【6/2,9】U-12リーグ

.

【2019 U-12サッカーリーグ in 千葉 リーグ構成表はこちら】

                               .
2019 1st N4星取表0190419審判追加修正

1stリーグのスケジュール

・6/2(日) ※フォルテ主管
会場:野田市スポーツ公園
住所:野田市木野崎625
集合時間 現地 7時15分

9:00 審判
10:00 vs 東習志野FCホワイト
11:00審判
12:00新浦安ユナイテッドFC A

・6/9(日)
スケジュール ⇒ N4リーグ6月9日稲越小会場

会場:稲越小学校
住所:市川市稲越町518-2
10:00 審判
11:00 vs.市川KIFC
市役所 7:40

※1stリーグは6/16までに終了させる。

・終了4/28(日)
会場:咲が丘小学校
住所:船橋市咲が丘1丁目22-1
10:00 審判
11:00 vs.咲が丘SC
12:00 審判
13:00 vs.初石少年SC
市役所出発 7:20 ⇒ 7:00に変更
対戦表(4_28咲が丘会場)
咲が丘小学校会場地図

・5/5(日)
U-12  1st N4リーグ 5日5日 リーグ戦案内

明海球技場 アクセス

会場:明海球技場
住所:浦安市明海2-1
13:00 審判
14:00 vs.豊四季FC A
15:00 審判
16:00 vs.アヴァンスSC
市役所 10:00⇒ゴールデンウィークの渋滞を考えて市役所9:30に変更

・5/12(日)
対戦表・会場地図 ⇒ U12 2019 0512 鶴指小会場

会場:鶴指小学校
住所:市川市大和田4丁目11-1
9:00 vs.市川中央リトルキッズ
11:00 審判
12:00 vs.高柳FC柏
13:00 審判
市役所 6:40

———————————
【会場責任者の役割】
・ピッチサイズ
→ 68m×50m
(会場の大きさにより50m×40m程度までに変更可能)

・受付
→ 試合開始1時間前程度に行う
→ 運営費を受け取り領収書発行
※1000円/1試合(当日2試合の場合 2000円)

・メンバー表
→ メンバー表を3部 試合開始30分までに提出
→ メンバー表、エントリー表、選手証、選手のチェックを実施

・指導者チェック
→ 指導者資格者証、審判証の確認、4種帯同審判資格の確認実施

【参加チーム】
・ベンチ入り: 2名以上 3名以内の役員
※必ずメンバー表の監督、コーチ欄に記載
・試合開始時間遵守のため、試合終了後の相手チームへのベンチ挨拶は行わない。

【審判について】
・帯同審判員の方は担当試合30分前までに審判員4名で打合せ実施
(主審はユニホームの確認をメンバー表提出後に確認する)
・フラッグは基本 審判が用意する。
・過去の大会で帯同審判の遅刻により開始が遅れた事象が多くあるため、時間厳守でお願いします。
・4種のHPに書き込みがあったそうですが、「スポーツメガネ」は相手選手、自分自身がケガをしない事を満たす物でらあれば基本的にはやらせてあげる方向で判断ください。

6年u12リーグ③

3-0市川中央リトルキッズ、0-0高柳FC柏 会場 市川市立鶴指小学校            .

●u12リーグ③ 2019/5/12(日)
3-0市川中央リトルキッズ、0-0高柳FC柏 会場 市川市立鶴指小学校 

5/12(日) u12リーグ 3日目(速報)

本日も、快晴の中 元気一杯なフォルテ6年 10名が野田市役所に集合して、本日の試合会場の市川市 鶴指小学校に向かう。

第1試合
VS 市川中央リトルキッズ
3-0 ?勝ち

第2試合
VS 高柳FC柏
0-0 引分

全員が良く走って守備&攻撃が出来た良い試合内容でした。

各試合の詳細は、
1試合目 小林コーチ
2試合目 清水コーチ

各試合にコーチとしてベンチに入って良いアドバイスをしてくださいました。

会場準備&対戦をしてくださいました、市川中央リトルキッズ様、ありがとうございました。

高柳FC柏 様 良い試合して頂きありがとうございました。

保護者の皆様、朝早くから送迎、応援、本当にありがとうございます。

無事 勝利する事が出来ました。

u12リーグは、ながいのでメンバーが更に成長出来るようにサポートをお願い致します。

6年 国生

審判は、野口コーチ2試合(主審&副審) 小林コーチ2試合(4審&副審)
——————————-
●1試合目
本日も、快晴の中 元気一杯なフォルテ6年 10名が野田市役所に集合して、本日の試合会場の市川市 鶴指小学校に向かう。

第1試合
VS 市川中央リトルキッズ
3-0 勝ち

開始フォルテペースで試合が始まり、攻撃に厚みが出てくるがゴールまでが遠い。
シュートをするが 枠の外、キーパーの正面にいってしまう。
その中でもMFの選手がロングシュートで先制点。
前半終了

ハーフタイルでは、シュートで終わること、インターセプトの事をアドバイスとして伝えました。

後半に入ってからもフォルテペースで試合が進む。
サイド攻撃が良く出来ており何本かコーナーキックをするなかでセットプレーでの追加点。
(練習の成果がでたのかな?)
相手チームのカウンターで何度か危ない場面があるがDF キーパーが体をはり止めていました。
徐々に気温が上がり選手達の体力が奪わる中DFの選手からFWの選手のロングパスが通りMFに落としミドルシュートで更に追加点で試合終了。
初勝利 勝ち点3

会場準備&対戦をしてくださいました、市川中央リトルキッズ様、ありがとうございました。

保護者の皆さん、役員さん 応援 サポート ありがとうございました。

野口コーチ 審判のアドバイスありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。

6年 小林
——————
●2試合目
真夏の様な暑さの中での第二試合。
選手たちの体感温度的には、かなり厳しい戦いであるが、今日の2試合目が始まりました。

1試合目でU-12リーグ初勝利をあげ、勢いに乗ったチームの雰囲気が良いので連勝を目指します。

対戦相手については試合を観戦する事が出来たため、自分がマッチアップする選手の特徴も頭に入っており、
またベンチワークとしても相手のストロングポイントと思われるポジションに適正な選手を配置し、ピッチに送り出しました。

第2試合 :vs 高柳FC柏

試合前の練習時に負傷した選手が出たため、いつもと若干違うポジションでのスタートとなったが、
6年生になる前から言い続けている今後のサッカー人生を考えた時に1つのポジションだけでは無く
ポリバレントの重要性を伝えていた事で問題ない立ち上がりとなり、
また選手たちも勝ちたい気持ちが前面に出ていてチームとしての約束事も出来ていた。

フォルテが攻め込む時間が多少多かった気がするが、
1試合目と違い以前からの課題の「決定力の無さ」が顔を出してきてしまい
攻め込んではいるが点が奪えず、一進一退の攻防は無得点のまま前半終了…

※押し込んでいた部分もあったため一点が欲しかった…

ハーフタイム時のアドバイスとして、サッカーは口頭ではうまく伝えられないが点数を取るべき時に取らないと
相手の攻める時間帯が出来てしまいその時の勢いを跳ね返せないと失点してしまう事が良くある。
なので点数を取り切る時には取り、相手が攻めてくる時は我慢して跳ね返し続ける事が重要。と伝えピッチに送り出す。

幸い試合前に負傷した選手も後半開始から試合に戻れ10人全員で後半に挑みます。

後半に入ってからも一進一退の攻防は変わらないが、1試合目での見事なミドルシュート、ロングシュートが
この試合では少なく体力だけが奪われていく状態に…

通常よりも少し縦長のピッチと体力の消耗により間延びもしてきてしまい、徐々に相手のペースに…
相手チームのストロングポイントの選手を封じてはいたが全体で前掛かりで攻めてきたチームは、跳ね返しても跳ね返しても攻めてくる。
サイドから崩されたり、カウンターをくらったり、ハイボールのこぼれ球で押し込まれたり…

このピンチはキーパー及びディフェンス陣が本当に身体を張って止め続けました。
その思いが伝わり前線の選手も弾き返したボールに身体でディフェンスしに行き少しずつフォルテのペースに…
ここでチームの最大のピンチの一対一の決定的場面を救うキーパーのビッグセーブがっ!
この勢いに乗りフォルテのペースになりかけたが惜しくも試合終了…

結果的には、0-0の引き分けでした…

1試合目での勝利により選手たちは、暑さの中 走りきりました。
それぞれの選手が自分のストロングポイントを随所に出せてチームとして、また個人としてが融合している良い試合でした。
特に2試合ともクリーンシートで終えた事は素晴らしい結果と思います。

但し、得点を決めきれない事やそれによる試合の流れが変わってしまう事は、今後の課題と思いました。

先日のU-12リーグの総評で国生助監督からもありましたが勝てないのは監督、コーチの責任です。
実戦で使え、身体が覚えている様な練習を考えていきたいと思います。

本日は暑い中で本部運営及び対戦して頂きました、市川中央リトルキッズ様 ありがとうございました。
また、対戦頂いた高柳FC様 ありがとうございました。

また保護者の方々においては、いつも会場に足を運んで頂き、また大きな声援を送って頂き本当に感謝しています。

U-12リーグ、やっと1勝をあげる事が出来ました。選手たちは本当に身体を張って戦ってくれています。
選手たちの嬉しそうな顔での今日の振り返りは朝早くからで疲れていると思いますが聞いてあげてください。

ありがとうございました。

6年生コーチ 清水

●u12リーグ② 2019/5/5(日)
0-2豊四季FC(A)、0-1アヴァンスSC 会場 浦安市明海球技場

GW最後の日曜日
会場は、浦安市の明海球技場
とても素晴らしい人工芝でサッカーが出来る喜びを感じて欲しい。

14時~ VS 豊四季FC(A)
0-2

16時~ VS アヴァンスSC
0-1

指導者 みんなで頭を悩ませる。
負けた試合は、全て指導者の責任。
普段の練習から、更に真剣に激しくサッカーを楽しめる環境(雰囲気)を作って行かないと反省しました。

本日の審判は、野口コーチ 主審&4審 小林コーチ 4審&主審
野口コーチより、小林コーチ 沢山のアドバイスを頂いて、審判部への階段を更に1歩踏み込んでいました。
本当にありがとうございました。

VS 豊四季FC(詳細 国生)
VS アヴァンスSC(詳細 浅川コーチ)
——————
●1試合目
GW最後の日曜日
会場は、浦安市の明海球技場
(素晴らしい人工芝)

午後 1試合目(13時)に審判がある為、GWディズニー渋滞を予想して早めに野田市役所を出発。
試合開始2時間30分前に、会場到着。
予想していた渋滞もなく、だいぶ早い到着になる。
せっかくの時間の為、ボードにてテーマの「インターセプト」をチームとして、どこで インターセプトするか?
その為に、各ポジションごとの動き方などの説明をする。
メンバーにも、すぐに出来るとは思っていないので、頭に入れておいて欲しい。
そして、出来るメンバーはチャレンジして欲しい事を伝えた。
車酔いをしてしまったメンバーもいるので、せっかくの人工芝の為、早めにアップ(フットサルコート)。
軽食を済ませて、本部挨拶&選手チェック

試合に向けてのアップを開始。
人工芝になれる為のロングキックや、チームの攻撃をイメージしたシュート練習。
監督からも、アップの調子や真剣さでスタメンを決める。との話もあり気持ちを切り替えて行く。

VS 豊四季FC(A)

相手チームのキックオフ。
先週の開始5秒?での失点と同じような相手チームのロングキックから試合が始まる。
ゴールキーパーがしっかり前に出てキャッチして一安心。
開始から一進一退の試合展開。
フォルテディフェンスメンバーが身体を張って守り、チャンスとみれば攻撃に厚みを作るために、ライン押し上げチャンスを作る。
攻撃では、ゴールを急ぎ過ぎてるのか?トップの選手?中央のスペースへのパスが多く、相手ディフェンスに弾き返される。
ハーフタイムで、フォルテの攻撃の仕方(サイド)を再度確認して後半に送り出す。

サイドからの攻撃の意識が良くなり、フォルテのチャンスが多くなるが、
カウンターから相手チームのキープレイヤーの左サイド選手ドリブルに痛恨のファール。
相手チームには、絶好の位置でのフリーキック。
嫌な予感。
相手キッカーの見事なフリーキックが、ファーサイド神コースに決まってしまう。
相手キッカーを褒めるしかない。
しかし、試合自体はフォルテの攻撃チャンスもあり、ハーフタイムでのアドバイス通りサイドから沢山のシュートチャンスに決める事が出来ない。
ここでゴールが出来ればチームに勢いが出て来るのだが、ゴール出来ない。
最後まで必死にフォルテ守備陣もたえるが、試合終了間際に、一瞬の隙をつかれて追加点を許してしまう。
最後までフォルテのゴールを期待していたがゴール出来ずに試合終了。
0-2 負け

悔しい敗戦。
勝てないチームではない。メンバーも頑張った。しかし結果に繋がらない。
何が悪いのか?どこがダメなのか?試合に負けたのは全て指導者、自分の責任。
勝利にこだわっているわけではなく。フォルテの100パーセントの力を出せれば勝てる。
練習や練習試合でのプレーが出れば……

保護者の皆様、本日も遠方にもかかわらず沢山の応援をして頂き、本当にありがとうございました。

本日も、野口コーチ&小林コーチ ?主審、4審、ありがとうございました。

新浦安ユナイテッドFC様、本日の主幹、会場準備、ありがとうございました。
まだまだu12リーグ続きますので、これからもよろしくお願い致します。

6年 国生
—————-
●2試合目
気温21.5℃湿度48%
アヴァンスscさんとU12リーグ2試合目を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
サイド攻撃に特徴があるチームでした。
shが高い位置をとりsbのオーバーラップも多く、ポジショニングでマークを剥がすのが魅力的に感じました。
又、裏をとる動きや高い位置での仕掛けも積極的にプレーをしていました。

<前半>
相手のサイド攻撃に手を焼くシーンが多く、失点の場面も相手のサイドが基点となる攻撃から。
相手は攻撃時に質的、ポジショニング的に優位を取り裏を狙う場面が多いように感じました。
フォルテの活路としては相手の中盤の間延び傾向にあったところに対して、
ボール奪取後2列目のmf3枚がいかに早い段階で仕掛けられるかにあると思いました。
選手達のプレーとしては、各ポジションが下がりすぎずに少ない支配率の中で攻撃を仕掛けられたと思います。
前半は互角の試合展開でした。(守備は少し軽かった傾向にありましたが……頑張ってくれました)
自分は下記3点を伝えて、後半へ。
①シュートで終える場面を多くしたい
②2列目から攻撃を仕掛けること。早い攻撃を意識してシンプルに。
③インターセプトの意識を忘れずに、サイドでボールを奪おう。

<後半>
相手の攻撃に対して受け身になってしまっている場面が多々ありました。
裏を多く狙われると全体的に引いてしまう傾向がみられ、結果的に被シュート数が多くなってしまった。
終盤にかけて選手交代も活発に行い攻撃のチャンスを増やしたかったが、攻撃に移ろうとしても押し上げがなく再び守備へ回ってしまう。
負のサイクルのまま試合終了。

<まとめ・課題>
フォルテとして数少ないチャンスの中でゴールを決めきる力がないと勝てる試合は少なくなると思います。
ここ最近の試合は前半での失点が多く、特に立ち上がりに弱い傾向が見受けられます。本日の試合も同様に感じられました。
結果がついてこない現状に対してどのようにしてパフォーマンスを上げるか。
『戦術』『技術』『フィジカル』『メンタル』この4本の柱がパフォーマンスの基準になります。
日々の練習のなかで『戦術』『技術』『フィジカル』を少しずつ鍛えていくとして、試合当日に最も大事なのは『メンタル』の部分だと思います。監督、コーチ達が熱を込めて指導することも必要だが、子供達が話し合いのなかで何ができて何ができなかったのかチーム内で気持ちを高めあえるように促していければと思います。
1試合目を終え、選手皆でミーティングをして頂きました。各々の意見の中で印象的なプレーが具体的に出たことが収穫だと感じました。
さらに理想的なミーティングにするために皆が自分のことばかりではなくチームとしてどうしたいかを話し合う必要があります。
目指すは「一人称的プレーヤー」の脱却です!!

アヴァンスsc 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻撃時に特にサイドで優位性を作るのがとても上手なチームでした。
それに対してフォルテは守備ラインをしっかりと設定し、ずるずると下がりすぎないようにプレス強度をあげて、
跳ね返せる力を付けないといけないと感じました。
攻撃については中盤で基点をつくりゴールまで運ぶ力が課題と感じました。
本当に良い体験をさせて頂きました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川

●u12リーグ① 2019/4/28(日)
0-4咲が丘SC、2-2初石少年SC 会場 船橋市咲が丘小学校

本日、6年 u12リー グ 初日の2試合を迎えました。
晴天の中、船橋市 咲が丘小学校にて6年 全員10名 指導者 6名(全員)参加で、元気いっぱい楽しみました。

1試合目 咲が丘SC
0-4

2試合目 初石少年SC
2-2

詳細は、
1試合目 国生
2試合目 浅川コーチ

6年 国生
————————
●1試合目
小学生年代 最大の公式戦 u12リーグ が始まりました。
4/28(日)初日の2試合を迎えました。

晴天の中、船橋市 咲が丘小学校にて6年 全員10名 指導者 6名(全員)参加

野田市役所を7時 出発 8時過ぎには会場に到着。
少し早めに到着してしまいましたが、1試合目に対戦させて頂きます 咲が丘SC様の9時からの試合を観戦させて頂きました。
チーム全員がプレスが速いイメージと、会場が狭い為、コートも少し狭いので、ミドルシュートを有効に打ってくるイメージがありました。

試合 前半終了後にアップを開始。
アップ場所も狭い為、試合コートにボールが行ってしまうので、ボールを使った激しいアップが出来ないですが、
しっかりと身体をぶつけながら、心と身体をあたためて行きました。

選手証での選手チェックにも6年生になると緊張する選手もなくテキパキと済ませて試合の準備完了。

試合前の少しの時間にコートを使い、シュート練習。
良いイメージで試合に入ってもらう為に、気持ち良くシュートを決めて試合開始。

1試合目11時10分キックオフ
VS 咲が丘SC

咲が丘SC ボールから始まるキックオフ。
まずはフォルテ陣内に蹴り込んで来たボールをディフェンス?ゴールキーパー?の間に落ちたボールに相手チームの選手が駆け寄って来て浮き玉をゴール方向に蹴ったボールがゴールに吸い込まれてしまい手痛い失点。
このゴールにより気持ちが切り替えるのに時間がかかった。
指導者からも声掛けをしているも、相手チームの速いプレスにバタバタしてしまい3失点。
ハーフタイムにて、落ち着く事と、フォルテの最近の攻撃方法と守備時のテーマを確認して後半戦に送り出す。
後半は、落ち着いてフォルテの良いプレーも出来て来て、チャンスも沢山作る事も出来て、
守備面でもしっかりと身体を張って守備をしている選手達でしたが、追加点を許してしまい、結果0得点 4失点。
フォルテ6年は、最近 良い攻撃が出来て来てシュートチャンスが沢山作れて来ていますが、どうしても最後のゴールに届かない。
メンバーにも沢山伝えて来ましたが、今の試合も決めるべき時に決めていれば、チームとして勢いがつき、結果も変わってきたと思います。
u12リーグは、まだまだ続きますので、これから修正して行きたいと思います。

VS 咲が丘SC
0-4 負け

咲が丘SC様 会場提供 主幹 対戦して頂きありがとうございました。
u12リーグも始まったばかりですので、これからもお世話になりますが、よろしくお願い致します。

本日、審判をして頂きました 野口コーチ(2試合 主審 4審)&小林コーチ(2試合 主審 4審 )ありがとうございました。

保護者の皆様、早朝からの送り出し&会場まで駆けつけての応援、本当にありがとうございました。
u12リーグは続きますので、選手&保護者&指導者一丸となってフォルテメンバーが、1歩でも成長出来るように頑張って行きましょう。

6年 国生
——————-
●2試合目
気温17.1℃湿度25%
初石少年scさんとU12リーグ2試合目を対戦させて頂きました。

<相手の特徴>
攻守においてアグレッシブにプレーをしていました。
パスを繋ぐ意識や裏への抜け出し、動き出しの意識が高いチームに感じました。
特に攻撃において狙いや意思統一が図られている印象でした。

<前半>
立ち上がりは、プレーが少し浮わついていましたが監督やコーチ、チームメート間での声かけで気持ちを切り替えられました。
新しいテーマであり狙いでもある“サイドへ誘導したインターセプト”ですが、なかなかボールを取りきることができず相手がボールを保持する時間が長い印象でした。
そんな中……1失点。終盤には足が止まりだす選手も見受けられました。
悪循環が目立つ前にハーフタイムを迎えられたので助かりました。
自分は下記3点を伝えて、後半へ。
①シュートで終える場面を多くしたい
②試合に入り込めてきているから後半も集中していくこと。声かけも忘れずに。
③セカンドボール、ハーフボールを拾いたい。気持ちでサッカーをすることを再確認すること。

<後半>
セカンドボールやハーフボールが拾えるようになり、フォルテのボール支配率やシュート数も上がりだした。前半以上にハイプレスでフォルテのペースを迎え、2得点の奪取に成功。その後に相手の裏の抜け出しからシュートを決められ手痛いドローで試合終了。
試合を終え、自分は下記3点を伝えた。
①今日の試合を振り返えること
②練習での取り組みが試合で発揮できていた
③練習以上のことは試合ではできないから、細部まで集中し考えて練習をしていって欲しい

<まとめ・課題>
課題としては、ハーフボールの奪い方や攻撃へ切り替わる際の動き出し等、多々伝えたいことがあるなかで、
今後は2つ目のテーマである“ボールの受け方”を伝えていきたい。
小学生年代は“ボールと自分”のことを考えてプレーする「一人称的プレーヤー」であると私は思います。
今の6年生もその傾向が強いと感じています。
次のステップとして、ボールの受け手や出し手、マークの相手を意識して、人の“頭を覗く”プレーを指導していきたい。
ボールが来たから走る、ただ強いパスを出すなどではなくチームメートや相手の考えていることを先読みし、
ボールが来る前に走る準備をし、パスは相手のトラップまで考えて出すなど、人の“頭を覗く”プレーができれば子供達自身の成長にも繋がると思います。
自分以外の人が何を考えて何を要求しているのか、“ボールの受け方”は小学生にとって簡単なことではないが、より多くの人の頭を覗けるようにコーチングしていきたい。

初白石少年sc 様、本日の試合ではお世話になりました。
攻守共にアグレッシブで、特に効果的な攻撃がとても上手なチームでした。
フォルテはどのように守備を行い、攻撃に繋げていくか課題を多く見つけることができ、とても良い体験をさせて頂きました。

保護者、指導者の皆様、メンバーの送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川

6年交流試合

会場 流山北高校 .

本日は、快晴で少し動くと汗がでる気温のなか、江戸川台FC 柏エフォートFC フォルテ野田SC 3チームでの交流試合をさせて頂きました。

フォルテ6年 9名参加 1名欠席?
20分×6本

来週より始まる、小学生最大のサッカー大会 『u12リーグ』初戦に向けて、意味のある交流試合にして欲しい。

最近のフォルテ6年は、チームとしての戦い方が良く理解をして来て、メンバー全員がどのようなイメージで攻撃して行くかをプレーで出来るようになって来ました。
チームメイトの個性を理解して良い所は、褒めて、弱い所は、チームとしてカバーして行く。
チームの結束力も良くなっています。

最後の20分1本に関しては、全員が疲れている中、3-0と大量得点&無失点 全員出場で気持ち良くプレーをさせて頂きました。

今日のイメージを大事にして、来週も気持ち良くプレーが出来るように気持ちの面でも、とても良い交流試合になりました。

応援に来てくださいました保護者の皆様も、熱い応援をして頂き、本当にメンバーの力になっています。ありがとうございました。

本日、誘って頂きました、江戸川台FC様 会場準備、最後の片付け等、本当にありがとうございました。
交流試合に参加してくださいました。柏エフォートFC様、良い練習試合をありがとうございました。

6年 国生

交流試合の為、試合結果は無しです。

6年春合宿_九十九里

                                    .
新学年になり、最初の合宿。
飯塚監督が様々準備をして頂き、フクダ電子アリーナ隣の素晴らしい人工芝のグランドでの交流試合&
午後は、宿舎隣にある天然芝グランドにて交流試合。
今月末には始まる『u12リーグ』に向けて良い準備が出来ればと思います。

合宿 1日目 詳細 浅川コーチ

合宿 2日目 詳細 清水コーチ

よろしくお願い致します。

国生
——————
●1日目
会場 フクダ電子スクエア     

4/7(土)
気温17℃湿度25%
fcやちまたさんとの交流試合を開催させて頂きました。

20分×3本
15分×1本

相手の特徴
攻守において組織的にプレーをしていました。
くさびを入れるパスと2列目からの飛び出しを使い分けて攻撃をしてきた印象。
サイドを特に活用し、キックからヘディングまで基礎技術の高いチームでした。

1本目
開始立ち上がりは、プレーに馴染めず(長距離の移動による疲れからなのか……)浮わついた時間が続いた。
自分は下記3点を伝えて、2本目へ。
①声だしの徹底
②守備の時、意識することは何か?
③フォーメーションの噛み合わせが悪いからどうしたら良いか。何を意識するのか。

2本目
試合へ集中して入れた。直近のテーマ同様にサイド攻撃の意識が高い一戦となった。
サイドが機能し得点のチャンスも自然と増え、結果2-2という打ち合いになった。
一方で1本目で伝えた3点の事があまり意識されていないように感じた。
今後の課題として声を出すためにどこを“観る”のかトレーニングしていきたい。
その上で伝えた事は下記の通り
①サポートの声をかけるために何処を観る?
②局面ごとで誰が守備を意識するのか。声を出すのか(1本目よりさらに具体的に伝えた)

3本目
体力的に疲れてきてプレスバックのシーンが増えた。
ミドルサードでのボールを跳ね返す意識が欠けていた。
2列目がディフェンスラインに吸収され、間延びしているゲームになった。
下記1点のみ伝えた。
①ミドルサードでボールを奪取するためにdfラインはどんな声かけをするか。

4本目
最後は15分。シュートの意識が上がりチャンス数が増えた。
又、サイドの裏のスペースを攻略する意識も高く持てていた。
※時間がなかったためなにも伝えず撤収

まとめ・課題
今後の課題として試合中、声を出すためにどこを“観る”かをトレーニングしていきたい。
「認識→分析→決断」の順にプレーを実行していく。
中学生へ向けてオフザボールの時にしっかりと周りを観て認識し、多くの情報を収集する練習をしていきたい。
守備の課題として、まず取り組む事はインターセプトの意識。
守備時のカバー意識が高すぎるためにプレスバックせざるを得ない場面が多数。
まずはインターセプトでボールを相手の前で奪う意識を変えて、攻撃へ繋げるプレーまでを早急にトレーニングしていきたいと感じた。

fcやちまた 様、本日の交流試合ではお世話になりました。
2列目からの飛び出しでDFラインを突破する事、サイドでの優位性を作る事がとても上手いチームでした。
その突破を、フォルテがどのように対応し、攻撃に繋げていくか?課題を多く見つけることができ、とても良い体験をさせて頂きました。

保護者、指導者の皆様、朝からメンバー送り出し、準備等、本当にありがとうございました。

6年 浅川
—————
●2日目
少し1日目の件です…
前日夜に全選手10名から「今回の合宿の目標」、「今年1年間の目標」を話してもらっています。
各選手とも自分の課題が何か?を理解した上で、課題の克服を話す選手が多かった印象。
但し、サッカーは自分が出来ない事にチャレンジする事も重要だが、それ以上に自分のストロングポイントを伸ばす。
という事も重要だったりする。
選手が反省をする事はたくさん出来ると思うが、自分が出来ている事を磨くことも今後、選手たちに伝えて行きたい。
ミーティングの内容は、小林コーチからの「声について」、浅川コーチからの「これからの1年間について」、
飯塚監督からの「テニスボールを使った頭と体を使った動き」、井上監督からの「全員で協調性を持ってやる共同作業」
清水からの「楽しくサッカーをしてもらいたい」、「円陣について」を話ししました。
残り1年しか無い中で出来る事は限られている。その中で如何にして自分たちが成長できるか?を監督・コーチで全力でフォローしていきます!

眠い顔も見える中のミーティングが終わり、お風呂タイム!選手全員の楽しそうな顔、顔、顔!
男は結局、裸の付き合いが全て!この時間で1日疲れも吹き飛び、楽しそうな笑顔が見れました!!
就寝前の少しの時間での自由時間を宣言した瞬間の全選手のまたもや飛び出した楽しそうな顔、顔、顔!
ミーティングでの眠い顔がウソの様な騒がしさで就寝前の時間を3部屋でそれぞれ過ごしていました・・・
元々過去の合宿でも20期生は就寝時にはすぐに寝る印象があったが、今回は就寝を宣言してから全く寝ない選手たち・・・
少し大人になり寝れないのかな?と思いながらコーチ達は部屋で過ごしていました。
少し時間が経ってから廊下を歩くと、ビックリするくらいの静かさ・・・
まさか・・・ ・・・ ・・・ ・・・ ・・・
3部屋ともに全員が爆睡・・・(笑)
バラエティにとんだ、バラバラな寝相を見せて頂きました。(苦笑)
(反対向いて寝てる選手、布団にくるまっている選手、真っ直ぐな綺麗な姿勢で寝てる選手・・・)
明日に備えて、コーチの夜ミーティングをして眠りにつきました・・・

迎えた2日目の朝。朝6時半集合というスケジュールに対して、5時半には起きて楽しそうに動き回っている選手たち!
朝は完全に選手の方が先に起きていました・・・(苦笑)
毎回の合宿恒例行事の “朝の散歩”。今回は、歩いて3分ほどで着く、九十九里の海に選手10名、コーチ4名で爽やかな朝の潮風を受け素晴らしい朝を迎えました。
子供たちは貝殻を拾ったり、貝殻を投げたり、波逃げをしたり 各々が楽しい時間を過ごしていました。
子供たちの目が1人のコーチを海に・・・という獲物を狙う目がありましたが、4月の朝の九十九里の海の冷たさを考えるとフォルテの運営が続けられなくなる新聞沙汰の事件になるという事を説明し、夏への持越しとなりました…
(持ちこさなくても良いんだけど・・・)
散歩を終え、朝食を食べいざ天然芝のピッチへ!!

グランドに着くと昨日に続き対戦相手を受けて頂いた、FCやちまたさんが到着。
お互いにアップをして、試合が始まりました。
試合は20分1本を回すスタイル。
(審判は1人制)
今回は、全部で6本の試合をこなしました。
前日からも含めて朝早くから保護者の方が応援に来てくれ、選手たちはやはり嬉しそうな顔に!!
保護者の方々の支えと応援が本当に力になっている事を実感しました。
まずは、現フォーメーションでやり慣れているポジションに選手を配置し戦いに臨みました。
FCやちまたさんはダイレクトパス、フリーランをした上での裏側の抜け出し、チームとしての連動性が高い素晴らしいチームであり、良い経験をさせて頂きました。
フォルテ選手のストロングポイントとウィークポイントが露呈された指導者には大変実のある試合でした。
U-12リーグに向けていつものやり慣れたポジションでの試合もやりつつ、オプションとして誰がどこのポジションで輝けるのか?も試してみまた。収穫もある一方でオシム監督が言っていたポリバレントが重要という事を改めて感じれた試合でした。

早いもので3時間の試合時間は、あっ!という間に過ぎて行ってしまいました・・・
子供たちには最後のストレッチを指示し、コーチは片付けをして6年生には勿体ないくらいの天然芝に挨拶をして宿舎に戻りました。
宿舎に戻ってから、すぐにお昼のカレーライス!今回の合宿は部屋ごとに「ご飯係」を決め、宿舎の方の方針でもある様で、配膳は全て選手たちにやってもらいました。
当然のことながら出来ない部分もたくさんありましたが、仲間やコーチからのアドバイスを元に夜、朝、昼とメンバーを入れ替え配膳をしていましたっ!
お昼ご飯を食べ終えてから、最後に宿の方々に挨拶をして、「また近いうちに来てくれるのを待っているよっ!」と言われ、素晴らしい環境での宿舎を後にしました。

帰りは、サッカー漬けだった選手の気分を解放するために、道の駅に寄りました。
道の駅では、待ち合わせ時間を決め思い思いの選手と一緒に行動をし、兄弟・姉妹、ご家族の方々にお土産を買う選手や甘い物を欲していたのかソフトクリームに並ぶ選手たち、ご当地グルメに舌鼓をうち最後に全員で記念写真を撮りましたっ!

帰りの車では後々聞くと、多くの選手たちが眠りについていたという事で、あっという間に市役所に到着したと思います。
コーチの車では戦術的な事やポジションについて議論しましたが、本当に収穫があった合宿と思います。
市役所に戻ってきて、去年1年間戦い続けた「イースタンリーグ」のMVP選手の発表と今回の合宿のMVPを発表しました。
MVPの選手たちは、今後も継続的に取れる様、取れなかった選手はこれからたくさん取れる様に頑張ってもらいたいですっ!!

最後になりますが毎回合宿を終え感じるのは、
Sコーチのセービングの凄さに憧れアクロバティックなセービングを連発し幾度となくチームのピンチを救ってくれ、時にはフィールドに飛び出しどの選手よりも戦術を理解しているがどフリーを外してしまった選手、
Sコーチを海に引きずり込みたくて仕方がない相変わらずのスプリントを見せつけてくれるが、最後のフィニッシュの精度が課題だが点数まで取ってしまう伸び代たくさんの選手、
Sコーチの様な華麗なリフティングをしたく陰で本当に努力をしているのが伝わる長い付き合いでもやる気スイッチが見つけられないが、なんだかんだで点を取れる選手、
Sコーチの事が本当に好きで隙あらば浣腸を狙っているがオナラ一発で撃沈させられてしまうが貴重なレフティで必死の形相で走り続け守備に攻撃に奔走するキャプテンシーある選手、
Sコーチの事を実はリスペクトしてる(?)恵まれた体格を活かしたミドルシュート、ロングシュートをトゥーキックでやってのけちゃい、相手に囲まれてもなんでそんな冷静なの?と思ってしまうくらいドリブルで取られなくなってきている選手、
Sコーチの常にセットされた髪型に憧れ髪型に拘りを持っていながらセンターバックとしてここ数ヶ月で目覚ましい進歩をしていて、ディフェンスポジションながらコーナーなどのセットプレイで貴重な得点源となってくれる選手、Sコーチからの褒め言葉を
喜んで聞いてくれるけどそれ以外の言葉が耳に入らないながらにも得意の両足でのキック(特に利き足と逆の左)で多くのチャンスを演出し、不慣れでもセンターポジションではボールを捌けるポテンシャルを見せてくれた選手、
一番最後に入ってきたがもう1人のレフティとして活躍しSコーチの人柄に完全に魅了されているが、試合では突然ハットトリックを決めて見せたりする潜在能力を秘めた選手、
Sコーチには敵わないと前から思っているが、チームで唯一上のカテゴリーでもやっていてセンターポジション以外でもサイドプレーヤーとしても活躍出来、サッカーを知っていてボールを動かせてチームを動かせる選手、
最後にSコーチの事が大好きで、でも怒られることが多いから近寄ったりしないけど本当にチームで一番身体を張ってボールを奪う泥臭いプレーに徹していながらミドルシュートがタイミングが合わず豪快に外して照れ笑いをしているが逆サイドへの展開はピカイチな選手・・・
何度も言っていますが、監督・コーチは選手全員をきちんと見ていて、選手が輝けるにはどうすれば良いかを皆んなで話し合っています!
君たちを見れるのはあと1年ですが、本当に見ていて楽しいですし、君たちが嬉しく喜び保護者と一体となり嬉し泣き出来る機会を楽しみにしています!

対戦相手のFCやちまたの方々、松原荘の方々本当にありがとうございました。
とても素晴らしい環境、素晴らしい対戦相手で充実した時間を過ごす事が出来ました。

また、この合宿でこの学年から少し離れてしまう飯塚(尭)監督。
素晴らしい環境を提供して頂き本当にありがとうございました。
この年代で、あの素晴らしい人工芝、天然芝のグランドでサッカーが出来るのは中々経験できる事ではないと思います。
本当にありがとうございました。

本当の最後の最後に、
長距離の運転となる今回の合宿に車出しをして運転をして頂いた保護者の方々、朝早くから駆けつけてくれた保護者の方々、帰りの道の駅で子供たちと一緒になって楽しんでくれた保護者の方々、葉巻(?)を吸っていた見た目が怖い保護者の方、ニシンの天ぷらを美味しそうに食べていた保護者の方、未だに我が子のやる気スイッチが見つからないが笑って見守ってくれている保護者の方、子供のミスキックを「どこ蹴ってんだ!」と言ったらそのボールが何とゴールインしてビックリしていた保護者の方、我が子の変顔写真の投稿を快く快諾してくれた保護者の方、この合宿を最後に役員を退くが最後まで全力で頑張ってくれたお二方、試合中一番の大声で応援をしてくれた保護者の方、看護の件ではいつもお世話になっていて靴ズレには絆創膏で良い!と適当に言ってくれた保護者の方、二日間帯同してくれて我が子に厳しいがSコーチのゴールキーパー写真を連写してくれた保護者の方、合宿地に向かう途中に母国に帰りたくなってしまったが人一倍サッカーに熱く、選手全員に気さくに話しかけてくれる保護者の方
合宿には来れなかったが応援に来てくれた時にはいつも全力で応援してくれる全ての保護者の方々、皆さんの協力、応援があって成り立っているのは、紛れもない事実です。
今回の春合宿においても本当にご理解、ご協力頂きありがとうございましたっ!!またお疲れ様でしたっ!!
あと1年ですが最後までサポート宜しく御願い致します!!!!!!

※長文の駄文 失礼しました…

6年生コーチ 清水

6年エスペランサ招待

会場 フットサルウィローフィールズ 古河市                     .

月曜日にめでたく小学校を卒業した10名が集まり、フォルテ最後となる2019エスペランサ杯少年フットサル大会に臨みました。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県の強豪8チームが2つに分かれ、総当たりの予選リーグ、
そして順位戦と12分ハーフ5試合を戦い抜きました。
会場 フットサルウィローフィールズ 古河市

予選
① 間東FCミラクルズ6-4勝ち
②あけのSS7-2勝ち
③祖母井クラブ3-7負け ※バーモントカップ群馬県代表チーム

予選リーグ2位で準決勝へ
④エスペランサ総和FC3-8負け
⑤3位決定戦 伊勢崎ヴォラーレFC7-8負け
持ち味のハイプレス、スピードに加え、テクニックやパスワークを駆使し、これまでの成長を改めて実感できた大会でした。
上のチームと大きな差はないものの、組織的なプレーや切り替えスピード等、足りないところも多々あることもわかりました。
試合を終える度に一喜一憂する選手たち。卒業式では泣かなかったのに、今日は、という選手も。
これでこのメンバーでの真剣勝負は終わりです。
私達指導者も、一緒に楽しませてもらいました。たくさんの経験をさせてもらいました。
今日参加できなかった選手も含め、ありがとうございました。
今日も、早朝からの車出し、参加チームの中で一番の応援、保護者の皆さま、ありがとうございました。
また、飯塚監督とジュニアも応援に駆けつけていただきました。ありがとうございました。

槇山
—————
19期生指導者各位

本日、19期生最終戦お疲れ様でした。
これから仕事を終え野田市へ帰るところです。
本日も半端な帯同にも係わらず、
ベンチでの最後のコーチングもさせていただきありがとうございます。

結果は良く闘った。というところでしょうか。
本日の大会にも主催者、選手、保護者、フォルテ指導者に感謝。

谷津

6年第19回フォルテ野田招待六年生大会

3-0光風台、0-1カムイ、0-4FC LIEN 会場 野田市スポーツ公園

優勝
境トリニタスジュニア
準優勝
FC LIEN
三位
カムイジュニア

グランドの都合で開催時期を遅らせて開催となったフォルテ招待。
16名の選手が今にも降りだしそうな、野田市スポーツ公園に集まる。
いつの間にかもう、この日を迎えた。
招待チームへの連絡、準備、様々なことをコーチ、保護者で取り組み本日を迎えることが出来た。本当に感謝しつくせない。

第一試合
vs.光風台 3-0
第二試合
vs.カムイ 0-1
第三試合
vs.FC LIEN 0-4

一勝二敗で三位決定戦には進めず。
既に試合開始前から雨が降り始めた。
気温も上がらすかなり寒い。これだけでも選手の体力を奪っていく。
しかし条件はどのチームも同じだ。
グランドが滑りやすく、なかなかボールが収まらないことを含め、丁寧にプレーすることを伝え、送り出す。
第一試合は不用意なミス、トラップの方向で相手に捕まることが多く攻撃にリズムが生まれない。
コーナーキックからの得点もあったが、明らかにヘッドで決められるところが決めきれない。
もっとボールを奪ってからの攻撃にリズムと丁寧さがあれば、もっと得点できただろう。

第二試合。
足元のプレーでは明らかに相手のほうが上手だ。ボール回しで展開が早い。
失点は相手の展開への対応が遅れ、コーナーキックへ逃れた結果、ヘッドでキレイに合わされて失点してしまった。
後半に入るとサイドからのボールが上がるようになり、チャンスメイク出来るようになったが、フィニッシュまでたどり着かない。
攻めてはいるが、決めきれない。
もどかしい時間がジリジリと過ぎそのまま終了。悔しい敗戦だ。

第三試合。
得失点差ではまだ三位決定戦への望みはある。最高学年での集大成の大会で是非とも結果を残してほしい。
気持ちを切り替え送り出す。
しかし、明らかに体が重そうだ。
お互いに、チャンスメイクしているがなかなか得点に繋がらない。徐々に押し込まれるようになってきている。
ボールを奪われると置いていかれてしまう。そのなかで失点。
FW以外の全員DFでゴール前を固めて凌ぐが、味方キックミスのフォローが遅れ、失点を重ねてしまう。
後半は修正点を伝えて送り出すが、不運なオウンゴールもあり、敗戦となった。
チャンスに決められなかったこと、味方が動き開いたスペースに入り込む、もっとチームが連動してプレー出来ていれば、ここまでの失点はなかったかと思う。私も反省だ。
閉会式終了後に選手たちに今日は楽しかったと言ってくれたのは良かった。

保護者のみなさん、本日も早朝から運営に携わっていただきまして、ありがとうございました。
他学年コーチも設営、最優秀選手選考、撤収とありがとうございます。
寒いなか審判割当を担当してくださったコーチもありがとうございました。
植竹会長お忙しいなか、ありがとうございました。

卒団までもう少しとなった19期生。
楽しい思い出を沢山残そう。

関係各位のみなさん、参加いただいたチームのみなさん、素晴らしい大会をありがとうございました。

谷津

6年上沖招待

3-0大相模、1-1エンデバー 会場 春日部中野グランド              .

●上沖招待 ②位パートリーグ戦 2019/2/17(日)
3-0大相模、1-1エンデバー 会場 春日部中野グランド

②位パートリーグ戦
大相模 3-0
エンデバー 1-1
リーグ1位で敢闘賞をいただきました。
詳細は小川コーチより
槇山

●上沖招待 予選リーグ 2019/2/16(土)
0-0武里SC、1-0大和田FC、0-1ゴイス谷中 会場 春日部中野グランド

予選 武里SC 0-0
大和田FC 1-0
順位戦 ゴイス谷中0-1
結果 明日は2位パートのリーグ戦になります。
槇山

詳細は黒澤コーチより
——————–
本日は6年最後の8人制大会に15名で挑みました。

予選リーグ
VS武里SC 0ー0
VS慈恩寺キッカーズ 1ー0
予選リーグの2試合はフォルテペースで試合は進めるが、幾度とあるコーナーも決めきれず、
シュートも何度もゴールポストに嫌われる展開が続く。
2試合目の後半終了間際に、ようやくMFが右サイドを突破し先制点。
そのまま試合が終了し、1勝1引き分けで予選リーグ1位。

順位決定戦
VSFCゴイスヤナカ 0ー1
序盤は押し込まれる展開。ロングスローなどで攻められるが、DFが身体を張って守ります。
しかし、相手に細かいパスを繋がれ、真ん中からのシュートに対応できず1失点。
その後は反撃を開始しましたが今日は1点が遠く、そのままタイムアップ。
決定力の差で明日は2位リーグへ。

今日の試合からは、準備力を学んで欲しいと感じました。
試合前のアップ、交代で試合に出る選手、試合中にボールをもらった後のパス、ハイボールの落下点の予測など、様々な場面で準備がまだまだ足りません。
次のステージを目指して、予測する力を身につけて頑張って行きましょう。
本日も寒空の中、ご声援、ご協力いただきました保護者、監督、コーチの皆様、ありがとうございます。
6年生は残りの少しですが、最後まで全力で頑張りますので、今後もご協力宜しくお願いします。

6年黒沢

6年市内大会

1-0エンデバー、5-1梅郷、2-1福田、0-0清水台 会場 野田市スポーツ公園                  .

6年市内大会結果
3勝1分 得失点差で惜しくも2位
試合結果等の詳細は関谷コーチより。
槇山
————————
①vsエンデバー 1-0 ○
②vs梅郷 5-1 ○
③vs福田 2-1 ○
④vs清水台 0-0 △

小雪が舞うグランドに13人の選手が集まる。
小学生最後の市内大会が始まる。
3試合は順当に勝ち上がる。粘り強いDFとMFの連携。FWの決定力も上がり、チームの雰囲気も向上。
本日の優秀選手は2試合目に4得点。
最終戦、チームの士気は更に高かったが1点が遠かった。勝ち点同点の総得点1点差で2位となった。
悔しい気持ちはあったが、選手達にとっては1点の重みを知る成長できた大会となった。

このメンバーでできるサッカーはあと少し。悔いのないようにサッカーを楽しもう。
役員、保護者の皆さん、本日は朝早くから準備応援とありがとうございました。
監督コーチもお疲れさまでした。引き続き、ご支援をよろしくお願いします。

関谷

6年CTC杯③

0-1アクティブ柏 会場 ヴィスポ手賀グランド                              .

●CTC杯4回戦 2019/1/27(日)
0-1アクティブ柏 会場 ヴィスポ手賀グランド

vsアクティブ柏 0-1負け ベスト32で敗退となりました。
今日は一般サイズのフルコートでゴールも一般サイズ。
さらに強風で、いつもと違う難しい状況てした。前半の早い時間帯に横に揺さぶられ、慣れないうちに失点。
その後は速いプレスと前への推進力でフォルテペースで進み、チャンスも決めきれずに終了となりました。
選手は、今できることを、十分に出し切ってくれました。
本日もたくさんの応援と審判部のサポート、ありがとうございました。

槇山

●CTC杯2,3回戦 2019/1/20(日)
2-0ヴィスポ柏、1-0船橋イレブン2002 会場 習志野市袖ヶ浦少年サッカー場

全日本と同じく、ベスト32に進めました。
今日は、人数ぎりぎりの11名で、交代なし、慣れないポジションを務める選手も多くいましたが、
粘り強く守り、カウンターやクロスから狙い通りの得点ができ、勝ちきることができました。
ここまで4試合無失点は立派です。
来週はアクティブ柏さんと16をかけて戦います。みんなで力を合わせて頑張りましょう。
本日も、たくさんの応援、審判サポートの小西監督、ありがとうございました。

槇山

●CTC杯1回戦 2018/12/9(日)
5-0志津FC 会場 船橋市立湊町小学校   

vs.志津FC 5-0
勝利
会場:船橋市立湊町小学校

13名で船橋市の漁港が近くの小学校へ。
台数制限、渋滞を考慮し、電車での移動となった。

テーマは繋ぐ意識とコーナーキックからの得点。

前半2点、後半3点と得点は良かったが、
意識したテーマには?となった。
次節は一ヶ月先。
目指すはU-12リーグ戦績よりも確実に上。

頑張ろう

役員さん。保護者の皆さん。
本日も遠いところ、応援ありがとうございました。

野口コーチ、審判サポートありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチから。

谷津
——————–
全日本U12少年サッカー選手権大会千葉県大会でベスト16の切符に届きそうで届かなかったフォルテ19期生。
あの悔し涙から1カ月。本日チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー選手権大会が開幕した。
中学でのサッカーを見据えた11人制での戦いだ。
総勢278チームの頂点を目指し、同じ涙は流さないことを心に誓った13名の選手達は戦いの舞台に立った。
会場は、船橋市立湊町小学校。
一回戦の相手は、志津FC。
対戦結果は、5-0。
ピッチは、縦86m×横56mと8人制よりも広い。本日のテーマは、コートをワイドに使いながらボールを繋ぐこと。
コーナーキック時のボールへの関わりの2点。
立ち上がり6分、フォルテが獲得したコーナーキックをFWが上手く合わせて先制点。
その後の10分、DFからFWへ出た縦パスを上手く処理し追加点。開始10分で2得点を挙げたことは素晴らしい。
選手達のゴールを奪う気持ちと集中力の賜物である。
そのまま、前半を折り返し、後半では、左MFに入った選手が相手のゴールキックを絶妙のタイミングでカットしてそのままゴール。
その数分後、その選手の左からのクロスをFWが見事に合わせて4点目。
最後は左からのコーナーキックをファーに入ったMFが上手に合わせ駄目押しの5点目。
終わって見れば5-0の勝利だが、課題もいくつか見られた。
前へ急ぐあまり攻撃が縦方向に直線的であった。
急がば回れで、横や斜めへのドリブル、コートの幅を最大限に利用したパス回し、これらのプレーがもっと多く出ればと思いました。
11人制サッカーは、8人制に比べスペースが少ないので、ボールを右へ左へ後ろへ動かしたり、選手達が右へ左へ後ろへと動くことでスペース
を作ることがとても重要だと思います。そうやって生まれたスペースに別の選手が関われれば、もっともっとサッカーが楽しくなると思います。

たった一度しかない6年生の冬、中学に向けた準備となるよう、この大会を通して成長して欲しい。

本日も朝早くから、選手達の送迎、応援に駆けつけてくださった保護者の方々、審判のサポートをいただいた野口コーチ、本当にありがとうございました。
1月20日に開催される二回戦、三回戦もあたたかい応援のほどよろしくお願い申し上げます。

矢形

【終了1/27】6年CTC杯③

                         .
●1/27(日)CTC 4、5回戦
会場:ヴィスポ手賀グランド
マッチスケジュール
4回戦 vs.FCアクティブ柏 12:00
5回戦 vs.未定 14:00

●1/20(日)CTC 2、3回戦
会場:習志野市袖ヶ浦少年サッカー場

●12/9(日)CTC杯予選①
会場 船橋市立湊町小学校
〒273-0011 千葉県船橋市湊町1丁目16-5

6年草加フェスティバル②

1-1(PK3-5)北本東、2-1スカイ二砂 会場 そうか公園         .

草加市サッカーフェスティバル2019最終結果(全記録)

●2019/01/13(日)決勝トーナメント
1-1(PK3-5)北本東、2-1スカイ二砂 会場 そうか公園

①北本東 1-1 PK3-5負け
終始、フォルテペースでしたが、カウンターから失点し、後半に追いついたものの、追加点を奪えず、PK戦で敗退となりました。
槇山

②スカイ 2-1 勝ち
前半オウンゴールで失点したが、後半は立て直して連携での2ゴール。辛くも勝利した。
関谷
——————–
一試合目
北本東 1-1 PK(3-5)

今日は12人で挑みました。
試合前のアップでは声はよくでていましたが体をしっかり動かす事ができていなかったのか立ち上がりがあまりよくありませんでした。
6年生は毎回一試合目の前半が硬くエンジンがかかるまで5分10分使ってしまっている気がします。
アップで体、気持ちをしっかり作りましょう。
試合では持ち味のサイド攻撃がよく使えてサイドに展開する流れも落ち着いてまわせていました。
ワンサイドゲームでしたが一本のカウンターで失点してしまい追う状況に…
ハーフでは選手たち自ら『セカンドボールは必ず触ろう』『空中戦もしっかりせろう』など自分で考えて伝える事をしていてよかったと思います。後半、風の援護もありコーナーから直接ゴール。
1-1でPKへ。GKも5本中3本触れられたが惜しくもネットへ刺さってしまい終了。

二試合目
SKY FC 2-1

一試合目敗退で先はなくなってしまったが来週のCTCに向け気合いを入れ直す。
が…前半早々DFとGKの連携ミスによりオウンゴール…
ピッチは芝だがボコボコしていたのもありイレギュラー…自身の立ち位置をしっかり確認し確実に処理しよう。
ハーフではボールを出したら終わりになってしまっているので出した次の動きをしっかりする。
もう一回ボールをもらうんだっていう気持ちを持つと自然とからだが動くと思います。
後半、落ち着きを取り戻し得意のサイドから一点、10分にはやはり持ち味のハイプレスから奪いクロス、確実に決め2-1勝利はしたものの課題が残る二試合となりました。
来週の試合も前半ホイッスルと同時に100%の力が発揮できるよう自信で気持ち、体を作り試合に挑みましょう。

保護者の皆様、本日も早朝からの車だし、選手サポートとありがとうございました。来週も試合となりますがよろしくお願いいたします。

6年 鈴木

———————
A予選結果と順位トーナメント
B予選結果と順位トーナメント

●2019/01/05(土)予選リーグ
4-0パープルズ上作延、4-0みのべFC、7-0新座陣屋キッカーズ 会場 草加瀬崎グランド

6年草加フェスティバル予選リーグ速報です。
①パープルズ上作延4-0
②みのべFC4-0
③新座陣屋キッカーズ7-0
予選1位通過、来週はベスト16からの決勝トーナメントになります。

詳細は黒澤コーチより
6年槇山
———
新年の最初の大会に13名で参加しました。
正月休みの影響もあり、今日は全員が身体も重く、プレーや判断のスピードも遅れがちでしたが、結果的には3試合を無失点に抑え次週に繋ぎました。
その中で良かったのは、素通りしていたコーナーを修正し見事2点をとったことになります。
いつも選手達の対応力の高さには驚かされます。
逆に今日の課題は、ボールの追い方、奪い方を全員で意識し、チームとして守備をすれば、もう少し楽に試合を運べるので、頑張ってほしいところです。
本日も寒空の中、応援、協力して頂きました保護者、監督、コーチの皆様、ありがとうございます。
全員で優勝目指して頑張りましょう。

6年黒沢

【終了1/13】6年草加市SoccerFestival2019

                                .
草加市サッカーフェスティバル2019最終結果(全記録)

順位パートT結果とベスト4決勝2019

忘れ物一覧2019(190113)

順位トーナメント(会場確定版)

A予選結果と順位トーナメント
B予選結果と順位トーナメント

第30回草加市サッカーフェスティバル2019要項(WEB・メール配信版)

草加市サッカー協会ホームページにも掲載しております。

http://www.sokafa.info/

http://sokafa.info/pg5.html

雨天など中止連絡も、朝6:30までに判断してホームページへ掲載します。(電話連絡等は行いません)

また試合結果や順位トーナメント対戦表なども掲載しますので、ホームページURLは登録するよう御願いします。

第30回草加市サッカーフェスティバル2019抽選結果

草加市SoccerFestival2019出場チーム一覧
——————-
■駐車証 駐車証2019
ファイルへ入力後出力 又は、出力後記入して、試合会場駐車車両のダッシュボードへ掲示を御願いします。
緊急時の車輌移動が必要となる場合などのため、必ず掲示徹底をチーム内周知御願い致します。

■試合会場
草加市内の会場は、草加市サッカー協会ホームページのグランド情報を参照ください。

http://sokafa.info/pg10.html

WEB版要項に記載の通り、各会場により車輌台数制限があります。
出来るだけ乗り合わせでお願いします。

草加市外2会場は以下となります。
◆神根東小学校◆
埼玉県川口市石神1440

http://www.sch.kawaguchi.saitama.jp/kaminehigashi-e/access.html

◆中川やしおスポーツパーク◆中川やしおスポーツパーク
埼玉県八潮市木曽根1009(中川やしおフラワーパーク)
位置は、中川やしおフラワーパークの隣になります。
サッカーコートは多目的広場Aとなります。
現在、多目的広場B(野球場)が工事中のため、スポーツパーク入口・駐車場は使用出来ないように封鎖されております。
フラワーパーク入口より入り(土手を上がり)、フラワーパーク駐車場か、そこより奥にあるサッカーグランド手前に駐車ください。
隣接で停められるスペースは約30台程度です。そちらが満車になった場合は、フラワーパークの駐車場をご利用ください。
マイクロバスで来られるチームは事前に連絡をください。
入口のポールを外さないと入場出来ません。(普通車は通れます)

《飲料水について》
会場に水道水はありますが、現在まだ工事がすべて終わっていないため、飲料としてはあまり適していません。
中川やしおスポーツパーク 会場詳細

https://www.city.yashio.lg.jp/kurashi/sports_rec/sports/300411.files/iti.pdf

地図

https://goo.gl/maps/aVTWLH8SDnq

何度も案内しておりますが、予選結果・順位パート組み合わせなどは、草加市サッカー協会ホームページへアップいたします。また、このメール同様BCC一斉メールの配信もいたします。

ホームページは、TOPページ中段に『第30回草加市サッカーフェスティバル』とあります。TOPページと4種ページどちらからでもアクセス出来ますのでご利用ください。
また、悪天候による中止の場合は、電話・メール案内ではなく、ホームページ掲載一本となります。
(朝6:30決定後に掲載します)

http://sokafa.info/index.html

事務局 赤羽

6,5,4,3年東葛決勝トーナメント最終結果

                                          .
最終結果
決勝トーナメント(3年)
決勝トーナメント(4年)
決勝トーナメント(5年)
決勝トーナメント(6年)

ベスト4
決勝トーナメント(3年)
決勝トーナメント(4年)
決勝トーナメント(5年)
決勝トーナメント(6年)

—————-
決勝トーナメント(3年)
決勝トーナメント(4年)
決勝トーナメント(5年)
決勝トーナメント(6年)

決勝トーナメント試合スケジュール(3年+5年)
決勝トーナメント試合スケジュール(4年)
決勝トーナメント試合スケジュール(6年)

6年練習試合

                                 .
イースタンリーグで対戦した、草加住吉さんからのお誘いでCTC杯に向けた練習試合を行った。

一本目 8人制
0-2

二本目 11人制
1-2

三本目 8人制
1-0

一本目から余り絞まらない試合となった。
勝ち負けよりも、気持ちが足りない。
CTC杯まであと少し。
切り替えが必要です。

お誘いいただいた、草加住吉さん、
ありがとうございました。
車出しいただきました保護者の皆さん
ありがとうございました。

詳細は関谷コーチから。

谷津
————————
師走に入り快晴の草加に14人の選手が集まった。
草加住吉さんとは、イースタンでは辛くも勝利した 1(3PK2)1 が気の抜けないチームだ。
U12の終演から間もない先週の大沢北CUP優勝、いずみ杯準優勝の雰囲気で望みたい。

初戦(8人制)は立ち上がり2分、左から崩されあっさり失点。今日の選手達はなかなか動きが鈍い。
後半は11本シュートを放つがネットを揺らせなかった。

2戦目(11人制)はCTCを意識したコーチングで挑んだが、DFとMFの連携不足もあり2失点。
ようやく本日1点目はDFのカットからワンツーでつなぎ左サイドから中央へ、ペナルティエリア外からの難しいポジションからミドルシュートでゴールにつながった。

3戦目(8人制)は公式戦さながらの試合で挑んだ。
イースタンでも苦労した相手10番の攻略がまだできていないままだったが、お互い引かず最終戦でようやく攻防戦となった。
均衡が破れたのは終了間際。右MFから逆サイドに展開。最後に左MFが得意のゾーンから綺麗にゴールした。

最終戦はようやくつなぐサッカーができたと思いますが、課題もたくさんあります。
一番足りなかったところは初戦に挑む気持ちです。
これからCTCが始まります。6年生最後の県大会です。トーナメントの大会は負けたら終わりなので、初戦に挑む気持ちがとても大事です。

本日、試合をしていただきました草加住吉さんありがとうございました。
役員、保護者の皆さんも車出しから応援ありがとうございました。
監督コーチもお疲れさまでした。

6年 関谷

6年杉戸いずみ杯 準優勝!

5-0東鷲宮、2-0蒲生東 6-0杉戸いずみ、1-2清水台 会場 深輪産業団地多目的グランド

予選① 東鷲宮5-0勝ち
予選② 蒲生東2-0勝ち
準決勝 杉戸いずみ6-0勝ち
決勝 清水台1-2負け
準優勝でした。
チームからの優秀選手は、準決勝ハットトリックの25番です。ちなみに今日は25日。この選手の日になりました。
詳細は小川コーチから。

槇山
———————
11月25日 第31回いずみ杯

会場 杉戸深輪工業団地多目的グラウンド

前日は三郷の大会で優勝。2日間別の大会に出場し本日は杉戸での大会に15名で挑みました。
全12チームが4ブロックに分け、予選リーグを実施した。
各ブロック1位4チームが準決勝進出となる。

1試合目 vs東鷲宮 5-0
前半は相手コートにいる時間が長くサイドから攻めるもラストパスの質が良くなく点がとれないまま0-0で前半終了。
後半は早い時間帯に右サイドからのセンタリングにトップの選手が決め、それから勢いに乗り後半だけで5点奪い勝利。
トップの選手はハットトリックする活躍。

2試合目 vs蒲生東 2-0
前半6分右サイドからファーに早いセンタリングに左サイドの選手がダイレクトに決めた。
後半11分相手のペナルティエリア近くで細かくパスを繋ぎ左サイド選手が決め2-0で勝利。

準決勝 vs杉戸いずみ 6-0
開始早々コーナーキックからのこぼれ球などでトップの選手がハットトリックして3-0で前半終了。後半も3点追加。
この試合でのコーナーキックは15ぐらいはありましたが、ダイレクトで点を決めたのは1回だけ。
キックの精度は良いが合わせられませんでした。

決勝 清水台 1-2
決勝は同じ市内同士の対決となった。
前半5分相手のカウンターからトップの選手にドルブル突破され先制される。
それから11分キーパーが蹴ったボールが詰めていたトップの選手にあたりそのまま得点され0-2となる。
しかしその1分後右サイドからえぐりマイナスのセンタリングにトップの選手が見事に決め1点返した。
後半は落ち着いて細かくパスを繋ぎ何度もサイド攻撃をするが中々点が入らない。
残り3分ぐらいにコーナーキックからヘディングで見事に合わせたがあと数センチで相手に止められてしまう。
残り1分に相手のファールでPKではなく僅かにペナの外でした。それから攻め続けるも試合終了。

決勝は負けてしまったが最後まで誰も諦めず戦った姿勢はとても良かった。
この大会で2名のトップ選手がハットトリック達成しその1人がMVP。
中盤の選手もよく動いてプレイしてくれました。DFの選手も体を張って守ってくれました。
全少が終ってから2週間後の大会で選手全員で戦い全少で出場機会が少なかった選手が特に目立ち頑張ってくれ優勝、準優勝と立派な成績を残してくれた2日間でした。
これからはCTC杯に向けて止める、蹴る、運ぶなど基本的な事をレベルアップしていきたい。

保護者の皆様2日間遠征となり車出しや応援ありがとうございました。

小川

【終了11/25】6年杉戸いずみ杯

                           .
●試合会場:深輪産業団地多目的グランド
杉戸町大字深輪737-1
●駐車場台数制限は6台

代表打ち合わせ7:30
第一試合 10:00
vs.東鷺宮
第二試合 11:20
vs.蒲生東
以降は戦績による

審判割当
8:00
9:20
10:40

閉会式
15:30~
閉会式でキャプテン挨拶があります

6年大沢北カップ 優勝!

1-1(3PK2)三郷FC、2-0八潮メッツ、4-0大沢北 会場 三郷スカイパーク

1回戦
vs 三郷FC
○ 1-1(3PK2)

準決勝
vs 八潮メッツ
○ 2-0

決戦
vs 大沢北
◯ 4-0

優勝

詳細は黒澤コーチから。

谷津
———–
本日は8チームのトーナメント戦に15名で挑みます。

初戦VS三郷FC1ー1 PK3ー2
普段とは違うメンバーで挑んだ初戦ですが、全くいいところがなく淡々とした試合。
先制点を取られ、焦る気持ちから攻撃が噛み合わず、敗戦濃厚でしたが終了間際にFWが得点し同点。
PK戦は、相手が枠を外す幸運な形で勝利。

準決勝VS八潮メッツ2ー0
今日は相変わらず、選手がボールを待っているため、すぐにボールを奪われピンチが続きます。
ただ試合自体は、サイド攻撃から1点、コーナーから1点をとり2ー0で勝利。

決勝VS大沢北4ー0
3試合目でようやくエンジンがかかり、本来のサイド攻撃からチャンスをつくり、MFが得点を重ね合計4ー0で優勝。
MVPは最小失点に抑えたキーパーが選ばれました。

今日はフォルテの良さがあまり出せませんでしたが、優勝という結果は残せました。
残りの大会は少なくなってきますが、自分達のサッカーをしながら勝つという内容と結果の両方を達成できるよう頑張って行きましょう。

今回の大会に招待頂きました清水コーチ、またご協力、応援頂きました監督、コーチ、保護者の皆様、ありがとうございました。

6年黒沢

【終了11/24】6年大沢北カップ

                                      .
■試合会場:三郷スカイパーク
(三郷市彦沢3-51-1)
駐車場台数制限は5台
■第一試合 9:00
vs.三郷フットボールクラブJr
以降は戦績による

6年 U-12サッカー選手権大会千葉県大会

0-1チームスポルトやちよ 会場 日立台グランド .

●U-12サッカー選手権大会千葉県大会11/11(日)
三回戦
0-1チームスポルトやちよ 会場 日立台グランド

何から書き初めようかと、思い悩むほど、様々な思いが交錯する。
ただ、終わってしまったという思いはない。楽しかったことがひと区切りとなった、そんな気持ちになっていた。

三回戦の朝を迎えた。
集合にはまだ随分と時間があるのに、抑えられずに起き上がってしまう。
まだ外は薄暗いがきっと良い天気となるだろう。
早々に準備をしてしまうと、手持ちぶさただ。ふとU-12大会のコメントを読み返す。
少し早いが集合場所に向かおう。
そして選手たちを迎えよう。
徐々に選手、コーチが集まり始める。やがて役員さんが用意してくれたさわやか号がやってくる。
早くから予約し、準備をしてくれていた。有難いことだ。
選手、保護者、コーチともにやや頬が強ばっているか。先週の二回戦突破の歓喜から既に全員の気持ちは切り替わっている。
用意していただいた、さわやか号に乗り込み、日立台へ。
少し緊張気味な選手たちだが、仲間と話し込んだり、外を眺め何かを考えて?おり、さわやか号で皆で揃って行けたことが気持ちを整え、ひとつになれた。

良く晴れた秋空に日立台の人工芝の色が余計に映えて見える。
既に第一試合が始り、熱気が伝わってくる。
いつものように選手チェックと挨拶を済ませる。途中、同市内の同じように勝ち進んだクラブのコーチとすれ違い、お互いの健闘を誓い合う。
先週と同じように徐々に士気を高め、アップに入る。何度となく行ってきた自分達だけのアップ。自然と大きく逞しい声が聞こえている。自分たちを鼓舞するように。

さあフォルテ19期生の新たなる挑戦の舞台に立った。
お互いに先週試合を見ている。
マークすべき相手は判っている。
全力で闘い、全てを出してこい!

システムはフォルテと同じ、相手CBもかなりの手強さだ。まして相手はJrユースを要するクラブチーム。
開始からお互いの気持ちと体がぶつかり合う。
相手は最終ラインでボールを廻しながら、縦パスを狙っている。これを出させまいとトップから全力でプレスをかけ、コースを限定していく。
ここでMFがボールを奪いに闘いへ。相手も苦しくなると一旦は後へ下げる。
下げた後に素早い縦パスを入れてくるが、フォルテCBがインターセプトを狙い攻めさせない。
攻撃は持ち味のスピードを活かしたいが、警戒されていたか、塞がれてしまう。
中盤がドリブルで持ち込もうとするが、相手のほうが少し上か。逆に奪われ、フェイントで交わされてしまっている。
奪われたボールを必死にCBが食らいつき、センタリングを防ぎ、シュートブロックに体を投げ出している。
二回戦と同じように相手CKを何度も凌ぐフォルテ。こちらもお返しとCKを得て、先にボールを触るもゴールを割ることは出来ない。
推されて推されて、少し推し返し、あっという間に前半終了。
息を切らせて戻る選手たち。その目はまだまだ十分に輝いている。一人も疲れた表情を見せない。
本当は尋常ではないハードワークを続けた前半、キツイだろう。
こんなところにも成長を感じる。

後半になると相手は何度も選手を入れ換えてくる。こちらは先発から変えずに闘い続ける。
コンビネーションで繋ぎ、早さを活かした攻めとしたいが、サイドのスペースへ出せばゴールライン際まで追いかけ粘るが、ここからが繋がらない。
足元へのパスは相手の素早いプレスで攻めさせてくれない。お互いに攻めさせない気迫のプレーが続く。
お互い緊張が途切れることが無い。
GKからの前線へのボールが送られる。お互いにマイボールにしようと、奪い合う。少し全体が右サイドに寄っていたなかで、待ち構えていた、左サイドの相手選手にボールがフリーで渡ってしまう。
スピードにのる相手左サイド。
フォルテDFが戻りきる前にペナルティ際まで迫ってくる。フォルテ守護神が飛び出す前に撃ってきた。相手から放たれたシュートはフォルテ守護神の頭上とポストの間をすり抜けネットに突き刺さる。
悔しいが鮮やかな見事なシュートだ。
アディッショナルを入れても多分あと2分と少し。必死に攻めるフォルテ。
しかし、届かず終了のホイッスルが鳴り響いた。

肩を落とし、涙を浮かべる選手たち。
良く闘った。終了のホイッスルが鳴るまで、諦めずに走りきった。
胸を張って帰ってこい。

お昼を過ぎているのに、昼食が始まらない選手たち。まだ失意で下を向いている選手も多い。
こんなとき、どんな言葉を仲間にかけたら?と選手同士で考えているのが伝わってくる。みんなで悩もう。考えよう。
この瞬間を慰める訳でもなく、励ますわけでもなく、見守るコーチ、保護者。
やがて、クールダウンをしに別グランドへ。
そこで、フォルテが出来たこと、かなわなかったこと、相手の印象などを話した。
そう、U-12リーグ前期後期で負けなしは県内ではフォルテを含め4チームしかいない。失点の少なさ、もフォルテ19期生の成長の証だ。
そう、県内ベスト32という立派な成績を残した。そして次の大会ではこれ以上を目指すという目標が出来た。

保護者の皆さん、本日も沢山の声援をありがとうございました。
走りきった選手たちを褒めてあげてください。立派に成長し、自分たちの力で未知なる世界の扉を開けました。
そしてしっかりと次の目標を掴んできました。

2週に渡りチームに参加いただき審判サポートいただいた山崎コーチ、對馬コーチ、ありがとうございました。
おかげさまで担当コーチが十分に選手たちにコーチングが出来ました。ありがとうございました。

19期生コーチ陣。
ありがとうございました。
まだ、終わってはいません。
次はCTCです。また、選手たちとチャレンジしましょう。

応援してくださったたくさんの皆様に感謝いたします。
そしてまたフォルテ19期生の選手たちが見せてくれるパフォーマンスで歓喜の輪が生まれることを願っています。

長文誠に失礼しました。

vs.チームスポルトやちよ
0-1敗戦
ベスト32

谷津
————————-
U-12を終えて。
4月から始まった長い戦いもようやく終止符が打たれました。
思い返せば、電車で遠征したり、主管として迎えたり、様々な思いを込めて選手と一緒に戦っていました。
予選からの戦績を振り返ると、初戦の舞浜ファルコンズ、柏レイソルTORから始まり、20戦無敗は大記録と言っても過言ではないでしょう。
私は選手達の偉業が達成される度に底知れぬ力は何処から湧いてくるのか驚くばかりでした。
最後のスポルトやちよ戦は辛くも敗退しましたが、フォルテと同じようにマイチームを分析し、相手チームも研究してくる、そんな総合力のあるチームが勝ち上がれるのだと実感した試合でした。
監督コーチ、保護者が見守るなか、選手達が泣きじゃくり悔しがり、傷心した時間はきっと選手達を成長させてくれるでしょう。
あの日立台での思い出がこれからの選手達の分岐点になることを祈っています。

ベスト32おめでとう!

6年 関谷

●U-12サッカー選手権大会千葉県大会11/04(日)
2-0幸町FCスワローズ、1-0大久保SC 会場 野田市スポーツ公園

一回戦
vs.幸町FCスワローズ
2-0 勝利

二回戦
vs.大久保SC
1-0 勝利

県内ベスト32
次週
日立台です。

谷津
—————————–
遂に始まる県内予選リーグを勝ち上がった108チームにて争われる、12月に鹿児島で行われる全国大会への切符をかけた県大会。
トーナメント故の緊張感があるなかでの試合となる。
野田市スポーツ公園に19期生選手全員17名の笑顔が久しぶりに揃った。
先ずは、同大会に参加する市内チームを応援。選手たちも応援しながら、自分たちの士気を高めてゆく。
その後アップをスタートし、試合に望む。
きっと今日も選手たちは最高のパフォーマンスを見せてくれる。
満を持して迎えた大会当日。相手チームの情報は少ないが、先ず立ち上がりは基本から入ることを確認し、送り出した。

一回戦
vs.幸町FCスワローズ
2-0 勝利

前半開始3~4分でパス交換からのシュートと、ゴール前に詰めていた選手が、落ち着いて押し込み、2点を先制。
その後も追加点を狙い、攻めるがどうもパスが足元を意識し過ぎて、相手に捕まってしまう。
特に相手サイドのアタッカーにボールを持たれると嫌な状況となったが、粘り強いディフェンスで良く対応していた。
相手ボールになってもプレスをかけ、相手の自由を奪い、狙ったところでボールを奪う動きも出来ていた。
追加点は奪えなかったが、攻撃と守備に意識が高く良い結果となった。

二回戦
vs.大久保SC
1-0 勝利

昼食を挟んでの二回戦。
ここで勝ち上がると県内ベスト32。
相手は県内でもかなりの強豪だ。
気持ちで負けたら試合をする前に勝敗は決してしまう。
選手、保護者、コーチ全員で円陣を組み、
気合いを入れ直す。
後は選手たちの最高のパフォーマンスを信じるのみ。
いつの間にか、本日は残念ながら参加出来ないと言っていたコーチも一回戦突破を聞きつけ、駆けつけてきている。皆が揃った。
準備は整い両チームの緊張感が会場全体を満たしている。
この緊張感を裂くようにホイッスルが鳴り響き、フォルテボールにてキックオフ。
ドリブルでの突破は容易にさせてはくれない。逆に奪われると、あっという間にゴール前だ。
全員ディフェンスで相手の攻撃を跳ね返す。完全に相手ペースでのスタートとなった。
フォルテもポゼッションを上げようとするが、相手は1対1では突破させてはくれない。
ここでどうしても自陣から蹴り出すだけのプレーになってしまう。
落ち着け。きちんとマイボールにして組み立てよう。
少しずつコンビネーションのプレーでサイドからの突破をチャレンジするが、簡単にはバイタルへは侵入させてくれない。
いつもはCKのチャンスが多いフォルテだが、この試合は相手CKのほうが多い何度も攻め込まれるが、全員が集中を切らさず、対応している。
CKを何回か凌ぎ、右サイドからのコンビネーションで突破をしかける。突破するとフォルテワントップにパスが繋がる。
相手を背負いながらも、振り向き様に渾身のシュートを放つと、まるで吸い込まれるようにサイドネットへ。
守りが続く中でも諦めずに、前に向かった結果だ。沸き立つベンチ、言葉にならない歓声の応援団。
いつもキックオフからプレスをかけ続けて諦めないトップが価千金のゴール。
これで後が無くなった相手は反撃と、怒涛の攻めでやってくる。
ゴール前で、いかん‼と思った瞬間にも、必ず味方がいた。
ゴールを決めたトップを入れ替え、流れを変えようと試みる。
すると、攻められた後のカウンターでゴール前でのシュートチャンスが巡ってきたが、放ったシュートはゴールを越えてしまった。
残り時間はもうそう長くは無い。相手ベンチからは選手たちを鼓舞するコーチングが、続いている。あと何分だ。
守りに入らず、きちんと戦い、跳ね返す選手たち。
疲れの見える選手もいるが、最後までピッチに立たせてやりたい。
最後まで、闘い抜け!
そして終了のホイッスルが鳴り響き、
県内ベスト32へ進出、U-12リーグ、トーナメントで20戦無敗を更新した。
これほど1点を重く感じた試合はなかったのではないだろうか。
選手たちはトーナメントで失点しないこと。得点することの重みをかみしめた。

予選リーグにて先制されても諦めずに、追いつき、同点にしてきた粘り強さがここで活きた。

次節は決起集会で話した日立台での試合だ。選手、保護者、指導者、全員の沸き立つ笑顔が見えるよう、全員で闘おう。

保護者の皆さん、本日も朝から素晴らしい応援をありがとうございました。
お陰様で選手たちは最高のパフォーマンスで結果を出しました。次節も応援をよろしくお願いします。
皆さんの応援が選手たちの力になっています。

審判サポートいただきました、山崎コーチ、對馬コーチ、素晴らしいレフリングをありがとうございました。
次節もよろしくお願いします。

19期生指導者の皆さん、次節もよろしく。闘いましょう‼

吉原副代表、お忙しいなか、応援に駆けつけていただき、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

谷津

●最終節10/07(日)
3-0FCアクティブ柏 会場 習志野市茜浜グランド

19期生
U-12リーグ前後期リーグ18戦無敗!!

たくましく成長する選手たち、良く頑張りした。トーナメントも成長しながら頑張りましょう。
役員さん、保護者の皆さん、
お蔭様で、素晴らしい結果となりましま。
成長たちは良い経験をしています。
ありがとうございます??

詳細は後程。

谷津
—————
10月に入り一週間が経っているのに、昨日は日本列島を襲った台風25号の影響で35度に迫る暑さとなった。
本日も暑くなる予報だ。
このところ、朝晩がだいぶ涼しく過ごしやすい日が続いていたので、選手たちの体力、体調も気になるところだ。

U-12後期リーグに入り、強豪揃いのリーグで常にチャレンジを忘れない選手たち。
後期リーグからはハードワークは従前から引き続きであるが、チーム戦術の共通理解を求め、トレーニングを積んできた。
11月からの県大会トーナメントを見据え、積み重ねたトレーニングをリーグ戦でチャレンジしてきていた。

習志野市茜浜グランドに16名の選手でU-12後期N-2リーグ最終戦に挑んだ。
以前は電車移動で向かった会場だが本節はキックオフが12時と少し遅く、保護者のご厚意で車での移動となった。
ありがたい。このような距離があり混雑が予想される会場への車移動は時として判断に苦慮するが、遠い距離を時間をかけて選手たちを快く連れて行ってくださる保護者さんには本当に頭が下がる。

最終節対戦相手は東葛大会予選で既に一戦交えている。
この時はスコアレスドローとしていた。
決定力不足が起因している。惜しいではやはり勝ちきれない。

キックオフが12時。余り試合まで間延びしてしまうと、選手の緊張の糸が切れてしまう。
集合からキックオフ、終了のホイッスルまで時間配分が勝敗を別つ。
集中が切れないよう、スイッチを入れるタイミングが肝だ。
本日は自分達の対戦前に相手の試合を観戦出来るので、改めてマークすべき選手を確認していく。
するとフォルテ選手達から、マークすべき背番号が聞こえてくる。
よほど、前回の対戦が心残りだったのだろう。
相手選手のスカウティングをタイミングで切り上げ、アップをスタート。
既にルーティーンとして定着したアップを選手自ら声をかけ行っていく。
気になる。。。
このままでは。と思い、中断し魂を入れさせる。気持ちの入れ方を考えさせる。
その後、玉際での競り合い、ファーストタッチ等を確認しアップを切り上げた。

試合前のミーティング。
前回対戦での決定力不足を修正する為、ディフェンスとオフェンスの注意点を伝え、最終戦に送り出した。

vs.FCアクティブ柏 3-0

前半は相手ボールでのキックオフ。
早速、左サイドのウラにボールを出してくる。ディフェンスの一人がこのエリアを支配させないよう、プレッシャーをかける。
しかし、プレッシャーをかいくぐり突破を仕掛けられる。が、続いたディフェンスがしっかりと奪いきる。
実に落ち着いている。GKからの具体的なコーチングも良く出来ている。先ず先ずの入り方だ。
左サイドの攻撃からCKのチャンスをえる。
セットプレーは最近になり、スタイルを変更していた。キッカーから素晴らしいボールが出てくる。
あとは合わせるだけだ。一度は弾かれるが、CBが押込み先制点。
後で聞いたが、しっかりと相手GKの位置を見て押し込んだとのこと。怖い位の落ち着きだ。
更に攻撃のチャンスを作るフォルテ選手。
MFの攻勢で一旦はCBに落とし出し処を探す。右サイドを突破するボールが出てくる。これを右サイド選手がゴール前へ。
フィニッシュは左サイドの選手がゴールへ。良い展開だ。
相手のボールが出たところでトレーニングの成果かきっちりとボールを奪いきる。
これを右サイドへ展開し、クロスにMFが相手GKと交錯しながらの追加点。
ここまでの展開が開始から飲水タイムの10分たらず。前半10分で3得点をあげた。
飲水後、直ぐに追加点のチャンスが訪れる。中盤で奪ったボールが上手く相手DFウラ抜けてフォルテFWに。
しかしこういうチャンスは力が入ってしまい、ネットを揺らせない。放ったシュートは枠を大きく外れてしまった。
こういう時にゴール隅に流し込めるようになって欲しい。

後半は少しメンバーを入れ替え望む。
後半開始から相手ボールになると全力でボールを追いかける交代した、FW。
前節で交代した後に何も言わず、ベンチで悔し涙を流していた選手。悔しい思いをぶつけるように、必死にボールを追いかける。
交わされても何度でも勢いを緩めることがない。前線でのこのプレスで相手のミスを誘い、再三のチャンスを作るが、追加点にはならない。
引いてしまっている相手にどう挑むか。
時には前ではなく、一旦は引くことも戦いかただ。
後半はベンチ全員で戦い、残り3分をきったところで、足を痛めていた先発メンバーFWと先ほどシュートを大きく外したFWをピッチへ。
追加点は奪えなかったが、最後まで走りきりチャンスを作ろうしていた。
そして終了のホイッスルを迎えた。

この瞬間、19期生、
U-12リーグ前後期リーグ18戦無敗を達成。

未知の世界へ駆け上がれ!
19期生選手たち!

保護者の皆さん、いつも選手たちを元気に送り出していただき、ありがとうございます。
19期生選手たちは春から夏、そして秋となり、更に成長しました。
これも家庭での健康管理や躾の賜物と思います。
11月からも県大会トーナメント、CTC杯、と試合が続きます。応援、サポートよろしくお願いします。
役員さん、遠征の手配、サポート等、いつもありがとうございます。
審判サポートいただいた、フォルテ審判部の皆さん、ありがとうございます。

そして、19期生指導者各位、いつもありがとうございます。このチームで戦えるのもあと半年を過ぎました。
選手達が最高のパフォーマンスを出せるよう、我々も頑張りましょう。

久々に長くなりました。
長文ご容赦ください。
関係各位の皆様。この19期生を含め、
フォルテの選手みんなに暖かいご支援をいただけますよう、よろしくお願いします。

谷津

●後期第4節09/23(日)秋分の日
2-2 藤崎SCレッド 、0-0高州ホッパーズ  会場 浦安市立高洲小学校

浦安市の近代的な小学校に19期生メンバー全員がそろう。
渋滞を考え、メンバーのほとんどは電車移動。
朝早いので眠そうな選手もいるが、込み合った電車でも辛抱強くマナーを意識して乗っている。
流石に電車移動にもなれ、逞しさも感じられる。
高州小学校のグランドは少し固めのマンションや公園に囲まれたグランドだ。
本日の公式戦2試合とも、厳しい戦いが予想される。特に第一試合の入りかたが大事だ。

ハードワークをおろそかにしないことを意識して送り出す。

vs.藤崎SCレッド 2-2 引き分け
半端なプレス、ディフェンスでは通用しない。思うようにボールが奪えず、先取点を取られる。
左からの攻撃での得点とペナルティエリア少し外からのFKが見事に決まり、引き分けとなった。

vs.高州ホッパーズ 0-0 引き分け
対戦前に相手チームをチェックしキーマンをチェック。
ボールはチームで奪うこと、奪ったボールは丁寧に繋ぎ攻撃することを意識して送り出す。
相手ボールを跳ね返すことは出来るのだが、攻守の切り替えが遅れ気味で、ボールが収まらない。
お互いにビッグチャンスに決めきれず、試合終了。

以降、主管の高州ホッパーズさんの計らいで、練習試合をしていただけた。
vs.藤崎SC 0-1 負け 20分のみ
vs.高州ホッパーズ 0-0 引き分け 20分のみ

普段、キックオフから試合に出れない選手のみでの練習試合。
良く頑張りました。

藤崎SCさん、高州ホッパーズさん、ありがとうございました。

保護者の皆さん、本日も遠い遠征となりましたが、良い経験となりました。
ありがとうございました。
応援にも駆けつけていただきまして、ありがとうございます。
野口コーチ、審判と電車移動にもお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

後期リーグも残りあと1節となりました。
お陰様でチームは間違いなく成長しています。
次節もサポートも応援もよろしくお願いいたします。

詳細は矢形コーチから。

谷津
——————
ベイサイトエリアの瀟洒な街並みに佇む浦安市立高洲小学校、U12後期リーグ第4節の闘いの舞台に17名の元気なフォルテ19期生が降り立った。

◆第1試合 対藤崎SC 2-2
相手チームは、速いプレスと速い判断でのボール回しが得意なチームである。
前半立ち上がり3分。ファーストディフェンスの後のセカンドディフェンスの対応の遅れから先制点を許してしまう。
前半6分、今度は、フォルテの中盤から左サイドへのナイスパスからの同点ゴール。
この時間帯で追いついたのは素晴らしい。
しかし前半10分、相手チームに右サイドを崩され追加点を許してしまう。
前半を1-2で折り返した後半12分、相手チームのペナルティエリア付近で絶好のフリーキックのチャンスを獲得する。
相手の壁にフォルテのチームも加わり、シュートコースを開けようと見えない駆け引きを行う。
絶妙なタイミングとコースで放たれた低いボールがゴール左サイドに決まり同点。
試合はこのまま引き分けで終了しましたが、魂で獲得した1点でした。

◆第2試合 対 高洲SC 0-0
1試合目の反省点、中途半端なチャレンジ&カバーは行わない、切った方向には絶対に相手を入れない。
試合前の1対1のアップでその点を確認し、選手達を送り出した。
前半からフォルテの持ち味であるサイドからの攻撃が見られクロスが何本も上がるがなかなか得点には至らない。
昨日何回も練習したコーナーキック時の秘策もいい感じに決まるがゴールに嫌われる。
相手チームの前線のキーマンの左右のスペースでボールを要求する動きに何度か危ないシーンがあった。
ディフェンスとキーパーのコミュニケーションがもう少し上手ければもっと楽に処理できたと思うが、これは今後の課題である。
試合終了間際、中盤のワンツーから右サイドのスペースへ綺麗なパスが通りキーパーが飛び出したところゴール左サイドに低いシュートを放つが惜しくも決まらず試合終了。

2試合とも残念ながら勝ち切るには至りませんでしたが、後期リーグ4節まで戦い8戦無敗は、胸を張るべきである。

2試合終了後、主管チームのご厚意により、20分のトレーニングマッチを2本させていただきました。
高洲SCさん、藤崎SCさんありがとうございました。
トレーニングマッチ
対藤崎SC 0-1
対高洲SC 0-0

保護者の方々、本日も早朝より選手達の送迎に応援とありがとうございました。
子供達の成長は、本当に素晴らしいものがあります。最終節に向けて更なる応援のほどよろしくお願いいたします。
また、審判に帯同いただきました野口コーチ、本日はありがとうございました。次回もサポートいただければと思います。

6年矢形

●後期第3節0916(日)
2-0 ルキナス印西レッド 、0-0VIVAIO船橋SC(G)  会場 船橋豊富高校

後期リーグも後半戦。
本日は県内でもかなりの強豪チームとの対戦。
船橋市豊富高校に14名の選手が元気に集う。

vs.ルキナス印西レッド
2-0 勝ち
大人と同じくらいの大型GK,。ゴールが小さく見える。簡単にはゴールさへてもらえなさそうだ。
最近取り組んでいる、チームでボールを奪う、シュートコースの狙い所を伝えて送り出す。
開始30秒、コースを狙ったシュートが見事に決まり、先取点。
少し緊張気味で入った選手たちがシュートを決めた選手に駆け寄り笑顔になる。
相手の切り返しに抜かれるが、サポートがカバーに入り攻めさせない。
攻防からの開始6分、更に追加点を奪い、そのまま試合終了。

vs.VIVAIO船橋SC(G)
0-0 引き分け
流石になかなか攻めさせてくれない。
DFはチームで奪うことと、体を張った守りでゴールを奪わせない。
フォルテは両サイドからのクロスが上がるが得点には結びつかない。
強固なCBからどう点を奪うか。
仲間とのコンビネーションで挑むがバイタルへの侵入は難しい。
CKからのヘディングシュート、ゴール前での抑えたシュートを放つが今日はゴールに嫌われた。

保護者の皆さん、本日も沢山の応援ありがとうございました。
對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

コーチの皆さんもお疲れ様でした。

詳細は小川コーチ、鈴木コーチから。

谷津
—————
船橋豊富高校で15人の選手で挑んだ第三節。
曇り空で気温は高くないが蒸し暑く少し動いただけで汗がでる。
●1試合目
vsルキナス印西レッド 2-0

試合開始30秒フォルテは素早いパス回しからトップの選手がシュートしキーパーの弾いたこぼれ球を他の選手が落ち着いて決めた。
それから勢いに乗ったフォルテはトップの選手がドリブルでゴール前まで行きキープしながら後ろへ落としハーフの選手が素晴らしいミドルシュートで追加点。試合開始6分で2得点!!
夏合宿では早い時間帯に2得点すると逆転されることが多かったが今日は違った。
攻められてもワンサイドカットしながら2人でボールを奪いシュートをほとんど打たせなかった。
それから追加点は奪えなかったが失点0は素晴らしい!
最近は1人ではなくチームでの守備を強化しトレーニングしているがそれを試合でチャレンジ出来たことが失点0に繋がったと思う。
前期、後期と強豪相手にも未だに負けていないのも守備力が上がった結果。
後期リーグもあと2節でさらにレベルを上げて11月からの決勝トーナメントを迎えたいと思います。

保護者の皆様、遅くまで応援ありがとうございました。
これからも遠征が続きますので車出しのご協力お願いします。對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

小川
—————
●2試合目
VIVAIO船橋
0-0

開始時間が16時40分からとあまり経験のない時間帯からの2試合目…集中力がもつか心配だったが選手達はしっかり集中している。
相手は個人技もパスワークも優れていてなかなかボールが奪えない、しかし持ち味のハードワークとテーマにしている全員ディフェンス、ワンサイドカット、チャレンジ&カバーを徹底し相手を自由にさせない。
両チームとも中盤での攻防が続く時間帯が多く、たまに来る裏を抜かれるパスもしっかりとカバーをし打たせない。
ディフェンスのコンビネーションもかなり成長しています。
後半、キーパーからのロングキックが少し大きく、相手もタッチラインに逃げる動きをしていたが諦めない心で追いつき、奪い、クロスを上げミドルシュート。
惜しくも外れはしましたがしっかりと浮かさず打てたとても良いシュートでした。
その後も集中を切らさず最後まで走りきり引き分けでしたが内容の濃い良い試合だったと思います。

對馬コーチ、主審2試合ありがとうございました。
保護者の皆様。選手サポート、車だし、選手が元気になる応援ありがとうございました。
来週も遠方の会場となりますがよろしくお願いいたします。前期、後期、未だ無敗!本当に驚かされますね。

6年 鈴木

●後期第2節0909
3-0 夏見FC A 、4-1湖北台クラブ 会場 野田市スポーツ公園

風は強いが良く晴れた野田市スポーツ公園に元気な16名の選手が集まる。
本日も2試合だ。
先週の第一節では、先制を許してしまっていた。昨日の練習ではディフェンスを意識した練習を行った。

vs.夏見FC A 3-0 勝ち
vs.湖北台クラブ 4-1 勝ち

先週とはうってかわり、初戦から練習の成果で落ち着いたディフェンスからサイド攻撃に展開し、
切り込んだ右サイドからの矢のようなシュートがネットにささり、先制。
勢いに乗ったチームは3得点で勝利しました。
2試合目は先週もチェックしていた対戦相手のマークしていた選手とのマッチアップで
ディフェンスが仕事をさせなかった頑張りにFWも頑張り、先制点を奪った。

本日は交代で出た選手も含め、チームとして戦うことを良く理解して対戦出来ていたと思います。

詳細は関谷コーチ、黒澤コーチから。

對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。
保護者の皆さん、主管開催を無事に終了出来ました。ありがとうございました。
山崎監督、激励ありがとうございます。
コーチの皆さんも朝早くからお疲れ様でした。
植竹会長、試合をご覧頂き、お褒めいただきましたこと、選手たちにも伝えます。
設営等サポート頂きまして、ありがとうございます。

次週も試合が続きます。
チームで頑張りましょう!

谷津
—————–
前期リーグの1位、2位通過しかいない後期リーグ。野田スポーツ公園に元気な16名の選手が集まって挑んだ第2節。
アップでは1対2で2人で協力しながらボールを奪うディフェンスの基本的な戦術であるワンサイドカットのトレーニングをした。
それを試合でチャレンジできるか??

1試合目
VS 夏見 3-0 勝ち
風が強くなり前半は風上でキックオフ。
前半5分ディフェンスから中盤へと2タッチやダイレクトと見事にパスを繋ぎフリーになった右サイドの選手にボールがいきドリブルから強烈なシュートで左ゴールネットを揺らした。
相手の攻撃にはキーパーやディフェンスからワンサイドカットの声を掛け後方の選手が相手のドリブルやパスを予測してボールを奪うことができた。
奪ったボールを確実に繋ぎ追加点を奪い3-0で試合終了。
トレーニングしたことをすぐ試合でためせたことが失点0につながった試合でした。
これからも格上のチームと試合をしていく中で個人でボールを奪うことは難しいので2人以上でボールを奪う戦術のトレーニングをいていきたい。
試合に勝つにはしっかり守って相手よりゴールを奪うこと。
当たり前のことですがこの目的を持ってプレーすことが大切である。
その為には普段の練習からトラップひとつでもゴールに向かうトラップをすることを意識させていきたい。

朝早くから植竹会長、コーチの皆様主管準備お疲れ様でした。
對馬コーチ主審を2試合していただきありがとうございました。
山崎助監督、応援や審判指導をいていただきありがとうございました。
役員さん、保護者の皆様、準備や応援ありがとうございます。
これから遠征が続きますのでよろしくお願いします。

2試合目は黒澤コーチより

小川
——————
2試合目
VS湖北台クラブ4ー1
本日の2試合。
前試合の快勝を一度忘れて気を引き締めて試合に挑みます。
試合前のミーティングでは相手のキープレイヤーを自由にさせず、ワンサイドカットとチャレンジ&カバーの徹底が伝えられました。
前半は一進一退の好ゲーム。
フォルテもチャンスはあったが決められず、ピンチの時間はディフェンスが身体を張って守ります。
後半は風上になり反撃開始。
立ち上がりに、右サイドからのセンタリングを中央で合わせ先制点。
そこから、センタリング気味のボールが立て続けに2点入り追加点。
更には、ディフェンスがサイドをえぐり、中央からのミドルシュートで4点目。
最後に相手の個人突破から1失点をしましたが、今日は相手を追い込む方向を限定したチームディフェンスの勝利かと思います。
今後もチーム内の声かけ、後ろからの指示などを全員で行い、県内の強豪チームに勝てる力をつけていきましょう。

本日も熱い中、ご協力いただきました保護者、監督、コーチ、関係者ありがとうございます。
このチームは、まだまだ強くなりますので、今後も暖かいご支援宜しくお願いします。

6年黒沢

●後期第1節0902
1-1 布佐SC、2-2トリプレッタ 会場 我孫子市立布佐南小学校

本日からスタートした後期リーグ。

我孫子市布佐南小学校に17名全員でのぞんだ。
この週末は夏の盛りの暑さがどこかへ行き、今朝は寒気を感じるほどだ。
時折、雨が降るなかでの試合となった。

vs.布佐SC 1-1
vs.トリプレッタ 2-2

両試合とも、先制されおいつかなければならない展開となった。
このリーグ、ハードワークをおろそかにすると苦しい展開となってしまう。
トラップ、パス、とてもレベルの高いチーム、選手が多い。
この中でも落ち着いてボールを扱えるようになってほしい。

詳細は関谷コーチ、鈴木コーチから。

保護者の皆さん、本日もサポートと応援とありがとうございました。
野口コーチ、審判サポートありがとうございました。

次週も試合が続きます。
よろしくお願いします。

谷津
——————–
●第1試合
vs.布佐SC 1-1 △

いよいよ後期リーグがスタート。小雨が降る中、初戦を迎えた。
布佐SCとは3年生の時に豆っ子リーグ以来の対戦(1-1△)。先制点は布佐SC。
前半中盤に相手DFのスルーパスから左MFが持ち込みFWとワンツー。
フォルテDFのマークチェックが外れた隙に中央に出たボールをダイレクトでゴール。

同点ゴールは後半。MFエリアで混戦していたところ右MFがボールを奪い右サイドを切り込む。
相手DFと競り合いながらセンターリングをFWがダイレクトで合わせてゴール。
両者決定打の場面もありながらもそのまま引き分けた。
布佐DFの前向きな声掛けやMFなでしこの献身的なサポートプレーが印象的だった。

9月~10月7日までは予選リーグ1位・2位の強豪チームと9試合あります。
残り7試合を県大会本選につなげられるように気持ちを高めていこう。
監督・コーチ、審判サポートお疲れさまでした。
保護者の皆さん、車出しに応援ありがとうございました。

第2戦トリプレッタ戦に続く

6年 関谷
—————–
●第2試合
vs.トリプレッタ 2-2△

2試合目は雨も上がりプレーしやすい環境になりました。
相手は個人技、キープ力、声かけと少し格上、サイドを大きく揺さぶりマークが外れた所に縦へのスルーパスが目立ちました。
前半10分、何度も仕掛けてくる裏への攻撃に崩され失点。
攻撃パターンはわかってきていたが対応の仕方、カバーリングなど具体的な動きを学んでいきましょう。
先制されてから3分後セットプレーのチャンス、直接狙いこぼれ球を押し込み同点。しっかり二人もつめていた結果です。
その後も持ち味のハードワークやDFの声の掛け合いもよくできていたが攻撃に変わった時に攻撃陣の声がもう少しほしい感じがします。
何処に欲しいのかなどを要求することが大切。
パスが通らなかったとしても選手間で「今のはこうだよ」「今度はこうしよう」など沢山会話をしてみましょう。
19分には相手のコーナー、外れはしたが誰も触れず打たせてしまう。必ず体を寄せて競り合いをする。
キーパーからのキックも同じで「絶対マイボールにする」って気持ちでしっかり競ろう。

後半、相手は4人交代。少し守りにくくなり苦しい時間が続き5分、コーナーから1度は防いだがサイドに流れたボールをダイレクトで打たれキーパーの頭を越える技ありシュートで2-1。
しっかり寄せる大切さ、フリーにさせてしまう怖さがわかったと思います。
14分、前半から続くサイドの揺さぶりからのスルーパス、何度も防ぎ反撃し得たPK。
これをしっかりと決め同点、最後まで走りきり試合終了。

格上との戦いでしたが結果は2試合とも引き分け、追いかける試合になりましたが充分戦えるレベルに成長しています。
しかし戦えるだけではなく勝ちにいけるよに「考えてプレーする」をチャレンジしていきましょう。
パスをもらう前、パスをもらった後何をするか。
パスを出す前、出した後何処に動くのか、などイメージすることが大切だと思います。

野口コーチ、朝早く雨の中での審判ありがとうございました。また保護者、役員の皆様も応援、選手サポートとありがとうございました。

6年 鈴木

####################################################
(以下、前期)

1stリーグ星取表0527
(リーグ速報)
フォルテ野田 県大会出場決定
①レイソルTOR 勝点25
8勝0敗1分 66得点1失点(65)
②フォルテ野田 勝点21
6勝0敗3分 20得点2失点(18)
③北習志野FC 勝点17
5勝2敗2分 18得点9失点(9)
上位2位が11月から始まる県大会に出場します。引き続き、コーチングと応援をよろしくお願いします。
6年 関谷

●第5節0603
0-0 高根東、4-1市川北 会場 船橋市立習志野台第一小学校

今大会2回目の電車移動で、最終節2試合を戦いました。
①高根東 0-0引き分け
②市川北 4-1勝ち
リーグ戦を終了し、6勝3分の勝ち点21で2位通過となりました。

①スピードとフィジカルに優れる相手チームとの一進一退の好ゲーム。
互いにチャンスを生かしきれず。スコアレスドローで終わりました。

②開始前に2位通過が決定したので、最終戦は参加メンバー全員で試合に臨みました。
フォルテペースで試合が進み、トップの強烈なミドルで先制。追加点は左サイドからのクロスがOGを誘い、2-0で後半へ。
ゴール前の混戦から押し込まれ失点しましたが、直後に相手OGとGKのキックミスで2点追加でき、4-1で勝利しました。

リーグ戦9試合を2失点で終えたこと。戦術の理解力が高まったこと。この2点が評価できます。
得点力アップをはじめ、課題も多くあります。また、次に向けて頑張りましょう。

本日も暑い中、審判サポート、保護者の皆様の応援、ありがとうございました。

槇山

●第4節0527
1-0 常盤平少年サッカークラブ 会場 レイソルTORグランド

市内の小学校運動会が順延となり一週間延びた第四節。
レイソルTORグランドに15名の選手が集まる。

本日は一試合のみ。
以前にも対戦したことのある相手。
悔しい思いをしていた相手。
今度こそはと思い、望みました。

vs.常盤平 1-0 勝利

お互いにビッグチャンスを作りながらも、
後半終了間際まで、スコアレス。
DFからの縦パスを決めきり勝利。
見応えのある試合でした。

本日も車だし、熱い応援と、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、對馬コーチ、ありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチより。
矢形ヘッドコーチ、よろしく頼みます.

谷津
——————–
会場:レイソルTOAグランド
対戦チーム:常盤平少年サッカークラブ 1-0
キックオフ:13時
全日本U-12 サッカー選手権大会千葉県大会と関東大会千葉県予選への進出をかけた
U-12サッカーリーグ in 千葉 N4リーグも今回で第4節を迎えた。
暫定2位のフォルテ選手達は、秘めたる闘志と緊張を抱きながら、10時に会場に到着した。
本日の対戦相手である常盤平少年SCとレイソルTOA戦を観るためである。
キープレーヤーは何番の選手か、自分ならどう闘うか、どこにチャンスがあるか、選手それぞれの視点で観察していたと思います。
ウォーミングアップと戦術の確認の後、闘いのピッチに向かいました。

13時ちょうどのキックオフ。
序盤から相手チームに攻め込まれます。くさびのパスからの落とし、スペースへのボール出しからのコンビネーションプレー。
技術は相手のほうが勝るなか、懸命にゴールを守ります。粘り強い守備の結果、前半を0-0で折り返しました。

後半も相手の技術に翻弄され、セットプレーからも決定的ピンチを迎えますが、今日のフォルテはゴールを破らせません。
両者譲らない後半18分。中盤で相手からボールを奪ったセンターバックが前線へ送ったボールが見事にフォワードに渡り、
相手のディフェンスの隙をついてのシュート。ボールがゴールの左隅に突き刺さりました。
その後、相手の波状攻撃を守り抜き、試合終了のホイッスル。
死闘が続く40分の中で、一瞬のチャンスを見事に物にした15名のフォルテ選手達は、素晴らしい。
最後まで諦めなかった全員の気持ちが勝利を呼び込んだと思います。

激闘の後、レイソルTOAさんから有り難い練習試合のお誘い。
0-6で試合にこそ破れましたが選手一人一人がそれぞれの課題を再認識できたと思います。

いよいよ来週は、次のステージへの切符をかけた最終節。決して悔いが残らぬよう全員が全ての力を出し切って闘って欲しい。
保護者の皆さま、今日も選手達への元気が出る応援と送迎本当にありがとうござました。
来週も全力で挑む選手達は、あたたかく元気な応援に間違いなく勇気づけられます。
對馬コーチ審判でサポートいただきありがとうございました。次の機会もお願いできればと思います。

6年矢形

●第3節0506
10-0我孫子翼SC、2-1木刈FC 会場 野田市スポーツ公園

初夏を超える暑さのゴールデンウィーク最終日の野田市スポーツ公園に15名の選手が集まる。
昨日の練習から本日の試合を意識した練習を行う。
本日でU-12リーグ前期折り返し。

第一試合
vs.我孫子翼SC 10-0 勝利

第二試合
vs.木刈FC 2-1 勝利

特に第二試合は一点を争う試合となった。
ゴールバーに嫌われたシュートがあったが、入らなければ同じ。
チャンスにゴールを奪えなければならない。
しかし、コーナーキックから得点を奪うことが出来た。
次節も厳しい闘いとなるだろう。
着実に成長していこう。

役員さん、本日も主管として無事に開催することができました。ありがとうございました。
お手伝いいただきました、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、小西監督、野口コーチ、
激励にお越しいただきました、山崎監督、飯塚監督、ありがとうございました。

詳細は黒澤コーチより。

谷津
———————–
第一試合はVS我孫子翼。力の劣る相手に勝ちきりたい試合。
序盤は中々ゴールが決まらないが、FWがゴール前で押し込んで先制。
1点をとってからはフォルテペースで試合が進み、サイド攻撃、ミドルシュートなどで10-0の大勝。
前線からハイプレスをかけて常に諦めなかったこと、メンバーを入れ換えても全員で勝ちきれた点で価値のある勝利であった。
この年代は、どの選手が出ても勝ちきれるチーム力がついてきたのを証明した一戦であった。
欲を言えば、落ち着いてパスを回せばもっと楽に試合を運べるので、普段の練習から周囲をみたり、
トラップをどこに止めるかを考えて更なるレベルアップを目指して欲しい。

第2試合はVS木刈FC。互角と思われる相手だが勝ち点を積み上げたい試合。
この試合も、前線からハイプレスをかけ相手ゴールを目指す。
ややフォルテペースで試合が進むと、コーナーからのヘディングシュートが決まり先制。
土曜の練習がすぐに試合で結果に繋がる頼もしい選手達です。
こぼれ球から追加点を取った後、終了間際の失点は余計でしたが、最後まで諦めないチーム一丸での勝利でした。

本日も朝早くから会場設営の手伝いや、熱い声援をしていただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

黒澤

●第2節0429
1-0向山FC、2-0北習志野FC 会場 茜浜近隣公園サッカー場

①向山FC 1-0勝ち
②北習志野FC 2-0勝ち
共に技術やスピードのある選手を有する好チームでした。
トップの選手の頑張りと突破からの得点、コーナーからの待望のヘッド。ナイスゲームでした。
習志野茜浜での試合でしたが、今日の応援も先週以上でした。
帰りは選手、コーチ全員、保護者の車に分乗して帰ります。
詳細は鈴木コーチからです。

槇山
————————–
連休が始まり車移動での混雑を避けるため電車での移動。
浮かれ気分にならないか心配だったが、さすが高学年。マナーを守りすみやかに移動できました。
会場まで徒歩で約20分、良いアップにもなりました。

第一試合
向山FC 1-0

ベンチには監督、コーチは3人のみの為、試合前のテーマ、指示はわかりませんでしたがリーグ内はどのチームも高レベル…
個人技もあり一筋縄ではいかない。
前後半共にボールが足元につかず意図のないパスやただ蹴ってしまうプレーも見えました。
若干フォルテペースでゲームができていましたが決定打が出ず歯痒い時間帯が続きました。
後半に入りトップの選手の粘り勝ちで先制!最後までボールを追いかけた結果だと思いました。
応援席から感じた事はやはり、ゴールキックからの空中戦、競り合い、
その次のセカンドボールの寄せの速さを意識しいかにマイボールにするか、
とられてしまったとしても相手の攻撃を遅らせる、パスコースを塞ぐ、
次から次へとやる事が沢山ありますが瞬時に判断する力が大切ですね。

第二試合
北習志野FC 2-0

一試合目終了後に試合をしていたチーム。
観察を兼ねて観戦させてみましたがクローバーが気になり四つ葉を探しちゃう選手、草相撲しちゃう選手、
もう少しサッカーに集中しましょう(笑)
相手は見ている感じだとやはり個人技はある。
しかしセンターバックの裏がかなり空いていたためトップの選手にはそれを伝え狙うように指示をした。
前半、前日の練習の成果が証明された。
何本も何本もセットプレーを練習をし、試合中も幾度となくチャンスがあり期待が高まる中、
見事ヘディングシュートを決め先制!自信を持ってほしい!この点でチームの士気が高まり、
トップの選手が背面からくるボールを上手く合わせ2点目。
後半、チームの士気が下がる事なく全員がキッチリ仕事をし、顔が真っ赤になるまで走り続け見事勝利!
2節を終えて無敗無失点、素晴らしい!これからもっと暑くなってきます。
最後まで走りきれたチームが勝利に近づけると思います。
頑張ってる選手に言うのは失礼かもしれませんが次節も頑張って走りきろう!!

早朝より帯同していただきました野口コーチ、ありがとうございました。
また保護者の皆様も朝早くからのお弁当、熱い応援、帰りの送迎とありがとうございました。
次節も一丸となり戦いましょう!

鈴木

●第1節0422
0-0舞浜FCファルコンズ、0-0柏レイソルTOR 会場 我孫子市立並木小学校

6年U12リーグが開幕しました、今日はグループの中でも前評判の高いチームとの対戦になりました。

①舞浜FCファルコンズ0-0引き分け
足元の技術のしっかりしたチームとの印象でしたが、フォルテのハイプレスで終始フォルテベースでしたが、
フィニッシュの精度に欠き、引き分けてしまいました。

②柏レイソルTOR 0-0引き分け
個人スキル、戦術ともに格上のチームですが、守備戦術の共通理解を図り、押し込まれながらも集中した守備で守りきりました。
カウンターからの惜しい場面も作れました。
真夏に近い暑さでしたが、運動量が落ちることもなく、立派なゲームができました。
野口コーチには主審2試合を担当していただき、ありがとうございました。
今日も保護者の応援はすごかったです。選手の励みになりました。
このあとも試合が続きますが、サポートよろしくお願いします。
本日はお疲れ様でした。

槇山