5年宇都宮フェスティバル2日目

1-1(PK3-2)宇都宮東部トレセン、1-5宇都宮西部トレセン、1-1(PK1-2)ひたちなかトレセン 会場 宇都宮石井緑地サッカー場

●宇都宮フェスティバル2日目(2018/08/12(日))
1-1(PK3-2)宇都宮東部トレセン、1-5宇都宮西部トレセン、1-1(PK1-2)ひたちなかトレセン 会場 宇都宮石井緑地サッカー場

2日目は、3位トーナメントになったが相手チームはトレセンチームばかり1勝を目指して4年生4人の力を借りて挑みました。
新システム、コーチ陣も試行錯誤のなか先制されるも4年生の相手陣地内でのパスワークから同点、
春日部トレセンで参加している佐藤コーチがベンチに入った直後の出来事。持っている選手?
PKは自信のある選手から順番で全部決め見事勝利。
1試合目
vs.宇都宮東部トレセン 1:1 PK 3:2 勝ち

2試合目
vs.宇都宮西部トレセン 1:5 負け
同点に追い付くも集中力がなく敗戦、試合毎のモチベーションの違いが課題。

vs.ひたちなかトレセン vs.1:1 PK1:2 負け
この試合は前の試合とは違い集中しているのが見てわかる。
5年の正キーパーが前の試合で手を少しいためたため4年のキーパーに入ってもらう。
相手の10番は背も大きくスピードもある。キーパーの勇気あるプレーにより1点に押さえる。
FWしかやりたがらない、やる気スイッチを探し続けている選手をMFに起用、角度のないところから見事同点ゴール。
また今までFWの出場しかない選手をセンターバックにしてサイドバックはDFに優れている選手を置く。
初めてとは思えないプレーにより優秀選手に選ばれる。
ヘディングが中々できないチームだがヘディングだけで3人パスを繋ぐことができた。
2回目のPK選は負けたが、PKの選手決めの際今までだと誰も積極的に手をあげなかったが率先して候補して皆を引っ張った選手も優秀選手に選ばれる。
少しづつ変化して来ていることが感じられる??選手の可能性をコーチが潰さないようにと思う試合でした。

24チーム中20位の成績だが収穫が多い大会でした。

宇都宮少年サッカー連盟様、4年生、保護者の皆様、ありがとうございました。
岡野様審判ありがとうございました。

残念ながら餃子は食べに行けませんでしたが、両日、上三川道の駅を選手、保護者共楽しんでいました。
週末からの合宿も楽しみです‼
井上

●宇都宮フェスティバル1日目(2018/08/11(土))
0-13宇都宮JFC、1-5仙台宮城野選抜 会場 宇都宮石井緑地サッカー場

vs 宇都宮JFC U-11
0-13(0-8,0-5)

vs 仙台宮城野選抜
1-5(1-2,0-3)

今年で26回目を迎える宇都宮フェスティバル。栃木県内の各地域トレセンや周辺地域のトレセン、
県外のクラブ全24チームが2日間に渡り行われる8人制の大会だ。
今年のフォルテ野田5年生は9名のため、本日は4年生から3名の選手も帯同し大会に臨む。

フォルテが試合を行うコートは一部土ではあるが、スポーツ公園のような芝のグランドでした。
運が良いのか悪いのか、審判講習会が開催されるため、フォルテの割当てはありませんでした。
また今大会はクーリングブレイクが設けられました。

7月から新しいシステムに挑戦しているフォルテ。
攻撃ではサイドバックのサポートのタイミングとポジショニング、守備では前線のプレスとそれに伴う最終ラインの調整をテーマとしました。

vs 宇都宮JFC U-11
スタートは5年生のみの形で始まる。試合開始早々に自陣ゴール付近でボールを失い先制されると、そこから立て続けにゴールを奪われる。
サンドバッグ状態のチームに対し、ネガティブなコーチングも多く、光が見えない。ベンチの4年生からも「試合に出るのが不安」という声も。
後半少し立て直せた部分もあったが、力の差を見せつけられた試合でした。
ボールを持つ時間がほとんどなく、攻撃のテーマとしていたところは僅かにあった程度。
守備の部分ではトップ、中盤、最終ラインのお互いの距離が伸びてしまい、簡単に前を向かせてしまうことや楽に縦パスを許してしまうところが多かったです。

vs 仙台宮城野選抜
前に行われた宇都宮JFCと仙台宮城野選抜の試合もまさかの0-13というスコアのため、勝てば2位通過、引き分ければPK戦となる試合。
試合開始前に審判からそのスコアを聞いてしまった選手たちは「勝てるんじゃないか」という淡い期待を抱いてしまうが、
またも開始直後に先制を許す。
しかし、フォルテもサイドからの攻撃とトップに入った4年生のドリブル突破などでフィニッシュまで持っていく。
クーリングブレイク明けに左サイドバックがペナルティエリアの角まで運ぶと豪快にゴールに突き刺し同点。
この得点の前後はフォルテの時間帯だっただけに追加点が欲しかったが、カウンターから失点をしてしまう。
後半は前でボールが収まらなくなり、受け身の時間が増えてしまう。
体を張った場面もあったが、足が止まってさらに3失点して試合終了となった。

私自身、今年度なかなか参加出来ず、ちゃんとベンチに入ったのは初めてだが、選手だけでなく指導者も成長しなければならない。
始めたばかりの新システム、当然のことながら上手くいかないことの方が多い。我慢強くやっていこう。

朝早くからご協力頂きました保護者の皆様、それから急な招集にも関わらず来ていただきました4年生の選手、保護者の方々、ありがとうございました。
暑い中、お疲れ様でした。
明日も頑張りましょう。

飯塚

6年アストーレカップ

会場 流山市シエロフットボールパーク                       .

●Aチーム
本日開催されたアストーレカップに、フォルテは2チームエントリーして臨みました。
この大会はフットサルで参加15チームが3ブロックに分かれての予選と、午後は順位戦という試合方式でした。

Aチーム7名の結果です。
予選Cブロック
①vs高柳FC 1-0勝ち
②vs新松戸SC-A 2-0勝ち
③vs梅郷SC-B 6-0勝ち
④vsつくし野SC-C 5-0勝ち

全勝で上位リーグへ
①vs三小キッカーズ 2-0勝ち
②vs梅郷SC-A 5-0勝ち
③vsつくし野SC-A 3-0勝ち
④vs新松戸SC-A 1-1引き分け
勝ち点10で優勝!

DF GKで後ろで回しながら、相手守備が薄くなったところで積極的にドリブルやコンビで仕掛け、
クロスから、ドリブル突破から、スルーバスから、質の高いゴールが生まれました。
攻撃以上に守備が安定していて、GKのファイルセーブにも助けられました。
8試合で失点1は見事です。最後の試合では、相手チームのきれいなミドルシュートで先制されながらも、
スタイルを崩さずにドリブルで仕掛けて相手を引き付けからフリーの選手へラストバスと、よく追いつきました。
ポゼッションを取りながらゲームを進めることへの意識の高まりを感じました。
質の良い縦バスの次のプレーに課題あり。また、練習しましょう。
本日も猛暑の中、たくさんの保護者の皆様に応援、サポートをいただき、ありがとうございました。

小川、槇山

●Bチーム
流山市で活動しているジュニアユースチーム、クラブアストーレからU-12の大会にお招きいただいた。
クラブアストーレは第一期生からフォルテ卒団選手が活躍しているジュニアユースだ。
アストーレカップには初大会からお招きいただいていたが、フォルテの合宿と重なり参加を見送っていたのだが、
今回は数年越しのお誘いに応えることが出来た。
毎年、天然芝のグランドでの開催なのだが、今年はグランドの都合で流山市のシエロフットボールパークでフットサルの大会となった。
フォルテ野田は2チーム参加だ。
夏合宿でも2チームエントリーしているので、合宿を意識してのチーム分けとした。
フォルテ野田チームAは総合優勝、
フォルテ野田チームBは総合6位と初参加で
素晴らしい戦績を残した。

チームB戦績
Aグループ予選リーグ

vs.江戸川台FCA 3-0 勝
vs.イレブンジュニア 6-0 勝
vs.つくし野SC A 0-1 負
vs.三小キッカーズ 0-2 負

予選リーグ3位で午後からの
6位~10位の順位リーグに望む。
順位リーグ
vs.つくし野B 5-0 勝
vs.高柳FC 1-0 勝
vs.新松戸SC B 3-1 勝
vs.江戸川台FC B 5-0 勝

予選リーグでの失点後の得点を急ぎすぎ、逆襲を受けることに繋がりました。
順位リーグでは切り替え、繋ぐ意識が良く、得点に繋がりました。
交代選手が少ないなか、良く切り替え、闘いました。
今後に繋がる良い大会参加となりました。

酷暑のなか、応援いただきました保護者の、皆さんありがとうございました。
コーチも暑いなか、ベンチワーク、審判、お疲れ様でした。
お陰様でフォルテ野田として立派な大会参加となりました。

詳細は黒澤コーチから。

谷津
——————
今回は6名でフォルテBチームとしてフットサルに挑みました。
テーマはパスを繋ぎポゼッションサッカーを目指します。

Aグループ予選リーグ
VS江戸川台FC A 3-0
VSイレブンジュニア 6ー0
VSつくし野SC A 0-1
VS三小キッカーズ 0ー2

予選グループは最初の2試合はボール回しからの得点を重ね、3ー0、6ー0の2連勝。
しかし次の2試合は、パスがほとんど繋がらず先に失点を許し、縦へ急いだ結果、自滅する展開。
結果、2勝2敗で予選3位となりました。

6位~10位の順位リーグ
VSつくし野B 5-0
VS高柳FC 1-0
VS新松戸SC B 3-1
VS江戸川台FC B 5-0

予選の失敗を修正し、パスサッカーを取り戻し午後は全勝で結果は6位。
交代も少ない中、最後まで頑張りました。
フィールド全員が得点したり、オーバーヘッドでシュートしたり、選手達の普段見れないテクニックもみれて見所の多い1日でした。
課題はスタミナ強化なので、練習からもう少し走りましょう。

本日も猛暑の中、車出しや応援頂きました保護者の皆様、ありがとうございました。

6年黒澤

3年練習試合

会場 境町猿島小学校                .

1試合12分一本
vs古賀セブン
2-0
4-0
0-0
5-0
3-1
vs境トリニタス
2-0
1-1
0-0
5-0
0-2

厳しい暑さの中の練習試合となりました。
2年生、3年の混合チームで臨み、特に3年生は今まであまりやってないようなポジションでいろんな事にチャレンジするように試合に取り組みました。
いろんなポジションを行うことで、選手自身でも点を取りたい。ここが楽しかった。ここが難しかったと話す選手も何人かおり、いい経験になったと思います。

2年生も慣れない8人制のサッカーということ、一学年上の選手との試合とのことでしたが、よくボールに絡んでいたと思います
全体的にディフェンス面に関してはまだまだ練習も足りず、これからですが、暑い中よく走っていた印象です。
来月は2B決勝トーナメントもある為、今日得た経験を生かし、準備をしていきたいと思います。

本日は暑い中、保護者の皆様応援ありがとうございました。

3年コーチ 槇山

3年東葛予選③

0-0アクティブ柏 会場 松戸市立北部小学校                        .

3年東葛予選③2018/8/4(日)
0-0アクティブ柏 会場 松戸市立北部小学校

本日、3年生東葛予選最終日となる。
アクティブ柏戦 0-0分け
通算、1勝1敗1分け 勝点4
何とか、予選通過出来た。
内容は、シュート数は遥かにこちらが多いものの得点にならなかった。
DUCと練習試合も実施してBチームには4-0、Aチームには0-2で終りました。
課題のディフェンスを強化すれば、勝利の見込みが見えてきた。
決勝トーナメントも選手達の活躍に期待する。

寺田

3年東葛予選②2018/7/21(土)
2-0FCアミスター 会場 松戸市立北部小学校

FCアミスター戦 2-0 勝ち
茹だるような暑さの中、3年生東葛予選の2日目が行われた。
残り1戦、引分け以上で決勝トーナメントに進む事が出来る。
是非、勝ちに行きたい。
ゲーム内容は、最終戦後に総括で報告を予定します。
寺田

3年東葛予選①2018/7/7(土)
0-6DUC.SC 会場 松戸市立北部小学校

3年生の東葛予選結果
3年生の東葛予選が始り、第一試合に挑む。
DUC.SC戦 0-6 惨敗
TRM DUC.SC 4-1勝ち
東葛予選は厳しいグループになり、初戦は苦しい戦いとなる事が予想されました。
本日のテーマを、先ずはディフェンスから頑張ろうと話し試合に挑みましたが、
攻撃や守備において、相手が一枚も二枚も上手でした。
まだまだ、ディフェンスには問題点が多く練習や修正が必要な事が再確認出来ました。
残り2戦ありますが、厳しい試合が続くことが予想されますが、頑張りましょう。
今回、審判部より對馬コーチ、保護者の皆様の応援を頂き感謝致します。

寺田

6年八千代町TM

会場 八千代町民公園・スポーツ公園                       .

台風が過ぎ不安定な天候のもと13名が集まった。
スポーツ公園の芝コートで八千代および群馬県高崎市からブルーボタンの3チームがそれぞれA&Bで試合を行ったが、
フォルテは13人のためメンバーを取り替えながらの対戦となった。

試合結果は以下の通りです。
対八千代A 20分一本0-1負
対八千代B 20分一本1-0勝
以下15分ハーフ
対ブルーボタンB 0-1勝
対八千代A 4-0勝
対八千代B 0-7負
対ブルーボタンB 2-0勝

芝コートのため短いパスの受け渡しをしてゴールに向かう互いに声を掛け合い後ろで作ってパス回しでつなぐことを意識したが、
若干芝が深く最初の20分では後半足が動かなくなる場面もあった。
コンタクトが悪くパス回しでキーパーがらみの短すぎ等課題が見られた。
八千代Aでの15分ハーフでは集中したディフェンスとサイドからの攻撃がつながり勝利を収めるも、
次のゲームではディフェンスが崩壊して大敗を喫した。
本日の天候と同様に波のある試合展開となった。
反省すべき点は反省して次のゲームや合宿で修正して後半の公式戦に繋げたいところです。
応援いただきました保護者の皆様、雨等の天候の対応もいただき本当にありがとうございました。

本日のコメント担当梅澤でした。

4年オレンジ2B予選②

9-0南流山SC、0-7トリプレッタSC 会場 野田市立福田第二小学校 .

2B予選オレンジ結果(7_29)
2B予選ホワイト結果(7_22)

●フォルテオレンジ2B予選② 2018/7/29(日)
9-0南流山SC、0-7トリプレッタSC 会場 野田市立福田第二小学校

vs 南流山SC (5-0,4-0)9-0 勝利
vs トリプレッタSC (0-5,0-2)0-7 負け

台風の影響も有り、1時間繰り下げでスタートした2B予選最終日、予選を1位で通過したいフォルテオレンジ。
4年生2人が怪我で試合に出れないという状況で9人の選手で最終日を挑みました。

2日目
第1試合目
vs 南流山SC
フォーメーションは2-3-2
テーマはいつも言い続けているコミュニケーションと早いプレス。
リアクションサッカーを無くす為に、常に守備をコンパクトを保ち、攻撃時にワイドに入る。
この試合は前半から早いプレスで相手を自由にさせない寄せでフォルテペースで始まった。
苦手なセットプレーからも得点が入り選手達に勢いを付けた。
後半は台風の影響で大雨の中の試合になりました。雨はドリブルを使うシーンも多く見られフォルテの得意の形になった。
更に得点を重ねる事も出来て試合に勝つ事も出来た。
結果(5-0,4-0)9-0

第2試合目
vs トリプレッタSC
勝てば1位通過で決勝トーナメントに入りたい両チーム大事な一戦。試合前からトリプレッタの念入りのミーティング。
フォルテオレンジはリラックスがあるのか選手達の笑い声が聞こえてくる。
試合前のミーティングでは1試合目と同様コンパクトにポジションを保ち、トリプレッタのトップ下の10番の選手を自由にさせない。
攻撃時はワイドに。
選手達にはコミュニケーションをしっかり取るようにするを伝え試合に挑みました。
試合直前の選手達による円陣。ここへ来てトリプレッタの一丸となる円陣がグランド全体に響き渡る。
フォルテもそれを意識したのか負けじと円陣を組む。
フォルテのフォーメーション2-3-2に対し、トリプレッタは3-1-3でのフォーメーション。真ん中のポジションに10番の選手。
ここからの展開がトリプレッタのパターンだ。
試合開始一気にトリプレッタの早いプレス。出鼻を挫かれたかのように引きぎみになってしまったフォルテ。
その勢いのままトラップミスが連発。ファストタッチが上手く行かない選手達。
それでもフォルテの選手達は何とか前の選手にボールを繋げようとボールを奪い攻撃に入る。
最初のチャンスはフォルテ。右サイドから真ん中の選手にボールを繋ぎトップの選手にパスを繋げた。
フォルテは上手く相手の前にボールを運びシュートすると思ったが、更にドリブルをしてしまい、
相手の必死の体を入れたチャージにやられチャンスを逃してしまった。
そこからトリプレッタの怒濤の攻撃が始まった。トリプレッタの10番の選手を中心にサイドからの攻撃や中央からのドリブル突破、
10分間で4失点、5失点としてしまう。
フォルテの両サイドの選手がポジショニングが上手く取れず、中央が手薄になり、相手選手の10番がフリーな状態になってしまうパターン。
後半もトリプレッタの勢いが止められず更に失点を重ね試合終了
結果は(0-5,0-2)0-7 負け

試合終了後は各コーチからの外から観た試合の内容と今後のやり方等を伝えた。中村コーチからの意見で選手達だけで話し合いをさせました。
それでも決勝トーナメントに進んだオレンジとホワイト。
今回のブロック予選では課題だらけになったが、負けて得る力を選手達には期待したいです。
今回も天候の悪い中、コート作りから応援サポートしてくれた保護者の方々有り難うございました。
帯同してくれた、小西監督、井上監督、中村コーチ、岡野さんお疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

●フォルテオレンジ2B予選① 2018/7/1(日)
5-1新松戸、23-0上本郷 会場 野田市スポーツ公園

2ブロック予選4年生大会4ブロック(オレンジ)主管
1日目

①新松戸 5-1
②上本郷 23-0

夏到来のスポーツ公園にフォルテが集結。

気温 33℃ WBGT 28℃と全ての試合でクーリングブレイク適応となった。
選手はよく走りきったものも、目指すものは、もっと高い位置にある事を忘れてはならない。

ピッチ作成からお手伝い頂いた中村コーチ、また、小西、井上監督には審判、運営を、
山崎助監督、近内監督、国生助監督にも選手等に助言頂き感謝です。

保護者の方々には暑いなか、昨日に続きご協力様有り難う御座いました。

詳細は飯塚コーチから
****吉原****
——————–
2B予選結果(オレンジ)
1日目
vs 新松戸SC (3-0,2-1)5-1 勝利
vs 上本郷SC (11-0,12-0)23-0 勝利

気温33℃の猛暑の中、フォルテ(オレンジ)11人がスポーツ公園に集まりフォルテ(ホワイト)も練習の中、応援に来てくれました。

1試合目
vs 新松戸SC
昨年の2B大会の準優勝チーム大事な一戦。
試合前のミーティングでは、テーマのコミュニケーションとゴールの意識。
仲間がボールを持った時のギャップの入り方を伝えピッチへ送り出す。
立ち上がりは前線のプレスからのボールを奪うシーンが見られた。
ゴールの意識も有り、フォルテのペースで前半を折り返した。
後半は前へ前への意識が強く、間延びしてしまう事が多かった。そこを相手に付かれ失点してしまった。
中盤と守備のコミュニケーションが出来なかったのが一つの課題でした。

2試合目
vs 上本郷SC
この試合ではゴールの意識と1試合目の課題であるコミュニケーション。
2バックでは、横並びだけじゃなく、縦の並びのカバーが出来る位置を取る。
臨機応変に使う事をアドバイス。前後半とも大量得点ではあったが、もっと周りを使ったプレーが欲しかった。
まだまだ俺が俺がのシュートが多く、外すシーンも沢山見られた。
ゴールでは確実に得点出来る選手になって貰いたい。
29日はもっと厳しい試合になるだろう。練習からしっかりとして行きたいと思います。
暑い中、ピッチ作成から応援サポートしてくれた保護者の方々、本部の手伝いをしてくれた各学年の監督コーチ、
本当に有り難うございました。これからも宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚

3年練習試合

会場 我孫子市ゆうゆう公園少年サッカー場                  .

本日は高野山SSSさんのお誘いによる練習試合を行いました。
15分1本による試合を6本、本日の課題はディフェンス。
印西FC A戦 1-4 負け
高野山 B戦 2-0 勝ち
印西FC B戦 1-1 分け
高野山 A 1-0 勝ち
ALL印西 4-0 勝ち
ALL高野山 1-1 分け

東葛予選の合間の練習試合、前々からの課題であるディフェンスをテーマとして挑む試合と位置付け、
試合に入るはずが、参加選手10名中、2名の体調不良で第1試合が始まる。
残る8名の選手も調子が良い者と動きが悪い者がおり、夏休みに入っているが、選手自身の体調管理が今一つのゲームてなってしまった。

第2試合からは全体の調子が戻って来たため、攻撃は自由に、守備はマンツーマンにと指示を与えて仕切り直した。
攻撃面は言うことはあまりなく、フィニッシュが甘くなっているだけ。
ディフェンスはこれからと言う感じだった。
本日も暑い中、応援を頂いた保護者の皆様に感謝致します。
今後も公式戦が待っておりますので、引き続きご協力をお願い致します。

寺田

6年ライオンズカップ②

会場 野田市スポーツ公園                        .

ライオンズカップ結果

ライオンズカップ2日目 2018/7/22(日)
酷暑のスポーツ公園に17名全員が集まる。
本日も選手の体調を考慮し、3分のクーリングオフを設ける。
先週から続き、繋ぐをテーマに試合に望む。
不参加チームが出た為に、フォルテは2チームで望む。

フォルテ野田A
vs.高野山SSS 4-0
vs.エンデバーFC 1-1 PK4-3
2位トーナメント1位

フォルテ野田B
vs.向台SSS 2-1
vs.FC三輪野江ビィクトリーズ 10-2
敢闘賞

各チームとも、良い闘いを経験しました。

詳細は関谷コーチ、鈴木コーチ、黒澤コーチから。

役員さん、保護者の皆さん、本日も大変な暑いなか、朝も早くからありがとうございました。
コーチも酷暑のなかお疲れ様でした??
井上監督、吉原副代表、ありがとうございました。

谷津
————————
●フォルテ野田A
1試合目
vs.高野山SSS 4-0 ☆

先週に引き続き「つなぐサッカー」をテーマにコーチング。
練習でもパス、スペースでボールをもらうトレーニングは重点的に行っていることもあり、
選手もパスの連携を意識的に取り入れて試合を展開してきている。
前半、DFラインでボールを回し、左の縦のスペースからMFの連携でゴール。同様な連携を今度は右から展開し追加点。
そのまま後半も2点追加した。
セットプレーからの得点もあり、まだまだ粗削りだが選手たちの成長を感じる試合内容だった。

2位トーナメント決勝戦へ続く。

6年 関谷
——————-
2試合目
エンデバーFC
1-1 PK(3-2)

2週にわたり行われたライオンズカップ、2位リーグ1位を目指す最終戦。
2チームに分けた為代わりのいない8人がラスト40分に挑む。相手は市内のライバル…お互い手の内はわかっている。
前半コーナーからフリーにしてしまい綺麗なヘディングで先制を許してしまったが、冷静にゴールチャンスを伺い、
テーマにしている「繋ぐ」を徹底して何度も相手を脅かしていく。
トップのミドルもキーパーのスーパーセーブに阻まれ左MFのループも枠に嫌われなかなかネットを揺らせず前半終了。
再度縦へ急がずサイドに広がり繋ぐ意識を確認しラスト20分へ…
前半のいい流れが後半も続き、左サイドの連携から優しいクロスをトップがダイレクトで決め同点。
その後も猛攻を見せるが試合終了。交代選手のいない8人…
よく走りきりました!今大会2度目のPK戦、決めても負ける。外しても勝てる。
なかなかない実践で良い経験ができたと思います。2位リーグ1位、総合5位。よく頑張りした。

大会関係者の皆様、2週連続猛暑の中大変お疲れ様でした。
保護者の皆様もまだまだ暑い日が続きますが、親子共々体調に気を付け今後の大会、夏合宿と頑張っていきましょう。
本日はありがとうございました。

6年 鈴木
——————-
●フォルテ野田B

今回は大会に欠場チームが出たため、フォルテのBチームがフレンドリーマッチを2試合行いました。
試合のテーマはパスを繋ぎポジションサッカーを目指します。

1試合目VS向台SSS 2ー1
2試合目VSFC三輪野江 7ー3

どちらの試合も個人技による得点が目立ち、パスサッカーはまだまだで、何度もあったコーナーキックは誰もボールに触れず素通りしてしまうのが反省点でした。
ただ、その中でもDFラインから指示の声が出たり、中盤でもボールをもらう動きやサイドでのワンツーなど積極的なプレーもみられました。
さらには3年ぶり?にやる気スイッチが入った選手が活躍したり、猛暑の中、全員で精一杯走り回りフォルテらしいプレーで頑張りました。

本日も熱い中、準備や手伝い、会場運営から応援までご協力頂きました監督、コーチ、保護者の皆様、ありがとうございました。

6年 黒沢

ライオンズカップ1日目 2018/7/15(日)
浦安ブルーウィングス4-2、FC三輪野江ビィクトリーズ5-0、道祖土SSS1-1(PK1-2) 会場 野田市スポーツ公園

梅雨も明け、連日の猛暑が続いている。
昨日の準備でも役員と保護者が汗をかきながら行った。
短く刈られたスポーツ公園に15名の選手が集まる。

このところ取り組んでいる、繋ぐサッカー。アップから意識した練習を行う。
練習を活かしたプレーが出ることを期待し、予選ブロック3試合に望んだ。

vs.浦安ブルーウィングス 4-2
vs.FC三輪野江ビィクトリーズ 5-0
vs.道祖土SSS 1- 1(PK1-2)

予選ブロック2位で通過となりました。

昨日の準備、朝早くからの準備と役員さん、保護者の皆さんありがとうございました。
お手伝いいただきました、コーチの皆さん、お疲れ様でした。

来週もよろしくお願いします。

詳細は
関谷コーチ、鈴木コーチ、黒澤コーチから。

谷津
—————–
朝から気温が高い中、15人が2週にわたる試合に挑みました。

第一試合
浦安ブルーウィングス
4-2

テーマは「繋ぐ」直接見る事はできませんでしたが前回の古河では繋ぐ事により体力を保ちながら前へ運んでいく事を学び、
それが上手く機能していた事を聞きました。
今回もそれをテーマに挑み、楽にと言う言い方はおかしいかもしれませんが、いかにこちらのペースでボールを回せるかを確認し、試合開始。

スポーツ公園特有のフィールド…草の為、ボールが止まってしまう。ある意味ホームグラウンドだが、いつもの力ではパスが繋がらない。
2点の失点もハッキリしないパスをカットされた。
パスが失速してしまうのなら周りがさらに寄ってあげるとか浮かして走らせるパスなど工夫をしてみよう。
そして6年の欠点だと思う所は開始のホイッスルと同時に100%で発進できないこと。
徐々に調子が上がる為前半戦がバタバタになってしまう。
気温により試合時間が6分3分6分ハーフとなり、エンジンがかかったなぁと思うとクーリングブレイクとなってしまう。
そんな中でも自分達で声かけをし修正して4点取り勝利。
アップの時からスイッチを切り替え体と気持ちをしっかり100%にし試合に挑もう。
暑い中よく走りました。

本日も暑い中、設営、応援と協力して下さった監督コーチ、保護者の皆様、ありがとうございました。
来週もよろしくお願いいたします。

2試合目に続く…

6年 鈴木
——————-
2試合目。

VS三輪野江ヴィクトリーズ5ー0。

1試合目の中途半端なパスミスの修正を心掛け試合に挑みました。
前半からサイド攻撃をしかけ、狙い通りに右サイドから先制点。
続いて中央からのワンツーで追加点。さらには左サイドから個人突破で3点目。
前半は左右と真ん中から点をとり3ー0で折り返す。

後半は、メンバー交代を行い全員サッカーで追加点を目指し、結果5ー0で勝利。結果は良かったが、
試合を有利に運ぶためのパス回しはまだまだで、スローペースになった時に相手に合わせてしまうところもあり、
今後の強敵との対戦を考えると課題も多い試合であった。
Hブロック1位となり、来週の順位決定戦の1位リーグをかけ、Gブロック1位との最終戦に臨みます。

本日も猛暑の中、会場設営や試合運営に協力いただきました監督、コーチ、関係者、保護者の皆様、ありがとうございました。
選手達も暑さに負けず精一杯頑張っておりますので、今後も熱い声援をお願いします。

6年 黒沢
——————-
第三試合

vs 道祖土SS 1-1(PK1-2) ★

2戦目の快勝により、Hブロック1位で通過した。3戦目はGブロック1位の道祖土SSとの順位決定戦に挑む。
猛暑での試合のため、選手の体調面も考慮し計画的に休憩、食事、アップをしてきた。
選手同士の声掛けも前向きでチームの雰囲気も良かった。
試合は序盤から相手ペースとなり、右サイドから突破されライナー制のセンターリングを中央でダイレクトで合わされた。
ボールはGKの股を抜かれゴール。
フォルテも見習いたいほどの鮮やかな連携だった。
飲水タイムで気持ちを切り替えたことで、そこからフォルテにボールが回るようになる。
左MFからスルーパスをFWが受けGKを上手く抜き去り同点ゴール。
その後、何度か得点チャンスはあったが決めきれず試合終了。
PK戦は(1-2)。GKのファインセーブもあったがPK戦の難しさを知った。
チームの雰囲気も良く、モチベーションも高かっただけに悔しい敗戦となった。

保護者の皆さん、猛暑のなか運営準備、熱い応援ありがとうございました。
監督コーチもお疲れさまでした。
また来週も引き続きよろしくお願いいたします。

6年 関谷

4年ホワイト東葛予選①

2-1高野山 会場 柏の葉サッカー場                        .

4年東葛予選①2018/7/22(日)
2-1高野山 会場 柏の葉サッカー場

【4年生東葛飾地区少年サッカー大会予選 ホワイト 】
4年生も東葛予選が始まった。
参加60チームが15ブロックに分かれて予選を実施。
上位2チームが12月24日から始まる決勝トーナメントに進める。

このところ異常とも思える酷暑のなか、4年ホワイト8名+3年生2名が柏の葉サッカー場に集合した。

本日は予選1試合のみ
対高野山 2 : 1

乾燥しきったクレーコートに中途半端な芝。選手は暑さに負けず、今日も走り切りました。

残り2試合、柏エフォート、トリムAも攻めきり勝利したい。

詳細は飯塚コーチから。
酷暑、小西監督、保護者の皆様に感謝します。
ありがとうございました。
*****吉原*****
————————–
2チームエントリーした東葛大会予選Cグループ
柏エフォードFC (主管)
高野山SSS
フォルテ野田 ホワイト
FCトリムジュニアA

第1試合
vs高野山SSS (0-0,2-1)2-1 勝利

先に東葛予選に挑むフォルテホワイト4年生9人、3年生2人、11人が柏の葉多目的公園に集まった。

vs高野山SSS
前日から体調不良が続出したフォルテ、当日も心配されたが休む事なく全員が予選に挑んでくれた。
フォーメーション2-3-2。
テーマはコミュニケーションと前からの積極的なプレス。ボールを奪われたら必ず自分で取り返す(3秒以内)
序盤から積極的なプレスをかけるフォルテ、高野山もその勢いに押され後ろでパスを回す展開。
ボールを奪ったら早めにゴールを狙うフォルテ。高野山のGKに何度もゴールを阻まれてしまう。
高野山のキーマンとなる左サイドの14番に繋げようとする高野山の選手達。ボールを持ったらかなりのドリブラー選手。
ポジショニングの良さもかなり良い位置を取って、スペースを狙っている。
それでもフォルテの選手達は声をかけながら、ポジショニングを修正してる。
センターの2人のカバーリングで高野山の攻撃をさせない。
カウンターでの危ないシーンもフォルテのGKがファインセーブで阻止してくれた。
途中給水タイムを入れ、高野山の14番を押さえる為に体力のある選手を入れ交代する。
それでもこの暑さは選手達の体力をかなり消耗させた。何とか前半を0-0で終了。
後半は攻撃に厚みを出す為に、ドリブラーの3年生を高めにポジショニングをさせ、更に高野山の14番をマンツーマンにされる。
前半は慣れないポジションで戸惑うシーンもあった3年生も後半は自分達の普段のスタイルなのか凄く良いプレーが出来た。
インターセプト、球際の強さは本来の守備能力が証明した感じでした。
4年生もセンターの2人を中心にトップ下の選手にボールを預け、トップの選手にスペースへのパスを出す攻撃パターン。
前半から高めの位置を取ってる高野山GK。後半もその高めの位置を取っていた高野山GK。
それを狙ったかのような中盤からのパスでトップの選手が反応して、高野山GKを抜いて無人のゴールに叩き込んで先制点を上げた。(1-0)
更にトップ下から右サイドの選手にパス。トップ下の選手は右サイドの選手を追い越しオーバーラップをかける。
右サイドの選手はオーバーのタイミングに合わせタメを作り見事パスを出し繋げた。
更にドリブルで中に切り込みフリーの選手にパスしてフィニッシュ!見事追加点を上げた。(2-0)
練習してきたオーバーラップが凄く決まりました。
アディショナルタイムでコーナーキックから失点を許してしまったものの最後まで全力で戦った選手達。
結果は(0-0,2-1)2-0 勝利!

前日から体調崩してしまったフォルテホワイトの選手達。この暑さの中凄く頑張りました。
3年生2人の活躍も見事なものでした。それでも得点能力に関しては課題だらけです。
ゴールへの意識とシュートの質を上げたいと思います。
今回も暑い中、応援サポート有り難うございました。帯同してくれた小西監督お疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

2年、1年交流試合

会場 北部小学校                             .

今日は北部小にて梅郷SCさんと交流試合を行いました。

2年生 (8分ハーフ)
フォルテ白 1-1 梅郷
フォルテ白4-0フォルテ青
フォルテ青2-0梅郷
(10分1本)
フォルテ白2-2フォルテ青
フォルテ白0-2梅郷
フォルテ青1-4梅郷

1年生以下(8分ハーフ)
フォルテ5-2梅郷
フォルテ0-6梅郷
10分1本
フォルテ0-2梅郷

今日もテーマはドリブルと早いプレス。
最近の練習でも多くの時間をボールコントロールやドリブルにかけている。
試合でも足裏を使った引き技やステップオーバーなどを期待していたが、
相手との間合いやタイミングがよく掴めないのか思ったほどいいシーンが見られなかった。
もう少し相手との駆け引きを覚えてもらいたい。
プレスに関しても当たりの強い相手に対し気持ちが引いてしまっている印象もあり、
ボールを守る所はしっかり身体を入れるとか多少強引さがあってもチャレンジするようなシーンをもっと増やしたい。
時間が経つにつれて選手の疲労が蓄積され、最後の試合では足が止まってしまったが、暑い中よく走りました。
まだまだ課題はたくさんあるけど少しずつ成長していこう。

保護者の皆さま、今日も気温が高い中準備やグラウンド整備、暑さ対策などご協力ありがとうございました。

執行

4年タカスポ杯

1-0AZUL SC、5-1大泉FC、0-4古河SS 会場 リバーフィールド古河

7/16タカスポ杯 4年生19人がリバーフィールド古河に集まった。
気温35℃近くある猛暑の中、選手達は一丸となって試合に挑みました。

予選リーグ
vs AZULSC (1-0,0-0)1-0 勝利
vs 大泉FC (2-0,3-1)5-1 勝利
決勝
古河SS (0-1,0-3)0-4 負け
優勝
古河SS
準優勝
フォルテ

vsAZULSC
毎回テーマにしてあるコミュニケーションや前からの積極的なプレス、プレスした所を予測してボールを奪う。
オーバーラップなどを意識する。
前半から積極的にプレスするフォルテ、相手チームも引けをとらない実力派。
球際ではフォルテが上だが、相手の連携したパス回しは相当な体力を奪われる。
猛暑の中交代しながら選手達を送り出す。
前半で先制点を上げ、後半も前からのプレスで相手チームを自由にさせない。良い形で試合が出来たと思いました。
結果 (1-0,0-0)1-0 勝利

vs 大泉FC
この試合はホワイトをメインに挑みました。やる事は1試合目と同じで、前からのプレスを徹底しました。
ここではセンターの2人が上手くハマり、相手チームの攻撃をさせてませんでした。
センターの2人は試合の中でお互いコミュニケーションを取っており安定したバランスでした。
その分攻撃にも力が入り得点も出来ました。結果(2-0,3-1)
5-1
勝利

vs 古河SS
ここではオレンジをメインにホワイトの勝利の後押しもあって選手達も気合い十分。
古河SSはパスで繋ぐサッカーで、よくサッカーを知ってるチームだ。
特に速いリスタートの切り替えは注意すべき所。
前半からパスで繋ぐ相手に対し、前からのプレスを徹底するフォルテ。
球際では本当に強くなった選手達。フォルテペースだが中々得点が出来ない。
相手GKのファインセーブに阻まれる。後半も前からのプレスをするが、この暑さで徐々に選手達も体力が消耗される。
選手交代もするが、相手チームのパスサッカーがここへ来てハマり始める。
フォルテの選手もプレスに行くが足が動かない。何とか必死にボールを奪いに行くもファールを取られる。
更に速いリスタートで切り替えが出来ず失点。
完全にガス欠になったフォルテは足が止まってしまい。勝つことが出来なかった。
結果(0-1,0-3)0-4 負け
準優勝 フォルテ

この猛暑日で選手達は凄く頑張りました。速いプレスでボールを奪う。球際の強さは練習の成果が出てました。
ここ最近の試合ではパスで崩される事が多く。凄く課題が出た試合でした。
強いチームとの試合も勉強になり良い経験になりました。
この猛暑日の中、応援サポートしてくれた保護者の方々、
帯同してくれた中村コーチ、国生コーチ、4年生コーチ本当にお疲れ様でした。

4年生コーチ 飯塚

タカスポ杯結果0716

5年活動報告

                                  
変換 フクダ電子アリーナ

18期生(現中1)に続き、ジェフユナイテッド千葉のホームゲームに招待していただけるということで、
フクダ電子アリーナで行われたジェフユナイテッド千葉対ツエーゲン金沢の観戦に行きました。

残念ながら千葉は敗れましたが、両チーム合わせて7得点が生まれた試合は、
セットプレーやカウンターなども含め様々な形があり、選手にとっても刺激になったと思います。
食事に夢中な選手、プレーを見てメモをとる選手、それぞれの個性も見られました。

朝から2ブロック予選もあり疲れた中でしたが、選手たちにとって良い一日になったと思います。

お疲れ様でした。

飯塚

5年2B予選②

2-0ラビットキッカーズ 会場 野田市スポーツ公園

●2B予選② 2018/7/15(日)
2-0ラビットキッカーズ 会場 野田市スポーツ公園

5年生2B予選 速報

フォルテ野田 VS ラビットキッカーズ
2-0 勝ち

フォルテ5年生
2B予選を 2勝 1引き分け
予選 1位 通過

おめでとうございます。

試合 詳細は、後ほど国生より

5年コーチ 国生
———————
本日は、3連休の中日、連日の酷暑の中、フォルテ5年生 全9名 で、2B予選とても大事な試合に挑みます。

6/10に2B予選1日目で、1勝1引き分けの勝ち点4
ワールドカップ日本代表の予選と同じ、最終試合の結果次第で予選突破?敗退?の決まる大一番。
選手達にもプレッシャーをかける。
このプレッシャーを経験して、さらに楽しんで貰いたい。

本日、第1試合目は、
ラビットキッカーズ VS ALMA松戸
軽いアップの後、対戦相手の前半を全員で偵察?
相手チームの特徴や、システムなどをチェックしていました。
自分は、副審をしていたのでアップの状況は、わかりませんでしたが、メンバーには緊張感があり集中した良い顔で試合に挑めていました。

ラビットキッカーズ様が2試合連続の為、40分 空けての第二試合目
フォルテ野田 VS ラビットキッカーズ
試合開始前のミーティングでは、特に細かい指示などはしないで、相手の特徴や、攻撃の仕方などの情報だけ伝えて、
今まで様々な練習や、練習試合でやってきた事を出せるよう声がけをして試合に挑む。

前半からフォルテの出足の早いプレスに相手チームが戸惑っているように感じましたが、徐々に慣れて来て フォルテ ラビットキッカーズともに良い攻撃 身体を張った守備にて白熱した試合になる。
フォルテメンバー1名が、暑さの影響で交代するが、交代メンバーが身体能力を活かして、激しくプレス。
更に凄い運動量でコートを走り回ってくれて、相手チームの脅威になる。
酷暑の為、クーリングブレイク(3分)をはさみ一進一退の攻防が続くが前半を0-0で終了。

ベンチに戻るメンバーも酷暑の影響で大量の汗を流しながらも、自信に満ち溢れた顔で戻ってくる。
ハーフタイムのアドバイスも、とても良い戦いが出来ている為、気持ちを高める声がけのみをして後半の試合に挑む。

後半、早い時間に、フォルテ左サイドからの攻撃にFWの選手のドリブルから、もう1人のFWへボールが繋がり
ゴールキーパーの飛び出しの横を抜けるシュートがゴールに入り、フォルテの先制ゴール。
ゴールパフォーマンスも、コートの中を味方選手をかき分けながら走り回り嬉しさを爆発させる。
相手チームも、勝利を諦めていない。
実力的には、格上チーム。ドリブル、パス回し、個人技、など怒涛の攻撃を繰り出してくるが、フォルテ保護者の熱烈な応援もあり、小林コーチが常々言い続けてくれている。『声がけの大事さ』が伝わったのか、チームを盛り上げる声も出始める。
相手FWには、ドリブルが上手い選手がいましたが、井上監督より今年1月頃から数ヶ月、特にテーマにしていた、テクニックや、スピードドリブルへの守備の仕方を徹底してやった事で、とても良い守備が出来ている。

特に、この試合のフォルテセンターバックが、お手本のような守備。
飛び込まず、しかし奪えるチャンスには身体事ボールを奪いに行く頼もしいDF
そして決定機には身体を投げ出しての守備に、フォルテ攻撃陣も応えたい。

試合終盤、同点ゴールが欲しい相手チーム守備陣が前がかりになっている所に、攻守に走り抜いた中盤の選手のクリアーボールに相手チームよりもいち早く反応したFWの選手が、飛び出す相手ゴールキーパーよりも早くミドルシュート。
見事ゴールネットに突き刺した。
決定的な2点目のゴールに選手、監督コーチ、保護者の歓喜の雄叫び。

2-0勝利 する事が出来ました。

結果、なんと2B予選(5年生)
2勝1引き分け 勝ち点 7
堂々の1位通過

ゴールデンエイジの成長は、本当に驚かされます。
しかも、他学年 監督コーチ&保護者より 5年生 凄く成長していてどんどんサッカーが上手くなっている。と褒め言葉を言って頂き、自分の事のように嬉しくなりました。
これで2B予選は、終了しましたので、フォルテ5年生は、監督コーチで相談していた、次のシステム、テーマ(オーバーラップ)にチャレンジする事になります。
早速、今日の最後にTMがありましたので、飯塚監督の元、新しいシステムと、新しいテーマにチャレンジ。
内容は、イマイチ(体力の限界?)でしたがチームとしても次のステップに進んで行きたいと思います。

最後に、2B予選(5年)主幹をさせて頂き、2日間、ラビットキッカーズ様、流山隼様、ALMA松戸様、色々と、ご迷惑おかけする事もありましたが、無事に終了する事が出来ました。
本当にありがとうございました。
これを機会に、今後とも練習試合などもよろしくお願い致します。

フォルテ審判部、小西監督 本日もチーム帯同して頂き、更に本部、審判担当して頂きありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

4年生 監督&保護者 様
5年 主幹 本部運営とメンバーへの激励 応援 本当にありがとうございました。

5年 保護者の皆様
2B予選(5年)主幹運営にご協力して頂き本当にありがとうございました。
今日の応援は、メンバーの心にも届く熱い応援でした。
子供だけでなく、親子でサッカーを楽しめる環境、関係が、子供達の成長に繋がっていると思います。
子供は、親に褒められると嬉しくなります。
是非とも今日の試合を褒めてあげてください。
そして反省や、ダメだしではなく、良かったプレーや、頑張ったプレーを聴いてあげてください。
そうすると、もっとサッカーが楽しくなり、もっと上手くなりたくて真剣に練習してくれると思います。
(自分の子供の時に解っていれば(泣))

フォルテ5年メンバー
2B予選 1位通過 本当におめでとうございます。
感動的な試合に関われて、本当にありがとうございます。
1~2ヶ月後には2B決勝トーナメント。
それに勝利して、県大会出場。
この1~2ヶ月あれば、更に個人が成長してチームとしても大成長出来れば、もっと上を目指せます。
1回1回の練習や、練習試合を大事にして選手、保護者、指導者 一丸となって頑張って行きましょう。

大変 長文になってしまいすいません。

フォルテ5年コーチ 国生

●2B予選① 2018/6/10(日)
2-1FC ALMA松戸、1-1流山隼少年SC 会場 野田市スポーツ公園

VS FC ALMA松戸
2-1 勝ち
貴重な勝ち点3

VS 流山隼少年SC
1-1 引き分け
2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。
次節7/15(日)に持ち越しになりました。

5年コーチ 国生
———-
いよいよフォルテ5年生での公式戦が、本日 開催される。
今まで、様々な練習&試合で 沢山のサッカーを学んできたことを全部出し切れる試合になって欲しい。
梅雨の季節に開催するので、天気が心配でしたが河川敷グランドの為、対戦チームへも 基本 雨天決行の連絡をして開催する事が出来ました。
フォルテ5年 2B 会場主幹の為、前日準備&当日 朝6:45~会場準備 チームスタッフ&保護者 の皆様により 早めに準備をする事が出来ました。
本当にありがとうございました。

本日の、第1試合目は9時~で、フォルテの試合は第2試合目の10時~
対戦相手は FC ALMA 松戸。

松戸のチームは、どのチームも強い印象があり、どんなサッカーをして来るかもわからないですが、
フォルテ5年生が、今、挑戦しているサッカーをしっかり出来れば、良い試合が出来る。

VS FC ALMA 松戸
10時~の試合で、しっかりと体も気持ちも準備が出来ていたので、試合の入り方はよかった。
最近 5年テーマは、チーム全体で、前に出てプレスをかける事。
開始から気持ちの入ったハイプレスサッカーが出来ている。
相手コートでのプレーが続く中、左サイドからの攻撃に右サイドの選手がゴール前に飛び込み ゴール フォルテ先制点。
選手、ベンチ、保護者 全てが喜びに溢れる。
しかし、浮き足だってたのか?その後、1分もしない内に同点にされてしまう。
失点は、中盤でのプレスが甘く、センターバックが最後に身体を寄せきれないで、ドリブルシュートを決められてしまう。
一言で言えば「軽いディフェンス」。
この1年間の内に、練習したディフェンスの仕方をもう一度思い出して欲しい。
ここで、前半終了。1-1 同点

ここ最近のフォルテ5年生の試合では、先制点するも追いつかれて、更に逆転される事が多かったので、
ハーフタイムで集中力と落ち着き、を取り戻して後半に挑んで欲しい。

後半は、自分が私用の為、いなかったので…
左サイドプレーヤーのスーパーシュート(想像です。)が炸裂して2-1にて貴重な勝ち点3をもぎ取る事が出来ました。

VS 流山隼少年SC
第2試合目は、流山隼少年SCとの試合。
フォルテの試合より前に試合をしていたので、相手の特徴を選手達に伝える。
センターバックの守備力があり、ロングフィードがうまい。チャンスになるとドリブル突破で攻撃参加をして来る。
フォワードの選手が、小柄ながら足が速い。
など、相手チームの特徴を伝え試合に挑む。
相手チームがどんなチームだろうと、今のフォルテ5年生のテーマは変わらない。
前線からのハイプレス&高いディフェンスラインにて攻撃の厚みを作る。
しかし前半、一瞬の隙をつかれて1点奪われてしまう。
気持ちが落ちてしまうかとも思ったが、選手同士で声を掛け合い上を向いて試合に戻る。

後半になっても、前線からのハイプレスで体力も限界の中、チームのテーマを全員が頑張り、一進一退の攻防が続く。
相手チームも、追加点を狙いに前がかりになってきたので、前線の選手をなるべく前に残るように伝えると、
フォルテのカウンターが見事に決まり、同点に追いつく事が出来ました。
最後まで勝利目指して走り続けましたが試合終了のホイッスル。

1-1 引き分け

2勝して予選通過を目指したのですが、あと少しでした。

本日、勝ち点4
流山隼少年SC様は、日程の関係で、本日3試合して頂き 勝ち点4
フォルテ5年生は、次節の試合にて、引き分け以上で予選通過。
1ヶ月後の次節2B予選に向けて、更に練習して成長する事で予選通過が見えて来ます。
本日の試合で、出来た事、出来なかった事をチームスタッフで確認して練習にて修正して行きたいと思います。

最後に、FC ALMA 松戸 様 ?流山隼少年SC様 ラビットキッカーズ様
本日は朝早くから天候不順な中の公式戦、ありがとうございました。
7/15に次節開催させて頂きますので、よろしくお願い致します。

スケジュールの関係で、フォルテ4年生にTRMに来て頂きました。
フォルテ4年生 選手、指導者、保護者の皆様 天候不順の中、協力して頂き本当にありがとうございました。

審判部、野口コーチ

審判確認含め、サポートして頂きありがとうございました。
少しトラブルもありましたが、無事終了する事が出来ました。
引き続きサポートをお願い致します。

3年 篠田助監督
応援に来て下さり、更に本部運営もサポートして頂き、ありがとうございました。

フォルテ5年生、指導者、保護者の皆様。
2B 会場主幹の為、前日準備、当日も朝早くから準備をして頂き、更に本部運営 本当にお疲れ様でした。
自分自身、初めての主幹運営で、不慣れな為、大変ご迷惑をおかけしましたが、無事1日目を終了する事が出来ました。
次節7/15も会場主幹運営になりますので、ご協力をお願い致します。

フォルテ5年生は、様々な人にサポートして頂き、サッカーを思いっきりする事が出来ています。
それを、1人1人が成長した姿を見せる事が大事になりますので、1日1日の練習を真剣に取り組んで行きましょう。

フォルテ5年コーチ 国生

3年生交流試合

会場 清水台小学校

3年生交流試合結果
vsペラーダジュニアーズ
15分x5本
1.1-0 ○
2.3-1 ○
3.0-1 ×
4.3-0 ○
5.3-1 ○

今日は37度を超える暑さとなり試合前から体調不良を訴える選手が出るなど厳しいコンディションでの試合となりました。
クリーングブレイクを入れながらの15分マッチを5本。
・ディフェンス時のポジショニング(カバーに入る)
・オフェンス時では練習で取り組んでいるワンツーを使う。
をテーマにしました。
ペラーダさんは4年生の合宿に参加しているメンバーもいて半分くらいは2年生という混合チーム。
体力、体格で勝るフォルテが優位な立場で試合をコントロールする場面が目立つ。
しかし、どこでワンツーを使ったら効果的なのか?自分で持ち込めるのか、味方選手を使うのか?
ボールを持った選手の状況判断の遅さや選択肢の少なさからボールを奪われるシーンが目立つ。
対してペラーダさんの方がパス1つとってもそこに意図が感じられてプレスに来た選手を巧みにかわしていました。
周りを見る視野、状況判断は今後意識していきたい点です。
ドリブル主体からパスを取り入れてまだ間もなく選手同士の意思が噛み合わない部分が多く
得意なプレーが身を潜めている印象ですが声を掛け合い試合を重ねながら高めていってもらいたいと思います。

今日は外にいるだけでクラクラしてしまう程の暑さの中、選手たちはよく走りました。
来週も東葛があるなど、夏場の試合も続きます。しっかり睡眠と食事をとるようにしましょう。

暑い中ペラーダさんありがとうございました。
保護者の皆様も設営、冷やしタオルなどの準備ありがとうございました。

執行

6年古河JSC交流試合

会場 古河リバーフィールド

①vs シャルムグランツ 8-0 ☆
②vs 壬生FCユナイテッド 0-1 ★
③vs 古河JSC 1-6 ★
④vs シャルムグランツ 1-0 ☆
⑤vs 古河JSC 3-0 ☆

30℃を超える初夏の中、古河リバーフィールドに15人の選手が集まった。
W杯期間中も重なり、選手の会話もスター選手のプレイで持ちきり。
今日のテーマは「つなぐサッカー」。
これは全小予選終了してからブレずに取り組んでいることもあり、練習の成果も試したいところ。
①~④TMではパスをつなぐ気持ちがある時とそうでない時で試合の運び方が変わってくる。
特に①では8点のうち4点はサイドから1点は中央の連携パスから決めている。
つなぐ気持ちのきっかけになる価値ある大勝だと思う。
最終戦⑤では更に飛躍が見られた。「サイドは下がってもらおう」「広がって展開しよう」と選手同士で話し合う。
選手の意識も高いと試合結果にも反映される。
パスもつながり選手たちは連動していた。ボールが連携するサッカーの楽しさが分かってきたと思う試合だった。

暑い中、保護者の皆さん応援ありがとうございました。
監督コーチもお疲れさまでした。
県大会1勝を目指して、三位一体で頑張りましょう!

6年 関谷

4年TM FCグラーナ

会場 常総運動公園 .

7/8(日) 交流試合 常総運動公園に4年生16人が集まりました。
公式戦が近いので兼ねてオレンジ、ホワイトと分けて試合をさせて貰いました。

●フォルテオレンジ
20分2本、15分2本 途中給水タイム有り。
1本目
vs FCグラーナ (1-1)
2本目
vs FCグラーナ(1-4)
3本目
vs FCグラーナ(1-3)
4本目
vs FCグラーナ(2-2)

FCグラーナとは以前、TMをしており、個の力も有り組織的プレーの印象が有りました。
この時は何本か勝たせて貰いましたが、今回は勝てるどころか、ボールすら中々奪えず
球際では完全に負けてました。相手のパスは以前よりもかなりの質が高く、
ダイレクトパスでの繋ぎはフォルテの守備が完全に崩されての失点でした。
フォルテもプレスをかけるも、相手チームの周りの動きに翻弄され、自分達の本来の力も出せずに終わりました。
数ヶ月前までは、互角な試合をしていたチームに、ここまで力の差を付けられたと痛感しました。
それでも選手達には貴重な経験になったと思います。
練習ではパスやトラップ、シュートの質などを上げ、球際での力を身に付けたいと思います。

本日は応援サポートしてくれた保護者の方々、帯同審判での岡野さん、有り難うございました。

ホワイトは矢嶋コーチに見て貰いました。詳細の方宜しくお願いします。

4年生コーチ 飯塚
——————–
●フォルテホワイト
フォルテ4年B vs FCグラーナB

1戦目 (20分×1) 3-0
2戦目 (20分×1) 2-1
3戦目 (15分×1) 3-1
4戦目 (15分×1) 4-0

公式戦の真っ只中という事で、チーム分けも公式戦登録のオレンジ(A)、ホワイト(B)で臨んだ練習試合、Bチームを見させていただきました。
人数が足りなかったため、試合毎にAチームから2人借りる状況でした。
普段、2トップの一角として出る選手を怪我で欠いていたので、得点力の部分で心配はありましたが、
そこはAチームからの助っ人が余りあるほどに埋めてくれました。

4戦での得点は全てAチームの選手によるもの。
そこは残念ではある。
Bチームのメンバーの課題の1つ。
前線の選手がボールを受けた時、どう運んでどうシュートまで持ち込むか。
形さえできればいいシュートを打てる選手もいるので、そこまでの過程に自信を持てればもっと変わってくるのかな、と思います。
守備面では、DFの2人が体を張って頑張ってくれていました。
全体として、相手ボール保持者に対する寄せのスピードが遅く、自由にボールを回させてしまうところがあった点、
味方が相手ボール保持者に寄せてコースを限定した後、次にボールが行くであろうコースを切る動き。
このあたりはとても気になった。

「失点については明確に指示を出せない俺(矢嶋)の責任だから気にしなくていいからねー」
試合中にこう伝えたところ、
「いや、僕が悪い!」
ちょっとびっくりしました。
こんな返しをしてくる子達なので、すぐ修正していけると思います。

今日は初めて1チームを1人で見させてもらって、自分自身に足りないものが多すぎて、戦術的な指示も出してあげられないし、そんな中選手たちは素直に話を聞いて頑張ってくれたと思います。
自分も選手達と一緒に頑張ろうと思わされました。

保護者の方々、4戦ずっと審判をしていただいた岡野さん、ありがとうございました!

矢嶋

3年2B予選②

2-1ダック 会場 松戸市立河原塚小学校                  .

2ブロック予選_最終結果

●2B予選② 2018/7/8(日)
2-1ダック 会場 松戸市立河原塚小学校

vsダック 2-1勝ち

昨日の試合の反省点である
・ディフェンスで1発でいかない
・同じミスをしないように考える
という事を確認し試合に臨んだ。

前半、ディフェンスの話をしたせいかイマイチいつもの攻めが出来ず脚が止まっている。
相手のカウンターとクリアミスから先制点を許し0-1で折り返す。
後半、ディフェンスも頭にいれながら、いつもの攻めが出来るようにとハーフタイムに話し試合に入る。
後半開始してすぐ、左サイドのドリブル突破から1点を返す。
その後も攻める展開は続くが点に結びつかず。
後半終了間際に今度は右サイドの選手がフリーでドリブル突破し、ファーサイドにシュート。
キーパーに弾かれるもフォワードの選手が詰めて勝ち越し。
2-1で勝ちました。

3勝0杯で1位通過しました。
決勝トーナメントにむけて、ディフェンス強化や、パスなどに磨きをかけ
攻撃面でもバリエーションを増やしていけたらと思います。

本日も暑い中、応援に来てくださった保護者の方々、審判部より来てくださった野口コーチ。
本当にありがとうございました。

3年コーチ 槇山

●2B予選② 2018/6/24(日)
8-0ラビットキッカーズ、15-0江戸川台FC 会場 松戸市河原塚小学校

ラビットキッカーズ戦 8-0 勝ち
江戸川台FC戦 15-0 勝ち
7/8(日)に最終戦で予選リーグ順位が決定します。
1位通過を目指したいと思っております。

寺田

2年練習試合

会場 常総運動公園                                   .

梅雨明けをした6月30日、常総運動公園に、フォルテの二年生を中心としたメンバーで、
まちさかさんからのお誘いで、TMにオレンジ、ホワイトの2チームで参加しました。

●フォルテオレンジ
フォルテオレンジは、前回の市内大会のオレンジと、一年生1人を加えたメンバー、計7名。

今回の対戦チームは、同学年を主体としたチーム、高学年も含まれるレディースと、体格差もある中でのTMとなりました。

今回の課題
①前からのプレス
②ボールへのチャレンジは、一度に終わらない。
③後ろの選手は、声を掛けチームに指示を出す。

初戦、高学年もいるレディースチーム まちさか女子。
どこから見ても、かなりの体格差。怖がらずチャレンジ、走りはしたものの、1-2で敗戦。
勝てそうにも見えた試合。選手達も理解しており、悔しさも倍増。
その悔しさをバネに2戦目へ。

2戦目 またしても学年上のレディースチーム 柏レディースA。
嫌な雰囲気となっている中、
4-0と勝利。

3戦目、フォルテホワイトと対戦。馴れ合いの部分が見受けられ、課題としていたことが出来ていない中3-0と勝利。

4戦目 対 まちさかブラック
試合前に、もう一度課題を確認し、試合を行った。
結果 3-1で勝利

5戦目 対 まちさかグリーン
試合前に、昼食時間となった事もあり、動きはいまいち。
何とか 2-1と勝利。

6戦目 対 まちさかレッド
個人の体力的にも、気温にも相当厳しい中ではあったが、結果2-1と勝利。

7戦目 対 ウィングス。
初戦こそ落としたが、本日予定されている試合を勝ち続けていた選手も、最終戦も勝ち抜きたいと、
最後の力を振り絞ったが、相手チームのパス回しに、主導権をにぎられる。
結果 0-2と敗戦。

負けたままで帰りたくない。
そんな選手達の顔を見ながら、急遽2戦のマッチメイク。
対戦相手は、初戦の相手 まちさか女子。
初戦は一点差に泣いたが、悔しさをバネに先制点を取ることができた。
その後、体力的にも落ち、一点返され引き分け。

猛暑の中ではあったが、最後の力を振り絞った最終戦
対 まちさか
結果は 1-1 同点となり、5人でのPK戦となった。
子供たちがPK戦をやるのは、今回で2度目。
PKという慣れない事、さらに最終戦であったこともあり、周りにはたくさんのギャラリー。
そんな中、結果は敗退しました。

今回のTMでは、暑い中、少ないメンバーで、学年違いや体格差のある相手と、
多くの試合を重ね、選手たちは最後まで走りぬいてくれました。
この経験は、きっと次につながると思います。
選手たちの体力、気力も確実に上がっていると思います。
試合後の涙が、笑顔に変わる日が近くなった気がします。

このような貴重な経験にお誘いいただいた、まちさかさん、ありがとうございました。
そして、暑い中お手伝いいただきました保護者の皆様、関係者の方々、ありがとうございました。
試合中、選手たちには厳しい声をかけてしまっていることもあるかと思います。
全て、選手たちが試合後に笑顔でいられる為とご理解いただければ幸いです。
引き続き、ご支援ご協力よろしくお願いいたします。

選手たち、お疲れ様でした。
次回の笑顔を期待しています。

2年コーチ 佐々木

6年ペガサスJFC 練習試合

会場 流山スポーツフィールド                      .

ペガサスJFCさんからのお誘いで
ミナトSC.、フォルテ野田との3チームの練習試合に参加。

新しくなった流山スポーツフィールドに14名の選手が集まる。

先週同様、ポジションを入れ替え、ボールを繋ぐ意識、オフザボールの動きを意識して試合に望みました。

8人制20分一本
vs.ミナト 0-0
vs.ペガサス 2-0
vs.ミナト 0-2
vs.ペガサス 0-2

11人制20分前後半
vs.ペガサス 0-3

ボールを受ける側の準備、ポジション、
マークを外す動き、カバーの動き、選手間のコミュニケーション、など、課題は多いが今までもチャレンジしてきた選手たち。
梅雨明けを迎え、本日も暑い中でのゲームだったが、暑さに負けず間張ろう。

お誘いいただきました、ペガサスJFCさん、ありがとうございました。
また、よろしくお願いします。

保護者の皆さん、本日も暑いなか、車出しと応援とありがとうございました。

情報ですが、流山スポーツフィールドですが現在はクレーのグランドですが、来年には芝になる予定とのこと。
駐車場も広く大人用グランドが3面ありました。

谷津

6年近隣大会

1-2越谷大相模、3-0三小キッカーズ、2-0松伏FC  会場 尾崎小学校

尾崎小に16名の選手が集まり、近隣大会に臨みました。
この試合から、ポゼッションサッカーに少しこだわろうかと考え、また、慣れないポジションへの挑戦もテーマにしました。

予選①vs越谷大相模 1-2負け
縦に速いサッカーをする相手チームに対し、マークのずれからミドルを打たれ、
早々に失点、前半は目指すプレーができたのは3分位でした。
後半は前半をベンチで見ていた選手が、ボールをつなぐ意識を持ち、徐々にペースをつかみ、
左サイドからのクロスがゴール正面でフリーになった選手につながり、得点。
終了間際にカウンターから突破を許し、決勝点を奪われましたが、今までと違うサッカーにチャレンジするきっかけになりました。

予選②vs三小キッカーズ 3-0勝ち
あわてずに蹴らないで繋ぐ意識を強く持ち、全後半全員入れ替え制にし、フォルテなでしこの初ゴールを含め、前半3得点、
後半もよく攻めたが得点なし。シュート練習しましょう。

午後は順位戦にまわり、松伏FCと対戦。
矢形コーチに続く。
槇山
————-
ポゼッションサッカーにこだわった近隣大会。
対松伏FC 2-0
午後は、松伏FCとのブロック2位通しの対戦。
午前中の2試合を通して選手それぞれが飛躍へのきっかけを少しだけど確実に掴んで臨みました。
キックオフから15秒、縦へのロングボールをFWが上手く処理し先制点をあげる。
その後何度か繋ぐことを意識したプレーが見られるが、そのまま前半を1-0で折り返す。
予選同様全員総入れ替えで臨んだ後半5分、MFが中盤で奪ったボールをそのまま右へ切り込んでのシュート。2点目を奪う。
そしてそのまま試合終了。
ボールを繋ぐことで相手を崩しての得点には至りませんが、繋ぐと言う選手達の意識があっての得点だったと思います。
ボールを繋ぐと言葉で言うのは簡単ですが、トラップの技術、ボールキープ力、パスの精度、それらに加えて視野の広さと瞬時の判断力、そしてプレーの先をイメージ出来る力、これらを選手それぞれが身に付け、ピッチ上で融合しないと成り立ちません。
ポゼッションサッカーの扉を開けた選手達。
中学、高校に繋がるサッカーを目指して一緒に練習を頑張りましょう。

保護者の皆様、本日も朝早くより選手達の送迎と応援ありがとうございました。
結果は、残念でしたが、選手達が手応えとして得たものは、少なくなかったと思います。
最後に審判部の野口コーチ、對馬コーチ、丸一日ご支援いただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

6年矢形