつもあったが、前半終了間際、センターバック自らがドリブルでペナルティーエリアにボールを持ち込み
執念の先制ゴールを決める。
選手を総入れ替えしての後半戦。ベンチもピッチも相手に声で負けないことを確認し、選手達を送り出した。
開始早々から、フォルテベンチの選手から大きな声援が飛ぶ。
ピッチの選手達も負けてはいない。相手チームを声で圧倒し、徐々にフォルテのペースへ。
見事な左からのクロスにフォワードが上手く合わせて追加点。更にコーナーキックを押し込み3点目。
その後いくつもゴールのチャンスがあったが、相手キーパーのナイスセービングに阻まれ試合終了。
今回の試合を通し、選手達がお互いに大きな声でコーチングし合う事の重要性を少しでも学んでくれれば、収穫である。
その後、ワンツーのコンビネーションをテーマに、トレーニングマッチを4本行いました。
将来のフォルテを担う若い選手達も参加し、彼らのファイト溢れるチャレンジに選手達も大いに感化された事だと思います。

保護者の方々、本日も早朝より準備と応援にご尽力いただき本当にありがとうございました。
この後、まだまだ試合が続きますので、選手達への応援よろしくお願い申し上げます。
5年矢形

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/07/09(日)
3-0ホワイトシャーク、1-1草加住吉 会場 しらこばと第二グランド

熱中症予報が出ているほど暑くなってきた。夏合宿へ向けて、暑さに慣れるよう、厳しいがコーチから激が飛ぶなか、選手たちは頑張った。

今日は慣れたポジション以外にも、経験の為に違うポジションも経験させた。

Vs.ホワイトシャーク 3-0
Vs.草加住吉 1-1

保護者の皆さん、暑いなか、サポートと応援ありがとうございました。
コーチの皆さんもお疲れ様でした。

詳細は梅澤コーチから。

谷津
—————–
 
炎天下の中、13時10分に15人のメンバーが集合して、しらこばとへと移動した。
1試合目の対ホワイトシャーク戦は20分ハーフでクーリングブレイクを採用して実施した。
今日の試合もフォルテは基本前後半総入れ替えの全員サッカーで望んだ。
さんざん押し込むも、なかなか良い形でフィニッシュ出来ず時々押し込まれ危ないシーンもあったが、
中盤で相手ボールを奪って先制した。後半はほぼ相手陣地でボールを支配して2点を取り
3-0で勝利するが声が出ておらず課題は沢山であった。

2試合目の草加住吉戦は、1試合目の同じ相手(ホワイトシャーク)に8-0で勝利してフォルテ戦に望んで来て気合いも十分であった。
前半は0-0で折り返し、後半の立ち上がりにやや差し込まれディフェンスが対応にもたついたところを先制された。
飲水タイム明けにコーナーキックから1点取り返しその後さんざん押せ押せとなるもチャンスを生かしきれず引き分けとなった。
最後の最後にベンチからも声が上がり全員サッカーの雰囲気となるもまだまだ課題は大きいゲーム内容であった。
この夏のテーマをしっかりと設定して望まなければいけないとスタッフ一同考えているところです。
炎天下の中を引率および熱中症対策のタオルや飲み物タープの設営などご協力いただいた保護者の皆様本当にありがとうございました。
来週以降も試合等続きます。どうぞよろしくお願いします。

梅澤

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/05/28(土) 
2-2エンデバー、2-1八潮メッツ、1-1草加住吉(フレンドリー)会場 尾崎小学校

5/28尾崎小にて、イースタン3試合を行いました。選手16名が参加。
3試合とも先に点をとられる展開でしたが、負けませんでした。
ポゼッションにこだわりを持たせ、オフザボールの動き、ポストプレー、ギャップにパスを通すなど、
今練習していることにチャレンジすることが、今日の課題です。

①vsエンデバー2-2引き分け
前半はGKのミスとDFの対応の遅れで2失点。
後半、ようやく数本のバスが繋がるようになり、右サイドの崩しから、MFの飛び出し、
ドリブル突破がきれいに決まり、得点。
さらに、縦横のバスワークから左サイドがフリーでシュート、こぼれ球をつめて同点。残り10分で追いつきました。

②vs草加住吉1-1引き分け(フレンドリー)
1試合目から先発全員を入れ替え、交代なしでやりました。
前半に1失点したが、つなぐ意識はあり、チャンスもあった。
後半ハーブウェイからMFが積極的にドリブルで持ち込み、そのままゴール。
さらにビッグチャンスもあったが生かせず、試合終了。

③vs八潮メッツ2-1勝ち
①②のメンバーを組み替えて、前後半総入れ替えで行う。
前半、右サイドをドリブルで崩され、カバーも遅れ、失点。PKのチャンスも逃し、後半へ。
2得点はCFのスピードによる突破だが、高い位置でのDFやCBのカバーリング、DFラインでのサイドチェンジなど、
良いプレーが多く見られました。
難しい課題で取り組ませていますが、最後まで逃げるプレーをせずにチャレンジしていたことは、評価できます。
ファーストタッチやボールを失わない体の使い方を覚えましょう。

今日は昨日の運動会に続き、1日の活動になり、また夏の暑さもあり、大変だったと思いますが、
保護者の大きな声援が選手を後押ししていました。
野口コーチには、レフェリー2試合お願いしました。
ありがとうございました。来週は市内大会です。2チームで出場の5年生には、のびのびとプレーしてもらいたいです。

5年槇山

*******************************************************

イースタンリーグ 2017/05/06(土)
2-0上沖サッカー 会場 しらこばと第二グランド
5月6日イースタンリーグ(草加住吉提供)_結果

ゴールデンウィークも残すところ後2日。14名の笑顔が集まる。
先週と同じしらこばと第二グランド。
本日は野田市から出発する時点で、既に25度を超え30度に届きそうだ。
朝の天気予報では7月の夏日の陽気になるそうだ。
まだまだ暑さに慣れていないこの時期、熱中症に注意しなければならない。
本日は暑さに負け、だらけてしまうので、しっかりとゲームを行い、チャレンジすること。
そして、先週からも取り組んでいる、狙ってパスをだし繋ぐこと。
シュートはコースを狙い決める?
しかし、枠に嫌われ、先週同様に何本もバーを超えて行った。
パスももっと質にこだわり、出して受けてのポジショニングを考えなければならない。
しっかり練習しよう? 

Vs.上沖サッカー 2-0
Vs.住吉サッカー 3-2(フレンドリー)
Vs.上沖サッカー 0-0(フレンドリー)

詳細は関谷コーチから。
保護者の皆さん、本日も応援と車出し、予想以上に暑いなか、ありがとうございました。
本日参加の選手は慣れない暑いなか、頑張りました。
ゆっくりと休ませてあげて下さい。

コーチの皆さんもお疲れ様でした。

谷津
—————–
25℃を超える暑い中、元気な14人の選手たちが集まる。
先週に引き続き、イースタンリーグの公式戦のため、いつもの試合より長い20分ハーフで予選リーグ1試合に挑んだ。
「チャレンジする」「つなぐパス」をテーマに戦った。

上沖戦(公式戦)。相手が真ん中に集まる中、テーマを意識したプレーが多くできている。
中から外への連携プレーから何度もシュートチャンスがあったが、綺麗にゴールから嫌われる。
気持ちを切り替えた後半。燻っていた得点チャンスが左の攻めから到来。
DFからロングのスルーパスをMFが駆け込み、鋭いシュートでようやく先制点。
更に、相手DFと競り合いながらのFWの粘り強いゴールで追加点。相手に攻め込まれる場面もあったが、
DFのポジショニングと連携効果により助けられた。
それからは立て直し、無失点で勝利した。
終始フォルテペースで試合は展開していたが、決定力に欠ける部分もあり、あと2、3点は取れていたかもしれない。
ただ、テーマを意識した選手たちもいて賢明さは伺えた。保護者とベンチからの応援も
選手たちの支えとなった試合だった。

住吉戦(フレンドリーマッチ)。
公式戦後に日中の暑さもあり、選手たちを意識づけ士気を高めた。
前半から中から外、外から中と横への連携プレーがつながるも決定打に欠ける。
ようやく左からのカウンターでGKと1対1に持ち込み強烈なシュートで先制。
その後は、MFからDFの連携ミスにより失点。終盤、試合展開がシーソーゲームの中、ひとりの選手が締めた。
DFからつなぐパスで左からMFへ良い形で展開。そのままセンタリングをワントラップからの豪快なシュートで決めた。
初めて試合で決めたゴールが、勝利を決める記念すべきゴールとなった。

暑い中、サポートして頂きました保護者の皆さま、ありがとうございました。
また、監督・コーチの皆さまもお疲れさまでした。

イースタンリーグが始まりました!
選手・保護者・監督コーチ、三位一体で挑戦しよう!!

5年 関谷

*******************************************************
イースタンリーグ①開幕戦 2017/04/30(日)
6-1越谷南、4-1住吉サッカー 会場 しらこばと第二グランド

少し日射しがきついが、良いサッカー日和となった。4月最後の日曜日。
17名の選手が集まる。

Vs.越谷南 6-1
Vs.住吉サッカー 4-1

イースタンリーグの初戦。
隣には公営のきれいなスタンド付のサッカーコートが見える。
得点は狙って奪えた点もあったが、
運で?たまたま奪えた点のほうが多かった。
次のプレーを考え、狙いをもってプレーすれば、もっと落ち着いてプレーが出来るハズ。
失点はちょっとしたミスから与えてしまった。
来週もイースタンリーグが組まれています。しっかりと練習を活かしチャレンジしよう!
保護者の皆さん、応援と車出し、暑いなか、ありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチから。

谷津
——————–
今年で30周年を迎えるイースタンリーグ。参加チームも38チームと増え、レギュレーションが変更された。
全チームを4つのブロックに分け、ホーム&アウェイ方式で予選リーグを闘うのである。
フォルテは、10チームが揃うBブロック。12月までに公式戦18試合をこなすこととなる。
初夏の日差しがまぶしい、しらこばとグランド。元気なフォルテ17名。晴天の中、開幕戦2試合が行われた。

対 越谷南 6-1
対 草加住吉 4-1

本日のテーマは、ボールを失わず繋ぐこと。5年生になってから、本格的に取り組み始めたテーマである。
1試合目、2試合目共に、ディフェンスラインでボールを回し、前線の選手にボールを送ることを試みるが、
サイドバックの位置どりに課題があり、ボールが上手く繋がらない。
自陣でセンターバックがボールを持ったら斜め後ろまで開くことが一つのセオリーである。
サイドバックは斜め後ろまで開くことで、ボールを受けやすくなると共に、中盤にスペースができ、
ミッドフィルダーがそこにボールを呼び込むことができる。
この辺りの連動がなかなかできないのは、選手全員が次のプレー、次の次のプレーをイメージしきれていないところに
原因があると思う。
『サッカーのプレーは、常に連続しており、誰一人休むことはあり得ない。サッカーは、疲れるのが当たり前のスポーツだ。』
という前日の練習でのあるコーチの言葉を選手達は、常に心に刻み続けて欲しい。

両試合共、前半、後半で選手を総入れ替えし、本日のテーマに全選手が取り組んだ。
ボールの呼び込み方、トラップの方向、パスの出し方、ポジショニング、選手達のプレー1つ1つに
ベンチから真剣なコーチングがなされる。
それにひた向きに応え、修正しようという取り組みが少し垣間見れたのは、選手達の成長の証である。
来週もイースタンリーグの試合が開催されます。
今回の試合で失敗したこと、学んだことを、是非次の試合で活かし、自分の成長に挑み続けて欲しいと思います。

暑い日差しが照りつける中、本日も早朝より、選手達の送迎、準備、応援とご尽力いただいた保護者の方々、
本当にありがとうございました。
確実に成長しているフォルテ5年生です。これからも、是非、温かく、元気な応援をお願いできればと思います。

5年矢形

4年(+2年)SICリーグ

0-5FCフレッズ、0-3ばらきSC、3-1FC郷州 会場 守谷大利根グラウンド .

4年SICリーグ 2017/09/16(土)
0-5FCフレッズ、0-3ばらきSC、3-1FC郷州 会場 守谷大利根グラウンド

フォルテ vs FCフレッズ 0-5
フォルテ vs ばらきSC 0-3
フォルテ vs FC郷州 3-1

詳細は、後ほど国生より。
———————-
本日は、4年生 7名中3名が学校行事の為休み。
いつも4年生に参加してくれている3年生は、先週日曜日の試合が延期の場合、本日が公式戦になってしまう為、
2学年下の2年生(5人)が一緒にSICリーグを戦ってくださいました。

野田市を出発して、会場の守谷市大利根グランドに向かいました。
先週の台風の影響でグランド状態が心配でしたが、滑りやすくはなっていますが、何とか試合は出来る状態でした。

会場に入り、本部への挨拶を済ませて、4年生が、いつもメンバーのみでやっているウォーミングアップを、
2年生に教えながら、真剣に取り組んでくれました。

その時間を利用して本日、2年寺田監督、2年保護者小川5年コーチ、4年井上監督と本日のテーマ&ミーティングをさせて頂きました。

テーマは、2年生には後ろからくるパスをどうドリブルに繋げられるか?ターンの仕方なのか?トラップの仕方なのか?
8人制のポジション理解?
など2年生には余り経験しない事をテーマにさせて頂きました。

4年生には、ディフェンスラインでの逆サイドへの展開。
サイドからのオーバーラップ&2年ドリブラーの後ろからついて行きこぼれ球を奪い返しドリブル。
2年生へのコーチング、声掛けのテーマで試合に挑む事をミーティングにて共有させて頂きました。

試合前のアップには、ボールを手に持ちラグビーのように運び、最後のシュートは味方に手で浮き玉のパスにて
ヘディングシュートを両サイドのコーチにするゲームを行いました。
サッカーで良く使う『ヘイ』だと夢中にドリブルしている選手は気づかないので、同じチームメイトなので、
必ず名前を呼ぶ事の大事さを理解してほしくアップに取り入れました。
その流れから4つゴールを作り、足でのミニゲーム。
最後に、本日2年生へのテーマである後ろからのパスへの『ターン』『トラップ』の練習をしてアップ終了。
試合に活かせればと思います。

第1試合
フォルテ vs FCフレッズ
前半始めは、雨の影響で滑り易いグランド状態でしたが4年生のディフェンスラインが何とか体を張り
懸命に守りクリアーするも2年生中心の攻撃陣も相手4年生になかなかドリブルさせてもらえず、
フォルテコートでの守備の時間帯が続く。
前半中盤頃に、何とかディフェンスしていたが1点奪われてしまうと、相手チームも余裕が出来たのか?ドリブル、パス、
ミドルシュートなど攻撃にバリエーションが増えて、フォルテ守備陣も対応出来ずに追加点を4点与えてしまい惨敗
その中でも、数名の2年生のターンがあったのが良かったと思います。

フォルテ vs FCフレッズ
0-5

第2試合
フォルテ vs ばらきSC
第1試合目から連続の試合の為、少し時間が空きベンチにて1試合目の良かった事
(4年 身体を張っての守備。2年 4年相手にドリブルチャレンジ と後ろからのパスをターンが少し出来た事)と、
悪かった事(4年 ディフェンスラインが下がり過ぎている+2年生へのコーチング?ポジション修正への声掛けが無い。
2年 プレスが遅い、緩い、追いかけない?)のアドバイスと次の試合でのアドバイスを少しさせて頂き試合に挑む。

2試合目の為、グランド状態に慣れて来たのか?ミッドフィルダーの2年生3人がボールを追いかけ廻してくれ
1試合目よりも攻撃も出来ている。
攻撃が出来ていると言う事は、ボールを取られた後にカウンターをされる事がある。
まさに前掛りになった守備陣が相手選手のスピードに乗ったドリブルに足先だけでディフェンスしてしまい得点をされてしまう。
ハーフタイムにも守備の面でのアドバイス(1対1の守備、半身になりスピードにも対応する)をさせて頂きましたが、
ディフェンスの仕方は、今後の4年生へのテーマにもなると思いました。
2年生には、数名の選手が4年最終バックの後ろまで戻って来てしまう事とポジション?について説明。
試合中も2年生には1名づつ交代給水アドバイス 試合に戻る。を繰り返しながら細かくアドバイスさせて頂きました。
1試合目よりも攻撃する時間もあり、4年の攻撃参加などもありましたが、残念ながら得点出来ずに負けてしまいました。

フォルテ vs ばらきSC
0-3

2試合目の頃に、山崎コーチが応援に来て下さり試合後もメンバーにアドバイスをして頂き、
メンバーへの差し入れもして頂きました。
更に本日、4年 Kコーチが3試合の審判(主審?)を全部やらせて欲しい。との話しがあり、山崎コーチは4年Kコーチの、
やる気を察知したから来たのでは?との思いから審判のアドバイスもして頂きました。
本当にありがとうございました。

2試合空きのため、食事を済ませてから、軽く動けるトレーニング、2人組(他学年)になってもらい、
相手に持ち蹴り→ヘディングで蹴った選手に返しキャッチ。
成功したら距離を伸ばす。失敗したら始めから短い距離でスタート。
最高記録を競わせる事で、ヘディングを怖がらずに楽しく出来るようになってもらえればと思います。
その後、同じ内容で『トラップ』や『キャッチ』などをやりながら3試合目に挑む。

第3試合
フォルテ vs FC郷州
本日の最終試合。是非勝ってもらいたいと思います。
フォルテコーチが審判をしながら相手チームをスカウティングしてくれていて、相手チームは、前半と後半で、
だいぶメンバーを入れ替えて来るそうでした。
試合開始、前半から2年生も広いコートでの試合にも慣れて来て少しボールが離れていても、プレスを速く激しく出来ている。
4年生もディフェンスラインを下げすぎる事も無く攻撃の意識も強い。
が、3バックの両サイドが一緒に攻撃参加してしまいセンターバック1人になってしまうなど状況を見て攻撃参加なのか?
守備に待つのか?を判断出来るようになると良いと思いました。
前半2失点してしまいハーフタイム
監督コーチよりアドバイスをもらい、自分からは、本日の試合2年生は、どんどん良いプレーがふえていきましたが、
あえて2年生に厳しく?攻撃を任せている2年生に得点が無い。
4年生も得点されてはいるが、最後まで頑張ってディフェンスをしてくれている。得点の結果を出す事を話して後半に挑む。
後半は、フォルテのペースで試合が進み、2年生が躍動する攻撃を見せる。
まずは、テクニックのある2年生の選手が、ゴール前に飛び込み、本日フォルテにとっての初ゴールが生まれた。
勢いに乗りスピードのある2年生も果敢にドリブル突破ゴールこそなかったが縦への良いドリブル。
勢いに乗るフォルテ左サイドを4年サイドバックが攻撃参加してゴール。
同点に追いつき更に勢いが着くが、またまた4年生の悪い癖で、状況を考えずにディフェンス全員FW?になってしまったのか?
と思うほどの攻撃。
時折、2年生が最終バックで守備をしているなど、気持ちもわかるのですが、サッカーは、チーム競技。
ゴールを決めた人だけが偉い訳では無い事を、常日頃から話していますが…
しかし最後に勝利をもたらしたのは、1得点していた、2年生。
この2年生、攻撃だけしていた訳ではなく、中盤では4年生相手に必死に守備をして、
ドリブルしても4年生に体格で吹き飛ばされながらも最後まで諦めない気持ちがゴールに結びついたのでは無いかと思います。
そして試合終了。

フォルテ vs FC郷州
3-2

何とか本日、初勝利する事が出来ました。
反省点は、様々ありますが、良い点のみ
2年生は、身体の大きな上の学年を相手にも、しっかりと激しく守備をして、ドリブルに挑戦して、更に得点まで出来た。
本当に素晴らしいプレーでした。
4年生は、守備からの攻撃参加。ゴールを守る。と言う気持ちからのスライディングやシュートブロック。
3試合フル出場しても、まだまだ出来そうなスタミナ。
など、良い経験になったと思います。

保護者の皆様
本日は、朝早くから選手の送り出し、保護者帯同応援の皆様の声援。本当にありがとうございました。
特に2年生保護者の皆様には、2学年上での試合に快く送り出して頂き本当にありがとうございました。
2年生は、とても良い経験が出来たのでは無いかと思います。

寺田監督、小川コーチ
応援ありがとうございました。
2年生が4年生相手に通用出来たプレーやできなかったプレーなど2年生が同じ学年の強いチームとの対戦する時の
イメージが出来たのでは無いでしょうか?
本当にありがとうございます。

山崎コーチへ
忙しい中、応援に駆けつけてくださり、ありがとうございました。
選手へのアドバイスや、4年Kコーチへの主審アドバイスなど、本当にありがとうございました。
4年Kコーチ 審判3級挑戦では?の疑問が残りますが、これからも指導サポートをよろしくお願い致します。

4年コーチ 国生

4年SICリーグ 2017/09/16(土)
1-2エスペランサ総和FC、0-1越谷PCK、3-4越谷FC jr 会場 守谷市大利根グラウンド

今日のSICリーグは、四年生 7人で試合に参加し、8人相手に善戦しました!

第1試合
vs エスペランサ総和FC
1-2 惜敗
得点者:りょう

第2試合
vs 越谷PCK
0-1 惜敗

第3試合
vs 越谷FC jr
3-4 惜敗
得点者:あゆむ2、りょう

7人でしたが、全て1点差ゲームの惜敗でした。
選手は本当に頑張りましたっ!

詳細は後ほど….
——————-
9月に入ったからか、肌寒さが感じられる中 4年生 7人の侍のみでの試合に参戦!
朝に市役所に集合した時には、まだいつもの楽しさで笑顔があったので、一抹の不安はあったが、守谷・大利根グランドに向かう…

コーチの人数も少ないこともあり、タープ設営も含めて、みんなで協力しながら準備を始め、徐々に気持ちを切り替え試合に臨む…

————————
第1試合
vs エスペランサ総和FC

今回は7人での参加となるため4年生の試合のコンセプト「チャレンジ&カバー」に
「助け合い&1人1人が1人以上の1.2人分の力を出す」を声かけ、やり慣れたポジションで2-3-1のフォーメーションで
試合に送り出す。
試合が始まると、いつもの事ながら初戦の入りは動きが固い。
だが数的不利を感じさせないくらい、みんなでフォローし合う良い試合。
前半は身体を張り、0-0で終了。
本当によく走って頑張っているが、”声が無い”、”間延びしているため距離感を大切に”という事を伝えコーチも輪に入り
ベンチ前で全員で円陣を組み大声を出して気合いを入れる!
後半も一進一退の攻防が続く中、一瞬の隙を突かれて打たれた低い弾道のミドルシュートが芝(雑草?)によりスピードが加速し
キーパーが触れずにゴールを奪われてしまう。
だがここで、レフティの本日のキャプテンが「2点取れば良いだけだ!」と声を掛け下を向く事なく反撃に向けて気持ちを切り替える!
7人で戦う影響が徐々に出てきてしまい、疲労が隠せなくなってくるが、諦めずに集中する中、
相手ゴールキーパーがクリアしようと蹴ったボールに相撲の強いフォルテ選手が飛び込み、その選手の足にあたり相手ゴールに転がる…
足に当たった選手が走り込みシュートを打つがヒットしない…
そのこぼれ球を走り込んできた神出鬼没な選手がシュート!見事ゴールイン!!
だが、主審が線審に歩みよりゴールについて協議している。
ベンチからもオフサイドにも見えたため、緊張の時間が続く…


主審が線審から離れ、長いホイッスル!
ゴールイーーーーン!!
7人で奇跡の同点劇!疲れも吹っ飛びボールにプレッシャーを掛け続ける選手たち。
ここで踏ん張っていたディフェンスの選手2人は本当に頼もしかった!
合宿前からディフェンスをしてた選手は本当に身体を使ってボールを恐れずに立ち向かう!
スピードで抜けてくる選手への対応が課題ではあるが、ことごとくボールを跳ね返す姿は頼もしい!
また、合宿で急成長を見せた選手はダイレクトやトラップなどの判断が遅れる事はまだ修正点ではあるが、
ボールを奪おうとし、果敢にボールに関わっていく。
またもう1人の選手が攻めた際のカバーリングも出来ているため、本当にバランスが取れている。
だがやはり疲れがピークになった終了間際に足が止まった瞬間を突かれ、ドリブル突破からのシュートを入れられ試合終了…
7人での試合で本当によく頑張ったが惜敗…

1-2
前半:0-0
後半:1-2

————————
第2試合
vs 越谷PCK

2試合の休憩を挟み望んだ第2試合。
相手は、上がオレンジで下が黒、ソックスがオレンジとフォルテホームユニフォームと全く同じ色合いのため、
セカンドユニフォームの白色で試合に臨む。
越谷PCKさんは、前回のSICリーグの時に審判をやらせてもらったが、その時7人で全力でプレーしていたイメージがあるので、
気を引き締めて臨む…
キーパーの選手をフィールドに配置したりと1試合目とポジションを大幅に変えた事で、
いつもとの違いに戸惑いながらフィールド内で声を掛け合い修正を繰り返す。
いつもキーパーの選手も前へ前へと進みドリブルやディフェンスを諦めずにやる姿は1試合目にキーパーから
フィールドを見て感じる物があったの素晴らしい動き、いつも後ろの選手も前で身体を張る拮抗した展開。
だが中々点が入らないままに前半終了。
前半終わって、0-0。
若干のポジション変更をし、後半開始。
キーパーはここ最近ディフェンスを頑張っている選手。いつもならコーチからの話しを聞いない時間もあるが、
今回はハーフタイムで「キーパーをやりながら3人目のディフェンダーをやるくらい、前に出ること!」というアドバイスを
しっかり実践し、前に飛び出て何度もセーブを繰り返すが、前に出てゴールからズレていた所を狙われ失点…
きちんとアドバイスを聞いてた上でのプレーだったので、ベンチからフォローしてあげるべきだったと反省…
その後も全員で本当によく走り抜いたが1点が遠く、惜敗…

0-1
前半:0-0
後半:0-1
————————
第3試合
vs 越谷FC jr

再度、2試合の休憩を挟んでの本日の最終戦。
自分たちで練習を始めたりと率先して身体を動かし練習をする姿は頼もしく見える。
最後は1試合目同様、いつものポジションで戦う事を伝える。
最後の試合である事から最後まで、倒れるくらいまで走りきる事を伝え、盛り上げるために再三に渡り声を出す事を指示する。
本日の最終戦が始まる…
試合が始まると声を出し合い仲間をフォローし合う場面が多く見受けられる。
最後に勝って終わりたいというベンチと保護者の気持ちを汲んでくれて、身体をぶつけ懸命に戦う姿を見せてくれる選手たち。
だが頑張ってるのは相手チームも同じ、その勢いで先制点を奪われる…
だが今日のフォルテの7人の侍は前を向いて諦めない!
再開してからもボールを追いかけチャンスを作る。相手チームも追加点を狙い前掛かりになってくるところにスルーパスが出る!
走り込んだ相撲・体幹が強い選手が一生懸命走り込み右足一閃!Gooooooooal !!
同点に追い付き押せ押せムードだが、相手にサイドを突破され、ディフェンスが追いつかず失点…
追い付き、引き離しの試合展開…
前半終わって1-2
ハーフタイムに伝えたが、一生懸命頑張っているが、カバーが無く、声も途中で無くなり、
来た球を蹴り合ってるだけの”球蹴り”となり、サッカーになっていないと厳しいとは思ったが現状を伝える。
最後の試合で、もう一度やるべき事を再徹底して後半を迎える。
流石に7人での3戦目で足が止まってくる中で、練習時にピッチの草が長いためボールを強く蹴る事を伝えていた事もあり、
ドリブル大好きな選手がエリア手前からミドルシュート!彼は入団当初の思いきりのあるプレーが持ち味で、
サッカーを知れば知るほど考えてしまっていると思うが、やはり彼の思い切った力強いシュートは見ていても気持ちが良いし、
何かが起きる事を予感してしまう!今後も思い切ったプレーに期待したい。
そのミドルシュートはキーパーに弾かれるが、こぼれた場所には、神出鬼没なサイドハーフが!ボールを確実に押し込みGoooooooal !!
見事な同点弾!この選手は攻撃が大好きでディフェンスがおざなりになってしまうが、
この攻撃センス素晴らしいストロングポイントとして伸ばしてもらいたい。勢いはフォルテペースだが相手も必死に攻めてくる。
いまのフォルテ4年生は身体を使ってのディフェンスを出来る子が少なく、いつもディフェンスをやってる子の様に
デュエルする事を伝えたが、やはりすぐには出来ず足だけの為に、簡単に相手にかわされ突破されてしまい、再度逆転を許す展開…
それでも今日の7人の侍は諦めずに果敢に攻める!いつもは年下達の面倒を見る優しい面を持つやる気スイッチの場所が
なかなか分からないと言われ続けてきた体幹が強い選手がサイドを駆け抜け角度のない所から思いっきり撃ち抜く!
ボールはトゥーキックになりスピードがありポストギリギリに飛んだ事もあり見事にゴールに吸い込まれる!
この試合本人自身の2点目はチームにとって貴重な再度の同点ゴール!!ゴール後に「もう1点でハットトリックだぁー!」
と本人が喜び周りも勢いを取り戻す!7人での初勝利に向けて全員最後の力を振り絞る!



だが、やはり数的不利と体力は限界まできており、左サイドを抜けられて打たれたミドルシュート!
ここは、今まで何度もチームを救ってくれた頼れるゴールキーパーが横っ飛びのビッグセーブでボールを弾くが、
弾いた先に居たのは相手選手!
キーパーも立ち上がり必死にボールに触りに行くが、あと一歩及ばずにゴールを奪われる…
そして試合終了。
本当に惜しかった試合を落としました…
3-4
前半:1-2
後半:2-2
————————
試合が終わり、最近始めた牛乳を飲み帰り仕度を整え、一路市役所へ…
帰りの移動は約40分くらいであったが、流石に7人で3試合を戦った選手は何人か寝てしまっていた…
本当に最後まで頑張ったんだなぁ…と実感しておりました…
最後にキャプテンから保護者への挨拶…今日のキャプテンは以前からキャプテンシーの塊で皆んなを引っ張る姿は、
さすが!の一言ですが、今回も少ない人数の中でアップ、試合、休憩中と本当にチームをまとめてくれたと思います。
負けん気の強い性格なので勝ちたかった思いは人一倍でしょうが7人の試合で頑張ってくれました。

何度もになりますが、今回は7人で参戦しました。
試合に行く前、正直に言えば、ボロボロに負けてしまうだろうから、子供たちの精神的ケアをしなくては…と思っていましたが、
子供たちは合宿を終え、精神的にもチームとしてのまとまりも、技術・根性も本当に成長していました!!
7人での参加に賛否両論あると思いますが、本当に頑張った選手たちを褒めたいと思います。
また、応援してくれた保護者の方も最後まで選手の背中を押してくれる声援を送り続けてくれた事には感謝しかありませんし、
応援に来れなかった保護者の方たちも7人で参戦する事に誰一人として反対せず賛成してくれた事には本当に感謝しております。
まだまだ試合は続きますが、今回の経験を無駄にせず成長できたら本当に頼もしいと思った1日でした。

朝からご協力頂きました保護者様、帯同頂いた保護者様、本当にありがとうございました。

四年生 清水

***********************************************
4年SICリーグ 2017/08/26(土)
4-0武里sc、2-2ひたち野ライズFC、0-1高野山SSS 会場 守谷市大利根グラウンド
SICリーグ8/26(速報)

vs 武里sc
4-0勝ち

vs ひたち野ライズFC
2-2引き分け

vs 高野山SSS
0-1 負け

3試合とも良く声が出ていて良いプレーが多かったです。

本日の詳細は、清水コーチより

****************************************************
4年SICリーグ 2017/08/05(土)
4-1草加ジュニアFC、2-0エンデバーFC、3-4新松戸SC 会場 春日部大沼グランド

SICリーグ (4年) 速報
朝から蒸し暑い中、春日部 大沼グランドにて試合をさせて頂きました。

1試合目
vs 草加ジュニアFC
4-1 勝ち

2試合目
vs エンデバーFC
2-0 勝ち

3試合目
vs 新松戸SC
3-4 負け

試合詳細は、小林コーチより。

4年コーチ 国生
—————————-
4年生6人 3年生3人 (9名)で挑みました。
テーマは、チャレンジ&カバー 声を出すを選手に伝えました。

1試合目
対 草加jrFC 4-1勝ち
全体的に攻撃 守備面では、良かったと思うが 攻守の切り替えが遅いのが 見られた。

2試合目
対 エンデバー 2-0 勝ち
同じ野田市のチーム過去に何度か対戦してきた。(勝ち 負け?)
開始フォルテペースで進む。MFからのパスがFWに繋がりゴールサイドに決まり先制点。
その後も攻めるがなかなか得点が奪えず前半終了。
後半 何度か危ない場面があるがキーパーとDFが体を張って守り抜く。
MFがサイドからシュートで追加点で試合終了

3試合目
対 新松戸sc 3-4負け
3連勝がかかった試合チームとしての士気は、上がってきた。
開始フォルテペース中キーパーとの一対一でゴールスミにシュートで先制点。
相手も必死攻める一瞬の隙にカウンターをされるがGKが好セーブ ナイスキーパー!
その後も追加点をするがDFのミスから失点をしてしまい3-2で前半終了
後半フォルテも攻めるがなかなか得点に繋がらない。
相手チームが一瞬の隙にゴール前までドリブルされGKが前に出て体を張って守る。
こぼれ球にフォルテ選手が反応するが判断が遅く詰められ失点してしまう。
同点にされフォルテの気持ちが下がりその後追加点をされて試合終了

保護者の皆さん役員さん朝早くからサポートありがとうございます。
三年生ありがとうございます。

4年コーチ小林

*****************************************************
4年SICリーグ 2017/7/29(土)
1-4ペガサスFC、0-1清水台FC 会場 七光台小学校

7/29(土)暑さが厳しい中、七光台小学校にて初のSICリーグに望みました。

1試合目
vs ペガサスFC

温度が上がり暑くなってくる中でアップ開始
試合前のアップ時間も多くなかったため、紅白戦を行ない身体を温めました。
アップの紅白戦の段階で集中してる子、考えながらプレーしてる子など様々だったが、
三年生3人の応援、四年生久々の全員参加の合計10人で11時05分 kickoff!

相手はKKで何度も対戦してるペガサスFC!
KKでは接戦も含めて負け越していた相手なので少々気持ち的に後手に回っていたが、試合が始まると随所に好プレーを見せ接戦が続く…
そんな中、一瞬の隙を突かれて失点してしまう…
連携ミスも含めて課題の”声出し”が無いのが致命的となる…
いつもの通り、このまま気持ち的にズルズルと行くことを恐れていたが、三年生がゴール前に飛び込み足に当てる!
Goooooooal !!
前半終わって、1-1
追いついた勢いのまま、後半に臨むが暑さの中での体力の低下とメンバー交代を繰り返され主導権が相手チームに…
サッカーには、いつも考えさせられるが攻めきれない、奪いきれないと、あっという間に相手ペースになるのがサッカー
立ち続けに失点してしまい、気付くと3失点…
そのまま試合終了となり終わってみれば
1-4での敗戦。
結果だけ見れば大敗にも見えるが、歯が立たなかった相手の10番を止めたり、ヘディングをしたり、
なにより相手と戦う気持ちが見えた試合でした。
—————————————
2試合目
vs 清水台FC

同じ野田市のチームの清水台が相手。
SICでは、まだ勝ち星が無いとの事で気合いが入ってる相手に対して、1試合目を引きずっていないか気になるが、
笑いが起きるくらいリラックスムード!
良いのか悪いのか、気持ちの切り替えは出来てる様子。
いつもとポジションを変えキーパーはフィールドに、攻めの選手と後ろを入れ替えたりと普段ない形の布陣で臨む!
後ろをやってる選手が前線をそつなくこなすのは難しく、なかなかボールが収まらないが、
後ろのメンバーと急造キーパーが踏ん張り、前半終わって0-0。
拮抗した試合となる…

暑さが増す中、後半も大幅なポジションチェンジはせずに試合に臨む!
前線が仕掛けて跳ね返されても後ろが踏ん張り一進一退の攻防が続く…
そんな中、一瞬の隙を突かれてカウンターを浴びる。
キーパーが前に飛び出すが、スピードで横にかわされ、無人のゴールに流し込まれる…

最後まで前線のメンバーが踏ん張り何度も攻撃を仕掛けるが、フィニッシュまで至らず試合終了…

0-1
悔しさの残る惜敗でした…

同じ野田市のチームに負けたという悔しさをまだそこまで感じてない様でしたが、ベンチワークとして反省の残る一戦でした…

四年生が久々に7人全員揃い、応援の三年生と、まとまりがあったとは思いますが、惜敗の二連戦でした…

朝からご協力頂きました保護者様、助っ人で来てくれた3年生の選手たち、3年生の保護者様 本当にありがとうございました。

4年コーチ 清水

6年東葛予選リーグ②

5-0鎌ヶ谷少年SC 会場 野田市スポーツ公園 .

東葛予選星取表1022

6年東葛予選リーグ② 2017/10/22(日)
5-0鎌ヶ谷少年SC 会場 野田市スポーツ公園

vs 鎌ヶ谷少年SC
5-0(3-0,2-0)

9月に行った予選1日目は1勝1敗とし、今日の試合は引き分け以上でトーナメント進出が決まる。
非常に強い台風が近づいているが、会場都合で延期に出来ない予選2日目は13名の選手がスポーツ公園に集まった。

先週の土日練習は雨で各学年の練習が中止になる中、6年生は予定通りに開催。
そんな雨の中でも練習に参加した(良い意味で)サッカー馬鹿な選手をメインにスターティングメンバーを組む。
主将と副将の一人がベンチから見守る。

キックオフと同時に前線からの守備で相手の攻撃を遮断。
雨で濡れてやけくそになったのか、単純にプレーに関わろうとしているのか、両サイドバックがどんどん前に出てくる。
地面が濡れてるからかパススピードがいつもより早くなり、左右の両サイドを2,3人で少ないタッチで
崩す形がよく見られたのはサイドを崩すことをテーマとしたミーティングやトレーニングのおかげだと思いたい。
前半の得点は相手が密集したところからのミドルパスに反応した選手が抜け出した選手がゴールキーパーとの1vs1も冷静に勝負出来た。
右と左からしっかり点を取れた。
守備ではゴールキーパーの好プレーもあり無失点。

雨脚の強まった後半は、ベンチに控える主将と副将を投入。
寒さと疲れから相手のディフェンスラインが低くなり、前半のようなスペースはなくなったが、
それでもサイドを崩そうとしたり、ミドルシュートを狙い始める。
一度だけセンターバックが相手のボールの対応を誤りヒヤリとすることはあったものの、攻守の切り替えも早くしっかり対応。
そして相手の中央エリアでのプレッシャーが弱くなったところでミドルシュートを2本決めた。
後半も優位にゲームを進め、コーナーキックも何度かあったのでもう少し得点は欲しかったが、
悪いコンディションの中で良い形が作れたことや無失点で終えたことは評価したい。

雨の中で、スムーズな試合運営にご協力頂きましたForza!沼南、鎌ヶ谷少年SCの関係者の方々、ありがとうございました。
また、本日雨の中で会場準備や運営にご協力くださいました植竹会長、保護者の皆様、ありがとうございました。

6年 飯塚

6年東葛予選リーグ① 2017/09/24(日)
3-1FORZA!沼南、1-3湖北台クラブ 会場 福田第二小学校

9月の後半に入り気候もすっかり秋の模様。早朝より晴れわたりサッカー日和となる。

第一試合
フォルテvsFORZA!沼南 3ー1 ○

本日11人制の試合。昨日の練習では主にディフェンスの形の意識付けを行い、ポゼッションにこだわった練習を行った。
今日、活かせるだろうか。

前半、攻守の意識が高く集中できている試合運びであったが、飲水タイムが終わった数分後バイタルエリアに攻め込まれ、
キーパー前にてシュートを打たれた。そのボールはキーパーの股の間をすり抜け失点。
両チームの攻防が続くがフォルテ得点することが出来ず前半終了。

後半、ハーフェーラインでチャンスをうかがっていた選手にインターセプトしたボールがわたり、
ペナルティエリア前までドリプル、キーパーと1対1の状況へ。
落ち着いてシュートしたボールはキーパー右横をすり抜けゴール。試合の流れを変えるゴールとなる。
その後、ハーフェーライン付近から放ったロングシュートがネットを揺らし追加点。さらに、1得点目と同じ形での得点を加え3得点目。
初戦、勝利をつかみ良い流れで2試合目へ。

6年 前田
—————————-
9月24日(日) 晴れ時々曇り 26℃
6年東葛予選1日目 第二試合
福田第二小学校

VS 湖北台クラブ
1-3 負け

季節の変わり目、湿度が低く爽やかな秋空の下、東葛予選第一節が行われました。

初戦を逆転で勝利し、チームの勢いを感じながら第2戦に臨みます。
相手は、中盤からしっかりつなぎ、テクニック、フィジカルともに秀でているチーム。 
しっかりつないでサイドを意識して攻めることを確認しゲームに入りました。

序盤から、中盤でのルーズボールを拾われ相手のペース。
何度かあったピンチもGKのファインセーブで押さえていましたが、
マークのずれを修正しようとしたスキにDFとキーパーの間を突かれて先制点を許してしまいます。

後半に入り、徐々に巻き返したところでサイドからカウンターを仕掛けて攻め込み、24分コーナーキックを獲得。
GKがはじいたところを反応よく押し込み同点に追いつきます。
しかし直後の25分同点で緩んでしまったのか一瞬のスキからまたしてもマークがずれて1-2。
勝ち越されてしまいました。

この直後から気持ち的にも体力的にも落ちてきたのか、押し込まれる時間が増えてきました

必死に前線から追い込む選手がいる一方、中盤戦では競り合いに勝てず支配されゲームがつくれない状態に。。。
追加点も、中盤でのボールロスからバランスを崩してしまう形となり1-3。
敗戦を喫してしまいました。

試合後のミーティングでは、少し厳しい話をしました。
選手たちには負けたゲームを無駄にせず真剣に向き合って、また一つ成長してもらいたいと思います。

時間のない中、審判サポートいただきました小西監督ありがとうございました。
大変助かりました。

保護者の皆さんへ
本日は主管ということもあり早朝からの準備と運営にご協力ありがとうございました。
おかげ様で無事予選1日目を終える事ができました。
来週以降も東葛予選は続きますので引き続きよろしくお願いします。

6年 中村

5年東武鉄道杯予選①

1-0清水台FC、5-0梅郷FC 会場 野田市スポーツ公園                   .

今年も恒例の東武鉄道杯が始まった。
東武鉄道杯とは東武鉄道沿線の子供たちが、サッカーを通じて親睦を図るとともに、
少年時代の思い出作りを目的として東武博物館が主催する大会である。
後援は東武鉄道株式会社、埼玉県教育委員会、千葉県(野田市、松戸市、流山市、柏市)教育委員会。

市内の予選を勝ち抜いた48チームは来年2月に東武線沿線での1位を決める決勝大会に進む。
そして3月、埼玉県の東武東上線沿線で勝ち抜いたチームと真の東武線沿線チームの1位を決める中央大会に臨む。
数年前、東武線沿線の決勝大会(会場:野田市スポーツ公園)では雨にも関わらず沿線駅の駅長が制服姿で参列、
普段は電車の運行や安全を守る人たちもグランドキーパーとして運営に携わっていた。その姿は主催者の熱い思いが
ひしひしと感じられ、「恥じない試合をしなければ」と思ったことを思い出した。

フォルテは毎年予選を突破するが東武線沿線では48チーム中12位が最高である。
今年の19期はどこまで行けるのか楽しみだが、恥じない試合を行いたい。

吉原

2017/10/15(日)5年東武鉄道杯予選① 
1-0清水台FC、5-0梅郷FC 会場 野田市スポーツ公園

秋雨の寒い中、野田市スポーツ公園にて、第一節が行われた。
野田市スポーツ公園に元気な14名が集まる。
予選を勝ち抜けば、東武鉄道沿線のチームと対戦する、中央大会へ進める。
雨の草芝はファーストバウンドは滑りやすい。選手たちに注意点を伝え、送り出した。

第一試合
Vs 清水台FC 1-0
第二試合
Vs 梅郷SC 5-0

ちょっとしたミスから危うい場面もあったが、無失点で終えた。
サッカーは雨天でも行われる場合もあります。選手たちは良い経験になったと思います。
保護者の皆さん、雨の中、沢山の声援がベンチにも良く届いていました。
ありがとうございました。選手たちの大きな力となりました。
次節も宜しくお願いします。
審判していただいたコーチ、雨の中ありがとうございました。
寺田監督、井上監督、激励ありがとうございました。

詳細は梅澤コーチより。

谷津
*************************************
第1試合
対清水台FC
立ち上がりから、押しつ押されつの展開、雨の中ということで、相手は押し込まれると簡単にサイドに蹴って
ボールアウトするのに対して、繋ぎを意識したプレイができていた。
互いに得点のチャンスを逃し前半はそのまま終えた。
後半立ち上がりから攻めるも最後に逆サイドに人が足りず得点できずにいた時に選手間でパスやポジションについての声が出てきた。
その後に得点期が訪れ左サイドを切り込んでセンタリングのボールに上手く合わせてゴール!!
その後も押し込んだが追加点はならず相手が攻めて来た時にマイボールとなるも意味不明なパス?とも言えない状況で
辛くも試合終了となった。
勝利するも様々な課題が残る試合だったが今まで苦手意識のある相手に連勝は結果として良かった。

第2試合
対梅郷FC
メンバーポジションを入れ替え臨んだゲーム立ち上がりからちぐはぐなプレイの連発で攻めていながらゴールならず、
得点することなく後半へ。
後半からサイドに起点を作り押し込む場面が増えた。
最初の得点はサイドに抜け出しドリブルしてシュートがきれいにゴールに突き刺さる。
次はトップが持ち込みサイドから入り込んだ選手が押し込む。
次はそのサイドからセンタリングをトップが受けてお返しのゴールに。その後もその二人で2得点した。
選手交代してお手本となったプレイをするだけの試合展開であるにも拘わらず、
自分がゴールをの欲が出てしまったのかまたコンビにならないゲームとなってしまいそのまま試合終了となった。
試合中は意図のないパスやドリブルする所、ボールキープの場面にむやみにパスを選択して相手にチャンスを与えてしまうこともあった。
声を出し合って落ち着いたプレイができるようになって欲しいものです。

本日は天候不順で急な気温の低下という状況であるにもかかわらず、小学校5年で強行して行われ、
子どもたちは体調等本当に大丈夫だったのだろうか?
今晩以降に具合の悪い選手が出ないことを願っております。
雨の中タープ張りや暖かい物を用意していたたまいたり応援していただいたりと保護者の皆様ありがとうございました。
また応援いただいた他学年の指導者の皆様本当にありがとうございました。

東武鉄道杯予選2勝で本戦に行けると思います。課題をクリアしてさらに上へ向かってほしいものです。
詳細でなく少細にと思ったのですが…

梅澤

3年ペラーダコミュニティCUP U-9

会場 松戸馬橋高校                             .

ペラーダ コミュニティCUP
U-9 大会結果

朝、小雨が振る中U-9の大会が決行されました。
A,B各5チームによる予選リーグを行う。

予選Aブロック
フォルテA
対 高砂SC  2-1 勝ち
対 ゼウシス  1-4 負け
対 尾間木SC 3-4 負け
対 宮本JSC  2-0 勝ち
予選ブロック 3位

予選Bブロック
フォルテB
対 ペラーダ 7-0 勝ち
対 アーセナルSS 0-3 負け
対 浦和栄和 5-0 勝ち
対 トリコロールFC 8-0 勝ち
予選ブロック 2位

順位決定戦
フォルテA 5,6位決定戦
対 浦和栄和 0-7 負け
6位

フォルテB 3,4位決定戦
対 尾間木SC 2-0 勝ち
3位

今回、国生コーチの紹介で参加しました。
詳細は、飯塚コーチより

決勝戦は、ゼウシス 対 アーセナルSSの対戦で、同学年とは思えないレベルの試合となり、
フォルテの選手達にも良い刺激となりました。今日の経験を生かして、練習に取り組んで欲しい。

朝早くから小雨の中、ご協力頂きました保護者の皆様 有難うございました。
これからも宜しくお願いします。
近内
———————-
【 フォルテA 】 
リーガエスパニョーラ ブロック
フォルテA
vs 高砂SC (2-0,0-1)2-1
vs ゼウシス (0-3,1-1)1-4
vs尾間木SC (2-2,1-2)3-4
vs 宮本JSC (2-0,0-0)2-0

ブロックリーグ
フォルテA 3位
5位決定戦
vs 浦和栄和 0-7
フォルテA 6位
最優秀選手(りょうたろう)

フォルテA なでしこリーグメンバーで挑んだこの大会。
テーマとしては自分で出来る事をする。積極的なドリブル。取られても自分で取り返す。全員が声を出す。

初戦は全員が積極的に声を出しドリブルも出来ている。文句なしの勝ち方。

2試合目のゼウシス戦は強豪チーム。
個々の技術も凄くプレスも徹底してる。前後半共に何も出来なかった試合でした。

3試合目は点の取り合いも、最後の最後に集中力が切れ失点してしまい接戦の中、負けてしまいました。

4試合目は全員が積極的なドリブルが出来て攻撃の姿勢が見られた。

5位決定戦では集中力が切れたのかな?大量失点での結果になってしまった。
フォルテAは今回の大会で、沢山の事を学んだと思います。自分達で点を凄く取れた事。全員が体を張ってゴールを守った事。
一人一人が自分で出来る事をしたと思います。
課題としては攻守の切り替えの時の判断。疲れてる時こそ、走れる体力作りが必要かと思いました。

3年生 コーチ飯塚

【 フォルテB 】 
プレミアリーグブロック
フォルテB
vs ペラーダジュニアーズ (3-0,4-0)7-0
vs アーセナルSS市川 (0-3,0-0)0-3
vs 浦和栄和 (2-0,3-0)5-0
vs トリコロールFC (5-0,3-0)8-0

ブロックリーグ
フォルテB 2位
3位決定戦
vs 尾間木SC (2-0,2-0)4-0
フォルテB 3位
最優秀選手(こうき)

フォルテBは県大会も近いので2Bメンバーで挑みました。
県大会前の最後の大きな大会なので、どれだけ自分達で出来るかを試す大会でもありました。
初戦は主催のペラーダジュニアーズとの対戦。前後半共にフォルテのペースでの試合運びになりました。

2試合目は強豪アーセナル市川。県大会でも出場してるチーム。主力メンバーでの試合では、今までで最も強いチームだ。
これに勝って自信を付けたいものだ。アーセナルは個々の技術の高さ。攻守の切り替えの時の速さ。
パスを左右に展開する判断力を用いたチーム。
前半は相手のパスサッカーに対し、プレスを徹底させるフォルテ。
ボールを奪ってからの攻撃の展開。ゴールを意識する事を全員が出来ている。
勢い付いたフォルテに対し、低めにバランスを取ったアーセナル。
前半からフォルテペースで進んでるが、ゴールが出来ない。何本もシュートをするが、枠を外したり、GKの真正面ばかりで、点が入らない。
それに対しアーセナルは、ボールを奪ってからサイドの選手が一気に広がり、左右の展開からのカウンター。
高めに取ってるDF陣も対応に遅れ先制点をされてしまう。それでも攻撃に徹するフォルテ。
プレスを掛けながらのボール奪いは引けを取らない。しかしゴールが入らない。相手のプレスの速さもあり、無理な体制でのシュート。
更にフォルテのパスからのトラップミスでのボールを奪われての失点。
それでも全員で声を掛け、攻撃を止まないフォルテ。シュート数は圧倒的にフォルテが上だが、点が入らない決定力不足。
更にパスミスからの失点で前半を0-3。
ハーフタイムでは中盤の無駄な動きをする選手に対し、周りを使う事をアドバイス。
雨の中、ボールが止まる事が多いからパスの強さをする事。後はゴールを大事にする事を伝えた。
後半は前半同様フォルテペース。ドリブルも相手に負けてない。球際の強さも負けていない。
後はゴール。しかし点が全く入らない。後半でのDF陣は前半のミスを修正する事ができ、後半を無失点で終える事が出来た。
結果は0-3で負けてしまったけど、決して勝てない相手ではないと感じました。
決定力不足に関しては練習でのシュートの大事さ。質のあるシュート練習をしていきたいと思いました。

3試合目はアーセナル戦の後もあって、余裕が出来たのか、得点を重ねる事が出来た。4試合目も大量点での圧勝。
ブロックを2位通過。3位決定戦では得点も凄いが、後半最後に相手にシュートを打たれ、誰もが失点されたと思ったが、
最後まで諦めないでゴールライン、ギリギリの所で倒れ込みながらのクリアでゴールを防いでくれた。
その姿が凄く印象に残りました。相手チームのベンチからも絶賛されてました。

決勝戦はアーセナルSSとゼウシスとの対戦。
試合を見てレベルの高さ。3年生とも思えない技術の高さ。
その中でもゼウシスの14番の選手はドリブルの速さテクニック、周りを使いながらの判断力は群を抜く。
今回の最優秀選手にも撰ばれた選手だ。結果はゼウシスが2-0でアーセナルを下し優勝した。

優勝 ゼウシス
準決勝 アーセナルSS
3位 フォルテB
6位 フォルテA

今回は選手達に取っても凄く経験のある大会でした。主力メンバーを迎えての初めての敗戦も、
これからの選手達取っては凄く勉強になったと思います。まだまだ伸びしろある子供達。
質のある練習を重ねて行きたいと思います。
寒い中、応援サポートしてくれた保護者の方、フォルテAをサポートしてくれた岡野さん有難うございました。
今回の大会をお誘いしてくれた国生さん有難うございました。
本当にお疲れ様でした。

3年生 コーチ飯塚

3年練習試合

会場 松戸市旭町小学校                  .

松戸旭SCからのお誘いでTMを3年生18人で行って来ました。
TMですので、選手達には色んなポジションを体験させました。
テーマとしては個々の技術を高める為に、練習で覚えたドリブルでのテクニック。
沢山チャレンジして沢山失敗する。失敗して覚える事を伝えました。

試合 15分-13本

vs 松戸旭SC
1本目 3-2 〇
2本目 0-2 X
3本目 4-0 〇
4本目 3-0 〇
5本目 3-0 〇
6本目 0-1 X
7本目 5-0 〇
8本目 2-3 X
9本目 5-0 〇
10本目 0-4 X
11本目 1-0 〇
12本目 0-0 △
13本目 2-0 〇

8勝4負1分

今回は13本のTMでした。
色んなポジションで慣れない中でのプレー。
サイドからのドリブルで縦への突破もあれば、中に切り込んでからのシュートは、ゴールの意識が凄く見られた。
13本は選手達に取っては体力も集中力も付いたと思います。
保護者の方、本当に応援サポート有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

4年ぺラーダジュニアーズ練習試合

.
本日、ぺラーダジュニアーズ様よりお誘い頂き、とても素晴らしい環境での練習試合をさせて頂きました。

会場 埼玉県 与野八王子グランド(人工芝) (リンク先:与野蹴魂会OFFISIAL WEB SITE)

アップでは、交流の為ぺラーダのアップに合流させて頂きました。

沢山練習試合をさせて頂いて選手が、サッカーが上手くなる多くのきっかけがあればと思いました。
人工芝の雨のグランド状態でのサッカーが経験出来たのはよかったと思いました。

ぺラーダジュニアーズ代表にも最後にメンバーにアドバイスを頂きました。

ぺラーダジュニアーズ様、本日は練習試合誘って頂きありがとうございました。また機会があれば交流させて頂きたいと思います。

急な遠征の練習試合に対応してくださいました保護者の皆様ありがとうございました。
メンバー&指導者共に、良い経験をさせて頂きました。

4年コーチ 国生

5年2B決勝トーナメント準決勝

2-3まつひだいアズール 会場 野田市スポーツ公園        .

2B決勝トーナメント① 2017/10/01(日) 
2-3まつひだいアズール 会場 野田市スポーツ公園 

Vs まつひだいアズール
2-3

善戦しましたが、追い付けませんでした。
応援してくれた3年生、ありがとう。
3年生の準決勝を応援しましたが、
素晴らしい選手が多く、将来が楽しみな選手たちでした。

審判サポートいただいた、對馬コーチ、ありがとうございました。
保護者の皆さん。応援とサポートありがとうございました。
今年はベスト4迄となりましたが、選手たちは頑張りました。
是非、ほめて上げて下さい。

詳細は鈴木コーチから。
鈴木コーチ、よろしくお願いします。

谷津
———————
決戦の日がついにきた。
福田JAに19人が集まり、決戦の舞台に出陣。

先週のベスト16・8を勝ち上がってきた4チームが頂点を目指しアップを開始する。
選手達も前回の称号を忘れ、チャレンジャーとしてアップに気合いが入る。
トーナメントは一発勝負!初めから全力で行けるように「体」「気持ち」をたかめるように選手に告げた。

VS まつひだいアズール
2ー3

前半、早い段階での失点。
立ち上がりの段階で自分は誰とマッチするのか?…キープレイヤーは誰?…などプレーをしながら色々な事を考え、
皆で声を一番ださなきゃいけない時間帯だと思う。
相手はサイドをギリギリまで使いハーフを越えた頃から中に切り込んでくる。
ポストの選手は大きく体では太刀打ちできなかったが寄せの速さでカバーし危険な芽を摘みながら反撃のチャンスを伺う。
先週の試合ではセカンドボールの寄せが遅くなかなかマイボールにできず苦しんだ事を思いださせ、
しっかりと競り合う事が攻撃の第一歩なのだということを指示する。
前半のうちに左ハーフ付近からの山なりロングシュートがキーパーのミスを誘い同点!
ラッキーだけど打たなきゃ入らないのだから一点は一点。ナイスシュートでした。
FKはクロスバーに嫌われたがいい弾道でした。多少支配率では負けていた感じがしたが互角な戦いを見せてくれている。
後半、PKを与えてしまいまた追う立場となってしまう。しかし気持ちは下がらない。
トップの切り込みやサイドからの攻撃など幾度も攻めるが決めきれず、決定力不足も課題の一つだ。
相手の神コースのロングも決まってしまい2点を追う展開に…しかし誰一人として諦める選手はいない。
残り5分、右から上がったボールを揉みくちゃになりながらもなんとか押し込みあと一点。
これも泥臭くても一点は一点、諦めない心がさらに高まる価値ある一点だった。
しかし無情にも終了の笛がなってしまい試合終了。

このトーナメント戦では毎回追う立場の試合になってしまい、立ち上がりの集中。
先制点の重要さ、与えなくていい失点の重さなど経験を無駄にしないように頭に叩き込んでおこう。

毎回勝てるスポーツなどないのだから恥じることはない。堂々の3位!立派な事だ。
県に向けてこれから新たな戦いがはじまります。
今日の試合でも学ぶこともあり成長した部分も必ずあるはず。
優勝チームや3年生のプレーを見て刺激を受けた選手もいるだろう。
いろんな経験をしこれからのサッカー人生に生かしていきましょう。

3年生も素晴らしい試合を見せてくれてありがとう。そして優勝おめでとう!今後が楽しみです。

對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。
保護者の皆様、車出し、選手サポートとありがとうございました。
「最強の応援団!」選手達も心に響いたはずです。本当にありがとうございました。

5年 鈴木

2B決勝トーナメント① 2017/09/24(日) 
2-1六実ブルー、2-1清水台 会場 主水グランド 

1回戦vs六実ブルー
2-1勝ち
準々決勝vs清水台
2-1勝ち
ベスト4進出です。
準決勝は10/1vsまつひだいです。
詳細は矢形コーチより
5年槇山
——————————
立秋を過ぎ、秋の風と夏の日差しが交差する松戸主水グランド。
フォルテの勇敢な18名が2ブロック決勝トーナメントの舞台に立った。
昨年は、2ブロック決勝トーナメントを制し、見事優勝を勝ち取っている。
しかし、1年の歳月を経た今年、各チームとも大きく成長しており、去年の栄光は一切関係ない。
おごることなくチャレンジャーとして1試合1試合を全力で戦い抜く。
選手達全員でそのことを確認し、戦いのピッチに出て行った。
第1試合 対六実ブルー 2-1 勝利
第2試合 対清水台 2-1 勝利
1試合、2試合ともに、序盤から寄せが甘く、競った後のセカンドボールも拾えない。
1つ1つのプレーの判断が遅く、自分達が主導できない場面が多く見られた。
両ゲームとも守備の対応の判断の遅れから、相手チームに先制点を許してしまう。
それでも、今日の選手達は、違いました。
1試合目は、前半7分30秒にコーナーキックから見事なヘディングシュートがネットに突き刺さり同点。
後半12分、ゴールキックからのカウンター攻撃で右サイドを突破しての絶妙なドリブルシュートが決まり逆転勝利。
2試合目は、前半を1点ビハインドで折り返した後半11分、MF同士の可憐なコンビネーションが決まり同点。
その後の14分、右サイドからの強烈なフリーキックがゴールに突き刺さり逆転。
18名全員で準決勝進出の切符を手に入れました。
随所随所での次のプレーを予測した早い判断に基づくプレー、浮き玉の処理、トラップの方向とボールの位置、
相手をかわすフェイントの技術。
彼ら彼女らには、まだまだ克服しないとならない課題が、数多くあります。
それでも、試合を決して最後まで諦めないという選手達全員の強い気持ちが勝利を呼び込んだと思います。

今日も早朝より選手達の送迎、応援とご尽力いただいた保護者の方々。本当にありがとうございました。
今日のMVPは、とっても元気な応援で選手達に最後まで勇気を与えてくださった保護者の皆さんです。
来週も東葛予選、2ブロック準決勝、決勝と続きますが、より一層、明るく元気な応援をお願いできればと思います。
最後に野口コーチ、審判のサポート本当のありがとうございました。

5年矢形

3年2B決勝トーナメント 優勝!

6-0清水台FC、8-1新松戸SC 会場 野田市スポーツ公園

3年2B決勝トーナメント準決勝、決勝 2017/10/01(日)
6-0清水台FC、8-1新松戸SC 会場 野田市スポーツ公園

清々しい青空の中、3.4.5年生の2B準決勝、決勝戦が野田市スポーツ公園で開催されました。
準決勝
対 清水台FC  6-0 勝ち
決勝
対 新松戸SC  8-1 勝ち
公式戦 初優勝
準決勝戦は、野田ダービーを征して決勝戦へ
決勝戦は、今大会最高のパフォーマンスで優勝。
中央大会に向けて、更なる練習を積んで頑張れ。
おめでとう!

詳細は、飯塚コーチより

保護者の皆様
朝早くからの応援、ご協力有難うございました。
今後も、宜しくお願いします。
近内
—————–
2ブロック決勝トーナメント
準決勝
vs 清水台FC (4-0,2-0)6-0
決勝
vs 新松戸SC (6-1,2-0)8-1

予選リーグを1位通過で勝ち抜き。決勝トーナメントの一回戦(ラビットキッカーズ)を3-0で勝利。
準々決勝では(松戸旭)を苦戦の中4-4の(PK3-2)で勝利。準決勝ベスト4まで勝ち進んだ。
そして10/1(日)準決勝がスタートする。

準決勝
vs 清水台FC
アップから選手達の顔色が変わる。サッカー小僧のスイッチが入った。試合前のミーティングでは、まだ緊張してる選手達。
今回テーマは決めずに、今まで練習してきた事をするだけ。アドバイスとしては誰もがゴールを見て意識する。
それだけを伝え試合に挑んだ。
清水台FCとは5人制で何度も対戦した相手。公式戦8人制は初めてだ。
前半相手チームからのキックオフ。開始早々、トップの選手がダッシュでプレスをかける。それを狙いにサイドの選手がボールを奪いに行く。
相手が怯んだ所を更に狙いに行く。選手達の闘争心がベンチからも伝わる。序盤からフォルテペースで怒濤の攻撃。
皆がゴールを見て意識する事が出来ていて、先制点を上げる。更に得点を重ね前半を4-0で折り返した。
後半もフォルテペースで試合が流れ、サイドからの展開も上手く行き得点も重ねた。後半は2-0。
vs 清水台FC(4-0,2-0)6-0 勝利!

決勝戦
vs 新松戸SC
決勝戦を前に、緊張を解すかのように選手達一人一人が、自らボールを使って練習している。誰一人遊ぶ者は居ない。
試合前のミーティングでは悔いの残る試合はしない事。練習してきた事を精一杯やるだけ。
そして皆がゴールを見て意識する事を伝えた。
試合に向かう前に、選手達と保護者の方々と一緒に円陣を組み。大きな声で「優勝するぞー!」と声を合わせた。
チーム一丸となっての、いざ決戦へ!
試合はフォルテからのキックオフ。サイドの展開から早くもゴールへ向かう。フォルテのDF陣も高めに守備。
サイドからワンツーで抜け出した味方にパスをするもカットされ、前線に一本の縦パスが通ってしまう。
高めに守備していたDF陣の裏を取られカウンターを食らう。GKも前に出ていたのでゴールは無人の状態。
そこをシュートされ先制点を相手チームにやられてしまった。開始30秒位の失点だ。フォルテの選手達は誰一人下を向いてない。
全員が声を出し励まし合う姿が見られた。サッカー小僧に火を着いたのか、怒濤の快進撃をする。
失点後、僅か20秒で同点に追い付き、更に追加点を狙いにドリブル、パス、シュート、全員が速い位置でのプレス。
相手を自由にさせない。凄く良いプレーを皆がしている。そして前半を(6-1)で折り返した。
ハーフタイムでは少しのアドバイス位での指示。ラスト15分。選手達を信じるだけ。
後半はサイドの選手を入れ替え。後半スタートだ。
前半同様高い位置での守備。相手を自由にさせないプレス。サイドや中央からの攻撃。後半も更に得点を重ね、後半を(2-0)
そして試合終了のホイッスルが鳴り響いた。凄く良い形で優勝をする事が出来ました。

vs 新松戸SC (6-1,2-0)8-1 勝利!
優勝
3年生 フォルテ野田SC
最優秀選手
(こうたろう)

試合を終え。選手達を出迎えた保護者の方や5年生の選手達。皆で手を繋いでトンネルを作ってくれた。
優勝のトロフィーを抱えながらトンネルをくぐり抜けた。本当に有難うございました。
今回は準決勝と決勝を通して、圧勝に見えるが、試合後の選手達の体はボロボロで、膝にテーピングをしながら試合に出た選手。
テーピングもボロボロになりながら必死で守ってくれたDF陣。腕の完治が間もないのに戦ってくれた選手。
試合終了に出血する選手。本当に体を張ってくれました。
そして、なでしこリーグで頑張ってくれた2年生、3年生。本当にお疲れ様でした。
今後とも県大会の方も皆さんのご協力の方、宜しくお願いします。

3年生 コーチ飯塚

3年2B決勝トーナメント① 2017/09/03(日)
3-0ラビットキッカーズホワイト、4-4(PK3-2)松戸旭 会場 野田市スポーツ公園

3年 2B決勝トーナメント結果
対 ラビットキッカーズホワイト
3:0 勝ち
準々決勝
対 松戸旭
4:4 PK 3:2 勝ち
ベスト4
県大会へ出場
詳細は、後程

サポート頂きました、小西監督、井上監督、染谷助監督、国生コーチ有難うございました。
保護者の皆様
朝早くからご協力有難うございました。
9/17(日)も宜しくお願いします。

近内
————————–
2ブロック決勝トーナメント
一回戦
vs ラビットキッカーズホワイト (3-0,0-0) 3-0
準々決勝
vs 松戸旭SC (3-1,1-3) 4-4 ,PK3-2

ベスト4進出

2ブロック決勝トーナメント
各予選リーグを勝ち進んできた決勝トーナメント、2-4-1のフォーメションで挑む。試合前のミーティングではポジショニングでの役割を説明。
自分がどの位置に居るか。周りが見えてない仲間が居れば、声を出して教えてあげる。
サイドからの展開では、大きく広がった状態でパスを貰う。そして攻守の切り替えでの判断をする。

一回戦
vs ラビットキッカーズホワイト
前半からフォルテペースで試合が流れた。サイドを使いながらの攻撃は凄く、中からの声も有りチャンスの場面をいくつか作れた。
先制点あげ、立て続けに追加点もあげられて前半で3-0。
後半は主力メンバーを入れ替え、やる事は前半戦と一緒と伝える。サイドからの展開は出来ている。
後半多く見られたのはファーストタッチのミス。せっかく良いパスが来ても最初のタッチが出来ないと次の動きが出来ない。
いくつかのチャンスもゴールに結び付かず、後半は0-0のまま試合終了…
結果は3-0 勝利

準々決勝
vs 松戸旭SC
KKリーグでも対戦しているチーム。福田招待サッカー大会では一度、決勝トーナメントの準決勝で敗退し悔しい思いをした試合でした。
初戦同様フォーメション2-4-1。
サイドからの攻撃を意識するように。相手をフリーにさせない。プレスの徹底。
前半からサイドを展開にフォルテペース。左右からの攻撃も出来ている。先制点からの追加点も出来てる。
一失点されるも、更に追加点をあげ、前半を3-1で折り返す。
後半は頭から主力を休ませ温存。後半立ち上がり、松戸旭の攻撃が一気にきた。
フォルテも体を張ってボールを奪いに行くが、攻撃に進めない。
松戸旭もサイドからの攻撃をしてきた。前半のフォルテの展開を逆にやられた感じた。
フォルテも攻撃に行くが直ぐに中盤でボールを奪われる。そして後半失点を与えてしまった。スコア3-2。
更にサイドからの展開でDF陣が崩され、同点弾を与えてしまい。スコア3-3同点。主力をピッチへ送り出し見事に的中。
サイドから攻撃で得意なドリブルからのシュートで4点目をあげ突き放す。
アディショナルタイム1分と告げられる。選手達から、負けたくない気持ちが出てしまい。守りに入ってしまった。
「点を取りに行くぞ!」と言う声より「守りきるぞ!」と言う声が出てしまった選手達。
間違ってはいないが、点を取る姿勢が欲しかった。松戸旭もフォルテが引いた所を狙われ怒濤の攻撃。
最後はクリアボールが出来ず、ボールを奪われシュートを打たれて4失点目を与えてしまった。スコア4-4。
その瞬間試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
でも選手達の目は、まだ終わっていない。ベンチ際で3人のメンバーがPKの順番を告げられる。先行は松戸旭からだ。
1人目、フォルテのGKがナイスセーブで1人目を止めてくれた。
その勢いでフォルテの1人目が決め、2人目、3人目と決めてくれてPKを制覇。見事、ベスト4進出!
vs 松戸旭 (3-1,1-3)4-4 PK3-2

ヒヤリとさせた試合でしたが、見事に選手達が頑張ってくれました。
今回の試合では全員の声が出てて、サイドからの展開が多く見られた事が凄く良かったと思いました。
課題としてはファーストタッチの精度を上げる事。
ボール(ドリブル)を持って良い場所と簡単にボールをはたく場所(技術)を教えて行きたいと思います。
保護者の方々、帯同してくれたコーチの方々、沢山の応援サポート本当に有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

***************************************************
3年2B予選 2017/07/02(日) 
4-0初石少年SCレッド、7-0まつひだいSC、7-0つくしSC 会場 福田第二小学校
全試合結果⇒0702結果

昨日は、雨で急遽練習会場を中里グランドに変更し、2B予選のメンバーの発表と2B予選に向けて打合せしていると
雨も止み前日練習をして、今日の試合に挑む。
本日の天候は曇り、試合をするにはベストな状況だ。
3年生初の公式戦で選手達のモチベーションは、グッド。
試合前のミーティングで、
 周り状況を見て、声を掛け合う事。
 プレッシャーを掛けて、厳しい当たる事。
 試合を楽しんでくる事。
を話して1試合目に挑む。
対 初石少年SC レッド
4-0 勝ち

第2試合から、天候が変わり気温も30℃を超える。

50分休んでからの2試合目
試合前のミーティング
すべき事は、同じ。
選手達のモチベーションを上げて試合に挑む。
対 まつひだいSC
7-0 勝ち

第3試合、50分休んでの最終戦。
今日の試合も無失点で終わらせると、選手達のモチベーションを上げて挑む。
対 つくしSC
7-0 勝ち

2B-5bブロック予選結果
1位 フォルテ
2位 初石少年SC レッド
3位 つくしSC
4位 まつひだいSC

予選1位抜けでトーナメント進出。

保護者の皆様
本日は、朝早くから会場設営準備、主管対応のご協力有難うございました。
これから、宜しくお願いします。

井上監督、野口コーチ、染谷助監督
主管対応、審判の協力 本当に有難うございました。
近内
———————————
2ブロック大会 予選リーグ5b
vs 初石少年SCレッド 4-0
vs まつひだいSC 7-0
vs つくしSC 7-0

2ブロック大会 5b予選リーグ 1位通過

1試合目
vs 初石少年SCレッド
全体的にバランスの取り方がしっかり出来ている。ドリブルしてる選手のサポートがもっとして欲しい。
初戦にしては凄く良かったと思いました。。
結果4-0

2試合目
vs まつひだいSC
この試合もバランスが取れてサイドからの攻撃が出来た。
ただセンターリングのボールに対し慌ててシュートをする事が多くゴールに結び付かない。
ゴールを大事するのは勿論の事。周りの声で「フリーだよ!落ち着いて!」の声掛けが出来ればもっとゴールが出来たと思います。
オフサイドも多数見られた。課題の一つである。
結果7-0

3試合目
vs つくしSC
パスサッカーで来る相手チームに対しプレスをテーマにしたフォルテは上手くボールを奪う事が出来た。
CKが多かった試合だったが後ろから走り込みでのゴールが 良かった。
サイド攻撃も最後はゴールが奪えるようになった。凄く良かった試合でした。
結果7-0

今回は3試合共相手チームの団子サッカーが多く見られ。バランスの取れたフォルテはサイド攻撃での展開は本当に良かったと思いました。
ただ課題としてはオフサイドにならない為の動き出し、貰い方を教えたいと思います。
全大会は未だ無失点は本当に素晴らしい事だと思います。今後の子供達の成長が楽しみです。

保護者の方々暑い中沢山の応援サポート有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

2年古河遠征交流戦

会場 古河市中央運動公園サッカー場                       .

2年生交流戦
本日は試合結果のみ報告します。
壬生ユナイテッド 18-1勝ち(12分ハーフ)
がむしゃらFC 5-0 勝ち(12分ハーフ)
壬生ユナイテッド 17-0勝ち(12分ハーフ)
エスペランサ総和 5-1 勝ち(12分ハーフ)
がむしゃらFC 3-0 勝ち(12分1本)
伊勢崎ヴォラーレ(3年)2-0 勝ち(8分ハーフ)以上。

寺田

3年東葛予選リーグ②

5-0六実SC、5-0FCカンガルー 会場 六実三小            .

東葛リーグ3年O結果

3年東葛予選リーグ② 2017/09/23(土)
5-0六実SC、5-0FCカンガルー 会場 六実三小  

曇り空の中、メンバー17名が市役所に集まり東葛予選リーグ2日目に挑む。
今日の試合でトーナメント進出が決まる。頑張ろう?
試合結果
対 六実SC 5-0 勝ち
対 FCカンガルー 5-0 勝ち
予選リーグ 3勝で1位
トーナメントに進出

詳細は、飯塚コーチより

染谷助監督、野口コーチ、審判帯同有難うございました。
保護者の皆様
2B、東葛、なでしこリーグと続きますが、応援、ご協力の程 宜しくお願いします。
近内
———————
東葛予選リーグ
vs 六実SC(2-0,3-0)5-0
vs カンガルーFC(2-0,3-0)5-0

3年生17人のメンバーで挑む東葛予選リーグ。勝って1位通過で決勝トーナメントに進出したい。
第一試合目はFCアクティブ柏ブルーに見事3-0で勝利した。この勢いで行きたいところだ。

二試合目
vs 六実SC
主力以外のメンバーで挑んだこの試合。序盤から積極的にボールを奪いに行く選手達。
一人一人がドリブルでの勝負を意識して、取られても取り返す姿が多く見られた。
前後半を通して、凄く良い試合でした。結果は(2-0,3-0)5-0勝利!

三試合目
vs カンガルーFC
予選最終戦は勝って1位で通過したい。メンバーは主力で挑む。前半はサイドの展開を意識して広く使ってる。
サイドからのドリブルで縦への突破は凄く上手くなってきた。欲を言えば、中に切り込む事も出来れば凄く良い。
ただ、ここ最近の試合で目立つのがトラップのミス。最初のファーストタッチが悪くて相手に取られてしまう事が多く、
せっかくのチャンスをピンチに変えてしまう事がある。
普段のボールタッチの練習や、パスの強さが出来ず、いざ試合で強いパスがきた時に、上手くトラップが出来ない選手が多く見られる。
ここを課題として直して行ければもっと良いプレーが出来ると思いました。
後半もフォルテペースで試合が進み、後半3-0 結果は(2-0,3-0)5-0 勝利!

東葛予選リーグ
フォルテ 1位通過 決勝トーナメント進出。

2ブロックに続き、東葛も選手達のお陰で決勝トーナメント進出が出来ました。まだまだ伸びしろがある子供達です。
練習から質を上げながらサッカーの良さを教えて行きたいと思います。
本当に応援サポート有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

3年東葛予選リーグ① 2017/09/16(土)
2-0FCアクティブ柏ブルー 会場 六実三小

曇り空で、いつ雨が降ってもおかしくない天候の中、東葛予選リーグの初戦。
メンバー 17人で挑みました。
対 FCアクティブ柏ブルー
2-0 勝ち

序盤、相手の出足が早いのと体を入れられて苦戦するが、当りに負けない事と早いプレッシャーを掛ける事で、
徐々にフォルテのペースになって来て先取点。
前半 1-0
ハーフタイムに、DFの間隔を詰める事と声を掛ける事を話して後半へ挑む。
後半、お互い早いプレッシャーで進む中、追加点を決めて試合終了。

終了後、15分 1本のTM
0-1 負け

詳細は、飯塚コーチから

23日(日) 残り2試合を行います。
染谷助監督
保護者の皆様
忙しい中、ご協力、応援有難うございました。
これからも、宜しくお願いします。
近内
—————————
3Oグループ予選リーグ
六実SC
FCアクティブ柏ブルー
フォルテ野田SC
カンガルーFC

第一試合
vs FCアクティブ柏ブルー
いよいよ東葛大会がスタートした。
初戦からクラブチームとの対戦だ。アップからヘラヘラと喋りながらするフォルテの選手達。
相手のアップの姿を見せると、ようやくサッカー小僧の顔になる選手達。
試合前のミーティングでは「サッカーで大事な事は?」と選手達に問いかけると、全員が一声に「声」と返事をした。
する事は皆一緒だ。
前半からお互いに攻防戦。相手チームもクラブチームだけあって一人一人の技術の高さがある。
フォルテもプレスをかけながらボールを奪いに行く。
攻撃もサイドからの展開を意識して広く使ってる。そんな中、サイドからドリブルで切り込み落ち着いてのシュートで先制点ゴール!
相手チームもカウンターを狙いに足の早い前線の選手にボールを叩く。
危ない場面もあったが、GKのファインセーブで前半を無失点で折り返す。
前半1-0。

後半もフォルテペースで、サイド攻撃をする。見事にサイドからの展開がはまり追加点を上げる。
更にGKのファインセーブで後半も無失点。
後半1-0。
vs FCアクティブ柏ブルー (1-0,1-0)2-0 勝利。
東葛大会。初戦を勝利で終える事が出来ました。
試合が続く中、中々練習が出来ないという不安も有りましたが、選手達は良くやってくれました。
東葛はまだまだ始まったばかりですが、今後とも応援サポートの方、宜しくお願いします。
今日は本当に有難うございました。

3年生 コーチ飯塚

2年高柳カップ

全15チーム中 3位 会場 FUEL鎌ヶ谷フットサルパーク             .

予選リーグ
vs風早レクト 1-2
vsまどか 2-0
vs柏sss 3-3
vsゼンニチ 6-0
グループ3位 全体7位

決勝トーナメント
1試合目
vsまちサカ 2-1
2試合目
vs行田西 0-5
3位決定戦
vs桜台 5-1
全15チーム中 3位

予選リーグ1試合目から、慣れない芝での試合とアップもままならない状況からイマイチ集中できない選手達。
自分たちのミスでの失点で1-2で負け。
2試合目からは1人1人に必死にボールを追いかける、自分自身で点を取るという意思の感じられるプレーが多く見られるようになり、
結果として2勝1敗1分で全体7位で予選リーグ通過。

決勝トーナメントでは、1試合目から何度も試合しており、五分五分の実力と思われるまちサカとの試合。
グループ1位で通過しており、勢いに乗っている
相手チームに対して、選手達の負けたくない気持ちがベンチの選手も含め感じられました。
ドリブルから崩した一点と終了間際での、相手のミスを見逃さないプレーで2-1で勝利。

2試合目の行田西では所々で良いプレーを見せますが、得点までは届かず。
相手チームのコーナーキック、フリーキック、キックインなどのセットプレーから立て続けに4点を取られるなどあり、
0-5で完敗。
相手チームの個々の技術も高く、選手達にとって良い刺激になったのではと思います。

3位決定戦では、負けた後の試合ではありましたが、集中力を切らさず、5-1で勝利。

全体3位という結果となりました。

1試合目こそ集中力を欠いたプレーが多く見られたものの、全体を通してここ最近では1番の気持ちの入った試合だったと感じています。
今日の試合から選手達にサッカーに対する気持ちの変化が少なからずあったと感じました!

暑い中、サポートして頂いた保護者の皆さまありがとうございました。

2年コーチ槇山

社会人市民大会

2-4 78中央 会場 南部広場                    .

市民大会 2017/09/10(日)
対78中央 2―4 負け

後期からのフォルテOBを含み数名の新メンバーが加わり今日は13名で臨んだ後期初戦。

前半相手チームに所属するフォルテOBの選手に先制弾を許すも、落ち着いてスピードを生かした両サイドからの攻撃を繰り返し、
2点を返して前半を2―1で折り返す。

後半5分に2名の選手交代、ベンチワークの悪さから中盤からディフェンスのバランスが崩れ始め、
そこを相手チームに突かれ失点、数名の足が止まり始めさらに相手チームのフォルテOBの選手に失点を許して後半3失点。
終わってみれば2―4で試合終了。

新メンバーを迎え、後期初戦ということもあり、手探り状態だったが練習不足が露呈した試合だった。

なかなか社会人でもあるメンバーが大半、スケジュール調整してトレーニングマッチを組むのも難しいが、
フットサルも含め個々で体調維持、管理も必要だと思う。

キャプテンやフォルテOBたちの今後の自主性に期待します。
事務的なこと含めサポートはさせていただきます。

小西