6年U12最終節

3-0FCアクティブ柏 会場 習志野市茜浜グランド .

●最終節10/07(日)
3-0FCアクティブ柏 会場 習志野市茜浜グランド

19期生
U-12リーグ前後期リーグ18戦無敗!!

たくましく成長する選手たち、良く頑張りした。トーナメントも成長しながら頑張りましょう。
役員さん、保護者の皆さん、
お蔭様で、素晴らしい結果となりましま。
成長たちは良い経験をしています。
ありがとうございます??

詳細は後程。

谷津
—————
10月に入り一週間が経っているのに、昨日は日本列島を襲った台風25号の影響で35度に迫る暑さとなった。
本日も暑くなる予報だ。
このところ、朝晩がだいぶ涼しく過ごしやすい日が続いていたので、選手たちの体力、体調も気になるところだ。

U-12後期リーグに入り、強豪揃いのリーグで常にチャレンジを忘れない選手たち。
後期リーグからはハードワークは従前から引き続きであるが、チーム戦術の共通理解を求め、トレーニングを積んできた。
11月からの県大会トーナメントを見据え、積み重ねたトレーニングをリーグ戦でチャレンジしてきていた。

習志野市茜浜グランドに16名の選手でU-12後期N-2リーグ最終戦に挑んだ。
以前は電車移動で向かった会場だが本節はキックオフが12時と少し遅く、保護者のご厚意で車での移動となった。
ありがたい。このような距離があり混雑が予想される会場への車移動は時として判断に苦慮するが、遠い距離を時間をかけて選手たちを快く連れて行ってくださる保護者さんには本当に頭が下がる。

最終節対戦相手は東葛大会予選で既に一戦交えている。
この時はスコアレスドローとしていた。
決定力不足が起因している。惜しいではやはり勝ちきれない。

キックオフが12時。余り試合まで間延びしてしまうと、選手の緊張の糸が切れてしまう。
集合からキックオフ、終了のホイッスルまで時間配分が勝敗を別つ。
集中が切れないよう、スイッチを入れるタイミングが肝だ。
本日は自分達の対戦前に相手の試合を観戦出来るので、改めてマークすべき選手を確認していく。
するとフォルテ選手達から、マークすべき背番号が聞こえてくる。
よほど、前回の対戦が心残りだったのだろう。
相手選手のスカウティングをタイミングで切り上げ、アップをスタート。
既にルーティーンとして定着したアップを選手自ら声をかけ行っていく。
気になる。。。
このままでは。と思い、中断し魂を入れさせる。気持ちの入れ方を考えさせる。
その後、玉際での競り合い、ファーストタッチ等を確認しアップを切り上げた。

試合前のミーティング。
前回対戦での決定力不足を修正する為、ディフェンスとオフェンスの注意点を伝え、最終戦に送り出した。

vs.FCアクティブ柏 3-0

前半は相手ボールでのキックオフ。
早速、左サイドのウラにボールを出してくる。ディフェンスの一人がこのエリアを支配させないよう、プレッシャーをかける。
しかし、プレッシャーをかいくぐり突破を仕掛けられる。が、続いたディフェンスがしっかりと奪いきる。
実に落ち着いている。GKからの具体的なコーチングも良く出来ている。先ず先ずの入り方だ。
左サイドの攻撃からCKのチャンスをえる。
セットプレーは最近になり、スタイルを変更していた。キッカーから素晴らしいボールが出てくる。
あとは合わせるだけだ。一度は弾かれるが、CBが押込み先制点。
後で聞いたが、しっかりと相手GKの位置を見て押し込んだとのこと。怖い位の落ち着きだ。
更に攻撃のチャンスを作るフォルテ選手。
MFの攻勢で一旦はCBに落とし出し処を探す。右サイドを突破するボールが出てくる。これを右サイド選手がゴール前へ。
フィニッシュは左サイドの選手がゴールへ。良い展開だ。
相手のボールが出たところでトレーニングの成果かきっちりとボールを奪いきる。
これを右サイドへ展開し、クロスにMFが相手GKと交錯しながらの追加点。
ここまでの展開が開始から飲水タイムの10分たらず。前半10分で3得点をあげた。
飲水後、直ぐに追加点のチャンスが訪れる。中盤で奪ったボールが上手く相手DFウラ抜けてフォルテFWに。
しかしこういうチャンスは力が入ってしまい、ネットを揺らせない。放ったシュートは枠を大きく外れてしまった。
こういう時にゴール隅に流し込めるようになって欲しい。

後半は少しメンバーを入れ替え望む。
後半開始から相手ボールになると全力でボールを追いかける交代した、FW。
前節で交代した後に何も言わず、ベンチで悔し涙を流していた選手。悔しい思いをぶつけるように、必死にボールを追いかける。
交わされても何度でも勢いを緩めることがない。前線でのこのプレスで相手のミスを誘い、再三のチャンスを作るが、追加点にはならない。
引いてしまっている相手にどう挑むか。
時には前ではなく、一旦は引くことも戦いかただ。
後半はベンチ全員で戦い、残り3分をきったところで、足を痛めていた先発メンバーFWと先ほどシュートを大きく外したFWをピッチへ。
追加点は奪えなかったが、最後まで走りきりチャンスを作ろうしていた。
そして終了のホイッスルを迎えた。

この瞬間、19期生、
U-12リーグ前後期リーグ18戦無敗を達成。

未知の世界へ駆け上がれ!
19期生選手たち!

保護者の皆さん、いつも選手たちを元気に送り出していただき、ありがとうございます。
19期生選手たちは春から夏、そして秋となり、更に成長しました。
これも家庭での健康管理や躾の賜物と思います。
11月からも県大会トーナメント、CTC杯、と試合が続きます。応援、サポートよろしくお願いします。
役員さん、遠征の手配、サポート等、いつもありがとうございます。
審判サポートいただいた、フォルテ審判部の皆さん、ありがとうございます。

そして、19期生指導者各位、いつもありがとうございます。このチームで戦えるのもあと半年を過ぎました。
選手達が最高のパフォーマンスを出せるよう、我々も頑張りましょう。

久々に長くなりました。
長文ご容赦ください。
関係各位の皆様。この19期生を含め、
フォルテの選手みんなに暖かいご支援をいただけますよう、よろしくお願いします。

谷津

●後期第4節09/23(日)秋分の日
2-2 藤崎SCレッド 、0-0高州ホッパーズ  会場 浦安市立高洲小学校

浦安市の近代的な小学校に19期生メンバー全員がそろう。
渋滞を考え、メンバーのほとんどは電車移動。
朝早いので眠そうな選手もいるが、込み合った電車でも辛抱強くマナーを意識して乗っている。
流石に電車移動にもなれ、逞しさも感じられる。
高州小学校のグランドは少し固めのマンションや公園に囲まれたグランドだ。
本日の公式戦2試合とも、厳しい戦いが予想される。特に第一試合の入りかたが大事だ。

ハードワークをおろそかにしないことを意識して送り出す。

vs.藤崎SCレッド 2-2 引き分け
半端なプレス、ディフェンスでは通用しない。思うようにボールが奪えず、先取点を取られる。
左からの攻撃での得点とペナルティエリア少し外からのFKが見事に決まり、引き分けとなった。

vs.高州ホッパーズ 0-0 引き分け
対戦前に相手チームをチェックしキーマンをチェック。
ボールはチームで奪うこと、奪ったボールは丁寧に繋ぎ攻撃することを意識して送り出す。
相手ボールを跳ね返すことは出来るのだが、攻守の切り替えが遅れ気味で、ボールが収まらない。
お互いにビッグチャンスに決めきれず、試合終了。

以降、主管の高州ホッパーズさんの計らいで、練習試合をしていただけた。
vs.藤崎SC 0-1 負け 20分のみ
vs.高州ホッパーズ 0-0 引き分け 20分のみ

普段、キックオフから試合に出れない選手のみでの練習試合。
良く頑張りました。

藤崎SCさん、高州ホッパーズさん、ありがとうございました。

保護者の皆さん、本日も遠い遠征となりましたが、良い経験となりました。
ありがとうございました。
応援にも駆けつけていただきまして、ありがとうございます。
野口コーチ、審判と電車移動にもお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

後期リーグも残りあと1節となりました。
お陰様でチームは間違いなく成長しています。
次節もサポートも応援もよろしくお願いいたします。

詳細は矢形コーチから。

谷津
——————
ベイサイトエリアの瀟洒な街並みに佇む浦安市立高洲小学校、U12後期リーグ第4節の闘いの舞台に17名の元気なフォルテ19期生が降り立った。

◆第1試合 対藤崎SC 2-2
相手チームは、速いプレスと速い判断でのボール回しが得意なチームである。
前半立ち上がり3分。ファーストディフェンスの後のセカンドディフェンスの対応の遅れから先制点を許してしまう。
前半6分、今度は、フォルテの中盤から左サイドへのナイスパスからの同点ゴール。
この時間帯で追いついたのは素晴らしい。
しかし前半10分、相手チームに右サイドを崩され追加点を許してしまう。
前半を1-2で折り返した後半12分、相手チームのペナルティエリア付近で絶好のフリーキックのチャンスを獲得する。
相手の壁にフォルテのチームも加わり、シュートコースを開けようと見えない駆け引きを行う。
絶妙なタイミングとコースで放たれた低いボールがゴール左サイドに決まり同点。
試合はこのまま引き分けで終了しましたが、魂で獲得した1点でした。

◆第2試合 対 高洲SC 0-0
1試合目の反省点、中途半端なチャレンジ&カバーは行わない、切った方向には絶対に相手を入れない。
試合前の1対1のアップでその点を確認し、選手達を送り出した。
前半からフォルテの持ち味であるサイドからの攻撃が見られクロスが何本も上がるがなかなか得点には至らない。
昨日何回も練習したコーナーキック時の秘策もいい感じに決まるがゴールに嫌われる。
相手チームの前線のキーマンの左右のスペースでボールを要求する動きに何度か危ないシーンがあった。
ディフェンスとキーパーのコミュニケーションがもう少し上手ければもっと楽に処理できたと思うが、これは今後の課題である。
試合終了間際、中盤のワンツーから右サイドのスペースへ綺麗なパスが通りキーパーが飛び出したところゴール左サイドに低いシュートを放つが惜しくも決まらず試合終了。

2試合とも残念ながら勝ち切るには至りませんでしたが、後期リーグ4節まで戦い8戦無敗は、胸を張るべきである。

2試合終了後、主管チームのご厚意により、20分のトレーニングマッチを2本させていただきました。
高洲SCさん、藤崎SCさんありがとうございました。
トレーニングマッチ
対藤崎SC 0-1
対高洲SC 0-0

保護者の方々、本日も早朝より選手達の送迎に応援とありがとうございました。
子供達の成長は、本当に素晴らしいものがあります。最終節に向けて更なる応援のほどよろしくお願いいたします。
また、審判に帯同いただきました野口コーチ、本日はありがとうございました。次回もサポートいただければと思います。

6年矢形

●後期第3節0916(日)
2-0 ルキナス印西レッド 、0-0VIVAIO船橋SC(G)  会場 船橋豊富高校

後期リーグも後半戦。
本日は県内でもかなりの強豪チームとの対戦。
船橋市豊富高校に14名の選手が元気に集う。

vs.ルキナス印西レッド
2-0 勝ち
大人と同じくらいの大型GK,。ゴールが小さく見える。簡単にはゴールさへてもらえなさそうだ。
最近取り組んでいる、チームでボールを奪う、シュートコースの狙い所を伝えて送り出す。
開始30秒、コースを狙ったシュートが見事に決まり、先取点。
少し緊張気味で入った選手たちがシュートを決めた選手に駆け寄り笑顔になる。
相手の切り返しに抜かれるが、サポートがカバーに入り攻めさせない。
攻防からの開始6分、更に追加点を奪い、そのまま試合終了。

vs.VIVAIO船橋SC(G)
0-0 引き分け
流石になかなか攻めさせてくれない。
DFはチームで奪うことと、体を張った守りでゴールを奪わせない。
フォルテは両サイドからのクロスが上がるが得点には結びつかない。
強固なCBからどう点を奪うか。
仲間とのコンビネーションで挑むがバイタルへの侵入は難しい。
CKからのヘディングシュート、ゴール前での抑えたシュートを放つが今日はゴールに嫌われた。

保護者の皆さん、本日も沢山の応援ありがとうございました。
對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

コーチの皆さんもお疲れ様でした。

詳細は小川コーチ、鈴木コーチから。

谷津
—————
船橋豊富高校で15人の選手で挑んだ第三節。
曇り空で気温は高くないが蒸し暑く少し動いただけで汗がでる。
●1試合目
vsルキナス印西レッド 2-0

試合開始30秒フォルテは素早いパス回しからトップの選手がシュートしキーパーの弾いたこぼれ球を他の選手が落ち着いて決めた。
それから勢いに乗ったフォルテはトップの選手がドリブルでゴール前まで行きキープしながら後ろへ落としハーフの選手が素晴らしいミドルシュートで追加点。試合開始6分で2得点!!
夏合宿では早い時間帯に2得点すると逆転されることが多かったが今日は違った。
攻められてもワンサイドカットしながら2人でボールを奪いシュートをほとんど打たせなかった。
それから追加点は奪えなかったが失点0は素晴らしい!
最近は1人ではなくチームでの守備を強化しトレーニングしているがそれを試合でチャレンジ出来たことが失点0に繋がったと思う。
前期、後期と強豪相手にも未だに負けていないのも守備力が上がった結果。
後期リーグもあと2節でさらにレベルを上げて11月からの決勝トーナメントを迎えたいと思います。

保護者の皆様、遅くまで応援ありがとうございました。
これからも遠征が続きますので車出しのご協力お願いします。對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。

小川
—————
●2試合目
VIVAIO船橋
0-0

開始時間が16時40分からとあまり経験のない時間帯からの2試合目…集中力がもつか心配だったが選手達はしっかり集中している。
相手は個人技もパスワークも優れていてなかなかボールが奪えない、しかし持ち味のハードワークとテーマにしている全員ディフェンス、ワンサイドカット、チャレンジ&カバーを徹底し相手を自由にさせない。
両チームとも中盤での攻防が続く時間帯が多く、たまに来る裏を抜かれるパスもしっかりとカバーをし打たせない。
ディフェンスのコンビネーションもかなり成長しています。
後半、キーパーからのロングキックが少し大きく、相手もタッチラインに逃げる動きをしていたが諦めない心で追いつき、奪い、クロスを上げミドルシュート。
惜しくも外れはしましたがしっかりと浮かさず打てたとても良いシュートでした。
その後も集中を切らさず最後まで走りきり引き分けでしたが内容の濃い良い試合だったと思います。

對馬コーチ、主審2試合ありがとうございました。
保護者の皆様。選手サポート、車だし、選手が元気になる応援ありがとうございました。
来週も遠方の会場となりますがよろしくお願いいたします。前期、後期、未だ無敗!本当に驚かされますね。

6年 鈴木

●後期第2節0909
3-0 夏見FC A 、4-1湖北台クラブ 会場 野田市スポーツ公園

風は強いが良く晴れた野田市スポーツ公園に元気な16名の選手が集まる。
本日も2試合だ。
先週の第一節では、先制を許してしまっていた。昨日の練習ではディフェンスを意識した練習を行った。

vs.夏見FC A 3-0 勝ち
vs.湖北台クラブ 4-1 勝ち

先週とはうってかわり、初戦から練習の成果で落ち着いたディフェンスからサイド攻撃に展開し、
切り込んだ右サイドからの矢のようなシュートがネットにささり、先制。
勢いに乗ったチームは3得点で勝利しました。
2試合目は先週もチェックしていた対戦相手のマークしていた選手とのマッチアップで
ディフェンスが仕事をさせなかった頑張りにFWも頑張り、先制点を奪った。

本日は交代で出た選手も含め、チームとして戦うことを良く理解して対戦出来ていたと思います。

詳細は関谷コーチ、黒澤コーチから。

對馬コーチ、審判サポートありがとうございました。
保護者の皆さん、主管開催を無事に終了出来ました。ありがとうございました。
山崎監督、激励ありがとうございます。
コーチの皆さんも朝早くからお疲れ様でした。
植竹会長、試合をご覧頂き、お褒めいただきましたこと、選手たちにも伝えます。
設営等サポート頂きまして、ありがとうございます。

次週も試合が続きます。
チームで頑張りましょう!

谷津
—————–
前期リーグの1位、2位通過しかいない後期リーグ。野田スポーツ公園に元気な16名の選手が集まって挑んだ第2節。
アップでは1対2で2人で協力しながらボールを奪うディフェンスの基本的な戦術であるワンサイドカットのトレーニングをした。
それを試合でチャレンジできるか??

1試合目
VS 夏見 3-0 勝ち
風が強くなり前半は風上でキックオフ。
前半5分ディフェンスから中盤へと2タッチやダイレクトと見事にパスを繋ぎフリーになった右サイドの選手にボールがいきドリブルから強烈なシュートで左ゴールネットを揺らした。
相手の攻撃にはキーパーやディフェンスからワンサイドカットの声を掛け後方の選手が相手のドリブルやパスを予測してボールを奪うことができた。
奪ったボールを確実に繋ぎ追加点を奪い3-0で試合終了。
トレーニングしたことをすぐ試合でためせたことが失点0につながった試合でした。
これからも格上のチームと試合をしていく中で個人でボールを奪うことは難しいので2人以上でボールを奪う戦術のトレーニングをいていきたい。
試合に勝つにはしっかり守って相手よりゴールを奪うこと。
当たり前のことですがこの目的を持ってプレーすことが大切である。
その為には普段の練習からトラップひとつでもゴールに向かうトラップをすることを意識させていきたい。

朝早くから植竹会長、コーチの皆様主管準備お疲れ様でした。
對馬コーチ主審を2試合していただきありがとうございました。
山崎助監督、応援や審判指導をいていただきありがとうございました。
役員さん、保護者の皆様、準備や応援ありがとうございます。
これから遠征が続きますのでよろしくお願いします。

2試合目は黒澤コーチより

小川
——————
2試合目
VS湖北台クラブ4ー1
本日の2試合。
前試合の快勝を一度忘れて気を引き締めて試合に挑みます。
試合前のミーティングでは相手のキープレイヤーを自由にさせず、ワンサイドカットとチャレンジ&カバーの徹底が伝えられました。
前半は一進一退の好ゲーム。
フォルテもチャンスはあったが決められず、ピンチの時間はディフェンスが身体を張って守ります。
後半は風上になり反撃開始。
立ち上がりに、右サイドからのセンタリングを中央で合わせ先制点。
そこから、センタリング気味のボールが立て続けに2点入り追加点。
更には、ディフェンスがサイドをえぐり、中央からのミドルシュートで4点目。
最後に相手の個人突破から1失点をしましたが、今日は相手を追い込む方向を限定したチームディフェンスの勝利かと思います。
今後もチーム内の声かけ、後ろからの指示などを全員で行い、県内の強豪チームに勝てる力をつけていきましょう。

本日も熱い中、ご協力いただきました保護者、監督、コーチ、関係者ありがとうございます。
このチームは、まだまだ強くなりますので、今後も暖かいご支援宜しくお願いします。

6年黒沢

●後期第1節0902
1-1 布佐SC、2-2トリプレッタ 会場 我孫子市立布佐南小学校

本日からスタートした後期リーグ。

我孫子市布佐南小学校に17名全員でのぞんだ。
この週末は夏の盛りの暑さがどこかへ行き、今朝は寒気を感じるほどだ。
時折、雨が降るなかでの試合となった。

vs.布佐SC 1-1
vs.トリプレッタ 2-2

両試合とも、先制されおいつかなければならない展開となった。
このリーグ、ハードワークをおろそかにすると苦しい展開となってしまう。
トラップ、パス、とてもレベルの高いチーム、選手が多い。
この中でも落ち着いてボールを扱えるようになってほしい。

詳細は関谷コーチ、鈴木コーチから。

保護者の皆さん、本日もサポートと応援とありがとうございました。
野口コーチ、審判サポートありがとうございました。

次週も試合が続きます。
よろしくお願いします。

谷津
——————–
●第1試合
vs.布佐SC 1-1 △

いよいよ後期リーグがスタート。小雨が降る中、初戦を迎えた。
布佐SCとは3年生の時に豆っ子リーグ以来の対戦(1-1△)。先制点は布佐SC。
前半中盤に相手DFのスルーパスから左MFが持ち込みFWとワンツー。
フォルテDFのマークチェックが外れた隙に中央に出たボールをダイレクトでゴール。

同点ゴールは後半。MFエリアで混戦していたところ右MFがボールを奪い右サイドを切り込む。
相手DFと競り合いながらセンターリングをFWがダイレクトで合わせてゴール。
両者決定打の場面もありながらもそのまま引き分けた。
布佐DFの前向きな声掛けやMFなでしこの献身的なサポートプレーが印象的だった。

9月~10月7日までは予選リーグ1位・2位の強豪チームと9試合あります。
残り7試合を県大会本選につなげられるように気持ちを高めていこう。
監督・コーチ、審判サポートお疲れさまでした。
保護者の皆さん、車出しに応援ありがとうございました。

第2戦トリプレッタ戦に続く

6年 関谷
—————–
●第2試合
vs.トリプレッタ 2-2△

2試合目は雨も上がりプレーしやすい環境になりました。
相手は個人技、キープ力、声かけと少し格上、サイドを大きく揺さぶりマークが外れた所に縦へのスルーパスが目立ちました。
前半10分、何度も仕掛けてくる裏への攻撃に崩され失点。
攻撃パターンはわかってきていたが対応の仕方、カバーリングなど具体的な動きを学んでいきましょう。
先制されてから3分後セットプレーのチャンス、直接狙いこぼれ球を押し込み同点。しっかり二人もつめていた結果です。
その後も持ち味のハードワークやDFの声の掛け合いもよくできていたが攻撃に変わった時に攻撃陣の声がもう少しほしい感じがします。
何処に欲しいのかなどを要求することが大切。
パスが通らなかったとしても選手間で「今のはこうだよ」「今度はこうしよう」など沢山会話をしてみましょう。
19分には相手のコーナー、外れはしたが誰も触れず打たせてしまう。必ず体を寄せて競り合いをする。
キーパーからのキックも同じで「絶対マイボールにする」って気持ちでしっかり競ろう。

後半、相手は4人交代。少し守りにくくなり苦しい時間が続き5分、コーナーから1度は防いだがサイドに流れたボールをダイレクトで打たれキーパーの頭を越える技ありシュートで2-1。
しっかり寄せる大切さ、フリーにさせてしまう怖さがわかったと思います。
14分、前半から続くサイドの揺さぶりからのスルーパス、何度も防ぎ反撃し得たPK。
これをしっかりと決め同点、最後まで走りきり試合終了。

格上との戦いでしたが結果は2試合とも引き分け、追いかける試合になりましたが充分戦えるレベルに成長しています。
しかし戦えるだけではなく勝ちにいけるよに「考えてプレーする」をチャレンジしていきましょう。
パスをもらう前、パスをもらった後何をするか。
パスを出す前、出した後何処に動くのか、などイメージすることが大切だと思います。

野口コーチ、朝早く雨の中での審判ありがとうございました。また保護者、役員の皆様も応援、選手サポートとありがとうございました。

6年 鈴木

####################################################
(以下、前期)

1stリーグ星取表0527
(リーグ速報)
フォルテ野田 県大会出場決定
①レイソルTOR 勝点25
8勝0敗1分 66得点1失点(65)
②フォルテ野田 勝点21
6勝0敗3分 20得点2失点(18)
③北習志野FC 勝点17
5勝2敗2分 18得点9失点(9)
上位2位が11月から始まる県大会に出場します。引き続き、コーチングと応援をよろしくお願いします。
6年 関谷

●第5節0603
0-0 高根東、4-1市川北 会場 船橋市立習志野台第一小学校

今大会2回目の電車移動で、最終節2試合を戦いました。
①高根東 0-0引き分け
②市川北 4-1勝ち
リーグ戦を終了し、6勝3分の勝ち点21で2位通過となりました。

①スピードとフィジカルに優れる相手チームとの一進一退の好ゲーム。
互いにチャンスを生かしきれず。スコアレスドローで終わりました。

②開始前に2位通過が決定したので、最終戦は参加メンバー全員で試合に臨みました。
フォルテペースで試合が進み、トップの強烈なミドルで先制。追加点は左サイドからのクロスがOGを誘い、2-0で後半へ。
ゴール前の混戦から押し込まれ失点しましたが、直後に相手OGとGKのキックミスで2点追加でき、4-1で勝利しました。

リーグ戦9試合を2失点で終えたこと。戦術の理解力が高まったこと。この2点が評価できます。
得点力アップをはじめ、課題も多くあります。また、次に向けて頑張りましょう。

本日も暑い中、審判サポート、保護者の皆様の応援、ありがとうございました。

槇山

●第4節0527
1-0 常盤平少年サッカークラブ 会場 レイソルTORグランド

市内の小学校運動会が順延となり一週間延びた第四節。
レイソルTORグランドに15名の選手が集まる。

本日は一試合のみ。
以前にも対戦したことのある相手。
悔しい思いをしていた相手。
今度こそはと思い、望みました。

vs.常盤平 1-0 勝利

お互いにビッグチャンスを作りながらも、
後半終了間際まで、スコアレス。
DFからの縦パスを決めきり勝利。
見応えのある試合でした。

本日も車だし、熱い応援と、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、對馬コーチ、ありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチより。
矢形ヘッドコーチ、よろしく頼みます.

谷津
——————–
会場:レイソルTOAグランド
対戦チーム:常盤平少年サッカークラブ 1-0
キックオフ:13時
全日本U-12 サッカー選手権大会千葉県大会と関東大会千葉県予選への進出をかけた
U-12サッカーリーグ in 千葉 N4リーグも今回で第4節を迎えた。
暫定2位のフォルテ選手達は、秘めたる闘志と緊張を抱きながら、10時に会場に到着した。
本日の対戦相手である常盤平少年SCとレイソルTOA戦を観るためである。
キープレーヤーは何番の選手か、自分ならどう闘うか、どこにチャンスがあるか、選手それぞれの視点で観察していたと思います。
ウォーミングアップと戦術の確認の後、闘いのピッチに向かいました。

13時ちょうどのキックオフ。
序盤から相手チームに攻め込まれます。くさびのパスからの落とし、スペースへのボール出しからのコンビネーションプレー。
技術は相手のほうが勝るなか、懸命にゴールを守ります。粘り強い守備の結果、前半を0-0で折り返しました。

後半も相手の技術に翻弄され、セットプレーからも決定的ピンチを迎えますが、今日のフォルテはゴールを破らせません。
両者譲らない後半18分。中盤で相手からボールを奪ったセンターバックが前線へ送ったボールが見事にフォワードに渡り、
相手のディフェンスの隙をついてのシュート。ボールがゴールの左隅に突き刺さりました。
その後、相手の波状攻撃を守り抜き、試合終了のホイッスル。
死闘が続く40分の中で、一瞬のチャンスを見事に物にした15名のフォルテ選手達は、素晴らしい。
最後まで諦めなかった全員の気持ちが勝利を呼び込んだと思います。

激闘の後、レイソルTOAさんから有り難い練習試合のお誘い。
0-6で試合にこそ破れましたが選手一人一人がそれぞれの課題を再認識できたと思います。

いよいよ来週は、次のステージへの切符をかけた最終節。決して悔いが残らぬよう全員が全ての力を出し切って闘って欲しい。
保護者の皆さま、今日も選手達への元気が出る応援と送迎本当にありがとうござました。
来週も全力で挑む選手達は、あたたかく元気な応援に間違いなく勇気づけられます。
對馬コーチ審判でサポートいただきありがとうございました。次の機会もお願いできればと思います。

6年矢形

●第3節0506
10-0我孫子翼SC、2-1木刈FC 会場 野田市スポーツ公園

初夏を超える暑さのゴールデンウィーク最終日の野田市スポーツ公園に15名の選手が集まる。
昨日の練習から本日の試合を意識した練習を行う。
本日でU-12リーグ前期折り返し。

第一試合
vs.我孫子翼SC 10-0 勝利

第二試合
vs.木刈FC 2-1 勝利

特に第二試合は一点を争う試合となった。
ゴールバーに嫌われたシュートがあったが、入らなければ同じ。
チャンスにゴールを奪えなければならない。
しかし、コーナーキックから得点を奪うことが出来た。
次節も厳しい闘いとなるだろう。
着実に成長していこう。

役員さん、本日も主管として無事に開催することができました。ありがとうございました。
お手伝いいただきました、保護者の皆さんありがとうございました。
審判サポートいただきました、小西監督、野口コーチ、
激励にお越しいただきました、山崎監督、飯塚監督、ありがとうございました。

詳細は黒澤コーチより。

谷津
———————–
第一試合はVS我孫子翼。力の劣る相手に勝ちきりたい試合。
序盤は中々ゴールが決まらないが、FWがゴール前で押し込んで先制。
1点をとってからはフォルテペースで試合が進み、サイド攻撃、ミドルシュートなどで10-0の大勝。
前線からハイプレスをかけて常に諦めなかったこと、メンバーを入れ換えても全員で勝ちきれた点で価値のある勝利であった。
この年代は、どの選手が出ても勝ちきれるチーム力がついてきたのを証明した一戦であった。
欲を言えば、落ち着いてパスを回せばもっと楽に試合を運べるので、普段の練習から周囲をみたり、
トラップをどこに止めるかを考えて更なるレベルアップを目指して欲しい。

第2試合はVS木刈FC。互角と思われる相手だが勝ち点を積み上げたい試合。
この試合も、前線からハイプレスをかけ相手ゴールを目指す。
ややフォルテペースで試合が進むと、コーナーからのヘディングシュートが決まり先制。
土曜の練習がすぐに試合で結果に繋がる頼もしい選手達です。
こぼれ球から追加点を取った後、終了間際の失点は余計でしたが、最後まで諦めないチーム一丸での勝利でした。

本日も朝早くから会場設営の手伝いや、熱い声援をしていただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

黒澤

●第2節0429
1-0向山FC、2-0北習志野FC 会場 茜浜近隣公園サッカー場

①向山FC 1-0勝ち
②北習志野FC 2-0勝ち
共に技術やスピードのある選手を有する好チームでした。
トップの選手の頑張りと突破からの得点、コーナーからの待望のヘッド。ナイスゲームでした。
習志野茜浜での試合でしたが、今日の応援も先週以上でした。
帰りは選手、コーチ全員、保護者の車に分乗して帰ります。
詳細は鈴木コーチからです。

槇山
————————–
連休が始まり車移動での混雑を避けるため電車での移動。
浮かれ気分にならないか心配だったが、さすが高学年。マナーを守りすみやかに移動できました。
会場まで徒歩で約20分、良いアップにもなりました。

第一試合
向山FC 1-0

ベンチには監督、コーチは3人のみの為、試合前のテーマ、指示はわかりませんでしたがリーグ内はどのチームも高レベル…
個人技もあり一筋縄ではいかない。
前後半共にボールが足元につかず意図のないパスやただ蹴ってしまうプレーも見えました。
若干フォルテペースでゲームができていましたが決定打が出ず歯痒い時間帯が続きました。
後半に入りトップの選手の粘り勝ちで先制!最後までボールを追いかけた結果だと思いました。
応援席から感じた事はやはり、ゴールキックからの空中戦、競り合い、
その次のセカンドボールの寄せの速さを意識しいかにマイボールにするか、
とられてしまったとしても相手の攻撃を遅らせる、パスコースを塞ぐ、
次から次へとやる事が沢山ありますが瞬時に判断する力が大切ですね。

第二試合
北習志野FC 2-0

一試合目終了後に試合をしていたチーム。
観察を兼ねて観戦させてみましたがクローバーが気になり四つ葉を探しちゃう選手、草相撲しちゃう選手、
もう少しサッカーに集中しましょう(笑)
相手は見ている感じだとやはり個人技はある。
しかしセンターバックの裏がかなり空いていたためトップの選手にはそれを伝え狙うように指示をした。
前半、前日の練習の成果が証明された。
何本も何本もセットプレーを練習をし、試合中も幾度となくチャンスがあり期待が高まる中、
見事ヘディングシュートを決め先制!自信を持ってほしい!この点でチームの士気が高まり、
トップの選手が背面からくるボールを上手く合わせ2点目。
後半、チームの士気が下がる事なく全員がキッチリ仕事をし、顔が真っ赤になるまで走り続け見事勝利!
2節を終えて無敗無失点、素晴らしい!これからもっと暑くなってきます。
最後まで走りきれたチームが勝利に近づけると思います。
頑張ってる選手に言うのは失礼かもしれませんが次節も頑張って走りきろう!!

早朝より帯同していただきました野口コーチ、ありがとうございました。
また保護者の皆様も朝早くからのお弁当、熱い応援、帰りの送迎とありがとうございました。
次節も一丸となり戦いましょう!

鈴木

●第1節0422
0-0舞浜FCファルコンズ、0-0柏レイソルTOR 会場 我孫子市立並木小学校

6年U12リーグが開幕しました、今日はグループの中でも前評判の高いチームとの対戦になりました。

①舞浜FCファルコンズ0-0引き分け
足元の技術のしっかりしたチームとの印象でしたが、フォルテのハイプレスで終始フォルテベースでしたが、
フィニッシュの精度に欠き、引き分けてしまいました。

②柏レイソルTOR 0-0引き分け
個人スキル、戦術ともに格上のチームですが、守備戦術の共通理解を図り、押し込まれながらも集中した守備で守りきりました。
カウンターからの惜しい場面も作れました。
真夏に近い暑さでしたが、運動量が落ちることもなく、立派なゲームができました。
野口コーチには主審2試合を担当していただき、ありがとうございました。
今日も保護者の応援はすごかったです。選手の励みになりました。
このあとも試合が続きますが、サポートよろしくお願いします。
本日はお疲れ様でした。

槇山