夜練 Xmas cup

会場 中里グランド                  .

XMAS
今回は沢山の子供達が集まり、凄く楽しい夜練となりました。
試合では3年生の積極的なプレーが印象でした。
4年生も5、6年生相手にボールを奪い得点していました。
決勝戦では激闘な試合でスコア2-2のPK戦までもつれ込む試合となりました。
これをきっかけに夜練に参加してみたいなぁ、と思ったら是非とも御待ちしています。

今年最後の夜練となりましたが、休み中どれだけボールに触れるかで上達度が変わります。
夜練では家でも出来るように足元の技術を教えています。
是非ともチャンスをものにして下さい。

最後までお手伝いをしてくれた各学年の保護者の皆様、本当に有り難うございました。

6年コーチ 飯塚

【終了12/23】6~3年夜練 Xmas cup

.
12/23(水) 中里グランドにて、夜練Xmas cupを開催します。

夜練 Xmas cup in中里
6人制) 6チーム
リーグ戦 & 順位決定戦
試合時間)10分一本
(時間によっては変更有り)

注意事項
コロナ感染予防の為、参加者全員に検温をお願いします。
当日は、夜練チケット持参、体温を報告し健康チェックカードに記入する。
夜練チケット(100円)は各学年の役員さんが持っています。
必ず用意して下さい。

また、駐車場ですが中里グランドは非常に狭く、駐車出来るスペースが限られます。
指導者優先にして下さい。
お手伝い出来る保護者も優先です。
中里付近は道幅が狭く、病院側の方をから来て下さい。
保護者の見学は密を防ぐ為、送り迎えのみにして下さい。
子供達はグランドに入る前と帰る際には手洗い消毒は必ずして下さい。
最初のグランド挨拶、ミーティングはマスク着用とする。
(試合中のマスクは自己判断にします)
宜しくお願いします。

6年コーチ 飯塚

6,5年 Xmas Match 2020

会場 野田市スポーツ公園 .

フォルテSC・清水台FC 共催 で企画されたXmas Match 2020

フォルテ2チームを含む6チームが野田市スポーツ公園で試合に望んだ。

昨日の上沖Cupに続き、風が強く寒い1日となった。

30分ゲーム総当たり
フォルテオレンジ 3勝1敗1分
①ホワイト 4-0
②FCギャルソン浦安 1-2
③FC古河 4-0
④Gois 1-0
⑤清水台FC 2-2

フォルテホワイト 1勝4敗
①オレンジ 0-4
②Gois 1-0
③清水台FC 0-4
④FCギャルソン浦安 0-8
⑤FC古河 1-2

2面開催のため、休む間もない試合に選手はへとへと。良く走ったと思います。

単純ですがあわてず「正確に蹴る、止める、運ぶ」の1つ1つの動作がしっかり出来ているチームが強かった。

総合順位
一位 5勝0敗
FCギャルソン浦安
二位 3勝1負1分
フォルテオレンジ
三位 清水台

参加していただいた選手、チーム関係者、保護者に感謝致します。

本日審判のお手伝い、休む間もなく10試合を担当して頂きました。

小西、山崎、對馬、小林氏、有り難うございました。

詳細は企画監督
中村監督から
*****吉原*****
————————————–
2020/12/20(日) XmasMatch2020(フォルテ、清水台FC共催)
野田市スポーツ公園上流A 2面
晴 気温9℃

今年最後のTRM 昨年に引き続きXmasMatchを清水台さんとの共催で行いました。
参加6チームの総当たり戦、2020年の成果を表現するいい機会です。

オレンジ…攻撃については意図する場所への展開、効果的な崩しは良い形が多く見られます。
しかしラストパスやフィニッシュの精度はやはり低く結果に結びつきません、決定率の改善でまだまだ得点は取れるはずです。
今後も練習からこだわり、確実に決める気持ちを強く!決定力を上げていかなければ勝てません。
守備については、前線の選手達が頑張れるようになった事もあり、チームとしてレベルが上がっていると感じます。
ただ、狙いどころでまだ何人か少し遅れが出る事、飛び込むタイミングで外されて嵌められない場面がまだあります。
駆け引きの部分と工夫という所で、もう1歩成長しなければと考えています。

ホワイト…技術的な課題はまだまだではありますが、チームとしては抜群のまとまりを見せるホワイト。
全員の気持ちの矢印が同じ方向にまとまった時は驚くような結果を見せてくれます。
個々では抜けない時も数回のダイレクトプレーで決定的なチャンスを作ったり、
粘り強くプレスバックし約50mを戻り切ってゴール寸前でクリアしたり、
GKも完全に抜かれたと思ったFWとの1対1を倒れ込みながら失点を防いだり、
オレンジにないものを多く見せてくれます。
今後はこの良い時間を長く続けられるか チームワークの良さはそのままに、今後も気持ちの部分の持続と個々技術の向上が必要です
各チームとも5試合を戦い優勝はできませんでしたが、厳しいスケジュールの中、弱音を吐かず最終戦までやり切った事をうれしく思いました。

卒団まで残り約3カ月…気が付けば残り少なくなってきました。
うまく表現できませんが、最近オレンジ、ホワイトともチームとしていい「深み?」みたいな部分を感じます。
チームの成長をうれしく感じながら、「時間」に気づいてしまった事もあり少し寂しい気持ちにもなりました…。
残り少ない活動となりますが更にレベルアップし卒団まで全力で駆け抜けてほしいです。

参加チームの皆様
本日は各チーム、遠方からご参加頂き有難うございました。
2面開催で厳しいスケジュールの中、ご協力頂き本当にありがとうございました。
また、参加賞ご用意いただきましたFCギャルソン浦安様、会場運営ご協力頂きました共催の清水台FC様、
おかげ様で大いに盛り上がった大会となりました。
コロナ禍で各チームとも大変な事かと思いますが、今後もTRM等で他学年とも交流頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。

審判部各位
多くのご協力本当に感謝しています。2チーム出しという事もあり、多くの試合をお願いする事になりました。
ジャッジの解説やアドバイスも頂き選手はとても勉強になったと思います。
本当は優勝で応えたかったのですが残りの大会で恩返ししたいと思います。
ありがとうございました

保護者の方々
早朝から会場運営、選手のサポートありがとうございました。
昨年に続いてのXmasMatch、サンタは欠席となりましたがおかげ様で良い大会となりました。
2020年最後のTRMは合宿並みのスケジュールでしたが選手達は本当に頑張ってくれました
今年は多くのTRMで何かとご協力頂き本当に感謝の2020年となりました。
選手は確実に成長していると感じています。
残り3カ月「最後まで全力で!」よろしくお願いします。
(長文失礼いたしました)

6年(企画?)担当 中村

【終了12/19】6年上沖友好杯

.
2020 上沖フレンドリーカップ大会要綱(訂)

【日時】12月19日(土) ※予備日なし 9:00~15:00
SFAフットボールセンター東側2面(旧騎西高校)
埼玉県加須市騎西598-1

      
【試合予定】
予選
①B面 9:00~ vs草加住吉SC
②B面 10:20~ vs桶川SSS
③A面 11:40~ vs上沖SC
順位戦
④  13:40~

【審判】    
①B面 2試合目  9:40~ 副審
②B面 4試合目 11:00~ 主審
③A面 6試合目 12:00~ 主審

上沖フレンドリーカップ2020

会場 SFAフットボールセンター                     .

埼玉県サッカー協会所有SFAフットボールセンター(彩の国KAZOヴィレッジ)に21期18名が集まる。

1Z
2Z
3Z

会場は人工芝。空は青く天候に恵まれたが、風は少々冷たく強い。

予選リーグ
①草加住吉 2-4 フォルテ
②桶川 0-6 フォルテ
③上沖 1-0 フォルテ
順位決定戦
④上高野 1-5 フォルテ

主導権は常にフォルテだが予選リーグの1点に泣いた1日であった。

結果は総合3位。
悔しいが負けは負け。

詳細は飯塚コーチから

14日から北日本は強い寒気で記録的な大雪となった。野田でも6:15集合時間の気温は3℃。
朝早くから送り出して頂いた保護者に感謝。

明日はフォルテ主催のXmasカップ。今日の反省をいかそうぜ!
*****吉原*****

——————————

本日、SFAフットボールセンターにて上沖フレンドリーカップ2020に参加してきました。
グランドは人工芝で素晴らしい所でした。
ここ数年タイトルに遠ざかっている21期生、気持ちを高めて試合に挑む。

フォルテは第一試合からの試合で、最高の状態でピッチに入る。
慣れない人工芝なのか、足を滑らす選手が多く見られた。
そんな状態でも、両サイドからの展開でチャンスを作る。
DF陣の安定感がよく高い位置でボールを奪う事が出来た。

第二試合目も、DF陣の安定感も有り、攻撃力が増していく。
その中でもトップの選手がボールを受け、サイドに散らしてくれる場面がいくつも見られ、前半は良い試合が出来た。
後半はメンバーを替えると、中々良いプレーが出来ない。気持ちから負けている感じがした。
とくにホワイトメンバーはボールを持っていない時に、どう動くかを考えたい。
ボールが出てから動くから良いパスでも間に合わない、それを意識しながらプレーして欲しい。

第三試合目は、決勝掛けての試合となった。
引き分け以上で決勝進出が決まるフォルテ、それでも勝ちに行く事を決めた。
序盤から積極的な攻撃を見せるが、安易なミスから失点をしてしまった。
直ぐに取り返そうと攻撃に厚みをかけるも得点が遠い。後半もフォルテペースは変わらない。
前へ前へと積極的な攻撃をするも得点が入らない。
20本以上のシュートを放つも0点で終わる。
相手は後半シュート0。決める所を決めなければ内容が良くても、負けてしまう。
ゴールで終わることを改めて考えてほしい。

3位決定戦
最後は勝って終えたいフォルテ、DF陣は替えず、中盤から前は均等分けで挑んだ。
早い時間帯で得点をするも、トップの選手でボールが収まらず全体的に狭い。
後半はトップを替え、本日絶好調の選手を右サイドへと送り出すと、見事に期待に応えてくれるプレーで得点へと繋げてくれた。
結果は3位、タイトルは持ち越しになってしまった。ゴールを確実にする為には意識を持った練習で積み上げていきたい。

本日は朝早くから遅くまで、応援サポート有り難うございました。
明日のクリスマスマッチもご協力お願いします。

6年コーチ 飯塚

DSC_1257

6年TRM

会場 流山スポーツフィールド .

12月5日小雨降る寒さの中流山スポーツフィールドにて初石少年SCさんとのTMが行われました。
8人制20分4本、11人制20分1本行いました。
1本目終了した段階で
良かった点
攻撃時
パスを繋ぎフィニッシュまで行く展開も多いのは良かった。

守備時
前から奪いに行けていた。

課題点
攻撃時
・シュートの精度、質、決定率が悪い。
・ボールをキープしてからの展開が多くダイレクトプレーがないため攻撃のリズムにメリハリがない
・パスを受ける側が待って待ってから飛び出す為オフサイドにかかっているため思い切って声を出して飛び出していない。
直線的なもらい方のためオフサイドにかかっている。
守備時
・浮き球のルーズボールに対して自分からアクションを起こして奪えば良い所を見て相手が触ってからアクションを起こしている。

とまだまだ課題が多いが今までメンタルの部分での課題が多かった選手達が今ではサッカーの質、プレーでの質を課題について話せている。

その中でもシュートの質、ダイレクトプレーの課題を伝え次の試合へ送りだす。
ダイレクトプレーが出始めると攻撃のリズムにも変化がつきよりいい形でボールが回るようになかったがシュートの質は変わらず低い為、中村監督が話されていた勝ちへのこだわり、1点への執着を意識し日々の練習に励んでもらいたい。

雨の中、初石少年SC様、保護者の皆様ありがとうございました。
山崎助監督、審判帯同だけでなく貴重なアドバイスありがとうございました。

6年生コーチ 佐藤

6年ホワイトTRM

.
2020年11月22日 晴れ 気温20℃
野田市スポーツ公園下流B
フォルテホワイト 市内チームTRM

20分1本
vs エンデバーFC 0-0分
vs 梅郷SC 1-0勝
vs 福田SC 0-0分
15分1本
vs エンデバーFC 0-2負
vs 梅郷SC 2-0勝
vs 福田SC 0-0分
前日の強風も収まり快晴の空の下

市内のチームを集いTRMを開催しました

オレンジの県大会も終了し、数カ月ぶりにホワイトを指揮します
当該審判の為、審判を行いながらアドバイスをします

中に入って分かったのですが、足りないながらも声を掛け合っている選手達
タイミングと前に行く姿勢が「声」となって出ているときは積極的なプレーが出来ています
失敗が続いている状態が長い時は静かになってしまう
優しい選手が多いホワイトですが
気持ちの切り替えや、悪い状況を打開する為に
そこはもう少し強く言ってもいいかなと感じました
GKも含め、前向きな声を掛け合う時間をもっと増やしたいと思います

攻撃に関しては意図する展開は良いものも多いのですが精度が低くミスになる
「ごめん」や「ありゃ」などの声が多い・・・。
イメージと実際のプレーを埋めるにはやはり練習しかありません
さらに強度を上げたメニューが必要です
今後もTRMを組んでいきます
しっかり練習して今のイメージを大切にしてチャンスを多く作れるよう
がんばりましょう

保護者の皆さま
本日も運営協力ありがとうございました
オレンジ練習:ホワイトTRMと変則的なスケジュールの中
ご協力ありがとうございました
ホワイトの選手がんばっていました
本日気づいたのですが、ホワイトは空いた時間はほぼ全員で過ごしています
「ホント、チームワークいいな」と感心しました
12月以降もTRMや招待試合があります
今後ともご協力よろしくお願いします

中村

【終了11/15】6年オレンジU12県大会

                                    .

2020/11/15(日)
11/15(日)U12県大会3・4回戦
U会場:エスタディオ・サンフット(Wingsホームグラウンド)
①9:00~ vsトリプレッタSC
勝った場合
⑤13:00~ 市川FCレーベvsパサニオール誉田Aの勝者

審判
10:00~、14:00~(未定)

2020/11/08(日)
【11月8日スケシ ュール】
流山SF図201101

日時:11/8(日)
会場:流山スポーツフィールド
試合時間:KブロックMatch34
①第二試合10:00~vsFCボレイロ成田(5B)
勝てば
②第五試合13:00~ バディー千葉SC-B(7B)vsペガサスJr.FC-A(2B)の勝者
審判:11:00~

————6年オレンジU12トーナメント—————–
N-08 全少千葉県予選大会出場チーム決定トーナメント表(Nリーグ)

準決勝・決勝
最新版【10・18会場案内】N-08全少千葉県予選大会出場チーム決定トーナメント(フォルテ追記)

初戦
(0925最終版)N-08全少千葉県予選大会出場チーム決定トーナメント
・日時 10/4(日)
・会場 上本郷小学校(松戸市)
・第1試合→第2試合(10:00頃~)vs FC鬼高 (1ブロック)※1試合のみ
・審判割り当て 9:00~中原SCvsFC平田

・駐車場は使用禁止なので付近の駐車場を利用します(チームとして5台)
・終了予定時間 12:30頃市役所到着予定

U-12県大会

1-2トリプレッタ 会場 エスタディオ サンフット(花見川区犢橋)                          .

2020/11/15(日) 
1-2トリプレッタ 会場 エスタディオ サンフット(花見川区犢橋)  

6年JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会県大会

街路樹がすっかり色づいた今日。
先週、2試合を勝ち抜き、現在ベスト32のフォルテ。

本日は人工芝で整備されたエスタディオ サンフット(花見川区犢橋)でベスト16をかけて戦った。

第1試合目
トリプレッタ 2-1 フォルテ

かたくなに自分たちのサッカーをしてきたトリプレッタに先制するも、後半ひっくり返された。
緊張、充実した良い試合であったが、一点に泣く結果となってしまった。

過日、エントリー約400チーム。
一発トーナメントの大会は、近年、2期制のU-12リーグと運営方針が変更された。
また、今年はコロナでトーナメント戦となり、緊張感を増す大会となっていた。

大会は1試合でも多く試合をしたいと願いながら臨みます。我々は結果を求るクラブではありませんが、大会は、日頃の練習成果を発揮する発表会であり勝利という分かりやすい結果に目を奪われてはいけない。

仲間や相手と競争、協力する事で何かを感じ、気付き、学ぶ。そして、再び挑戦する。
とても悔しいがその挑戦を心に誓う試合結果となってしまった。

指導者は日頃の練習の積み重ね、ゲームプランの大切さを感じ、選手の心には次に向けた新な挑戦という財産を得ました。

本日は早朝からお疲れ様でした。
對馬コーチ、野口コーチ有難うございました。

明日から、新たな気持ちで東葛決勝大会に向けて頑張りたいと思います。

詳細は飯塚コーチから

*****吉原*****
——————–
本日、晴天の中エスタディオ サンフット(人工芝)で県大会3回戦目が行われ、シードから勝ち上がってきたトリプレッタさんとの対決、申し分ない対戦相手だ。
7:20分会場に到着、アップを8:00から始めるもアップからの声だしは緊張感からかいまいち響かない。
同時隣ではトリプさんのアップも始まる。相手の声が会場に響く。
選手達も一同声のボリュームを上げ、ボルテージを高めていった。
試合開始15分前にミーティングに入る。
今までの積み重ねてきた練習をこの試合にはぶつけるだけ、フォルテの最大の武器は何かを選手達に伝え送り出す。

3回戦
vs トリプレッタSC (1-1,0-1)1-2

開始9:00フォルテのキックオフで始まる。
開始早々、右のスペースにボールを放り込み、一気に高い位置に入るフォルテ、序盤から攻撃モード、
最初にシュートを放ったのはフォルテ、朝の試合ともあって、ピッチは適度に濡れた状態、
相手キーパーの手前でバウンドしボールが伸び先制点かと思いきやゴールから外れ惜しくも得点ならず。
その直後に、不用意なバックパスから、あわやオンゴールという場面。
気持ちを切り替えなければ行けない。
序盤から攻撃陣の頑張りも有り、フォルテの勢いは止まらない。
開始3分には強烈なミドルシュートから相手キーパーが弾いた所を上手く詰め先制点を決めた。
コーナーキックからは、ヘディングシュート、惜しくも外れるが、フォルテの勢いはチャンスを作る。
それでも相手の守備の強さはさすがに凄い、中々追加点を与えてもらえない。
じわじわと相手のパス回しが増して行く。
個人のスキルが高くパスもトラップも群を抜く相手に、前半終了間際、右サイドから突破され、センターリングからのシュートで同点に
されてしまった。
前半を1-1で折り返す。
前半両サイドからの展開が少なかったフォルテ、後半からサイドを得意とする選手を起用しとうとしたが、足の痛みを訴えあえなく断念。
ここへ来てまさかの事態。
後半はもっとサイドを使いたい。
後半、相手も後ろからのパス回しで展開を作り出す。
それでもハイプレスで前線をかき回す、互いに攻防戦が続く中、絶好の所でフリーキックのチャンスを得るも外してしまう。
後半16分に得点が動く、相手の左サイド、角度のない所からのシュートを、キーパーがパンチングで弾くも、ボールはゴールへと吸い込まれてしまい逆点ゴールを与えてしまった。
それでも諦めない選手達、点を取ろうと前線から追いかけるも、やはりパスコースを切りながらのプレスがあまく左右に揺さぶられ、体力の消耗。トップを交代しながら調整するも、相手DF陣のパス回しの上手さにボールが奪えない。
更に相手DFは、中盤の選手をうまく使う事で、両サイドからの展開を増やしてくる。
展開の早さはフォルテの守備もファールでしか止められない。
最後の最後まで攻めの姿勢を見せるも得点が出来ず試合終了。
ベンチに帰ってくると同時に泣き崩れる選手達。
結果は3回戦敗退してしまったけど、選手達は体力なくなるまで走り、誰一人諦めずに戦ってくれました。
試合に出れなかった選手も精一杯応援してくれました。
泣くほど一生懸命に頑張った証です。選手達を誉めてあげたいと思います。
本当にお疲れ様でした。

本日は朝早くから応援サポートしてくれた保護者の皆様、有り難うございました。
審判として帯同してくれた對馬コーチ、野口コーチ有り難うございました。

6年コーチ 飯塚

2020/11/08(日) 
2-1ボレイロ成田、6-0バディー千葉 会場 流山スポーツフィールド 

6年生U-12県大会
第1試合
 ボレイロ成田 1-2フォルテ
第2試合
 バディー0-6フォルテ

「JFA第44回全日本U-12サッカー選手権大会県大会」が正式名称。

昨日の地方紙。
「全国大会にかけ開幕。 114チームが参戦、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客、試合会場を事前に公表しない徹底ぶり」

地域28ブロック(全285チーム)を勝ち抜いた114チーム。フォルテは流山スポーツフィールドで2試合を行った。

 FCボレイロ成田 1-2 フォルテ
 バディーSC千葉 0-6 フォルテ

1試合目 FCボレイロ成田
守り中心のチームにポゼッションは7:3。前半2得点。
後半、DFの安易なプレーで失点。ポゼッションは5:5。

2試合目
 バディーSC千葉 0-6フォルテ

テクニック、イマジネーションの豊かなバディーにフィジカルで勝負。
浅いバックラインの裏をつくパスで立ち上がり2点。前半4点で勝負を決めた。

次回次週 11月15日
花見川区エスタディオサンフット
対戦相手はトリプレッタ

次につながる試合でした。
次週はメンタルの勝負。

保護者、大会運営の皆様に感謝。

******吉原****
———————-
【一回戦】
JFA第44回全日本U-12サッカー選手権千葉県大会

流山スポーツフィールド
一戦目 vs FCボレイロ成田 2-1

会場に到着して最初のミーティング。
「緊張してる人?」の問いに数名の選手が手を挙げる。
正直、「本当か?」と思った。
選手間で話してる内容等を聞いていて、緊張してるとは思えなかった。

が。
いざ試合が始まってみると明らかに普段と違って固い!
本当に緊張してるんだなと感じる。

緊張していながらも、
普段通りのプレーが出来てる選手。
いつもの動きが出来なくなってしまっている選手。
そもそも緊張とか全然なくない?という選手。
様々だ。

結果は2-1。
前半14分に待望の先制点。
得点者へパスを出した選手は、固さが顕著に見えた選手の一人。
選手の密度が高めの場所へのパス。
だが、このパスは受け手のスピードを殺さない素晴らしいパスだった。
受けた選手はシュートの1タッチのみ。
続いて16分半、2点目を奪う。
何度見ても(映像を見ながらこのレビューを作成中)、なんでそこに詰めて来たの?
そんな得点。
だがこの選手らしい得点。

後半、目に見えてリズムが悪くなり残念な1失点を喫するが原因は単純だし、選手達も自分でしっかり分かっていた。

ここ最近、求められるタスクが増えた影響なのか考えすぎて自分の良さ・武器を発揮出来ない選手がいる点がすごく気にかかります。
気にかかりますが、いっぱい悩め!
悩みながら、武器を発揮する術を見つけてほしいなと思います。
ただ、悩んでるんだという事、選手達なりに色々考えているんだというところを、見落とさないようにしたい。

次戦で良さを発揮した選手もいましたね。

その次戦へ続きます。

矢嶋
————–
【二回戦】
11/8(日)曇時々晴れ 気温20℃
JFA第44回全日本U-12サッカー選手権千葉県大会

Kブロック 流山スポーツフィールド
本選トーナメント2回戦

vsバディー千葉SC(B)
6-0勝

緊張からか?ミスが多かった初戦を何とか突破したもののしんみりとなってしまった選手達…。
多くのアドバイスより早めの特効薬を処方する事にしました
「お弁当」…次戦のチェックとともに気力のチャージも完了しすっかり気持ちを入れ替えて2回戦に向かいました

前半5分中盤から早いチェックで高い位置からボールを奪い両ワイドを使って
先制点を奪うと 中央からの突破と両ウイングのミドル等
6分、15分、20分と良い時間帯に加点し前半を4-0で折り返します
後半からGKを含むベンチの選手も全員出場した後2点を追加
6-0で勝利する事ができました
特に交代で出場したGKは課題としていた点を見事に修正し良いプレーを連発
ムードメーカーの彼の活躍はチームの勢いを後押ししていました
試合終了後ベンチに帰る選手達は充実した表情に見えました

次戦はトリプレッタSCさんとの闘いになります
しっかり準備して良いゲームにしましょう!

保護者の皆様
本日も選手のフォローにいろいろありがとうございました
「1試合でも多くこのメンバーで試合がしたい」
指導者も同じ気持ちで選手と一緒に準備したいと思います
来週は遠征になり早朝に出発となります
ご協力よろしくお願いします

6年 中村

———–U12トーナメント————–
2020/10/18(日) 
準決勝 2-0行田東、決勝 1-2上本郷 会場 野田市スポーツ公園 

U-12 N-8リーグ オレンジ2日目

秋雨前線が停滞し、あっと言う間に秋が来た。 コロナ禍で変則となったU-12。本日が地域予選の最終日。

スポーツ公園は程よく刈り入れされた草芝、心地よい天候、グランドに選手の声が響きわたった。

準決勝
 ①フォルテ 2-0 行田東
 ②南流山 0-3 上本郷
決勝
 ③フォルテ1-2上本郷

決定的な場面を決めきれずに試合を進めてしまった1試合目。
ダイナミックに左右に速いボールでの展開がしたかった。

2試合目は相手の効率の良い攻めから失点を許す。
リトリートされた守備に遠目からシュートを打たされてしまった前半。 後半、敵陣深くから攻め込むが、相手デフェンダーの激しいチェックと、体を張ってゴールを守ろうとするGK.
焦りの濃い時間が長く続いた。
絶対に勝てるという自信に加え運も見方につける必要あり。

決勝に進んだ2チームは11月8日から始まる県中央大会に出場する。

昨日は会長含め担当指導者が雨の中のピッチ作成。
本日は、さらに朝早くから保護者、審判部からは野口、小林コーチに協力して頂いた。

もう一つ。本日の参加チーム、写真のような気持ち(メッセージが添えられたトイレットペーパー)が本部に届けられた。
勝っても負けても気持ちの良いものですね!
DSC0017

詳細は飯塚監督から。
*****吉原*****
.
.
.
.
.
.
——————–
10月18日 (NO8グループ) 2部代表決定トーナメントが野田市スポーツ公園で行われた。
1日目に勝ち上がってきた4チームが、県大会出場を掛け激闘を繰り広げた。

【大会2日目】
NO8)準決勝
vs 行田東FC (1-0,1-0)2-0
立ち上がりオレンジペースで始まるも最後のフィニッシュが行かない。
開始4分にドリブルからの先制点。
勢い付けたいが追加点ならず、前半を終える。
後半に入り、良い形で2点目を取るも、それ以降、前半同様追加点を取ることが出来ず試合終了。
それでも本大会出場を決めた事は一安心。

NO8)決勝戦
vs上本郷SC A (0-1,1-1)1-2
予想通りのカードなった決勝戦、勝って1位通過で本大会へ進みたい、前試合の修正が何処まで出来ているか選手達に期待したい。
序盤はオレンジがリズムを取る、このまま先制点を取れば流れが来ると期待するもゴールが遠い。
相手もボールを奪われたら、直ぐに自陣に戻る徹底した守備。
徐々にトップ下の選手を中心に相手も攻撃に入る。スローインからトップ下の選手が逆サイドのFWにスルーパス、そこから崩され失点。
少ないチャンスを点に繋げた相手チームにオレンジは無得点のまま前半を折り返す。
後半も攻撃への主導権はオレンジ、開始5分にようやく同点に追い付く。
追加点を取りにハイプレスでボールを奪いチャンスを作るもゴールならず。
後半10分にキック力を武器に相手DFの選手にロングシュートを打たれ失点。それでも諦めずに得点を狙いに行く選手達、何度も何度もボールを奪い、サイドから中央からと攻撃するもゴールが遠い。
終了間際にはいくつも決定的な場面もあったが、ゴールを取る事が出来ず試合終了。
悔しさだけが残る試合でした。
諦めずに最後まで戦った選手達、それでもゴールが遠かった。ゴールの大事さ、今回改めて分かってくれるだろうか。
日頃のシュート練習も、もっと意識して励んで貰いたい。
本当に県大会出場おめでとう。

保護者の皆様、朝早くからグランド、会場作りお疲れ様でした。
今後も宜しくお願いします。

6年コーチ 飯塚

2020/10/4(日)
6-0FC鬼高 会場 上本郷小学校  

U-12 オレンジ
秋風が爽やかに感じられる季節となり、U-12 オレンジN-8リーグは本日初戦を迎えた。
上本郷小でトーナメント1試合を闘う。
久しぶりに来た上本郷小のピッチに悪夢がよみがえる。
とても狭く感じられるピッチに攻めあぐんだ場面もみられたが、良い守備から良い展開をした。

対FC鬼高 6-0

次は18日に野田市スポーツ公園(主管)で本選出場をかけて試合を行う。

詳細は中村監督から

*****吉原*****
——————————
10/4(日)曇り
気温25℃ 松戸市上本郷小学校

2020 U12サッカー大会千葉県大会
2部代表決定トーナメント N08
第1戦 vs FC鬼高
6-0 勝

U12トーナメント初戦
ケガや進路へのセレクション等で抜けていた選手も戻り
オレンジチーム全員揃う事が出来ました
小学生年代で最後の公式戦 気合も十分に初戦に臨みます
立ち上がりこそ硬さも見られましたが徐々にいつものペースに戻り
得点を重ねる事ができました
ケガから復帰の選手も短い時間ながら成長したプレーを見せてくれました

まずは1勝する事ができました
さらに上を目指して来週からがんばりましょう
会場提供いただきました上本郷SC様、N08リーグ責任者竹原様 
準備、運営ありがとうございました。
次節18日は当チームにて会場運営致します。
よろしくお願い致します

保護者の皆様
早朝からコロナ対策、選手の応援ありがとうございました
次節はフォルテが会場主管となります
ご協力頂く事が多く大変かと思いますが
よろしくお願いします。

6年 中村

6年5年交流試合

会場 福田第二小学校                     .

今日から11月…朝の気温も10℃を切ってきた
もうそこまで冬は来ている

翌週にU12千葉県大会を控え新松戸SCさん、清水台FCさんを迎えてのTRM 
オレンジ・ホワイトにわかれて15-5-15を2試合、20分1本を2試合、11人制を2試合行った

オレンジ…U12へ向けていい準備ができました
ホワイト…久しぶりに気持ちの入ったいいゲームでした

詳細は佐藤HC、飯塚コーチから

充実したTRMが行えました
新松戸SCさん、清水台FCさんありがとうございました
今後ともぜひ交流お願いします
保護者の皆様
早朝からご協力ありがとうございました
いよいよU12県大会です。選手達も戦う準備ができました
ありがとうございました。

6年中村
——————-
11/1(日)福田第二小学校にて、清水台FC、新松戸SCとのTMをしました。

試合時間 15-5-15
①オレンジ 2-0 新松戸SC(A)
②ホワイト 2-0 新松戸SC(B)
③オレンジ 0-2 清水台FC
④ホワイト 0-3 新松戸SC(B)

試合時間 20分1本
⑤オレンジ 4-0 新松戸SC(A)
⑥ホワイト 0-1 新松戸SC(B)
⑦オレンジ 0-0 清水台FC
⑧ホワイト 1-1 新松戸SC(B)

11人制
試合時間15分1本
⑨フォルテ 2-0 新松戸SC
⑩ フォルテ 0-0 清水台(フォルテ4人)

オレンジは11/8の県大会に向けて最終調整を確認しながらのTMをしました。
1本目の新松戸戦では前半、プレスの甘さも有り、中盤で相手を自由にさせる場面が目立ちました。
後半はハイプレスを徹底的にやる事を伝えると、本来のオレンジの良さが出ました。
3本目の新松戸戦はサイドに散らすなどして、両サイドからの攻撃が上手く行った試合でした。

2本目の清水台戦はパスで繋ぐ相手に対し、前線からプレスをかけるも、パスコースを上手く切れず、
ただ追い掛けてるだけで、左右に揺さぶられて展開される事が多すぎた。
その分トップの選手が体力が消耗してしまった。
後半は失点も重ね、完膚なきまでにやられてしまった。
4本目は何とか修正するも得点が出来ず引き分けに終わる。
8人制では勝てない清水台FC、最終調整のTMも不安が残ってしまった。
8日の県大会までにどれだけ選手達を仕上げていくかが我々指導者も引き締めなければならない。

本日は朝早くから、グランドの準備、応援サポートしてくれた保護者の皆様お疲れ様でした。
小西監督、小川コーチ、帯同審判有り難うございました。
清水台さん新松戸さんも本日は有り難うございました。

6年コーチ 飯塚
——————
5.6年生トレーニングマック結果

11/1(日)福田第二小学校にて、清水台FC、新松戸SCとのTMをしました。

試合時間 15-5-15
ホワイト 2-0 新松戸SC(B)
ホワイト 0-3 新松戸SC(B)

試合時間 20分1本
ホワイト 0-1 新松戸SC(B)
ホワイト 1-1 新松戸SC(B)

11人制
試合時間15分1本
⑨フォルテ 2-0 新松戸SC
⑩ フォルテ 0-0 清水台(フォルテ4人)

u12以降中々いいゲームができていないホワイト気持ちの部分で火が付いていないように思える。
6年生は先週東葛大会市内大会予選。ホワイトからも主力で出場し活躍してくれていた選手。
ベンチから戦況を見つめていた選手それぞれが何を感じどうするべきかをミーティングで話す。
5年生は昨日東葛市内大会で悔しい思いをしている。悔しい思いをしないためにはどうするべきかを話す。
ホワイトの持ち味は高い位置でボールを奪い攻撃に移る事。久々に気持ちが入ったいいゲームができていた。
5年生も春に比べ6年生のスピードの中でゲームに慣れ随所でいいプレーが多くなって来ている。
中央大会では自分達が中心となり頑張ってもらいたい。
6年生は東葛大会で一人でも多くの選手に活躍してもらい勝利に貢献してもらいたい。
今日ぐらいの気持ちの入ったプレーができれば十分に可能な事だと思う。

本日は新松戸scさん、清水台FCさん
朝から会場設営に協力して下さった保護者の皆様
審判帯同、また大人ゲームでファインセーブを見せて頂いた小西監督
ありがとうございました。
6年生コーチ佐藤

6,5,4,3年東葛大会

                                   .
東葛市予選

6年
市予選 10/25 担当フォルテ 上流A
決勝トーナメント 11/29、12/6 主管柏
5年
市予選 10/31 予備11/1 担当 エンデバー 上流A
決勝トーナメント 11/3、11/8 主管松戸
4年
市予選 11/8 担当福田 上流A
決勝トーナメント 11/28、12/5 主管我孫子
3年
市予選 10/25 担当清水台 下流B
決勝トーナメント 11/23、11/29 主管流山、野田

市予選
トーナメント
全てスポーツ公園
1位が決勝トーナメントに進出

大会要項
レイソル野田のHPに掲載

6年東葛予選

準決勝4-0エンデバー,決勝2-0 清水台 会場 野田市スポーツ公園                .

気温20℃、空は高く、上空は遠くに鱗状の秋の雲、本日のスポーツ公園はススキの穂が爽やかな空気を連れてきていた。

市内から1チームのみが11月25日、12月6日の中央大会(16チーム)に。

トーナメント
 ①エンデバー 2-0 梅郷
 ②清水台 11-0 福田
準決勝
 ③フォルテ 4-0 エンデバー
フレンドリー
 ④福田 3-1 梅郷
決勝
 ⑤フォルテ 2-0 清水台

エンデバー戦
ポゼッション7:3。もっとサイドは我慢して待つこと。

決勝
緊張した良い試合
相手は433の清水台。
フォルテは中盤でセカンドボールからサイドにボールを散らす。
一方、清水台はロングパスの多様でカウンターを狙ってきた。

選手は充実感を感じた試合だった。
この攻撃を次の試合にも期待する。

詳細は佐藤、飯塚コーチから。
朝早くからグランド作り、駐車場整理有り難うございました。對馬コーチ、会長、保護者に感謝します。

*****吉原*****
————————-
東葛市内予選、今年度に入り5年生も共に活動してきましたが本日は久々の6年生単独での活動。
1名欠席19名がスポーツ公園に集う。

6年生は東葛大会は初の11人制での試合。u12リーグもあり11人制のトレーニングは昨日のみ。
ほぼぶっつけ本番の状況で挑む。
本日のテーマは
①ファーストDFがプレスをかけセカンドDFがボールを奪う
②攻撃時サイドアタッカーがタッチラインまでワイドになるをテーマに挑む

フォルテは初戦シードの為準決勝からの試合になる。

準決勝 エンデバー
4-0勝利
立ち上がりが悪いフォルテだが最初の5分プレスをかけ続け、相手陣内でプレーする様に送り出す。
選手達はスカウティングの効果もあり立ち上がりからファーストDF、セカンドDFと相手に対してプレスをかけ続ける。
しかし相手の好守備もあり7割近い支配率を誇るが中々な点が入らない。
サイドハーフもワイドが足りずに詰まっいる。
なんとか先取点を奪う。
後半に入りもっとワイドになるを伝え送り出し少しずつワイドな攻撃ができてくる。
結果3点を追加し勝利する。短い時間になってしまったがフィールド選手全員出場ができた。

決勝戦 清水台 2-0勝利
決勝戦はここ一年近く勝ちきれていない清水台との試合。相手は前の試合大量得点し勢いに乗っている。
決勝戦も相手のキープレイヤー、特徴を話し今日のテーマを確認し送り出す。
フォルテのDFの出足が早く強いプレッシャーに相手も引き始める。
相手のリズムが付く前にフリーキックから先制する。
その後もプレスをかけ続けるフォルテ相手の特徴の長いパス、サイドからの崩しもフォルテのプレスでリズムを作らせていない。
課題だったサイドの選手もワイドになり始めサイドを崩し始める。
後半もプレスを落とさずに終了間際に追加点を決める。
選手達最後までプレスをかけ続けベンチの選手達も揃って声を出しくれていた。
5年生まで試合中も声が出せない選手達が一丸となって声を掛け合っている姿を見せてくれ成長を感じさせてくれた。
みんなで勝ち取った勝利だった。
21期のGKは4人いる。本日1人はフィールドでの出場。3人がGKだった。誰がスタメンで出てもおかしくない。
しかし均等に出れない難しいポジション。
熾烈なポジション争いが繰り広げられている。
フィールドの選手達もスタメンに出ている選手達だけでは勝ち続ける事ができない。
u12、東葛本戦と21期20人一丸となり切磋琢磨しスタメンを決める監督、コーチ達をもっと悩まして欲しい。
本日は準備のお手伝い頂いた植竹会長、審判での帯同して頂いた對馬コーチ、
朝から駐車場係、応援してくださった保護者の皆様ありがとうございました。

6年生コーチ佐藤