【8/23~26】6年夏合宿 Trial Camp (山梨県富士川いきいきスポーツ公園)

.
(写真はタップ/クリックで大きくなります)
######################################
【2019/8/25(日)】
8:04
3日目、練習会場の竜王南部公園に到着しました。 井上
6_3日目GROUND
.
.
.
.
.
.
.
.

######################################
【2019/8/24(土)】
2日目は、朝から晴天。
少し蒸し暑い中ですが、6時起床。
朝 散歩 6時10分 出発 5分前行動も、さすが6年生 しっかりと集まり早めに出発。
徒歩15分程の、道の駅「富士川」まで坂道ダッシュなどを含めながら散策。

7時からの朝食も全員しっかりと食べて、8時 ホテルバスにて、昨日同様、
とても素晴らしい人工芝グランド 「富士川いきいきスポーツ公園」移動。
到着すると合宿を担当してくださっています「増穂SC」様が早速準備をしてくださっていて本当に有難いです。

5チームでの総当り交流試合 開始

VS FANTASISTA FC
0-6
VS エスヴィエント
0-4
VS 増穂SC
0-3
VS 若草バイキング
0-2

追加15分1本
VS 増穂SC
7-0

試合の合間には、f20期生は4年生合宿から毎年やっている。2人組スイカ割り(チームメイトに言葉で指示を出す練習)
本年度も、清水コーチが身体を張って頂き、スイカ+スイカ?(清水コーチ)に命中率が良く、おおいに盛り上がりました。
清水コーチ、本当にありがとうありがとう。

18時食事
終了後、本日のMVP発表 2名 + あと少しでMVP2名 とても良い景品を指導者が用意して下さり、とても盛り上がりました。

夜ミィーティング?に、朝散歩にて行った道の駅まで移動して、小学生最後の夏合宿の思い出を作って貰う為に、
指導者、保護者より花火大会(手持ち花火600本以上?+打ち上げ、吹き上げ)
良い思い出になってくれたと思います。

合宿でのサッカーは、明日が最終日です。
今日の良い経験を活かして明日も成長して行きましょう。

本日の審判活動 小林コーチが全て主審(1人)を4試合してくださいました。
素晴らしいレフリィング本当にありがとうございます。
普段 野口コーチの素晴らしい審判指導を受けているおかげです。
ありがとうございます。

遠方ですが多数の保護者応援、本当にありがとうございました。
残り2日間、怪我 事故無く、1人1人が成長出来るように関わらせて頂きますので、よろしくお願い致します。

6年 国生
########################################                           
【2019/8/23(金)】
19:24
1日目 夜ミィーティング
変換6_MTG

本日は、とても素晴らしい人工芝での練習をみっちり3時間30分
移動中の天気は、雨でしたが到着してグランドに出ると、なんと快晴になる。

何か、持っているf20期生

とても素晴らしいホテルで挨拶をして各部屋に移動。
f20期生10名で、10人部屋を用意して頂きました。
最後の合宿に相応しく、10人一緒の部屋で4日間、良い思い出、経験をしてくれればと思います。

食事も、初日からカツ&カレーで、全員完食。

これから、パワーポイント担当 清水コーチによる、素晴らしいプロジェクター使用の今現在、f20期生のテーマを意識した、夜ミィーティング。
現在進行しています。

6年 国生
———-
12:09
練習会場に到着しました。 井上
変換6_GROUND
.
.
.
.
.
.
.
.
.
——–
8:01
おはようございます。
あいにくの雨模様
6年 10名全員集合
指導者 5名
保護者&野口コーチにお見送りして頂き、元気に、山梨夏合宿スタート
7時 野田市役所 集合
7時10分 出発
幸手インターチェンジより、圏央道、中央道にて宿舎へ向かってます。

6年 国生

【8/17,18,19】5年夏合宿 Jr.FESTA SUMMER in群馬 草津温泉

.
【試合結果はこちら】

########################################
【5年生 夏合宿 Jr.Festa 草津温泉 総括】
昨年まで茨城県ひたちなか市で開催されていた同大会が、グランド等の都合で本年は群馬県草津温泉での開催となった。
海沿いから山の中と環境が変われば、気候、天候も違いが生まれる。山の天候は変わりやすい。
晴れていたかと思えば、突然スコールのような雨が降る。
事前の説明会で一言付け加えておいたが、雨が降るのであれば、何を用意するべきか、自ら考え準備できただろうか。
合宿では自分のことは自分で、がお約束。
この三日間で選手が自ら何かを掴んで帰ってほしい。

1日目
お盆期間中は台風が訪れ、荒れた天気となったが、天気も回復し、初日から夏の日差しがキツイ。
定刻より少し遅れて野田市役所を後にする。
バスの中ではDVDを観賞。
サッカー日本代表の堂安律選手、ワールドカップに出場した代表選手の隠された話しを真剣に見たり、寝てしまったりと様々だ。
途中、SAと道の駅でトイレ休憩。
フラフラと買い物する選手もおらず、 道の駅のソフトクリームにも目を向けない。なかなかのものである。
草津温泉が間もなくの所で八ッ場ダム大橋にさしかかる。
橋の上からのダム底迄の高低差は圧巻で選手達からも「スゲー」などと声が聞こていた。

体調を崩す選手もおらず、順調に会場に到着し午後からの試合に備える。
コーチたちは今後の予定について打ち合わせているが、横目で見ていると選手たちの準備が遅い。
帯同している自分の保護者を呼ぶ声が聞こえる。
厳しいようだが、今は合宿中だ。頼れるのはチームの仲間、コーチ、そして自分だ。
自立を促すよう、コーチから声がかかる。
頑張れ。みんな同じ経験をして成長していく。
草津温泉グランドは山を切り開いた天然芝のグランドだが、所々で土が剥き出しになっている。
気温は野田と変わらないが、幾分か湿度が少ない。
5年生の第4グランドよりも4年生のメイングランドである第5グランドのほうが、高原の風が吹き抜け、爽やかだ。

大会は二日間のグループリーグを戦い、最終日の順位決定戦に挑む。
1日目試合
詳細は各コーチからのコメントを参照いただきたい。
試合は立ちあたがりの5分とラストの5分がとても重要だが、利根川チームは開始早々の1分少しを過ぎたところで、失点。
その後、FKを得てこれを決め、同点とするがラスト5分を過ぎたところで失点してしまう。
もっと玉際での粘りが必要に感じる。
5年生のこの時期になると、個人のテクニックは勿論だが、スペースの使い方、ボールを持たない選手の動き、
先を読む力、これに連動した動きが必要になると思うが、発展途上の21期生。
先ずはチームで取り組んでいる、チェックの動きをマスターしよう。
1日目ミーティング
先ずは、試合中の仲間同士のコーチングについて。ネガティブとポジティブ。
判ったかな?大切なのは、どんな状況でもチームが諦めないこと。
心が諦めて挫けそうなとき、どんな声がかけられるか。
その後は利根川、江戸川に別れてのグループ作業。コミュニケーション能力が試された。
課題の絵と作詩。優劣はつけがたいほどの接戦だった?

2日目
朝の散歩はコーチが下調べをし、湯畑付近を散策。
朝食後、試合会場へ。
到着後、一人の選手の顔がおかしい。
どうやらユニフォームを宿に忘れたらしい。昨日に既に監督からユニフォーム忘れは絶対に試合には出さないことは伝えられていた。
忘れた選手は素直に監督に申し出て、チームメイトから必要とされていることを痛感し、
チームはメンバーの一人でも欠けてしまうことがどんなに大変なことかを学んだ。

2日目試合
最近になり取り組んでいる、チェックの動き。コーチ陣はなんとか選手に試合で実感してほしいと考え、チャレンジを促す。
また、どうしてもゴールを急ぎすぎる余り、縦に急ぎ過ぎる。もっと幅を持った試合をしてほしい。
チェックの動きでは少しずつではあるが、チャレンジすることで、実感を得ていたようだ。
ベンチ入りした利根川チームの2戦目では縦に急がず、幅を使った試合ができ、選手たちも実感出来ていた。
詳細は担当コーチの報告を参照いただきたい。

試合後、急遽宿を移ることになった。
帯同している役員、保護者のみなさんにはご苦労をおかけしましまが、無事に移ることが出来ました。ありがとうございました。
移った先の宿は、高校サッカーの合宿で使われている宿で、色紙等が数多く飾られていた。

3日目
江戸川、利根川チームとも、山中での雨天を経験し、各々の結果を残して今回の合宿が終了となりました。
帰路のS.A.での食事は美味しく食べたかな?

役員さんへ。
今回は五年生四年生の合同ということもあり、様々なことでご苦労をおかけしましまが、
選手たちに実り多い経験を積ませることが出来ました。ありがとうございました。

参加コーチへ。
先ずはお疲れ様でした。
選手たちの将来を見据え、帯同をかってくれたコーチ、仕事の合間を調整して参加したコーチ、
長距離を移動しながらも参加してくれたコーチ、有難いことです。
どれだけ選手、チームに貪欲に真剣になれたかで、今後の選手の成長に繋がることと思います。

吉原副代表。
万全でない体調の中、お疲れ様でした。
ご無理なさらないように。

今回合宿にかかわったみなさん、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
主催者の皆さんにもお世話になりました。

最終日まで帯同出来ませんでしたが、
選手たちの笑顔や頑張りをたくさん見ることが出来ました。
纏まりませんが長文失礼しました。

谷津

########################################
【合宿報告 生活面】
8月17日~19日群馬県草津町にて21期合宿が行われました。
20名全員参加ができました。
昨年は生活面での指摘、注意される場面が多かった。
それを選手間で共有できなく声をかけ合う事もできなかった。
今年は昨年の反省を少しでも活かせるのかと思いきや初日から吉原監督の雷が落ちる始まりとなってしまった。
しかし昨年と違うのは選手間での注意し合う声ややろうという行動ができる選手が多くなっていたように思える。
宿泊場変更というアクシデントもあるなかで今年の部屋長はGK登録している4名が行なっていたが
各選手が自覚を持ち部屋長に協力しながら行えていた。
睡眠や食事にも変化が見られたと思う。
最終日にはコーチからの指示になってしまったが散歩後から朝食までの限られた時間で各部屋の片付けを早く終わらせて
宿泊場の風呂場、洗面台、各部屋のゴミ回収、朝食の準備と分担して行えた事に進歩が見れたので少し安心できた。
来年度は選手全員が自主的にできると良いと思う。
自分としても合宿の運営、進め方などまだまだ勉強不足を感じました。
今年の合宿を糧にこれからの指導や合宿活動に役立てればと思いました。

一泊だけでしたが4年生と一緒でしたが始めての合宿とは思えないほど宿泊場での行動が良かったと思います。

3日間帯同して頂いた保護者の方々。バスの運転手様、
急な宿泊場変更を対応して頂いた運営者様、ペンション様ありがとうございました。

5年生コーチ 佐藤

########################################
【合宿試合報告フォルテ野田SC利根川(ホワイト)】
今年は江戸川、利根川と昨年と同様の2チームだしでほぼ均等のチーム分けでした。
今年の合宿のテーマは最近始めた ボールを貰うチェックの動きをテーマにして望みました。

利根川を担当し、テーマは
攻撃面、チェックの動き
守備面、ファーストDFが限定したプレスからインターをテーマに行いました。

【19日月曜日三日目】 5位決定戦
八潮メッツU 昨日TMで敗戦したチーム。
朝から雨が降る中行われる。テーマは二日間同様。プラス昨日の監督からのパスコースを2つ作るで行う。
前半はテーマに取り組む以前の問題。気持ちも入っておらずかろうじて0-0で折り返す。
ハーフタイム中に最終日にこれで良いのか選手に問いかけ残り半分気持ちを入れてやる事を伝える。
なんとか1点を取り1-0で勝利。5位になる。
課題としていたチェックの動きはセットプレーではできるが動きながらはまだまだだが意識はできてきた。
限定からのインターセプトもできている。
やはりがむしゃらにやる気持ちはまだまだこれからに期待したい。
実のある試合が行えたと思う。
今後もチェックの動き、限定からのインターセプトは続けていきたい。

【18日日曜日二日目】
TM:八潮メッツ1-2負け
二日目の初戦TMもあるのか動きが重くテーマのチョックの動きもなくサイドを使わずに縦パスばかり使い
攻撃のリズムができないDF面も限定できているが中盤の選手のインターセプトの意識が低く
ポジションが悪くインターセプトができない。課題が見えたTMになった。

2試合目リーグ戦 東京都のSCUDETTO
6-0勝利
TMの課題を選手達に伝えて
チェックの動きの再度意識。
縦パスばかりでなくサイドからの展開を作る。
インターセプトの意識、中盤のポジション、選手一人一人のあと2歩前に出る事を伝えて送り出す。
チェックの動きは動きながらは中々できないがフリーキック、コーナーキックの時には意識的に行っていた。
特にコーナーでは得点には繋がらないが中の選手がチェックでマークを外しフリーになる場面があった。
サイドから展開し幅が広がり縦パスが有効的になっていた。インターセプトも狙え6点に繋がった。

3試合目リーグ戦 茨城県JSCしもつま
0-3負け
二試合目の勢いで三試合目に望むが相手は利根川のしたいサッカーを一歩先に行っている素晴らしいチーム。
守備はインターセプトの意識もありことごとくフォルテの攻撃をシャットアウトされ
攻撃はチェックの動きもできパスコースが必ず2つできている。
フォルテも一つパスコースを消せるがもう一つの方に的確に出されてしまう。
何とか防ぐも中盤の選手が右サイドバックの選手に落としてペナルティーエリア外から
サイドネットに突き刺さるシュートを2本決められる。
苦しい時に点を取れる形を持っている。
試合後明日はフォルテが攻撃の時に2つパスコースを作るようにしてみようと監督からさらに課題がでる。
予選2勝2敗5チーム中3位で翌日の5位決定戦へ回る。

5年生コーチ佐藤

【17日土曜日一日目】
8月17日、夏の合宿が始まる。
昨年までは、ひたちなか市での大会でしたが、今年は草津での合宿となりました。
1日目は天候に恵まれるが、気温がぐんぐん上昇する暑さの中での試合でした。
環境の変化も有りアップの段階でダウンする選手も居るなか、ギリギリの人数での試合でした。

第1戦 (利根川チーム)
vs アビリスタ ホワイト
(0-1,1-2)1-3

テーマはチェックの動き、コースを限定するプレスで、2列目の選手がボールを奪う。
選手のコミュニケーション。
開始僅か1分に失点される。試合のスイッチが入らないのか集中力が無い、勿体ない失点。
気を引き締めるも相手のプレスが早く、上手くボールをコントロール出来ない、前へ急ぐ展開になってしまう。
前半は攻撃のチャンスもあったが、焦りから個の力だけで打開しようとする場面が多く無得点のまま前半を折り返す。
後半はスペースを広く使い中盤では簡単にボールを叩く。
選手のポジションを修正し後半へ送り出す。
後半は利根川もハイプレスで前線の選手がコースを限定しながらボールを奪いに、しかしながら2列目の中盤でボールを奪う準備が無い。
ベンチから中盤の選手達に「前線の選手がプレスを掛けてるんだから、中盤が何をしなきゃイケないの?」と指示。
選手達もようやく気付き始め、徐々に利根川ペースの時間帯に入る。開始5分にはボランチの選手のミドルシュートで同点に追い付く。
まだまだサイドの選手が広く使えてないが、オーバーラップのお陰でチャンスも作れてる。
それでも相手の守備が固く追加点が取れない。
攻防戦が続くなか、体力的に利根川の選手達の足が止まり始める。
そこを狙うかのように相手チームの攻撃が襲い掛かる。
カウンターでは相手選手の押し上げ早く、次から次へと利根川の選手達を追い越していく。
DF陣も必死に遅らせようとするも、波のように2列目、3列目と選手が出てくる、GKも対応が出来ず2点目を与えてしまった。
更に集中力が切れた利根川に対し、容赦なく襲い掛かる相手チーム、更に失点を重ね試合終了。
スタートのスイッチの切り替え、選手達はどこで入れるのか?開始5分、終了5分、集中力が今後の試合で左右されるのかもしれません。
精神的にも成長していけたら良いのかなと思います。
1日目お疲れ様でした。

5年コーチ 飯塚

########################################
【5年夏合宿第フォルテ野田SC江戸川(オレンジ)最終戦】vs SCUDETTO

6-1 勝ち

3日目最終日、朝から散歩中に雨が降り始め散歩コースを断念。
会場に向かう中、雨が強まる。
会場到着後、選手達の体を考え、雨が止むまでバスで準備をしながら待機。
少しずつだが雨が弱まり選手達もピッチの中へ。
アップを短時間で行い、チェックを入れながらのパス回してミーティングに入る。
何をすべき事かは選手達も分かっている。
利根川、江戸川と均等に分けられているが、利根川の方が上だと言う事も選手達は理解している。
だからこそ、江戸川の選手達も自分達が何をしなきゃイケないのか、最終日の試合を無駄にしない為にも、勝って証明したい。

最終戦(江戸川)
vs SCUDETTO
(3-0,3-1)6-1

守備の原則としてインターセプトを狙う。
この試合は非常に目立ちました。
開始1分にはハーフライン手前から相手チームのパスをインターセプトしてドリブルから強烈なシュートで先制点をあげ、
14分には追加点もあげた。
今回のテーマであるチェックの動きはチーム全体でも意識をしながら選手達がしている。
今回とくに右サイドの選手が誰よりも早くチェックを入れ、ボールを貰う動きをしてました。
その後もドリブルで仕掛けたり、ボールを奪われたら直ぐにでも奪い返そうとする走りは、
この合宿での成長があった事を感じました。
そして前半18分にはセンターから強いパスを右サイドの選手が見事なトラップでフリーのトップ下の選手にラストパスを送り3点目をあげた。
後半はトップ下の選手を入れ替え追加点を狙いに行く。
後半14分には左サイドからトップ下の選手にボールが渡り、後からボランチの選手が走って来た所をラストパス、
ミドルシュートで追加点を重ねた。
更にトップ下の左右の展開から相手チームを上手く崩して5点目。
コーナーキックからはトップの選手が見事に合わせ6点目をあげた。
終了間際には相手チームが角度の無い所からスーパーゴールが決まり得点を与える。
それでもスコア6-1と見事な勝利をした。
今回の勝利は江戸川チーム全員がポジティブに考え、励まし合い声を出していた事と日々練習でのテーマを意識してやってこれた事だと思います。この合宿を終えて凄く成長した。
選手達、今後も期待にあふれる選手として見守って行きたいと思います。
保護者の方々応援サポート有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

【5年夏合宿第フォルテ野田SC江戸川(オレンジ)第4戦】VSヨーケン東京FC

0-2 負け

初戦快勝からの充実感からか「お腹空いた」の大合唱
お弁当を待ちながらミーティング
最近成績が伴わない中で厳しい状況でしたが
この1勝で明らかに良い方向へ向かっていると感じました
待望の昼食を挟み試合に臨みます

対戦相手は個人技中心ながらも常に仲間を励ましあい、
チームで戦う事が徹底されている好チーム
フォルテもここの所の良い状態で 白熱した好試合となりました
中盤はフォルテの選手が良く絡み、こぼれ球にも良く競り合い互角の状態
相手ゴールまであと一歩の所まで攻め込みますが得点ならず
一方のヨーケンさんもセットプレー中心に再三チャンスを演出
フォルテGKのファインセーブもあり両チーム無得点が続きます
好調のフォルテ左サイドから何度も良いチャンスが生まれますが

相手DFの体を張ったディフェンスやポストに嫌われ一進一退の攻防
しかし前半終了間際、カウンターからDFラインの裏を突かれ
最後は技ありのループシュートで失点 0-1で折り返します
後半は更に両チームの気持ちが前面に出て球際を含め

会場全体が息を飲むような素晴らしい展開となりました
しかし後半10分、前がかりになったフォルテの守備の隙をつかれ失点

0-2で敗戦となってしまいました

対戦相手のヨーケンさんは技術もさることながらチームとしての
戦い方が素晴らしかったです。要所要所で前向きな声を掛け合い
チームに一体感を感じました
機会があったら是非再戦をお願いしたいと感じたチームでした

フォルテに関しましては…一言「勝たせてあげたかったゲーム」でした (T_T)

フォルテ野田 江戸川 8/18(日)
1勝1敗
【3日目につづく】
5年担当中村

【5年夏合宿第フォルテ野田SC江戸川(オレンジ)第3戦】VSアビリスタ オレンジ

合宿2日目
深夜まで騒いでいた昨年と違い今年は睡眠も十分だったようで
全員早朝の散歩を元気に参加 温泉街を30分程度歩きました
空を見上げると今日も良い天気!
早朝は涼しいくらいの気温で気分もあがります
予定どおり朝食を取りいざ会場へ

第3戦 vs アビリスタ オレンジ
6-0 勝ち

昨日に続きアップを合同で行い、ミーティングは
各チーム会場が違うため別々となりました
早朝の涼しい空気に体も軽く
GK陣も動きは悪くありません

試合前ミーティングでは前日大敗したが良い部分も多く
選手達も手ごたえを感じているのか『やる気』が見えてきました
コーチからの指示も早々に切り上げ選手のみで打ち合わせに切り替えます
少し離れて聞いていると具体的な指示や、自分の意見が出ていて
良い雰囲気…まだすべての選手が積極的に参加できていないですが
自分たちなりに意見を出し合いながらチームとしてゲームに入る事が出来ました

試合は前後半で3点づつを奪い6-0で勝利
流れの中での得点も多く、両サイドも良く走り
フィニッシュまでやりきる攻撃はとてもスムーズに感じました
まだまだミスも多いながら守備も複数でチャレンジできています
なにより良かったのがGK含め良く声が出ていて気持ちを前面に
出せていました。ベンチの数名も集中を切らさず良いゲームでした

5年担当中村

【5年夏合宿フォルテ野田SC江戸川(オレンジ)第2戦】VSアビリスタ ブルー
0-5負け

昼食を挟んで第3戦
対戦相手は個人技、戦術ともに素晴らしいチーム
自分たちのテーマを再確認し試合に臨みます

開始早々からアビリスタ ブルーのペース
DFラインから確実にボールをつなぎ、隙を見つけながら
前線へ進出してきます。ドリブルも緩急を付けながら
安定したボール運び 素晴らしい技術でした

フォルテも前半途中からボランチの選手がよくボールに絡み
競り合う場面も作れるようになりましたが、他の選手のフォローが薄く
チーム全体で戦うには難しい状態でした
それでもGK含めた守備も良い場面があり、点差が開いてもチャレンジする
選手も増えてきました。息を切らしながらも声をかけ続ける姿は
気持ちが入っていて明日以降に期待できると感じました

フォルテ野田 江戸川 8/17(土)
1敗1分け

5年担当中村

【5年夏合宿フォルテ野田SC江戸川(オレンジ)第1戦】VS八潮メッツU
8/17(土)~8/19(月)
Jr. FESTA SUMMER in群馬草津温泉
8/17夏合宿1日目 晴れ 気温32℃
草津サッカー場P4会場

フォルテ野田SC江戸川(オレンジ)
予選第2グループ

8/17(土)
VS 八潮メッツ ユナイテッド
2-2 引き分け

VS アビリスタ ブルー
0-5 負け

いよいよ始まった夏合宿
天気にも恵まれ夏本番の暑さ
現地は幾分湿度は低いが気温は30℃超え
予定時刻通り草津会場へ到着し初戦を迎えました
去年と同じ江戸川、利根川2チームエントリー
アップ、ミーティングを合同で行い初戦に挑みます

第1戦 vs八潮メッツU
2-2 引き分け

初戦にしては動き出しもまずまず
FWからのディフェンスも良く走れていて
押し込む時間帯もあり前半は主導権を握ります
5分過ぎから中央のボランチを中心に何度かチャンスを迎え
2列目からの飛び出しからゴール前でFKを獲得
これを直接右隅に蹴り込み先制
後半8分には前線の守備からショートカウンターで追加点
その他にもが流れの中からゴール前に迫る場面も多く
良い流れの時間も作れました
しかし後半の良い時間帯に追加点を挙げることができず
逆に失点してからは徐々に足が止まり相手の勢いを止めらず引き分け
勝ち切るチャンスがあっただけに残念な初戦となってしまいました

試合終了後連戦となる為、即徒歩でTM会場へ移動
息を切らしながら何とか2試合目を消化
さらに徒歩で先程の会場へ戻り第3戦へ挑みます
「はぁ・・・」「きびしい・・・」「遠い・・・」「坂がきつい・・・」
真っ青な夏空、都会より元気なセミの声、焼けたアスファルト、乾いたスパイクの足音
汗で濃くなったオレンジ色・・・

合宿らしい光景になってきました

5年担当 中村

########################################
【8/19(月)】
4,5年草津合宿泊

17:45 只今、怪我人もなく全員元気で市役所到着しました。

皆様有り難うございました。
****吉原****

草津合宿
17:00幸手降りました。
市役所到着 17:40-17:45

*****吉原*****

草津合宿
高坂SA 16:30 出発しました。

*****吉原*****

草津合宿
4,5年とも雨のなか2試合消化

11:40現地出発
おのがみ温泉で入浴
12:45-14:00

以後 予定
高坂SA 15:10
高坂出発 16:30
市役所 17:50~18:00

*****吉原*****

########################################
【8/18(日)】
草津合宿
2日目 宿変更
4年清重館
5年シュプール

本日15:30
グランドよりみず季野観光バスで前橋館に。
荷物整理後、直ちに上記宿舎に向かいます。

明日(案)
宿舎→大会会場
宿泊荷物を積んで
4年生 清重館マイクロ
5年生 みず季野バス

試合終了後、公衆浴場に立ち寄り帰路へ。
****吉原****
########################################
【8/17(土)】
5年グランド、ベース

4_5_GROUND
4_5_GROUND2

————————–
4,5年草津合宿
選手 29名
6:40出発
11:00現着
天気良し。30℃暑く風邪は涼しい。

バス良し。
運転手さん、とても親切。

*****吉原*****

【8/17,18,19】4年夏合宿 Jr.FESTA SUMMER in群馬 草津温泉

                                  .
9人全員で参加した夏合宿。
4年生は初めての合宿で、少し不安そうな選手もいましたがみんな元気に出発。
目的地までは約200キロ。時間は約3時間半。
高速から降りて山道になり風景も変化!!
いつもと違う景色に子供の心情も少しは親元から離れただろうか!?

会場に到着し合宿の目標を再確認し試合に挑んだ。
1試合目は2-1で勝っていたがラストワンプレイで失点し同点で試合終了。
味方の足元を狙ったパスが多く攻撃のスピードが遅くインターセプトされる事が多かった。
初戦の反省をして2試合に挑んだが0-13で負け。
しかし13点取られても下を向く選手は1人もいなく最後まで諦めなかった。
負けたがチャンスも多くあり絶対点を取ってやるという気持ちがすごく伝わった良い試合でした。

2日目初戦は勝利し予選1勝1敗1分で勝ち点が並ぶも得失点差で惜しくも3位となり5位決定トーナメントとなる。
トーナメント1回戦はドリブルからシュートの意識が強く攻撃を緩めず13点得点して勝利。
2日目はフレンドリーを入れると4試合。
体力が心配でしたが誰も弱音を吐かず4試合、全力でプレイしていた。
いつもは試合が終わると遊んでいたりしたが、他のチームの試合をみんなで見ていたのにはビックリしました。
この日はみんなサッカーのことしか頭になかった様に見えた。

最終日は5位トーナメントの決勝とフレンドリーの2試合。
朝のミーティングでチーム目標を再確認しアップスタート。
大雨でずぶ濡れになりながらのアップ。
誰も文句を言わない!
いつもと違う雰囲気!
やる気に満ちていた!
決勝戦では先制するも追いつかれ、また入れるも追いつかれ、最後は2点取り返し5-3で勝利。
取られたら絶対取り返す!
最後まで諦めずみんなで声を掛け合いながら、がむしゃらに走る姿はとても感動した。
8チーム中5位でしたが優勝トロフィーよりも素晴らしい物をもらいました。
サッカー漬けの合宿で、ひと回りもふた回りも成長し、サッカーに対する思いも変わっていったと思う。

合宿に送り出して下さった保護者の皆様、応援やサポートありがとうございました。
本当に貴重な経験ができました。この経験を活かせる様 にこれからも子供達と向き合って行きたいと思います。

小川

########################################
【8/19(月)】
4,5年草津合宿泊

17:45 只今、怪我人もなく全員元気で市役所到着しました。

皆様有り難うございました。
****吉原****

草津合宿
17:00幸手降りました。
市役所到着 17:40-17:45

*****吉原*****

草津合宿
高坂SA 16:30 出発しました。

*****吉原*****

草津合宿
4,5年とも雨のなか2試合消化

11:40現地出発
おのがみ温泉で入浴
12:45-14:00

以後 予定
高坂SA 15:10
高坂出発 16:30
市役所 17:50~18:00

*****吉原*****

########################################
【8/18(日)】
草津合宿
2日目 宿変更
4年清重館
5年シュプール

本日15:30
グランドよりみず季野観光バスで前橋館に。
荷物整理後、直ちに上記宿舎に向かいます。

明日(案)
宿舎→大会会場
宿泊荷物を積んで
4年生 清重館マイクロ
5年生 みず季野バス

試合終了後、公衆浴場に立ち寄り帰路へ。
****吉原****
########################################
【8/17(土)】

4,5年草津合宿
選手 29名
6:40出発
11:00現着
天気良し。30℃暑く風邪は涼しい。

バス良し。
運転手さん、とても親切。

*****吉原*****

3年交流試合

会場 三郷セナリオハウスフィールド .

8月19日(日)
ペラーダジュニアーズの皆様より招待を頂く。
会場は「三郷セナリオハウスフィールド」電光掲示板、人工芝と素晴らしいフィールドにはプレイヤー、指導者一同感激する。
打ち合わせし15分ゲームを繰り返す事になる。

テーマ
「周りをみてパスをする」
「インターセプトを狙う」

結果
フォルテ – ペラーダジュニアーズ

1試合 0-3負け
2試合 1-3負け
3試合 1-3負け
4試合 0-0分け
5試合 3-0勝ち

課題
・相手の素晴らしいドリブルテクニック に翻弄され、中央突破からの失点が目立った。
全体的にポジション理解が乏しく、相手を後追いする姿が多くあった。
・攻守共に一対一で負けてしまっている。練習しているフェイントを活用出来ていない。

素晴らしいプレイ
・一部の選手ではあるが、広い視野を持ちパスを出すシーンも増えている。
・ゴールキーパーの2名は、横っ飛びビックセーブを連発。果敢に飛び込んだ姿はチームを鼓舞した。

刺激のある良いゲームとなりました。
ペラーダジュニアーズの皆様。
ご招待頂き感謝致します。
また国生コーチ、段取り等諸々ありがとうございました。子供達のサッカーを支える皆様に感謝致します。

三年 赤澤

6年清水台Summer Cup2019

1-0清水台FC U-11、0-1FORZA!沼南、0-2松戸小金原FC 会場 清水台小学校

今回、清水台FCさんが夏合宿をしており、「清水台FC SummerCup2019」が開催され、
20期生:7名+23期生:1名の合計8名が、台風一過で朝から過酷な暑さの清水台小学校に集結しました。
今回は今週末に控える夏合宿及び9月より再開されるU-12後期リーグに向けて、
フォーメーションや戦術理解の浸透、新しい取り組みを試す機会と位置付けていました。
開会式にキャプテンがワールドカップさながらの抽選会のドローボールで、
引き当てたのはA組の1!ポールポジションをゲットしました。

初戦:清水台FC U-11:1-0勝利(1-0/0-0)
初戦に向けたアップの際に、既に1名の選手が身体の不調を訴え、7人で試合に臨みました。
相手は、U-11(5年生)と言えども市内大会でフォルテ21期生を苦しめている相手のため、
守りの人数はそのままに中盤を減らして挑みます!
試合が始まるとやはり数的不利の部分は露呈し、多くの選手が1人以上の選手とマッチアップする事になります。
それでも20期生には今後つきまとう課題の人数不足をこの暑さの中 経験できていることをプラス材料とし、
その中で何が出来るか?を意識させました。
今回はあまりの猛暑のため主催の清水台FCさんからの提案で「飲水タイム」を、
前半2回、後半2回の計4回/1試合行なった事で、悪化する選手はいないものの交代が無い分、常に苦しい展開になります。
数的不利の中で、右サイドバックの選手の突破によるゴールが決まり、運よく先制点を取れました!
あとはあまり大きく崩れないDF陣とGKの踏ん張りに期待しますが、やはり猛暑のなかでの運動はかなりの体力を消耗し、
加えて1人少ない中盤も苦しい状況の為、押し込まれる展開が続きます・・・
それでも最後まで全員が良く踏ん張り、なんとか勝利を掴むことが出来ましたっ!!

二戦目:FORZA!沼南:0-1 敗戦(0-0/0-1)
1試合空けての40分後の第二戦は、小さい時にFリーグなどで戦っていた、FORZA!沼南さんが相手です。
1試合目に体調不良で出れなかった選手の顔にも生気が戻り、やっと8人で臨める!
と思った矢先に別の選手が体調不良を訴え結果、また7人でキックオフ・・・。
やはり今回の暑さは厳しい物がありました・・・
相手チームの攻撃を耐え続ける時間が続く中で、体調不良の選手がなんとかピッチに立つことが出来、やっと8人での戦いに!
ですが、そんなにすぐに戦況が変わる訳でもなく、耐える時間は続きます。
このままゲーム終了かと思っていた後半終了間際に相手チームにゴールを許してしまい、敗戦・・・
結果、グループ2位となりました。

三戦目:松戸小金原FC:0-2 敗戦(0-1/0-1)
グループ2位同士の戦いは、U-12前期リーグの結果、1部リーグに所属する、松戸小金原FCさんが相手。
実力は何も言う事なく強いチームです。
強いチームであっても自分たちがやる事は同じと伝え、暑いのは分かるが、
最後の試合なので諦めずに走りきることを伝えピッチに送り出しました。
試合が始まり、やはり攻め込まれる時間が多く続くが、こちらも教えてることを頑張ろうと努力しているのが分かる。
だがやはり交代選手がいないというディスアドバンテージが効いてきて、だんだん足が止まってきて、
強豪チームはそういった隙を逃す事なく、先制点を奪われる。
だが、ここから大崩れすると思いきや、前半を乗り切り 後半に入っても一進一退の攻防が続く状況を作れてました。
何年か前には想像もつかないくらい頑張っている姿には頼もしさも感じていましたが、後半に追加点を取られ試合終了・・・
全6チーム中4位という結果に終わりました。

今回の酷暑の中の連戦は、今週末に予定されている最後の夏合宿に向けてや、
9月から始まるU-12後期リーグもまだまだ残暑が残ると思われるので大変良い機会でした。
ベンチが少ないなかで、いかにして点数を取り、失点を防ぐかという点で、6年生には都度伝えていますが、
これからはもう少し頭を使ってサッカーをする必要があります。
目の前のボールをひたすら一人で追い続けても 当然の様にバテテしまうし、
攻撃に移る際やボールを繋ぐ際にも敵との駆け引き、味方同士の意思疎通など、
チームとして連動しなくてはならない場面が今後は多くなってきます。
そういった面も合宿や多くのTRM、公式戦で身に付けてもらい、
中学生以上の年代になっても楽しくサッカーが出来る様になってくれればよいなと感じました。
そこには当然、6年生の指導者の意思疎通や教え方も重要になってきますので、残り少ない時間ではありますが、
全てを教えれる様に努力していきます。

合宿期間中であったにも関わらず、この様な素晴らしい大会に招待して頂き、
朝早くから設営・運営をして頂きました、清水台FC様 本当にありがとうございました。
閉会式では、抽選会までして頂き、見事にゲットした “スイカ”は今週末の合宿で美味しく頂きたいと思います。
同じ市内チームとして今後とも宜しく御願い致します。
また、朝から大声で応援をして頂いた保護者の方々 本当にいつもありがとうございます。
体調を崩している選手のケアや、ベース基地での選手への声掛けなど本当にいつも助かっています。
今週末の小学生年代最後の合宿においても、いままで同様のサポート宜しくお願い致します。

6年生コーチ 清水

6年スポーツ少年団県大会

2-1豊四季FC、1-0城西JFC、0-1FCボレイロ成田 会場 成田市中台運動公園        

全試合結果 ⇒ 2019 大会結果 

2019/7/28(日)2位グループトーナメント
2-1豊四季FC、1-0城西JFC、0-1FCボレイロ成田 会場 成田市中台運動公園 

2位トーナメント(敢闘戦)
vs.豊四季FC 2:1
vs.城西JFC1:0
vs.FCボレイロ成田 0:1
準優勝
詳細は浅川コーチから

野口コーチは優秀審判賞を受賞しました。
井上
#############################
会場 成田中台公園

7/28(日)
最高気温29℃
スポーツ少年団県大会(2日目)に参加させて頂きました。

☆vs豊四季FC☆
9:15キックオフ
気温:24.8℃
天気:雨
<ピッチコンディション・相手の特徴>
ピッチは人工芝、激しい雨の中、水溜まりだらけのピッチコンディション。
相手の戦い方としてもショートパスは少なく、フォルテのdfラインの背後のスペースを上手く活用してきた印象です。
<詳細・まとめ>
過去に対戦経験のある相手。前回の結果は敗戦に終わり、今回がリベンジマッチとなる一戦。
気候条件を踏まえて伝えたことは2点
「積極的なシュートとボールホルダーへのプレス強度を高くしよう。」
「中途半端なプレーは失くそう。セーフティーにプレーを選択していこう。」
試合の内容的には、フォルテのペースが長いように感じました。
皆が集中して試合に入ったためネガティブトランジション時の強度が非常に高かったです。
いつも以上にサイドから仕掛けたシーン、ゴール前での厚み、最後まで諦めない姿勢等々が各選手たちから見受けられました。
泥臭い得点ではありましたが勝ちきれたことも大きな収穫となりました。
自分が観た試合の中で、最もトランジション強度が高い試合だと感じました。

☆vs城西JFC☆
10:45キックオフ
気温:25.8℃
天気:曇り
<ピッチコンディション・相手の特徴>
雨も上がり部分的に水溜まりがある状況で跳ねたボールが伸びたり止まったり……
難しいピッチコンディションの中で気温も徐々に上がり出しました。
相手の特徴としては、パスを繋ぎながら球際で激しく、ボールを奪うために数的優位を作る戦い方をしてきたのが特徴的でした。
<詳細・まとめ>
互いに2試合目、勝てば決勝戦。ピッチコンディションから1つ注意点を挙げるとすれば水溜まりの確認をする事。
特に自分のプレーエリア周りは試合前に確認しておくように伝えました。
又、試合で大事なことは練習の成果を出すこと。選手皆がいままでの練習を思い出して試合に挑んで欲しい。
集中力のある1試合目に比べて2試合目には特に強く伝えました。
試合の内容としては、前半フォルテのシュート数も多く、フォルテペースの時間が長かったように感じました。
サイドから決定機が作れていた分ゴールが奪えなかったのが悔やまれます。
後半、一進一退の試合となりました。内容的にも1点が勝負を分けるような試合展開でした。
そんな中、苦しい時間帯でセットプレーからの得点。気温が上がる中、苦しい時間も乗り越え見事勝利。

☆FCボレイロ成田☆
12:45キックオフ
気温:27.9℃
天気:晴れ
<ピッチコンディション・相手の特徴>
気温は上がり、ピッチ内は大分水捌けされスリッピーなコンディションになりました。
グラウンド(人工芝)からの熱気で湿度も非常に高い状態。
相手の特徴としては、守備ラインでパスを繋ぎながら幅を使い、両翼がスピード突破でプレスをかいくぐるようなプレーが特徴的でした。
<詳細・まとめ>
体力的にも厳しい3試合目(決勝戦!)。辛いのはわかるが怪我をしたチームメートの分まで頑張ってもらいたい。
試合内容は、終始相手ペース。体力的にきついのか決勝までの試合で出来たことが何もできていない。
シュートの意識、守備の意識、攻撃への切り替えetc……皆頑張っているがなかなかできない。
相手の特徴的な攻撃に対して毎回同じ崩しをされている。
完全に集中力が切れてしまい、失点以上に内容は悪かったように感じました。
為す術もなく試合が終わり伝えたことは2点
「決勝までいけたのは間違いなく実力、決勝で負けたのも力不足。試合で力を発揮できなかったらなんの意味もない。」
「自分のプレーに対して悔しいのは良いが相手のプレーに愚痴を言うな。自分のプレーは変えられても相手のプレーは変えられない。」
この敗戦から学んだことを次に活かせるよう頑張っていきましょう!

~対戦相手各位~
本日はいつもと違うコンディションの中、貴重な経験ができ大変勉強になりました。
各チームが時間帯によって変わるピッチコンディションで、強みとする面や課題とする面がそれぞれ出た1日になったかと思います。
我々フォルテとしても課題としっかり向き合い成長し、また対戦できる日を楽しみにしています。
本日は誠に有難うございました。今後も何卒宜しくお願い致します。

~運営スタッフ各位~
この大会を通して選手たちは、非日常の体験ができたかと思います。
千葉県各方面のチームと対戦できる良い機会を与えていただき誠に有難うございます。
今後のモチベーションとなる良い大会になりました。2日間お世話になりました。

~保護者各位~
遠い地まで朝早くからご協力頂き有難うございます。
今回の大会ではチーム一丸となり2日間を全力で戦うことができました。
残り少ない小学生生活の中で、私から子供達に1つでも多くのことを伝えていきたいと思います。
感じることは選手それぞれ違うと思いますが、少しでも子供達の考え方や行動が変われば幸いです。
この2日間のための準備、選手のコンディション調整等ご協力頂きまして誠に有難うございます。
今後も何卒宜しくお願い致します。

~指導者各位~
難しいコンディションの中でしたが最低限の結果は出せた大会だと思います。
今後も引き続き、子供達にサッカーの楽しさを伝えていきましょう。
宜しくお願い致します。私のご指導も宜しくお願い致します。。。

6年 浅川勇斗

2019/7/27(土)予選リーグ
予選全試合結果/28日トーナメント表 ⇒ 予選結果 0727
0-2藤崎SC、2-1みずほFC、3-1水郷SSS 会場 成田市中台運動公園

予選リーグ
台風の合間の成田市中台運動公園の芝生グラウンドで
vs.藤崎SC 0:2
vs.みずほFC 2:1
vs.水郷SSS 3:1
明日は2位トーナメント進出です。
詳細は国生助監督から

井上
##########################
スポーツ少年団 県大会

8時 開会式の為、野田市6時出発。
フォルテ6年 10名中1名体調不良の為 9名で挑む。
台風接近の為、時折、大雨の中での試合。
会場は、素晴らしい天然芝。雨で濡れた天然芝を経験出来る良い機会。

試合内容、結果は2勝1敗ですが、続けているハイプレスでのインターセプトのテーマが、チームに浸透してきて、
チームの為にファーストDF 、次への予測の動き。
ほとんどのメンバーが理解してきて、チームとしての守備が出来ていました。

アップを担当してくれた、浅川コーチの練習内容も素晴らしく、選手の戦う気持ちになるアップをしてくださいました。

初戦こそ負けてしまいましたが、対戦チーム藤崎SC(A)は、u12リーグのTOPリーグ(5年県大会10位以内)に所属。
藤崎SC(B)も、前期リーグ突破して県大会出場決定する程の超強豪チーム。
チーム全員1人1人のプレス速さ強さは、本当に勉強させて頂きました。

1日 3試合のハードスケジュールですが、2試合目3試合目も、最後まで走り切り戦う事が出来ました。
特に3試合目では、フォルテ6年の特徴であるサイド攻撃が、両サイド共に機能して、
ゴール前に飛び込む選手が良い飛び込みが出来ている。

守備面(テーマ)&攻撃面(特徴のサイド攻撃)
大会を通して素晴らしくなって来ました。

小学6年 夏にもう1つステップアップする為に、この大会の結果に満足せずに更に次のテーマに挑戦して行ければ。
と思っています。

大会を通して全員が頑張りましたが、主催者が選んで頂いた優秀選手に2名選ばれました。
守備の要と攻撃突破力の選手
本当におめでとうございます。
しかしこの大会でチームの為に頑張ってくれたメンバーに、井上監督&自分 は、MVPを。と思っていました。
初日の予選にて、チーム最大のピンチ(センターバックが抜かれて、ゴールキーパーとの1対1の場面)に
体を投げ出してスライディングにてブロック。
その時、足を怪我してしまいましたが、試合に出れなくても2日目も参加してくれて
チームの為に最後まで大きな声がけをしてくれている選手に 『最優秀選手賞』を渡してあげたいと思っています。

保護者の皆様
6年 指導者 様
今回のスポ少県大会に朝早くから送り出し、遠い会場でしたが、多くの応援、本当にありがとうございました。
選手の力になった事は、結果を見ても分かります。
夏合宿&夏休みが終了すると、直ぐにu12後期リーグが開催されます。
選手&保護者&指導者 ?一丸となって県大会出場目指して頑張って行きましょう。

今回のスポ少県大会に関わってくださいました。運営スタッフの皆様、本当にありがとうございました。
オープニングには、音楽を流しながら入場など、ゆるキャラとのハイタッチでの入場 など、とても良い経験をさせて頂きました。

6年 国生

4年東葛予選①

6-2DUC.SCホワイト 会場 松戸市主水G
 
2019/07/28(日)東葛予選①
6-2DUC.SCホワイト 会場 松戸市主水G

4年生東葛予選①の結果
DUC.SCホワイト戦 6-2 勝ち
勝点 3を取る事が出来た。
次戦は8/25のレイソルTOR戦、スリーオークス戦と約1ヶ月先、夏合宿でスキルを上げて、予選を突破したい。
本日は暑い中、保護者の皆様の応援、3年生選手及び指導者派遣を頂きありがとうございました。
次戦もよろしくお願いいたします。
寺田

5年オレンジ2ブロック予選②

1-2初石ファイア、0-6常盤平 会場 福田第二小学校             .   

2ブロック予選② 2019/7/21(日)
1-2初石ファイア、0-6常盤平 会場 福田第二小学校
全試合結果⇒2019年度2B予選G4 20,21日試合結果

5年2B主管 2日目
本日はオレンジは残2試合
ホワイト残1試合

やや蒸すも、昨日よりは幾分かしのぎやすかった。
しっかり整備されたピッチに4年2名含め21名が集まった。

オレンジ
①初石ファイア 1-2
②常盤平 0-6

ホワイト
①新松戸 5-3

オレンジは残念ながら予選突破ならず。
ホワイトは全勝で中央大会へ

本日の6試合、全てが好試合。なかでもオレンジ1試合目は集中力切らさず緊迫緊張した良い試合だった。
こんな試合にスコアーなんて関係ない。
本日のベスト試合の彼らに100点を上げよう。

小西監督、運営有り難うございました。
染谷助監督、JA福田有り難
保護者様、2日間有り難うございました。

詳細は佐藤HC、飯塚Cから

*****吉原*****
################################
本日2B予選G4二日目が行われました。
5年生9名、4年生2名で臨みました。
本日のテーマ
①ルーズボールへの反応寄せるのを早く
②最後まで諦めず戦うです。

アップではDFのハイボールやルーズボールへの体の入れ方を確認し試合へ臨む。

一試合目
初石少年SCファイヤー
1-2敗戦

二試合目
常盤平少年SC
0-7敗戦

常盤平少年SC戦得点差はあるが戦う気持ちが前面に出て二日間で一番いいゲームになりました。
サッカーの旨さも勿論ですが相手に次々に向かって行く直向きな姿勢は21期に今最も必要な事なのではないかと思います。
後半の試合はオレンジの選手に気がつかせてもらった気がします。
これからはそこだけでなく判断スピード、危険なゾーンに気がつけ
ケアできるかが課題になり東葛予選までに修正していたいと思います。
小西監督本日準備から審判、本部帯同ご協力ありがとうございました。

二日間に渡り日程調整等していただいた各チーム担当者様、素晴らしいプレーを見せてくれた選手に感謝したいと思います。
ありがとうございました。

保護者の皆様にも準備、運営、片付けとご協力ありがとうございました。

5年生コーチ佐藤

2ブロック予選① 2019/7/20(土)
0-6ラビットキッカーズ、0-7トリム 会場 福田第二小学校
全試合結果⇒2019年度2B予選G4 20日試合結果

5年2Bオレンジ主管 1日目
G4は5チーム
日程調整に戸惑い天候不良で再三の延期。
本日は4年2名を加え10名で戦う。

①ラビットキッカーズ 0-6
②トリム 0-7

明日は投票日の同会場で
初石ファイア、常盤平と。

井上監督、小川コーチ
有り難うございました。

詳細は佐藤HCから
*****吉原*****
#############################
5年生2B予選G4
オレンジの試合が行われました。
5年生8名 4年生2名で試合に臨む。市内大会でも大敗し修正する時間も少ないなかでの公式戦となる。
本日のテーマは
①コミニュケーション
②アプローチ速さ
③1対1の局面、ルーズボールに対して積極的に行く
をテーマに行う。
一試合目
ラビットキッカーズレッド
0-6敗戦
二試合目
FCトリムジュニア
0-7

攻撃面では何度か左サイドから崩す場面がみられたのは良かったが決定機を決めきる事が出来なかった。
格上のチームには何度もチャンスがあるわけではないので数少ないチャンスを決めきる集中力。
パスの質、選択する場所の判断の速さの向上。

守備面ではボールを持っている選手に対してのアプローチはできているが、
やはりルーズボール、スペースに入って来る選手に対してのアプローチが遅くなっている。
予想、判断スピードができていない。

良い場面はあるがやはりルーズボールへの反応、危険なゾーンのスペースに気づき反応する判断、
スピードが今後の課題になって来るのかと思います。
スピードが遅い選手、キック力がない選手でも判断、危険なゾーンを探せるスピードが早いのも一つの武器になると思うので
これからのトレーニングの中でつちかって貰えたらとら思う。
まだまだ明日2試合あるので切り替えていこう。
本日は朝から井上監督主管本部帯同ご協力ありがとうございました。
山崎助監督審判指導帯同ご協力ありがとうございました。
小川コーチ審判帯同ご協力ありがとうございました。
各チーム日程調整等ありがとうございました。
保護者の皆様準備、本部運営ご協力ありがとうございました。
明日も宜しくお願い致します。

5年生コーチ佐藤

5年ホワイト2ブロック予選②

5-3新松戸 会場 福田第二小学校                        .

予選全試合結果 ⇒ 千葉県5年生第2ブロック予選結果_東部主管20190721

2019/7/21(日)5年2Bホワイト②
5-3新松戸 会場 福田第二小学校

5年2B主管 2日目
本日はオレンジは残2試合
ホワイト残1試合

やや蒸すも、昨日よりは幾分かしのぎやすかった。
しっかり整備されたピッチに4年2名含め21名が集まった。

オレンジ
①初石ファイア 1-2
②常盤平 0-6

ホワイト
①新松戸 5-3

オレンジは残念ながら予選突破ならず。
ホワイトは全勝で中央大会へ

本日の6試合全てが見ごたえある好試合。
なかでもオレンジ1試合目は集中力切らさず緊迫緊張した良い試合だった。
こんな試合にスコアーなんて関係ない。
本日ベスト試合の彼らに100点を上げよう。

小西監督、運営有り難うございました。
染谷助監督、JA福田有難うございました。
保護者様、2日間有り難うございました。

詳細は佐藤、中村HCから

*****吉原*****
###########################
7/21(日)福田第二小学校にて、2B予選G1最終戦が行われ、11人中、怪我で1人見学の10人が最終戦を向かえた。
アップから気持ちを切り替え、ボールを奪うまで食らい付く練習を短時間で行い、
前日の練習では課題でもあるトップ下、ボランチが素早く寄りサポートに入る意識をさせて貰いました。

2B予選G1最終戦
vs 新松戸SC (4-1,1-2)5-3 勝利
序盤はフォルテペースで試合が進む。開始1分にはコーナーキックから合わせ先制点を取る。
サイドにボールが渡れば、真ん中の選手が素早くサポートに入る、前日の練習での成果が出てる。
その後のパスの精度がいまいち。
パスの練習では方向、強さ、タイミングを選手達には伝えてるが、まだものには出来ない。
センターからのオーバーラップは多く見られ、ゴール近くまで食い込む事も評価が良い。
ただクロス精度はまだまだ未完成。今後の練習で精度を高めたい。
更に追加点ではボランチからのパスをオーバーラップして来た選手に渡り、ドリブルからのシュートで2点目を入れた。
新松戸さんもコーナーキックから1点を返された。
非常にキック力とコーナーからのパスの精度は素晴らしい物を備えている。
フォルテもマークの受け渡しが出来てなく、フリーの状態で決められてしまった。
前半は更に追加点を上げて、(4-1)で折り返す。

後半はとくにトラップの精度が悪い。
どんな良いパスでもトラップミスでボールを奪われてしまう。
そんなミスが続くと焦りが出る。パスも上手く出来ない。
無理な体勢からのシュート。そんな中、ミスからボールを奪われるとカウンターをやられ、
右サイドから早いセンターリングのボールを上げられ走り込んで来た選手に合わせられ失点。
更にミドルシュートからも失点してしまい1点差まで追いやられてしまう。(4-3)
それでも選手達は追加点を狙いに前へ前へと攻撃のスタイルは変えない。
アディショナルタイムでペナルティ付近でフリーキックを貰う。
しかし角度のない場所で直接ゴールを狙うもキーパーに弾かれ、コーナーキック。
最後のチャンスをものにしたい。
キッカーはキックの精度が高い選手が蹴り、見事そのパスをヘディングで合わせゴール。
その直後に試合終了。結果は(5-3)

2B予選を全勝で突破したホワイト。
決勝トーナメント進出。

今回は勝利をしたものの、パス、トラップ等のイージーミスが多く見られた。
決勝トーナメントや県大会ではイージーミスは失点に繋がる。
今一度、基礎の大事さを忘れてはいけない。
今回は忙しい所、応援サポートしてくれた各チームスタッフ、保護者の皆様、本当に有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

2019/6/16(日)5年2Bホワイト①
4-1流山東部、15-0上本郷 会場 流山東部スポーツフィールド

昨日延期された5年生2B Gブロック。
選手以上に保護者に大変な思いをさせてしまった。

夏、昨夜の雨でピッチは蒸した。
11名参加の流山東部スポーツフィールド
流山東部 4-1
上本郷 15-0

怪我2名、熱中症状出現1名
2試合連続にもきわらず沢山の得点シーンを作りだした。
詳細は中村コーチから

****吉原****
————————–
6月16日(日)雨のち晴れ 気温30度
流山東部スポーツフィールド
2ブロック G1リーグ 1日目
フォルテ野田SC ホワイト

第一試合
VS 流山東部FC
4-1 勝

第二試合
VS 上本郷SC ブルー
15-0 勝

第一試合 VS 流山東部FC
15日開催が猛烈な雨の荒天で延期、代替えで翌日開催の16日早朝
2チーム出しのうちホワイト全11名の選手が参加し
元気に流山東部SFへ向かいました
前日から降り続いた雨が明け方まで残り
会場到着の8時頃から一気に夏の日差しに…
猛烈な湿気と高温の中 2ブロック予選が開催されました

開始時はぬかるんだグラウンドにパスの速度が合わず
ぎこちない展開でしたが徐々にペースをつかみ
先制点を挙げることができました
全体の得点自体は流れの中とセットプレーでそれぞれ加点し
攻撃に関しては良い時間が作れたと思います
守備に関しては集中が切れて1点を失ったところもあり
修正が必要と感じました
全体としては高温多湿の厳しい環境下で良く戦いました

第二試合 VS 上本郷SCブルー
インターバルを挟み、第二戦
体力的に厳しい状態でしたが選手同士声を掛け合いながら
よくボールを回すことができました
連戦で厳しい環境でしたがベンチの選手も含め全員で
フォローしあいながら戦えたと思います
次は約1か月後、予選最終節を予定してます
しっかり準備して良い試合ができるよう練習していきましょう!

保護者の皆様
急な変更により時間が少ない中
対応頂き有難うございました
無事2試合開催する事が出来て感謝してます
今後、主管チーム開催も控えておりお願いする事も
多くなると思いますが引き続きご協力お願いします

5年担当 中村
————————–

【5年2BホワイトData共有】
5年指導者 各位
2Bホワイト Group G リーグ戦 ①②
4-1, 15-0 の試合。
素晴らしい攻撃が随所にみられたましたが、パスに焦点をあててみました。

初戦の相手は自陣でボールを横に流しポゼッションを上げながら前線FW2名(トレセン?)に縦パスを入れる戦法。
フォルテは相手FWに入った縦パスをカット、もしくは渡った直後、相手のファーストタッチ目で自由を奪い、奪ったボールを前線につないだ。
相手FW・MF の自由を奪ったことが勝因であった。

相手は前半立ち上がりから自陣内で丁寧にパスをつなぐ。
そして意識してパスを出した場面56シーン。そのうち41本を味方につないでいた。成功率は73.2%。

一方、フォルテは相手から奪ったあとのパス46本。うち味方につなげたのは23本50%

後半、さらに優位に展開するフォルテだがパスの成功率はやや上昇するも55.7%(34/61)

それに対し相手チームは68.5%(37/54)

第二試合。7点を入れ優位に試合を進めたフォルテ前半15分間のみの集計。
味方に渡ったパス62.0%(31/50) (相手は37.8% 14/37)

この数字をどう見るか、指導者は色々思うところがある。
大量得点にも関わらず、意外に相手をパスで崩していない。
あるいはパスで崩すまでもなく個人でゴールまでボールを運んで行けたのか?
ワンツーリターンの使える場面はどうだったのか?
仲間とのコミュニケーションは十分とれていたのか?

たった2試合のDataですが今後の指導の参考になれば・・・・と思います。

※ 第2試合、後半14点目をフォルテがたたみかけるように入れた直後、相手MFの選手から「最後まであきらめずに走りきろう!」の声があった。さらに他の2選手からも同じ言葉を仲間に発した。
自分に言い聞かせたわけではない。 けして下を見ることなかった相手チームの選手に負けたと思った。

*****吉原*****

3年豆っ子リーグ②

会場 音頭金属フットサルコート                          .

前期試合結果 ⇒ 豆っ子リーグ組合せ2019_20190726010405_20190726081311

2019/7/21(日)豆っ子リーグ②
会場 音頭金属フットサルコート 
●ホワイト
21日 音頭金属にて豆っ子リーグ第2節が実施されました。

気温こそは上がらないものの、湿度も高く汗ばむ曇り空の下での開催でした。

軽くアップを済ませた後にテーマを伝えました。いつもの約束事である
・ディフェンスは足だけで行かない。
・周りをしっかり見る。
・声を出す。
だけではなく、最近取り組んでいる『インターセプト』、『振り向かせない』をテーマとして追加しました。

選手一人一人から目標を発表してもらい、いよいよ試合です。

1試合目
vs 清水台 0-3 負け
2試合目
vs エンデバー 0-0 引き分け
3試合目
vs フォルテオレンジ 1-1 引き分け

積極的にチャレンジし、相手コートで試合を進める時間が多いものの決定力不足となりゴールを割ることができません。
キックインではキック力のある選手からゴール前にいる選手をターゲットにパス出しや近くの選手への、
ちょん出しを使うことで相手チームに的を絞らせないようにした。
テーマに掲げたインターセプトに関しても選手は意識して取り組んでいる。
反応が遅れても振り向かせないようにしっかりと体を当てている。選手の意識の高さが伺えた。
最後の試合では、この日1番の声かけもできていた。
何よりも全体を通して失敗や失点シーンで選手を責める言葉が一切なくチーム一丸となって戦ってくれた。

ボールのスピード、ボールの動きについて行けず(反応が遅れ)チャンスを逃す場面が多々あり、ボール予測は今後の練習の課題としたい。

勝ち星を挙げる事はできなかったが選手たち一人一人が目標達成に向けた頑張りを見せてくれた。
練習が1番大事だが何とか常勝軍団となれるよう一緒にこれからもやっていきたい。

今回も会場の設営から応援など、朝からお手伝いいただきました保護者の皆さま、大変ありがとうございました。
そろそろ梅雨も明け、夏本番となります。選手の体調管理も大事ですが、ご自身の体調管理にもお気をつけください。

3年 佐藤知幸
##########################
●オレンジ
オレンジチーム結果

vs清水台白 0-0 △
vsエンデバー6-0○
vsフォルテホワイト1-1△
梅雨がなかなか明けず今日も湿度が高い。
選手達には厳しいコンディションの中豆っ子リーグ第2節が開催された。
オレンジチームは欠席者もあり、6人で交代なし全員がフル出場となる。
確認事項として
攻守のバランスを取る。
キックイン、コーナーキック時工夫する。
周りを見てプレーする。
いつも取組んでいる上記に加え、インターセプトを狙う事をテーマとした。

総評として、3試合通してインターセプトの意識は非常に高く果敢にチャレンジしていた。
しかし、交代なしで高湿度である事から徐々に足が止まってしまいスペースを与えてしまい運ばれる時間帯もあった。
特に2試合目は相手に自由を与えず集中力が保てた。
ゴールから遠ざかっていた選手も得点するなど嬉しいシーンもありました。
1試合目と3試合目に関しては相手陣内で優勢に試合を進める中、
7分ハーフという短い時間や6人制という事でスペースがいつもよりないなどで焦りが先行してしまい、
無謀なドリブルチャレンジやキックインを簡単に相手に渡してしまうなど雑なプレーが目立ってしまった。
焦ってプレーすると視野が狭くなりミスが多くなる。
ミスが多くなるとイライラしてしまう。
落ち着いてプレーする。気持ちの切り替え。メンタルコントロールの大切さを学んだ1日となった。

保護者の皆さま、今日もたくさんの応援、サポートありがとうございました。
関谷コーチ、アドバイスありがとうございました。
後半戦も成長した姿が見せられるように練習に取り組みたいと思います。

執行

2019/5/19(日)豆っ子リーグ①
会場 音頭金属フットサルコート 
●ホワイト
6人制 フットサルルール
プレイヤー 7名

結果
vs清水台 2-3 負け
vs梅郷 1-2 負け
vs福田 0-0 分け

総評として
勝ちがない一日となりました。

『対応出来なかった事』
逆サイドアタックに崩されました。相手は広く位置し、フリーの選手をみつけては、逆サイドへの横パスからの攻撃。
これに対応出来ませんでした。
選手とのミーティングでは、何故相手の逆サイドはフリーでいるのか?選手達だけで、自由に話し合ってもらいました。
選手達は「ボールばかりみてしまう」「必死になると声の掛け合いが出来ない」と口々に要因を話しました。
要因を知る事だけで成長している。それに気付かせてくれた相手の選手に感謝しよう。と伝えました。

『次回修正必要と感じる事』
セットプレー(キックイン、コーナー等)
セットプレーのルールとして、チョン出しで行くと方針をたてています。
それは大きく蹴っていても、それを頭で合わせる、胸トラップし自分のボールに出来ないので、
サイドラインを割ってしまい相手ボールになってしまう現状がありました。
その為確実に自分のボールになるチョンダシ作戦を導入した訳です。
しかしそればかりやってしまうと、相手に読まれてしまい、強いプレッシャーを受けてしまい、なかなかチャンスが生まれませんでした。
私としては指導不足を反省しています。その割合と。使い時の指導を今後行いセットプレーの修正とします。

『最高のプレー』
試合では負けたが、内容では絶対に負けていません。フォルテのドリブルチャレンジは光るものがありました。
インターセプトからの、切り込んだドリブルも日頃の練習成果が出てました。
実際にフォルテのシュート内訳としドリブルで切り込み打ったものが90%以上でした。
確かにこれからは、パス理解の時期に入ってきた所で、練習でもパスを導入しています。
フォルテの強みはドリブル力を皆持った上ですから、パスだけに頼るのではなくて、パスは選択肢の一つという事です。

今回は選手には厳しく話しました。勝ちがなかった日として。この敗北は無駄にしてはいけないと判断します。
保護者の皆様や選手達には、悔しい思いをさせてしまいましたが、これをバネに次の豆っこに挑みます。
子供達のサッカーを支える皆様に感謝致します。

3年 赤澤
————————
●オレンジ
5月19日 音頭金属フットサルコートにて、豆っこリーグが開催されました。
フォルテ野田としては、2チームで参加。
今回は、フォルテ野田オレンジの報告です。

この大会のレギュレーションは、今まで経験してきたものと若干違い、フットサルコートで6人制、
試合球は4号球のフットサルボールとなっており、試合前のボールを使ったアップ時間が少なく若干の不安と、
選手たちの対応力に期待をした状況で初戦へ臨んだ。

選手たちへの課題は、オレンジ、ホワイト両チーム同様で、3点。
・周りを見る
・声を出す
・しっかりとしたディフェンスをする

初戦、清水台①
まずは初戦のこの試合をどのように入るかが、選手たちのモチベーションに大きく影響する事がわかっていた為、
試合前のミーティングで気持ちを盛り上げる。
選手たちも、いつも勝てていないことを理解しており、苦手意識が先行してしまっていたが、
全力で戦えばよい結果になることを信じ試合に入った。
両チームともに、誰も力を抜いてない、さぼってない、自分たちのできることを全てぶつけ戦い抜いた結果、3-1で初勝利。
清水台の選手も、悔しさのあまり涙を浮かべていた。それくらい白熱した戦いができた。

第二戦、梅郷
初戦の勢いを継続し、気持ちも前向きの状況で試合に臨む。
ピッチ内では、しっかりとした声でコーチング、その声で硬いディフェンス。
スペースを見つけ動きながらのパスも数回ではあるができてきた。
この状況であれば、負けることはないと思えるほどの良い出来であった。
結果、4-1で勝利。

第三戦、福田
本日最終戦、負けないまま初日を終わらせたい。しかし、慣れない人工芝のピッチ、前の2試合を休まず走り疲れも見えている。
今日の課題となっていた事が、できなくなってきている。前半0-0。
ハーフタイムに、カバーリングと、ボールを貰う為の準備に関して再確認を行い、後半へ。
今日の選手たちは、ハーフタイムのベンチからの声を理解し、実践してくれた。
ゴール前までディフェンスを引き連れドリブルで侵入。そこから逆サイドへ展開。
ちゃんと準備していた選手が飛び込み、ゴールへ押し込んだ。
待望の1点を入れ、守り抜いた形ではあったが、勝利することができた。

今回の収穫として、『やればできる!』これがすべてであったように思えます。
・苦手であっても全力でぶつかる。
・個人プレーではなく、声をかけ準備することで、攻守ともに有利になる。
選手全員がやりきった事で、良い結果で終わることができました。

選手たちは、今日の経験を活かし、次節、Fリーグ、さらには2ブロック、東葛へ繋げてくれると思います。
今日は声を出し、指示をできた選手は、自信がついたことでしょう。
ピッチ内の指示をした選手、その指示を行動に移せた選手の間には、信頼が生まれたでしょう。
自分から表現する事が苦手な選手は、周囲の成功体験から、自分もやってみようと思えたでしょう。
この経験を、フォルテF23全体で活かしたいと思います。

保護者の皆様におかれましては、是非ご家庭で、出来たことを褒めてあげてください。
出来なかったことについては、コーチ陣も一緒に反省し、修正していきたいと思います。
身近な人からの指摘については、選手本人充分わかっているからこそ、反発します。
選手たちは、ポジティブに考えている時が一番伸びる時期だと思いますので、楽しんでいる選手を見てあげてください。
そして、笑顔をたくさん見ることができる様、今まで同様に、お力添えをいただけると助かります。

コーチ 佐々木

6年練習試合

会場 清水台小学校                                 .

本日(7/20(土))の練習試合の結果です。

vs 高柳FCさん
第1試合:2-0(0-0/2-0)
第2試合:1-2(0-1/1-1)
第3試合:3-0 ※20分1本
第4試合:0-0 ※11人制 20分1本

詳細は、まとめて国生助監督から、お願い致します。

急なお誘いにも関わらずご参加くださった高柳FCさん、遠くから来て頂き ありがとうございました。
また、グランド準備、試合中の応援をして頂いた保護者の皆さま ありがとうございました。

6年生コーチ 清水
#####################################
6年生 7/20(土)
高柳FC様 交流試合

本日は、u12リーグでも対戦させて頂きました、高柳FC様との交流試合を 清水台小学校にて開催させて頂きました。

この時期特有の湿気がある蒸し暑い中での交流試合でした。

選手のポジションを固定しないで沢山のポジションにチャレンジ。
基本システムは余り変えずに、オプションを追加するなど、沢山試合を出来たのでとても良い経験が出来たと思います。

最近のテーマである「インターセプト」「ボールを奪う」のところでは、
選手の次への予測が出来るようになってきてだいぶ良くなって来たと思います。

課題としては、「ショートパスを繋ぐ」
が、普段の基礎練習が「練習の為の練習」になってしまっているのか?
試合での「止める&蹴る」が、なかなか出来ない為、パスミス&トラップミスでボールを奪われてしまう場面が沢山ありました。

選手達が、この沢山のミスを経験して、どうすれば成功するのか?を考えてくれると普段の練習の大事さが更にわかってくれると思います。

今日のような交流試合で沢山ミスをする事は、逆に良い事だと思います。
それを選手達自身がどうすれば成功出来るのか?を考えてくれるように、自分達指導者は伝えていきたいと思います。

高柳FC様 本日は交流試合ありがとうございました。

保護者、指導者の皆様 会場準備 日程調整 本当にありがとうございました。
野田会場にて交流試合を組む事で、本日も沢山の保護者の応援がありました。
メンバーの成長を直接見て、保護者も一緒にサッカーを楽しんで頂ければ嬉しいです。
失敗を指摘するより、些細な成功を沢山褒めてあげてください。
子供達は、もっと楽しくなって更に成長してくれます。
『褒める』是非ともよろしくお願い致します。

6年 国生
#############################
会場 清水台小学校

7/20(土)
気温29℃
高柳fcさんと練習試合(1試合目)を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
センター及びサイドで縦へ仕掛ける攻撃が活発でした。
守備ラインからのビルドアップの局面でも積極的に仕掛けてきた印象を受けました。
又、個の選手の質的優位性も高く感じられ、非常にアグレッシブなチームに感じました。

<前半(1本目)>
過去に対戦経験のあるチームとの一戦。
6年生だからこそ練習試合でも気持ち高く試合に挑んで欲しかった。。。
前半立ち上がりから軽いプレーが少し目立ちました。
決定的な場面もなく、暑さからか体が重そうにサッカーをしていました。
ボールを奪ってからの押し上げが少なく、フィニッシュまでの形がなかなか作れませんでした。
後半(2本目)に向けて下記のことを伝えました。
①攻撃時はどんどん仕掛けよう。特にfwは相手DFともっとマッチアップしよう。
②練習で取り組んできたことを思い出そう。体の重心をしっかりと入れてボールを奪おう。

<後半(2本目)>
後半に入り、フォルテは攻撃意識を高く持ってプレーできていたと思います。
前半には少なかったセンタリングも後半では多くなり、PA内にも厚みをもって侵入できました。
又、FWがしっかりとDFを背負ってプレーしてくれ、チーム皆で相手陣内へ押し上げようと取り組めました。
シュート数の増加が得点へ直結したと思います。
さらに攻撃だけでなく守備にも気持ちが入り、体の大きな相手選手にも積極的に体を入れてボール奪取してくれました。

<まとめ・課題>
本日の第1試合、蒸し暑い気候条件下の練習試合でしたがアグレッシブな戦いができたと思います。
体格的にも我々より大きい相手が多数いた中でも果敢にボールを奪いに体を投げ出してくれました。
自分の伝えたいことの1つでもある『気持ちでサッカーをする』が感じられ、とても有意義な一戦となりました。
(前半は微妙でしたが後半は良かった!)
又、怪我をしないためにも
「ボールホルダーに対して体の重心を入れてしっかりと踏ん張ること」
「足先だけで中途半端にボールを奪いにいくと怪我をする」
旨は注意するよう伝えました。
今後はボール奪取後の攻撃への展開の仕方を含め、ミドルサードからフィニッシュまでのパターンを増やしていければ
さらにサッカーが面白くなると思います。
苦し紛れのロングシュートを1つでも減らしていき、いろんなパターンのゴールをできるようにチャレンジしていきましょう!
(シュートの意識が高いことは素晴らしい!シュート以外にもチャレンジしよう!)
サッカーが上手い選手とは、『頭と体とボールを動かせるプレーヤー』だそうです…(トラトレ小林さんから引用)
シンプルで難しいですが小学生年代ではまず体とボールを動かせれば良いと思います。
体とボールを反射的に動かせるよう、簡単なプレーから体に染みつかせていきましょう!頑張っていきましょう!

高柳FC 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻撃時では積極的な仕掛けや縦への推進力が強く感じました。
ボールを運ぶ能力が非常に高く、個の打開力等とても参考になりました。
貴重な経験を有難うございました。今後も何卒宜しくお願い致します。

保護者、指導者の皆様、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川勇斗

3年2ブロック予選②

8-0ラビットキッカーズ 会場 松戸市主水G               .

2ブロック予選② 2019/7/20(土)
8-0ラビットキッカーズ 会場 松戸市主水G

①ラビットキッカーズ 8-0勝ち
予選2位通過です。
フレンドリー③DUC1-1 ⑤DUC8-0
詳細は赤澤コーチより
槇山
###########################
2ブロック予選
主水グランドにて

フォルテ 対 ラビットキッカーズ
8-0 勝ち
予選2位通過

フレンドリーマッチ
2試合実施
フォルテ 対 DCU
1-1 分け
7-1 勝ち

本日のテーマ
1,逆サイドのスペースを活用する
2,シュートは丁寧に狙って打つ
3,ディフェンス時相手を振り向かせない

本日の総評

オフェンス面について
右サイドアタックを中心に攻め込むも、相手数名から囲まれ、うまく運べないシーンが続く。
しかし全体を見渡すベンチメンバーより、右サイドに相手を寄せている為、
逆サイドの選手が数名フリーになっている事を大声で伝えてくれた。
それをきっかけに相手を崩し大量得点となる。

選手達は本日のテーマである「逆サイドのスペースを活用する」意味を体感し、理解したと思う。

ディフェンス面について
インターセプトを狙えればいい。それが出来なくても、体を当てて相手を振り向かせないディフェンスをしたい。
しかし足を出し一発で行ってしまう事が多い。
8人制でありポジション意識が重要だが、持ち場を忘れてしまう事があるので修正したい。
本日、キーパーが素晴らしかった。1対1のシーンでも果敢に飛び込み防ぎ失点は少ない。

2ブロック予選通過出来た事は選手達とサッカーに関わる大人達の努力の賜物だと思います。
土日、夜練、当番、遠征、生活の中で厳しく苦労する日もあったと思いますが、
選手達が楽しく、素晴らしいサッカーをこうして見せてくれると甲斐があったと思えてきます・・・(涙)
これからも、少年サッカーを皆で楽しみながら成長させていきましょう。

三年 赤澤

2ブロック予選① 2019/6/1(土)
3-1流山翼、0-3D.U.C 会場 松戸市立北部小

2ブロック開催(6月1日時点結果)

3年2ブロック予選1日目結果

今日は3年生になり初となる公式戦へ14名全員参加で臨んだ。
朝は少し涼しく感じる風だったが現地へ着くと気温が上がり前後半に飲水タイムを取る事となる。
選手証を持って登録確認などがあり少々緊張気味であるもののウォーミングアップは声が出ており雰囲気も良い。

初戦の相手は流山翼さん。第1試合ではコートを広く使いサイド攻撃が得意なチームと分析。
選手たちとは今まで取り組んできた事を再確認する。
・ディフェンスは一発でいかない(足先では行かず体で)
・周りを見る(攻撃時だけでなく守備の時も)
・声を出す(マークする相手をコーチング、攻撃時呼ぶ声)
それに加え、まだキック力が無い為、ゴールキックとパウントキック時DFのポジショニングに気をつける事を確認した。
また、相手の特徴から今まで以上に周りを見る事と声がけが重要と伝える。
前半、攻勢が続くもなかなかシュートができない。相手のハンドからPKを獲得するも惜しくもバーを叩き得点ならず。
しかし直後、右サイドからドリブル突破して見事に先取点。
喜ぶも束の間。ディフェンスのバランスが崩れた所を突かれ直ぐに失点。
ハーフタイムではカバーリングと声がけを再確認して後半へ。
すると、ドリブル突破した選手が上手くDFとG Kを引きつけ中のフリーな選手へ。
貴重な追加点。
疲労の見える選手を交代しながら全員が出場し、ドリブル突破からさらに追加点を奪い結果3-1で勝利!
14人で勝ち取った初勝利となった。

2試合目の相手はD.U.Cさん。
DFラインからしっかりとビルドアップしてくる。
MFは広くサイドへ位置を取り同サイドで突破が難しければ後ろの選手を使いサイドチェンジもしてくる。
1枚上手だがチャンスもあると分析。
気温が更に上昇し2試合目の疲労が見える。体調不良を訴える選手もいて試合の入りから少し元気がない。
不安が的中し、早々に失点。カバーリングと声がけが少ない。
ハーフタイム、まだ0-1でチャンスもあると士気を高める。
後半開始から攻勢の時間帯が長く続くも得点が奪えない。
前掛かりなった所を突かれ立て続けに2失点。結果0-3で完敗。

好材料としては声がけやカバーリング、周りを意識したシーンが随所に見られた。
また、相手をしっかりかわすテクニック、ボールタッチを見せる選手もいて毎練習で取り組んでいる成果を感じる事ができた。
交代出場した選手も自分の出来ることを精一杯やる姿勢が見えた。
課題としてはポジション意識。いつのまにか全く違うポジションにいる選手がいる。
その為にバランスが崩れるシーンがあった。
また前掛かりになった時のポジショニング。
常にバランスを取りすぐにピンチになる状況があってはならない。
負ける事で多くを学びます。これを活かし次回の残り1試合勝ってトーナメントへ進みたい。
今日は小川コーチ、前田コーチ審判帯同ありがとうございました。
寺田監督、応援とアドバイスありがとうございました。
また保護者の方々もご協力ありがとうございました。

執行

6年TM

会場 福田第二小学校

vs.武里SC
20-5-20 2本 8人制
1:0(0:0,1:0)
4:0(2:0,2:0)
20 7人制
2:0
1本目 2-3-2
2本目 3-3-1
3本目 2-3-1
3本目の試合では普段CBを左MFに、トップをDFに両選手とも素晴らしい活躍でした。
トラップでボールの置く場所、パスの精度がまだまだ。無失点は評価◯。

急なお願いで来ていただいた武里SC様ありがとうございました。

井上

4年2ブロック予選

3-0初石少年 会場 流山市立西初石小学校 .

2ブロック予選② 2019/7/13(土)
3-0初石少年 会場 流山市立西初石小学校

4年生2B予選3試合目
初石少年戦 3-0 勝ち
2勝1負 予選2位通過
ディフェンス面では押されていた時間帯はあった物の失点なしで押さえた事は評価できるが、
オフェンス面ではかなりの時間帯で攻めていたにもかかわらず、フィニッシュがいまいちだった。
今後の東葛予選、2B本戦に向けて強化が必要だと感じた一戦でした。
本日も数多くの保護者の応援、3年生指導者の派遣等、ありがとうございました。

寺田

2ブロック予選① 2019/6/9(日)
0-3トリムジュニア、8-0ラビットキッカーズ 会場 流山市立西初石小学校

4年生2B予選の1日目結果
トリムジュニア戦 0-3 負け
ラビットキッカーズ戦 8-0 勝ち
次は6/30の初石少年戦の結果により、決勝一次リーグ進出が決定します。
とりあえず結果報告のみです。

寺田

まちサカTM

会場 常総運動公園                            .                      
6年

5年
小雨模様の常総運動公園サッカー場
ラバーチップ入りの人工芝。
フォルテ5年は本日15名。
2チームABで試合に望んだ。
総得点25 失点1 は評価しよう。

フォルテ5年A
①9:00 5-0 守谷ウイングス5
②9:30 5-0 まちサカ4A
③10:30 0-0 守谷ウイングス6
④11:00 0-1 まちサカ6

フォルテ5年B
①9:00 3-0 まちサカ5
②10:00 3-0 守谷ウイングス4
③11:00 6-0 まちサカ4A
④12:00 3-0 守谷ウイングス5

全員が同じ展開をイメージできたらより素晴らしい。
相手ゴールを向いている位置にパスが出たらさらに良い。

詳細中村、矢嶋コーチから

山崎助監督、小川コーチ審判有り難うございました。
*****吉原*****
—————————
【Aチーム】
昨晩から弱まりつつも降り続く雨の中、まちサカさん主催のトレーニングマッチに参加させていただきました。
林間学校等で5人の選手を欠く中、5年生は2チームで頑張ってまいりました。

均等分けAチームの報告です。

今回、珍しく(?)1チーム任されるという事で、開始前に決めた事として、
①ポジションは固定
②勝ち負けには一切こだわらない。
練習でやっている事をどれだけ出せるのか、そこだけを見る

①については自分の中だけで、②は選手たちにも、加えてとにかく声をかけあう事を伝え、送り出しました。

(1)Aチーム7人 vs ウイングス 5-0 ◯
(2)Aチーム8人 vs まちサカ4年 5-0 ◯
(3)Aチーム8人 vs ウイングス6年 0-0 △
(4)Aチーム8人 vs まちサカ6年 0-1 ●

2試合目以降はBチームから1人借り、8人で。

7人で戦った1試合目、5点奪えてますがその数よりも、得点内容が良かったように思います。
最近練習していたコーナーキックからの得点、普段集中力が途切れがちで、
なかなかいいところに顔を出せずにいた選手の、こぼれ球を押し込んでの得点など。
コーナーキックなどはまさに練習でやっている事を少し出せたところなのかな、と。

ただ、2試合目以降特に顕著になっていくのですが、
●パス・シュート・トラップ。
1つ1つのプレーが雑で、精度を著しく欠くところがある。
●自チーム相手チームともに無得点もしくは負けている時、焦りからか更に精度は落ち、
相手GKの正面へのシュートを繰り返す 無理な体勢でのシュートが増える。
●フォローの動きおよび声が遅れがち、小さいもしくはない。
●勝っている時の試合運び
押せ押せになってしまい、やっぱり雑になる。

都度伝えてはみるが、すぐに改善できるほど身体に染み込んではいないかな、と感じました。
1番気になったのは身体のどこを使うのか。
頭なのか胸なのか足なのか。
頭で行けばゴール!な場面で足で行ってしまい届かない。
胸で落とせば余裕を持てそうなところで足をあげ、トラップが大きくなる。
瞬間の判断がまだまだです。
これからの練習で少しずつ改善していきたいですね。

勝ち負けにはこだわらないとは言っても、やはりこだわってしまう選手たち。
負ける事に慣れてしまうのもよろしくないですが、せっかくの機会、こういう機会の臨み方をもう少し考えたいところ。
とはいえ残念な天気の中、失点は1だけ、6年生相手にも頑張ってやりあってました。

雨の中、送迎・応援をしていた保護者さん達、審判のお手伝いをしていただいた山崎助監督・小川コーチ、
4試合目の時アドバイス・檄をいただいた井上監督・小林コーチ。
ありがとうございました。

5年 矢嶋

【Bチーム】
6月29日(土)曇時々雨(霧雨) 気温20℃
常総運動公園 
まちさか さん主催TM
1.2.4.5.6年

フォルテ野田SC(B)チーム
①3-0まちさか5 勝
②3-0守谷ウイングス4 勝
③6-0まちさか4 勝
④3-0守谷ウイングス5 勝

令和初の台風が発生した翌日、厚い雲に覆われ朝から冴えない天気。
時折霧雨が舞う梅雨寒の気候の中、KKリーグに参加頂いている「まちさか」さんより
各学年合同のTMにお誘い頂きました。

ピッチは有料フットサルグランドと同等の整備された素晴らしい人工芝。
おもいっきり転べるとはしゃぐ選手達・・・
5年生は林間学校等で5名少ない15名均等分け(7人、8人)

2チーム出しで参加しました

Bチームは数名のポジションを固定し、いろいろな状況を試しながら試合に臨みました。
攻撃ではサイドの選手の動きにぎこちなさが目立ち、展開に詰まる場面がありましたが、
あきらめず何度か意図したチャレンジが成功しスムーズな仕掛けを見せてくれた場面もありました。
守備に関してはプレスバックを意識してあきらめずにチャレンジする場面がありました。

攻撃のチャンスは多く作る事はできましたが、シュートの質、精度は課題が多いと感じています。

攻撃のパターンは今回の成功した時の動き出しのタイミングやスピードの強弱、
個人個人が意識してチーム全体で連動して動ければ、もっと良い場面が増えていくと思います。

本日初キャプテンで初ゴールの18番!!
サイドプレーヤーとして高いレベルを要求しましたが、
何度もあきらめずチャレンジしてよく頑張ってくれました。
フォルテに加入し、サッカーを始めてまだ数カ月ですが、
サッカーを楽しみながら確実に成長してくれています。
しっかり走って味方を呼び込めばパスは出てきます。
次は公式戦のゴール期待しています。

まちさか関係者の皆様
本日は素晴らしい環境でのTMにご招待頂きありがとうございました。
選手たちは楽しみながらゲームを満喫しておりました。
また機会がございましたらよろしくお願い致します。

保護者の皆様
早朝から応援、ご協力ありがとうございました。
予想より気温が低く体が冷えた選手も多いと感じました。
選手のフォローを引き続きよろしくお願いします。

審判とアドバイス頂きました、
山崎助監督・小川コーチありがとうございました。

5年担当 中村

4年

2年、1年以下
今回いつもKKリーグに参加していただいているまちサカさん主催のTMマッチ。
グラウンドは滅多に無い人口芝の試合で、選手達もテンションが上がっていました。
最初は、1年2年別々で出場する予定だったのですが、人数が揃わず1.2年合同で2年生の部に出場しました。
参加出来た選手は、2年4人1年3人の計7人で小雨の中試合に挑みました。

試合結果
1試合目 vsまちサカC 1-1 引き分け
2試合目 vsまちサカD 2-2 引き分け
3試合目 vsラソ 8-0 勝ち
4試合目 vsまちサカAB 0-2 負け
(4試合目だけ8人制の試合です)

今回のテーマ
*細かいドリブル(人口芝で足が滑るため)
*相手のボールは身体を入れてとる
*フェイントを使う(ダブルタッチ)
この3つに重点を置きました。

試合の総評
小雨の中1試合目が始まりました。やはり人口芝に慣れてないせいか選手達の動きが鈍く
試合前に「滑るから気をつけてやろう」と言ったが、やはり滑る選手が多く見られた。
そんな中1人の選手がドリブル突破をしてシュートを決め先取点!!
その後も攻め続けたが一つのトラックミスからボールを取られドリブルシュートで同点!
そのまま試合終了で引き分け。

2試合目も同じ感じで引き分けで終わりました。

3試合目ようやく足元が慣れたのか8点の大量得点で勝利!
ただ、テーマの一つであるフェイント(ダブルタッチ)がなかなか出来なかった。
コーチとしては、取られも良いからチャレンジをしてもらいたかったです。

4試合目は初めての8人制での試合。時間は5人制と一緒で7-2-7分!選手は7人しかいないが
7人対8人で試合をしました。やはりグラウンドが広すぎて選手達も自分がどの辺にいたら良いのかわからない感じでした。
それでも終始攻め続けたが、2本縦パスからのカウンターでやられてしまい0-2で負けてしまった。
これからの練習では、走り負けない為にもミニゲームや短距離ダッシュもダラダラやらずにしっかりやりたいと思います。

保護者の皆様
今日は小雨が降りしきる中選手達の為に車出しや応援ありがとうございました。
今後とも選手達の応援よろしくお願いします。
本日はありがとうございました。

1年コーチ 石川

3年なでしこリーグ

4-1草加東、5-3両新田、4-0ジェンシャン 会場 福田第二小学校                       .

●なでしこリーグ 2019/6/29(日)
4-1草加東、5-3両新田、4-0ジェンシャン 会場 福田第二小学校

6月29日 福二にて、なでしこリーグ主幹実施しました。
梅雨時の不安定な天候。実施も危ぶまれましたが、予報も曇り、当日朝も曇り空の中、開催となりました。試合を重ねる中、小雨が降り続き、途中スケジュールの変更をしながら
ですが、実施しました。

フォルテの試合は三試合を予定。
全ての対戦チームが初対決と、今のフォルテを試す良いチャンスと捉え、試合に臨みました。
今日の課題は、フィニッシュ。
ゴールと、キーパーの位置をよく見て、シュートを打つ。
対 草加東 4-1 勝ち
対 両新田 5-3 勝ち
対 ジェンシャン 4-0 勝ち
全試合を通じて、課題のフィニッシュについては、まだまだ問題あり。今後も大きな課題。

全得点13点のうち、8点がドリブルから、5点がパスから崩す形となり、攻撃の選択という意味での成長は感じられました。
得点、アシスト共に固定された選手ではない所も、今後に繋がる良い部分と思われます。

今回は、普段あまりやってないポジション、得意では無いポジションについて経験し、
選手自身が成長する事を期待した所もあり、個々の課題も見つかってきた。
また、新たな発見も多い1日となり、指導者としてもこの切っ掛けを逃さないよう、選手と一緒に成長したい。

1日を通じて、小雨が降る悪天候となってしまい、初の主幹と手探りでの運営となった中、
遠方より御参加頂いた、FCジェンシャン草加様、草加東SSS様、両新田FC様、あ
りがとうございました。。
また、お手伝い頂いた保護者の皆様についても、御協力ありがとうございました。

予定では、来週も同様に主幹となります。
今回の試合からも、選手達の成長を感じて頂けたかと思います。
次回は今回以上のプレーを見せてくれるはずです。お忙しい中かと思いますが、
応援、御協力よろしくお願いします。

コーチ 佐々木

●なでしこリーグ 2019/4/14(日)
4-0大相模、6-0FC蒲生東 会場 越谷市立大相模小学校

3年生のなでしこリーグが開幕。
越谷市立大相模小学校にて2試合行い、失点なし。
幸先良く連勝できました。詳細は佐藤コーチより

槇山
—————–
雨予報が出ていましたが、降ることなく無事に実施することができました。

選手への約束事
今までのテーマにしていたこと
①足だけ出してボールを取りに行くのではなく体を入れること。
②カバーリング、ポジショニングを意識すること。
③声を出して元気にプレーすること。(負の声禁止)
プラス 走る、休まない、声を出す 事を意識させて試合に臨みました。

1週間前の合宿では時間厳守を合言葉としていたため、準備のできた選手へは各自アップをさせることとし、
時計の場所を全員で確認し集合時間を監督より伝えました。
ところが集合時間になっても選手は元気にボールを蹴っています・・・。
「何時に集合だった?」の問いかけに慌てて監督のもとに集まる選手たち。
早速、監督より ピリつくお叱りの言葉が飛びました。
そこで選手たちの気持ちが引き締まり集中が増したように感じました。

第1試合 フォルテ vs 大相模  4 - 0  勝ち
第2試合 フォルテ vs FC蒲生東 6 - 0  勝ち
フレンドリーマッチ フォルテ vs 大相模  1 - 0  勝ち(15分1本)

全体を通しての総評です。 まずは、あらかじめコーチ陣で決めていたポジションにて挑みました。
スピードのあるドリブルで仕掛ける選手、フェイントを使い回り込むようにゴール前に運ぶ選手、
自陣ゴールより相手ゴールまで独走状態でドリブルしゴールを決める選手。
周りを見てパスを出す選手や体を張って正面からディフェンスをする選手もいました。
選手、ポジションを替えるとまた違ったプレーを見ることができ、いろんな可能性を感じました。

課題としてはドリブルの力加減ができず、キーパーに取られてしまう。
フリーの場面でありながらトラップが足元に収まらず好機を逃してしまう。
シュートを打つものの枠を外してしまうなどのプレーも散見されました。

今までの5人制とは違い8人制のため、コートサイズも時間も変わってきます。
選手一人一人の役割や技術も今後の練習で習得していかなくてはいけないと感じました。

初のなでしこ参戦は好スタートを切ることができました。

遠征当日は車出しや、選手へのバックアップなど積極的にお手伝いいただきありがとうございました。
3年生になり今後は遠征なども増えてきますが、ご支援をよろしくお願いいたします。

3年 佐藤 知幸

o16前期戦績

                            .
o16市民大会の前期の結果になります。

対 蹴球会 7‐0 勝ち
対 78中央 2‐3 負け
対 キッコーマン 2‐2 引分
対 フェニックス 2‐1 勝ち
対 FCシャーマン 5‐1 勝ち

3勝1分1敗 勝ち点10 暫定3位

相手のペースに合わせてしまい集中力を欠き失点、勝ちを逃す事も。

県民大会予選

対 78中央 2‐1 勝ち
対 ジズーFCユーゴ 2‐1 勝ち

拮抗した試合、最後まで集中力欠くこともなく 勝利。

実力はあるチーム、5月、6月と試合が続いたがまずはモチベーションの保ち方が今後の課題。

小西

野田市少年サッカー大会

会場 野田市利根川河川敷スポーツ公園 .

●6年
梅雨のスポーツ公園、綺麗に芝?刈りがされたピッチでの試合となりました。

予選リーグB
vs.清水台 0:0
清水台vs.エンデバー白 0:0
vs.エンデバー 0:0
PKトーナメントくじ引き①
PK vs.清水台 2:3

2位で準優勝へ
vs.福田 0:1
後半フォルテのCKから得点まで50cmに迫るもその直後のロングシュートで失点、ディフェンス面での頑張りが目立った一日でした。
ベンチに入って頂いた保護者の皆様お疲れ様でした。楽しんでいただけましたか?
設営、撤収ご協力ありがとうございました。

井上

●5年
5年市内大会、東武鉄道杯予選(結果)

フォルテ(ホワイト)
vs エンデバー (2-1,5-0)7-1 勝利
vs 福田 (6-0,6-0)12-0 勝利
vs オレンジ (6-0,6-1)12-0 勝利
vs 清水台 (0-0,1-1)1-1 引き分け

優勝
フォルテ(ホワイト)

6/23(日)天候が怪しまれたが、市内大会がスポーツ公園で行われた。
5年は2チームエントリー、2Bメンバー(オレンジ、ホワイト)
今回は東武鉄道杯予選ともあって、指導者がコーチとして指揮を取る。

フォルテ(ホワイト)
vs エンデバー
1戦目はサイドからの得点シーンが多く見られました。
その中でも2点目の得点は左サイドからオーバーラップでのセンターリングを右サイドの選手が
ヘディングで合わせる見事なゴールでした。
また、サイドにボールが渡った時にサポートが無くドリブル突破での形になってしまった。
結果(7-0)

vs 福田
2戦目は得点は重ねるもオーバーラップが少なかった。
こういう試合だからこそパスを回して相手を崩してのゴールが欲しい。
今回はトップの選手が良いポストをしたり、ボールをキープしてタメを作って、
裏を抜けた選手にスルーパスを出してのゴールは素晴らしかった。
結果(12-0)

vs フォルテ(オレンジ)
3戦目はチーム同士もあって、個の力で突破する場面が見られた。
まだまだチームとしての連携や、パスの質、トラップの質に拘って欲しい。
上のレベルのチームだと、そこを狙われる事もある。
相手に合わせるのじゃなく自分達のペースを作る事が出来れば良いと思う。
結果(12-1)

最終戦
vs 清水台
ここで優勝が決まる大一番。
市内大会では負け無しのフォルテ21期生、5連覇の掛かかる試合だ。
清水台はパスの質が高いチーム。
プレスが何処まで掛けられるかが勝負。
前半はフォルテのキックオフで始まる。
アンカーから一気にサイドに展開、右サイドから崩そうと相手陣に突破をするも相手の守備が固く中々崩せない。
それでも序盤はハイプレスから相手を自由にさせない。
前半はフォルテのシュート率が相手より上回るも殆どの確率でGKの真正面に打ってしまう。
当然無得点のまま前半を終える。
後半もハイプレスは変わらない。ボールを奪ったら攻撃に移る。それでもシュートは入らない。
後半7分に絶好の場所でフリーキックをものにする。これが見事直接決まり先制点。(1-0)
それでも勝負はまだ解らない。相手もパスを広く使おうとワイドにポジションを取る。
プレスを掛ける選手達も疲労が高まる。4審からアディショナルタイム1分と告げられる。
ピッチでは選手達も少しずつ足が止まる。その瞬間に相手のパスが前線のFWの選手にボールが出る。
フォルテの選手も裏を取られ、GKの反応も遅れ点を取られ同点に追い付かれてしまった。
ゴール直後に試合終了のホイッスル。
結果(1-1)

試合終了の挨拶では最後の最後まで諦めず、ギリギリの所で同点に追い付いた清水台FC涙を流す選手達。
フォルテ(ホワイト)は最後の最後で同点に追い付かれるも優勝。
今回は得失点差で優勝出来たけど、選手達は満足したのか?
最終戦は決定力の無さ、シュートを打つ前にGKの位置を見たのか?ただ強引にシュートを打ってる感じがする。
中央突破がダメならどうすれば良いのか?一つひとつの判断を的確にして欲しい。
今後の課題として選手達にも教えて行きたい。
それでも優勝5連覇は凄い事。
本当に優勝おめでとう。

5年コーチ 飯塚

●4年
市内大会、4年優勝監督のコメントを頂きましたので報告します。
寺田

市内大会お疲れ様でした!
結果は4戦 3勝1分の優勝でした。
内容は3戦目の清水台戦を除き終始安定した試合内容でした。
しかし、個人技を生かしたプレーが多く、チームプレーで得点したシーンが少なく感じました。
個人技を生かしチームを成長していければもっと良いチームになっていくと思います!
そのためにも組織的な練習を多く取り入れ、個人技のレベルアップを目指し練習を行って5連覇、6連覇に向けて頑張ってもらいたいです。
朝早くから準備、応援等してくださった保護者、監督、コーチ様ありがとうございました!
優勝できてとても嬉しいとともにホッとしています。

4年保護者 若林康之

●3年
〇オレンジ
本日市内大会3年オレンジチームは小出夫妻、山川さんにベンチに入ってもらいました。
以下小出さんからの報告です。

一日、監督として参加させていただきました。
◎第1試合 vs梅郷白
序盤、ゴール近くの相手のキックインから点を奪われてしまうが縦パスでつないでゴールまでいくナイスプレーが続く。
点を入れられてたら入れ返すという試合運び。
交代した瞬間に得点する選手がいるほどガッツが感じられた。すごい。

結果 3-3 引き分け
反省点としては全体的に声が出ていない。フリーにしてしまう選手がいた。個人プレーでの得点のみ。

◎第2試合 vs清水白
反省点が改善されている試合。声が出てきている。
1試合目になかったセットプレーが見えてくる。惜しくも点に結びつけないがいいかたちが出てきた。
一方でキーパーが寄せつけられ無人のゴールとなり失点が出てしまう。
その後PKを落ち着いて決め点を取り返した。
終盤、ゴールにゴールにと懸命な姿を見せてくれたが届かず。悔しい。

結果 1-2 負け
前回の反省点は克服されてる。
悔しさをバネに決勝リーグに絶対いく気持ちで次の試合にいどむ。

◎第3試合 vsエンデバー
絶対勝たないといけない気持ちの現れからかナイスプレーの連続。
味方みてパスを回し得点に繋げられた。
不意なパスカットから失点してしまうが全員の気持ちがまとまり勝利。
嬉しい。

結果 3-1 勝ち

◎総評
最終結果 予選リーグ敗退となってしまったが1試合1試合、徐々によくなっていった。
個人技だけでなくチームプレーを意識してできるようになりこぼれ玉を後押しする選手も控えているシーンがあった。
次の試合に期待できる。頑張れ。

一日、チームを見せていただきまして
ありがとうございました。
貴重な経験でしたし違う視線からサッカーと触れ合うことができて良かったです。

3年保護者 小出

###########################################################
〇ホワイト
市内大会3年ホワイトチームは瀬能さん、遠藤さんにベンチに入ってもらいました。
以下瀬能さんからの報告です。

パパコーチもさせてもらい良い経験になりました。
本日の試合に対しての感想です。

今回の市内大会のチーム(白)としての目標は、全員攻撃・全員守備でした。
5人制ということもあり全員が攻撃、守備ともに一生懸命に動いて頑張っていたと思います。
そのかいもあって2勝1負で準決勝へ。
前・後半ともに良い試合でPK戦に突入、PK戦にて敗北。泣いている選手もいて、勝ちたい試合でした。
チーム目標以外に個人個人に目標をたて、その目標を選手が頑張ってやろうと努力した結果と負けたくないという気持ちが一生懸命さをだしていたのかなと思います。
不甲斐ない監督でしたが、とても勉強になり楽しくできました。
本日はありがとうございました。
以上です。

3年保護者 瀬能弘昭

●2年
市内大会2年生のコーチは、八田さんにコーチとしてサポートしていただきました。
以下八田さんからの結果報告です。(添田)

kidsリーグに続きまたもやぐづついた天気のもと、選手総勢7名が元気に参加しました。
今回子供達がいつもコーチに言われていると言っていた「キョロキョロし周りを助ける」
「取られたら取り返す」に加え「全力で動く」「ベンチにいる時はいいプレーをした味方を大きな声で称える」
を伝え試合に挑みました

結果全選手たちが大いに頑張り、5勝1敗で準優勝という嬉しい結果となりました。

<各試合の概況>
第1試合:対 福田赤 (結果 4:1 勝ち)
初めの試合ということで選手達の動きもぎこちなく、1点とられ先手を打たれました。
が諦めることなく徐々に皆調子を上げ最終的には逆転を果たし勝利しました。

第2試合:対 福田白 (結果 18:0 勝ち)
1試合目の後半の調子の良さを維持し全員が積極的に攻めることが出来ていたと思います。
結果として大量得点を果たし勝利することができました。
普段消極的な選手も得点を果たすことが出来、自信を持てたようです。
今大会で各々が活き活きして良い動きができチームのいい面が出ていた試合だと思います。

第3試合:対 エンデバー白 (結果 7:3 勝ち)
この試合も皆積極的に攻撃し、得点を挙げることが出来勝利することができました。
ただこの試合当たりから選手達の疲労が出だし、
試合中に動ける選手と動けない選手の差が出てき始めました。  

第4試合:対 清水台 (結果 1:4 敗け)
今回唯一敗北を期した試合です。
チームの雰囲気も悪くはありませんでしたが、相手がチーム全員で攻撃してくるのに対し、
個人個人で対抗する様相になり失点を繰り返してしまいました。
途中ようやく1点を返しますが相手のまとまりの前に追いつくことはできず、
2試合目とは全く逆でチームの悪い面が出てしまった試合と感じます。   

第5試合:対 梅郷 (結果 2:1 勝ち) 
拮抗した試合でお互いなかなか点数が入らない試合でした。
おそらく選手達の疲労がこの試合あたりでピークになっていたように思います。
かろうじて2点取れたことにより勝利しましたが、長丁場で全力で動く目標で試合をしていた中、
休憩中にもっと体を思い切り休めることをさせてあげればと反省しております。

第6試合:対 エンデバー赤 (結果 7:2 勝ち)
最終試合、皆最後の試合ということで気合が入っていました。
試合は開始から終始お互い攻めと守りが繰り替えされ得点を入れては入れられの状態、
得点としてはフォルテが最終的にリードし勝利しましたが、
4試合目と同様チーム対個人の形が露わにになり苦戦を強いられました。
ただ個人的には見ていて一番面白い試合でした。

<総評>
全試合を通じて皆本当に頑張り抜き、今の自分達の力を出しきり良い結果を出せたので
褒めてあげることしか思いつきません。
また今回全員が得点を取れたのもとても嬉しかったです。
今後チームとしてまとまりを強めれば更に強くなっていくと思います。
味方のダメなところばかりでなく、お互い積極的に良いところを見つけ尊敬・信頼し合いながら
どんどん強いチームになっていくことを願います。

最後に今回不慣れな監督で色々ご迷惑をおかけしましたが
皆さまのおかげで無事大会を乗り切ることができました

貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

2年保護者 八田

●1年以下
市内大会1年以下のコーチは、山崎さんにコーチとして入ってもらいました。
以下山崎さんからの結果報告です。

例年とても暑く厳しい一日となる市内大会ですが、
危ぶまれた天気も過ごしやすい曇り空選手たちはとてもいいコンディションで試合に臨めたのではないでしょうか。
今年はフォルテのメンバー6人に応援のお友達2人の計8人での参加となりました。

結果
①フォルテ1-2エンデバー赤
②フォルテ9-1エンデバー黄
③フォルテ1-4エンデバー白
④フォルテ1-4清水台

ボールを取ったらドリブルからシュート、むやみやたらに蹴らない、取られたら取り返す
という事を意識してプレイすることを選手たちには伝えました。
すべての試合において積極的に攻めることが出来、失点後も気落ちすることなく攻め続けることが出来ました。
初めて一緒にプレーする子たちともいいコミュニケーションをとり、
ボールを持ったら前に前にと積極的なプレーが見られ、とてもよく動けていたように思います。
選手みんなの「試合に出たい」という気持ちも強く、その思いが前向きなプレーに反映されていたのではないでしょうか。
勝った試合では得点する喜びを感じることが出来、負けてしまった試合でもどこが悪かったのか、何がいけなかったのかを考えることが出来ました。
「俺があそこでちゃんとシュートを決められなかったから負けちゃったんだ」と、
チーム内の誰を責めるわけでもなく自分のプレーを振り返り反省や次への気持ちを持てた選手がいたことは素晴らしかったと思います。

結果5チーム中4位ではありましたが、無得点の試合は一試合もありませんでした。
前向きな攻めの気持ちがあったからこそだと思います。

最後に今日の感想を子供たちに聞くと、口をそろえて「楽しかった」と言ってくれたのが何よりです。

1年以下保護者 山崎

6年野田市近隣大会

5-1大相模、2-1高野山、0-2清水台、1-2松葉 会場 尾崎小学校

第30回野田市近隣スポーツ少年団
サッカー招待交流試合

第1試合
VS 大相模sss
5-1勝ち
(詳細 浅川)

第2試合
VS 高野山sss
2-1勝ち
(詳細 小林コーチ)

準決勝
VS 清水台fc
0-2負け
(詳細 清水コーチ)

3位決定戦
VS 松葉sc
1-2負け
(詳細 浅川)

最終結果
4位

無事に本日の試合が終わりました。
対戦してくださいました各チームの皆様、ありがとうございました。
保護者、指導者の皆様、会場準備や選手サポート含め
大変お疲れさまでした。ありがとうございます。
結果は惜しくも4位でしたがチーム一丸となって皆で戦うことができました。
これからの試合についても全部の試合で悔いが残らないよう全力で頑張っていきましょう。
本日は誠にありがとうございました。

6年 浅川
————————–
今日1日はU-12前期が終わりベンチに交代で入った保護者コーチと浅川コーチに全試合、
采配をとっていただき監督、助監督は応援席と審判として活躍?しました。
優秀選手は進んでキャプテンを受けてチームをまとめた古株の選手が受賞しました。(浅川コーチ選)
主管の清水台FCさんありがとうございました。準優勝おめでとうございます。
保護者、小西監督ありがとうございました。

井上
———————–
●第1試合
気温25.2℃
大相模sssさんと野田市近隣大会1試合目を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
ビルドアップは蹴り込むのではなくショートパスで確実に繋げていく特徴が感じられました。
又、ゴールへ目指す意識も高くチャンスがあれば積極的な攻撃が目立ちました。

<前半>
アタッキングサードでの激しいプレスを狙い、前半フォルテは前からのプレス(特に相手ゴールキックに対して)を行いました。
相手のシステムが3-3-1に加えてパスを繋ぎに来るチームであったこともあり多くのボール奪取に成功したと思います。
シュート数も多くなりましたがゴールに入らない場面が続きました。
又、プレス意識が高くなる一方でマイボールでの攻撃がおろそかになりゴールまで直線的に縦に急ぐサッカーになりつつありました。
我々が前半の主導権を握りましたが内容以上に差が出ないまま前半終了
自分は下記2点を伝えて後半へ。
①守備の時の前へマークを捕まえる意識があるのは良い。特に相手のゴールキックは集中して狙いに行こう。
②攻撃時は前へ急ぐのではなくいつも通りの戦い方を思い出そう。

<後半>
後半に入り変わらずフォルテペースが続きました。
攻撃はいつも通りのプレーに戻り、守備ではより積極的になりました。
疲れからか積極的にボールを奪いに行く分いままで以上に雑なプレーが目立ちました。
一方で攻撃の意識は高くなり得点に多く繋げることができました。
攻撃の収穫として後半は前半以上にゴールへの意識が高く、こぼれ球に反応して得点することもできました。
さらにクロスボールを狙う意識も上がり、逆サイドの選手がpa内に侵入する回数も増えました。
結果として大量得点の試合となり、暑い中でもこの得点数を奪えたことが子供たちにとって何よりも収穫になったかと思います。

<まとめ・課題>
いままでのテーマはインターセプト。相手のパスを誘導し、狙いを定めてボール奪取。
ここ数ヶ月子供たちに伝えてきて感じたことは“ボールを奪う”意識が低い。
「誘導」や「狙え」といったことをあらゆる手段を使い伝えてきましたが、決して上手くいったとは言えませんでした……
そこで考えたのが『ボール奪取向上計画』
今の6年生は“ボールが自分の所へ来たら追いかけて、自分以外の所は関係ない”と思ってしまう傾向にあると思います。
まさに『一人称的プレーヤー』の典型的なパターンだと思います。
まずは、基礎戦術でもあるボールを奪いに行く意味を理解してもらいたいです。
守備はボールを追いかけるのではなく、相手から奪うものです。そのためにどうするのか。
簡単なようで難しいことですが『ボール奪取向上計画』を元に子供たちに意識改革をもたらしたいと思います。
そのための1stステップとして今大会で「前線からのプレス」を子供たちに伝えました。
少ない時間の中での指導でしたが、この第1試合では前でボールを奪取する意識を高く持ってもらえたと思います。
結果の5得点にも存分に繋がったと思います。
課題も幾つか見えてきましたが1点だけ記すとするとハイボール処理です。
この試合の1失点はハイボール処理のミスからです。
ハイボール処理は「前線からのプレス」のリスクの1つに挙げられます。
今後もリスクの部分に目を向けながら、「前線からのプレス」を最大限有効活用していきたいと思います。

大相模sss 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻撃ではパスを繋ぎながら前進する意識が高く、チームで意思統一が図られているように感じました
フォルテとしては、守備時前線からプレスをかけるリスクを再確認することができ、非常に良い経験になりました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川勇斗
———–
●第2試合
vs 高野山sss 2-1 勝ち

徐々に気温が上がる中、2試合目が始まる。
開始早々フォルテペースで始まると高い位置でのプレス、サイド攻撃が良く出来ていましたがなかなかシュートまでいかない。
相手ゴールキックをDFがインターセプトしそのままゴール前まで運びシュートで先制点。
前半終了
後半開始早々相手攻撃に味方同士の声がけやポジションどりが上手く出来ず得点されてしまう。
後半もサイド攻撃が出来ており追加点で試合終了。

保護者の皆さん 役員さん 応援 サポートありがとうございました。

小西監督 審判 選手達へのアドバイスありがとうございました。
国生助監督(副審 主審 副審)と連続でやっていただき ありがとうございました。
野口コーチ 朝早くからコート準備ありがとうございました。

6年小林
———–
●準決勝

———–
●3位決定戦
気温27.2℃
松葉scさんと野田市近隣大会4試合目(3位決定戦)を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
サイド攻撃が活発で、仕掛けられる局面では積極的に仕掛けてきた印象です。
又、裏へ抜け出す意識や選手間のポジションチェンジも見受けられ、攻撃時のオーガナイズに特徴が感じられるチームでした。

<前半>
泣いても笑っても本日最終戦。
伝えたことは勝った試合をイメージして戦おう。
攻撃は特に慌てずにいつも通りの戦い方をしよう。
前半から一進一退の試合展開。暑い中でのキックオフでしたが選手達に体の重さはなかったです。
相手の攻撃としてロングパスでのビルドアップも見受けられたため、
複合的に見て前線からのプレスは特段伝えず球際の守備のアプローチを激しくしてもらいました。
チャンス数がいくつかあるなかで得点を奪えて折り返せれば理想的でしたが無得点のまま前半終了。
体力的にもきつくなる後半に向けて下記のことを伝えました。
①ラスト15分次第で3位に入れるか変わる。最後まで勝ちに行く気持ちを忘れないようにしよう。
②きつい時間帯で頑張れるチームが勝つ。持っている力を皆で出しきろう。

<後半>
後半に入り相手の攻撃が目立ち出しました。
フォルテ選手達の疲れも見え始め、選手個人のミスが見受けられましたが、中へ絞る動き等含めミスのカバーを積極的に行えていました。
劣性の時間帯でもポジティブな戦いができていたと思います。
そんな中で相手のプレスが遅くなりフォルテfwの仕掛けが有効に働き先制に成功。
高い位置までボールを運べたことと高い位置から積極的に仕掛けたことが得点に繋がったと思います。
得点後は互角な戦いが続きましたが、小さなミスから1失点、
試合終了直前には足が止まりサイドの深い位置に侵入され1失点。
苦しい時間を乗り越えられず悔しい逆転負け。

<まとめ・課題>
本日ラストの試合ということもあり、疲れもある中で皆の勝ちたい気持ちが伝わってきました。
この試合含めいままでに感じたのがフォルテペースの時間帯にゴールが決まらない。
フォルテは交代枠が少なく体力的にも疲弊していき、後半に失速する傾向にあります。
そのためにも早い時間帯の先制点がポイントになります。
試合の状況にもよりますが、試合毎に必ずフォルテ優勢の時間帯があります。
その時間帯はシュートまで持ち込めていますので、これは選手達の確かな実力だと思います。
ただシュートを決める間合いが個人個人で無いように感じます。
「この角度とこの距離なら確実に決められる」という自分のゴールを奪う基準が大切になります。
自分自身がどういうキックが得意なのか、どの角度からのシュートが得意か、GKとの距離がどのくらいあれば良いのか、普段の練習でのシュート場面1つ1つを皆にそのような意識をもって取り組んで頂きたいです。
そのためにも今後さらに指導し伝えていきます。
なんとなくでサッカーをするとパフォーマンスに波のある選手になります。
しっかりと基準をもってプレーの選択が出来るようになれば安定したパフォーマンスを発揮できると私は思います。
最後の最後で皆に悔しい思いをさせないためにも多くのことを伝えていきたいです。
伝えていくにしても皆に多くを求める前に選手皆から求められる指導者になりたいです。
そのために自分自身も言動から模範になれるよう勤めていきます!がんばります!!

松葉sc 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻撃時ではサイドから積極的な仕掛けや縦への推進力が強く感じました。
守備の裏を突く攻撃はとても参考になりました。
フォルテとして学びの多い試合となり、貴重な経験をありがとうございました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川勇斗

6年u12リーグ前期最終節

10-0市川KI FC 会場 市川市稲越小学校           .

●u12リーグ前期最終節 2019/6/9(日)

【速報】
VS 市川KI FC

10-0 勝ち
(詳細 6年ベンチ入り指導者 野口コーチより)

前期リーグが無事終わりました。
対戦してくださいました。各チームの皆様、本当にありがとうございました。
保護者、指導者の皆様、フォルテ6年 10名で、公式戦 大きな怪我などなく無事、楽しく真剣にサッカーをする事が出来ました。
後期リーグに向けて、しっかりと練習をして成長出来るように選手、保護者、指導者、一丸となって頑張って行きましょう。

6年 国生
———————–
本日、前期リーグ最終戦を行いました。
会場 稲越小学校

VS 市川KIFC (10-0)

今回、上位進出は厳しくなったが公式戦!しっかり勝利にはこだわりながら後期リーグを見据え、
いろいろ試しながら戦うことをコーチ陣で確認し試合に臨みました。

前半開始すぐにDF選手のミドルシュートが良いコースに決り先制点!
その後 両サイドバックの選手もゴールを決めた事もあり、フォルテ優位で試合を進める事が出来ました。
相手チームが下がりぎみな事もあるが、しっかり崩しての得点シーンがなく前半終了。

ハーフタイム時、前に急ぐのではなく、サイドの広いコートを広く使う為、横へのパスを使う事!
キーパーにもパントキックで蹴るのではなく、DFにパスを出しそこから運ばせる事を指示し後半へ望みました。
後半、横へのパスを意識させた事で相手選手が横へずれた事で空いたスペースへの縦パスや、
サイドの選手が動き出した事で出来た中のスペースへドリブルとまだまだ少ないですが、良い展開が見られたと思います。

今後の課題として
攻撃・守備に対して予測して動き出しが遅い事でテーマとしていたインターセプトが出来ていない。

フォルテのストロングポイントになっているSB選手に頼り過ぎて攻撃が単調になっている事。

コーチ陣で前期リーグ課題を今後の練習でどのように改善していくか帰りの車中で検討しました。

(審判)
前期リーグ、小林コーチには積極的に主審をして頂きました。
小西監督、山崎コーチから指導して頂いた事を小林コーチにアドバイスさせて頂きました。
公式戦の主審を務めた事で自信が持てたと言って頂き良かったです。

市川KIFCさん、初石SCさんTMをして頂きありがとうございました。
後期リーグに向けて良いトレーニングになりました。

保護者の皆様、送迎や準備ありがとうございました。無事前期リーグを終了する事が出来ました。
今後も合宿・東葛・後期リーグと忙しくなりますが御協力をよろしくお願い致します。

野口

●u12リーグ④ 2019/6/2(日)
1-0東習志野FCホワイト、0-2新浦安ユナイテッドFC 会場 野田市スポーツ公園

u12リーグ速報

会場 野田スポーツ公園
本日は、フォルテが主幹として野田スポーツ公園にてu12リーグを開催させて頂きました。
現在リーグ4位の東習志野FC と リーグ2位の 新浦安FCとの試合。
全力で楽しむサッカーをして行きます。

VS 東習志野FCホワイト
1-0 勝ち
(詳細 浅川コーチ)

VS ?新浦安ユナイテッドFC
0-2 負け
(詳細 ?国生)

朝早くから会場準備など指導者、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

フォルテ1年以下のメンバー&指導者が応援に駆けつけて頂き応援してくださいました。
ありがとうございます。

本日も、審判は、野口コーチ(主審+4審)小林コーチ(主審+4審)にお願い致しました。

u12リーグ担当をしてくださいました。清水コーチ、雨天の時の対応など、様々大変な運営準備でしたが無事に主幹終了する事が出来ました。

6年 国生
———————-
●第1試合
6/2(日)
気温22℃湿度70%
東習志野fc(ホワイト)さんとU12リーグ1試合目を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
裏への抜け出しの意識が高く、出し手と受け手の意思統一までされていて、明確な狙いがあるように感じられました。
又、カウンター攻撃も縦に早く、効率的にゴールを目指すプレーも随所に見受けられました。

<前半>
フォルテの前半は攻撃の意識を持って入ることができました。
ボール支配率は高く、サイドからのクロス数も多い傾向でした。
ただ、ボール保持をしている割にシュート数や仕掛けの部分が少ないように感じました。
よって自然と攻撃に人数がかかりdfラインとmf間にギャップが生まれ出しました。
そこを突くように相手のカウンターが次第に目立つようになりました。
相手のプレーを観ていてもカウンターが狙いのようなオーガナイズをされていたので、
フォルテもカウンターに合わせるようにラインが少しずつ下がる傾向になっていきました。
フォルテとしては少し右肩下がりのような内容でした。
自分は下記2点を伝えて後半へ。
①プレッシャーがかからない場面は落ち着いてプレーの選択をしよう
②相手からの裏への配球を抑えるために引くのではなくミドルサードでインターセプト意識を高くしていこう。

<後半>
後半に入りフォルテがペースを握った展開へ戻り出しました。
結果的に1点を奪い勝利することができました。
勝利の要因として3点挙げられると思います。

理由の1つ目としては、ボール支配を落ち着いてできるようになったことだと思います。
良い意味で球離れが遅くなり、『認識→分析→決断』を時間的余裕がある中でプレーができました。

理由の2つ目は、mfとdfラインの距離間が良くなった点です。
mfがミドルサードを意識した守備をしてくれたため、ずるずる下がることなく攻守のバランスが取れました。

理由の3つ目は、シンプルにシュート数が増加したことです。
前半より圧倒的にゴール期待値が上がり、結果的にもより良い形となりました。

<まとめ・課題>
収穫としては、
1.後半に少しオープンな展開になった中で勝ちきれたこと。
⇒危ない場面も多々ありましたがフォルテとして前への意識とシュート数が増えたことが結果に繋がったと感じました。
2.fw、mf、dfの距離間良かったこと。
⇒要因としては、支配率が高いことによって後半での体力ダウンが最小限に済んだから。
体力があれば、mfがdfラインに吸収されることもなくなるし前から守備を行えるメリットもあります。

テーマとして掲げているインターセプトですが見えてきたこととして、試合を通して体力が落ちてくると『前からインターセプトを狙う→次第に遅れてアプローチするようになる→ボールが取れず前を向かれるため引くようになる。』傾向があるように感じました。
今後はこのことを踏まえて『狙ったインターセプト』ができるように指導していきたいです。
全てのパスに対してインターセプトを狙うことは可能ですが、体力の面を考慮してゴールから遠いパスは捨てる意識を持ってもらうことも伝えていきたいと思います。
今日の試合では多くの収穫と課題を見つけることができ、充実した試合内容となりました。

東習志野fc(ホワイト) 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻撃時ではカウンターを狙う意識がチームで統一されていて、スペースを活かしてポジショニングの面で優位性を作るのがとても上手なチームでした。
それに対してフォルテは守備の対応に手を焼く場面が目立ちました。
フォルテとしてどのような戦術で対応するのかを考えさせられ、非常に良い経験になりました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川

●第2試合

VS 新浦安ユナイテッドFC

新浦安ユナイテッドFC さんは、現在 リーグ2位で、前節での試合を見させて頂き、プレスが早く、チーム全員が気持ちを前面に出して戦う素晴らしいチーム。の印象がありました。

フォルテも、本日初戦を素晴らしい内容の接戦で勝利を手にしている勢いのまま、試合に入る。
ポジション&メンバーを少し変えてスタート。
開始5分は、身体の大きな相手チームに対して怖がることなくプレスをかけて良い立ち上がり。
しかし、ディフェンスの声掛け?人任せ?なプレーを相手チームが見逃さずにゴール前まで運ばれてしまいゴールされてしまう。
フォルテ20期生は、先制点をとると勢いに乗り勝利する試合が多いのですが、先制点を奪われると負ける試合が多くなってしまう。
気持ちは、きれていないので、良く身体を張ったディフェンスをしているが、攻撃に繋げる事がなかなか出来ずに、守備をする時間が長くなり、相手チームに勢いを与えてしまい、追加点を許してしまう。
前半終了。

ハーフタイムにて、先制点を取られると勢いに乗り切れないフォルテの悪い流れの話しをして、根性論ではありませんが、気持ちの面をアドバイス。
後半はじめの5分を死にものぐるいで走ってプレスをかける事を約束して後半に挑む。
メンバーは、疲れているだろうが、約束通りプレスを全力でかけている。
チームに勢いが出てきて、サイド攻撃も出来て来て、コーナーキックも多数とる事が出来て来た。
沢山練習して来たコーナーキックで、先ずは1点取りたいところでしたが、なかなかゴール出来ないまま、試合終了のホイッスル。
後半は、0-0の良い試合。
相手選手との接触プレーでも戦うプレーを見せてくれていました。
結果こそ負けてしまいましたが、後半の気持ちのこもったプレー&プレスは、どんな試合&練習でも、常に出来るようなメンタルを持って欲しいし、指導者としてもメンバーに伝え続けて行きたいと思います。

「真剣に楽しむサッカー」

VS 新浦安ユナイテッドFC
0-2 負け

急遽、本日、初石少年SCさんが公式戦1試合のみの為、フレンドリーマッチを組ませて頂きました。
フォルテは、2週間後に控えた「野田市少年サッカー大会」に向けて、指導者ベンチを保護者に任せて、
メンバー&システムも保護者始動でフレンドリーマッチに挑みました。
主審には、駆けつけてくださいました審判部、山崎コーチが笛を吹いてくださいました。
フレンドリーマッチでしたが、なんとフォルテ選手がイエローカードをもらうなど良い経験&可能性&発見をさせて頂きました。

フレンドリーマッチ
VS 初石少年SC
?ー?

朝早くから会場準備など指導者、保護者の皆様、本当にありがとうございました。

フォルテ1年以下のメンバー&指導者が応援に駆けつけて頂き応援してくださいました。
フォルテ最高学年として憧れる選手になれたかな?
本当に応援ありがとうございました。

本日も、審判は、野口コーチ(主審+4審)小林コーチ(主審+4審)にお願い致しました。
フレンドリー 山崎コーチ(主審)ありがとうございました。

u12リーグ担当をしてくださいました。清水コーチ、雨天の時の対応など、様々大変な運営準備でしたが無事に主幹終了する事が出来ました。

残り、前期u12リーグ1試合です。良い試合で締め括り、後期リーグに繋げて行きましょう。

6年 国生

●u12リーグ③ 2019/5/12(日)
3-0市川中央リトルキッズ、0-0高柳FC柏 会場 市川市立鶴指小学校 

5/12(日) u12リーグ 3日目(速報)

本日も、快晴の中 元気一杯なフォルテ6年 10名が野田市役所に集合して、本日の試合会場の市川市 鶴指小学校に向かう。

第1試合
VS 市川中央リトルキッズ
3-0 ?勝ち

第2試合
VS 高柳FC柏
0-0 引分

全員が良く走って守備&攻撃が出来た良い試合内容でした。

各試合の詳細は、
1試合目 小林コーチ
2試合目 清水コーチ

各試合にコーチとしてベンチに入って良いアドバイスをしてくださいました。

会場準備&対戦をしてくださいました、市川中央リトルキッズ様、ありがとうございました。

高柳FC柏 様 良い試合して頂きありがとうございました。

保護者の皆様、朝早くから送迎、応援、本当にありがとうございます。

無事 勝利する事が出来ました。

u12リーグは、ながいのでメンバーが更に成長出来るようにサポートをお願い致します。

6年 国生

審判は、野口コーチ2試合(主審&副審) 小林コーチ2試合(4審&副審)
——————————-
●1試合目
本日も、快晴の中 元気一杯なフォルテ6年 10名が野田市役所に集合して、本日の試合会場の市川市 鶴指小学校に向かう。

第1試合
VS 市川中央リトルキッズ
3-0 勝ち

開始フォルテペースで試合が始まり、攻撃に厚みが出てくるがゴールまでが遠い。
シュートをするが 枠の外、キーパーの正面にいってしまう。
その中でもMFの選手がロングシュートで先制点。
前半終了

ハーフタイルでは、シュートで終わること、インターセプトの事をアドバイスとして伝えました。

後半に入ってからもフォルテペースで試合が進む。
サイド攻撃が良く出来ており何本かコーナーキックをするなかでセットプレーでの追加点。
(練習の成果がでたのかな?)
相手チームのカウンターで何度か危ない場面があるがDF キーパーが体をはり止めていました。
徐々に気温が上がり選手達の体力が奪わる中DFの選手からFWの選手のロングパスが通りMFに落としミドルシュートで更に追加点で試合終了。
初勝利 勝ち点3

会場準備&対戦をしてくださいました、市川中央リトルキッズ様、ありがとうございました。

保護者の皆さん、役員さん 応援 サポート ありがとうございました。

野口コーチ 審判のアドバイスありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

6年 小林
——————
●2試合目
真夏の様な暑さの中での第二試合。
選手たちの体感温度的には、かなり厳しい戦いであるが、今日の2試合目が始まりました。

1試合目でU-12リーグ初勝利をあげ、勢いに乗ったチームの雰囲気が良いので連勝を目指します。

対戦相手については試合を観戦する事が出来たため、自分がマッチアップする選手の特徴も頭に入っており、
またベンチワークとしても相手のストロングポイントと思われるポジションに適正な選手を配置し、ピッチに送り出しました。

第2試合 :vs 高柳FC柏

試合前の練習時に負傷した選手が出たため、いつもと若干違うポジションでのスタートとなったが、
6年生になる前から言い続けている今後のサッカー人生を考えた時に1つのポジションだけでは無く
ポリバレントの重要性を伝えていた事で問題ない立ち上がりとなり、
また選手たちも勝ちたい気持ちが前面に出ていてチームとしての約束事も出来ていた。

フォルテが攻め込む時間が多少多かった気がするが、
1試合目と違い以前からの課題の「決定力の無さ」が顔を出してきてしまい
攻め込んではいるが点が奪えず、一進一退の攻防は無得点のまま前半終了…

※押し込んでいた部分もあったため一点が欲しかった…

ハーフタイム時のアドバイスとして、サッカーは口頭ではうまく伝えられないが点数を取るべき時に取らないと
相手の攻める時間帯が出来てしまいその時の勢いを跳ね返せないと失点してしまう事が良くある。
なので点数を取り切る時には取り、相手が攻めてくる時は我慢して跳ね返し続ける事が重要。と伝えピッチに送り出す。

幸い試合前に負傷した選手も後半開始から試合に戻れ10人全員で後半に挑みます。

後半に入ってからも一進一退の攻防は変わらないが、1試合目での見事なミドルシュート、ロングシュートが
この試合では少なく体力だけが奪われていく状態に…

通常よりも少し縦長のピッチと体力の消耗により間延びもしてきてしまい、徐々に相手のペースに…
相手チームのストロングポイントの選手を封じてはいたが全体で前掛かりで攻めてきたチームは、跳ね返しても跳ね返しても攻めてくる。
サイドから崩されたり、カウンターをくらったり、ハイボールのこぼれ球で押し込まれたり…

このピンチはキーパー及びディフェンス陣が本当に身体を張って止め続けました。
その思いが伝わり前線の選手も弾き返したボールに身体でディフェンスしに行き少しずつフォルテのペースに…
ここでチームの最大のピンチの一対一の決定的場面を救うキーパーのビッグセーブがっ!
この勢いに乗りフォルテのペースになりかけたが惜しくも試合終了…

結果的には、0-0の引き分けでした…

1試合目での勝利により選手たちは、暑さの中 走りきりました。
それぞれの選手が自分のストロングポイントを随所に出せてチームとして、また個人としてが融合している良い試合でした。
特に2試合ともクリーンシートで終えた事は素晴らしい結果と思います。

但し、得点を決めきれない事やそれによる試合の流れが変わってしまう事は、今後の課題と思いました。

先日のU-12リーグの総評で国生助監督からもありましたが勝てないのは監督、コーチの責任です。
実戦で使え、身体が覚えている様な練習を考えていきたいと思います。

本日は暑い中で本部運営及び対戦して頂きました、市川中央リトルキッズ様 ありがとうございました。
また、対戦頂いた高柳FC様 ありがとうございました。

また保護者の方々においては、いつも会場に足を運んで頂き、また大きな声援を送って頂き本当に感謝しています。

U-12リーグ、やっと1勝をあげる事が出来ました。選手たちは本当に身体を張って戦ってくれています。
選手たちの嬉しそうな顔での今日の振り返りは朝早くからで疲れていると思いますが聞いてあげてください。

ありがとうございました。

6年生コーチ 清水

●u12リーグ② 2019/5/5(日)
0-2豊四季FC(A)、0-1アヴァンスSC 会場 浦安市明海球技場

GW最後の日曜日
会場は、浦安市の明海球技場
とても素晴らしい人工芝でサッカーが出来る喜びを感じて欲しい。

14時~ VS 豊四季FC(A)
0-2

16時~ VS アヴァンスSC
0-1

指導者 みんなで頭を悩ませる。
負けた試合は、全て指導者の責任。
普段の練習から、更に真剣に激しくサッカーを楽しめる環境(雰囲気)を作って行かないと反省しました。

本日の審判は、野口コーチ 主審&4審 小林コーチ 4審&主審
野口コーチより、小林コーチ 沢山のアドバイスを頂いて、審判部への階段を更に1歩踏み込んでいました。
本当にありがとうございました。

VS 豊四季FC(詳細 国生)
VS アヴァンスSC(詳細 浅川コーチ)
——————
●1試合目
GW最後の日曜日
会場は、浦安市の明海球技場
(素晴らしい人工芝)

午後 1試合目(13時)に審判がある為、GWディズニー渋滞を予想して早めに野田市役所を出発。
試合開始2時間30分前に、会場到着。
予想していた渋滞もなく、だいぶ早い到着になる。
せっかくの時間の為、ボードにてテーマの「インターセプト」をチームとして、どこで インターセプトするか?
その為に、各ポジションごとの動き方などの説明をする。
メンバーにも、すぐに出来るとは思っていないので、頭に入れておいて欲しい。
そして、出来るメンバーはチャレンジして欲しい事を伝えた。
車酔いをしてしまったメンバーもいるので、せっかくの人工芝の為、早めにアップ(フットサルコート)。
軽食を済ませて、本部挨拶&選手チェック

試合に向けてのアップを開始。
人工芝になれる為のロングキックや、チームの攻撃をイメージしたシュート練習。
監督からも、アップの調子や真剣さでスタメンを決める。との話もあり気持ちを切り替えて行く。

VS 豊四季FC(A)

相手チームのキックオフ。
先週の開始5秒?での失点と同じような相手チームのロングキックから試合が始まる。
ゴールキーパーがしっかり前に出てキャッチして一安心。
開始から一進一退の試合展開。
フォルテディフェンスメンバーが身体を張って守り、チャンスとみれば攻撃に厚みを作るために、ライン押し上げチャンスを作る。
攻撃では、ゴールを急ぎ過ぎてるのか?トップの選手?中央のスペースへのパスが多く、相手ディフェンスに弾き返される。
ハーフタイムで、フォルテの攻撃の仕方(サイド)を再度確認して後半に送り出す。

サイドからの攻撃の意識が良くなり、フォルテのチャンスが多くなるが、
カウンターから相手チームのキープレイヤーの左サイド選手ドリブルに痛恨のファール。
相手チームには、絶好の位置でのフリーキック。
嫌な予感。
相手キッカーの見事なフリーキックが、ファーサイド神コースに決まってしまう。
相手キッカーを褒めるしかない。
しかし、試合自体はフォルテの攻撃チャンスもあり、ハーフタイムでのアドバイス通りサイドから沢山のシュートチャンスに決める事が出来ない。
ここでゴールが出来ればチームに勢いが出て来るのだが、ゴール出来ない。
最後まで必死にフォルテ守備陣もたえるが、試合終了間際に、一瞬の隙をつかれて追加点を許してしまう。
最後までフォルテのゴールを期待していたがゴール出来ずに試合終了。
0-2 負け

悔しい敗戦。
勝てないチームではない。メンバーも頑張った。しかし結果に繋がらない。
何が悪いのか?どこがダメなのか?試合に負けたのは全て指導者、自分の責任。
勝利にこだわっているわけではなく。フォルテの100パーセントの力を出せれば勝てる。
練習や練習試合でのプレーが出れば……

保護者の皆様、本日も遠方にもかかわらず沢山の応援をして頂き、本当にありがとうございました。

本日も、野口コーチ&小林コーチ ?主審、4審、ありがとうございました。

新浦安ユナイテッドFC様、本日の主幹、会場準備、ありがとうございました。
まだまだu12リーグ続きますので、これからもよろしくお願い致します。

6年 国生
—————-
●2試合目
気温21.5℃湿度48%
アヴァンスscさんとU12リーグ2試合目を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
サイド攻撃に特徴があるチームでした。
shが高い位置をとりsbのオーバーラップも多く、ポジショニングでマークを剥がすのが魅力的に感じました。
又、裏をとる動きや高い位置での仕掛けも積極的にプレーをしていました。

<前半>
相手のサイド攻撃に手を焼くシーンが多く、失点の場面も相手のサイドが基点となる攻撃から。
相手は攻撃時に質的、ポジショニング的に優位を取り裏を狙う場面が多いように感じました。
フォルテの活路としては相手の中盤の間延び傾向にあったところに対して、
ボール奪取後2列目のmf3枚がいかに早い段階で仕掛けられるかにあると思いました。
選手達のプレーとしては、各ポジションが下がりすぎずに少ない支配率の中で攻撃を仕掛けられたと思います。
前半は互角の試合展開でした。(守備は少し軽かった傾向にありましたが……頑張ってくれました)
自分は下記3点を伝えて、後半へ。
①シュートで終える場面を多くしたい
②2列目から攻撃を仕掛けること。早い攻撃を意識してシンプルに。
③インターセプトの意識を忘れずに、サイドでボールを奪おう。

<後半>
相手の攻撃に対して受け身になってしまっている場面が多々ありました。
裏を多く狙われると全体的に引いてしまう傾向がみられ、結果的に被シュート数が多くなってしまった。
終盤にかけて選手交代も活発に行い攻撃のチャンスを増やしたかったが、攻撃に移ろうとしても押し上げがなく再び守備へ回ってしまう。
負のサイクルのまま試合終了。

<まとめ・課題>
フォルテとして数少ないチャンスの中でゴールを決めきる力がないと勝てる試合は少なくなると思います。
ここ最近の試合は前半での失点が多く、特に立ち上がりに弱い傾向が見受けられます。本日の試合も同様に感じられました。
結果がついてこない現状に対してどのようにしてパフォーマンスを上げるか。
『戦術』『技術』『フィジカル』『メンタル』この4本の柱がパフォーマンスの基準になります。
日々の練習のなかで『戦術』『技術』『フィジカル』を少しずつ鍛えていくとして、試合当日に最も大事なのは『メンタル』の部分だと思います。監督、コーチ達が熱を込めて指導することも必要だが、子供達が話し合いのなかで何ができて何ができなかったのかチーム内で気持ちを高めあえるように促していければと思います。
1試合目を終え、選手皆でミーティングをして頂きました。各々の意見の中で印象的なプレーが具体的に出たことが収穫だと感じました。
さらに理想的なミーティングにするために皆が自分のことばかりではなくチームとしてどうしたいかを話し合う必要があります。
目指すは「一人称的プレーヤー」の脱却です!!

アヴァンスsc 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻撃時に特にサイドで優位性を作るのがとても上手なチームでした。
それに対してフォルテは守備ラインをしっかりと設定し、ずるずると下がりすぎないようにプレス強度をあげて、
跳ね返せる力を付けないといけないと感じました。
攻撃については中盤で基点をつくりゴールまで運ぶ力が課題と感じました。
本当に良い体験をさせて頂きました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川

●u12リーグ① 2019/4/28(日)
0-4咲が丘SC、2-2初石少年SC 会場 船橋市咲が丘小学校

本日、6年 u12リー グ 初日の2試合を迎えました。
晴天の中、船橋市 咲が丘小学校にて6年 全員10名 指導者 6名(全員)参加で、元気いっぱい楽しみました。

1試合目 咲が丘SC
0-4

2試合目 初石少年SC
2-2

詳細は、
1試合目 国生
2試合目 浅川コーチ

6年 国生
————————
●1試合目
小学生年代 最大の公式戦 u12リーグ が始まりました。
4/28(日)初日の2試合を迎えました。

晴天の中、船橋市 咲が丘小学校にて6年 全員10名 指導者 6名(全員)参加

野田市役所を7時 出発 8時過ぎには会場に到着。
少し早めに到着してしまいましたが、1試合目に対戦させて頂きます 咲が丘SC様の9時からの試合を観戦させて頂きました。
チーム全員がプレスが速いイメージと、会場が狭い為、コートも少し狭いので、ミドルシュートを有効に打ってくるイメージがありました。

試合 前半終了後にアップを開始。
アップ場所も狭い為、試合コートにボールが行ってしまうので、ボールを使った激しいアップが出来ないですが、
しっかりと身体をぶつけながら、心と身体をあたためて行きました。

選手証での選手チェックにも6年生になると緊張する選手もなくテキパキと済ませて試合の準備完了。

試合前の少しの時間にコートを使い、シュート練習。
良いイメージで試合に入ってもらう為に、気持ち良くシュートを決めて試合開始。

1試合目11時10分キックオフ
VS 咲が丘SC

咲が丘SC ボールから始まるキックオフ。
まずはフォルテ陣内に蹴り込んで来たボールをディフェンス?ゴールキーパー?の間に落ちたボールに相手チームの選手が駆け寄って来て浮き玉をゴール方向に蹴ったボールがゴールに吸い込まれてしまい手痛い失点。
このゴールにより気持ちが切り替えるのに時間がかかった。
指導者からも声掛けをしているも、相手チームの速いプレスにバタバタしてしまい3失点。
ハーフタイムにて、落ち着く事と、フォルテの最近の攻撃方法と守備時のテーマを確認して後半戦に送り出す。
後半は、落ち着いてフォルテの良いプレーも出来て来て、チャンスも沢山作る事も出来て、
守備面でもしっかりと身体を張って守備をしている選手達でしたが、追加点を許してしまい、結果0得点 4失点。
フォルテ6年は、最近 良い攻撃が出来て来てシュートチャンスが沢山作れて来ていますが、どうしても最後のゴールに届かない。
メンバーにも沢山伝えて来ましたが、今の試合も決めるべき時に決めていれば、チームとして勢いがつき、結果も変わってきたと思います。
u12リーグは、まだまだ続きますので、これから修正して行きたいと思います。

VS 咲が丘SC
0-4 負け

咲が丘SC様 会場提供 主幹 対戦して頂きありがとうございました。
u12リーグも始まったばかりですので、これからもお世話になりますが、よろしくお願い致します。

本日、審判をして頂きました 野口コーチ(2試合 主審 4審)&小林コーチ(2試合 主審 4審 )ありがとうございました。

保護者の皆様、早朝からの送り出し&会場まで駆けつけての応援、本当にありがとうございました。
u12リーグは続きますので、選手&保護者&指導者一丸となってフォルテメンバーが、1歩でも成長出来るように頑張って行きましょう。

6年 国生
——————-
●2試合目
気温17.1℃湿度25%
初石少年scさんとU12リーグ2試合目を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
攻守においてアグレッシブにプレーをしていました。
パスを繋ぐ意識や裏への抜け出し、動き出しの意識が高いチームに感じました。
特に攻撃において狙いや意思統一が図られている印象でした。

<前半>
立ち上がりは、プレーが少し浮わついていましたが監督やコーチ、チームメート間での声かけで気持ちを切り替えられました。
新しいテーマであり狙いでもある“サイドへ誘導したインターセプト”ですが、なかなかボールを取りきることができず相手がボールを保持する時間が長い印象でした。
そんな中……1失点。終盤には足が止まりだす選手も見受けられました。
悪循環が目立つ前にハーフタイムを迎えられたので助かりました。
自分は下記3点を伝えて、後半へ。
①シュートで終える場面を多くしたい
②試合に入り込めてきているから後半も集中していくこと。声かけも忘れずに。
③セカンドボール、ハーフボールを拾いたい。気持ちでサッカーをすることを再確認すること。

<後半>
セカンドボールやハーフボールが拾えるようになり、フォルテのボール支配率やシュート数も上がりだした。前半以上にハイプレスでフォルテのペースを迎え、2得点の奪取に成功。その後に相手の裏の抜け出しからシュートを決められ手痛いドローで試合終了。
試合を終え、自分は下記3点を伝えた。
①今日の試合を振り返えること
②練習での取り組みが試合で発揮できていた
③練習以上のことは試合ではできないから、細部まで集中し考えて練習をしていって欲しい

<まとめ・課題>
課題としては、ハーフボールの奪い方や攻撃へ切り替わる際の動き出し等、多々伝えたいことがあるなかで、
今後は2つ目のテーマである“ボールの受け方”を伝えていきたい。
小学生年代は“ボールと自分”のことを考えてプレーする「一人称的プレーヤー」であると私は思います。
今の6年生もその傾向が強いと感じています。
次のステップとして、ボールの受け手や出し手、マークの相手を意識して、人の“頭を覗く”プレーを指導していきたい。
ボールが来たから走る、ただ強いパスを出すなどではなくチームメートや相手の考えていることを先読みし、
ボールが来る前に走る準備をし、パスは相手のトラップまで考えて出すなど、人の“頭を覗く”プレーができれば子供達自身の成長にも繋がると思います。
自分以外の人が何を考えて何を要求しているのか、“ボールの受け方”は小学生にとって簡単なことではないが、より多くの人の頭を覗けるようにコーチングしていきたい。

初白石少年sc 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻守共にアグレッシブで、特に効果的な攻撃がとても上手なチームでした。
フォルテはどのように守備を行い、攻撃に繋げていくか課題を多く見つけることができ、とても良い体験をさせて頂きました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川