6年CTC杯②

2-0ヴィスポ柏、1-0船橋イレブン2002 会場 習志野市袖ヶ浦少年サッカー場                              .

●CTC杯2,3回戦 2019/1/20(日)
2-0ヴィスポ柏、1-0船橋イレブン2002 会場 習志野市袖ヶ浦少年サッカー場

全日本と同じく、ベスト32に進めました。
今日は、人数ぎりぎりの11名で、交代なし、慣れないポジションを務める選手も多くいましたが、
粘り強く守り、カウンターやクロスから狙い通りの得点ができ、勝ちきることができました。
ここまで4試合無失点は立派です。
来週はアクティブ柏さんと16をかけて戦います。みんなで力を合わせて頑張りましょう。
本日も、たくさんの応援、審判サポートの小西監督、ありがとうございました。

槇山

●CTC杯1回戦 2018/12/9(日)
5-0志津FC 会場 船橋市立湊町小学校   

vs.志津FC 5-0
勝利
会場:船橋市立湊町小学校

13名で船橋市の漁港が近くの小学校へ。
台数制限、渋滞を考慮し、電車での移動となった。

テーマは繋ぐ意識とコーナーキックからの得点。

前半2点、後半3点と得点は良かったが、
意識したテーマには?となった。
次節は一ヶ月先。
目指すはU-12リーグ戦績よりも確実に上。

頑張ろう

役員さん。保護者の皆さん。
本日も遠いところ、応援ありがとうございました。

野口コーチ、審判サポートありがとうございました。

詳細は矢形ヘッドコーチから。

谷津
——————–
全日本U12少年サッカー選手権大会千葉県大会でベスト16の切符に届きそうで届かなかったフォルテ19期生。
あの悔し涙から1カ月。本日チバテレビ旗争奪千葉県少年サッカー選手権大会が開幕した。
中学でのサッカーを見据えた11人制での戦いだ。
総勢278チームの頂点を目指し、同じ涙は流さないことを心に誓った13名の選手達は戦いの舞台に立った。
会場は、船橋市立湊町小学校。
一回戦の相手は、志津FC。
対戦結果は、5-0。
ピッチは、縦86m×横56mと8人制よりも広い。本日のテーマは、コートをワイドに使いながらボールを繋ぐこと。
コーナーキック時のボールへの関わりの2点。
立ち上がり6分、フォルテが獲得したコーナーキックをFWが上手く合わせて先制点。
その後の10分、DFからFWへ出た縦パスを上手く処理し追加点。開始10分で2得点を挙げたことは素晴らしい。
選手達のゴールを奪う気持ちと集中力の賜物である。
そのまま、前半を折り返し、後半では、左MFに入った選手が相手のゴールキックを絶妙のタイミングでカットしてそのままゴール。
その数分後、その選手の左からのクロスをFWが見事に合わせて4点目。
最後は左からのコーナーキックをファーに入ったMFが上手に合わせ駄目押しの5点目。
終わって見れば5-0の勝利だが、課題もいくつか見られた。
前へ急ぐあまり攻撃が縦方向に直線的であった。
急がば回れで、横や斜めへのドリブル、コートの幅を最大限に利用したパス回し、これらのプレーがもっと多く出ればと思いました。
11人制サッカーは、8人制に比べスペースが少ないので、ボールを右へ左へ後ろへ動かしたり、選手達が右へ左へ後ろへと動くことでスペース
を作ることがとても重要だと思います。そうやって生まれたスペースに別の選手が関われれば、もっともっとサッカーが楽しくなると思います。

たった一度しかない6年生の冬、中学に向けた準備となるよう、この大会を通して成長して欲しい。

本日も朝早くから、選手達の送迎、応援に駆けつけてくださった保護者の方々、審判のサポートをいただいた野口コーチ、本当にありがとうございました。
1月20日に開催される二回戦、三回戦もあたたかい応援のほどよろしくお願い申し上げます。

矢形