6年、5年交流試合

                         .
5,6年生交流試合
8月も最終日曜日を迎えた。
昨日に引き続き本日も猛暑で非常に暑い。
WBGTは30度、やや風もあるも条件は厳しかった。

高洲ホッパーズ、FC浦安ブルーウイングスを招いていてU-12の前哨戦。

40分ゲーム
①オレンジ 4-1 高洲ホ
②ホワイト 2-3 浦安ブ
③高洲 5-0 浦安
④高洲 0-4 ホワイト
⑤オレンジ 6-0 浦安

暑いなかどのチームも頑張りました。
暑さのあまり、テーマを忘れてませんか?。

点差よりも、納得して試合が出来たかが重要だと思います。

詳細は飯塚、篠田監督から。
相手チーム、朝早くからお手伝い頂いた保護者に感謝致します。

*****吉原*****
———————–
【6年】
8/30(日)猛暑の中、スポーツ公園にて練習試合が行われた。
U-12リーグ中止から、トーナメント方式となった今年の6年生、今回のTMでは、本番さながら負けたら終わりという状況で挑んで欲しいと話しました。

(オレンジ)
高州SCホッパーズ (1-0,3-1)4-1
ここ最近、攻撃のバリエーションが少ないと課題となってるオレンジ、今回も良いかたちで相手を崩す事が出来ない。
それでも守備への意識が高いので安定はしている。
その分攻撃の時間帯もある中、ゴールへの意識が低い。
普段からシュートで終わるのではなく、ゴールで終わる事をテーマにしている。
ゴール前でのシュートも、当てればゴールという状況でも大きく振り切って外す場面がある。
左足で蹴ればゴールの可能性もあるのに、利き脚で蹴ろうとしている。
ゴール前でこそ、焦らず良い判断でゴールを狙って欲しい。
常に顔を上げ、回りを見る事を意識したい。

(オレンジ)
FC浦安ブルーウイングス(2-0,4-0)6-0
この試合も良い形での得点が出来ない。中盤のサイドでの縦への意識が高く単調しすぎる。
2本のミドルシュートは凄く良かった二人ともキッカーには自信がある選手だ。
最後まで無失点で抑えたことは評価に値する。
どうしたら良い形でゴールに繋げるか、良い内容での試合を期待したい。

応援サポート本当に有り難うございました。
まだまだ暑さは続きますが、今後とも御協力お願いします。

6年コーチ 飯塚
———————
【5年】
朝から厳しい暑さのなか交流戦を行いました。
この猛暑での試合でホワイトの選手たちは戦う気持ちが出せるのか試合前のアップを見ていた。

対浦安戦 2-3
先取点を取られるもののキーパーからのパントキックをつないで2点を取ることができた。

対高洲戦 0-4
2バックの2人は2対2の局面では対応出来ていたがサイドのフリーな相手に対して他の選手がカバーに行けず失点を重ねてしまった。
試合後にもっと声を出すこと、オフザボールの時にも回りを見て自分はどう動いたらいいのか?何をしたらいいのか?考えることを伝えた。

何よりもどんな相手に対しても戦う姿勢、勝ちたいと思う気持ちを出してほしい。

暑いなか保護者の方々、朝早くからご協力有り難う御座いました。

篠田

6年、5年交流試合

                                     .
5,6年生交流試合
気象庁は8月1日、平年と比べ11日遅く梅雨明を発表。
本日のスポーツ公園、やや風があるも32,3度の夏日の兆し。熱中症に注意しながら、初石少年、武里SCを迎え試合を消化した。

フォルテW 0-6 武里
フォルテO 0-0 初石
フォルテO 5-0 フォルテW
初石 0-1 武里
フォルテO 2-0 武里
フォルテW 2-2 初石

暑いなか頑張りました。
Wは中盤が機能せず、ボールの良い奪い方に課題。

Oは縦に急ぎすぎ!相手を崩し切れない。

今日の経験、U-12リーグに生かせれば最高。

暑いなか、相手チーム、保護者に感謝。

先ずは報告まで、
詳細はW:佐藤、谷津  O:飯塚、中村
*****吉原*****
———————-
8月2日スポーツ公園にて4チームによる練習試合が行われた。
真夏日の中、本大会に向けての大事な試合でした。

1試合目 (オレンジ)
vs 初石少年 (0-0,0-0)0-0
スペースを上手く使う初石少年に対し、縦に急ぎ過ぎてしまうフォルテ、中々自分達のサッカーが作れない。
ボールを奪うも攻撃に繋げられない、パスも弱く味方に届かない、殆どのボールを拾われる展開、それでも必死に体を張って何とか無失点で後半へ繋げた。
後半も初石少年のスペースへのパスが上手い。
選手が連動して自分達でスペースを作りそこに走り込む。
一方フォルテは縦へのこだわりなのか、トップへ預けようと、パスをするが、相手のSDFにことごとくボールを奪われる。
攻撃のバリエーションが少ない。唯一のサイドバックからのオーバーラップも中盤との距離感と連動性が無く試合終了。
ポゼッション率は圧倒的に初石少年が上回る、この短い期間でここまで仕上げてくる初石さんに正直驚かされました。

2試合目 (オレンジ)
vs ホワイト (2-0,3-0)5-0
1試合目とはあきらかに違うホワイト、ポジション変更が功を奏すうしたのか動きが良い。立ち上がりパス回しが上手く連動している。
オレンジもそれにつられ追い回されている、序盤は互いに攻防戦が続く。少しずつだが両サイドからのオーバーラップの意識が高まる。
それでも、ゴールへの意識が低いのか決定力が無い。それでもオレンジの意地なのか個人技のドリブルでの得点が入る。
前半を2点差で迎える。
後半は右サイドからのクロスで得点すると、カウンターからのドリブル突破で追加点、更に右サイドから真ん中を経由して左サイドにいたトップの選手が見事なシュートで得点を重ねた。
試合は勝ったものの、個人技に頼ったゲーム内容だった。

3試合目 (オレンジ)
vs 武里SC (1-0,1-0)2-0
最後は良いかたちで勝利したいオレンジ、武里SCは高さとスピードを生かしたチーム、何度もサイドから足の速い選手に振り切られる場面がある。SDFもカバーに行くが武里さんのスピードは更にその上を行く。それでも失点を許さないDF陣とGK、鉄壁の守備は相当な武器だ。
その後押しなのか、攻撃陣もようやく良いかたちで得点を取る。
真ん中の選手から左サイドへ展開、左サイドから縦への突破でクロスを上げ、トップの選手が見事にゴールをする先制点だ。
後半も攻撃陣の流れは良い、開始2分に右サイドから真ん中の選手を経由して、左サイドの選手が中へ切り込み強烈なミドルシュートで追加点を上げた。
最後の最後に良い内容で試合を終えたオレンジ、本当なら1試合目から出来たら良かったのかも知れない。
サイドからサイドへの展開、時には中央からの攻撃、その判断を選手達が理解して連動性が上手く行けば、自ずとバリエーションが増え攻撃に更に厚みが掛かると思います。
来週は柏エフォートとのTMです。
県大会では負け越してるチーム、本大会さながらの良い体験になると思います。
ホワイトも最後は良いかたちで終えたので、2チームとも決勝トーナメントに行けるよう一丸となって本大会へ準備して行きましょう。

本日は朝早くからコート作り、応援サポートしてくれた保護者の方々、お疲れ様でした。
わざわざ遠征に来てくれた初石少年SCさん、武里SCさん、力を貸してくれて有り難うございました。

6年コーチ 飯塚
——————–
梅雨明けを迎え、夏本番となった野田市スポーツ公園にて交流試合が行われた。

W(ホワイト)チームは初戦から、集中力が乏しい。
試合後のミーティングで修正点を確認し、ポジション変更を試みた。
2試合目は失点を重ねたものの、
選手達自らが何かを掴みかけてきた。

昼食を挟んでの三試合目。
暑さもあり、状態の良い選手から送り出す。
明らかに毎試合に良くなって来ている選手たち。体をぶつけあい、体格差等に怯えず、珠際で奪い合う。
頑張るプレーに自然とチームから声が生まれ、ベンチでさっきまでおとなしかった控え選手まで、自分が出たいとうるさいくらいだ。
何よりも、先制されながらも諦めずに同点に追い付いたことが良かった。
もっと学ぶべきことは沢山あるだろう。
しかし、今日の三試合目での選手自らが感じたことを忘れないでほしい。

来週も有難いことに試合が出来る。
また選手達の大きな声が聞けるように期待したい。

対戦いただいたチームの皆さん、大変な時期にご参加いただき、ありがとうございました。
保護者の皆さん、大変に暑いなか、サポートいただきましてありがとうございます。
参加いただきましたコーチ、関係者の皆さん、朝早くからありがとうございました。

フォルテW 0-6 武里
フォルテO 5-0 フォルテW
フォルテW 2-2 初石

谷津
———————-
梅雨明けを迎え、夏本番となった野田市スポーツ公園にて交流試合が行われた。

1試合目武里0-6敗戦
テーマは攻撃の時もボールホルダーに対してサポートに行く、守備の時はファーストDFを助けに行く攻守に渡りチームメイトを助けるで試合に送り出しました。
久々のTM、5.6年生混合チームという事で声を掛け合わなくてはいけないのにもかかわらず声がかけれないでいる。
攻守に渡りチームを助けるというのも攻撃時にはボールを貰う側の出足が遅く声もないためパスを出すタイミングが遅くなっている。
守備時にはファーストDFが相手に寄せ切らずに足だけでいき一発で交わされてしまう場面が多く見られました。
課題が多く残る試合になってしまいました。

2試合目フォルテO 0ー5 敗戦

フォーメーションを慣れしたしんだ形に変え挑みました。
テーマは初戦と同様。特にDFの部分しっかり寄せて足だけで行かない事を注意して送り出しました。
初戦と比べFWからのプレッシャーが良くインターセプトできそうな所まで追い込んでいるのですがセカンドDFのインターセプトの意識が低く相手にボールが出てから取りに行く場面が見られました。
ハーフタイムにインターセプトの意識を伝えると少しずつボールを奪える場面が増えてきました。
いいはボールの奪う方をするといい攻撃ができ少しずつ声も出てくるようになりました。
初戦と比べ試合感も戻りつつあり課題はあるものの次の試合に期待が持てる。

対戦いただいたチームの皆さん、大変な時期にご参加いただき、ありがとうございました。

保護者の皆さん、大変に暑いなか、サポートいただきましてありがとうございます。
参加いただきましたコーチ、関係者の皆さん、朝早くからありがとうございました。

6年生コーチ佐藤

【中止3/1】5,4年練習試合

                                      .
新型コロナウイルスの影響を考慮し中止とさせて頂きます

【確定版】2020forte-nodaTRM@0301fuku2

【4年・5年】3/1(日)TRM
場所: 福田第二小
集合時間:指導者 7:15  選手7:30
代表者打ち合わせ 8:30~

①初石少年SC
②FC Gois YANAKA
③花園SC
④フォルテ4・5年

5年郡市トレセン決勝トーナメント結果

                                    .
●郡市トレセン決勝トーナメント結果2020/2/23(日)
本日、郡市トレセン5年生大会 決勝トーナメントが富津臨海陸上競技で行われました。
フォルテから郡市トレセン選出9人、(県トレ合宿1人)

準決勝
①野田TC vs市原TC (0-3)
②船橋TCブルー vs 花見川TC (0-3)
決勝
市原TC vs花見川TC (3-1)

優勝 市原TC
準優勝 花見川TC
3位 野田TC、船橋TCブルー

フォルテの選手は本当に良い経験が出来ました。
この経験をバネに、今後のフォルテの力になれれば良いと思います。

5年コーチ 飯塚

●郡市トレセン 2020/2/23(日)

決勝トーナメント組合せ表 ⇒ 2019Tresen52jikekkaBest4kumi0210
決勝トーナメント
①10:00~
野田TC vs 市原TC
②11:00~
船橋TCブルー vs 花見川区TC

③決勝13:30~

●郡市トレセン 2日目結果2020/2/9(日)
U-11郡市トレセン 2次リーグ 結果

木更津TC 2-1 勝利
美浜区TC 1-2 負け

得失点差で1位通過しました。
2月23日の決勝トーナメント進出で、ベスト4に入りました。

5年コーチ 飯塚

●郡市トレセン 1日目結果2020/2/2(日)

5年トレセン大会1次リーグ
結果
我孫子トレセン(1-0,2-0,1-0)4-0
船橋トレセンホワイト(2-0,1-1,0-0)3-1

予選1次リーグ 1位通過

トレセン2次リーグ
試合場所 君津市日本製鉄君津大和田グランドB
11時から 美浜区トレセン
13時から 木更津トレセン
審判あと審判12時と14時

5年東武鉄道杯 決勝

準々決勝2-3風早レクト 会場 柏市逆井運動場
.
●東武鉄道杯第10回野田線沿線U-11 サッカー大会・決勝 2020/2/15(土)
準々決勝2-3風早レク 会場 柏市逆井運動場

東武鉄道杯第10回野田線沿線U-11 サッカー大会・決勝
これが正式名。
48チームの頂点を目指し、全身全霊をかけて闘った20名。

準々決勝
風早レクト 2-3
フレンドリー
船橋法典FC 0-4

まだ、努力が足りないと神様が見ていたようだ。
ポゼッショは6:4~7:3。
相手は少ないチャンスを確実にものにした。

詳細は中村、飯塚コーチから
*****吉原*****
————————
東武鉄道杯第10回野田線沿線U-11 サッカー大会・決勝

準々決勝
風早レクト 2-3 敗戦
立ち上がり相手のペースに合わせてず相手陣内での時間を長くするために、
ハイプレスを意識する様にと攻撃の時になんとなく出すパスでなく狙いあるパスを出すようにと送り出す。
立ち上がりからプレスも効き相手陣内でプレーできているがパスの精度が悪くいい形でフィニッシュまでいけない。
相手はセンターバックの選手が背も高くフィジカルも強く守りが硬い。
CFへ縦パスの展開が多い。
CFのマークが甘く何度か攻め込まれる場面がある。
コーナーを許しセンターバックの選手へピンポインとのボールが入り先取点を許す。

後半相手のプレスが甘くなった所を中盤の選手がドリブルで持ち込み同点。
直後相手のセンターバックから縦パスが入りCFの選手に持ち込まれ引き離される。
フォルテは左サイドから展開繋ぎ再度追いつくも2失点目と同じ形で突き放されそのまま終了。
今回サイド攻撃がうまく使えなかった事。攻撃時、守備時に相手キーマンを抑えられなかった。

フレンドリー
船橋法典FC0-4
プレスも弱くオフザボールの動きがなかった。

最後に決勝戦を観戦したが両チームとも球際が激しく気持ちのこもったとても素晴らしい試合でした。
決勝を見て選手達が何を感じたのか、U 12に向け限られた時間でチームを作っていきたい。

本日審判、一日帯同して頂いた對馬コーチ、保護者の皆様ありがとうございました。

5年生コーチ佐藤

●東武鉄道杯中央大会② 2020/1/26(日)
8-0柏央アクセルFC、7-1FCラソフィーオ 会場 流山スポーツフィールド

第10回東武鉄道杯野田線沿線U-11サッカー大会決勝トーナメント1日目

肌寒い流山スポーツフィールド

対 柏央アクセルFC 8-0
対 FCラソフィーオ 7-1

午前中は練習を消化。午後からの試合にそなえる。
1試合目、決定期を何回となく逃すも8得点。

2試合目は活を入れるコーチの厳しい言葉に選手の反応は今一だったが、引いてきた相手に前半4点を上げ勝負を決めた。

次回2/15 優勝をかけて闘う。
会場は柏市 逆井運動場。

詳細は飯塚、中村HCから
*****吉原*****

●第1試合
1/26(日) 東武鉄道杯 決勝トーナメント1回戦が流山スポーツフィールドで行われた。
フォルテは2人欠席の18人で挑む。
午前中は東部小で練習をしてきた選手達、会場ではシュート練習が出来ない為、シュート練習を念入りに行った。

1回戦
vs 柏央アクセルFC (4-0,4-0)8-0 勝利

前半は序盤からフォルテペース、いくつかチャンスを作るも得点にならず。
ここぞという時に点を取れないフォルテ、ベンチからもため息をつく。
開始6分にようやくワンツーからの崩しで先制点をあげる。
更に追加点を重ね、前半を4-0で折り返す。
前半はシュート数の多い展開だったが制度が悪い。
後半は選手を代え送り出す。
立ち上がり1分、コーナーキックからヘディングシュートで得点をあげると、立て続けに追加点を重ねた。
このまま良い流れに乗りたいが、徐々にトラップ、パスの制度が悪くなる。
広くスペースを使いたいが、ボールばかり見て、どの選手も狭い方ばかり行ってしまう。
それでも無失点で抑える事が出来た。
まずは1回戦突破だ。
今後はシュートの制度を上げる為に練習も強化して行きたい。

保護者の皆様、応援サポート本当に有り難うございました。
今後も宜しくお願いします。

5年コーチ 飯塚

●東武鉄道杯中央大会① 2020/1/19(日)
3-2薬南FC、2-1浦和尾間木SSS 会場 野田市立七光台小学校

各会場結果
4303_第10回野田線大会・野田会場結果
4304_第10回野田線大会・柏会場結果
4305_第10回野田線大会・流山会場結果
4306_第10回野田線大会・松戸会場結果

5年東武鉄道杯中央大会
2019年度東武鉄道杯中央大会が野田市立七光台小学校で実施された。

21期20名は昨日から開催されているU-11レイソルカップ(野田トレセン)と2分して参加。

① 薬南FC戦 3-2
② 浦和尾間木SSS戦2-1

シーソーゲームを制し1位通過でベスト16
次節26日に本大会出場権をかけて闘う。

色々あるが、
パスを受けた時に相手のゴールに向いていない。

後ろから味方を追い越す積極性を自らだせ!

詳細は中村、佐藤HCから
*****吉原*****

2020年1月19日(日)晴れ 気温10℃
野田市立 七光台小学校
東武鉄道杯 野田線沿線大会 グループリーグ
東グループF

●第1戦 
vs 薬南FC(ヤクナンFC) 3-2 勝ち

前日に今年初めての雪となり開催が危ぶまれましたが、
翌日は一転暖かな冬晴れ、絶好のサッカー日和になりました。
昨年の予選リーグを勝ち上がった16チームが七光台小学校に集まりグループリーグが開催されました。
フォルテは前日からトレセンレイソル招待への派遣もあり2チームに分かれて参加、19日は15名で戦いに挑みます。

立ち上がりからフォルテのペース。 
右サイドを中心にドリブル、2タッチ、ダイレクトプレーを使いながらチャンスを作りますが、
ラストパスやシュートの精度が低くなかなか得点を奪えません。
中盤を経由してのさばきも次第に単調になり流れがつかめず、攻撃の時間だけが長く続きながら得点は奪えず前半を0-0で折り返します。

後半早々に交代選手が先制点を奪い更に攻勢をかけますが、次第に攻め疲れの状態に。
なんとか追加点を挙げ2-0となりますが、次第にリズムが悪くなり始めていました。
そんな中、相手に一瞬の守備のスキを突かれ失点、勢いづく相手に盛り返せないまま更に失点し2-2。
流れが傾きかけましたが、交代選手の活躍で決勝点を挙げ3-2で勝利大事な初戦を勝利する事が出来ました。

上位リーグでの戦いは流れは大きく勝敗に影響します。
決めるべき所でチャンスを逃し続けると勝ち上がる事は難しい。
チームとしてまだまだ成長が必要です。

初戦を何とか勝利しグループ1位突破をかけて第2戦に続きます

5年担当 中村

●第二戦
浦和尾間木SSS戦2-1

スタートは1試合目に出場していない選手を中心にメンバーを組む。
試合前運動量はスプリントした距離だけでなく攻撃、守備の時にボールを持っていない時に、
どれだけ関わり(サポート)に行けるかも大事、相手よりも運動量を多くしようと送り出す。
立ち上がりは守備時プレスも効き、複数人でボールを奪う事ができていたが、
奪った後のパスが意図したとこにけれていなく奪われてしまう。
10分が経とうとした時にプレスが甘くなり失点してしまう。
しかし前半GKのナイスセーブに助けられ1-0で折り返す。

後半再度攻守でサポートに行くように相手より先に体を入れマイボールにする様にと声かけする。
ボールは奪えるがやはり意図する所にパスが出せずセンターハーフの二人になかなかいい形でボールが入らない。今後の課題。
それでもセンターハーフの選手がドリブルで持ち込みスルーパスを出し1点を返すと勢いを取り戻し、
プレスが効き始めボランチの選手がドリブルで持ち込みスルーパス逆転ゴールを決める。
以前の21期だとイライラし自分達を見失う事が多かったのですが、今回2試合とも粘り逆転勝ちを収める事ができました。
焦らず自分達のペースを掴む事ができています。
まだまだ課題はありますが2戦目は全員が出場しブロックトレセンに行っている選手を怪我でかくアクシデントはありましたが、
それでも逆転勝ちでき皆んなで勝ち取れた事が良かったです。
一日帯同頂いた小川コーチありがとうございました。
保護者の皆様ありがとうございました。

5年生コーチ佐藤

【終了2/15】5年東武鉄道杯

                                    .
2020年1月19日(日)、大会1日目
1月26日(日)、大会2日目
2月15日(土)、大会準々決勝、準決勝、決勝戦、閉会式。

28661_第10回野田線大会・野田会場 (2)
28662_第10回野田線大会出場チーム一覧_
28663_第10回野田線大会・総合・pdf

●2月15日(土)
4400_東武野田線大会決勝組合せ表
場所:柏市逆井運動公園
10:50~vs 風早レクト

●1月26日(日)
4401_東武野田線大会1.26結果全体表

4322_決勝トーナメント1日目組合せ表

4319_第10回野田線大会・総合表結果

●1月19日(日)
4303_第10回野田線大会・野田会場結果
4304_第10回野田線大会・柏会場結果
4305_第10回野田線大会・流山会場結果
4306_第10回野田線大会・松戸会場結果

試合会場 七光台小学校
試合 12:45~薬南FC戦
試合 14:35~浦和尾間木SSS戦

審判は前審判です。
試合11:50 浦和栄和SSS vs 行田西SC
試合13:40 清水台FC vs 行田西SC

駐車場 野田北部幼稚園内駐車場 車台制限 4台
3973_北部幼稚園駐車場

駐車場内と会場、会場周辺は、禁煙となっております。
駐車場内での車内での喫煙も不可です。

組合せはこちら ⇒ 組合せ

東ブロック(Fグループ)
船橋市 (薬南FC)
さいたま市 (浦和尾間木SSS)
野田市 (フォルテ野田SC)

予選リーグ
3チームリーグ、16ブロック
決勝トーナメント
各ブロック1位、2位チーム、(32チーム)

中央選手権大会、2月29日(土)
会場・朝霞中央公園陸上競技場
東武鉄道杯、優勝、準優勝チームが中央選手権大会への権利。

3114_幹事会確認:第10回野田線大会実施要項

3115_幹事会確認:少年サッカー大会規定(野田)

5年 U-11レイソルカップ2日目

                                      
●2020/1/19(日)U-11レイソルカップ2日目
【2日目】
U-11レイソルカップ結果2日目
vs 市川FC (0-0,0-0)0-0 PK7-6 勝利
vs 白井TC (0-0,0-1)0-1 負け
vs (1-2,0-2)1-4 負け

結果は20位チーム中の12位でした。

3DFの両サイドにエイト、レオンを起用、積極的なオーバーラップがチャンスを作る。
守備の場面も2人の活躍に助けられました。
今回の最優秀選手はエイトが選ばれました。

5年コーチ 飯塚

●2020/1/18(土)U-11レイソルカップ1日目
【1日目 】
U-11レイソルカップ結果1日目
Cグループ予選
vs 長生TC (2-1,1-0)3-1 勝利
vs 川口TC (1-1,0-0)1-1 引き分け
vs 柏TC (0-1,0-2)0-3 負け

グループ3位で通過

1日目の結果報告です。

5年コーチ 飯塚

5年2020JA全農全国少年サッカーin関東 千葉県大会

1-4ジェフユナイテッド市原・千葉U-12 会場 レイソルグランド           

2020/1/12(日)
5年生2020JA全農全国少年サッカーin関東 千葉県大会

千葉県トップ16チームがレイソルグランドに集結

天候よし、ピッチ最高。
ギャラリー多数。これ以上ない条件での試合。12分3ピリオド制

ジェフユナイテッド市原・千葉U-12
1:4 (0-1、1-2、0-1)
ポゼッションは3:7
貴重な経験は選手の糧となる事に期待する。

前進するには厳しさ、能動的な自走が必要。

詳細は佐藤ヘッドコーチから
****吉原*****
————————-
千葉県トップ16チームがレイソルグランドで試合が行われた。
どのチームもアップから質の良い動きを見せている。
12分3ピリオド制1.2ピリオドは必ず総入れ替え。3ピリオド目1.2ピリオドの混合、交代も自由というレギュレーションになっている。
登録20名出場できる選手は16名21期は20名選手がいる本日1名欠席のため3名がメンバー外になってしまう。
メンバー発表後3名は悔しい思いをしたと思うが一緒にアップをしたりベンチで試合見たりし、
何かを感じ悔しい思いをこれからのトレーニングに活かして欲しい。
メンバー外の選手達はベンチを運んだりチームの為に活躍してくれていた。

一回戦
ジェフユナイテッド市原・千葉U-11
1:4 (0-1、1-2、0-1)敗戦

相手の選手は一人一人の技術も高く正確。
フォルテの選手もプレスに行けてはいるがポジションが悪くボールが出てからプレスに行くためプレスに行くとパスを出されてしまう。
特にサイドの選手は相手の選手のマークを付けていないためパスを出され追っかける場面が多くなっている。
1ピリオド目なんとか0-1でしのぎ2ピリオド目へ。
FW.トップ下の選手がチェイスを頑張ってくれ少しずつフォルテも攻撃ができる相手もしっかりと体を入れ守ってくる。
フォルテ右サイドに展開し右サイドの選手がFW選手へ落としドリブルで進出しシュート。
GKが弾いた所を左サイドの選手が押し込み1点返すもやはり1ピリオド目と一緒でプレスに行くとパスで交わされてしまう。
2ピリオド目終了後サイドの選手へ守備のポジションニングのアドバイスをし送り出す。
サイドの選手がポジションニングを意識して守れているが守備の時間が長く中々攻撃へは移行できない。
相手左サイドの選手が一瞬の隙を見逃さない。
ハイプレスをかけハイラインになっている逆サイドまで一本のパスでサイドチェンジされ点を奪われる。
プレスが遅れてパスを出させてしまいサイドのマークも一瞬甘くなっている所を見逃してはくれない。
質の良いサイドチェンジ正確なトラップで落ち着いてGKと一対一を流し込まれる。
アップから見ていたがやはり一つ一つのプレーが技術が高く正確だった。
フォルテの選手も諦める事なく最後まで必死にプレーしていた。
これから6年生に向けてチームでボールを奪うためのポジションニングアプローチを確認しUー12に向けて準備し、
パス、シュート、トラップも一つ一つのプレーにこだわりを持ってトレーニングしていければと思う。
本日は寒い中帯同、応援に駆けつけて頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

5年生コーチ佐藤
————————-
2020 JA全農杯全国小学生選抜サッカーin関東千葉県大会

FC市川GUNNERS 3 - 0 Wings U-12

ジェフユナイテッド 4 - 1 フォルテ野田
市原・千葉U-12

トリプレッタSC 2 - 1 ちはら台SC

柏レイソルU-12 2 - 0 FC市川GUNNERS

ジェフユナイテッド 3 - 0 トリプレッタSC
市原・千葉U-12

Wings U-12TOP 2 - 0 高州SCホッパ-ズ

柏エフォートFC 2 - 1 GINGA FC U-11

高根東SSS 1-1(PK 3-2)柏レイソルA.A長生

柏レイソルA.A.TOR’82 3 - 0 FCフェルサ祇園

Wings U-12TOP 3 - 0 柏エフォートFC

柏レイソルA.A.TOR’82 6 - 0 高根東SSS

5年コーチ 飯塚

【終了1/12】5年チビリンピック予選

.                            
【チビリンピック予選】

2020JA全農杯千葉県予選(チビリンピック)組合せ
1/12(日) 
場所
日立柏総合運動場(人工芝)A面

試合
①10:30?vsジェフユナイテッド市原.千葉U-12
勝てば
②13:30?vsトリプレッタsc、ちはら台scの勝者

2020JA全農杯小学校選抜サッカー千葉県予選大会 要項20191124

【5年ホワイト県中央大会2次リーグ】
2019/11/24(日)ホワイト県中央大会2次リーグ
会場:三里塚FCグラウンドB面
〒286-0113
千葉県成田市南三里塚宮園18-1
※成田リハビリテーション病院(森の病院)のとなり

試合
①10:00 vs柏エフォートFC
②14:00 vs沼南JFC
審判
9:00~ 1試合目、13:00~ 5試合目

グループ1位で12/1(日)決勝トーナメントBEST8

グループ2位以上で全農チビリンピック予選出場

【5年ホワイト県中央大会1次リーグ】
2019/11/17(日)ホワイト県中央大会1次リーグ
会場 袖ヶ浦少年サッカー場

試合 ①11:00 鷺沼レッド
②13:00 イーストJr
審判 12:00 14:00

1位通過で24日の二次リーグへ

【2ブロック決勝トーナメント】
優勝 まつひだいSC
準優勝 上本郷SC
第3位 常盤平SC、清水台FC

第9代表 松戸旭SC

2019_2ブロック決勝T20190808

2019_2ブロック決勝T対戦表0190808

201909/21(土)
会場 流山スポーツフィールド
A面(江戸川 上流側)を5年生
B面を4年生

試合
①9:00 vsラビットキッカーズレッド

勝てば②11:45 松戸旭・清水台の勝者
負ければ②13:35 これに勝てば9/22

2019/9/16(月)敬老の日雨天順延⇒201909/21(土)
会場 松戸・主水サッカー場
試合 ①9:00 ラビットレッド
勝てば②11:45 松戸旭・清水台の勝者
負ければ②13:35 これに勝てば9/22

##############################################
【2ブロック予選】
予選全試合結果 ⇒ 千葉県5年生第2ブロック予選結果_東部主管20190721

千葉県5年生第2ブロック予選日程_東部主管20190520改1

2019年度5年2Bサマリー

2019/7/21(日)
【1】2019年度2ブロック5年G1日程調整 (フォルテW追記)20190717

@流山東部SF 6/15⇒6/16順延
①6/16 9:00~9:45 流山東部SC(副審)
②6/16 10:10~10:55 上本郷SC B(副審)
③6/16 11:20~12:05審判(主審・4th)

———————
①6/15 13:50~主審・4th
②6/15 14:30~ vs上本郷SC B
③6/15 15:20~副審
④6/15 16:00~ vs流山東部FC

@福田第二小
⑤7/21 13:40~ vs新松戸SC G +副審

5年4年フォルテXmasMatch@東部小(TRM)

                                     .

12月15日(日)晴れ 12℃
東部小学校
フォルテXmas Match(TRM)
清水台FC
フォルテ4年
フォルテ5年(W)(O)

12月も半ばを過ぎ年内の活動も今日を含めあと2回
2019を締めくくるべく清水台FCさん、フォルテ4年とともにAMのみのTMを開催しました

限られた時間の中で20分1本を時間まで変則的に行いました
今回は4年生数名を5年に入ってもらいちょっと違った環境でゲームを経験してもらいました
全般的によくやってくれましたが、少し遠慮もあったかな?
いつものガンガン仕掛けるところが少なかったかなと感じました

また機会を設けますので今持っている技術がどれだけ通用するか積極的にチャレンジしてみてください

保護者のみなさん
早朝から運営ご協力ありがとうございます
いつもながらスムーズな会場準備本当に助かっています
少ない時間ながら選手たちは真剣に試合に打ち込めて良い時間だったと思います
ありがとうございました

清水台FC様
急なお願いにも関わらず参加頂きありがとうございました
短い時間で試合時間少なくすいませんでした
また機会を設けますので学年を問わず交流いただければと思います
2019ラストゲームは引き分けでした
次回また「好いゲーム」お願いできればと思います
次回は負けませんよ~!!

5年担当 中村

追伸
 ”Xmas match” サンタから豪華Xmasプレゼントが用意され閉会式で選手にわたされました。
主審の一人はサンタクロースの正装で、ARはフラッグ片手にサンタの帽子で選手が交代で担当。
Matchは楽しくフレンドリーかと思えば、真剣そのもので浮ついた選手は皆無、全てが緊張好試合。
風が冷たく冬の到来を感じさせる気候の中、保護者がピッチ作成からグランドキパーを担当。
プレゼントを提供して頂いたサンタ様、全ての選手、全て保護者に全ての指導者
2020年もご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 
                                        吉原

5年ホワイト県大会2次リーグ

3-4柏エフォートFC、0-0沼南JFC 会場 三里塚FCグランド         .

***********5年ホワイト県大会2次リーグ************
●県大会2次リーグ 2019/11/24(日)
3-4柏エフォートFC、0-0沼南JFC 会場 三里塚FCグランド

●第1試合
vs柏エフォートFC  3-4負

追い上げましたがあと一歩でした。

●第2試合
vs沼南JFC  0-0引き分け

決めきれずスコアレスドロー

1敗1分け残念ながらベスト8ならず
グループ2位でチビリンピック予選は参加できます

中村

——————————————
●第1試合
前日から降り続く雨の中、1時間遅れの開始となった、成田の三里塚グランド、強豪チームが集う会場となった。
フォルテは2次リーグ、柏エフォートFC、沼南JFCのブロックでベスト8を掛ける。

第一試合
柏エフォートFC 戦

何故か毎年お世話になる柏エフォートFC、3年生の時のケーブルテレビ杯では(3-3)の引き分けに終わるも、
得失点差で何とか1位で突破したフォルテ。今回も因縁の対決となると1試合目となった。
前半開始、集中したいフォルテ、グランドコンディションが悪いのか、足元のボールコントロールが乱れる選手達。
慣れるまでヒヤヒヤする時間帯となった。
開始4分にGKからのパスミスで相手にボールを奪われ、先制点を相手に与えてしまった。(0-1)
それでもフォルテは開始6分、左サイドからボールを奪うとスピードあるドリブルからシュートを決め同点に追い付く。(1-1)
中盤での防戦の中、フォルテに予想外のアクシデントがおこる。
得点を決めた左サイドの選手が体調が悪いと余儀なく交代をする。
前半12分相手のカウンターからシュートを打たれる、一度はゴールバーに救われるも、相手に拾われ2失点目を奪われる。(1-2)
フォルテもいくつかチャンスを作るが点にまで届かない。
中盤の底では、相手GKのパントキックをどうしても跳ね返せない。
ボールの落下地点が悪いのか、相手の真ん中の選手の動き出しにつられてしまい、
後ろにボールを流してしまうという場面が多く見られた。
それでも二人のセンターが上手くカバーし合って何とか相手のチャンスを阻止しする。
点が入らないのか、少しずつだがイライラモードになってしまう選手、直ぐ様交代してベンチへ戻す。
その後も点が取れず、前半を折り返す。

ハーフタイムでは、中盤の底でボールを早めに奪う事、相手のパントキックも先に触るよう指示、
ボールを奪われた後の切り替えを早くしようと伝え送り出す。

後半は早くも点が動く。やはり中盤での底でボールを奪われ、ミドルシュートで3失点目(1-3)
それでもフォルテの選手は下を向かない。いつもならずるずると相手ペースになってしまうフォルテも点を取りに行く姿勢を見せる。
後半11分には中盤でボールを奪うと、左サイドの選手にパスを送り、ドリブルからのシュートを決め、(2-3)と追い詰める。
相手も真ん中の選手を中心にボールを回して攻撃を組み立てる。
後半15分には真ん中の選手から、フォルテのうらを抜くループパスで、右サイドから走り込んできた選手に上手く渡り、
ドリブルから4失点目と突き放される。(2-4)
フォルテも前半で交代されたエースをもう一度ピッチへ送り出す。
頭を冷やしたのか、見事プレーに応えてくれた。
エースがボールを納めてくれるとフォルテもリズムに乗る。後半18分にはエースのミドルシュートで3点目が入り(3-4)
フォルテも最後の最後まで攻撃し続けるも同点弾を決めきれない、それだけ相手も必死に阻止ししてくる。
何度も諦めずボールを追う選手達、それでも無情にも時間だけすぎて、試合終了のホイッスルが鳴り響き、1試合目負けてしまった。
この試合は一人ひとりが何がダメだたったのか、自分達でも分かったと思います。
その一人ひとりが課題として修正して行けば、もっと上を目指せるような気がしました。
今回は負けてしまったけど、選手達の新たな成長が見れた試合でした。

vs 柏エフォートFC (1-2,2-2)3-4 負け

本日は、朝早くから応援サポートしてくれた保護者の方々、審判を帯同してくれた小西監督、本当にお疲れ様でした。

5年コーチ 飯塚

●第2試合
11月24日(日)雨のち曇り 気温15℃
成田市 三里塚FCグラウンドB面

千葉県中央大会 2次リーグ第2戦
vs 沼南JFC
0-0 引き分け

初戦を3-4で落とし、該当チームが2勝したためこの時点でグループ突破の可能性は消滅しました。

試合前のミーティングで「県大会最後の試合
是非勝って終わろう」と言葉を掛け合い試合に臨みました 。
対戦相手は個人技に秀でた沼南JFC体格も良い選手が多く攻撃的で素晴らしいチームです。

初戦で難しかった点を修正 相手の個人技での突破やロングボールに対し中盤でしっかり対応しCBがセカンドボールで負けない
守備で相手を自由にさせない奪ったボールを中盤からサイドに経由して仕掛ける事ができました。

特に両サイドとCBは守備、攻撃ともに良く走ってくれたおかげで良い形を作る事ができました。
フィニッシュの精度に問題があり得点を挙げる事はできず0-0に終わってしまいましたが
練習で取り組んできた事をよく表現してくれました。

最終戦を終えて1敗1引き分けで2次リーグ敗退となりましたがグループ2位となり
「チビリンピック千葉県大会」に出場する事になりました。
今回の県大会上位16チームによるトーナメント戦になります。
しっかり準備して良い試合ができるようがんばりましょう。

保護者の皆様
今日は遠くまで、選手の送迎、応援、チームへのご協力ありがとうございました。
本日で県大会を終えて目標のベスト8は達成する事が出来ませんでした。
選手は最後まで諦めずよく頑張ったと思います。特に最後の2試合は気持ちの入った良いゲームをしてくれました。

今後もチビリンピック予選、東武鉄道杯と大会が続きます。
引き続き応援、ご協力の程よろしくお願いします 。

5年担当 中村

***********5年ホワイト県大会1次リーグ************

●県大会1次リーグ 2019/11/17(日)
3-0鷺沼FC、3-1イーストJr.FC 会場 袖ヶ浦少年サッカー場

試合結果

vs 鷺沼FC(2-0,1-0)3-0 勝利
vs イーストJr.FC (2-0,1-1) 3-1勝利

フォルテ(ホワイト)2次リーグ進出。

1試合、2試合とも、良い試合でした。
相手の2チームはスペースへ放り込んで来るスタイル。フォルテはそれをしっかりと跳ね返し攻撃に繋げる。
前へ急がず、横への展開をベースに攻撃に入る事が出来ました。
まだまだシュートの質は課題が残りますが、良く頑張りました。

5年コーチ 飯塚
————————-
11/17(日)晴れ 気温19℃
習志野市袖ヶ浦少年サッカーグラウンド
千葉県中央大会1次リーグ

vs鷺沼FCレッド
3-0 勝ち

爽やかな秋晴れ中、県中央大会1次リーグ初戦を迎えました
守備、攻撃共によく走り、球際も頑張りました
素晴らしい初戦だったと思います

選手たちは最初こそ緊張している様子でしたが次第に楽しんでプレーしている姿が印象的でした
第二戦に続きます

5年担当 中村
—————–
第2戦
vsイーストジュニアFC
(2-0,1-1)3-1 勝利

勝てば2次リーグ進出という直接対決、相手チームの情報が分からない。選手達と一緒に1試合目の試合を見て情報を得る。
試合を観る限りではスペースへ放り込んで来るスタイル。
選手達同士も「何番と何番は注意しよう」等、話す声が聞こえる。
最高の万全でのキックオフ。
チーム全員で声を出し、良いプレーには「ナイス」、ミスをしたなら「ドンマイ」最高のパフォーマンスが出来たと思います。
一方、悔しい思いをした選手も居ます。ここで下を向いて終わる選手ではないと信じています。
境遇は成長のチャンスだと思うので、一緒に頑張って行きましょう。

5年コーチ 飯塚

***********5年ホワイト2ブロック決勝トーナメント************

●2B決勝トーナメント 2019/9/21(土)
3-0ラビットキッカーズレッド、1-2清水台FC 会場 流山スポーツフィールド

2B速報
vsラビットキッカーズレッド
3-0
勝ち
県大会出場
中村

vs清水台FC(1-2,0-0) 1-2 敗退
飯塚
———————
●1試合目

●2試合目
本日、流山スポーツフィールドにて2B決勝トーナメントが行われた。
初戦を勝利し、県大会出場の切符を手にしたフォルテ、清水台と松戸旭の勝者との2戦目、
激闘の末、PKまでもつれ込み勝利した清水台FC、野田勢同士の対戦となった。

決勝トーナメント 2回戦
vs清水台FC (1-2,0-0)1-2 敗退

アップの練習前からダラダラと集まる選手達、気持ちの切り替えが無いと監督から激が飛ぶ。
不安がよぎる第2戦、リズムに乗ってる清水台FC、立ち上がり集中しなくてはならない。
開始早々、不安が的中する。前がかりになったフォルテGK、クリアボールが相手の体に当たり、
そのままボールがGKの頭上を越えて、あわや失点かと思ったが何とかクリアをして免れた。
それでもピンチが次から次へとバタバタする選手達、そんな中開始3分には不用意なバックパスで、
相手にボールを奪われ失点してしまった。
点を取りに行こうと前へ前へと急いでしまうフォルテ。
中盤からサイドの展開と言うより、ドリブル突破が目立つ。
それでも前半14分、執念からのミドルシュートで同点に追い付く。
追加点を狙いたいあまり、中盤での守備が怠る場面。
そこを何度もボールを拾われるが、フォルテのDF陣が体を張って死守する。
どうしても点が欲しいフォルテだったが、前半18分に前に飛び出してのGKのクリアボールを先に相手に拾われ、
ロングシュートを打たれて2失点目が入ってしまった。
後半になっても落ち着きを取り戻せないフォルテ。
ネガティブばかり飛ぶ声に、チームとしてのミスを誘ってしまう。
そんな中、更に不運がフォルテを苦しめる。
必至に死守してくれたフォルテGKがゴールポストに激突してしまうアクシデントが起こる。
中々立ち上がれないGKに、主審が笛を吹かない。
「ボールを出せ」とベンチからの声も選手達には聞こえてないのか、プレーが続いてしまう。
GKも痛みを堪えて立ち上がろうとするも立ち上がれない。ようやく主審がプレーを止め、GKを交代してプレーを再開する。
フォルテもいくつかチャンスを作るが、最後のフィニッシュがどうして上手くいかない。
清水台FCも必死に体を張ってのDF。4審からアディショナル1分と告げられる。
それでも選手達はゴールを狙いに前へ進む。清水台FCも最後までボールを奪いにくる。
そんな中、距離は有るが右のハーフライン前からのフリーキックのチャンスが訪れた。
DF陣も全員ゴールを狙いにゴール前へ上げさせた。
蹴ったポールは相手GKの届かない所に良いボールが来た。
ドンピシャにフォルテの選手のヘディングが当たるも、ボール一個分のズレでクロスバーの上を行く。
その瞬間試合終了のホイッスル。
2B決勝トーナメント2回戦敗退。

試合を終え、涙を流す選手達、一人ひとりが何を思い何を学んだか、合宿での成長は出来たのか?
個で戦う試合ではなく、チームで戦う試合でなければ、この先の県大会は勝ち上がれない。
この悔しさを忘れてはいけない。

本日は応援サポート有り難うございました。県大会、東葛とまだまだ有ります。今後も応援の方、宜しくお願いします。

5年コーチ 飯塚                         .

—————-ホワイト2ブロック決勝トーナメント—————–
2019/9/21(土)5年ホワイト2ブロック決勝トーナメント

●2B決勝トーナメント 2018/9/21(土)
3-0ラビットキッカーズレッド、1-2清水台FC 会場 流山スポーツフィールド

2B速報
vsラビットキッカーズレッド
3-0
勝ち
県大会出場
中村

vs清水台FC(1-2,0-0) 1-2 敗退
飯塚
———–
●1試合目

●2試合目
本日、流山スポーツフィールドにて2B決勝トーナメントが行われた。
初戦を勝利し、県大会出場の切符を手にしたフォルテ、清水台と松戸旭の勝者との2戦目、
激闘の末、PKまでもつれ込み勝利した清水台FC、野田勢同士の対戦となった。

決勝トーナメント 2回戦
vs清水台FC (1-2,0-0)1-2 敗退

アップの練習前からダラダラと集まる選手達、気持ちの切り替えが無いと監督から激が飛ぶ。
不安がよぎる第2戦、リズムに乗ってる清水台FC、立ち上がり集中しなくてはならない。
開始早々、不安が的中する。前がかりになったフォルテGK、クリアボールが相手の体に当たり、
そのままボールがGKの頭上を越えて、あわや失点かと思ったが何とかクリアをして免れた。
それでもピンチが次から次へとバタバタする選手達、そんな中開始3分には不用意なバックパスで、
相手にボールを奪われ失点してしまった。
点を取りに行こうと前へ前へと急いでしまうフォルテ。
中盤からサイドの展開と言うより、ドリブル突破が目立つ。
それでも前半14分、執念からのミドルシュートで同点に追い付く。
追加点を狙いたいあまり、中盤での守備が怠る場面。
そこを何度もボールを拾われるが、フォルテのDF陣が体を張って死守する。
どうしても点が欲しいフォルテだったが、前半18分に前に飛び出してのGKのクリアボールを先に相手に拾われ、
ロングシュートを打たれて2失点目が入ってしまった。
後半になっても落ち着きを取り戻せないフォルテ。
ネガティブばかり飛ぶ声に、チームとしてのミスを誘ってしまう。
そんな中、更に不運がフォルテを苦しめる。
必至に死守してくれたフォルテGKがゴールポストに激突してしまうアクシデントが起こる。
中々立ち上がれないGKに、主審が笛を吹かない。
「ボールを出せ」とベンチからの声も選手達には聞こえてないのか、プレーが続いてしまう。
GKも痛みを堪えて立ち上がろうとするも立ち上がれない。ようやく主審がプレーを止め、GKを交代してプレーを再開する。
フォルテもいくつかチャンスを作るが、最後のフィニッシュがどうして上手くいかない。
清水台FCも必死に体を張ってのDF。4審からアディショナル1分と告げられる。
それでも選手達はゴールを狙いに前へ進む。清水台FCも最後までボールを奪いにくる。
そんな中、距離は有るが右のハーフライン前からのフリーキックのチャンスが訪れた。
DF陣も全員ゴールを狙いにゴール前へ上げさせた。
蹴ったポールは相手GKの届かない所に良いボールが来た。
ドンピシャにフォルテの選手のヘディングが当たるも、ボール一個分のズレでクロスバーの上を行く。
その瞬間試合終了のホイッスル。
2B決勝トーナメント2回戦敗退。

試合を終え、涙を流す選手達、一人ひとりが何を思い何を学んだか、合宿での成長は出来たのか?
個で戦う試合ではなく、チームで戦う試合でなければ、この先の県大会は勝ち上がれない。
この悔しさを忘れてはいけない。

本日は応援サポート有り難うございました。県大会、東葛とまだまだ有ります。今後も応援の方、宜しくお願いします。

5年コーチ 飯塚

—————-ホワイト2ブロック予選—————–
予選全試合結果 ⇒ 千葉県5年生第2ブロック予選結果_東部主管20190721

2019/7/21(日)5年2Bホワイト②
5-3新松戸 会場 福田第二小学校

5年2B主管 2日目
本日はオレンジは残2試合
ホワイト残1試合

やや蒸すも、昨日よりは幾分かしのぎやすかった。
しっかり整備されたピッチに4年2名含め21名が集まった。

オレンジ
①初石ファイア 1-2
②常盤平 0-6

ホワイト
①新松戸 5-3

オレンジは残念ながら予選突破ならず。
ホワイトは全勝で中央大会へ

本日の6試合全てが見ごたえある好試合。
なかでもオレンジ1試合目は集中力切らさず緊迫緊張した良い試合だった。
こんな試合にスコアーなんて関係ない。
本日ベスト試合の彼らに100点を上げよう。

小西監督、運営有り難うございました。
染谷助監督、JA福田有難うございました。
保護者様、2日間有り難うございました。

詳細は佐藤、中村HCから

*****吉原*****
###########################
7/21(日)福田第二小学校にて、2B予選G1最終戦が行われ、11人中、怪我で1人見学の10人が最終戦を向かえた。
アップから気持ちを切り替え、ボールを奪うまで食らい付く練習を短時間で行い、
前日の練習では課題でもあるトップ下、ボランチが素早く寄りサポートに入る意識をさせて貰いました。

2B予選G1最終戦
vs 新松戸SC (4-1,1-2)5-3 勝利
序盤はフォルテペースで試合が進む。開始1分にはコーナーキックから合わせ先制点を取る。
サイドにボールが渡れば、真ん中の選手が素早くサポートに入る、前日の練習での成果が出てる。
その後のパスの精度がいまいち。
パスの練習では方向、強さ、タイミングを選手達には伝えてるが、まだものには出来ない。
センターからのオーバーラップは多く見られ、ゴール近くまで食い込む事も評価が良い。
ただクロス精度はまだまだ未完成。今後の練習で精度を高めたい。
更に追加点ではボランチからのパスをオーバーラップして来た選手に渡り、ドリブルからのシュートで2点目を入れた。
新松戸さんもコーナーキックから1点を返された。
非常にキック力とコーナーからのパスの精度は素晴らしい物を備えている。
フォルテもマークの受け渡しが出来てなく、フリーの状態で決められてしまった。
前半は更に追加点を上げて、(4-1)で折り返す。

後半はとくにトラップの精度が悪い。
どんな良いパスでもトラップミスでボールを奪われてしまう。
そんなミスが続くと焦りが出る。パスも上手く出来ない。
無理な体勢からのシュート。そんな中、ミスからボールを奪われるとカウンターをやられ、
右サイドから早いセンターリングのボールを上げられ走り込んで来た選手に合わせられ失点。
更にミドルシュートからも失点してしまい1点差まで追いやられてしまう。(4-3)
それでも選手達は追加点を狙いに前へ前へと攻撃のスタイルは変えない。
アディショナルタイムでペナルティ付近でフリーキックを貰う。
しかし角度のない場所で直接ゴールを狙うもキーパーに弾かれ、コーナーキック。
最後のチャンスをものにしたい。
キッカーはキックの精度が高い選手が蹴り、見事そのパスをヘディングで合わせゴール。
その直後に試合終了。結果は(5-3)

2B予選を全勝で突破したホワイト。
決勝トーナメント進出。

今回は勝利をしたものの、パス、トラップ等のイージーミスが多く見られた。
決勝トーナメントや県大会ではイージーミスは失点に繋がる。
今一度、基礎の大事さを忘れてはいけない。
今回は忙しい所、応援サポートしてくれた各チームスタッフ、保護者の皆様、本当に有り難うございました。

5年コーチ 飯塚

2019/6/16(日)5年2Bホワイト①
4-1流山東部、15-0上本郷 会場 流山東部スポーツフィールド

昨日延期された5年生2B Gブロック。
選手以上に保護者に大変な思いをさせてしまった。

夏、昨夜の雨でピッチは蒸した。
11名参加の流山東部スポーツフィールド
流山東部 4-1
上本郷 15-0

怪我2名、熱中症状出現1名
2試合連続にもきわらず沢山の得点シーンを作りだした。
詳細は中村コーチから

****吉原****
————————–
6月16日(日)雨のち晴れ 気温30度
流山東部スポーツフィールド
2ブロック G1リーグ 1日目
フォルテ野田SC ホワイト

第一試合
VS 流山東部FC
4-1 勝

第二試合
VS 上本郷SC ブルー
15-0 勝

第一試合 VS 流山東部FC
15日開催が猛烈な雨の荒天で延期、代替えで翌日開催の16日早朝
2チーム出しのうちホワイト全11名の選手が参加し
元気に流山東部SFへ向かいました
前日から降り続いた雨が明け方まで残り
会場到着の8時頃から一気に夏の日差しに…
猛烈な湿気と高温の中 2ブロック予選が開催されました

開始時はぬかるんだグラウンドにパスの速度が合わず
ぎこちない展開でしたが徐々にペースをつかみ
先制点を挙げることができました
全体の得点自体は流れの中とセットプレーでそれぞれ加点し
攻撃に関しては良い時間が作れたと思います
守備に関しては集中が切れて1点を失ったところもあり
修正が必要と感じました
全体としては高温多湿の厳しい環境下で良く戦いました

第二試合 VS 上本郷SCブルー
インターバルを挟み、第二戦
体力的に厳しい状態でしたが選手同士声を掛け合いながら
よくボールを回すことができました
連戦で厳しい環境でしたがベンチの選手も含め全員で
フォローしあいながら戦えたと思います
次は約1か月後、予選最終節を予定してます
しっかり準備して良い試合ができるよう練習していきましょう!

保護者の皆様
急な変更により時間が少ない中
対応頂き有難うございました
無事2試合開催する事が出来て感謝してます
今後、主管チーム開催も控えておりお願いする事も
多くなると思いますが引き続きご協力お願いします

5年担当 中村
————————–

【5年2BホワイトData共有】
5年指導者 各位
2Bホワイト Group G リーグ戦 ①②
4-1, 15-0 の試合。
素晴らしい攻撃が随所にみられたましたが、パスに焦点をあててみました。

初戦の相手は自陣でボールを横に流しポゼッションを上げながら前線FW2名(トレセン?)に縦パスを入れる戦法。
フォルテは相手FWに入った縦パスをカット、もしくは渡った直後、相手のファーストタッチ目で自由を奪い、奪ったボールを前線につないだ。
相手FW・MF の自由を奪ったことが勝因であった。

相手は前半立ち上がりから自陣内で丁寧にパスをつなぐ。
そして意識してパスを出した場面56シーン。そのうち41本を味方につないでいた。成功率は73.2%。

一方、フォルテは相手から奪ったあとのパス46本。うち味方につなげたのは23本50%

後半、さらに優位に展開するフォルテだがパスの成功率はやや上昇するも55.7%(34/61)

それに対し相手チームは68.5%(37/54)

第二試合。7点を入れ優位に試合を進めたフォルテ前半15分間のみの集計。
味方に渡ったパス62.0%(31/50) (相手は37.8% 14/37)

この数字をどう見るか、指導者は色々思うところがある。
大量得点にも関わらず、意外に相手をパスで崩していない。
あるいはパスで崩すまでもなく個人でゴールまでボールを運んで行けたのか?
ワンツーリターンの使える場面はどうだったのか?
仲間とのコミュニケーションは十分とれていたのか?

たった2試合のDataですが今後の指導の参考になれば・・・・と思います。

※ 第2試合、後半14点目をフォルテがたたみかけるように入れた直後、相手MFの選手から「最後まであきらめずに走りきろう!」の声があった。さらに他の2選手からも同じ言葉を仲間に発した。
自分に言い聞かせたわけではない。 けして下を見ることなかった相手チームの選手に負けたと思った。

*****吉原*****

5年オレンジ東葛予選最終節

会場 清水台小学校                .

2019/11/2(土)5年オレンジ東葛予選最終節

5年東葛最終節
清水台小にて5Eグループ残1試合を主管した。
フォルテはTMのみ

トリプレッタ3-1つくし野

TM
フォルテC 6-0 つくし野
フォルテD 1-2 トリプレッタ
フォルテE 8-0 つくし野
フォルテF 7-1 つくし野

これから県大会、東武鉄道杯中央大会が控えている21期。

今春から選手、指導者とも不完全燃焼な試合が続いている。
明日に向かって目的と目標の再確認が必要。

奪うチャンスを逃さない。
ボールにもっと執念を燃やさなければ充実感は味わえない。

詳細は矢嶋、飯塚コーチから。
ピッチ作り保護者の協力がありがたかった。

お疲れ様でした。
*****吉原*****
————————
東葛予選オレンジ主管最終日(TMのみ)

なんでもっと早くこうなってくれなかったかな!
と言いたくなるようないい天気。
5年オレンジ/ホワイトは公式戦は消化済みのため、お話をいただいたTMに、21期生17名でのぞみました。

vsつくし野SC ?-? ○
vsトリプレッタSC 1 – 2 ●
vsつくし野SC 8 – 0 ○
vsつくし野SC 7 – 1 ○

今回、試合前に各コーチから選手へどういう話があったのかというところを聞けなかったのですが、
まず全体を通して、フリーになれてるのにボールを呼んでなかったり、
ボールをもつ味方が狙われてる場面で声が出てなかったり、長い課題である声の部分はやっぱりまだまだだなと思いました。

もう一つ、フィニッシュの部分。
気持ちが逸ってしまうのか、決めるべきところを決めきれないシーンが数多く見られました。
本当にGKもほぼかわして、冷静なら流し込むだけの場面でボール1個2個分枠を外す。
コースがないわけではないはずなのに、GK正面に蹴ってしまう。
力みすぎてしまうのか大きく枠を外す。
様々ありました。
相手が強くなればなるほど少ないチャンスをものにしなければならなくなってくるはずで、
そこの部分を意識出来るようになっていかなければどんどん自分達で自分達を苦しめる結果になる。
伝えてはいるはずですが、今一度強く伝えなければ、と思いました。

今回の東葛予選を通して、21期生指導者、役員様・保護者様、そして同グループ各チーム、色々とご迷惑をおかけしてしまいました。
ご協力もたくさんいただきました。
相手チーム指導者様からもアドバイス等いただき、なんとか終えることができました。
こうやって進められていくんだなと、勉強にもなりました。
ありがとうございました。

相手チームの選手達の、試合後の礼儀というか、挨拶のしかた等、非常に感銘を受けたところもあります。
今後、21期生の選手達に伝えていければと思います。

5年 矢嶋

2019/10/27(日)5年オレンジ東葛予選②
2-7トリプレッタ 会場 野田市立東部小学校

5年オレンジ東葛主管
今年は台風19号はじめ、まさに典型的な記録的多雨の10月となった。
会場が水没し予定は二転三転、本日オレンジ主管第2節を臨時に東部小で実施した。

5Eリーグは以下
つくし野、トリプレッタ、レイソルTOR、フォルテオレンジ

1勝1負で迎えたオレンジ。最終戦をトリプレッタと闘う。
先行されるも追いたのだが突き放されて2-7。予選敗退となる。

①トリプレッタ 7-2 フォルテオレンジ
②トリプレッタ 1-3 レイソルTOR

午後からレイソルTORとフレンドリー20分 4,5本お手合わせして頂いた。

調整に苦労した矢嶋コーチ、朝早くから準備していただいた保護者、朝顔出して頂いた染谷助監督に感謝。

次節消化試合は11/2午後から清水台小

詳細は中村、佐藤ヘッドコーチから

参考
東部小: ピッチ38×68m
校舎側に本部とベンチ。
保育園側に保護者応援席。

*****吉原*****
—————————
10/27(日)曇一時晴れ 21℃
東葛予選 第3戦 東部小学校
フォルテオレンジ

vsトリプレッタSC
2-7 負 予選敗退

毎週末に降り続いた雨、金曜日の豪雨の跡もグランドにくっきり残っていました
皆さんのご協力のおかげで何とか開催する事ができました
1勝1敗で迎えた予選最終戦 東部小にてトリプレッタさんと対戦しました

前半早々左サイドを突破されて正確なクロス
GKが弾いたところを詰められて先制点を奪われます
更に攻勢をかけられミドルシュートとショートパスを駆使して
ゴールに迫られますがGKを中心によく防いでいました
数少ないながらもフォルテもカウンターから左サイドに展開し2得点を奪い前半を2-3で折り返しました
しかし後半から更に攻撃のギアを上げた相手に次第に中盤を制圧され4失点
サイド攻撃も守備に追われ、防戦状態になり結果2-7での敗戦となりました
前半はよく耐えていた場面も多く、攻撃の意識もあり良い場面が多くありましたが
次第に守備に追われる時間が長く体力的にも厳しい戦いとなりました

これで東葛予選はオレンジ・ホワイトともに終了しともに予選敗退となりました
各チーム10名均等割りで各3試合、けが人もありながらほぼ全員で挑みました
大きく成長した選手もいますが、結果的に満足できるような成績とはいきませんでした
今後は更に練習の強度を上げて個々もチームとしても成長できるように取り組んでいきます

保護者の皆様
本日も朝からご協力ありがとうございました。
主管としてあと1試合残っております
最後までよろしくお願いします

5年担当 中村

2019/9/15(日)5年オレンジ東葛予選①
4-1つくし野SC、0-7柏レイソルA.A TOR’82 会場 福田第二小学校

東葛予選 結果(オレンジ)
vs つくし野SC (1-1,3-0)4-1 勝利
vs 柏レイソルA.A TOR’82 (0-3,0-4)0-7 負け

本日、東葛予選が福二小学校で行われました。
オレンジは10人、晴天に恵まれたこの日、選手達もグランドの準備を手伝ってくれた。
アップも選手達の間で済ませ、自分で判断して行動出来るようになったと感じました。

第1試合目
vsつくし野SC
開始5分は集中しようと選手達に伝える。
前線のプレスが効いてるのか、2列目の選手達もインターセプトを狙おうとしている。
攻防戦が続く中、前半14分に不用意なパスミスでボールを奪われ失点をしてしまった。
それでもフォルテの選手達は顔を上げ一丸となって声を出し前へ進む。
その1分後には中盤からトップにパスが出て、振り向き様のシュートで同点に追い付き前半を折り返す。
後半はフォルテの勢いが続く、開始3分には追加点を上げ、4分には更に得点を重ねる。
最後まで攻撃の姿勢を見せ、終了間際には左サイドからのスーパーゴールを決めて試合終了。
初戦から良いゲームが出来たと思います。

第2試合目
vs 柏レイソルA.A TOR’82
初戦に続き、このままの勢いに乗りたいフォルテだったが、試合開始1分にはボールを奪われ失点をしてしまう。
それでもフォルテは左サイドからトップにボールを当て、トップがトップ下にボールを落とし、
走り込んで来た左サイドの選手にスルーパスを送りチャンスを作るも、相手のラインコントロールからオフサイドになってしまう。
良い形での展開は出来ている。3分後には中盤からパスを繋がれ勢いが止められず2点目を与えてしまう。
コーナーキックからは相手選手をフリーにしてしまい3失点目。
フォルテもいくつかのチャンスを作るが無得点のまま折り返す。
後半もフォルテは前線からのプレスを続ける。
相手もDFラインでパスを回すが、両サイドの選手の動き出しも有りサイドからの展開をされる。
フォルテも必死に遅らせようとDFも寄せに入るが、個の技術力で突破されてしまう。
後半3分には技ありシュートで決められ、14分にはDFラインでボールを奪われて失点。
18分にはGKとの一対一でドリブルで抜かれ失点、更にコーナーキックではマークを外され、フリーの状態で決められてしまって試合終了。
いくつかのチャンスも作れてるが、判断ミスが目立つ試合でした。それでも最後まで戦った選手達は素晴らしかったです。

トレーニングマッチではトーアさんとさせて頂きました。
2B決勝トーナメント前の貴重な試合でした。結果は0-3で負けてしまいましたが、内容は凄く良かったです。
ただシュートの成功率はトーアさんの確実に決めきるとこが勝敗に繋がった感じでした。

本日はグランド作りから応援サポート有り難うございました。
明日も2B決勝Tが有りますので、サポートの方宜しくお願いします。

5年コーチ 飯塚

【終了10/27】5年オレンジ東葛予選

                                 .
2010/10/27(日)
会場 野田市立東部小学校
9:50 トリプレッタ – フォルテオレンジ
10:50 トリプレッタ – TOR

2019/10/19(土)グランド不良中止 ⇒ 10/27(日)
東葛予選10月19日

2019/10/12(土)台風の影響により延期 ⇒ 10/19(土)
会場 福二小

13:30 つくし野SC – トリプレッタSC
14:35 トリプレッタSC – フォルテオレンジ

2019/09/15(日)
東葛オレンジ主管
会場:福二小

試合
①9:00 vsつくし野SC
②10:05 vsレイソルTOR’82
③11:10 つくし野SCvsレイソルTOR’82