3年Fリーグ 第3節

フォルテホワイト 優勝 会場 野田市立福田第二小学校

7月になり酷暑の夏がやって来た。
本日は昨晩のスコールの様な雨、雷のお陰で、グランドが蒸し暑い。
本日は1名欠席で11名にて2チームでの戦い。
頑張ってほしいと思いながらも、いつでも途中で中止にしようと、考えていた。

昨晩の雨で湿気を帯びたグランドは雑草がかなり伸びており、試合に影響が出そうな程だ。
集まり出した選手に次々と草を抜いてもらいながら、ピッチ作りを行った。
時間になると対戦チームが来場し、挨拶を交わしながら、グランドを伺っている。
すると、対戦チームの指導者、保護者が声をかけるわけでもなく、皆で雑草を抜きはじめてくれた。
汗を拭いながら、軍手も無い中、ためらうこと無く素手で、対戦チームの指導者、応援のパパ、ママ、が選手たちがこれから走り廻る、グランドを作ってくれた。
ありがたい。頭が下がる思いだ。

WBGT計を常に睨みながらの開催となりましたが、
参加いただいた皆さんの思いがこもった開催となりました。

グランド作り、急な試合時間の調整、様々なことで参加いただきましたチームの皆様には、大変にお世話になりました。
フォルテ保護者の皆さんも暑い中、お世話になりました。

皆様の暖かい気持ちに感謝致します。
本当にありがとうございました。
また、よろしくお願い致します。

試合結果、詳細は担当コーチより。
(谷津)

【フォルテホワイト】
ホワイト試合結果
予選リーグ
VS南流山B 3-0
VSペガサスA 1-0
VSまちサカG 3-0
VSFORZA!沼南 5-0

優勝決定戦
VS南流山G 0-0(PK2-1)

優勝

早朝から猛烈な暑さ、交代選手を上手く入れ替えながら予選に挑む。特筆すべき点は2つ。1つ目は無失点で終われた事。ピンチの場面でも冷静に対処、DF起用で出た全員が役割を果たす。2つ目は全員得点。自分の形になるまでシュートを打たず、打てないままボールロストする事が多かったのでゴールが見えたら積極的にシュートを打つよう送り出した事が良い結果に繋がり予選を全勝で突破、優勝決定戦へ。

優勝決定戦、相手も全勝で勝ち上がってきた南流山G。本日最後の試合は見応え十分な試合展開。お互いチャンスを作りながらも献身的な守備で得点を許さずPK戦に。本日全体最後の試合ともあって沢山のギャラリーが見守る中スタート。ここで自らGKに名乗りを上げた選手が今日1番の注目を集めた。相手シュートを2本止める活躍をみせ見事優勝。

優勝は出来たがまだまだ課題が残る部分も多く練習を通してチーム力底上げをしていきたい。

本日は猛暑の中、大きなトラブルもなく大会を終える事が出来ました事を参加チーム関係者の皆様、保護者の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。

暑い夏はこれからが本番。体調管理を最優先し、選手達へのサポートを引き続きよろしくお願いします!
(緒方)

【フォルテオレンジ】
Fリーグ結果報告オレンジ U-9 2024/7/7/SUN
朝から厳しい暑さに見舞われ、こまめな水分補給と休息をとる。
前回のFリーグは雨で中止だったので、2ヶ月ぶりの開催。普段のテーマに加えて、オフザボールの動きを意識することを伝える。オフ ザ ボールとはどうすれば良いのか、パスをもらう時の動きをまずは意識することを伝えた。
体調不良で休みの選手が出たことで、オレンジは控えなし5人で試合を行う。体力の消耗を抑えながらシンプルにボールを運び確実に点を取っていきたいところ。…だが、パスを出したいが受ける側が動いていない、声をかけてパスを出しても初速と判断が遅れて思うように届かない。暑さからかプレーにもミスが見られ、攻守の切り替えの遅れからカウンターを受ける。数的不利な立場となるも対応してなんとか凌いでいた。個の力は決して低くない。むしろ個人からチームとして連携を増やし、チーム力を引き上げられるメンバーだと思っていたが、各試合に臨む気持ちが足りなかったように感じた。周りのチームも着実に力をつけてきている。雰囲気に負けない、気持ちで負けない、技術面以外に課題が見られたことは、しっかり選手に伝え今後に改善していく。
試合を重ねるにつれ、練習の成果が見え始める。シンプルなパス回しからの得点。引きつけてからのスルーパス、オフザボールの動きも徐々に考えて動くようになる。また、ワンツー、オーバーラップなどの機会も多くみられたことは良かった。
リーグ戦は2位通過、総合3位。悔しい気持ちを糧に次のなでしこ戦に臨む。

対戦してくださったチームの皆様、酷暑の中、選手への熱中症対策、開始前の草むしり等ご協力いただきありがとうございました。期間が少し空きますが、次回も宜しくお願いします。
保護者の皆様、朝早くから準備ありがとうございました。選手の体調管理引き続きよろしくお願いします。
ホワイトチーム報告は緒方コーチより
(富澤)

3年交流試合

大相模SSS、杉戸ユナイテッドFC 会場 越谷市立大相模小学校

vs.大相模 1-0
vs.SUFC 0-1
vs.大相模 2-0
vs.SUFC 0-1
vs.大相模 0-1
vs.SUFC 0-2

15分一本を回して行われた。
課題が浮き彫りになる、
貴重なTMとなった。
SUFC戦では、幅と深みのある相手の攻めに苦戦をしいられ、無得点。
これからの大会に向けて、
しっかり修正していきましょう。

対戦いただいた、
大相模さん、SUFCさん、
ありがとうございました。
保護者の皆さんもサポートありがとうございました。
来週はFリーグです。
また、よろしくお願いします。
(谷津)

3年県大会2ブロック予選②

予選突破、県大会に出場決定  会場 野田市スポーツ公園

vs.南流山少年SC 1-1引き分け
vs.ペガサスJFC 5-1勝利

予選group2を2位にて通過。
決勝トーナメント進出決定。

野田市スポーツ公園に12名の選手が集まる。
日付が変わった頃から降り始めた雨が夜明けまで残っており、少し肌寒い朝を迎えた。
前日から同会場で練習とピッチ作りを行い、本日も準備万端、予選突破を胸に試合に望んだ。

vs.南流山少年SC
先制するも、追加点が遠かった。
不用意なパスからPKを与えたシーンは良く守りきった。

が、チャンスに決めきれずに、逆に追い付かれてしまった。
コーチ陣はチャンスに決めきること、パスの質と精度をレベルアップしていきましょう。

vs.ペガサスJFC
予選突破がかかる大一番。
同点となってから、
やはり追加点が遠かったが、
本日CBで踏ん張っていた選手が追加点を奪ったところから、一気に流れが変わった。
チームの中で、「しかけ」の動きが芽生えて来たように思う。
今後もチームで闘えるようになりましょう❗️

保護者の皆さん、本日も駐車場対応等々、サポートありがとうございました。
暑い中、選手は頑張りました。先ずは決勝トーナメントに駒を進めることが出来ました。
執行コーチ、審判帯同ありがとうございました。また、よろしくお願いします。
植竹会長、前日準備から当日設営、撤収までありがとうございました。
石川コーチ、飯田コーチを含め、五年生コーチ、ありがとうございました。

詳細は担当コーチより。
(谷津)

1勝1分 勝ち点4 得失点差で2位からのスタートとなる2日目。攻守の切り替えと周りを見てプレーをする意識を再確認しゲーム開始。

対 南流山

前半立ち上がりはフォルテペースでスタート。サイドから相手陣内深くまで攻め上がり崩す展開、相手ボールも前線からのハイプレス、ルーズボールとなったところを落ち着いて処理して攻撃をやり直す。すると開始3分過ぎ、センターバックの選手がボールを持つとスルスルっと中央突破、DFを引きつけるとペナルティーエリア左側でフリーとなったFWの選手へスルーパス、ゴール右隅へ流し込み先制点。前半はハイプレスと攻守の切り替えの速さで相手に決定的なチャンスを与えず折り返す。
後半も前線からのハイプレスで相手陣内に押し込む形となるが相手DFもワンタッチでボールを回し始め中々ボールを奪えないシーンが増え始める。それでも2枚目、3枚目とカバーしてボールを奪い、逆サイトへ展開し相手ゴールを脅かすが相手DFの身体を張ったディフェンス、GKのファインセーブなど追加点が奪えない。疲れが見え始めた終盤、出足が遅れ始めると最終ラインを突破されそのままゴールを奪われ失点。
それでも気持ちを切らさず最後までゴールを狙いにいくが終了のホイッスル。現時点でグループ首位のチームと勝ち点を分け合う形に。

対 ペガサス

予選突破には勝利が絶対条件となった最終戦。
前半は一進一退の攻防、フォルテはサイド攻撃を中心に、相手はDF裏を狙うパスを中心に攻撃を展開。お互い再三ゴールに迫るも決めきれない緊張感漂う試合内容。前半終了間際に大ピンチを迎える。ゴールキックからDFへのショートパスに相手FWのプレス、たまらずGKへ戻しバックパスを取られて相手の関節FK。必死の守りでピンチをしのぎスコアレスで折り返す。
後半開始早々に均衡を破る得点を奪う。センターバックの選手がパスカットから中央突破、そのままGKまでかわし待望の先制点、チームの雰囲気も上がる。しかし相手も必死の攻めをみせ自陣ペナルティーエリア内でハンドの判定、PKを献上し同点とされてしまうが失点後の再開直後に右サイドを駆け上がりコーナーキック獲得、シュートのこぼれ球に反応して追加点をあげる。飲水明けのピンチを凌ぐとまたしても右サイドを駆け上がり今度はそのままゴールを決め相手を突き放す。まだまだ攻撃の手を緩めない選手達、サイド攻撃、相手DF裏へスルーパス、中央突破と状況見ながらの試合運び。パスカットからの中央突破とワンツーからのダイレクトシュートと追加点をあげ5-1と快勝。2勝2分の勝ち点8、初の公式戦で予選突破と無�!
�で終わる最高の結果となった。

植竹会長、前日、当日と準備のご協力ありがとうございました。
執行コーチ、審判帯同ありがとうございました。
石川コーチ、飯田コーチ2日間ご協力ありがとうございました。
保護者の皆様、大会運営のご協力ありがとうございました。
選手のみんな、まずは初の公式戦予選突破おめでとう!無敗で突破出来たのも素晴らしい!
これからは負けたら終わりのトーナメント、一つ一つの練習を大切に少しでも上のステージで戦える準備をしていきましょう!
(緒方)

3年県大会2ブロック予選①

カンガルーFC、ラビットキッカーズ 会場 野田市スポーツ公園

VS.カンガルーFCオレンジ 1-1引き分け
VS.ラビットキッカーズホワイト 12-0 勝利

6月に入り未だ梅雨入り前なのに初夏を過ぎ、
真夏?のような日差しが降り注ぐ日が多くなってきた。
野田市スポーツ公園に13名の選手が集まる。
前日も同じ会場でグランド準備を兼ねて練習を行い、
準備万端、3年生初の公式戦を迎えた。

vs.カンガルーFC
スペースを突き、揺さぶりながら中盤で丁寧に繋ぎ、
サイドからの展開でシュートを狙ってくる相手に、
GK中心に良く守りました。
先制されながらもこらえ、追いついたことで一気に
モチベーションも上がりましたが、追加点は奪えませんでしたが、
良くがんばりました。

vs.ラビットキッカーズ
前後半で明らかに切り替わったことは良かったのですが、
前半から慌てずに、幅を活かす攻めが出来ていたらと思います。
13名入れ替わり全員出場し、12点。
選手たち自ら立てた目標に近づこうとする努力は、
ベンチを含めよかったです。

保護者の皆さま、本日も早朝からありがとうございました。
石川コーチ、審判、GK練習とありがとうございました。
山崎助監督、激励ありがとうございました。
学年コーチもお疲れ様でした。
次週は第2節です。また、よろしくお願いします。

植竹会長
前日準備、本日も運搬から撤収、ポイント出し迄、ありがとうございました。
飯田コーチ
練習後に駆けつけてくれ、最後までありがとうございました。

詳細は担当コーチより。
(谷津)

1試合目
vsカンガルーFCオレンジ 1-1 △

朝露で濡れているピッチコンディション、試合前から元気な選手たちが練習を始め、走って転んですでに何試合か終えたようなユニフォームの汚れ具合で準備は万端。
攻守の切り替えを早く、素早いプレス、ワンツー、周りを見るなど日頃の練習で意識していることを再確認する。今日初耳のテーマではない。いかに意識して臨めるか。

初戦は、スペースを使った相手のパス回しに翻弄され、プレスが間に合わず簡単に裏を取られてしまう。周りが見られるようになるとディフェンスの仕方も変わってくる。最終ラインでどうにか凌いでいたが、中盤から中々前に運べず、ドリブルはしっかりとカバーに入られてしまい、ルーズボールが奪えない。丁寧なビルドアップに対応できず、前半終了間際に先制点を取られてしまう。
しかし、ここからが成長点。ベンチから気持ちの切れない声掛けに励まされ気落ちもなく、果敢に攻め続ける。パス、ドリブルの選択も噛み合えば、少しずつ突破のシーンが増えてくる。ゴール間近では積極的にドリブルを仕掛け、PKのチャンスを得て同点に追いつくと一気に盛り上がる。後半テーマを意識した早いプレス、ワンツーの機会も増えていき、チャンスがあればダイレクトやロングシュートも狙っていたこともいいチャレンジだった。一進一退の攻防となり、このまま試合終了。結果は引き分けだが、価値のある結果だと思った。
観ている側を楽しませる試合は、選手たちも学びが多いはず。しっかり戦って価値のある経験を増やしていこう。

対戦してくださったカンガルーFCオレンジさんありがとうございました。中々叶わなかった対戦が公式戦でしたが、またトレーニングマッチ誘わせて頂きます。
植竹会長、前日準備、運搬等、ありがとうございました。山崎助監督、アドバイスありがとうございました。
石川コーチ、審判、キーパー練習等、ありがとうございました。また宜しくお願いします。
保護者の皆様、準備、送迎、応援ありがとうございました。初の公式戦でしたが、しっかり来週に繋げたと思います。来週も宜しくお願いします。
(富澤)

2試合目
対 ラビットキッカーズ 12-0

前半、圧倒的にボールを保持する展開だが試合に動きがない。1試合目にいい内容で試合が出来ていたがまるで別チームのよう。相手DFに囲まれてもボールを奪われまいと足元でボールをこねこね。ワイドに開いてプレーする選手がいても、サイド空いてるなど周りから声掛けがでても足元でこねこね、結局抜けずに諦めて一度戻す。モタモタしている間にゴール前を固められシュートすら打てない、もしくはボールを奪われる始末、勿体ないシーンが多く見られた。前半途中から選手を入れ替えると入った選手がやるべきプレーをはっきりと見せてゴールを量産する。
後半、右サイドに入ってシンプルなポジショニングで待っていると簡単にボールが入り、相手DFが追いつく間も無くあっという間にゴールを決める、何も難しい事はしていない。周りを見てパスを出せる選手がいて、フリーでもらえるポジショニングをしていれば得点は取れることを証明し途中出場で7得点と大活躍。
来週行われる残り2試合は勝てば上位リーグ、負ければ敗退となる大切な試合。チームが勝つために皆んながどうプレーするか、今日の反省を生かし挑んで行きたい。

植竹会長、前日から当日とコート設営ありがとございました。山崎助監督、貴重なアドバイスありがとうございました。
石川コーチ、審判対応、GK練習、コート設営とご協力ありがとございました。
保護者の皆様、いつも温かいご声援、サポートありがとうございます。

3年生の皆んなは今大会が公式戦デビューとなる大会。いつものTMや招待試合とは雰囲気が違うと選手達からも感じられる。緊張していつものようなプレーが出来ない事もあるだろうが色々経験し強いチームとなれるよう頑張りましょう!
(緒方)

3年交流試合

大相模SSS  会場 越谷市立大相模小学校

5/25(土)大相模SSSトレーニングマッチ報告U-9
朝から徐々に日差しが強くなり、風が吹くと心地よい中、大相模小学校にてトレーニングマッチを行いました。
下の学年から1名を呼んで10 名で試合に臨む。パス、ドリブルの判断、ワンツー、オーバーラップ、周りを見ることなど、様々なことを学んできているが、攻守の素早い切り替えのテーマは継続中。忘れてはいけない。テーマをいかに意識して臨めるか、試合に出てる選手、控えの選手も1人1人が集中していないといけない。
初戦からバックの選手を中心に声を出し、中盤の選手が連動して声を出していく。ドリブルで運びたい場面では前が詰まったら1度後ろに戻して、周りを見ながら逆サイドに展開する。今までドリブルのみで突っ込んでいた選手にパスの選択肢が見られ、中盤で取られたらプレスバックで味方が戻るまで遅らせ、その間に仲間が戻る。などなど、少しずつではあるがチャレンジの姿勢が個々に見られていたのは良かった。
ポジショニングはまだまだボールに寄って行ってしまったり、上がっていく選手のポジションカバーが遅く、相手チームが突破してしまう場面があったことは課題。
結果、勝ち、引き分けと、いい試合内容ではあったが、相手チームののパス回しや縦パス、攻守の切り替えの速さには対応できない部分も多くて、学びがあった。互いにプレースタイルが違う中での拮抗した試合は何度見ても面白い。

大相模SSSさん、ありがとうございました。次はFリーグ5人制でお手合わせお願いします。また、トレーニングマッチのお誘いもいただきました。今後とも宜しくお願いします。

運動会明けでの体調の変化も見られたり、これからさらに暑くなり湿度も高くなってくるかと思います。引き続き、健康管理を宜しくお願いします。特に監督から話がありました『食事』は、夏に向けて最重要になりますので、必ず食べて良いコンディションで練習、試合に臨んでいきましょう!

保護者の皆様、たくさんの方が応援に来ていただきました。送迎のご協力ありがとうございました。
(富澤)

3年Fリーグ 第1節

フォルテホワイト 優勝 会場 野田市立福田第二小学校

GWが明けて最初の日曜日、
福田第二小学校に10名の選手が集まる。
上の学年へのサポートとお休みがあり、選手の人数が危ぶまれたが、体験中の選手が加わり2チーム出しが出来た。

参加チーム
ペガサスジュニアFC A
ペガサスジュニアFC B
南流山少年SC G
南流山少年SC B
つくし野田SC R
フォルテオレンジ
フォルテホワイト
以上、7チーム

フォルテ ホワイト
優勝

フォルテ オレンジ
4位

後から駆けつけてけれた、
3名の選手が来るまで、
両チームともピッタリの人数で良く戦いました。
随所にテーマに沿った良いプレーがありましたが、未だ未だ周りを見れず、ボールを失うこともありました。
来月にはFリーグ第二節、2ブロック大会があります。
良い準備をして望みましょう。

保護者の皆さん、風が強く吹く中、サポートありがとうございました。
緒方コーチ、参加チームの急な変更等々、ありがとうございました。
第一節参加チームの皆さん、
ありがとうございました。
第二節以降もどうぞよろしくお願い致します。

詳細は担当コーチより。
(谷津)

結果 1勝1敗4分

 ディフェンスからワイドに展開しスペースを生かした試合をテーマにしていたが結果、奪ったボールをドリブル突破に拘る真逆のプレーが目立つ形に。数少ないながらワイドに展開、サイドから仕掛ける場面もあるがセカンドプレーがなくワンプレーで動きが止まってしまう選手達。6試合中5試合で得点をあげているがほぼ前線からハイプレスで奪いそのままゴールの流れ。ベンチからも逆サイド、周りをみて無理なドリブルをしないよう指示が飛ぶが中々修正が効かない状況。失点のほとんども無理な突破を試みて相手DFに止められる、ボールを奪い返しにいくも足だけDF、そのまま繋がれてGKと1体1から失点。前日練習でもDF面を中心に相手の攻め手を限定する、その上で体を入れてボールを奪うを上級生相手に取り組んでいたが�!
�ざ試合となると冷静さに欠け中々練習の成果が生かされず単調なプレーとなってしまう。試合に勝ちたい気持ちは充分に感じ取れるがチームとして少なからず同じ方向を向かなくては勝利はない、何より全勝優勝したホワイトはチーム雰囲気も含めてオレンジを上回っていた。直接対決で前半2点をあげるも後半3失点で負けた事が何よりの証拠。入団してまもない選手、体験応援で来た選手がいたとは言え、長く一緒にプレーして来た選手が中心となって引っ張って行けるかどうかも必要スキル。実際、4年生の試合に応援しに行っていた選手が戻り行ったTMではたった1人の選手で雰囲気は変わりチーム全体の動きも良くなった。まだまだ課題は多いが少しづつ改善しこれから始まる2B、なでしこRで少しでも上に行けるように頑張って!
行きましょう。

各チーム関係者様、本日は強風の中、Fリーグ第1節にご参加頂きありがとうございました!
フォルテ関係者の皆様、早朝より設営協力ありがとうございました!
(緒方)

Fリーグ第1節試合報告 3年 2024.5.12.日
暑くなる予報で熱中症対策は万全。雲と風で体感温度はさほど高くない、過ごしやすい気候の中、Fリーグ第1節が行われました。
4年生大会へ招集で2名不在、体験の子が2名参加の計10名、2チームでの参加。
交代枠がいない厳しい状況でしたがしっかり走り切った。
フォルテWの戦績は下記の通り。

南流山B2-1 ◯
つくし野R 7-0 ◯
南流山G 4-1 ◯
ペガサスA 3-1 ◯
フォルテO 3-2 ◯
ペガサスB 3-0 ◯
結果優勝

テーマは攻守の切り替え、首を振っての周囲の確認、パスの判断と工夫。初戦から声もよく出ていて雰囲気は良かった。ワンツーや一度戻してのサイドチェンジなどテーマに沿った姿勢や工夫が見られたが、パスを出す時に感覚で出してしまい繋がらないことが多ください丁寧さに欠けていた。試合を重ねることに少しずつ修正され、試合を通しての成長が個々に感じられた。特に良かった点は、攻守の切り替えが早く、全員が戻る意識を持っていたこと。アンカーポジションの選手が引き付けてボールを運ぶ、回す判断も良かった。
課題としてはキックインや自陣からの高いロングボールのパスが増えてくると、トラップできずにマイボールにしにくい。細かく早いパスで繋いでいくためには、パストラップの精度を上げていく必要があると感じた。また、ドリブルはやはり狭いスペースを選んでしまう。スピードだけでなく一度周りを見て広いスペースへのドリブル、何をしたいか声を掛けるなどの機会を増やしていく。
5試合目、フォルテ同士の試合は毎回盛り上がる。下の学年の選手が学年の練習試合を終え参戦する。相手のハイプレスに焦りが見られ、ルーズボールを取られて失点が続いた。前半終了間際に怪我に見舞われた選手が離脱。残された選手たちの気落ちしてから持ち直した切り替えは素晴らしく、相手に負けない気迫と守備で見事に逆転する。
Fリーグ第1節は、6試合全勝でホワイトの優勝となった。

8人制の試合が増えてくる中での5人制の試合はとても貴重であり、狭いスペースでの攻守の切り替えの早さや正確なパス回し、判断はとても大切。ホワイトチームだけの課題ではなく、学年としての意識を上げてこれからのブロック予選に臨んでいきたい。
対戦していただいたチームの皆さま、ありがとうございました。南流山さん、トレーニングマッチまでお相手ありがとうございました。
保護者の皆さま、Fリーグ第1節無事に終えることができました。送迎、設営、温かい声援ありがとうございました。
(富澤)

第52回野田市少年サッカー大会

【3年の部】準優勝
スポーツには良い気候となった日曜日。薄曇りで雲の間から顔を出す太陽の日差しには、暑さを感じた。

スポーツ公園に12名の選手が集まる。
本日は3年生になって初めての大会。昨年度の同大会は惜しくも準優勝。今年は優勝目指し気持ちを高めて試合に挑んだ。

vs.清水台 0-1 敗戦
vs.梅郷ユナイテッド 3-1 勝利
vs.エンデバー 11-0 勝利
vs.梅郷シティ 11-0 勝利
総合準優勝。

学年が一つ上がって3年生となった選手たち。
サッカーもピッチサイズ、人数等々、サッカーの世界が広がった。
初戦の失点が悔やまれるが、
新しいサッカーにチャレンジし始めた選手たち。
先週のTRMでも感じたが、
今、取り組んでいる練習を活かし、更に発展したプレーにチャレンジする姿勢が垣間見えた。
チームが成長する為に、
チャレンジする姿勢は今後も期待したい。

保護者の皆さん、本日はサポートありがとうございました。今後ともよろしくお願いします❗️

コーチの皆さん、朝早くからコート準備、お疲れ様でした。
五年生飯田コーチ、審判サポート助かりました。ありがとうございました。
植竹会長、前日積み込みから、当日撤収まで、ありがとうございました。

大会試合詳細は、担当コーチより。
(谷津)

1試合目 DF・MFのラインで攻撃展開を探り、何度か相手DFの裏へパスが通る場面もあったが得点とはならず。何よりトップの選手が低い位置にいた事でプレーエリアが狭くなり、狭くなったエリアでのパスはそう簡単には通る訳もなく相手に囲まれボールを奪われると裏に一本出されて大ピンチ。DFの頑張りとGKの素晴らしい判断でピンチをしのぎ0-0で後半へ。トップの選手を入れ替え前線の活性化を図るが狭いエリアへドリブル突入の場面が多発。先週のTMで出来ていたスペースを見つけての動きだし、逆サイドへの展開が中々見れない。終了間際、相手のサイド攻撃の守備の場面でこの試合唯一と言ってもいいシュートを決められ失点。終了のホイッスルまで諦める事なく攻め立てるがゴールに届かず。ボール支配率は完全にフォル�!
��が上回っていただけに悔しい敗戦、1点の重みを味わった試合。

2試合目 1試合目を振り返りミーティングで活を入れる。開始早々からパス、ドリブルを使い分けゴールに迫るとペナルティエリアで相手のクリアボールをインターセプト、すかさず左足を振り抜いて先制。乗ってきた選手達は追加点を狙いに自然と前線からプレスをかけ、ゴール正面での競り合いからのこぼれ球をそのままロングシュート、右からのクラスにダイレクトで合わせ2点を追加。前半終了前には今日一番のプレー、センターサークル付近で左サイドから中央の選手にボールが入った瞬間、相手は狙ったかのようにプレスにくる。すると右サイドバックが見事なオーバーラップを開始、すかさず右サイドに展開すると完全に相手DFを置き去りに。ゴールとはならなかったが練習の成果と選手のチャレンジに手応えを感じたプ!
レー。後半は相手の攻撃に苦しめられる場面が増えたが1試合目同様、GKの見事な判断でピンチを防ぐ。しかしまたもや終了間際に失点、気が緩んだのかDFラインでの連携ミスから得点を許してしまう。3-1と勝利したものの勿体無い失点。

3試合目 昼休憩を挟んでの試合、長いインターバルから目覚めさせるようにゆっくりと長めのアップで体を動かし試合へ。この試合の結果次第では優勝も見えてくること伝えると選手たちは奮起し得点を重ねる。新加入の選手も積極的なプレッシングからボールを奪い、周りの選手もアシストするためにどんどんゴール前にパスを供給していく。試合は終始相手に主導権を渡さず勝利。

4試合目 1つ前の試合で準優勝が確定していたがそんな事はお構いなく、チャレンジする事をテーマに試合に送り出す。中央からのドリブル突破はせずサイドからのセンタリング、ペナルティエリア付近ではワンツー、得点に繋がる場面、繋がらない場面とまだまだうまく行かないながらも果敢にチャレンジする選手達。最終戦も勝利で終われた。

結果 3勝1敗 準優勝

4試合26得点、失点2と数字で見れば申し分ないが1点の重みを感じた1日。選手達が1番悔しい事は分かっているし勿論そう感じていて欲しい。成功体験も必要だが敗戦から得られるものも大きい。学年が上がり人数、コートサイズも変わり当然ルールも変わってくる。勿論、対戦相手の個人スキル、チームスキルも上がり今までのようなスタイルだけでは勝つ事も難しくなってくる。まだまだ新しい事にチャレンジし始めたばかりだが今日の試合から得られた事を胸にまた、練習に取り組んで行きましょう。

保護者の皆様、本日も1日選手達へのサポート、声援ありがとございました。
(緒方)

3年交流試合

流山隼SC 会場 野田市福田第二小学校

朝は少し涼しげで日中は一気に暑くなり、初夏のような気候の中、流山隼さんとトレーニングマッチを行いました。
結果は下記の通り↓
①0-2 ●
②5-0 ◯
③1-2 ●
④5-1 ◯
⑤0-1 ●
声出し、ドリブル・パスの早い選択、空いているスペースへ運ぶ、攻守の切り替えを意識するよう伝える。
挨拶から隼さんの抜群の声出しに影響を受けて、毎回円陣を組んで試合開始。試合中いつもよりは声が出せていた印象。仲間同士の声掛けは自信を持って互いに鼓舞しあってほしい。
相手の素早いドリブルに前からのプレスやインターセプトを狙う場面が多く見られ、積極的に向かって行く。…が、その後はドリブル一択、ゴールに程遠い自陣からでも1人でドリブルし縦へ縦へと進んで行く。前に相手が2人3人詰まっていても止まらない。抜けることもあったが、取られた時には戻りきれず、カウンターでの失点が目立った。8人制は一気にコートが広くなる。ドリブルでは体力が削られて行く。
パスの選択肢を再度伝えると、周りを見てサイドへのパスや一度戻して立て直し、ドリブルでもワンツーやオーバーラップも見られるようになった。1試合重ねることにサッカーらしくなってきた。自分の中で好きなポジションはあるが、定着させず色々なポジチョンの経験もできたのも良かった。
勝ち負けだけでなく、その時のテーマに対してトレーニングマッチや大会でいかに意識してピッチに立てるか。チャレンジした時は、上手くいってもいかなくても、たくさん褒めていきたい。

コーチとしては主審副審を経験し、監督からアドバイスをいただいた。やってみないと経験値は得られない。選手と共に8人制を学んで行く。

流山隼の皆様、たくさんの学びをいただき、市内大会前にいい準備ができました。ありがとうございました。またぜひ、宜しくお願いします。
保護者の皆様、朝から準備、暑さに負けないポジティブな応援、ありがとうございました。
来週は市内大会!選手、保護者、指導者一丸となって頑張りましょう。
(富澤)

2024年度第2ブロック大会 組み合わせ・実施要項 (終了)

2024年2B大会組み合わせ・他
2024年2B大会実施要項

2024年度 第2ブロック 5年生大会 Group1 対戦表 フォルテ野田主管 (6/16、7/7) 
2ブロック大会(5年生)予選G1最終結果

2024年度 第2ブロック 4年生大会 Group2 Group5 対戦表0430 (5/12、6/2)
2024年度 第2ブロック 4年生大会 Group2 Group5 0602結果

2024年度 第2ブロック 3年生大会 対戦表(6/9、6/16)
2024_ブロック3年G2予選(結果)_20240616

2024春合宿 3.4.5年 26.27.28期(3/30.31)

3.4.5年 2024春合宿 会場 千葉県立手賀の丘少年自然の家

1日目 AM フィールドアスレチック (手賀の丘公園)
    PM サッカー教室 指導実践(指導者)
    Evening 学年別ミーティング

2日目 AM 野球 (4チーム・総当たり)
    PM ウオークラリー(6チーム)

【新5年 26期】
3月30日 1日目 新5年生

快晴の中、8時に野田市役所を出発。
9時前には皆手賀の丘青少年自然の家に到着。
入所後、施設の方の説明を受け、各々自分の泊まる部屋に、荷物を運ぶ。
その後10時から11時半まで手賀の丘公園でアスレチックなどで遊んだ。
12時からは昼食 アスレチックでカロリーを使ったのか、みんな何杯もおかわりをしていて
美味しそうでした。
昼食を終え、13時半から佐藤監督主導で練習を行った。
4年生が行っているルーティンから初め、7分間走・対人練習を行い、最後にゲームで、15時半にはグラウンドを撤収した。
ニ・三年指導者は4年生を、四年指導者は2・3年生を指導し、選手たちにとっても指導者にとっても、すごくいい経験になった。
練習の後、16時から選手達は入浴した。
17時半から夕食を食べ、19時から各学年ミーティングをした。
4年生は、他己紹介(紹介する人の魅力を教える)、今日の反省、これから技術を向上させるための方法を皆で行った。
20時半から22時は自由時間。
各々、食堂でお菓子を食べたり、カードで遊んだりした。
そして22時には消灯をし、1日目終了

大きな問題もなく終われた1日目になったと思います。

早朝から運転をしてくれた指導者の皆様
また、市役所に送迎・見送りをしてくださった保護者の皆様ありがとうございました。
(飯田)

 春合宿2日目、しっかりと睡眠を取った選手、夜更かしをしてあまり寝ていない選手がいたが起床時間には全員無事に起きて部屋の片付けをしていた。
寝具の畳み方、部屋の清掃方法など施設利用ルールをしっかり守って上級生が下級生に教育している場面が多く見られた。
朝食時間15分前に並んで朝食を待つ。
2日目となると食事をよそる量を自身で計算し調整する選手が多数いて前日の失敗をしっかり学んでいる。
2日目野球、野球未経験者が多い中4チーム2面に別れ野球を始める。
サッカーとはまた違う動作、思考、貴重な経験の場となった。
なによりチーム同士で作戦を練り、学年関係なく意見交換をするなどコミュ力向上にも繋がる。
疲れた身体を休むこと無く昼食をとり午後のウォークラリーへ。
チームに別れ、いざゴールを目指し冒険へ!
地図を見ながら間違えずチームで考え進んでいくが途中途中でどこの道を通って居るのかわからなくなる。
来た道を戻っては地図を見て何回も繰り返しゴールへ。
疲れきって口数少なくソファーで座っている指導者が何人か居てこれには笑った。
無事に全チーム時間内にゴール。
2日目の合宿が終わりに。
今回の春合宿、最上級生での参加で心配はありましたが選手達全員がしっかり上級生としての自覚を持ち合宿に取り組めていたと思います。
時間配分はもちろん、暗い中夜中に下級生と手を繋いでトイレに行く選手や食べきれない食事を手伝う選手など凄い成長を感じる場面がたくさんありました。
満足のいく素晴らしい春合宿でした!

保護者の皆様、合宿準備、送り迎え等ありがとうございました。
全選手素晴らしい成長をして帰ってきました。
吉原監督、全体の統括ありがとうございました。
各学年の監督、コーチの皆様、2日間本当にお世話になりました。
(奥村)

【新4年 27期】
最近入団した選手もおり、8人での春合宿。
合宿中、食事で苦戦している場面が多かったのが印象的でした。

食事量、バランス、食べ方、食べる姿勢、そして感謝の気持ちなど、まだまだだなぁと思いながらも、言いたい気持ちはぐっと我慢。と言いつつも、ちょっとだけ言ってしまいました。

初日のアスレチック、みんな元気いっぱい動き回りました!
そして、午後のサッカーはディフェンスの練習。出来る選手と出来ない選手の差がかなりあるので、私達指導者がきちんと目的、テーマを決めた練習を提案すること。そして選手達は練習内容を理解したうえでの練習が大切だと思いました。

2日目の野球、ウォークラリーは普段やらないことなので、新鮮な気持ちで楽しめていたと思います!
学年を越えた交流が生まれたり、みんなで入ったお風呂が楽しかったり、非常に良い体験が出来たはずです。

そして、夜のミーティングではサッカー用語の勉強や人の動き方などをやりました。
が、思っていたようなミーティングができず…
我々3年保護者コーチ3名は、怒りたくなる気持ちを抑え、涙を呑んだのはここだけの話です。
このミーティングを経て、逆に私達コーチ陣の心が強くなったと思います。選手達に感謝です。

4月からはさらに新入会者が2名増えます。
新4年生は10名となってスタートします。

頑張っていきましょう!
(石塚)

【新3年 28期】
 合宿1日目 2学年 28期生報告(3/30)

初めての合宿、初めて保護者の方から離れての泊まり等、初めてだらけの2年生。集合場所では不安そうな姿も見られたが、無事に全員で出発できた。
現地に着くと3,4年生の姿を見て見よう見まねでついていく姿がまだまだ可愛らしい様子。今年から夜練に参加する子も多く、他学年と最初から交流が見られ手賀の丘公園では沢山走り回っていた。
昼食はバイキング形式で、自分の食べきれる量がわからず完食に苦戦する子もいたが、周りの子達が優しく見守っていた。夕食で調整できたことは成長の証。午後練は、主にディフェンスの練習を行い、上学年の声掛けや、素速さに影響を受けて付いていく姿が見られた。ディフェンスが課題の2年生には学びが大きかった。合宿生活にも少しずつ慣れてきたのか、お風呂は大盛り上がり!大人数でのお風呂、部屋での自由時間、お菓子タイムはあっという間だった。
学年ミーティングでは、アイコンタクトや相手への声の掛け方、自己主張(自己紹介)、相手のいいところ探しなどを行うと、思ってた以上に仲間のことに興味を持ち、信頼関係が出来ているのだと感じた。8人制に向けての基礎知識も少し学べたが、これから実践で体感していってほしい。あっという間の1日が終わり、無事に朝を迎えられるか。どんなことを考えながら寝ているのか、明日の成長がまた楽しみになった。
1日目、帯同してくださった監督、コーチありがとうございました。

合宿2日目 2学年 28期生報告(3/31)
起床時間の1時間ほど前に各部屋に顔を出すと、チラホラ起き出して挨拶をしてくる選手たち。夜の暗闇に怖がった様子を見せたようで高学年、同学年で同じベッドに寝るという微笑ましい姿が見られ、一層学年上の選手に憧れを持った様子であった。ミーティング効果も見られ、自分たちから上級生に積極的にしてコミニュケーションを取っていた。整理整頓、清掃の時間になると学校の清掃の時間のように真剣に?掃除を始める。布団の畳み方、置き方なども見本を見ながら置き、違った時には高学年から優しく教えられ直していた。
午前のメニューは野球。初めてのことがまた一つ増えたが、キャッチボール、バッティングと着実に学び野球が様になっていく。ここでも頼れる学年上のアドバイスの賜物。学年混合チームの中でもスタイルが違って盛り上がっていた。宿泊を経てチームワークが良くなったのか、昼食も段取り良く進み30分ほど前倒し。
ウォークラリーは6チームに分かれてスタート。高学年に従う子もいればグイグイ行って戻される子、皆んなで話ながらあっちかな、こっちかなと話してるチームもあれば、中には低学年が引っ張るチーム合ったりと様々なチーム模様。道中、別チームに出会えば、答えは教えんとばかりにお互い牽制する場面にも遭遇。ゴール後は勝った負けたで一喜一憂。そんな中でも、高学年生はミッション成果を纏める。相手の意見を受け入れられる姿勢としっかりと仲間に分かるように伝える事、チームを纏める力の重要性を高学年から学べる良い機会と感じたイベントだった。全カテゴリ無事に終了。

1泊2日の合宿も無事終わり、ばたっと寝てしまった子、保護者に2日分甘える子、マシンガンのようにアウトプットする子と様々ではあるが、多様面で成長が見られたことは間違いない。指導者自身としての学びも多くあり、合宿の経験は来年度への糧にしていきたい。
保護者の皆様、選手たちへのメンタルケア、準備、見守り、送迎などありがとうございました。
吉原監督、全体の統括、ミーティングでのアイスブレイク等ありがとうございました。
各学年監督、コーチの皆様、1泊2日の子どもたちと同じ環境で制限のある中、選手たちの成長の為に惜しみない配慮、ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。
(中島、緒方、富澤)

【指導者チーム】
自立を目標とし、毎年桜の咲く時期に実施される春合宿はコロナ禍の影響で昨年より復活されました。
学年関係なく全くの同一メニュー、宿泊棟は各学年が数名づつ入り、全ての企画はごちゃめぜ。
自然と上位学年が弟分の面倒を見ることや、助け合うことが学べる環境となりました。
天候に恵まれ、全てのスケジュールが予定通りに進み、目的も達せられ、良い合宿でした。
参加した16名の指導者はミーテュングを重ねながら順調に予定を消化、目的も達する事が出来たのも、指導者が指導者チームとしてコミュニケーションを取り、互いに気づきを共有、意思統一が出来たからだと思います。
今回の指導者チーム、選手に負けず劣らず、素晴らしいチームだったと思います。

今回参加できなかった多くの指導者、選手を送り出して頂いた保護者、役員様。全ての関係者に感謝いたします。

ありがとうございました。
(吉原)

3年U-9春日部幸松カップ

上沖FC、大宮早起きSSS、春日部幸松JFC  会場 春日部市立幸松小学校

テーマ
・1対1で負けない
・ボールを取られてもすぐに取り返しに行く
・パスを出したらそれで終わりにしないで、ワンツーなどにチャレンジする

上記3つをテーマに、3年生6名、2年生5名の11名で試合に挑みました。
8人制でしたが、コートはフットサルの大きさでしたので、非常に相手との距離感も近かったです。
それを踏まえたうえでのテーマで選手を送り出しました。

グループリーグ
上沖戦0-3
幸松戦1-2
早起き戦0-1
グループリーグは3連敗でしたが、全ての選手を平等に出し、経験の少ない選手もボールに頑張って絡みに行くように個別の目標を与えて経験してもらいました。
1対1での場面ではしっかり勝負に行っていましたが、全体的に声がなく大人しい試合が続きました。
逆サイドの選手や周りの選手はもっと大きな声でコーチングや、ボールを呼ぶ声を出して欲しい。

高砂戦1-0
グループリーグは連敗でしたが、やはり試合に勝ちたいと選手たちが思ってくれたのか、しっかりボールに寄せて奪う。その後の攻撃に切り替えることができ、運動量が多く勝つことができました。

梅郷戦0-1
春日部遠征で最終試合は野田同士の対決。
梅郷さんはよく声が出ていてチームの雰囲気が良かったです。
それは選手たちも感じていたようで、声を出せるチーム、雰囲気を盛り上げられるチームはやはり強かったです。
試合後に選手たちも、この試合負けそうと思ったそうです。

結果としては1日通して1勝4敗でしたが、実力の差はそこまで大きくありません。
これからの課題として、スペースを見つける練習、体の向き、守備の時には絞る、攻撃の時は広がる、そして声を出してチームの雰囲気を盛り上げていく!
練習からしっかりと集中してみんなで強いチームになりましょう!

本日は協力してくれた2年生選手、保護者の皆様ありがとうございました。
遠征に帯同してくださった小倉コーチもありがとうございました。

4月からはいよいよ4年生。
サッカーを楽しみながらみんなで成長していきましょう!
(石塚)

3年Fリーグ 第10節

まちサカFC R、ペガサスJFC B、南流山SC、 会場 野田市立福田第二小学校

3年生8名(内、体験1名)で臨んだFリーグ最終節。

予選リーグ1試合目
VS まちさかR 4-0 勝ち

予選リーグ2試合目
VS ペガサスB 3-0 勝ち

1位リーグ1試合目
VS南流山 0-2 負け

1位リーグ2試合目
VSまちさかW 0-4 負け

優勝:南流山
準優勝:まちさかW
3位:フォルテ野田

Fリーグ年間チャンピオン:ペガサスA(優勝回数:3回)

今節のテーマ
1、早めのプレスを心がけること
2、自分で少しでもゴールに近づける
3、体験の選手に点を取らせる

早めのプレスに行けても、お尻を向けたり飛んでしまったりでかわされるシーンが何度も見られた。
また、ボールを持った時、一人目をかわせても、2人目で突っかかてしまうドリブルが多く見られた。
足元の地味な練習が苦手で疎かにしているのが原因と思いながらも、こちらの練習方法にも今後工夫が必要。
たくさん得点を決める選手もこの日は仲間へのラストパスに重きを置いていたように感じられた。
ガンガン取ってほしいところだが、テーマ3に少しは寄り添っているのか成長と取ろう。
決勝リーグは2敗してしまったが、8人制に繋げる総力戦がこちらの意図。
体験の選手も入ってもらえれば、3年生8人で試合ができる。チーム全体でうまくなっていこう。
テーマ3は叶わなかったけれど、惜しいシーンがあった。絶妙なラストパスをくれた選手には感謝。初ゴールは入会してからのお楽しみということで。

2023年度Fリーグ最終節無事終了しました。
各チーム関係者・指導者・保護者の皆様、選手の送迎に応援1年間ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。
(深津)

3年第22回ペガサス杯争奪サッカー大会 1日目

江戸川台FC、つくし野SC、     会場 流山スポーツフィールド

3年生5名、2年生4名で予選リーグ2試合を行いました。
①江戸川台FC11-0
②つくし野SC3-1
1位トーナメントに進みます。
詳細は深津コーチより
(槇山)

残念ながら3年生2名欠席の5名と2年生4名のサポートによりペガサス杯に臨みました。

1試合目
VS 江戸川台FC 11-0 勝ち

2試合目
VS つくし野 3-1 勝ち

テーマ
1、早めのプレスを心がけること
2、仲間のプレスの後のボールを狙う
3、ドリブルでグイグイいく

1試合目
1対1のドリブル勝負にこだわり何度もチャレンジするシーンが見られた。なかなか得点に絡めない選手に何としても得点を取らせようと仲間が相手をしっかり引きつけてから最高のアシストをしてくれた。8人制初ゴールに加え、本日2得点。トラップの位置といい、夜練の成果がしっかり出ているので、今日の得点で自信に繋げてほしい。

2試合目
序盤にオウンゴールで失点したものの、前半のうちにラッキーなゴールで1-1で折り返す。相手のキーマンに仕事をさせない意識とカバーリングがよくできていた。危ないシーンはあったものの、最後まで集中して守れていた。
後半2点を決めて、見事に逆転勝利。サポートの2年生がよく走ってくれたと思う。遠征初サポートの選手も不安だったと思うけどよく頑張ってくれました。

本日なんとか2勝を上げることができたけど、点を取った時や取られた時の声がなく、盛り上がりに欠ける印象。もっと声を掛け合って自分達で試合を盛り上げてほしいところ。
欠席2名に文句なしの舞台を用意してあげたと思う。決勝トーナメントも頑張ろう!

指導者・保護者の皆様、選手の送迎に応援ありがとうございました。決勝トーナメントもサポートお願いします。
(深津)

2023年度フォルテ野田Fリーグ 要項(終了)

2023Fリーグ実施要項
2023Fリーグ年間スケジュール(2023.4.25)

2023Fリーグ第10節(3.3)対戦表(2024.2.27)
2023Fリーグ第10節(3.3)駐車場表(2024.2.27)

【アーカイブ】
2023Fリーグ第9節(2.4)対戦表(2024.1.31)
2023Fリーグ第9節(2.4)駐車場表(2024.1.31)
2023Fリーグ第8節(1.21)対戦表(2024.1.21)雨天中止
2023Fリーグ第8節(1.21)駐車場表(2024.1.21) 雨天中止
2023Fリーグ第7節(12.17)対戦表(2023.12.12)
2023Fリーグ第7節(12.17)駐車場表(2023.12.12)
2023Fリーグ第6節(11.19)対戦表(2023.11.14)
2023Fリーグ第6節(11.19)駐車場表(2023.11.14)
2023Fリーグ第5節(10.1)対戦表(2023.9.21)
2023Fリーグ第5節(10.1)駐車場表(2023.9.21)
2023Fリーグ第4節(9.3)対戦表(2023.8.26)
2023Fリーグ第4節(9.3)駐車場表(2023.8.26)
2023Fリーグ第3節(7.2)対戦表(2023.6.26)
2023Fリーグ第3節(7.2)駐車場表(2023.6.26)
2023Fリーグ第2節(6.4)対戦表(2023.5.28)
2023Fリーグ駐車場表(2023.4.25)
2023Fリーグ第1節(5.7)対戦表(雨天中止)
2023Fリーグ駐車場表(2023.4.25)

3年Fリーグ 第9節

ペガサスJFC A 、FORZA!沼南、南流山SC、まちサカFC 会場 野田市立福田第二小学校

Fリーグ第9節
小雨も降る中キックオフ⚽️
先週のU9サッカー大会優勝の勢いままに勝ちたかった。しかし結果は3位。

1試合目VSペガサスA 前半0-3,後半0-0
攻撃の場面でドリブルを仕掛けても周りの選手がボールをただ見てるだけ、スペースでボールを受けたり、裏への走り出しなどが1つも無いため、前に行っては奪われて自陣に攻め込まれるシーンが目立った。

2試合目VS FORZA!沼南 前半2-0,後半1-1
相手DF、GKの緩さから先取点、追加点と前半2点を奪ったが、テーマとしているドリブル突破であったり形を崩しての得点では無かった。後半GKのナイスセーブもあり1失点はあったもののなんとか勝ったというのが本音。

3試合目VS南流山 前半0-0,後半0-0
1,2試合目の反省点も少しは修正でき選手達もまだまだではあるが声も聞こえた。果敢にドリブルからトップの選手に繋ぎシュートまで行くシーンもあるが得点には繋がらなかったが、悪い内容では無かった。

4試合目VSまちサカ 前半2-0,後半0-0
今日の中では1番良い試合でした。
トップの選手に繋ぐ意識、自分でドリブル突破、ボールを奪う気持ち、周りを見る洞察力、声を出す、何より勝ちたいという気持ちが1番見られた試合でした。

課題は山積みではあるが、選手達が強くなりたい、もっと上手くなりたい、試合に勝ちたいと意識してくれる様に指導者も知恵を絞って頑張りたいと思います。
本日も寒い中朝から準備、サポートして頂きありがとうございました。
(時岡)