5年ホワイト東葛予選①

1-0風早レクト、2-2柏ラッセルFC 会場 逆井運動場 .

●ホワイト東葛予選① 2019/10/5(土)
1-0風早レクト、2-2柏ラッセルFC 会場 逆井運動場

5年東葛ホワイト
いよいよホワイトの東葛大会が始まった。
逆井運動場は季節外れの暑さあり。日陰の秋風が爽やかだがピッチは31℃と夏日である。

5Nリーグはラッセル、常盤平、風早レクトの4チーム

第1節
①風早レクト 1-0
②ラッセル 2-2
苦しみながらの1勝1分

1試合目:相手ポイントゲッターを抑えて得点させず。

2試合目:先制するも追い付かれ、追い越された。
焦りの中、ペナ外からシュートでどうにか追いつく。
選手メンタルに問題あり。

次節は10月20日。福二小で常盤平と闘う。

引き分け以上で決勝Tへ。

野口コーチ、朝早くから有り難うございました。

詳細は飯塚、矢嶋コーチから

*****吉原*****
—————————-
東葛地区少年サッカー大会予選
フォルテホワイト

どういうわけか急に気温があがり、キツい暑さの中、先日のオレンジに続きホワイトの東葛予選も1日目を迎えた。
2戦連続。
私からは1戦目、vs風早レクト戦の感想を。

ここ最近の傾向から、何点かに不安を感じながら試合開始。
結果は1-0で勝利。
大差での勝利よりこういうギリギリの勝負に勝ちきる事が大切かなと思いつつ、
試合前に感じていた不安がやはり出てきてしまうところもあった。

まず、とにかく声がない。
DFに入る1人の選手はよく声を出している。
出している言葉の内容も含め、とても素晴らしい。
試合の状況などよく見れているなと感心する。
が、他の選手からの声があまりにも少ない。
ほぼ全員が、本当にこれは長く続く課題なのだが、とにかく声が出てこない。
間に落ちたボールを味方に任せる時も、どちらも何も言わないため、ヒヤヒヤする。
たまたま相手にさらわれなかっただけ、たまたまピンチに繋がらなかっただけ。
この点はこれからもしつこく伝えていかないといけない。

そしてもう1点。
給水に戻ってきた選手たちから、(相手が)暴言ばっかだ、ファウルが、と漏れる。
「そういうところにイライラして、荒れるようだとやられるぞ」と伝えてみたが、
この試合については試合中に相手に言ってない(と信じたい)だけいいかもしれないが、
それが普段の、悪い時の君たちなんだと、気付いてほしいと思った。

ネガティブなことばかりになってしまったが、1点差を勝ち切ったという点はポジティブに捉えたいところ。
相手は1戦目を4-0で勝ってきていて、そのあたりの勢いもあっただろう。
この勝利を2戦目に繋げられればよかったが…
2戦目については飯塚コーチより。

本日は会場入りの時間や選手に帯同する指導者等の点から、吉原監督・野口コーチに先に会場入りしていただき、
2試合の審判をしていただいてしまいました。
加えて野田でオレンジの練習を見ていただいた6年生指導者様がた、本当にありがとうございました。
時間の都合をつけて市役所から帯同していただいた飯塚コーチ、
運動会等忙しい中配車等の手続きをしていただいた役員様、
応援に帯同・会場での色々なお手伝いをしていただいた保護者様、暑い中、ありがとうございました。

矢嶋
——————–
本日、逆井運動公園にて東葛予選、フォルテホワイトチーム10人の試合が行われた。
1試合目を見事勝利したが、次の対戦チームは1戦目で常盤平に勝利した強豪チーム、
一方フォルテは気温31℃の中、連チャンでの試合となった。

2試合目
vs 柏ラッセルFC
中盤の真ん中の選手を起点にスペースを使う相手チームに対し、ハイプレスを掛け、2列目でボールを奪うフォルテ、
早速試合が動く、開始3分ボランチからのドリブルでトップの選手にボールを上手く出し、見事ゴールを決め、先制点を上げた。(1-0)
さい先の良い立ち上がりだが、相手も中盤からスペースを使う展開にDF陣も裏を取られる等、
ピンチが続くがフォルテDF陣もシュートコースに入りゴールを死守する。
しかし前半7分に相手の高いクリアボールをヘディングから逃げてしまい、そのボールを奪われシュート!得点を与えてしまった。(1-1)
スペースを使う相手に対し、フォルテは足元へのパスが多い、サイドの展開も中々出来ない。
中盤では簡単に叩く事が出来ず中央突破が目立つ。
ハーフタイムでは相手の真ん中の選手をフリーにしないように指示をする。
後半は前半とは逆に早速ピンチを迎える。
開始3分に右サイドから個のドリブルで崩され見事なゴールで逆転されてしまう。(1-2)
フォルテの中盤で守備が出来ない中、起点となると相手選手をフリーにしてしまう。
相手の硬いDFにイラ立つ選手に直ぐ様交代をさせる。
前半からボランチをしていた選手をトップ下に上げると期待に応えてくれた。
後半10分には後ろでパスを回す相手チーム、GKからのパスをインターセプトすると、見事なミドルシュートで同点に追い付いた。(2-2)
その後も、今までフリーでやられてた相手の中盤の選手をしっかりとした守備で抑えてくれた。
その後も一進一退の攻防は続いたが、お互いに得点が動かず、試合終了。

結果
vs 柏ラッセルFC (1-1,1-1)2-2
勝ち点1を分け合う。

まだまだ課題が多いチーム、トラップ、パス、シュートもっとレベルを上げていきたい。
その為には普段の練習からも本気で取り組みたい。
メンタル面でも強くして行かなくては選手としても成長出来ない。上を目指すなら自分自信を変えなくては…。
本日は保護者の方の応援サポート、野口コーチ審判帯同、有り難うございました。

5年コーチ 飯塚