5年東葛予選①

0-3FCトリム 会場 名戸ヶ谷小学校

10/14(日) 東葛予選②
0-3FCトリム 会場 名戸ヶ谷小学校

雨天延期となり、1ヶ月ぶりの試合となった東葛予選の2試合目。相手は強豪のFCトリム。

フォルテは先日の練習試合から新たなシステムを試しているようで、今日もその形で挑んだ。
前半3分に中央をドリブルで崩されると4人がかわされ失点。試合前のミーティングで最も注意することを伝えていたが、あっさりやられてしまう。
続く6分にゴール前でボールを奪ったところが味方同士で混戦になり、こぼれたボールが相手選手の足下へ。落ち着いて決められ0-2。
徐々に守備強度も高まり、ボールを奪えるようにはなったが、なかなかペナルティエリア内まで運べず、前半は終了。
後半は前半に比べればボールを持てるようになり、少ないタッチでゴール前まで運ぶ場面とあった。
しかし9分に個人技でやられてしまい0-3。終盤は決定機を作ったが得点には至らず試合終了となった。

ゴールキーパーの好セーブも多かったが、1ヶ月前のブロックトーナメントよりも守備の強度、粘り強さは向上してきた。
来月にある県大会は今日のレベルの相手が揃う。今日良かった部分は残しながら、攻撃面の課題に向き合い取り組んでいきたい。

午後からの活動となりましたが、サポートいただきました保護者の皆様ありがとうございました。

飯塚

9/16(日) 東葛予選①
1-4柏エフォート 会場 柏の葉グランド

5年生 東葛予選 初戦
本日の会場は、柏の葉グランド
5年生 8名(1名休み) + 4年生 2名 で会場に向かう。

大人のコート半分を試合会場に、残りの半分のコートをアップ会場。
主管を エフォートさんが担当して頂きグランド確保、コート準備など朝早くからありがとうございます。
日程 対戦チームの関係で本日は、柏エフォートとの1試合のみ。

練習試合のチームが GBC土浦 が参加して頂き、主審をして頂きました。

涼しくはなって来ているが少しアップをするだけで汗が吹き出してくるほどの気温の中、
体を温める動的ストレッチから身体をぶつける1VS1。
チーム戦術を意識しての2VS2から数的優位を作った2VS1でアップ終了。
監督コーチより、スタメン発表、最近、試合で良くアドバイスされている、横パスを使う。をテーマに試合に挑む。

東葛予選 1試合目
VS 柏エフォート
試合開始から、果敢に前線からプレスをかけるも、止める蹴るの技術がしっかりしているエフォートにパスを繋がれ、
フォルテがプレスに走らされてる印象がある立ち上がりになりました。
時折見せるボールを奪ってからのフォルテの攻撃も縦に急ぎ過ぎてボールを奪われ、守備に走りまわされる。
サイドのメンバーが疲れて来ると、戻れ無くなって来てドリブル突破、ミドルシュートなどで3失点。
ゴールキーパーのビックセーブも何度もあるがキャッチして欲しいが、片手で弾くのが精一杯のボール。
ゴール前にこぼれたボールに、相手選手が必ず詰めて来ている。
フォルテDF、このこぼれ球への反応が遅れる。
これは、普段の練習や、TMなどで意識させて、身体に染み込ませておかないと、咄嗟に動く事が出来ない。
1つ課題になる。

攻撃面では、相手チームが前がかりになる守備に対して、ゴールキーパーからの正確なパントキックに何度もチャンスになるがゴール出来ない。
フォルテも、横パスを意識しながら、サイド攻撃を仕掛けてコーナーキックを奪うと、ニアポストに飛んだボールに対してフォルテ選手が反応。後ろに逸らしたボールに反応するもクリアされるが、クリアボールがペナルティエリアの中、素早く反応したフォルテ選手の左足でのボレーシュートがゴールに入り1得点。
フォルテに勢いがつく。
その後、フォルテペースが続くも、勢いのまま縦に急ぎすぎる。
ベンチからも横パスのアドバイスを声がけするも、横パスを出す選手と横パスを受ける選手の位置取りが、なかなか上手く行かない。
疲れも見えて来て、折角のチャンスのゴールキーパーから正確なパントキックからのカウンターもFWの選手だけに任せっきりになり、MF&DFが、ボールを取られても直ぐに取り返してあげられる位置まで上げきれない。
攻撃に厚みを作ってあげたいが、疲れからか、守備から攻撃の切り替えに身体がついて行かない。
最後は、守備に押し込まれてのミドルシュートにゴールキーパー弾くも、相手FW選手の詰めの速さに対応出来ずに、試合を決定づけるゴールを許してしまい試合終了。

VS 柏エフォート
1-4 負け

東葛予選 1試合目は、残念ながら負けてしまいました。
まだ2試合あり、まだまだ予選突破する事が出来るので、本日の課題を修正して予選突破を目指しましょう。

その後のトレーニングマッチ
VS GBC土浦 (15分1本)
VS 柏エフォート(15分1本)
キーパーに立候補してくれたメンバー、普段と違うポジションに挑戦してもらったメンバー、1試合目の修正点を意識させたメンバー、様々課題を持たせて良いTMが出来ました。

最後に、本日のTM含めての良かったプレー。
①GKのミドルシュートへの反応。セービング。
②サイド攻撃をしようと意識しての横パスの繋ぎ
③前線からのプレスで、次のパスコースを読んでのインターセプト。
④コーナーキックのボールに飛び込む意識が良くなった。
⑤クリアボールや、こぼれ球への反応からのミドルシュートの意識。チャレンジが良かった。
⑥ドリブル突破からのゴールネットに突き刺すかのようなミドルシュート。
⑦最後まで諦めずに身体を投げ出しての守備。
まだまだありますが、反省するプレーも沢山ありましたが、負けた試合でも、良かったプレーを沢山褒めて伸ばす指導を心がけていきたいと思います。

本日は、4年生より2名の応援をして頂きました。
5年生の試合にも全然物怖じせずに、果敢にプレスをかけ、
ドリブル突破。シュート。インターセプト。身体を当ててからの素早いターン。 など本当に素晴らしいプレーでした。
ありがとうございました。
是非、4年チームに戻っても意識高く、上を目指してプレーして頂き頑張ってください。
期待しています。

朝早くよりメンバーを送り出してくれた保護者の皆様。
応援、帯同サポートして頂きました保護者の皆様。
4年 矢嶋コーチ(TM 主審)
ありがとうございました。

結果は、負けてしまいましたが、先程書いたように素晴らしいプレーも沢山ありました。
是非とも子供達に次への良いプレーの為に、ダメ出しでは無く、良かったプレーを聴いてあげてください。
褒められると嬉しいので、もっとサッカーが好きになってくれると思います。

何卒よろしくお願い致します。

大変 長文になってしまいすいませんでした。

明日は、2B決勝トーナメント
自分は、仕事で参加出来ませんが、全力プレーをして、良い結果を期待しています。

5年コーチ 国生

3年Fリーグ

会場 福田第二小学校                          .

Fリーグ2018/10/08(月)体育の日

本日のFリーグはトーナメント戦。
欠席チームがいた為フォルテは2チームエントリーとなり2年生から2名助っ人を借り12名が6人ずつ2チームを分け戦った。
3チームによる予選、1位になったチームが決勝トーナメント進出となる。
優勝するには予選から絶対負けられない。

〇フォルテAチーム
フォルテAチームの詳細になります。
今日のテーマはパス!
パスとは出してと受けての動きが大切だ。

予選1回戦 vs清水台FC 1-1
同じ野田市のライバルチームとの戦い。
前半右サイドからのドリブルからのシュートがポストにあたりそれをつめていた選手が決めて先制点を奪った。
それからピンチ多くあったが守りきり1-0で前半終了。
後半相手はパスを上手く繋いでくるがフォルテはボールウォッチャーとなりマークができなくフリーでシュートを打たれ同点となる。
そのまま同点で試合終了。

予選2回戦 vs 吉川武蔵野B 9-0
対戦相手に清水台は13点とった為フォルテが決勝トーナメント進出には得失点差で14点取る必要がある。
14点とらなければいけないプレッシャーやあせりから遠くからのシュートや悪い態勢からのシュートが目立ち前半は4-0。
後半頑張って攻めたが6点しか奪えず9-0で試合終了。
フォルテAは2位トーナメントとなる。

トーナメント1回戦 vsまちさかB 11-0
ドリブルからのシュートやパスを回しセンタリングからダイレクトでシュート打ち素晴らしいゴールも決まり11-0で試合終了。

2位トーナメント決勝戦
まちさかA 4-0
フォルテはテーマを意識してパスを繋ぐが受けての動きが悪くパスを出せずドリブル突破でのゴールが多かったが4-0で勝ち、2位トーナメント優勝となった。

今日はドリブルで仕掛けることも大切だがパスの意識も強く持って戦い以前よりパスを繋がるようになるがまだ受けての動き(何処でボールをもらうのか)を考えなければならない。
その為には常に首を振って味方と相手は何処にいるのか、スペースは何処にあるのかを考えながらプレイしなければならない。
昨日の県大会でも負けてないが得失点差で次のステージに進めず悔しい思いもしたが2日間選手達は全力で頑張っていたと思います。

保護者の皆さま運営や応援ありがとうございます。2年生から助っ人として参加していただいた2名の選手ありがとうございます。
染谷助監督審判サポートありがとうございました。

小川

6年U12最終節

3-0FCアクティブ柏 会場 習志野市茜浜グランド .

●最終節10/07(日)
3-0FCアクティブ柏 会場 習志野市茜浜グランド

19期生
U-12リーグ前後期リーグ18戦無敗!!

たくましく成長する選手たち、良く頑張りした。トーナメントも成長しながら頑張りましょう。
役員さん、保護者の皆さん、
お蔭様で、素晴らしい結果となりましま。
成長たちは良い経験をしています。
ありがとうございます??

詳細は後程。

谷津
—————
10月に入り一週間が経っているのに、昨日は日本列島を襲った台風25号の影響で35度に迫る暑さとなった。
本日も暑くなる予報だ。
このところ、朝晩がだいぶ涼しく過ごしやすい日が続いていたので、選手たちの体力、体調も気になるところだ。

U-12後期リーグに入り、強豪揃いのリーグで常にチャレンジを忘れない選手たち。
後期リーグからはハードワークは従前から引き続きであるが、チーム戦術の共通理解を求め、トレーニングを積んできた。
11月からの県大会トーナメントを見据え、積み重ねたトレーニングをリーグ戦でチャレンジしてきていた。

習志野市茜浜グランドに16名の選手でU-12後期N-2リーグ最終戦に挑んだ。
以前は電車移動で向かった会場だが本節はキックオフが12時と少し遅く、保護者のご厚意で車での移動となった。
ありがたい。このような距離があり混雑が予想される会場への車移動は時として判断に苦慮するが、遠い距離を時間をかけて選手たちを快く連れて行ってくださる保護者さんには本当に頭が下がる。

最終節対戦相手は東葛大会予選で既に一戦交えている。
この時はスコアレスドローとしていた。
決定力不足が起因している。惜しいではやはり勝ちきれない。

キックオフが12時。余り試合まで間延びしてしまうと、選手の緊張の糸が切れてしまう。
集合からキックオフ、終了のホイッスルまで時間配分が勝敗を別つ。
集中が切れないよう、スイッチを入れるタイミングが肝だ。
本日は自分達の対戦前に相手の試合を観戦出来るので、改めてマークすべき選手を確認していく。
するとフォルテ選手達から、マークすべき背番号が聞こえてくる。
よほど、前回の対戦が心残りだったのだろう。
相手選手のスカウティングをタイミングで切り上げ、アップをスタート。
既にルーティーンとして定着したアップを選手自ら声をかけ行っていく。
気になる。。。
このままでは。と思い、中断し魂を入れさせる。気持ちの入れ方を考えさせる。
その後、玉際での競り合い、ファーストタッチ等を確認しアップを切り上げた。

試合前のミーティング。
前回対戦での決定力不足を修正する為、ディフェンスとオフェンスの注意点を伝え、最終戦に送り出した。

vs.FCアクティブ柏 3-0

前半は相手ボールでのキックオフ。
早速、左サイドのウラにボールを出してくる。ディフェンスの一人がこのエリアを支配させないよう、プレッシャーをかける。
しかし、プレッシャーをかいくぐり突破を仕掛けられる。が、続いたディフェンスがしっかりと奪いきる。
実に落ち着いている。GKからの具体的なコーチングも良く出来ている。先ず先ずの入り方だ。
左サイドの攻撃からCKのチャンスをえる。
セットプレーは最近になり、スタイルを変更していた。キッカーから素晴らしいボールが出てくる。
あとは合わせるだけだ。一度は弾かれるが、CBが押込み先制点。
後で聞いたが、しっかりと相手GKの位置を見て押し込んだとのこと。怖い位の落ち着きだ。
更に攻撃のチャンスを作るフォルテ選手。
MFの攻勢で一旦はCBに落とし出し処を探す。右サイドを突破するボールが出てくる。これを右サイド選手がゴール前へ。
フィニッシュは左サイドの選手がゴールへ。良い展開だ。
相手のボールが出たところでトレーニングの成果かきっちりとボールを奪いきる。
これを右サイドへ展開し、クロスにMFが相手GKと交錯しながらの追加点。
ここまでの展開が開始から飲水タイムの10分たらず。前半10分で3得点をあげた。
飲水後、直ぐに追加点のチャンスが訪れる。中盤で奪ったボールが上手く相手DFウラ抜けてフォルテFWに。
しかしこういうチャンスは力が入ってしまい、ネットを揺らせない。放ったシュートは枠を大きく外れてしまった。
こういう時にゴール隅に流し込めるようになって欲しい。

後半は少しメンバーを入れ替え望む。
後半開始から相手ボールになると全力でボールを追いかける交代した、FW。
前節で交代した後に何も言わず、ベンチで悔し涙を流していた選手。悔しい思いをぶつけるように、必死にボールを追いかける。
交わされても何度でも勢いを緩めることがない。前線でのこのプレスで相手のミスを誘い、再三のチャンスを作るが、追加点にはならない。
引いてしまっている相手にどう挑むか。
時には前ではなく、一旦は引くことも戦いかただ。
後半はベンチ全員で戦い、残り3分をきったところで、足を痛めていた先発メンバーFWと先ほどシュートを大きく外したFWをピッチへ。
追加点は奪えなかったが、最後まで走りきりチャンスを作ろうしていた。
そして終了のホイッスルを迎えた。

この瞬間、19期生、
U-12リーグ前後期リーグ18戦無敗を達成。

未知の世界へ駆け上がれ!
19期生選手たち!

保護者の皆さん、いつも選手たちを元気に送り出していただき、ありがとうございます。
19期生選手たちは春から夏、そして秋となり、更に成長しました。
これも家庭での健康管理や躾の賜物と思います。
11月からも県大会トーナメント、CTC杯、と試合が続きます。応援、サポートよろしくお願いします。
役員さん、遠征の手配、サポート等、いつもありがとうございます。
審判サポートいただいた、フォルテ審判部の皆さん、ありがとうございます。

そして、19期生指導者各位、いつもありがとうございます。このチームで戦えるのもあと半年を過ぎました。
選手達が最高のパフォーマンスを出せるよう、我々も頑張りましょう。

久々に長くなりました。
長文ご容赦ください。
関係各位の皆様。この19期生を含め、
フォルテの選手みんなに暖かいご支援をいただけますよう、よろしくお願いします。

谷津

●後期第4節09/23(日)秋分の日
2-2 藤崎SCレッド 、0-0高州ホッパーズ  会場 浦安市立高洲小学校

浦安市の近代的な小学校に19期生メンバー全員がそろう。
渋滞を考え、メンバーのほとんどは電車移動。
朝早いので眠そうな選手もいるが、込み合った電車でも辛抱強くマナーを意識して乗っている。
流石に電車移動にもなれ、逞しさも感じられる。
高州小学校のグランドは少し固めのマンションや公園に囲まれたグランドだ。
本日の公式戦2試合とも、厳しい戦いが予想される。特に第一試合の入りかたが大事だ。

ハードワークをおろそかにしないことを意識して送り出す。

vs.藤崎SCレッド 2-2 引き分け
半端なプレス、ディフェンスでは通用しない。思うようにボールが奪えず、先取点を取られる。
左からの攻撃での得点とペナルティエリア少し外からのFKが見事に決まり、引き分けとなった。

vs.高州ホッパーズ 0-0 引き分け
対戦前に相手チームをチェックしキーマンをチェック。
ボールはチームで奪うこと、奪ったボールは丁寧に繋ぎ攻撃することを意識して送り出す。
相手ボールを跳ね返すことは出来るのだが、攻守の切り替えが遅れ気味で、ボールが収まらない。
お互いにビッグチャンスに決めきれず、試合終了。

以降、主管の高州ホッパーズさんの計らいで、練習試合をしていただけた。
vs.藤崎SC 0-1 負け 20分のみ
vs.高州ホッパーズ 0-0 引き分け 20分のみ

普段、キックオフから試合に出れない選手のみでの練習試合。
良く頑張りました。

藤崎SCさん、高州ホッパーズさん、ありがとうございました。

保護者の皆さん、本日も遠い遠征となりましたが、良い経験となりました。
ありがとうございました。
応援にも駆けつけていただきまして、ありがとうございます。
野口コーチ、審判と電車移動にもお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

後期リーグも残りあと1節となりました。
お陰様でチームは間違いなく成長しています。
次節もサポートも応援もよろしくお願いいたします。

詳細は矢形コーチから。

谷津
——————
ベイサイトエリアの瀟洒な街並みに佇む浦安市立高洲小学校、U12後期リーグ第4節の闘いの舞台に17名の元気なフォルテ19期生が降り立った。

◆第1試合 対藤崎SC 2-2
相手チームは、速いプレスと速い判断でのボール回しが得意なチームである。
前半立ち上がり3分。ファーストディフェンスの後のセカンドディフェンスの対応の遅れから先制点を許してしまう。
前半6分、今度は、フォルテの中盤から左サイドへのナイスパスからの同点ゴール。
この時間帯で追いついたのは素晴らしい。
しかし前半10分、相手チームに右サイドを崩され追加点を許してしまう。
前半を1-2で折り返した後半12分、相手チームのペナルティエリア付近で絶好のフリーキックのチャンスを獲得する。
相手の壁にフォルテのチームも加わり、シュートコースを開けようと見えない駆け引きを行う。
絶妙なタイミングとコースで放たれた低いボールがゴール左サイドに決まり同点。
試合はこのまま引き分けで終了しましたが、魂で獲得した1点でした。

◆第2試合 対 高洲SC 0-0
1試合目の反省点、中途半端なチャレンジ&カバーは行わない、切った方向には絶対に相手を入れない。
試合前の1対1のアップでその点を確認し、選手達を送り出した。
前半からフォルテの持ち味であるサイドからの攻撃が見られクロスが何本も上がるがなかなか得点には至らない。
昨日何回も練習したコーナーキック時の秘策もいい感じに決まるがゴールに嫌われる。
相手チームの前線のキーマンの左右のスペースでボールを要求する動きに何度か危ないシーンがあった。
ディフェンスとキーパーのコミュニケーションがもう少し上手ければもっと楽に処理できたと思うが、これは今後の課題である。
試合終了間際、中盤のワンツーから右サイドのスペースへ綺麗なパスが通りキーパーが飛び出したところゴール左サイドに低いシュートを放つが惜しくも決まらず試合終了。

2試合とも残念ながら勝ち切るには至りませんでしたが、後期リーグ4節まで戦い8戦無敗は、胸を張るべきである。

2試合終了後、主管チームのご厚意により、20分のトレーニングマッチを2本させていただきました。
高洲SCさん、藤崎SCさんありがとうございました。
トレーニングマッチ
対藤崎SC 0-1
対高洲SC 0-0

保護者の方々、本日も早朝より選手達の送迎に応援とありがとうございました。
子供達の成長は、本当に素晴らしいものがあります。最終節に向けて更なる応援のほどよろしくお願いいたします。
また、審判に帯同いただきました野口コーチ、本日はありがとうございました。次回もサポートいただければと思います。

6年矢形

●後期第3節0916(日)
2-0 ルキナス印西レッド 、0-0VIVAIO船橋SC(G)  会場 船橋豊富高校

後期リーグも後半戦。
本日は県内でもかなりの強豪チームとの対戦。
船橋市豊富高校に14名の選手が元気に集う。

vs.ルキナス印西レッド
2-0 勝ち
大人と同じくらいの大型GK,。ゴールが小さく見える。簡単にはゴールさへてもらえなさそうだ。
最近取り組んでいる、チームでボールを奪う、シュートコースの狙い所を伝えて送り出す。
開始30秒、コースを狙ったシュートが見事に決まり、先取点。
少し緊張気味で入った選手たちがシュートを決めた選手に駆け寄り笑顔になる。
相手の切り返しに抜かれるが、サポートがカバーに入り攻めさせない。
攻防からの開始6分、更に追加点を奪い、そのまま試合終了。

vs.VIVAIO船橋SC(G)
0-0 引き分け
流石になかなか攻めさせてくれない。
DFはチームで奪うことと、体を張った守りでゴールを奪わせない。
フォルテは両サイドからのクロスが上がるが得点には結びつかない。
強固なCBからどう点を奪うか。
仲間とのコンビネーションで挑むがバイタルへの侵入は難しい。
CKからのヘディングシュート、ゴール前での抑えたシュートを放つが今日はゴールに嫌われた。

保護者の皆さん、本日も沢山の応援ありがとうございました。
對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

コーチの皆さんもお疲れ様でした。

詳細は小川コーチ、鈴木コーチから。

谷津
—————
船橋豊富高校で15人の選手で挑んだ第三節。
曇り空で気温は高くないが蒸し暑く少し動いただけで汗がでる。
●1試合目
vsルキナス印西レッド 2-0

試合開始30秒フォルテは素早いパス回しからトップの選手がシュートしキーパーの弾いたこぼれ球を他の選手が落ち着いて決めた。
それから勢いに乗ったフォルテはトップの選手がドリブルでゴール前まで行きキープしながら後ろへ落としハーフの選手が素晴らしいミドルシュートで追加点。試合開始6分で2得点!!
夏合宿では早い時間帯に2得点すると逆転されることが多かったが今日は違った。
攻められてもワンサイドカットしながら2人でボールを奪いシュートをほとんど打たせなかった。
それから追加点は奪えなかったが失点0は素晴らしい!
最近は1人ではなくチームでの守備を強化しトレーニングしているがそれを試合でチャレンジ出来たことが失点0に繋がったと思う。
前期、後期と強豪相手にも未だに負けていないのも守備力が上がった結果。
後期リーグもあと2節でさらにレベルを上げて11月からの決勝トーナメントを迎えたいと思います。

保護者の皆様、遅くまで応援ありがとうございました。
これからも遠征が続きますので車出しのご協力お願いします。對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

小川
—————
●2試合目
VIVAIO船橋
0-0

開始時間が16時40分からとあまり経験のない時間帯からの2試合目…集中力がもつか心配だったが選手達はしっかり集中している。
相手は個人技もパスワークも優れていてなかなかボールが奪えない、しかし持ち味のハードワークとテーマにしている全員ディフェンス、ワンサイドカット、チャレンジ&カバーを徹底し相手を自由にさせない。
両チームとも中盤での攻防が続く時間帯が多く、たまに来る裏を抜かれるパスもしっかりとカバーをし打たせない。
ディフェンスのコンビネーションもかなり成長しています。
後半、キーパーからのロングキックが少し大きく、相手もタッチラインに逃げる動きをしていたが諦めない心で追いつき、奪い、クロスを上げミドルシュート。
惜しくも外れはしましたがしっかりと浮かさず打てたとても良いシュートでした。
その後も集中を切らさず最後まで走りきり引き分けでしたが内容の濃い良い試合だったと思います。

對馬コーチ、主審2試合ありがとうございました。
保護者の皆様。選手サポート、車だし、選手が元気になる応援ありがとうございました。
来週も遠方の会場となりますがよろしくお願いいたします。前期、後期、未だ無敗!本当に驚かされますね。

6年 鈴木

●後期第2節0909
3-0 夏見FC A 、4-1湖北台クラブ 会場 野田市スポーツ公園

風は強いが良く晴れた野田市スポーツ公園に元気な16名の選手が集まる。
本日も2試合だ。
先週の第一節では、先制を許してしまっていた。昨日の練習ではディフェンスを意識した練習を行った。

vs.夏見FC A 3-0 勝ち
vs.湖北台クラブ 4-1 勝ち

先週とはうってかわり、初戦から練習の成果で落ち着いたディフェンスからサイド攻撃に展開し、
切り込んだ右サイドからの矢のようなシュートがネットにささり、先制。
勢いに乗ったチームは3得点で勝利しました。
2試合目は先週もチェックしていた対戦相手のマークしていた選手とのマッチアップで
ディフェンスが仕事をさせなかった頑張りにFWも頑張り、先制点を奪った。

本日は交代で出た選手も含め、チームとして戦うことを良く理解して対戦出来ていたと思います。

詳細は関谷コーチ、黒澤コーチから。

對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。
保護者の皆さん、主管開催を無事に終了出来ました。ありがとうございました。
山崎監督、激励ありがとうございます。
コーチの皆さんも朝早くからお疲れ様でした。
植竹会長、試合をご覧頂き、お褒めいただきましたこと、選手たちにも伝えます。
設営等サポート頂きまして、ありがとうございます。

次週も試合が続きます。
チームで頑張りましょう!

谷津
—————–
前期リーグの1位、2位通過しかいない後期リーグ。野田スポーツ公園に元気な16名の選手が集まって挑んだ第2節。
アップでは1対2で2人で協力しながらボールを奪うディフェンスの基本的な戦術であるワンサイドカットのトレーニングをした。
それを試合でチャレンジできるか??

1試合目
VS 夏見 3-0 勝ち
風が強くなり前半は風上でキックオフ。
前半5分ディフェンスから中盤へと2タッチやダイレクトと見事にパスを繋ぎフリーになった右サイドの選手にボールがいきドリブルから強烈なシュートで左ゴールネットを揺らした。
相手の攻撃にはキーパーやディフェンスからワンサイドカットの声を掛け後方の選手が相手のドリブルやパスを予測してボールを奪うことができた。
奪ったボールを確実に繋ぎ追加点を奪い3-0で試合終了。
トレーニングしたことをすぐ試合でためせたことが失点0につながった試合でした。
これからも格上のチームと試合をしていく中で個人でボールを奪うことは難しいので2人以上でボールを奪う戦術のトレーニングをいていきたい。
試合に勝つにはしっかり守って相手よりゴールを奪うこと。
当たり前のことですがこの目的を持ってプレーすことが大切である。
その為には普段の練習からトラップひとつでもゴールに向かうトラップをすることを意識させていきたい。

朝早くから植竹会長、コーチの皆様主管準備お疲れ様でした。
對馬コーチ主審を2試合していただきありがとうございました。
山崎助監督、応援や審判指導をいていただきありがとうございました。
役員さん、保護者の皆様、準備や応援ありがとうございます。
これから遠征が続きますのでよろしくお願いします。

2試合目は黒澤コーチより

小川
——————
2試合目
VS湖北台クラブ4ー1
本日の2試合。
前試合の快勝を一度忘れて気を引き締めて試合に挑みます。
試合前のミーティングでは相手のキープレイヤーを自由にさせず、ワンサイドカットとチャレンジ&カバーの徹底が伝えられました。
前半は一進一退の好ゲーム。
フォルテもチャンスはあったが決められず、ピンチの時間はディフェンスが身体を張って守ります。
後半は風上になり反撃開始。
立ち上がりに、右サイドからのセンタリングを中央で合わせ先制点。
そこから、センタリング気味のボールが立て続けに2点入り追加点。
更には、ディフェンスがサイドをえぐり、中央からのミドルシュートで4点目。
最後に相手の個人突破から1失点をしましたが、今日は相手を追い込む方向を限定したチームディフェンスの勝利かと思います。
今後もチーム内の声かけ、後ろからの指示などを全員で行い、県内の強豪チームに勝てる力をつけていきましょう。

本日も熱い中、ご協力いただきました保護者、監督、コーチ、関係者ありがとうございます。
このチームは、まだまだ強くなりますので、今後も暖かいご支援宜しくお願いします。

6年黒沢

●後期第1節0902
1-1 布佐SC、2-2トリプレッタ 会場 我孫子市立布佐南小学校

本日からスタートした後期リーグ。

我孫子市布佐南小学校に17名全員でのぞんだ。
この週末は夏の盛りの暑さがどこかへ行き、今朝は寒気を感じるほどだ。
時折、雨が降るなかでの試合となった。

vs.布佐SC 1-1
vs.トリプレッタ 2-2

両試合とも、先制されおいつかなければならない展開となった。
このリーグ、ハードワークをおろそかにすると苦しい展開となってしまう。
トラップ、パス、とてもレベルの高いチーム、選手が多い。
この中でも落ち着いてボールを扱えるようになってほしい。

詳細は関谷コーチ、鈴木コーチから。

保護者の皆さん、本日もサポートと応援とありがとうございました。
野口コーチ、審判サポートありがとうございました。

次週も試合が続きます。
よろしくお願いします。

谷津
——————–
●第1試合
vs.布佐SC 1-1 △

いよいよ後期リーグがスタート。小雨が降る中、初戦を迎えた。
布佐SCとは3年生の時に豆っ子リーグ以来の対戦(1-1△)。先制点は布佐SC。
前半中盤に相手DFのスルーパスから左MFが持ち込みFWとワンツー。
フォルテDFのマークチェックが外れた隙に中央に出たボールをダイレクトでゴール。

同点ゴールは後半。MFエリアで混戦していたところ右MFがボールを奪い右サイドを切り込む。
相手DFと競り合いながらセンターリングをFWがダイレクトで合わせてゴール。
両者決定打の場面もありながらもそのまま引き分けた。
布佐DFの前向きな声掛けやMFなでしこの献身的なサポートプレーが印象的だった。

9月~10月7日までは予選リーグ1位・2位の強豪チームと9試合あります。
残り7試合を県大会本選につなげられるように気持ちを高めていこう。
監督・コーチ、審判サポートお疲れさまでした。
保護者の皆さん、車出しに応援ありがとうございました。

第2戦トリプレッタ戦に続く

6年 関谷
—————–
●第2試合
vs.トリプレッタ 2-2△

2試合目は雨も上がりプレーしやすい環境になりました。
相手は個人技、キープ力、声かけと少し格上、サイドを大きく揺さぶりマークが外れた所に縦へのスルーパスが目立ちました。
前半10分、何度も仕掛けてくる裏への攻撃に崩され失点。
攻撃パターンはわかってきていたが対応の仕方、カバーリングなど具体的な動きを学んでいきましょう。
先制されてから3分後セットプレーのチャンス、直接狙いこぼれ球を押し込み同点。しっかり二人もつめていた結果です。
その後も持ち味のハードワークやDFの声の掛け合いもよくできていたが攻撃に変わった時に攻撃陣の声がもう少しほしい感じがします。
何処に欲しいのかなどを要求することが大切。
パスが通らなかったとしても選手間で「今のはこうだよ」「今度はこうしよう」など沢山会話をしてみましょう。
19分には相手のコーナー、外れはしたが誰も触れず打たせてしまう。必ず体を寄せて競り合いをする。
キーパーからのキックも同じで「絶対マイボールにする」って気持ちでしっかり競ろう。

後半、相手は4人交代。少し守りにくくなり苦しい時間が続き5分、コーナーから1度は防いだがサイドに流れたボールをダイレクトで打たれキーパーの頭を越える技ありシュートで2-1。
しっかり寄せる大切さ、フリーにさせてしまう怖さがわかったと思います。
14分、前半から続くサイドの揺さぶりからのスルーパス、何度も防ぎ反撃し得たPK。
これをしっかりと決め同点、最後まで走りきり試合終了。

格上との戦いでしたが結果は2試合とも引き分け、追いかける試合になりましたが充分戦えるレベルに成長しています。
しかし戦えるだけではなく勝ちにいけるよに「考えてプレーする」をチャレンジしていきましょう。
パスをもらう前、パスをもらった後何をするか。
パスを出す前、出した後何処に動くのか、などイメージすることが大切だと思います。

野口コーチ、朝早く雨の中での審判ありがとうございました。また保護者、役員の皆様も応援、選手サポートとありがとうございました。

6年 鈴木

####################################################
(以下、前期)

1stリーグ星取表0527
(リーグ速報)
フォルテ野田 県大会出場決定
①レイソルTOR 勝点25
8勝0敗1分 66得点1失点(65)
②フォルテ野田 勝点21
6勝0敗3分 20得点2失点(18)
③北習志野FC 勝点17
5勝2敗2分 18得点9失点(9)
上位2位が11月から始まる県大会に出場します。引き続き、コーチングと応援をよろしくお願いします。
6年 関谷

●第5節0603
0-0 高根東、4-1市川北 会場 船橋市立習志野台第一小学校

今大会2回目の電車移動で、最終節2試合を戦いました。
①高根東 0-0引き分け
②市川北 4-1勝ち
リーグ戦を終了し、6勝3分の勝ち点21で2位通過となりました。

①スピードとフィジカルに優れる相手チームとの一進一退の好ゲーム。
互いにチャンスを生かしきれず。スコアレスドローで終わりました。

②開始前に2位通過が決定したので、最終戦は参加メンバー全員で試合に臨みました。
フォルテペースで試合が進み、トップの強烈なミドルで先制。追加点は左サイドからのクロスがOGを誘い、2-0で後半へ。
ゴール前の混戦から押し込まれ失点しましたが、直後に相手OGとGKのキックミスで2点追加でき、4-1で勝利しました。

リーグ戦9試合を2失点で終えたこと。戦術の理解力が高まったこと。この2点が評価できます。
得点力アップをはじめ、課題も多くあります。また、次に向けて頑張りましょう。

本日も暑い中、審判サポート、保護者の皆様の応援、ありがとうございました。

槇山

●第4節0527
1-0 常盤平少年サッカークラブ 会場 レイソルTORグランド

市内の小学校運動会が順延となり一週間延びた第四節。
レイソルTORグランドに15名の選手が集まる。

本日は一試合のみ。
以前にも対戦したことのある相手。
悔しい思いをしていた相手。
今度こそはと思い、望みました。

vs.常盤平 1-0 勝利

お互いにビッグチャンスを作りながらも、
後半終了間際まで、スコアレス。
DFからの縦パスを決めきり勝利。
見応えのある試合でした。

本日も車だし、熱い応援と、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、對馬コーチ、ありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチより。
矢形ヘッドコーチ、よろしく頼みます.

谷津
——————–
会場:レイソルTOAグランド
対戦チーム:常盤平少年サッカークラブ 1-0
キックオフ:13時
全日本U-12 サッカー選手権大会千葉県大会と関東大会千葉県予選への進出をかけた
U-12サッカーリーグ in 千葉 N4リーグも今回で第4節を迎えた。
暫定2位のフォルテ選手達は、秘めたる闘志と緊張を抱きながら、10時に会場に到着した。
本日の対戦相手である常盤平少年SCとレイソルTOA戦を観るためである。
キープレーヤーは何番の選手か、自分ならどう闘うか、どこにチャンスがあるか、選手それぞれの視点で観察していたと思います。
ウォーミングアップと戦術の確認の後、闘いのピッチに向かいました。

13時ちょうどのキックオフ。
序盤から相手チームに攻め込まれます。くさびのパスからの落とし、スペースへのボール出しからのコンビネーションプレー。
技術は相手のほうが勝るなか、懸命にゴールを守ります。粘り強い守備の結果、前半を0-0で折り返しました。

後半も相手の技術に翻弄され、セットプレーからも決定的ピンチを迎えますが、今日のフォルテはゴールを破らせません。
両者譲らない後半18分。中盤で相手からボールを奪ったセンターバックが前線へ送ったボールが見事にフォワードに渡り、
相手のディフェンスの隙をついてのシュート。ボールがゴールの左隅に突き刺さりました。
その後、相手の波状攻撃を守り抜き、試合終了のホイッスル。
死闘が続く40分の中で、一瞬のチャンスを見事に物にした15名のフォルテ選手達は、素晴らしい。
最後まで諦めなかった全員の気持ちが勝利を呼び込んだと思います。

激闘の後、レイソルTOAさんから有り難い練習試合のお誘い。
0-6で試合にこそ破れましたが選手一人一人がそれぞれの課題を再認識できたと思います。

いよいよ来週は、次のステージへの切符をかけた最終節。決して悔いが残らぬよう全員が全ての力を出し切って闘って欲しい。
保護者の皆さま、今日も選手達への元気が出る応援と送迎本当にありがとうござました。
来週も全力で挑む選手達は、あたたかく元気な応援に間違いなく勇気づけられます。
對馬コーチ審判でサポートいただきありがとうございました。次の機会もお願いできればと思います。

6年矢形

●第3節0506
10-0我孫子翼SC、2-1木刈FC 会場 野田市スポーツ公園

初夏を超える暑さのゴールデンウィーク最終日の野田市スポーツ公園に15名の選手が集まる。
昨日の練習から本日の試合を意識した練習を行う。
本日でU-12リーグ前期折り返し。

第一試合
vs.我孫子翼SC 10-0 勝利

第二試合
vs.木刈FC 2-1 勝利

特に第二試合は一点を争う試合となった。
ゴールバーに嫌われたシュートがあったが、入らなければ同じ。
チャンスにゴールを奪えなければならない。
しかし、コーナーキックから得点を奪うことが出来た。
次節も厳しい闘いとなるだろう。
着実に成長していこう。

役員さん、本日も主管として無事に開催することができました。ありがとうございました。
お手伝いいただきました、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、小西監督、野口コーチ、
激励にお越しいただきました、山崎監督、飯塚監督、ありがとうございました。

詳細は黒澤コーチより。

谷津
———————–
第一試合はVS我孫子翼。力の劣る相手に勝ちきりたい試合。
序盤は中々ゴールが決まらないが、FWがゴール前で押し込んで先制。
1点をとってからはフォルテペースで試合が進み、サイド攻撃、ミドルシュートなどで10-0の大勝。
前線からハイプレスをかけて常に諦めなかったこと、メンバーを入れ換えても全員で勝ちきれた点で価値のある勝利であった。
この年代は、どの選手が出ても勝ちきれるチーム力がついてきたのを証明した一戦であった。
欲を言えば、落ち着いてパスを回せばもっと楽に試合を運べるので、普段の練習から周囲をみたり、
トラップをどこに止めるかを考えて更なるレベルアップを目指して欲しい。

第2試合はVS木刈FC。互角と思われる相手だが勝ち点を積み上げたい試合。
この試合も、前線からハイプレスをかけ相手ゴールを目指す。
ややフォルテペースで試合が進むと、コーナーからのヘディングシュートが決まり先制。
土曜の練習がすぐに試合で結果に繋がる頼もしい選手達です。
こぼれ球から追加点を取った後、終了間際の失点は余計でしたが、最後まで諦めないチーム一丸での勝利でした。

本日も朝早くから会場設営の手伝いや、熱い声援をしていただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

黒澤

●第2節0429
1-0向山FC、2-0北習志野FC 会場 茜浜近隣公園サッカー場

①向山FC 1-0勝ち
②北習志野FC 2-0勝ち
共に技術やスピードのある選手を有する好チームでした。
トップの選手の頑張りと突破からの得点、コーナーからの待望のヘッド。ナイスゲームでした。
習志野茜浜での試合でしたが、今日の応援も先週以上でした。
帰りは選手、コーチ全員、保護者の車に分乗して帰ります。
詳細は鈴木コーチからです。

槇山
————————–
連休が始まり車移動での混雑を避けるため電車での移動。
浮かれ気分にならないか心配だったが、さすが高学年。マナーを守りすみやかに移動できました。
会場まで徒歩で約20分、良いアップにもなりました。

第一試合
向山FC 1-0

ベンチには監督、コーチは3人のみの為、試合前のテーマ、指示はわかりませんでしたがリーグ内はどのチームも高レベル…
個人技もあり一筋縄ではいかない。
前後半共にボールが足元につかず意図のないパスやただ蹴ってしまうプレーも見えました。
若干フォルテペースでゲームができていましたが決定打が出ず歯痒い時間帯が続きました。
後半に入りトップの選手の粘り勝ちで先制!最後までボールを追いかけた結果だと思いました。
応援席から感じた事はやはり、ゴールキックからの空中戦、競り合い、
その次のセカンドボールの寄せの速さを意識しいかにマイボールにするか、
とられてしまったとしても相手の攻撃を遅らせる、パスコースを塞ぐ、
次から次へとやる事が沢山ありますが瞬時に判断する力が大切ですね。

第二試合
北習志野FC 2-0

一試合目終了後に試合をしていたチーム。
観察を兼ねて観戦させてみましたがクローバーが気になり四つ葉を探しちゃう選手、草相撲しちゃう選手、
もう少しサッカーに集中しましょう(笑)
相手は見ている感じだとやはり個人技はある。
しかしセンターバックの裏がかなり空いていたためトップの選手にはそれを伝え狙うように指示をした。
前半、前日の練習の成果が証明された。
何本も何本もセットプレーを練習をし、試合中も幾度となくチャンスがあり期待が高まる中、
見事ヘディングシュートを決め先制!自信を持ってほしい!この点でチームの士気が高まり、
トップの選手が背面からくるボールを上手く合わせ2点目。
後半、チームの士気が下がる事なく全員がキッチリ仕事をし、顔が真っ赤になるまで走り続け見事勝利!
2節を終えて無敗無失点、素晴らしい!これからもっと暑くなってきます。
最後まで走りきれたチームが勝利に近づけると思います。
頑張ってる選手に言うのは失礼かもしれませんが次節も頑張って走りきろう!!

早朝より帯同していただきました野口コーチ、ありがとうございました。
また保護者の皆様も朝早くからのお弁当、熱い応援、帰りの送迎とありがとうございました。
次節も一丸となり戦いましょう!

鈴木

●第1節0422
0-0舞浜FCファルコンズ、0-0柏レイソルTOR 会場 我孫子市立並木小学校

6年U12リーグが開幕しました、今日はグループの中でも前評判の高いチームとの対戦になりました。

①舞浜FCファルコンズ0-0引き分け
足元の技術のしっかりしたチームとの印象でしたが、フォルテのハイプレスで終始フォルテベースでしたが、
フィニッシュの精度に欠き、引き分けてしまいました。

②柏レイソルTOR 0-0引き分け
個人スキル、戦術ともに格上のチームですが、守備戦術の共通理解を図り、押し込まれながらも集中した守備で守りきりました。
カウンターからの惜しい場面も作れました。
真夏に近い暑さでしたが、運動量が落ちることもなく、立派なゲームができました。
野口コーチには主審2試合を担当していただき、ありがとうございました。
今日も保護者の応援はすごかったです。選手の励みになりました。
このあとも試合が続きますが、サポートよろしくお願いします。
本日はお疲れ様でした。

槇山

5年東武鉄道杯野田市予選1日目

1-1福田SC、0-1清水台FC 会場 野田市スポーツ公園                .

●東武鉄道杯野田市予選1日目10/06(土)
10月6日(土)
会場:野田市スポーツ公園

vs 福田SC
1-1
vs 清水台FC
0-1

詳細は井上監督or清水コーチより

飯塚

3年県大会

4-1高洲コスモス、1-1行田西 会場 野田市スポーツ公園             .

3年生県大会の結果速報
高洲コスモス 4-1 勝ち
行田西 1-1 引分け
得失点差 1点で1次リーグ敗退
詳細は篠田助監督より
寺田
—————
対高須ホッパーズ 4‐1
対行田西 1‐1

1試合目は個人技のあるいいチームでしたが4得点で勝つことができた。
2試合目は得失点差で勝たないと1次リーグを突破できない相手。
前半に先取点をあげるものの後半にフリーキックからの失点で引き分けに終わってしまった。
チャンスに確実にシュートを決められる技術、ドリブルなのかパスなのか判断力の速さなどまだまだ課題は多いものの個性的なこのチーム。
個性を消さないで自分のいいところをスキルアップしていってほしい。

小西監督審判サポートありがとうございました。
吉原監督、飯塚監督サポートありがとうございました保護者の方々いつもご協力ありがとうございます。

篠田

4年SICリーグ⑥

4-0ペガサス、6-1エンデバー、14-0梅郷 会場 野田市スポーツ公園

●SICリーグ⑥ 10/06(土)
4-0ペガサス、6-1エンデバー、14-0梅郷 会場 野田市スポーツ公園

4年生SIC第6節
短く刈り入れられたスポーツ公園に17名が集まる。

土曜開催のSIC。指導者が少なく、他の学年コーチにHelp頂いている。
今回も6年生から小川コーチに来て頂いた。夜練習の責任者で幅広く他学年の選手をみて頂いている。

①ペガサス 4-0
②エンデバー 6-1
③梅郷 14-0

どんな試合でも手を抜いてはだめだ。
試合内容が重要で、勝てば良いものではない。
どれだけ選手は分かっているのか?

詳細担当
1,2試合目名和コーチ、3試合目は飯塚コーチから

3試合主審をしていただいた。保護者に感謝、有り難う御座いました。
*****吉原*****
—————————-
【第一試合】
vsペガサス 4-0 ○
非常に良いピッチコンディション。試合前のアップも雰囲気良し。
先日のコーチ会議以降に始まった《時間の使い方》に関しても選手達はある程度の意識を持って望んでいる。
迎えた第一試合、立ち上がりから高い位置からのプレスが効き、2分に先制、続く4分に右サイドから崩し中で合わせ追加点。
試合はフォルテのペースで進む、しかしながら対戦相手にもスピード、テクニックに優れた選手が多く、中盤のデュエルで負けてしまいカウンターでピンチを招く場面もちらほら。
後半も立ち上がりは一進一退の攻防が続くが、左サイドでゴールキックをカットしそのままゴール。
再びペースを取り戻し最終スコアを4-0として試合終了。

【第2試合】
vsエンデバー 6-1 ○
2試合を間に挟み迎えた第2試合、試合前に重点的に浮いたボールのトラップをトレーニングし臨む。
アンカーの選手の鋭いドリブル突破を軸にペースをつかむ。数回ゴール前に迫った後に先制点を奪う。
その直後、やはり中盤の軽いプレーからボールをロストしカウンターで失点を喫する。
少し厳しい雰囲気を漂わせたが個の力で盛り返す。立て続けに得点を重ね前半を3-1で折り返す。
後半に関しては各々の力で打開しつつ両サイドDFのオーバーラップが効き3-0とし合計スコア6-1とする。

この2試合に関しては先ずは結果を出し、持ち味を発揮した選手達を讃えたい。
しかしながら指導者達の共通の認識として、多少なりとも個の力に頼り過ぎているのでは?という部分。
状況を打開する手段として連携面での工夫とアイディアが欲しいところ。
行き詰まった局面で少し落ち着いて組み立て直せる柔軟性も今後は必要となる。
そういった話を指導者から選手達に伝え3試合目に続きます。

◆非常に的確なごアドバイスをしてくださいました小川コーチ、ありがとうございます。大変ありがたかったです。
◆気温が上がるなか審判を担当してくださいました保護者様、ありがとうございます。非常に助かりました。
◆毎試合熱い応援をしてくださいます保護者の皆様、ありがとうございます引き続きよろしくお願いいたします。
◆対戦してくださいました。ペガサス様、エンデバー様ありがとうございました。
              
4年名和
—————-
10/6(日)スポーツ公園にてSICリーグ第6節が行われた。
午後からの参加だったので3試合目を観させて貰いました。

【第3試合】
vs 梅郷 (6-0,7-0)13-0 勝利
前半はサイドを広く使えなかった事で団子サッカーになってしまいました。
ボールを貰う時ゴールを背負う形で受けたり、強引に振り向いて個の力で突破する選手。
それでも右サイドからのオーバーラップは凄く良かったです。これを両サイドから出来ると攻撃の幅が広がると思いました。
それでも前半を(6-0)で折り返す事が出来た。
後半はがらりと選手を入れ替えました。
とくに、アンカーの選手には3タッチ以内でボールを回す条件を出して、両サイドの中盤の選手にはボールを受けた際には速攻を掛けないで、タメを作り両サイドDFのオーバーラップを使う。
トップの選手には縦パスを受ける動きをする等を指示。後半は相手をパスで崩してゴールをするようと伝え送り出す。
後半はアンカー選手が軸になり、サイドからの展開が増えました。
最初はぎこちないパスでも徐々に慣れてきて選手それぞれがボールを貰う動きを意識するようになりました。
特に印象的だったのは、後半5分にアンカーの選手から、右サイド中盤の選手にボールを繋げ、DFからのオーバーラップ。
右サイド中盤の選手はトップの選手に一度ボールを預け、トップの選手はオーバーラップしてきたDFの選手にダイレクトパスでボールを繋げ、右サイドDFの選手は中央へセンターリング、左サイド中盤の選手がゴール前へ走り込みシュート。
見事ゴールを決め、相手チームを崩しての得点でした。その後も良い形で得点に繋げられ、後半を(7-0)結果(13-0)で終りました。

東葛大会、県大会はもうすぐそこです。雨天で練習が出来ない状態の中、今日は連携プレーを試す貴重な試合でした。
来月は本大会です。
夜練では高学年との練習でレベルを上げての質の高い練習をしています。
スキルアップも出来るので来れる選手は参加をお願いします。

本日は暑い中、応援サポート有り難うございました。
帯同してくれた小川コーチ、主審をしてくれた保護者の方、本当にお疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

●SICリーグ⑤ 08/25(土)
8-0草加JrFC、2-0清水台FC、5-2新松戸SC 会場 守谷大利根グランド

第5節 SICリーグ結果
vs 草加JrFC (8-0)
vs 清水台FC (2-0)
vs 新松戸SC (5-2)
フレンドリー
vs FC郷州 (2-1)

猛暑日の中、4年生19人が利根川グランドに集まりました。
仕事の関係で午後からの参加で3試合目を観させて貰いました。

3試合目
vs 新松戸SC
やる事は合宿と一緒。高い位置を保ち、オーバーラップした選手のポジションをスライドしながらカバーする。
前半は暑さのせいかプレーが雑になる事が多い。
攻守の切り替えが出来ず間延びしてしまう場面も見られコミュニケーションは全く取れずに、(1-2)の1点ビハインドで前半を終えた。
ハーフタイムでは選手達に合宿では何をこだわって何を学んだの?と問いかけると、思い出したかのように選手達の雰囲気が変わりました。
後半は開始から高い位置でのプレスや中盤でボールを奪うと両サイドのDFがオーバーをしたり良い形での展開が増えました。
選手達は一人ひとり声を掛け合ってコミュニケーションも取れてました。
後半は4得点の失点0で押さえました。
結果(1-2,4-0)5-2 勝利!

今回は猛暑日の中、応援サポートしてくれた保護者の方、審判までしてくれた保護者の方、
帯同してくれた小川コーチ本当に有り難うございました。
まだまだ伸びしろ有る選手達ばかりです。今後とも応援サポートの方宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚
—————————-
4年生 SICリーグ5節 守谷大利根グラウンド

とてつもない暑さの中、リーグ戦3試合+フレンドリー1試合を戦ってきました。

帯同いただいた小川コーチのやり方・考え方を見聞きできて、色々と勉強出来た1日でした。

自分からは1試合目、2試合目の報告を。

vs草加JrFC 8-0 (4-0/4-0)

vs清水台FC 2-0 (1-0/1-0)

合宿からテーマとなった3バックを継続しつつ、ポジションをだいぶ入れ替え、挑戦・経験の意味合いもかなり強い2試合となったと思います。
①普段前にいる選手をDFラインに入れた時、どれだけ追い越す動きを出せるのか。
②反対にDFの選手を前に置いた時、追い越してきた選手を使う/自分で持ち上がるの判断はどうなるか。

①について、やはり普段は追い越される方が多いためか、前の選手のフォローを後方からする、
後ろでボールを受ける事は出来るけど、追い越していくとなるとなかなか出ていけないという印象。
普段、自分を追い越していく選手がどのタイミングで、どういう動きで、というところを意識しなければいけないのかな、と感じた。

②については、①に書いたように追い越していく選手がそもそもあまりいなかったので、判断という面では評価しにくいのですが、持ち上がってというところではやれるんだなぁと。

得点というわかりやすい結果を出した選手もいましたが、それよりも普段DFである利点というか、前に置かれてもディフェンスもしっかりやれているところが凄く見えた。
いつもより前で詰める/追いかける動きがある事で、結果的に相手の攻撃の回数を減らせていたと思います。

この2試合、追い越す動きという点では少なかったかなーと思いますが、でもなかったわけではなく、特にその動きを強く意識できてるなぁと感じた選手もいましたし、いいタイミングで追い越してボールを受け、クロスまで行けたシーンもありました。
これからタイミングなりを掴んでいければ、もっと効果的に使っていけるんじゃないかなと思います。

改善しなければいけない点。
小川コーチからもご指摘いただきましたが、2つ。

試合以外の部分。
ひとつは、次試合だというのに動き出しがとにかく遅い。
切り替えがイマイチ出来ていないという事。

もうひとつは全日程終了後の撤収作業がやはり遅い。
個人差はありつつも、全体的に…でしょうか。
メリハリはつけていきたいですね。

自分が出ていない試合でのベンチでの振る舞いもちょっと…かなり?
修正が必要かと思いました。

今回のSICでは、先にも書きましたが帯同いただいた小川コーチのやり方などを近くで見れて、とても勉強になりました。
選手たちは普段と違うポジションを経験して、それぞれに思うところもあったのではないかなと思います。
今後に活かしていってほしいですね。

最終的にどこまで上がったのか分からないですが、とんでもない暑さの中、審判のお手伝いをしていただいた2人のパパさん、応援・サポートをしてくれた保護者の方々、ありがとうございました!

最後に、守谷大利根グラウンドを利用する上でアップする場所について注意を受けました。
近いうちにお伝えしますが、気をつけましょう!

4年コーチ 矢嶋

●オレンジSICリーグ② 06/16(土)
6-0越谷FCj、12-0幸松JFC、1-3FC フレッズ 会場 野田市立七光台小学校

4年生SICオレンジ
雨上がりで涼しい七光台小にオレンジ9名が集まる。

①越谷FCj 6-0
②幸松JFC 12-0
③FC フレッズ 1-3

試合は勝ったり負けたりするのが良い。
オレンジは4年生になって初めて負けたようだ。
試合後の選手の顔は死んでいた。

本日、ホワイト2B第2節とブッキング(本日予選突破)さらに土曜で多くのコーチの手助けを頂いき感謝です。

詳細は近内監督から。
*****吉原*****
———————-
雨模様の中、オレンジ組のメンバー9人が市役所に集合。前回に引き続きSICに帯同する。
ホワイト組は、主水グランドで2B予選の試合。
オレンジ組は、7月に2B予選を控えての試合となる。
今日のテーマは、
 高い位置からの速いプレス
 コミュニケーション(サポートの声)
 オーバーラップのチャレンジ
今迄、やって来た事を使って試合をする。

対 越谷FC
6-0,0-0 6-0 勝ち
開始早々から速いプレスでボールを奪い、スピードに乗った攻撃で前半6-0で折り返す。
後半は、メンバー全員を交代して来た相手。
スピード、フィジカルとも互角な状態で中盤での攻防が続き0-0で試合終了。

対 幸松JFC
4-0,8-0 12-0 勝ち
試合前のミーティングで今日のテーマを再度、確認して試合に望む。
前半から怒涛の攻撃と1対1でのボール際での勝負で負けない選手の頑張りが見える試合でした。
1試合目、2試合目とテーマにトライ出来た事は、とても良かった。

次は、本日最高の対戦相手。
対 FCフレッズ
1-0,0-3 1-3 負け
自分達のペースである速いプレスとスピードのある攻撃で先制点。その後も攻撃を仕掛けるが追加点が奪えない。
徐々に相手もスピードに慣れて来て、カウンターでの攻撃を仕掛けて来る。相手中心選手のマークが遅れ始める。此処で前半終了。
ハーフタイムに相手中心選手のマークを指示するが、左サイドから持ち込まれて同点。
その後、相手のペースで進む中コーナーキックから失点。1-2と逆転されて自分達のプレーを取り戻せず、更に失点して1-3で試合終了。
4年生になって初めての負け試合を経験。
負け試合から得る事は、大きい!
今日の経験をノートに記録して、マークの基本を再度確認しよう。

保護者の皆様、寒い早朝よりご協力頂き有難うございました。
これから、2B予選、東葛予選と続きますので応援、協力の程 宜しくお願いします。

近内

●SICリーグ① 06/02(土)
6-0FC郷州、3-2エスペランサ総和FC、2-0利根キッカーズ 会場 守谷大利根グランド

2ヵ月振りに見る、4年生の試合に14名が揃った。
今日も暑い中での3試合、どれだけやれるか?
試合前のミーティングで、今日のテーマを話す。
 速いプレス
 1対1で負けない
 オーバーラップのトライ
選手が、どれだけチャレンジする事が出来るかを見守る。
1試合目
対 FC郷州
3-0, 3-0 6-0 勝ち

2試合目
対 エスペランサ総和FC
2-0,1-2 3-2 勝ち

3試合目
対 利根キッカーズ
2-0,0-0 2-0 勝ち

今日の試合は、普段やっていないポジションをやらせたりテーマへのトライと戸惑う事も有ったと思う。
又、試合中の選手交代、ポジションチェンジにも対応出来る様になっていた事は頼もしい。
これからも、レベルアップ出来る様に頑張れ!

今日も、朝早くからご協力頂きました保護者の皆様、有難うございました。
これから、宜しくお願いします。
野口コーチ、岡野様
審判、有難うございました。

近内
—————————
SICリーグ 結果
vs FC郷州 (3-0,3-0)6-0 勝利
vs エスペランサ総和FC (2-0,1-2)3-2 勝利
vs 利根キッカーズ (2-0,0-0)2-0 勝利

仕事を終えてから参加したので、3試合目の感想です。
フォーメーションは2-3-2。普段からテーマとしているコミュニケーション。ボールを奪う。オーバーラップをする。
全体的にはコミュニケーションは取れてると感じました。
プレスからのボールを奪う。球際の強さは練習での成果が出来ていました。
オーバーラップに関しては選手達のオーバーの意識が出てました。
ただ、サイドからの展開で、ボールを持ってる選手とオーバーする選手のタイミングが合わない。
味方からボールを受けた時に、オーバーする選手の上がりを待たずに、むやみに一人で速いドリブルをする選手が多く、
オーバーしてる選手が追い付けないで、ボールを奪われる事が多かった。
仲間の上がりを待つ、タメを作る事が出来れば、オーバーラップが生きる攻撃が出来ると感じました。

結果は2-0の勝利。テーマであるオーバーラップの意識があって、凄く良かったと思います。
今回は朝から応援サポートしてくれた保護者の方、近内監督、名和コーチ、野口コーチ、岡野様、お疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

6年東葛予選②

0-0FCアクティブ柏、1-1ペガサスJFC 会場 流山スポ-ツフィ-ルド                       .

6年東葛予選② 9/24(月)秋分の日振替休日
0-0FCアクティブ柏、1-1ペガサスJFC 会場 流山スポ-ツフィ-ルド 

対 FCアクティブ柏 0-0
対 ペガサスJFC 1-1
勝ち切れないのは非常に残念でしたが、練習でやっていることに全力で取り組めた試合でした。詳細は、黒澤コーチから。

6年矢形
———————–
VS FCアクティブ柏 0ー0
本日は11人制のリーグ戦。先週の常盤平戦での大敗を修正し、素早いプレーとサイド攻撃を中心に試合に挑みます。
前半から互角の試合展開が続くが、今日は積極的にこぼれ球を拾います。
途中ミドルシュートやキーパーとの1対1などチャンスもあったが、決定力を欠き無得点。
後半は相手も攻勢をしかけるが、ディフェンスが身体を張って守り、お互いあまりシュートを打てずに試合終了。
決定力を痛感した試合でした。

VS ペガサスJFC 1ー1
リーグ戦を勝ち上がるには大量得点が必要な試合。積極的でクリエイティブな攻撃を目標に試合に挑みました。
この試合もサイド突破からチャンスはつくりますが、得点には至らず。
また、ディフェンスもワンツーなどを使い積極的に攻撃に参加します。
しかし、相手のクロスからのこぼれ球を決められ1失点。
その後フォルテもサイド攻撃を繰り返し、前半終了間際にようやく左サイドから中央で合わせ同点。
後半も勢いにのり攻め続けるが、1点が遠い試合でした。

東葛大会を振り替えると、11人制サッカーでは相手の距離が近いので、トラップや判断が悪いとすぐにボールを奪われます。
ですので、正確なボールコントロールと素早い判断を心掛け普段の練習から頑張っていきましょう。
また、強豪チームにも引き分けられる実力はついてきましたが、勝ちきるためには決定力を身につける必要があります。

本日も熱い中、ご協力頂きましたコーチ、審判部、保護者の皆様、ありがとうございました。
卒業まであと半年になりましたが、今後も選手達と一緒に頑張っていただけますと幸いです。
宜しくお願いします。

6年黒沢

6年東葛予選① 9/17(月)敬老の日
0-3常盤平、1-0FCアミスター 会場 流山スポ-ツフィ-ルド  

フォルテ対常盤平 0-3
フォルテ対FCアミスター 1-0
1試合目は相手の早いプレスにトラップミス等技術的な問題と判断の遅さが露呈し、自分達のサッカーが思うようにできませんでした。
詳細は、黒澤コーチから。
6年矢形
————————
東葛予選リーグ
VS 常盤平0ー3

今日は普段の8人制と違い11人制、テーマはワンサイドカットとチャレンジ&カバー。
強敵が相手の為、ディフェンス面での集中力が試されます。
立ち上がりから、相手の早いプレスによりペースが掴めない時間が続きます。
そうこうしている間に右サイドへスルーパスからのセンタリングを中央で合わされ0ー1。
さらに、コーナーのこぼれ球を押し込まれ0ー2。
後半にも、ロングボールをキーパー前で合わされ3失点目。
普段フォルテがしているプレーを相手に全部にされ、試合後は全員落ち込んでしまいました。
11人制では、相手との距離も近くプレースピードが大事なのが大きな教訓となった試合でした。

VS FCアミスタ1ー0
前の試合の反省を生かし、試合に挑みます。
開始早々、ディフェンスからボランチへ繋ぎ、サイドへスルーパス。
それをゴールラインまでえぐり、センタリングを中央で合わせ1ー0。
その後も、何度かチャンスはあったがノーゴールで試合終了。
5チーム中2チームしか上位に勝ち上がれない為、1得点では物足りない試合でした。

今日の反省は、プレーの判断が遅れると全てボールを取られ、スペースがないとスピードもいかせないことを選手達も学んだと思います。
普段の練習から、トラップの位置、身体の態勢、ワンタッチプレー、ルックアップ、ボールが来る前に考えるプレーを練習し、レベルアップしていきましょう。

本日も熱い中、ご協力頂きました保護者の皆様、ありがとうございました。
本日は手痛い敗戦でしたが、今後の成長の糧になる試合だと思いますので、今後もご協力宜しくお願いします。

6年 黒沢

4年オレンジ東葛予選③

8-0我孫子翼 会場 福田第二小学校 
                       .
4年オレンジ東葛予選②2018/09/23(日)
8-0我孫子翼 会場 福田第二小学校

予選 (オレンジ)
vs 我孫子翼 (6-0,2-0)8-0

フレンドリー(フォルテ)
vs 我孫子翼 (1-3,1-0)2-3

今回は天候に左右されながら運動会と重なる状況の中、フォルテ14人が揃いました。
本来参加するチームも不参加になり、本日の東葛予選は1試合のみとなりました。

予選(オレンジ)
vs 我孫子翼
前半はテーマであるオーバーラップが少なかったのが印象的でした。
サイドの中盤でボールが渡った時、サイドDFのオーバーラップの遅れや、サイドの中盤が前へ前へと急ぐ場面もあり、サイドDFのオーバーラップが出来ない事もあった。
それとパスの精度の低さ、特にショートパスは苦手なようで、今後の課題の一つである。
それでもゴールへの意識もあり、前半を6-0で終える事が出来ました。
ハーフタイムでは、オーバーラップを増やす事、トップの選手は相手DFを背負った状態でボールが渡ったら、無理に振り向くのじゃなく、一度アンカーの選手にボールを預け、アンカーの選手が前を向いた状態で攻撃へと展開するようにと伝え後半へ送り出す。
後半はオーバーの意識もあって両サイドDFが頑張ってくれました。
ただ、相手DFを崩してフィニッシュに行った時ほど豪快にゴールを外すという事が多くみえた。
シュートの質はまだまだのようだ。それでも後半は2点を重ね、結果は(8-0)で勝利する事が出来ました。
オレンジは決勝トーナメント進出決定です。後は予選1位通過を目指します。
応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同してくれた小西監督有り難うございました。

4年生コーチ 飯塚

4年オレンジ東葛予選②2018/09/16(日)
11-2きぼうFC 会場 福田第二小学校

4年東葛オレンジ第2節
第1節は雨で10/21日に順延
本日はきぼうFC1試合のみ。
VS きぼう 11-2
ホワイトVS我孫子翼 6-2(フレンドリー)

5年生東葛派遣2名を除く19名が福田二小に終結。
危なげなく試合が終了。
その後、
紅白戦とPKを練習、万全の体制で明日に挑みます。

昨日は雨天で練習が中止になるも、6名の指導者は4時間にも及ぶコーチ会議を実施。
今後の育成について議論をかわした。

国生コーチ、小西監督有り難う御座いました。
詳細は担当コーチから
******吉原*****
————————-
東葛大会予選 (オレンジ)
vs きぼうSC (6-1,5-1)11-2
フレンドリー (ホワイト)
vs 我孫子翼 (4-2,2-0) 6-2
紅白戦
オレンジvsホワイト(1-0,3-0)4-0
PK
オレンジ (6-3) ホワイト

1試合目
vs きぼうSC
オレンジは11人で東葛大会予選を行いました。
テーマとしてはいつもと一緒。オーバーラップを仕掛ける。オーバーの時のスライドの穴埋め。中盤での連動した動きをする。
初戦は初めて対戦するチーム。序盤からハイプレスで高い位置をとるフォルテ。流れはフォルテだがボールが定まらない。
それでも選手達の声かけでカバーしている。
前半では中盤での連動が少なかったけど、後半は中盤での連動も有り、得点に繋がった。
それでもシュートの正確性がなかった感じでした。GKの真正面だったり、枠を外したりする場面が多かった。
結果は(11-2)初戦は勝利。
まだまだ課題だらけの選手達。今後の練習ではシュートは勿論の事、色んな蹴り方等を教えて行きたいと思います。
本日はグランド準備から応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同してくれた小西監督、国生コーチ、有り難うございました。

4年生コーチ 飯塚

2年生以下交流試合

会場 みずき小学校                           .

●2年生
今日は梅郷さんとエンデバーさんとの交流試合を行いました。
以下2年生の試合結果です。

10分1本形式
vsエンデバー vs梅郷
1.2-2△ 1.0-1×
2.3-1○ 2.0-1×
3.3-2○ 3.5-1○
4.2-2△ 4.1-1△
5.4-2○ 5.1-3×

今日は2年生12人でメンバーを替えながら2チームにて臨みました。
試合前どういう事をやるのか?(やりたいのか?)指導者からではなく選手たちに発表してもらい確認をする事で主体的な意識を高める。
指導者間では昨日の練習内容やテーマを確認し、ミーティングの時間を長くしないという事を約束事とした。
今日はみんなドリブルの意識や守備の意識も高く集中力が感じられる。ディフェンス時マークの指示などの声も増え雰囲気もいい。
フェイントも失敗してもチャレンジしたり、キーパーの位置をよく見てシュートを決めたり、ディフェンス面でも粘り強く行く姿勢が見れた。
試合結果は勝ったり負けたりであったが今日の収穫は多くの選手に積極的なプレーが多くプレーを楽しんでいる事。
課題としては、ディフェンス時まだ足先だけで行ってボールを取りきれないシーンがあったのでしっかり身体で奪いに行く。
トップスピードのドリブルでゴール前まで運んだらシュートを打つ。
空いているスペースを見ながら(感じながら)のドリブル。
練習で取り組んでいるボールタッチ、ボールコントロールは成長が感じらます。後は対人でも発揮できるよう駆け引きという部分で取り組んでたいと思います。
保護者の皆様今日も車出しやサポートありがとうございました。

執行

———————–
●1年生以下
今日1年生以下チームは石川さん、添田さんにベンチワークをお願いしました。
以下石川さんより試合結果、報告です。(執行)

今回は2回目の市内遠征になりました。市役所に集合し、みずき小へ向かいました。

試合での約束事項
1 ドリブルをする
2 キックインをすばやく
3 相手のボールを体を入れて取る

試合結果
1.vsエンデバー 2-0
2.vs梅郷 3-0
3.vsエンデバー 2-1
4.vs梅郷 1-0
5.vsエンデバー 3-0
6.vs梅郷 2-1
7.vsエンデバー 4-0
8.vs梅郷 1-0
9.vsエンデバー 0-0
10.vs梅郷 2-0
今回は6人の選手で試合をしました。
1試合5分でしたので試合の流れが早く沢山の試合ができ、良い経験が出来た1日でした。

今日の試合では、課題としていた3つは、試合の中でしっかり出来ていました。
それ以外にも、周りから誰をマークするかの声かけや、自分からボールをもらう意思表示も出来ていました。
人数も少ない中、みんな頑張って試合が出来たので良かったです。
保護者の皆様、試合の準備や応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。

石川

5年2B決勝トーナメント

3-2DUC、0-7ペガサス 会場 松戸主水グランド                    .

●2B決勝トーナメント 2018/9/17(月)敬老の日

速報です。
本日、松戸主水グランドにて実施した2B決勝トーナメン結果です。

1試合目
対 DUC
3-2(2-2、0-1)

見事勝利して、県大会出場 勝ち取りました!
午後一にもう1試合ありますので、頑張ります!

五年生コーチ 清水
———
2試合目
vs ペガサスJFC
0-7(0-2,0-5)

ベスト8で終了です。
ベスト4に残ったのは、まつひだいSC、トリプレッタ、常盤平少年FC、ペガサスJFCです。

詳細は後ほど送ります。

5年 飯塚
—————
vs D.U.C SC
3-2(2-2,1-0)
vs ペガサスJFC
0-7(0-2,0-5)

ブロック予選を1位通過し、彼らにとって未知の領域に足を踏み入れた。
全32チームのうちトーナメントに進出出来るのは16チーム。さらにそこから8チームが千葉県中央大会に進むことが出来る。
先日の3年生に続いてなんとか県大会に進みたいという思いで今日を迎えた。

vs D.U.C SC
開始早々に相手のクリアボールに反応したセンターバックの選手がセンターサークル付近からロングシュートを放つと、
ゴールキーパーの頭を越えてゴールに吸い込まれ先制。
しかし喜ぶのも束の間、相手のトップに縦パスが入るとエリア内まで運ばれたところで倒してしまいファウルの判定。
PKで同点に追いつかれる。
その後もポゼッションはD.U.Cだが、カウンターを中心にフォルテもゴールまで迫る。
17分にトップに縦パスが入ったところへ中盤の選手が追い越すように走ると優しい横パス(もしくはトラップミス)。
追い越した選手が最初のコントロールで相手ディフェンダーを抜くと、最後はゴールキーパーも交わし無人のゴールへ流し込み勝ち越し。
しかし、またも勝ち越し直後にサイドからミドルシュートを叩き込まれ同点。
2-2でハーフタイムに。
後半、相手のトップも右サイドの選手のマークがはっきりすると守備が安定。徐々に相手を押し込む。
すると試合終了2分前、左サイドでボールを受けるとその横パスを受けた選手がペナルティエリアで二人を交わしシュート。
待望の勝ち越し点は県大会出場を決めるゴールとなった。

vs ペガサスJFC
2試合目は低学年から対戦を重ねてきたペガサス。試合は思わぬ形で幕を開ける。
ペガサスのキックオフで始まる前半。
開始と同時にペガサスの二人でゴールに向かいながらパス交換を始めるとあっという間にゴール前まで運ばれそのまま失点。
開始からわずか10秒、4本のパスであっさりとやられた。
その後もほとんどペガサスにボールを持たれる。
ゴールキーパーを含め後ろの選手が粘り強い守備を見せたが、奪ってもすぐ失ってしまう。
11分にはクリアボールを相手のキャプテンに拾われると、誰も奪いに行けなくなったところで強烈なミドルシュートをゴール左上に突き刺される。一番注意しなくてはいけない選手の最も得意なプレーをさせてしまった。
0-2で前半を終えるが、疲れなのか気持ちが切れたか後半は前半以上に受け身となる。
5分の失点を皮切りに8分は左サイドからのクロス、13分には右サイドからのクロスを合わせられ失点。
15分にはスルーパスに相手の右サイドが斜めに走り込んできてシュート。
試合終了間際にはPKを取られ後半は5失点。厳しい試合となった。
この試合は指導者からもネガティブな声がけが目立っていたのも反省点だ。

県大会出場は決まったものの、県大会に出てくるチームは当然ながらブロックよりレベルの高いチームがくる。
今日の2試合で9失点している現実をしっかり受け止め、個人の守備意識と強度、ボールを奪った後のプレーの質を少しでも向上させて2ヶ月後の県大会を迎えてほしい。

保護者の皆様、朝早くからのサポートありがとうございました。皆さんの声援が間違いなく一試合目の勝利に繋がったと思います。
野口コーチもブロック審判部の割り当てとフォルテの割り当てで大変だったと思います。お疲れ様でした。
またこの日、小林コーチがトリプレッタとトリムの準々決勝で副審を務めました。
非常にレベルの高い試合で良い経験となったと思いますので、さらに経験を積んで主審などにも挑戦してもらいたいと思います。

最後に、4年生も出場の2チームが県大会出場を決め、3,5年生も合わせブロック出場4チーム全てが県大会に駒を進めました。
選手はもちろん、保護者や指導者の皆さんお疲れ様でした。そしておめでとうございます。
県大会も慢心することなく、引き続き頑張りましょう。

5年 飯塚

●2B予選② 2018/7/15(日)
2-0ラビットキッカーズ 会場 野田市スポーツ公園

5年生2B予選 速報

フォルテ野田 VS ラビットキッカーズ
2-0 勝ち

フォルテ5年生
2B予選を 2勝 1引き分け
予選 1位 通過

おめでとうございます。

試合 詳細は、後ほど国生より

5年コーチ 国生
———————
本日は、3連休の中日、連日の酷暑の中、フォルテ5年生 全9名 で、2B予選とても大事な試合に挑みます。

6/10に2B予選1日目で、1勝1引き分けの勝ち点4
ワールドカップ日本代表の予選と同じ、最終試合の結果次第で予選突破?敗退?の決まる大一番。
選手達にもプレッシャーをかける。
このプレッシャーを経験して、さらに楽しんで貰いたい。

本日、第1試合目は、
ラビットキッカーズ VS ALMA松戸
軽いアップの後、対戦相手の前半を全員で偵察?
相手チームの特徴や、システムなどをチェックしていました。
自分は、副審をしていたのでアップの状況は、わかりませんでしたが、メンバーには緊張感があり集中した良い顔で試合に挑めていました。

ラビットキッカーズ様が2試合連続の為、40分 空けての第二試合目
フォルテ野田 VS ラビットキッカーズ
試合開始前のミーティングでは、特に細かい指示などはしないで、相手の特徴や、攻撃の仕方などの情報だけ伝えて、
今まで様々な練習や、練習試合でやってきた事を出せるよう声がけをして試合に挑む。

前半からフォルテの出足の早いプレスに相手チームが戸惑っているように感じましたが、徐々に慣れて来て フォルテ ラビットキッカーズともに良い攻撃 身体を張った守備にて白熱した試合になる。
フォルテメンバー1名が、暑さの影響で交代するが、交代メンバーが身体能力を活かして、激しくプレス。
更に凄い運動量でコートを走り回ってくれて、相手チームの脅威になる。
酷暑の為、クーリングブレイク(3分)をはさみ一進一退の攻防が続くが前半を0-0で終了。

ベンチに戻るメンバーも酷暑の影響で大量の汗を流しながらも、自信に満ち溢れた顔で戻ってくる。
ハーフタイムのアドバイスも、とても良い戦いが出来ている為、気持ちを高める声がけのみをして後半の試合に挑む。

後半、早い時間に、フォルテ左サイドからの攻撃にFWの選手のドリブルから、もう1人のFWへボールが繋がり
ゴールキーパーの飛び出しの横を抜けるシュートがゴールに入り、フォルテの先制ゴール。
ゴールパフォーマンスも、コートの中を味方選手をかき分けながら走り回り嬉しさを爆発させる。
相手チームも、勝利を諦めていない。
実力的には、格上チーム。ドリブル、パス回し、個人技、など怒涛の攻撃を繰り出してくるが、フォルテ保護者の熱烈な応援もあり、小林コーチが常々言い続けてくれている。『声がけの大事さ』が伝わったのか、チームを盛り上げる声も出始める。
相手FWには、ドリブルが上手い選手がいましたが、井上監督より今年1月頃から数ヶ月、特にテーマにしていた、テクニックや、スピードドリブルへの守備の仕方を徹底してやった事で、とても良い守備が出来ている。

特に、この試合のフォルテセンターバックが、お手本のような守備。
飛び込まず、しかし奪えるチャンスには身体事ボールを奪いに行く頼もしいDF
そして決定機には身体を投げ出しての守備に、フォルテ攻撃陣も応えたい。

試合終盤、同点ゴールが欲しい相手チーム守備陣が前がかりになっている所に、攻守に走り抜いた中盤の選手のクリアーボールに相手チームよりもいち早く反応したFWの選手が、飛び出す相手ゴールキーパーよりも早くミドルシュート。
見事ゴールネットに突き刺した。
決定的な2点目のゴールに選手、監督コーチ、保護者の歓喜の雄叫び。

2-0勝利 する事が出来ました。

結果、なんと2B予選(5年生)
2勝1引き分け 勝ち点 7
堂々の1位通過

ゴールデンエイジの成長は、本当に驚かされます。
しかも、他学年 監督コーチ&保護者より 5年生 凄く成長していてどんどんサッカーが上手くなっている。と褒め言葉を言って頂き、自分の事のように嬉しくなりました。
これで2B予選は、終了しましたので、フォルテ5年生は、監督コーチで相談していた、次のシステム、テーマ(オーバーラップ)にチャレンジする事になります。
早速、今日の最後にTMがありましたので、飯塚監督の元、新しいシステムと、新しいテーマにチャレンジ。
内容は、イマイチ(体力の限界?)でしたがチームとしても次のステップに進んで行きたいと思います。

最後に、2B予選(5年)主幹をさせて頂き、2日間、ラビットキッカーズ様、流山隼様、ALMA松戸様、色々と、ご迷惑おかけする事もありましたが、無事に終了する事が出来ました。
本当にありがとうございました。
これを機会に、今後とも練習試合などもよろしくお願い致します。

フォルテ審判部、小西監督 本日もチーム帯同して頂き、更に本部、審判担当して頂きありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

4年生 監督&保護者 様
5年 主幹 本部運営とメンバーへの激励 応援 本当にありがとうございました。

5年 保護者の皆様
2B予選(5年)主幹運営にご協力して頂き本当にありがとうございました。
今日の応援は、メンバーの心にも届く熱い応援でした。
子供だけでなく、親子でサッカーを楽しめる環境、関係が、子供達の成長に繋がっていると思います。
子供は、親に褒められると嬉しくなります。
是非とも今日の試合を褒めてあげてください。
そして反省や、ダメだしではなく、良かったプレーや、頑張ったプレーを聴いてあげてください。
そうすると、もっとサッカーが楽しくなり、もっと上手くなりたくて真剣に練習してくれると思います。
(自分の子供の時に解っていれば(泣))

フォルテ5年メンバー
2B予選 1位通過 本当におめでとうございます。
感動的な試合に関われて、本当にありがとうございます。
1~2ヶ月後には2B決勝トーナメント。
それに勝利して、県大会出場。
この1~2ヶ月あれば、更に個人が成長してチームとしても大成長出来れば、もっと上を目指せます。
1回1回の練習や、練習試合を大事にして選手、保護者、指導者 一丸となって頑張って行きましょう。

大変 長文になってしまいすいません。

フォルテ5年コーチ 国生

●2B予選① 2018/6/10(日)
2-1FC ALMA松戸、1-1流山隼少年SC 会場 野田市スポーツ公園

VS FC ALMA松戸
2-1 勝ち
貴重な勝ち点3

VS 流山隼少年SC
1-1 引き分け
2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。
次節7/15(日)に持ち越しになりました。

5年コーチ 国生
———-
いよいよフォルテ5年生での公式戦が、本日 開催される。
今まで、様々な練習&試合で 沢山のサッカーを学んできたことを全部出し切れる試合になって欲しい。
梅雨の季節に開催するので、天気が心配でしたが河川敷グランドの為、対戦チームへも 基本 雨天決行の連絡をして開催する事が出来ました。
フォルテ5年 2B 会場主幹の為、前日準備&当日 朝6:45~会場準備 チームスタッフ&保護者 の皆様により 早めに準備をする事が出来ました。
本当にありがとうございました。

本日の、第1試合目は9時~で、フォルテの試合は第2試合目の10時~
対戦相手は FC ALMA 松戸。

松戸のチームは、どのチームも強い印象があり、どんなサッカーをして来るかもわからないですが、
フォルテ5年生が、今、挑戦しているサッカーをしっかり出来れば、良い試合が出来る。

VS FC ALMA 松戸
10時~の試合で、しっかりと体も気持ちも準備が出来ていたので、試合の入り方はよかった。
最近 5年テーマは、チーム全体で、前に出てプレスをかける事。
開始から気持ちの入ったハイプレスサッカーが出来ている。
相手コートでのプレーが続く中、左サイドからの攻撃に右サイドの選手がゴール前に飛び込み ゴール フォルテ先制点。
選手、ベンチ、保護者 全てが喜びに溢れる。
しかし、浮き足だってたのか?その後、1分もしない内に同点にされてしまう。
失点は、中盤でのプレスが甘く、センターバックが最後に身体を寄せきれないで、ドリブルシュートを決められてしまう。
一言で言えば「軽いディフェンス」。
この1年間の内に、練習したディフェンスの仕方をもう一度思い出して欲しい。
ここで、前半終了。1-1 同点

ここ最近のフォルテ5年生の試合では、先制点するも追いつかれて、更に逆転される事が多かったので、
ハーフタイムで集中力と落ち着き、を取り戻して後半に挑んで欲しい。

後半は、自分が私用の為、いなかったので…
左サイドプレーヤーのスーパーシュート(想像です。)が炸裂して2-1にて貴重な勝ち点3をもぎ取る事が出来ました。

VS 流山隼少年SC
第2試合目は、流山隼少年SCとの試合。
フォルテの試合より前に試合をしていたので、相手の特徴を選手達に伝える。
センターバックの守備力があり、ロングフィードがうまい。チャンスになるとドリブル突破で攻撃参加をして来る。
フォワードの選手が、小柄ながら足が速い。
など、相手チームの特徴を伝え試合に挑む。
相手チームがどんなチームだろうと、今のフォルテ5年生のテーマは変わらない。
前線からのハイプレス&高いディフェンスラインにて攻撃の厚みを作る。
しかし前半、一瞬の隙をつかれて1点奪われてしまう。
気持ちが落ちてしまうかとも思ったが、選手同士で声を掛け合い上を向いて試合に戻る。

後半になっても、前線からのハイプレスで体力も限界の中、チームのテーマを全員が頑張り、一進一退の攻防が続く。
相手チームも、追加点を狙いに前がかりになってきたので、前線の選手をなるべく前に残るように伝えると、
フォルテのカウンターが見事に決まり、同点に追いつく事が出来ました。
最後まで勝利目指して走り続けましたが試合終了のホイッスル。

1-1 引き分け

2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。

本日、勝ち点4
流山隼少年SC様は、日程の関係で、本日3試合して頂き 勝ち点4
フォルテ5年生は、次節の試合にて、引き分け以上で予選通過。
1ヶ月後の次節2B予選に向けて、更に練習して成長する事で予選通過が見えて来ます。
本日の試合で、出来た事、出来なかった事をチームスタッフで確認して練習にて修正して行きたいと思います。

最後に、FC ALMA 松戸 様 ?流山隼少年SC様 ラビットキッカーズ様
本日は朝早くから天候不順な中の公式戦、ありがとうございました。
7/15に次節開催させて頂きますので、よろしくお願い致します。

スケジュールの関係で、フォルテ4年生にTRMに来て頂きました。
フォルテ4年生 選手、指導者、保護者の皆様 天候不順の中、協力して頂き本当にありがとうございました。

審判部、野口コーチ

審判確認含め、サポートして頂きありがとうございました。
少しトラブルもありましたが、無事終了する事が出来ました。
引き続きサポートをお願い致します。

3年 篠田助監督
応援に来て下さり、更に本部運営もサポートして頂き、ありがとうございました。

フォルテ5年生、指導者、保護者の皆様。
2B 会場主幹の為、前日準備、当日も朝早くから準備をして頂き、更に本部運営 本当にお疲れ様でした。
自分自身、初めての主幹運営で、不慣れな為、大変ご迷惑をおかけしましたが、無事1日目を終了する事が出来ました。
次節7/15も会場主幹運営になりますので、ご協力をお願い致します。

フォルテ5年生は、様々な人にサポートして頂き、サッカーを思いっきりする事が出来ています。
それを、1人1人が成長した姿を見せる事が大事になりますので、1日1日の練習を真剣に取り組んで行きましょう。

フォルテ5年コーチ 国生

4年オレンジ2B決勝トーナメント

4-1清水台、1-2常盤平 会場 野田市スポーツ公園 .

●フォルテオレンジ2B決勝トーナメント 2018/09/17(土)敬老の日
4-1清水台、1-2常盤平 会場 野田市スポーツ公園

トーナメント結果BEST4まで

4年生2B決勝トーナメント
秋の気配の感じる野田市スポーツ公園に、勝ち進んだ14チームが熱戦を演じた。
野田勢はフォルテ2チームを含む3チームのみ

試合:オレンジ
①VS清水台 4-1
②VS 常盤平 1-2

試合:ホワイト
①VS六実 5-0
②VS初石 0-4

オレンジ、ホワイトともにベスト8入り。
次は県大会を目指します。
両チームとも良い試合でした。

詳細は飯塚、矢嶋コーチから
*****吉原*****
————————
(オレンジ)
vs清水台FC (1-0,3-1)4-1
vs 常盤平SC (1-2,0-0)1-2
ベスト8 県大会出場
(ホワイト)
vs 六実SC (1-0,4-0)5-0
vs 初石SC (0-2,0-2)0-4
ベスト8 県大会出場

9/17(日)2B決勝トーナメント1日目が開催され、4年生18人がスポーツ公園に集まった。
2チーム共に県大会の出場がかかる大事な初戦を全員で勝ち取りたい。

1回戦(オレンジ)
vs 清水台FC
清水台とは何度も対戦してるチーム。市内大会では接戦の中、何とか勝利を得たがかなり強いチームだ。
そんな中、主力となるメンバー1人が体調不良で欠席。
朝から足の痛みがあるという中心となる選手。それでも様子を見ながら選抜メンバーに起用。
不安を抱えながらピッチへ送り出す。テーマは何度も選手達に伝えている。やる事は一緒。
開始から積極的に高い位置をとるフォルテ。清水台の早いプレスにボールが定まらない。
清水台のポゼッションサッカーが前回よりかなり上達している。
動き出しパスの貰い方が上手い。最初のファーストシュートは清水台。ま
だフォルテのエンジンが掛からないのか?開始3分過ぎ、朝から足の痛みがある中心選手がNGサイン、やむを得ず交代する。
それでも選手達は下を向かない。先ずは先制点を目指す。
前半は両チーム攻防戦が続く中、前半終了間際、清水台の安易なセンターDFへのバックパスをフォルテのトップの選手がボールを奪い、速攻ドリブル、GKとの一対一も強烈なシュートでゴールをネットを揺らし先制点を上げた。(1-0)
その直後に前半終了。
ハーフタイムでは前半で少なかったオーバーラップを積極的にしよう、そうすればこっちのペースになるはずだと伝え後半へ送り出す。
後半開始またもトップの選手が期待に応えてくれた。右サイドのスローインから中盤の選手がヘディングで中央へ流し、トップの選手がそのボールを拾い、ペナルティーエリアの外から強烈なシュート。
開始30秒で2点目となる追加点を上げた。
その後も積極的なオーバーラップでフォルテペース。更に相手のクリアボールを右サイドの選手がミドルシュートで3点目、
清水台も中盤からトップの選手に縦パス、GKとの一対一となり失点。そこ力を見せる清水台。
それでもフォルテは攻撃を止めない。
後半終了間際には自陣から中盤の選手が左前方にクリア、後半からトップになった選手がボールを拾いカウンター、相手選手を2人、カットインで振り切り強烈なシュートで4点目を上げた。そして試合終了。

結果(1-0,4-1)4-1 勝利。
県大会出場 (オレンジ)

2回戦
vs 常盤平SC
昨年の東葛大会を制し優勝してる常盤平、まさに強豪チームだ。
中心主力を欠場のまま、2回戦目が始まった。
前半はフォルテからのキックオフ、ボールを後ろの選手にパスをしてサイドから展開をしようと横パス、パスが弱く相手にインターセプトされてしまった。
横パスを狙われた為、フォルテのDF陣も完全に振り切られGKとの一対一も、右サイドにボールを流され開始30秒で失点してしまった。(0-1)
流石強豪チーム、ひとつのミスも確実に得点にする実力。
フォルテも決して球際で負けてない。前半は球際の攻防した試合。選手全員が体を張っている。フォルテもいくつかシュートをするが中々ゴールを奪えない。
そんな中、フォルテDF陣とGKの間でコミュニケーションが取れず安易なパスで、相手にボールを奪われ2失点目を与えてしまった。(0-2)
またしてもミスからの失点。
下を向くDF陣、ベンチや応援席から「顔を上げろこれからだぞ」と声が飛ぶ。
ここからようやくフォルテのスイッチが入った。両サイドから何度もオーバーラップを仕掛けるDF陣。
高い位置を取りながらも攻撃に繋げる。何本もシュートを放つもゴールが遠い。
それでもボールを奪い、攻撃をする。流れは完全にフォルテが掴んでいる。
そんな中、前半7分にチャンスが訪れた。
左サイドからボールが流れ、高い位置でポジションを取っていたDF陣にボールが渡り、相手選手を1人2人かわし右サイドからセンターリング、中盤の選手がそれをトラップして、角度の無い所から無理に打たずに、マイナスのパスをしてアンカーの選手が見事決めゴール。(1-2)
その後も攻防戦が続き前半終了。
ハーフタイムでは高い位置を取りオーバーラップを増やすを指示。
後半もフォルテはハイプレスで高い位置を取る。常盤平は高い位置を取ってるフォルテに対し、前線の選手に裏を抜けるパスを送り込んでくる。フォルテのDF陣もそれを跳ね返す。ただ、セットプレーでの守備が苦手なフォルテ。CKではマークの付き方が解らない選手。ベンチから「人に付け!」と指示が飛ぶ。FKでは引いてしまう場面が。
それでもボールを奪うと、怒濤の攻撃をするフォルテ。何度も何度もチャンスが来るがゴールが遠い。それでも選手達は諦めない。
相手はクリアのみのパターンだ。フォルテも最後の最後まで攻撃の姿勢を見せるが、無情にも終了のホイッスルが鳴り響く。
結果(1-2,0-0)1-2 敗退

この敗戦で選手は何を感じたか?テーマであるコミュニケーションは取れてたか?パスの制度、方向、強さ、タイミングは出来てたのか?ボールを相手より先に触ったのか?セカンドボールは拾えた?まだまだ学ぶ事だらけ、それでも全力で戦った選手達。本当に県大会出場おめでとう。

そして朝からグランド作りから準備までしてくれた保護者の方々。
帯同してくれた小西監督、お疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

————————
2B予選オレンジ結果(7_29)
2B予選ホワイト結果(7_22)

●フォルテオレンジ2B予選② 2018/7/29(日)
9-0南流山SC、0-7トリプレッタSC 会場 野田市立福田第二小学校

vs 南流山SC (5-0,4-0)9-0 勝利
vs トリプレッタSC (0-5,0-2)0-7 負け

台風の影響も有り、1時間繰り下げでスタートした2B予選最終日、予選を1位で通過したいフォルテオレンジ。
4年生2人が怪我で試合に出れないという状況で9人の選手で最終日を挑みました。

2日目
第1試合目
vs 南流山SC
フォーメーションは2-3-2
テーマはいつも言い続けているコミュニケーションと早いプレス。
リアクションサッカーを無くす為に、常に守備をコンパクトを保ち、攻撃時にワイドに入る。
この試合は前半から早いプレスで相手を自由にさせない寄せでフォルテペースで始まった。
苦手なセットプレーからも得点が入り選手達に勢いを付けた。
後半は台風の影響で大雨の中の試合になりました。雨はドリブルを使うシーンも多く見られフォルテの得意の形になった。
更に得点を重ねる事も出来て試合に勝つ事も出来た。
結果(5-0,4-0)9-0

第2試合目
vs トリプレッタSC
勝てば1位通過で決勝トーナメントに入りたい両チーム大事な一戦。試合前からトリプレッタの念入りのミーティング。
フォルテオレンジはリラックスがあるのか選手達の笑い声が聞こえてくる。
試合前のミーティングでは1試合目と同様コンパクトにポジションを保ち、トリプレッタのトップ下の10番の選手を自由にさせない。
攻撃時はワイドに。
選手達にはコミュニケーションをしっかり取るようにするを伝え試合に挑みました。
試合直前の選手達による円陣。ここへ来てトリプレッタの一丸となる円陣がグランド全体に響き渡る。
フォルテもそれを意識したのか負けじと円陣を組む。
フォルテのフォーメーション2-3-2に対し、トリプレッタは3-1-3でのフォーメーション。真ん中のポジションに10番の選手。
ここからの展開がトリプレッタのパターンだ。
試合開始一気にトリプレッタの早いプレス。出鼻を挫かれたかのように引きぎみになってしまったフォルテ。
その勢いのままトラップミスが連発。ファストタッチが上手く行かない選手達。
それでもフォルテの選手達は何とか前の選手にボールを繋げようとボールを奪い攻撃に入る。
最初のチャンスはフォルテ。右サイドから真ん中の選手にボールを繋ぎトップの選手にパスを繋げた。
フォルテは上手く相手の前にボールを運びシュートすると思ったが、更にドリブルをしてしまい、
相手の必死の体を入れたチャージにやられチャンスを逃してしまった。
そこからトリプレッタの怒濤の攻撃が始まった。トリプレッタの10番の選手を中心にサイドからの攻撃や中央からのドリブル突破、
10分間で4失点、5失点としてしまう。
フォルテの両サイドの選手がポジショニングが上手く取れず、中央が手薄になり、相手選手の10番がフリーな状態になってしまうパターン。
後半もトリプレッタの勢いが止められず更に失点を重ね試合終了
結果は(0-5,0-2)0-7 負け

試合終了後は各コーチからの外から観た試合の内容と今後のやり方等を伝えた。中村コーチからの意見で選手達だけで話し合いをさせました。
それでも決勝トーナメントに進んだオレンジとホワイト。
今回のブロック予選では課題だらけになったが、負けて得る力を選手達には期待したいです。
今回も天候の悪い中、コート作りから応援サポートしてくれた保護者の方々有り難うございました。
帯同してくれた、小西監督、井上監督、中村コーチ、岡野さんお疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

●フォルテオレンジ2B予選① 2018/7/1(日)
5-1新松戸、23-0上本郷 会場 野田市スポーツ公園

2ブロック予選4年生大会4ブロック(オレンジ)主管
1日目

①新松戸 5-1
②上本郷 23-0

夏到来のスポーツ公園にフォルテが集結。

気温 33℃ WBGT 28℃と全ての試合でクーリングブレイク適応となった。
選手はよく走りきったものも、目指すものは、もっと高い位置にある事を忘れてはならない。

ピッチ作成からお手伝い頂いた中村コーチ、また、小西、井上監督には審判、運営を、
山崎助監督、近内監督、国生助監督にも選手等に助言頂き感謝です。

保護者の方々には暑いなか、昨日に続きご協力様有り難う御座いました。

詳細は飯塚コーチから
****吉原****
——————–
2B予選結果(オレンジ)
1日目
vs 新松戸SC (3-0,2-1)5-1 勝利
vs 上本郷SC (11-0,12-0)23-0 勝利

気温33℃の猛暑の中、フォルテ(オレンジ)11人がスポーツ公園に集まりフォルテ(ホワイト)も練習の中、応援に来てくれました。

1試合目
vs 新松戸SC
昨年の2B大会の準優勝チーム大事な一戦。
試合前のミーティングでは、テーマのコミュニケーションとゴールの意識。
仲間がボールを持った時のギャップの入り方を伝えピッチへ送り出す。
立ち上がりは前線のプレスからのボールを奪うシーンが見られた。
ゴールの意識も有り、フォルテのペースで前半を折り返した。
後半は前へ前への意識が強く、間延びしてしまう事が多かった。そこを相手に付かれ失点してしまった。
中盤と守備のコミュニケーションが出来なかったのが一つの課題でした。

2試合目
vs 上本郷SC
この試合ではゴールの意識と1試合目の課題であるコミュニケーション。
2バックでは、横並びだけじゃなく、縦の並びのカバーが出来る位置を取る。
臨機応変に使う事をアドバイス。前後半とも大量得点ではあったが、もっと周りを使ったプレーが欲しかった。
まだまだ俺が俺がのシュートが多く、外すシーンも沢山見られた。
ゴールでは確実に得点出来る選手になって貰いたい。
29日はもっと厳しい試合になるだろう。練習からしっかりとして行きたいと思います。
暑い中、ピッチ作成から応援サポートしてくれた保護者の方々、本部の手伝いをしてくれた各学年の監督コーチ、
本当に有り難うございました。これからも宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚

4年ホワイト2B決勝トーナメント

5-0ま六実、0-4初石 会場 野田市スポーツ公園                .

●フォルテオレンジ2B決勝トーナメント 2018/09/17(土)敬老の日
5-0ま六実、0-4初石 会場 野田市スポーツ公園

トーナメント結果BEST4まで

4年生2B決勝トーナメント
秋の気配の感じる野田市スポーツ公園に、勝ち進んだ14チームが熱戦を演じた。
野田勢はフォルテ2チームを含む3チームのみ

試合:オレンジ
①VS清水台 4-1
②VS 常盤平 1-2

試合:ホワイト
①VS六実 5-0
②VS初石 0-4

オレンジ、ホワイトともにベスト8入り。
次は県大会を目指します。
両チームとも良い試合でした。

詳細は飯塚、矢嶋コーチから
*****吉原*****

30年度4年第2ブロック予選7B_~6月16日結果

●フォルテホワイト2B予選② 2018/6/16(土)
2-1まつひだい、1-2つくしSC 会場 主水グランド

2B予選大会フォルテBホワイト 4年生9人、3年生2人が松戸主水グランドに集まった。
勝てば、決勝トーナメント進出がかかる大事な試合。

第1試合
vs まつひだい (0-1,2-0)2-1 勝利
第2試合
vs つくしSC (1-1,0-1)1-2 負け

2試合通して、フォルテペースの時間帯が多く、攻めの姿勢が凄く見られた。
ただ、もっとゴールへの意識とシュートする姿勢が欲しかった。
結果は7ブロックのグループリーグ3チームが、勝ち点が並ぶ結果になった。(2勝1負1分け)
流山翼SCとつくしSCの結果次第では1位通過の可能性も有り。

詳細は佐藤コーチからお願いします。

4年生コーチ 飯塚
———————
4年生ホワイト2B予選2日目開催されました。
テーマは前回と同じく
①コミニュケーション
②アプローチを早く(球際を負けない)にしました。
まつひだい 前半0-1 後半2-0 2-1 勝ち
初戦は相手も初日から2勝しているが得失点差を考えると勝たなくては厳しい状況から攻撃的に来ると考え
選手達には絶対に攻撃を受けるのでなく自分達から前へ前へ出てボールを奪うように声かけ送り出す。
テーマ通り前でボールを奪うことができフォルテペースで進むも相手も体を張ったディフェンスで中々ゴールが奪えずにいる。
ゴールキックのミスを奪われた先制される。
ここでいつものホワイトなら引いてしまうがその後も引く事なく前へ前へ出ることができ後半に3年生が2得点上げ2-1で勝利することができた。

2試合目つくしsc 前半1-1 後半0-1 1-2負け
1試合目と同じく相手は負けれない状況から攻撃的に来る。
攻撃を受けるのでなく前へ前へ奪う事ができフォルテペースで進むもやはりゴール前でドリブルで何人も抜こうとして囲まれてボールを取られる。シュートも自分の型にならないと打てないとシュートチャンスが少ない。
逆に相手は数少ないシュートチャンスをものにしていた。

2勝1敗得失点差で2位以上確定し決勝トーナメント進出決定!!
今回3試合で得点11点失点4点とボールを奪ってカウンターという得点がほとんどで失点シーンも崩されずにミスからの失点となった。
今回のリーグ戦でのテーマは理解で取り組んでいたが新たな課題が見つかり今後のトレーニングで克服していけたらと思う。
3年生の2人の選手は8人制を始めて間もない状態でいきなりの4年生の試合だったが自分達の持ち味を生かし戦力として活躍しくれた。
ドリブルに緩急、角度の変化をつける事でドリブルの幅が広がると思いました。
2B決勝トーナメント、東葛大会とまだ機会があるので3年生の試合とは違った環境になるが是非一緒サッカーできたらと思います。
3年生監督、コーチ出場のご協力ありがとうございました。
決勝トーナメントもあります。審判部の方々、保護者の方々今後もご協力宜しくお願い致します。

4年生コーチ 佐藤善昭

30年度4年第2ブロック予選7B_6月10日結果
●フォルテホワイト2B予選① 2018/6/10(日)
8-1流山翼SC 会場 主水グランド

6/10(日) 2ブロック予選 ホワイト
4年生9人、3年生2人、フォルテ ホワイト11人の選手が、主水グランドに集まりました。

第1試合
vs 流山翼SC (4-1,4-0)8-1 勝利

1試合目だったので、雨の影響も無く、無事に試合が出来ました。
試合の詳細は、佐藤コーチからお願いします。

本日は応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同してくれた對馬コーチ、有り難うございました。
来週も2ブロック予選なので、保護者の方宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚
———————-
本日4年生2B予選ブロック1日目実施されました。
フォルテホワイト(Bチーム)
流山翼エスペランサさんとの試合でした。
前半4-1 後半4-0 結果 8-1でした。
本日のテーマは①コミニュケーション②アプローチを早く(球際負けない)で行いました。
昨年の2Bでは出場時間も短い選手達でしたが今年は2チームエントリーという事で
今まで主力選手に依存する事多かったためこの大会は自分達が主役になってやろうと送り出しました。
開始3分で先制に成功しましたがすぐにフォルテDFの選手がオバーラップした所をカウンターを受け
追いつかれてしまいましたがその後相手の攻撃を受けるのではなくテーマにもしていたアプローチを早く
自分達から前に前にボールを奪う事ができ大量得点に繋がったと思います。
失点場面での修正もオーバーラップをやめるのでなくオーバーラップしたところをカバーすると試合内で修正する事ができました。
登録選手全員試合に出れ来週の残り2試合も今日と同じサッカーができたらと思います。
また3年生から二人の選手が出場しました。ドリブルでドンドン仕掛け4年生にない攻撃のアクセントになりました。
技術の高さにワクワクさせられました。
3年生の日程があるにもかかわらず試合への出場のご協力ありがとうございました。
雨の中審判部の皆様、3年生監督、コーチの方々 4年生のコーチ、保護者の方々のご協力ありがとうございまた。

4年生コーチ 佐藤善昭

3年ペガサス杯①

3-0流山隼、1-2矢切SC 会場 流山スポーツフィールド 

ペガサス杯_18回_2018_要綱_Rev.2_1日目結果

対流山隼 3ー0勝ち
対矢切SC 1ー2負け
グループ2位でした。

昨日の課題と同じで挑みました。
プレスが早く硬いディフェンスのチーム、1人を交わすが2人目が必ずカバーについてていて捕まってしまう場面が多かった。
もっと個人技のレベルアップとスペースの使い方を練習して行こうと思う。
今日も応援、サポートと保護者の方々ご協力ありがとうございました。

篠田

3年なでしこリーグ

6-0大相模、11-1草加東 会場 大相模小学校              .

2018/09/16(日) 
6-0大相模、11-1草加東 会場 大相模小学校
2018.9.16試合報告

VS大相模 6-0
VS草加東 11-1

フレンドリー20分1本
VS大相模 5-0
VS草加東 4-1

本日の課題はドリブルでスペースを使う。守備ではカバーリングをする。
全試合で要所要所でスペースを使って相手を崩せる場面も見られましたが、中央に固まってしまう所も見られました。
プレスが遅い相手には余裕を持って展開ができるようになってきています。

プレスの早いチームに今日のような試合が出来るよう期待したいです。

保護者の皆様今日も、車出しサポートありがとうございました。

だいし

2018/04/21(土)  
7-0宮本、4-0瀬崎、15-0八潮中央 会場 八幡小学校
                
なでしこリーグ第1日目
3年5名、2年6名で戦う
宮本戦 7-0 勝ち
瀬崎戦 4-0 勝ち
八潮中央戦 15-0 勝ち
フレンドリー(2年生中心)
宮本戦 3-0 勝ち
瀬崎戦 0-1 負け
先ずは結果のみ報告
寺田

5年イースタンリーグ

3-0新松戸、1-4ジェンシャン草加、0-2安行東 会場 安行東小学校

●イースタンリーグ0909
3-0新松戸、1-4ジェンシャン草加、0-2安行東 会場 安行東小学校

第1試合
対 新松戸 3-0 勝ち
第2試合
対 ジェンシャン草加 1-4 負け
第3試合
対 安行東 0-2 負け

5年生8名で挑みました。(1名休み)
横にパス 横の動きをテーマとして選手達に伝えました。
1試合目は、テーマとしてのプレーも良く出来ており攻撃では、選手が諦めずにボールに詰めており得点を奪えたのが良かった。
(1.2試合目のコーナーキックからの得点は、素晴らしいかった)
ディフェンス面では、インターセプト、体を使いボールを奪う事が出来ていた。
2.3試合目は、来たボールをただ蹴ってしまいパスが繋がらない。
相手選手のプレスも早いがもう少し焦らずプレーをしてもらいたい。
シュートをするが枠の外に行く事が多く決定力不足が課題である。

保護者の皆様 朝早くからサポートありがとうございました。
来週も試合ですが引き続き宜しくお願いします。

5年コーチ小林

●イースタンリーグ0901
3-1八潮中央SSS、0-6新松戸 会場 鶴ケ曽根グランド

9/1 イースタン 速報
5年 9名中 8名でのイースタン

VS 八潮中央SSS
3-1 勝ち

VS 新松戸
0-6 負け

結果は、1勝1負 ですが、合宿の試合よりも、チームとして、やりたいサッカーがメンバー全員の共通意識になり良い攻撃をしていました。
課題は、早めに動く、予測する事だと思います。

試合詳細は、清水コーチより

●イースタンリーグ0603
1-2瀬崎サッカー、0-1吉川武蔵野 会場 草加瀬崎グランド

6月なのに厳しい暑さの中の5年生8人4年生2人(Gk)で挑みました。

会場 瀬崎グランド

1試合目
対 瀬崎サッカー 1-2負け
2試合目
対 吉川武蔵野 0-1 負け

第1試合開始フォルテペースで始まり相手選手のファール FKで先制点 をしたが徐々に相手チームのペースになり
プレスをかけるがなかなか上手くいない焦りが出てきたかボールが足元につかず
意図のないパスやただ蹴ってしまうプレーも見えました。

第2試合開始早々から相手チームへのプレスが良く出来ており何度もインターセプトが出来ていました。
横パスに関しては、徐々に出来ていましたがまだ前に蹴ってしまうプレーが見えました。周りを見よう。
今回の試合は、四年生のキーパーに全試合をやっていただきました。
体を張り前の飛び出しが良く何度も何度も効セーブを繰り返しピンチを防いでくれました。
本当にありがとうございます。

保護者の皆さん役員さん暑いなか
サポートをしていただきありがとうございます。
四年生の皆さん今回の試合で五年生は、本当に助かりました。
ありがとうございます。

小林

4年ホワイト東葛予選②

1-5柏エフォートFC 会場 柏の葉公園多目的広場                        .

4年東葛予選②2018/09/09(日)
東葛大会予選(ホワイト) 結果
vs 柏エフォートFC (1-2,0-3)1-5

詳細は佐藤コーチから

4年生コーチ 飯塚
—————–
柏の葉公園多目的広場にフォルテホワイト4年生8名、3年生2名の選手達が集まりました。
東葛予選第2節
対柏エフォートFCとの対戦。
相手はすでに2勝し2試合とも大量得点で勝利しているチーム。
守備時のプレスが大事になる試合 。
ホワイトは2DFのシステムで色々な試合を戦ってきたが今回からは合宿で取り組み出したオレンジと同じ3-1-2-1にする。
テーマはコミュニケーション、アプローチを早くと今まで行ってきたテーマにする。
開始から相手のペースで試合が流れていく。相手のスピード技術が高くプレスに行けているように見えて、
1歩2歩の寄りがいつもより遅く厳しくないためドリブルで交わされクロスを上げられ厳しい展開が続き立て続けに2点奪われる。
サイドのオーバーもなかなかやらせてもらえない。
少しずつプレスにも行けボールを奪え始めるとフォルテペースの時間が来る。
相手のクリアミスが綺麗なセンタリングになり途中出場の選手がシュートしGK弾くも再度押し込み1点返す。
1-2で折り返す。
後半も立ち上がりこそフォルテペースになるが点を奪えず相手のペースになっていく。
終わってみれば後半3点奪われ1-5負け。
諦める事なく選手達は走りましたが課題もたくさん見つかりました。
パス、シュート、ドリブルと相手は一つ一つ丁寧に正確に走りながら動きながら出来ていましたが、
フォルテは動きながらのプレーには正確さが欠けていました。
これはフレンドリーを行なったオレンジにも言えるのかなと思います。
一人一人の距離感も悪くサポートの気持ちが足りないのかなと思います。
あと1試合ありすぐに2Bの決勝トーナメントもあります。トレーニングで伸びしろがある選手達に期待したいと思います。
4年生オレンジ、ホワイト共にoff the pitchの部分をもっとよくしていけるように取り組みたいと思います。

帯同して頂いた野口コーチ、国生コーチ、またフレンドリーの際選手達へのラインズマン指導も含めてありがとうございました。
朝から準備等ご協力頂いた保護者の方々ありがとうございました。

4年生コーチ 佐藤
—————–
フレンドリー(オレンジ)15分2本
vs 柏エフォート (3-0)
vs 流山東部FC (0-0)

2ブロックの決勝トーナメントに兼ねてオレンジチームで挑みました。
柏エフォートはトラップからドリブルも一人ひとりの個の力も有り凄く良いチーム。
試合前に選手達にはオーバーラップ等をしてサイドからの展開を意識するを伝え送り出す。
真ん中でボールを奪ってサイドの選手にボールを出すも、オーバーを待たずに前へ前へドリブルに行く選手。
その後もオーバーした選手にボールを渡さずドリブルして奪われる選手。
角度の無い所から強引にシュートをする選手。時折良い形の展開をする選手達。一本目はそんな試合でした。
二本目は良い形の展開が多く見られた。それでもゴールを奪えないシュートの質の悪さ。
常にキーパーの真正面を打ってしまう。しっかりとゴールを見てコースを狙えるような選手でありたい。
まだまだ課題が残る試合になってしまいました。練習では一つひとつこだわりを持って練習に励みたいと思います。
本日は応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同してくれた飯塚監督、野口コーチ、国生コーチ有り難うございました。

4年生コーチ 飯塚

4年東葛予選①2018/7/22(日)
2-1高野山 会場 柏の葉サッカー場

【4年生東葛飾地区少年サッカー大会予選 ホワイト 】
4年生も東葛予選が始まった。
参加60チームが15ブロックに分かれて予選を実施。
上位2チームが12月24日から始まる決勝トーナメントに進める。

このところ異常とも思える酷暑のなか、4年ホワイト8名+3年生2名が柏の葉サッカー場に集合した。

本日は予選1試合のみ
対高野山 2 : 1

乾燥しきったクレーコートに中途半端な芝。選手は暑さに負けず、今日も走り切りました。

残り2試合、柏エフォート、トリムAも攻めきり勝利したい。

詳細は飯塚コーチから。
酷暑、小西監督、保護者の皆様に感謝します。
ありがとうございました。
*****吉原*****
————————–
2チームエントリーした東葛大会予選Cグループ
柏エフォードFC (主管)
高野山SSS
フォルテ野田 ホワイト
FCトリムジュニアA

第1試合
vs高野山SSS (0-0,2-1)2-1 勝利

先に東葛予選に挑むフォルテホワイト4年生9人、3年生2人、11人が柏の葉多目的公園に集まった。

vs高野山SSS
前日から体調不良が続出したフォルテ、当日も心配されたが休む事なく全員が予選に挑んでくれた。
フォーメーション2-3-2。
テーマはコミュニケーションと前からの積極的なプレス。ボールを奪われたら必ず自分で取り返す(3秒以内)
序盤から積極的なプレスをかけるフォルテ、高野山もその勢いに押され後ろでパスを回す展開。
ボールを奪ったら早めにゴールを狙うフォルテ。高野山のGKに何度もゴールを阻まれてしまう。
高野山のキーマンとなる左サイドの14番に繋げようとする高野山の選手達。ボールを持ったらかなりのドリブラー選手。
ポジショニングの良さもかなり良い位置を取って、スペースを狙っている。
それでもフォルテの選手達は声をかけながら、ポジショニングを修正してる。
センターの2人のカバーリングで高野山の攻撃をさせない。
カウンターでの危ないシーンもフォルテのGKがファインセーブで阻止してくれた。
途中給水タイムを入れ、高野山の14番を押さえる為に体力のある選手を入れ交代する。
それでもこの暑さは選手達の体力をかなり消耗させた。何とか前半を0-0で終了。
後半は攻撃に厚みを出す為に、ドリブラーの3年生を高めにポジショニングをさせ、更に高野山の14番をマンツーマンにされる。
前半は慣れないポジションで戸惑うシーンもあった3年生も後半は自分達の普段のスタイルなのか凄く良いプレーが出来た。
インターセプト、球際の強さは本来の守備能力が証明した感じでした。
4年生もセンターの2人を中心にトップ下の選手にボールを預け、トップの選手にスペースへのパスを出す攻撃パターン。
前半から高めの位置を取ってる高野山GK。後半もその高めの位置を取っていた高野山GK。
それを狙ったかのような中盤からのパスでトップの選手が反応して、高野山GKを抜いて無人のゴールに叩き込んで先制点を上げた。(1-0)
更にトップ下から右サイドの選手にパス。トップ下の選手は右サイドの選手を追い越しオーバーラップをかける。
右サイドの選手はオーバーのタイミングに合わせタメを作り見事パスを出し繋げた。
更にドリブルで中に切り込みフリーの選手にパスしてフィニッシュ!見事追加点を上げた。(2-0)
練習してきたオーバーラップが凄く決まりました。
アディショナルタイムでコーナーキックから失点を許してしまったものの最後まで全力で戦った選手達。
結果は(0-0,2-1)2-0 勝利!

前日から体調崩してしまったフォルテホワイトの選手達。この暑さの中凄く頑張りました。
3年生2人の活躍も見事なものでした。それでも得点能力に関しては課題だらけです。
ゴールへの意識とシュートの質を上げたいと思います。
今回も暑い中、応援サポート有り難うございました。帯同してくれた小西監督お疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

2年以下KKリーグ⓹

会場 福田第二小学校 .

KKリーグ第5節 2018/09/09(日)
第5節結果

★kidsリーグ結果
●フォルテオレンジ
vs松戸旭 1-0 ○
vsつくし野 1-1 △
vsペガサス0-2 ×
3位決定戦
vsハイビレッジ 4-2 ○ 3位

フォルテオレンジは6名の選手で試合に臨んだ。今日は日差しも強く気温も上がり厳しいコンディションとなった。
今日のテーマ
ボールを奪いに行く時は足先ではなく身体で。
周りを見て空いているスペースを見つける。
カバーリングのポジショニング。
など普段からコーチングしている事。
それを「あと1歩」踏ん張るという事。
それは強い気持ちを持つという事。
昨日の練習後選手達には当日の朝は必ず勝つ、必ず点を決めるんだ、という強い気持ちで集まるようにと話しました。
しかし、残念ながら少し眠そうな選手。
朝食を摂っていない選手がいました。
いい準備をしなければいいプレーは出来ないという事を学んでほしい。
ディフェンス面では身体で奪いに行くという意識はだいぶ進歩が感じられた。
しかし途中、足が止まってしまう事もあったので高い集中力で継続したい。
攻撃面でも相手に対してボール横に動かしながらドリブルするという意識は見られた。
あとは決定的なシュートチャンスを物にする事。
キーパーと1対1になった場面やゴール前でフリーでのチャンスを決めれば勝てた試合もあった。
また来月のKKに向けて課題に取り組みたい。
保護者の皆様、今日も朝から暑い中準備、運営や片付けまでご協力ありがとうございました。
選手達には1歩1歩の成長が感じらます。
今後ともよろしくお願いいたします。

執行
—————
★kinderリーグ結果
結果
フォルテ 対 ペガサス 0-4 負け
フォルテ 対 つくしの 1-1 分け
フォルテ 対 ハイビレッジ 1-2 負け
フォルテ 対 南流山 5-1 勝ち

残暑が厳しくても元気にプレーをした
1年以下の報告になります。
まず選手と交わした約束事です。
・自分でドリブルする
・好守メリハリを持つ
でした。
またコーチ陣も方針の擦り合わせを実施しています。
・プレーを楽しんでもらう事が重要な世代、いいところ8割、反省2割で指導しよう。
・水分補給の重要性を指導しよう。
と絞り込みベンチに入りました

全試合の総評としては
ドリブルでチャレンジする姿勢が強く点数にならなくてもシュートで終わる形が目立ちました。
ベンチでは早く試合に出たいとの声が多く意欲がチームの士気をあげました。
課題はキーパースロー。どのゲームでもセンターに投げてしまい、相手のパスカットからのすぐ失点。
それを反省とし、投げ方、貰い方を伝えていきます。

子供たちのサッカーを支える皆様に感謝しております。ありがとうございました
二年以下 赤澤

KKリーグ第4節 2018/07/08(日)
4節結果

KKリーグ第3節 2018/06/10(日)
KK第3節結果

★kidsリーグ結果
●フォルテオレンジ
小雨降るもピッチのコンディションは悪くありません。
結果は全4ゲーム無得点、一勝も出来ませんがプロセスが良好にて報告致します。

先ずは前回の練習試合で明白となった課題である、フリーの選手にどう対応するか?について選手達からの抽出内容で二点です。
1,攻守の切り替えにメリハリが無い
2,ディフェンス時の位置が固まってる

それに対して選手はこう話しました。
声を掛け合って、攻守のスピードUPを図る。またマーク選手を明確にする事で克服できると気付く事が出来ました

しかし実際にゲームが始まると声を掛け合うシーンは少なく、相手の足元に集中し全体把握が出来ず。
パスを回され相手のペースになり初戦敗退しました。

直後のミーティング、やはり声かけを重要とし集中課題としました。
その後のゲームでは、少しずつでありますが声を掛け合った事い相手をマークしパスカットからの攻撃がありました。
点数には繋がらなかったが、声を掛けあう大事さが伝わったならば次に繋がる事と感じました。

本日は雨予報ともあり、決行のジャッチをされた運営の皆様。また足元の悪いなか集まって下さった保護者のご協力に感謝しております。
風邪など体調管理を引き続きお願い致します。

二年以下 赤澤
——————–
●フォルテホワイト
雨予報が出ている日曜日。通常の8分ハーフではなく、10分1本での試合とし早く切り上げるとの判断で試合スタート。
1G目の試合に入る雰囲気は悪くない。皆リラックスしている。何とか今回は良い雰囲気で望みたい。
選手に対して約束事を伝える
・取られたら取り返す!足だけ出してもボールは取れない
・他の選手に任せない(休まない。全員でやる)
以下、試合結果です。
フォルテW vs ペガサス 0 - 3 負け
フォルテW vs つくし野B 1 - 0 勝ち
フォルテW vs まちサカA 0 - 4 負け
フォルテW vs 南流山 0 - 3 負け
1試合目・・・遊びに来ていると思ってしまうくらい選手がふわふわしている。
走る、ドリブル、体を入れるなど普段の練習でやっていることが全くできていない。
何もできないまま試合終了。挙句の果てに終了後の相手チームへの挨拶もばらばらでできていない。
さすがにPトリックコーチより強く注意を受ける。選手たちは何をしに来ているかを再認識。表情が変わる。

2試合目には中盤からドリブルで相手を交わし見事にシュート。チーム初得点が生まれ勝利。
3試合目、4試合目は負けてはしまったものの、ドリブルを果敢に仕掛ける場面が増える。
ディフェンスに関しても体を入れて取りに行っている。
キーパーからはフリーになっている選手の背番号を声掛けしマークするように指示する姿も。
走り負けていない良い試合ができたと感じます。
結果こそは伴わなかったが良い形が何度もあり見ごたえのある試合でした。
次週の市内大会では良い結果が出せるよう期待したいと思います。

小雨が降ったり止んだりしてはいましたが何とか第3節を終了することができました。
保護者様におかれましてはフォルテクラブの活動にご理解、ご支援いただき、
会場設営大会運営にご協力いただき大変ありがとうございました。
今後ともご理解、ご尽力のほどよろしくお願いいたします。

2年以下 佐藤

★kinderリーグ結果
今日は来週の市内大会に監督をお願いする石川さんと栗原さんにベンチに入ってもらいました。
石川さんよりコメントです。 執行

今日はお疲れ様でした。
初めての保護者監督として子供たちと試合参加しました。
試合結果は、準優勝!
結果は準優勝で園児達みんな悔しがっていましたが、自分としてはとても良い結果だと思います。
最初の試合こそ園児みんなが緊張してましたが、2試合3試合とするたびに園児みんなが笑顔で楽しくボールを追いかけていました。
次の市民大会では、最初から園児みんなが笑顔で楽しくボールを追いかけて行けるように声掛けしたいと思います。

石川

KKリーグ第2節 2018/05/13(日)
KK第2節結果
★Kids
KIDSリーグ 第2節、朝から曇り空、天気予報も午後から雨と、天候に不安がある中の開催となりました。
今回は、参加選手11名。
いつもであれば2チーム参加するケースであるが、今回は外から試合を観て、試合の良い点、悪い点を確認し、
自分ならどうするか考えたうえで、出場する次のゲームにチャレンジする事とし、1チームでのエントリー。
参加6チームの総当りリーグ戦で、上位2チームを決定する形となった。
今日は、監督からの指示で、3つの課題が与えられた。
①ボールは、相手の正面から身体で奪いに行く。
②前へ積極的にドリブルをする。
③前へのドリブルがダメなら、横にずらしてボールを運ぶ。

結果、5戦中2分け3勝。準優勝。
第1試合 対 松戸旭 2-2 引き分け
第2試合 対 南流山 0-0 引き分け
第3試合 対 ペガサス 2-0 勝利
第4試合 対 つくし野 1-0 勝利
第5試合 対 ハイビレッジ 1-0 勝利

与えられた課題については、満足出来る程では無かったが、今までの試合とは個々の頑張りに、違いを感じられた。
勝ちきれない試合ではあったが、負けない試合でもあった。
ゴール前につめられても、相手とボールに向かい、選手全員がチャレンジし続ける姿が見られた。
選手や、ベンチからもマークの確認などの声もあり、11名全員で戦っていた。
以前からの課題、キックイン、キーパースローなどについては、今回改めての指示をしていない中、
選手達はしっかりと身に付け実践していた。

次の課題として、監督からの指示を実践し、負けない試合からの脱皮。勝ち切る試合を行いたい。

観戦していただいていた保護者の皆さんも感じられてるかと思いますが、
選手達は一年前とは比べ物にならないくらい、成長していると思います。
それも、個々の意思で。。。

これも、選手達を支えていただき、御協力いただいている保護者、各チームの関係者、
グラウンドや駐車場を貸与いただいて成り立っています。
今後も、子供達の成長に御協力いただけたらと思います。
本日は、ありがとうございました。

2年 コーチ 佐々木
—————–
★Kinder
朝早いと言うのに元気な姿で選手が集合。今回のキンダーは2年生女子2名が 助っ人として参加してもらいました。

会場へ集まった選手たちは朝だと言うのにやる気に満ちていました。
軽いアップをしている選手を見ても生き生きとしている。サッカーを楽しくしている姿が感じ取れます。
約束事は前回同様です。
1)ドリブルしている選手を後ろからフォロー
2)他の選手が頑張っているから・・・と休まない
3)キックイン、キーパーボールは時間をかけない
何よりも元気に。
今回は参加チームが3チーム(フォルテ含む)だったため総当り×2回の4試合となりました。
雨予報も出ていたため、タイムスケジュールよりも早められるところは早めながらの実施。

以下、試合結果になります。
1G
フォルテU7 vs ペガサスU7  0 - 4  ×
2G
フォルテU7 vs ハイビレッジU7 0 - 4 ×
3G
フォルテU7 vs ペガサスU7 0 - 1 ×
4G
フォルテU7 vs ハイビレッジU7 2 - 4 ×
0勝4敗 勝ち点0得点2失点13得失点11  3位
1位ペガサス  2位ハイビレッジ

交代選手がいない、体験の子を含めた試合の中、選手たちは必死にボールを追いかけました。
試合に入る雰囲気は悪くないのに皆、ボールを持つと後ろ向きとなり前に運べません。
ドリブルの練習をしているにも関わらず蹴ってしまい相手ボールになり失点。
1試合で1本もシュートが打てていない試合が続きました。
特別なことは言っていません。
徐々に選手のやる気スイッチが入ったのか後半の試合に関しては前を向いたプレーもできるようになり、攻守の切り替えが早くなりました。
キーパーからのリスタートも早く空いている選手へ、中ではなく外へ投げています。
ドリブルしている選手が取られてもフォローしているので取り返しドリブルができました。
結果、最終試合では2G決めるまでに!勝ち点こそは挙げられませんでしたが、
選手一人一人が試合毎に自分のプレーを思い返し気付きがあったからこそだと思っております。
フォルテにとって大事な選手の成長と今後の活躍する姿を想像しました。
指導者としての私の反省は、やはり1試合目への試合への入り方。
個々の選手への良い点、改善点の伝達が不十分であると思います。
この年代がフォルテゴールデンエイジだと言えるチームにしていきたいです。

保護者様におかれましてはフォルテクラブの活動にご理解、ご支援いただき。
会場設営 大会運営にご協力いただき大変ありがとうございました。
今後ともご理解、ご尽力のほどよろしくお願いいたします。

二年以下佐藤

#############################################
KKリーグ第1節 2018/04/08(日)
KK第1節結果
★Kids
●フォルテホワイト
今年度最初のKK。
フォルテからは、キンダーで1チーム、キッズでオレンジ(6名)、ホワイト(5名)の2チームエントリーとなった。
今年のKKでは、毎回順位決定戦を行い、表彰される事もあり、カップを目の前にした各チームの子供達も、眼の色を変えていた。
以下、ホワイトの報告です。
今回は、交代選手がいない状況、予選リーグ3試合、順位決定戦1試合を行った。
課題としては、練習でも重視してきた、ゴールスロー、キックインからのリスタートで、味方チームへどの様に繋げるか、相手に取られないか。
ドリブルで、前へ運び、後ろからもフォローをする。

初戦、対 ペガサス 1-1 引分
序盤からかなり押していたが、ゴールが遠い。
そんな中、先制点を奪われてしまった。
しかし、いつもなら下を向いてしまう選手達が、前を向きチャレンジを続けた結果、同点に。
追加点が欲しい所ではあるが、引分となった。
当初の課題についても、まずまず出来ていた。
第2戦、対 まちさか 0-3 負け
初戦に比べ、動きが悪い。
自陣ゴール前から展開出来ていない。そこで不安が的中してしまった。
ゴールスローで受け手がいない。近くの選手にも、相手マークがついている。
  キーパーも迷って近い所に出し、相手に奪われてしまった。そのまま失点。
ほぼ同じような形で失点を重ねてしまい、試合終了。
第3戦、対 南流山 1-0 勝ち
選手達も、第2戦の反省をしっかり行い、再確認。
交代選手がおらず、疲れもある中、時間は進む。
何度目かのチャレンジで、先制点を奪う事が出来た。
何とか守りきり、本日初勝利。

予選リーグでは、3位となり順位決定戦
対 まちさか戦 1-4 負け
やはり疲労は大きく、走り負けが目立つ。
先制点を奪われ、1点返すが、その後も失点を重ねてしまい敗戦。
試合内容としては、満足できるものではない。
しかし、この試合でハプニング。負けてる状況で、前に仕掛けた選手が負傷。
もちろん交代もいない。その選手は、あまりの痛さにベンチへ。
ピッチには4人。ひとり足りない状況で、大量失点となる事を覚悟したが、残り の選手達が大健闘。失点せずに耐えている。
それを目の前に、傷んだ選手も奮起し、ピッチに戻った。
選手達は、試合結果よりも必要な事を、学べたと思う。
精神的なキンダーから、キッズへ成長してきている事を感じる事が出来た。

今回からKKリーグの運営も代わり不慣れな所、お手伝い頂きました皆様、ご参加頂きました各チームの関係者様、ありがとうございました。
これからも、KKリーグを盛り上げていきたいと思います。
御協力頂けたら幸いです。

そして、選手達もお疲れ様でした。

二年以下担当コーチ 佐々木

●フォルテオレンジ
18年度Kidsリーグ第1節が4月8日よりスタート!
Kidsからは2チームのエントリーとなりました。
私はオレンジを担当。
元気に会場へ集まった選手たちは朝だと言うのにやる気に満ちていました。
軽いアップを実施しユニフォームを着た選手たちは今年度より毎回順位決定を行いトロフィーの授与がある事より、
獲得したいと言う意気込みがありました。
私も何とか「勝たせてあげたい」気持ちで試合に臨みました。

約束事は他の選手が頑張ってるから見ていようではなく、後ろからフォロー、 一緒に走って助けよう。
キックイン、キーパーボールの時は時間をかけずに早くリスタートしようでした。
以下、試合結果になります。
1G
フォルテO vs 松戸旭  0 - 3 ×
2G
フォルテO vs まちさかA 1 - 7 ×
3G
フォルテO vs ハイビレッジ 0 - 3 ×
4G
フォルテO vs 南流山 0 - 3 ×

6人での試合となり普段より交替の選手がいない中、選手たちは息を切らしながらも頑張って走ってくれました。
4試合を通して1点しか取れなかったことは残念ではありましたが、所々でチャンスはあり個々の選手の成長も見ることができました。
これから選手たちが大きくなるにつれて他のチームの選手たちも戦術的になってくると思います。
これからの課題は1対1に負けないボールキープと前に持って行くドリブルテクニックの習得と考えています。
私も土日の練習に集中の切れない意味のある練習メニューを実施する必要があると思いました。

次回は1節の悔しさを晴らせるように頑張ります。

フォルテクラブの活動にご理解いただき、会場の設営等、保護者の皆様にご協力いただき大変ありがとうございました。
今後もよろしくお願いいたします。

二年以下 佐藤

—————
★Kinder
平成30年4月の時点で、一年以下のチメンバーが6人も揃いゲームが出来たことに感謝します。

チームメンバーは、新二年と共に練習を重ねてきた、経験のある3名と、初体験の3名でした。
本日のゲーム目的は
「サッカーを楽しむ」の一言です。

新二年に揉まれながらも、練習を続けていた経験組は、全員得点を決めるという成績でした。
一試合に6点を決めるプレイヤーや、ロスタイムに同点ゴールを決めるプレイヤーもいました。
ついに自分達のフィールドになったのですね!

初体験組の子供たちは、当然ですが最初は戸惑い、一歩も動けませんでしたが、
徐々に仲間の動きを真似しながらボールに向かって走り出しました。
中にはドリブルインを積極的にやるプレイヤーも出てきました。
すでに成長しているのですね!

初体験の子供たちとベンチでの会話を紹介します。
「ボールに触ったな!良かったぞ。また試合に出たいか?」と問うと
「うん、出たい!」と口々に話してくれた様にサッカーを楽しんでいました。
また是非一緒にサッカーをしたいです。

試合結果
ペガサス      1-1 分け
まちサカB     9-0 勝ち
まちサカA?     2-2 分け
ハイビレッジ   0-5 負け

試合に関わってくれた皆さん
ありがとうございました。

二年以下 赤澤

3年2B決勝トーナメント①

0-1矢切SC、12-0つくしSCネイビー 会場 野田市スポーツ公園                  .

●2B決勝トーナメント① 2018/9/2(日)
0-1矢切SC、12-0つくしSCネイビー 会場 野田市スポーツ公園 

1回戦
対矢切SC 0対1 負け
敗者戦
対つくしSCネイビー 12対0勝ち

朝から雨の降るスポーツ公園での試合。
攻めてはいるもののいいところで突破できないゴールが遠い。
後半カウンターから失点。

敗者戦ではいつものドリブル突破からの大量点で勝利で、10チーム以内に入り県大会に出場する事になりました。
ドリブル突破できないのはなぜか?どうしたらいいのか?思ったようにプレイできないのはなぜか?
選手自身でもっと考えて失敗してもいいからどんどんチャレンジしてほしい。

小西監督審判サポートありがとうございました。
飯塚コーチ、保護者の方々雨のなか応援、サポートご協力ありがとうございました。

篠田

###########################################
(以下予選)

2ブロック予選_最終結果

●2B予選② 2018/7/8(日)
2-1ダック 会場 松戸市立河原塚小学校

vsダック 2-1勝ち

昨日の試合の反省点である
・ディフェンスで1発でいかない
・同じミスをしないように考える
という事を確認し試合に臨んだ。

前半、ディフェンスの話をしたせいかイマイチいつもの攻めが出来ず脚が止まっている。
相手のカウンターとクリアミスから先制点を許し0-1で折り返す。
後半、ディフェンスも頭にいれながら、いつもの攻めが出来るようにとハーフタイムに話し試合に入る。
後半開始してすぐ、左サイドのドリブル突破から1点を返す。
その後も攻める展開は続くが点に結びつかず。
後半終了間際に今度は右サイドの選手がフリーでドリブル突破し、ファーサイドにシュート。
キーパーに弾かれるもフォワードの選手が詰めて勝ち越し。
2-1で勝ちました。

3勝0杯で1位通過しました。
決勝トーナメントにむけて、ディフェンス強化や、パスなどに磨きをかけ
攻撃面でもバリエーションを増やしていけたらと思います。

本日も暑い中、応援に来てくださった保護者の方々、審判部より来てくださった野口コーチ。
本当にありがとうございました。

3年コーチ 槇山

●2B予選② 2018/6/24(日)
8-0ラビットキッカーズ、15-0江戸川台FC 会場 松戸市河原塚小学校

ラビットキッカーズ戦 8-0 勝ち
江戸川台FC戦 15-0 勝ち
7/8(日)に最終戦で予選リーグ順位が決定します。
1位通過を目指したいと思っております。

寺田

社会人 前期の結果

                                      .

市民大会前期は4戦して4勝、得点25、失点4、勝ち点12で前半戦を終えたところでトップ(残り2試合)

2位にはジズーFCユーゴ(残り2試合)とキッコーマン(残り1試合)が勝ち点10で並んで、4位には78中央(残り1試合)が勝ち点9でいる。

初戦から昨年度の優勝チームでもある78中央と人数の少ない状況でキックオフ。
相手のミスにも助けられながら耐え、人数揃ったところで勝ち越し。
実力に差があるチームにも集中力を切らさず大量得点。
ここまではまずまずの内容で試合が出来ている。

県民大会代表決定リーグでは1勝1敗で代表を逃してしまった。

実力が拮抗しているチーム相手には、スピードとディフェンスに課題が!
サポートの動きだし、カウンター攻撃と左右に振られた時のマーク、ポジションの修正等。

後期の日程
9月30日 自由大広場
10:00~ 対シャーマン

11月18日 南部広場
10:00~ ジズーFCユーゴ
(事実上の決勝戦と捉えています。)

9月23日と10月14日に練習試合の予定

小西

6年習志野招待

0-1高島平SC 会場 習志野市立秋津小学校                  .

習志野招待1日目 2018/08/26(日)

フォルテ野田SC対高島平SC 0-1
後半終了5秒前に一点取られての敗戦。
6年矢形
———————
夏合宿明け初の試合となる習志野招待。元気な19期生14人で勝負に望んだ。
会場は、習志野市立秋津小学校。
レギュレーションは11人制。
8人制に比べスペースがない中でどうやってスペースを作りボールを繋ぐかが課題である。

予選トーナメント1回戦
フォルテ野田SC対高島平SC 0-1 負け
フォルテ19期生は序盤よりこの夏こだわっているボールを繋ぐサッカーを展開しようとするが、
なかなかパスコースが出来ずボールが思うように繋がらない。
相手チームはボールを繋ぐ時の動き、視野の広さ、トラップの技術等フォルテよりも一枚上のチームである。
序盤から横パスでボールを回され、ディフェンスの間に巧みなスルーパスを通してフォルテを撹乱する。
何度も得点されそうになるが、ディフェンスのシュートブロック等により前半0-0で折り返す。

後半も相手チームは、横パスからのサイドチェンジを繰り返し、空いたスペースにスルーパスを決めてくるが、
ディフェンスの粘り強い守りにより得点はさせない。
クーリングブレークを挟んでの後半残り10分。相手サイドバックの隙を突いたサイド攻撃がだんだんと見られるようになる。
徐々にフォルテペースに。幾度か絶妙なクロスが両サイドから上がるが惜しくも得点には繋がらない。
そして試合終了間際、ペナルティーエリア付近での相手の絶妙なパス回しから生まれた危険なスペースにボールを出され、痛恨の先制点。
試合終了5秒前秋津小の悲劇で試合終了となりました。

フレンドリーマッチ
フォルテ野田SC対大木戸SC 1-1 引き分け
視野を広げること、ポジショニング、ファーストタッチの位置、ボールを繋ぐことに再度こだわることを確認して選手達を送り出した。
相手の寄せが前の試合よりも厳しくないこともあり、ボールが繋がることが多くなり、サイドからのクロスも多く見られた。
結果は、1-1の引き分けであったが、結果よりもハイプレッシャーの中で、見る、止める、蹴ることが課題であることを再認識させられた。

保護者の方々、本日も酷暑の中、選手達の応援、送迎にご尽力いただきありがとうございました。
来週から、u12後期リーグが始まります。競合チームとの対戦の中で成長していく選手達の勇姿を見守っていただければと思います。

6年矢形