6年交流試合

会場 古河市サッカー場 .

小川コーチのご紹介でFC古河のTRMに参加。公式戦を控えたこの時期に参加出来たことは有難い。
四連休最終日に17名の選手が集まる。
会場は素晴らしい人工芝の古河市サッカー場。

イーレクス古河 0-1
FC古河 1-0
杉戸ゼウシス 5-3
FC古河 2-0

チームとして現在の課題にチャレンジ出来ただろうか?
諦めずにチャレンジすることを忘れないでほしい。

詳細は飯塚コーチより。

FC古河の皆さん、対戦いただいたチームの皆さん、良い経験が出来ました。
ありがとうございました。
保護者の皆さん、車出し、応援とありがとうございました。次回も宜しくお願い致します。

小川コーチ、色々と調整いただきましてありがとうございました。

谷津
———————-
U-12トーナメントに向けて最後の調整になりました。
今回は勝つ事より、どんな形でゴールに繋げるか、内容に拘りながら試合に挑みました。
選手達には立ち位置に拘り、スタートは勿論の事、GK再開からの立ち位置、スローインの立場、相手GKから開始の立ち位置等を重要視しました。
最近の試合では、スタートでは出来ていても、途中から自分の居場所が解らない選手が多く、ボールを前進する事が出来なかったからです。
自分の立ち位置を理解すればスペースの確保と奪われても直ぐにカバーが出来ることです。
あとは攻める時は開き、守る時は絞るを反復しながら戦えれば良い形で試合を進める事が出来ます。
今回は選手一人ひとりが立ち位置を意識しながら試合を進めました。
パスの強さはまだまだ課題ですが、良い形での攻めかたが出来たと思います。
それと最近の練習では夜練も含め、パスコースを切りながら2列目で奪う事を何度もしました。
今回はそれが試合で出来た事が凄く良かったです。
また、GKのファインセーブも連発しました。
GKの正規は誰なのか?お互いにライバルとして活躍出来ればチームとしてもレベルアップすると思います。
今回は連休の中、応援サポートしてくれた保護者の方、1日お疲れ様でした。
小川コーチ、試合の機会を与えてくれて有り難うございました。

6年コーチ 飯塚

【9/27,10/4】6年ホワイトU12トーナメント

.
N-10 全少千葉県予選大会出場チーム決定トーナメント表(Nリーグ )

●9月27日
<会場>船橋市立高根東小学校
<時間>
9時30~ 南市川JFC A
勝つと一試合空けて
11時30~ 鷺沼FC レッド
の2試合になります。
負けると1試合で終わりになります

●10月4日野田スポーツ公園
●10月11日並木小 予備日

【10/4,18】6年オレンジU12トーナメント

                                    .
N-08 全少千葉県予選大会出場チーム決定トーナメント表(Nリーグ)

初戦
・日時 10/4(日)
・会場 上本郷小学校(松戸市)
・第1試合(9:00頃~)vs FC鬼高 (1ブロック)※1試合のみ

・駐車場は使用禁止なので付近の駐車場を利用します(チームとして5台想定)
・終了予定時間 12:30頃市役所到着予定

準決勝・決勝
・日時 10/18(日) 現地7:00集合
・野田市スポーツ公園上流A
・第一試合(準決勝)フォルテ試合結果による 9:00~
・第二試合(決勝)フォルテ試合結果による 11:30~
・軽食持参
※主管担当します
会場には4チームが来場します
【10・18会場案内】N-08全少千葉県予選大会出場チーム決定トーナメント(フォルテ追記)①

6,5年交流試合 September Cup

会場 野田市スポーツ公園上流A .

5,6年生交流試合
September Cup
本日は比較的涼しい。
スポーツ公園2面を使用し6チームで予選リーグ、順位戦を行った。

予選リーグ
Aグループ
①福田 1-4 エンデバー
②ホワイト 1-2エンデバー
③ホワイト 3-0福田

Bグループ
①オレンジ 3-1 流山東部
②オレンジ 2-2 清水台
③流山東部 0-3 清水台

順位戦
⑦福田 0-5 流山東部
⑧オレンジ 10-0 ホワイト
⑨清水台 3-3 エンデバー
PK 3-2

試合は勝ったり負けたりするのが良い。

オレンジは失点の仕方がまずかった。試合中、何度か来る波に乗れた時は良かった。

ホワイトは個人一人ひとりが闘う姿勢がみられたところは評価。但し、最終試合の7人はいただけなかった。

詳細は各監督から

朝早くからの保護者に感謝。
会長、関谷・對馬・野口コーチ 応援有り難うございました。
*****吉原*****
———————
9/13(日)野田市スポーツ公園上流A
フォルテオレンジ
TRM(福田SCさんと共催)
晴れ 気温31℃

U12リーグの変更に伴い市内チームを中心に6チーム参加のTRMを開催しました

予選Bコート
vs流山東部FC
3-1勝ち

スポーツ公園開催のTRMも4回目そろそろホームの感覚で進めてほしいが今日もパスの強度がずれる
せっかくのアイデアもパスが合わず何かぎこちない
ここ何回も「修正」の言葉を使っているがまだまだ対応が甘い
何とか勝利できたが選手は納得いっていない

vs清水台FC
2-2引き分け
2戦目も試行錯誤が続く
やりたい事の伝え方がまずく中々スムーズいかない
キープできても自分たちのペースではない事は理解している
交代選手の活躍で追いついたものの修正へ向かう為の厳しい状態は続いている。

順位戦(2位リーグ)
10-0 勝ち
現在の課題は何なのか?得点できればOKなのか?
まだまだ理解が足りていない
結構厳しい話をしています
練習が必要です

昼休みを利用して全参加チーム指導者同士のゲームを行いました
参加者の皆さん本当にサッカーが好きなんだと感じられる
プレーでした。楽しい時間をありがとうございました。

保護者の皆様
もうすぐU12トーナメントが始まります
少ない時間ですが全力で向かっていけるよう
準備を進めていこうと考えています
引き続きご協力のほどよろしくお願いします

参加チーム各位
本日はご参加頂きありがとうございました
コロナ禍で大会が少なくなり大変な状況が続いておりますが
可能な限り子供達に試合ができる環境を作っていきたいと思います
またお誘いしますので是非ご参加のほどよろしくお願いします
大人ゲームもよろしくお願います(笑)

6年 中村

【中止】草加市サッカーフェスティバル2021

                                      .
2021_第32回草加市サッカーフェスティバル中止のご案内

例年、1月に開催しております草加市サッカーフェスティバルの御案内を9月にはじめています。

しかし、非常に残念ですが、新型コロナウイルス感染防止策の徹底が難しい事から、第32回大会を中止とさせていただきます。

次年度(22.01)こそは、コロナが収束して子供達と沢山の試合ができる事を祈っております。

例年ご参加頂いている皆様には、申し訳ありませんが、御理解を宜しくお願い致します。

草加市サッカー協会 第四種委員会
草加市サッカーフェスティバル2020大会事務局
赤羽 活利

6年、5年交流試合

                         .
5,6年生交流試合
8月も最終日曜日を迎えた。
昨日に引き続き本日も猛暑で非常に暑い。
WBGTは30度、やや風もあるも条件は厳しかった。

高洲ホッパーズ、FC浦安ブルーウイングスを招いていてU-12の前哨戦。

40分ゲーム
①オレンジ 4-1 高洲ホ
②ホワイト 2-3 浦安ブ
③高洲 5-0 浦安
④高洲 0-4 ホワイト
⑤オレンジ 6-0 浦安

暑いなかどのチームも頑張りました。
暑さのあまり、テーマを忘れてませんか?。

点差よりも、納得して試合が出来たかが重要だと思います。

詳細は飯塚、篠田監督から。
相手チーム、朝早くからお手伝い頂いた保護者に感謝致します。

*****吉原*****
———————–
【6年】
8/30(日)猛暑の中、スポーツ公園にて練習試合が行われた。
U-12リーグ中止から、トーナメント方式となった今年の6年生、今回のTMでは、本番さながら負けたら終わりという状況で挑んで欲しいと話しました。

(オレンジ)
高州SCホッパーズ (1-0,3-1)4-1
ここ最近、攻撃のバリエーションが少ないと課題となってるオレンジ、今回も良いかたちで相手を崩す事が出来ない。
それでも守備への意識が高いので安定はしている。
その分攻撃の時間帯もある中、ゴールへの意識が低い。
普段からシュートで終わるのではなく、ゴールで終わる事をテーマにしている。
ゴール前でのシュートも、当てればゴールという状況でも大きく振り切って外す場面がある。
左足で蹴ればゴールの可能性もあるのに、利き脚で蹴ろうとしている。
ゴール前でこそ、焦らず良い判断でゴールを狙って欲しい。
常に顔を上げ、回りを見る事を意識したい。

(オレンジ)
FC浦安ブルーウイングス(2-0,4-0)6-0
この試合も良い形での得点が出来ない。中盤のサイドでの縦への意識が高く単調しすぎる。
2本のミドルシュートは凄く良かった二人ともキッカーには自信がある選手だ。
最後まで無失点で抑えたことは評価に値する。
どうしたら良い形でゴールに繋げるか、良い内容での試合を期待したい。

応援サポート本当に有り難うございました。
まだまだ暑さは続きますが、今後とも御協力お願いします。

6年コーチ 飯塚
———————
【5年】
朝から厳しい暑さのなか交流戦を行いました。
この猛暑での試合でホワイトの選手たちは戦う気持ちが出せるのか試合前のアップを見ていた。

対浦安戦 2-3
先取点を取られるもののキーパーからのパントキックをつないで2点を取ることができた。

対高洲戦 0-4
2バックの2人は2対2の局面では対応出来ていたがサイドのフリーな相手に対して他の選手がカバーに行けず失点を重ねてしまった。
試合後にもっと声を出すこと、オフザボールの時にも回りを見て自分はどう動いたらいいのか?何をしたらいいのか?考えることを伝えた。

何よりもどんな相手に対しても戦う姿勢、勝ちたいと思う気持ちを出してほしい。

暑いなか保護者の方々、朝早くからご協力有り難う御座いました。

篠田

6年交流試合

.
8/22(土)晴れ時々曇り 気温35℃
野田市スポーツ公園上流A

TRM vs境トリニタスJr.FC

茨城県の境トリニタスJr U12さんとの練習試合
連日の酷暑から少しだけ風が吹いてほっとできる時間もあるが
まだまだ残暑が厳しい。。。土曜日開催なので11:30集合
保護者の皆さんのご協力もあり会場準備はスムーズに行う事ができました

5年トレセン参加の3名と6年1名が欠席したが全員で21名
時間までに元気に集合してくれました

15分1本をトリニタスJrさんvsフォルテホワイト、フォルテオレンジを交互に行いました

ホワイト…中盤からワイドに使ってくる相手に後手後手の展開
判断とプレーのスピードを上げないと厳しい。。。
試合数をこなすにつれて少しずつ修正しようとするところは見えてきたが
開始から積極性がないと練習試合なのにもったいない
次回は最初から試してほしい

オレンジ…ケガ1名を除いて全員が出場
フォルテが攻撃の流れを掴んでいるとこでミスが多い
守備の際に3人目の動きが遅れてズレがみられる
中盤の守備はしつこくトライ出来ていました
狙っているプレーに工夫しながら挑戦しているが、 もっと要求して欲しい。
試合中に遠慮はいりません

間もなく始まるU12大会はコロナの影響もあり、運営方法が変更になる可能性があります

決まっていない状態で準備はなかなか難しい所もありますが、ベストを尽くしていけるようがんばりしましょう

境トリニタスJrさん
TRMありがとうございました
フォルテ2チームに対し連続で対戦頂き選手達の体力に驚きました。
また是非対戦頂きたいと思います

保護者の皆様
本日も暑い中会場準備ありがとうございました
指導者少ない中多くの皆様にご協力頂き滞りなく行う事ができました
ありがとうございました

来週はU12を想定した最後のTRMです

準備から試合まで本番同様に行います
29日土曜日の練習時から会場準備行いますので、すいませんがご協力の程よろしくお願いします

6年 中村

6年交流試合

.
先週に引き続き、来月からの大会に向けてのTRM。
朝8時前だというのに、熱い日差しが容赦ない。
集合からアップ、試合開始迄にそれほど時間がない。
私自身も反省しなければならないが、本日の試合内容はここから始まってしまっていたように思う。
集合から試合開始まで、やらなければならないことは、ほぼ決まっている。
相手チームは出来ていた。
準備も試合も自分たちの、切り替えが 大事だ。
0-2
0-2
0-1
すみません、以降はメモしておりません。

15分を何本か行わせていただきました。
相手チームは6年生だけて33名というチーム。ホワイトはBチーム、Cチームとの対戦となった。
先週の三試合目で感じた気持ちにモチベーションを上げきれない。
相手の攻めが続き、守りが多く、攻めに転じてもシュートで終われない。
狙いをもった攻撃にしたいのだが、相手のスピード、テクニックが確実に上だ。
少しのミスや判断の遅れから簡単に相手ボールになってしまう。
こんなときは回りのサポートが重要だが、上手く繋がらず、相手に捕まってしまう。
本日はゴールが遠かった。
サポートの声、動きもまだまだ足りないと感じるが、ボールを止める蹴る等の基本的なことも疎かにしてはまずい。

お盆明けはまたTRMがある。
暑い日が続きそうだが、
万全の準備をして望もう。

保護者の皆さん、暑い中ありがとうございました。
次節のTRMはスポーツ公園になります。
グランド設営など、またご協力をお願いすることになると思います。
どうぞ、宜しくお願いします。

谷津
——————–
8/9(日)晴れ 気温34°
柏の葉運動公園サッカー場

TRM
vs柏エフォートFC(A)

夏本番の柏の葉運動公園
厳しい暑さの中、U12リーグに向けた
練習試合が行われました
対戦頂けたのは昨年のU11リーグで同じ組で対戦した
柏エフォートFC
個人技とアイデアに秀でた好チーム
楽しむサッカーを全面に表現するプレーにとても良い経験をさせて頂きました

自分の目指すプレーとその準備、失敗を次に活かすプレーは
フォルテの選手にもとても刺激になったと思います

セオリーは大事、でも君が閃いたアイデアは?

選手はちょっとずつですが面白いプレーにもチャレンジしてくれました

自粛から再開にあたり個のアイデアにも話す機会を増やしています
体力を戻す事も大事ですがここも引き続きチャレンジしていきたいと思います

9月にはU12リーグがスタートします
残された時間は少ないですが
楽しく全力でプレー出来るようがんばっていきましょう

保護者の皆さん
早朝からご協力ありがとうございます
TRMが続きます
引き続きサポートをよろしくお願いします

6年中村

6年、5年交流試合

                                     .
5,6年生交流試合
気象庁は8月1日、平年と比べ11日遅く梅雨明を発表。
本日のスポーツ公園、やや風があるも32,3度の夏日の兆し。熱中症に注意しながら、初石少年、武里SCを迎え試合を消化した。

フォルテW 0-6 武里
フォルテO 0-0 初石
フォルテO 5-0 フォルテW
初石 0-1 武里
フォルテO 2-0 武里
フォルテW 2-2 初石

暑いなか頑張りました。
Wは中盤が機能せず、ボールの良い奪い方に課題。

Oは縦に急ぎすぎ!相手を崩し切れない。

今日の経験、U-12リーグに生かせれば最高。

暑いなか、相手チーム、保護者に感謝。

先ずは報告まで、
詳細はW:佐藤、谷津  O:飯塚、中村
*****吉原*****
———————-
8月2日スポーツ公園にて4チームによる練習試合が行われた。
真夏日の中、本大会に向けての大事な試合でした。

1試合目 (オレンジ)
vs 初石少年 (0-0,0-0)0-0
スペースを上手く使う初石少年に対し、縦に急ぎ過ぎてしまうフォルテ、中々自分達のサッカーが作れない。
ボールを奪うも攻撃に繋げられない、パスも弱く味方に届かない、殆どのボールを拾われる展開、それでも必死に体を張って何とか無失点で後半へ繋げた。
後半も初石少年のスペースへのパスが上手い。
選手が連動して自分達でスペースを作りそこに走り込む。
一方フォルテは縦へのこだわりなのか、トップへ預けようと、パスをするが、相手のSDFにことごとくボールを奪われる。
攻撃のバリエーションが少ない。唯一のサイドバックからのオーバーラップも中盤との距離感と連動性が無く試合終了。
ポゼッション率は圧倒的に初石少年が上回る、この短い期間でここまで仕上げてくる初石さんに正直驚かされました。

2試合目 (オレンジ)
vs ホワイト (2-0,3-0)5-0
1試合目とはあきらかに違うホワイト、ポジション変更が功を奏すうしたのか動きが良い。立ち上がりパス回しが上手く連動している。
オレンジもそれにつられ追い回されている、序盤は互いに攻防戦が続く。少しずつだが両サイドからのオーバーラップの意識が高まる。
それでも、ゴールへの意識が低いのか決定力が無い。それでもオレンジの意地なのか個人技のドリブルでの得点が入る。
前半を2点差で迎える。
後半は右サイドからのクロスで得点すると、カウンターからのドリブル突破で追加点、更に右サイドから真ん中を経由して左サイドにいたトップの選手が見事なシュートで得点を重ねた。
試合は勝ったものの、個人技に頼ったゲーム内容だった。

3試合目 (オレンジ)
vs 武里SC (1-0,1-0)2-0
最後は良いかたちで勝利したいオレンジ、武里SCは高さとスピードを生かしたチーム、何度もサイドから足の速い選手に振り切られる場面がある。SDFもカバーに行くが武里さんのスピードは更にその上を行く。それでも失点を許さないDF陣とGK、鉄壁の守備は相当な武器だ。
その後押しなのか、攻撃陣もようやく良いかたちで得点を取る。
真ん中の選手から左サイドへ展開、左サイドから縦への突破でクロスを上げ、トップの選手が見事にゴールをする先制点だ。
後半も攻撃陣の流れは良い、開始2分に右サイドから真ん中の選手を経由して、左サイドの選手が中へ切り込み強烈なミドルシュートで追加点を上げた。
最後の最後に良い内容で試合を終えたオレンジ、本当なら1試合目から出来たら良かったのかも知れない。
サイドからサイドへの展開、時には中央からの攻撃、その判断を選手達が理解して連動性が上手く行けば、自ずとバリエーションが増え攻撃に更に厚みが掛かると思います。
来週は柏エフォートとのTMです。
県大会では負け越してるチーム、本大会さながらの良い体験になると思います。
ホワイトも最後は良いかたちで終えたので、2チームとも決勝トーナメントに行けるよう一丸となって本大会へ準備して行きましょう。

本日は朝早くからコート作り、応援サポートしてくれた保護者の方々、お疲れ様でした。
わざわざ遠征に来てくれた初石少年SCさん、武里SCさん、力を貸してくれて有り難うございました。

6年コーチ 飯塚
——————–
梅雨明けを迎え、夏本番となった野田市スポーツ公園にて交流試合が行われた。

W(ホワイト)チームは初戦から、集中力が乏しい。
試合後のミーティングで修正点を確認し、ポジション変更を試みた。
2試合目は失点を重ねたものの、
選手達自らが何かを掴みかけてきた。

昼食を挟んでの三試合目。
暑さもあり、状態の良い選手から送り出す。
明らかに毎試合に良くなって来ている選手たち。体をぶつけあい、体格差等に怯えず、珠際で奪い合う。
頑張るプレーに自然とチームから声が生まれ、ベンチでさっきまでおとなしかった控え選手まで、自分が出たいとうるさいくらいだ。
何よりも、先制されながらも諦めずに同点に追い付いたことが良かった。
もっと学ぶべきことは沢山あるだろう。
しかし、今日の三試合目での選手自らが感じたことを忘れないでほしい。

来週も有難いことに試合が出来る。
また選手達の大きな声が聞けるように期待したい。

対戦いただいたチームの皆さん、大変な時期にご参加いただき、ありがとうございました。
保護者の皆さん、大変に暑いなか、サポートいただきましてありがとうございます。
参加いただきましたコーチ、関係者の皆さん、朝早くからありがとうございました。

フォルテW 0-6 武里
フォルテO 5-0 フォルテW
フォルテW 2-2 初石

谷津
———————-
梅雨明けを迎え、夏本番となった野田市スポーツ公園にて交流試合が行われた。

1試合目武里0-6敗戦
テーマは攻撃の時もボールホルダーに対してサポートに行く、守備の時はファーストDFを助けに行く攻守に渡りチームメイトを助けるで試合に送り出しました。
久々のTM、5.6年生混合チームという事で声を掛け合わなくてはいけないのにもかかわらず声がかけれないでいる。
攻守に渡りチームを助けるというのも攻撃時にはボールを貰う側の出足が遅く声もないためパスを出すタイミングが遅くなっている。
守備時にはファーストDFが相手に寄せ切らずに足だけでいき一発で交わされてしまう場面が多く見られました。
課題が多く残る試合になってしまいました。

2試合目フォルテO 0ー5 敗戦

フォーメーションを慣れしたしんだ形に変え挑みました。
テーマは初戦と同様。特にDFの部分しっかり寄せて足だけで行かない事を注意して送り出しました。
初戦と比べFWからのプレッシャーが良くインターセプトできそうな所まで追い込んでいるのですがセカンドDFのインターセプトの意識が低く相手にボールが出てから取りに行く場面が見られました。
ハーフタイムにインターセプトの意識を伝えると少しずつボールを奪える場面が増えてきました。
いいはボールの奪う方をするといい攻撃ができ少しずつ声も出てくるようになりました。
初戦と比べ試合感も戻りつつあり課題はあるものの次の試合に期待が持てる。

対戦いただいたチームの皆さん、大変な時期にご参加いただき、ありがとうございました。

保護者の皆さん、大変に暑いなか、サポートいただきましてありがとうございます。
参加いただきましたコーチ、関係者の皆さん、朝早くからありがとうございました。

6年生コーチ佐藤

6年交流試合

                              .
梅雨前線が停滞するも、運良く雨が上がった。本日の参加者5.6年19名

スポーツ公園にて清水台FCとフレンドリーマッチを数本行った。

U-12リーグに向けて方向性を確認したかったのだが・・・・・体力が今いちでした。
ボールを奪ってから、いかに攻めるか、当面の課題か?

30分ゲーム
①オレンジ 2-2
②ホワイト 0-3
③コーチ4名選手4名混合 1-2
15分ゲーム
④オレンジ 0-0
⑤ホワイト 1-0
最後に
PK 11-13

先ずは結果まで
詳細は飯塚、矢島コーチから

藤井代表、飯塚監督、保護者の皆様 有り難うございました。

*****吉原*****
—————————
7月19日 5・6年交流試合ホワイト vs清水台FC

数年ぶり(?)によく降る梅雨、昨日の段階では「明日もダメかなこれは…」と思っていたところ、いざ当日を迎えてみればなんとか開催出来る天候。
どころか徐々に晴れ間すら出始め、高い湿度も相まってなかなかにキツい暑さの中、清水台FCさんとの交流試合にのぞみました。

ホワイトは5・6年混成チームですが今日は欠席者も多く、オレンジからも都度メンバーを入れ替えながらのゲームとなりました。
立ち上がり、プレスの際「お、出足が早くて今日はいいな!?」と思ったりもありましたが続かない。
見方のパスへの反応の遅れや守備時のプレッシングの甘さなどから、失点を重ねました。

GKの素晴らしい反応からのファインセーブなどもありましたが、やっぱりとにかくみんな声が出てない。
5年生も6年生も。
練習時にも再三指摘されているところ。

前述の通り、鋭い出足を見せる瞬間だったりGKのセービング、あっちこっちポジションを動かされながらもよく走り、戦ってくれた5年生など、いいところも見られたので、これらをどう伝え、「いい時間」を増やしていくか。
考えなければいけない。

おまけ
ミックスの1本、フォルテも清水台FCさんも大人達がとても楽しそうでした(笑)

清水台FCのみなさん、お手伝いいただいた保護者さま方。
審判・アドバイスを頂いた小西監督。
ありがとうございました。

矢嶋
—————–
7/19(日)スポーツ公園にて清水台FCとトレーニングマッチを行いました。
9月からの本大会にむけてオレンジ、ホワイトと大会メンバーで挑みました。
1本目
オレンジ vs 清水台FC
(2-0,0-2)2-2 △
オレンジは前線からのプレスがよく目立つ、トップがかき回してくれる分、相手DFを追い詰めてボールを奪いたいが、2列目の選手が感じきれず遅れをとる。
両サイドのオーバーラップも上手く使えず中盤との連携が合わない。
それでも前半は2点を取る。
後半はDFとGKの掛け声が出来ず、中途半端の連携で失点してしまう。
2失点目も中盤でボールを奪われ、DFも対応出来ず同点にされてしまう。
2本目
オレンジ vs 清水台FC (0-0) △
2本目は体力的にもイージーミスが目立つ。パスミス、トラップミスが今後の課題にも取り入れたい。
昨年の2B決勝トーナメントから清水台に負けて以来、練習試合でも勝ちきれない主力メンバー、市内で頂点に君臨してた頃の勢いがどうしたのか?本大会まで意識を高めレベルアップをしていきたい。
今回は最後にPKを全員で行いました。。
フォルテ 11-13 清水台FC 負け

朝早くからグランド準備をしてくれた清水台さん、保護者の皆様、有り難うございました。

6年コーチ 飯塚

20期卒団の皆様へ~卒団おめでとうございます~

                               .
20期卒団の皆様へ  
指導者からのメッセージ
###################################
20期の皆様、保護者様

選手の皆さん、小学校卒業おめでとうございます。
フォルテの活動を通じて少しでも選手の皆さん、お子さんの成長、経験に良い影響を与える事が出来たならクラブとして大変ありがたい事です。
フォルテは設立当初から、「卒業、卒団とか引退・・・」というものは無いという考え方で発足しています。
幼稚園児からおじいちゃん、おばあちゃんまで所属できるクラブを目指して50年、100年継続できる事を目標にしています。
一度でもフォルテに関わったことのある方はいつまでもフォルテの一員です。
地元を離れる事や、もちろんクラブのレベルや方針が合わないとの理由で他のクラブに移籍する選手もいるし、途中でサッカーを辞めて離れていく選手もいると思います。
でも、それは自然なことで、それは区切りでありそれ以外何もないのです。
機会があればいつでもフォルテに顔を出して下さい。

つぎのステージでは結果に一喜一憂するのではなく、そこから何を学び、どのように変化したかに気づくこと。
「練習のための練習」を行う選手がたくさんいますが、練習は本番の試合のために存在するべきもの。
本番で最高の実力を発揮させるためにすることを練習という。

選手の皆さん、保護者の皆さん。より一層の成長をお祈り申し上げます。 
保護者の皆様のご協力あってのクラブでした。ありがとうございました。

副代表 吉原靖之
###################################
フォルテ卒団の皆さんへ
卒団おめでとうございます。
今年は、特別な形になってしまいましたが、将来まで永遠に語られそうで、忘れられない卒団になるかと思います。
私たち指導者にとって、一番嬉しいのは、これからもサッカーや別のスポーツでも、一生関わりを持ってくれることです。
次のステージでの皆さんの活躍がフォルテにも聞こえてくることを期待します。
何事も本気(マジ)に頑張ってください。

保護者の皆さまへ
お子様の卒団、おめでとうございます。
また、長期にわたり、チームへのサポートありがとうございました。
中学生にもなると、何かとウザイと言われがちですが、これまでと変わらず、お子さんたちを追っかけてください。

一中学教員
3年監督 槇山
###################################
20期生皆様、保護者様

本日は卒団式おめでとうございます、
今回はコロナや、雨天の影響で参加出来ず悔いが残ります。
私は年長から低学年まで一緒に携わり、金曜日の夜練では20期生をメインに練習をしたり凄く楽しくさせていただきました。
20期生の皆様とは同じくらいにフォルテで一緒に過ごしてきました。
スピードとパワーのある学年で、一年一年での成長のスピードが凄く感じました。
中学生になるとクラブや部活では、今以上に辛い練習、挫折があると思います。
でもフォルテで過ごして来た事を思い出しながらプラスに考えてください。
その大きな壁を越えたら、更に成長する自分がいます。
その成長する姿をいつか見せて下さい。
いつまでも応援してます。
本当に卒業おめでとうございます。

新6年コーチ 飯塚
###################################
これからもサッカーを楽しんで欲しいです。

2年コーチ 添田
###################################

6年草加市サッカーフェスティバル2020順位戦

.
草加市サッカーフェスティバル2020最終結果(全記録)200121     

草加市サッカーフェスティバル2020順位戦2020/1/18(土)
4-0開二FC、2-2新座陣屋キッカーズ 会場 小学校

雪がチラつく中、ケガやインフルエンザにより7人で参加した草加フェスティバル2日目の速報です。

第1試合 vs 開二FC
4-0(1-0、3-0) 勝利!
小林コーチの采配が大当たりでした!
—————
第2試合 vs新座陣屋キッカーズ
2-2(1-1、1-1) PK3-4 惜敗…
清水の采配では勝てませんでした…

残念ながら順位決定トーナメントの決勝には進めませんでしたが、7人で良く頑張りましたし、怪我して出れない中でもベンチで大声で応援してくれた2人の選手も素晴らしかったです!

詳細は、
第1試合:小林コーチ
第2試合:清水
より報告します。

残念な結果ではありますが、戦う気持ち、諦めない気持ちが入った良い試合が見れました。

6年生コーチ 清水
——————–
●第1試合

●第2試合
草加フェスティバルの2日目が始まりました。
1日目の結果として、グループ4位だったため、4位同士でのトーナメント戦です。
初戦の勢いを受けて、2戦目も当然のことながら7人で挑みますっ!

初日の振り返りでも触れましたが、この日はこれぞ冬!というとてつもない寒さで、試合中には雪もチラつくコンディションでした。
野口コーチ、小林コーチに審判をして頂いていたため、自分一人でのアップとなりましたが、とにかく体を温める事を優先しようと決め、
まずは自分も入っての小さい範囲での鬼ごっこ!触られた選手は当然鬼になりますが、その前に必ずモノマネをする事を課した途端、真剣に逃げまどい、時には自分もタッチされ、モノマネをする結果に・・・その後も、ディッシュとビブスを使った陣取りゲームをチーム戦で実施。
最後に、パリサンジェルマンのアップ風景動画でも公開されていた、二人向き合い指導者が出したビブスの方に逃げるという事をこれまたチーム戦で行ないモノマネの罰ゲーム付きでやりました。
罰ゲームをするのが良いのか?という賛否は有ると思いますが、モノマネは多くの他チームが居る中で恥ずかしいため、やりたくない一心で全力で頑張っていました。
自分の狙いはここで、身体を温めるために、どうやったら真剣に必死に身体を動かしてくれるか?を考え、「ゲーム感覚」、「チーム戦」、「罰ゲーム」という要素を盛り込んだアップを行ないました。
結果として、試合開始直前まで盛り上がったため、ボールを使った練習は出来ませんでしたが、選手からは「暑っつい!」という声が聞こえたのが自分にとっては何よりのご褒美でした。

初戦と同じフォーメーションで本来中盤でチームのために攻守両面で活躍する選手を最前線にあげるという若干選手の配置を変えて挑みました。
相手は初戦を勝ちあがってきているチームであり、当然の事ながら力を持っているチーム。
だがフォルテの20期生も臆する事無く、全てのプレーに全力を出し、アップが功を奏したか?皆んなの足が動いている印象がありました。
そんな中、中盤で配置をした選手が得意のドリブルで持ちあがり、左足を振りぬきゴールキーパーの手に当たりながらゴールイン!7人でありながら待望の先制点を奪いました!
ベンチとしてはこんな上出来な展開は無く、このまま少し無理をせずボールをキープしながら時間が過ぎる事を願おう…などと邪な考えをした直後の相手チームのキックオフ…。
相手の長身選手が蹴ったボールは、ゴールポストギリギリのコースに飛び、またキーパーの直前でボールが落ち、喜んだのも束の間、あっという間に同点とされてしまいました…。
この失点はキーパーとしてはノーチャンスに近いくらい相手選手のシュート(!?)が素晴らしかったです・・・。
結果的にこのまま前半終了となり、運命の後半に進みます。
後半に入っても7人の選手+寒い中にも関わらずチームのために出場は出来ない怪我を負っているがベンチから大きな声で声援や指示を送っていた2人の選手、合わせて9人の選手は諦めることなく、必死にボールに食らいついていきます。選手ひとりひとりが本当に持てる全てを出し、全員で攻撃、守備に走り一生懸命頑張っています。
ですが、サッカーとは時に無情で残酷な物で、相手チームがゴール前に迫ってきた攻撃を跳ね返せず痛恨の失点…
時間的にも体力的にも1点を取り返すのが難しいか・・・とベンチも諦めていましたが、選手は諦めておらず必死に反撃を繰り返していました。
その気迫に押されたのか、相手キーパーがキャッチしたボールを投げようと(!?)した時に、ボールが手から離れずペナルティエリア外で触った瞬間!選手もベンチも一斉に「ハンドぉ――――!!」と叫んでいました…。その後審判の長い笛及びラインズマンのファウルジェスチャーによりペナルティエリアすぐ手前でのFKを獲得しました。
この時、いつもであればセンターバックの選手がFKを蹴るのですが、今日はボールの当たり所も悪く遠くに飛び過ぎる印象があったため、前線に配置した選手をキッカーにするよう指示をしました。選手、ベンチ、保護者の方々が緊張して見守った運命のFK…。
キッカーを託された選手が蹴ったボールは見事な弾道でゴール左上に突き刺さりました!!決まった瞬間の全員大絶叫の声!自分もベンチでガッツポーズをしていました…。
このままの勢いで決勝点を取りに畳みかけましたが、無情にも過ぎる時間…そのまま審判の笛が鳴りPK戦に突入となりました。
PK戦はその場ではありましたが、自分が日頃から見ている選手たちの特徴、今日のコンディションなどを見て順番を決めました。
ここからはキーパーに全てを託し、選手を信じるのみでベンチが出来る事は祈るのみです…
結果から申し上げると、PK戦は3?4で負けてしまいました…

試合が終わってからベース地に戻り、選手を見渡しました。皆んなやり切ったという顔をしていましたが、ゴールキーパーは一人でPK戦の敗北を背負い込んでいる顔をしていました…
1日目にも触れましたが、キーパーはPKであってもミスしたらゴールを奪われ、それが結果に繋がる…PK戦はキッカーもミスをすれば結果に繋がるが、
どこまで責任を感じ取るかという事を改めて伝えました。PK戦で外してしまったキッカーや7人であったとはいえ試合の中で幾度となくあったチャンスを決め切れなかった点は、その時に何が起きていて、自分としてはどうすれば良かったのか?という事を改めて考えてもらいたい。と選手には伝えました。
キーパーが全てを背負いこむ必要は無く、全員で戦った結果であるが結果だけ見れば、キーパーは6回ゴールに入れられている事になる…
20期生のキーパーには幾度となく救われてきたことを考え、また皆んなで戦っていこう。キーパーの選手は本当にお疲れ様と伝え全員が真剣な表情になったままミーティングを終えました。

今回の大会を通して自分としても色々な経験をさせてもらい、色々と考えさせられました…
1つだけ感じた事は、選手たちの将来は無限大であり、まだまだ色々な物を秘めていると思いました。
また、20期生として残り少ない時間を過ごす事を全員が楽しんでいる姿には、本当に逞しくなったと改めて思わされました。ですが指導者として、選手の怪我や勝たせきれなかった点は大いに反省しなくてはならず、多くの課題が残りました。

最後に、この様な大きな大会にお招きいただき当日も寒空の中 運営をして頂きました草加市のサッカーチームの関係者の方々 本当にありがとうございました。
朝早くからお見送り、車出し、大声での応援をして頂きました保護者の方々 本当にありがとうございました。
また雪が舞う中で薄着の審判着で3試合の審判をして頂いた、野口コーチ、小林コーチありがとうございました。
試合には出れなくとも気持ちだけは伝えようと寒い中 声を出し続けた2人の選手も本当にお疲れ様でした。

追伸)
最後に本部挨拶をした際に、指導者で話し合って決めたチーム内MVPは1日目の2試合目にビッグセーブを連発し、相手チームのベンチ、指導者から大きな拍手をもらっていた20期生のゴールキーパーが獲得しました。

草加フェスティバル 4位パート順位決定トーナメント戦
第2試合
vs新座陣屋キッカーズ 2-2(1-1,1-1) PK3-4…惜敗

6年生コーチ 清水

草加市サッカーフェスティバル2020予選2020/1/13(月)成人の日
1-2川口サッカー少年団、0-2中北少年サッカークラブ、0-1松原フットボールクラブ 会場 柳島グランド

本日実施されました“第31回草加市サッカーフェスティバル2020”の結果速報は下記の通りです。

9:00vs川口サッカー少年団
1-2(敗戦)

11:10vs中北少年サッカークラブ
0-2(敗戦)

13:20vs松原フットボールクラブ
0-1(敗戦)

結果としてはグループステージ4/4位でしたが
全ての試合でチャンスの数では負けていなかったと思います。
勝負どころでの決定力の差が敗因の1つでした。

車出し並びに応援に来て頂いた保護者様、審判含めお力添え頂いた指導者様、本日はご協力頂き誠に有難うございます。

来週は4位トーナメント参加となりますが引き続きのご声援お願い致します。

詳細は担当コーチからお知らせ致します。
1戦目:浅川
2戦目:小林コーチ
3戦目:清水コーチ

6年浅川

●第1試合

●第2試合
2試合目
対 中北SC 0-2(0-1 0-1) 負け

初戦でケガ人を出してしまい9人で試合に挑む。
開始早々フォルテの選手が前線でプレスかけるがなかなかボールが奪えない。
相手選手のパス、トラップが上手い。
フォルテ選手も諦めずボールを奪うが、相手選手のプレスが早く焦りが出てきてしまい、
前にボールを蹴ってしまう事が多くなってしまう。
相手選手のカウンターにDFキーパーが体を張りゴールを守るが押し込まれて先制点を奪われてしまう。
フォルテ選手は、諦めずゴールへ向かう姿勢は、良かったですが 後半に追加点を奪われ試合終了。

保護者の皆さん 役員さん朝早くから
サポート 応援ありがとうございました。

6年小林

●第3試合
第3戦 vs松原フットボールクラブ

本日2連敗後の予選最終戦、松原フットボールクラブさんが相手です。
フォルテ以外の戦いを見ている印象では、5年生が含まれていると聞いていましたが、
そんなことを微塵も感じさせない戦い方で、パスを繋ぎながらコートを大きく使っている印象。
フォルテは1試合目に負傷者が出ていたため、9人での最終戦に挑みますっ!!

従来のU-12リーグなどで使っていたフォーメーションでは無く、変則的なフォーメーションで戦いました。
数回、TRMで試した事があったが実戦では初めてのため、どこまで機能するのか?未知数でした。
また、前の2試合を見て感じていた前へ前へと急ぎ過ぎるサッカーであったため、
「斜めへのスルーパスは禁止、パスは横か前のみ」というルールを課してピッチに送り出しました。
試合が始まってみると、変則的なフォーメーションでありながら、常に自分の横に1人は味方がいる布陣のため、
ボールキープする事に焦ったり、相手からのプレッシャーを受けながら焦ったパスなどもせず、
きちんと味方の足元にパスを繋げていました。
また、「パスは、横と前へのみ」というルールも6年生になると頭できちんと考えられる選手が多く、
いつものポジショニングではボールを受けれない為、ボールを持った選手と同じラインまで下がって横パスを受ける選手や、
縦へ急がず横に出したパスを多用したりとサッカーをしている!と感じられる場面が多くありました。
ですが20期生の永遠の課題である「決定力不足」はそんな簡単には解消されるものでもなく、
試合前のシュート練習を見てスタメンを決めると宣言した時には選手が必死な顔で真剣にゴールを狙っていましたが、
試合ではなかなか良いシュートを打つ場面が出来ませんでした。
そんな中でもセットプレーや、多くのパスを繋いだりして相手ゴールに迫りましたが、
バーに嫌われたり、ミドルシュートが枠外に逸れたりと得点が出来ないまま前半終了・・・
ハーフタイム中の選手へのアドバイスとして、
「ベンチからの指示に対して皆んなが的確に応えてくれていて良いサッカーになっているが、勝つために何が必要か?」
を問い、選手の口から「シュートへの意識」という事が聞けたため前半と同じルールのまま後半のピッチへ送り出しました。

後半も前半同様、一進一退の攻防が続き、いつもの事ながらゴールキーパーのビッグセーブに助けられたり、
ディフェンス陣の踏ん張りに応える様に前線でもパスを受けてからの仕掛けやドリブルからの崩しなど多くの決定機を迎えるが、
どうしても1点が入らない・・・
サッカーとは不思議な物で以前も触れた事もあるが、こういった状況の時に点が取れないと流れが一気に傾く時があり、
その流れを弾き返すだけの体力と経験が無く、試合終了間際に痛恨の1失点・・・
選手たちは最後まで必死に戦いましたが試合終了のホイッスル・・・
草加フェスティバル予選は痛恨の3連敗で終わりました・・・

この試合では、1人の選手が結果的にはふくらはぎの肉離れにより終了間際に選手交代でベンチに引き下がる事になりました・・・。
自分がハーフタイムにこの選手に「今日は君を変えるつもりはない。最後の最後まで戦ってきてもらいたい」と伝え大きく頷き、
怪我するまで前線からサイド、ディフェンスラインまで走り続け、後半中盤ではゴール正面から惜しくもゴール横にそれたが、
得意のミドルシュートも打ち、走り抜きベンチの期待に応えてくれた選手がいました。
試合後痛みか悔しさか目に涙が浮かんでいましたが、自分が最後まで酷使し続けてしまった事で怪我をしてしまったかもしれないが、
いつもとは違った気迫を見せてくれて交代する直前まで全てを出し切ってくれたプレーは本当に胸を打たれました。
また、1試合目で負傷した選手がいましたが、この選手についてもチームのために身体を張り続け、
試合後いつも傷だらけ、アザだらけになっているがチームが勝つために本当に必死に戦ってくれてる選手です。
2試合目の試合前にもこの選手の怪我は、チームのために全力を尽くして相手に身体をぶつけに行った結果であり、
ディフェンスとしてやるべき仕事を全うした名誉ある怪我と残りのメンバーに伝えました。
前線の選手はシュートを外しても「どんまい!」で終わるがゴールキーパーやディフェンスラインのメンバーは
1度のミスが失点となり、チームの勝敗に影響をする。
この差を前線の選手はもっと感じなければならない・・・と伝えました。
当然怪我をするまでプレーをしてもらいたい。と言っている訳では無く、そういった事を少しでも考えながら意識を変えてもらいたい。
と伝えました。
自分の思いが伝わったのか?は分かりませんが、2試合目は選手が一生懸命に身体を寄せて、声を出し頑張っていた様に感じました。

今回の予選3試合で結果的には2人の怪我人を出してしまった事は指導者として反省すべき事が多く、
保護者の方々には本当に申し訳ないと思っております。
冬の大会でのアップなどは本当に注意をして身体が温まる事が重要と改めて痛感しました。
来週は、予選4位チーム同士での順位決定戦ではありますが、負傷者が多く20期生は8人丁度での参加となります。
負傷した選手のためにも自分たちのためにも1勝を目指してベンチ含めて頑張りたいと思います。

本日は朝早くからの車出しやベンチ裏からの大きな声援を続けてくださった保護者の方々、本当にありがとうございました。
また、会場運営をして頂きました草加市に皆さま素晴らしいグランド、素晴らしい運営をありがとうございました。
尚、今回3試合とも審判をして頂いた野口コーチ。お言葉に甘えて主審をやってもらってしまい申し訳ありませんでした。本当に助かりました。

草加フェスティバル 予選Mブロック
第3試合 vs松原フットボールクラブ 0-1(0-0,0-1)敗戦

6年生コーチ 清水

【終了1/18】6年草加市サッカーフェスティバル2020

                               .
草加市サッカーフェスティバル2020最終結果(全記録)200121

2020/1/18(土)
会場 草加市長栄小学校
順位トーナメント(会場確定版)2020

順位パートT結果とベスト4決勝2020

2020/1/13(月)成人の日
B予選結果と順位トーナメント(2020)

2020/1/12(日)
A予選結果と順位トーナメント(2020)

第31回草加市サッカーフェスティバル2020要項(WEB・メール配信版)_
.
.
草加市SoccerFestival2020出場チーム一覧

●草加市サッカーフェスティバル2020 2020/1/13(月)
場所 柳島グラウンド
埼玉県草加市西町1407-10

タイムスケジュール
(8:00-8:30に受付、9:00キックオフ、10:00最初の審判10分前から打ち合わせ)
6:15野田市役所集合
6:25出発
7:30着
7:45荷物おきながら準備
8:00本部挨拶、軽いミーティング、w-up
8:30w-up終了、試合準備、ミーティング
8:55ベンチ入り
9:00vs川口サッカー少年団
11:10vs中北少年サッカークラブ
13:20vs松原フットボールクラブ

※雨天中止の場合は6時に確定します。.
.
.

6年CTC一回戦

0-1FCリベレオ 会場 清水台小学校                    .

本日、小学生年代 6年 最後の公式戦
晴天 清水台清水台小学校 にて
フォルテ6年+5年
13名

VS FCリベレオ 0-1 負け

強いチームに対して、前に出る守備から気持ちを込めて、とても良い試合が出来ました。
後半 最後に、相手カウンターに、しっかり戻って守備をしてくれたメンバーが、
ペナルティエリア内でドリブルで仕掛けた選手の足が引っかかり、PKを与えてしまいました。

試合終了後、悔しくて涙を流す選手達、悔しい敗戦でした。

6年 国生