2年以下kkリーグ⑤

会場 福田第二小学校                                   .

kkリーグ⑤ 2017/09/10(日) 
★2017フォルテ野田KKリーグ第5節結果

●kidsリーグ第5節結果
vsまちさかA 0-1 負け
vs松戸旭B 2-1 勝ち
vsつくし野A 6-0 勝ち
vsペガサス 4-0勝ち

本日の試合としては、初めの2試合では身体の大きい相手や、プレッシャーの速いチームを相手に
自分達の練習してきたドリブルが上手く出来ずにパスに逃げる場面が多く見られた。
試合の合間で、シュート、ドリブル、パスを状況に応じて考えて行うこと。
一対一の場面では絶対に逃げないことなどを話し、残りの試合は自分達の試合が出来ていたと思います。
しかし、これから学年が上がるにつれて相手チームのディフェンス、プレッシャーは確実に速くて強くなってくると思います。
そのような相手にもしっかりと自分達のサッカーが出来るように、技術的にも精神的にも成長していく必要があると感じました。

本日は暑い中サポートして頂いた保護者の皆様ありがとうございました。

2年コーチ 槇山
———————————————-
●Kinderリーグ第5節結果
日時:9月10日(日)
会場:福田第二小学校
コーチ
佐々木、パトリック、佐藤
メンバー
ひろと(C)、あきと、たける、キアン、ひまり、ゆうひ

9月に入り多少は気温も落ち着くかと思った日曜日でしたが猛暑日となり、暑さとの戦いでもありました。

第1試合
VS ハイビレッジFC 2-1勝ち
第2試合
VS 南流山SC 2-1勝ち
第3試合
まちサカSC A 7-0勝ち
第4試合
まちサカSC B 4-1勝ち

4試合全勝!にて終わる事ができた。

選手への指示
・空いているスペースにドリブルすること
・ドリブルしている選手の後ろをフォローすること
・団子状態でただボールを蹴るのではなくボールコントロールすること
・休む(遊ぶ)ことなくみんなが助け合うこと

試合前に各選手よりプレーでの目標を挙げさせ終了後にできたかどうかを確認。
初戦前には「点を5点決める」などの意気込みが多かったが、こなしているうちに
「ボールをキープする」、「取られても取り返す」などの意気込みにも変化があり、
試合前には自分たちでホワイトボードで作戦を練る姿も伺えた。

空いているスペースへのドリブルで自陣ゴール前まで運んでしまい危ない場面もあったが
後方からのフォローもできており、積極的に勝負を仕掛け走り負けない試合ができた。
今までの練習が結果として各選手が実力を発揮し役割を果たし、全勝で終わる事ができた。

執行コーチが審判を努めたため今回の試合は新米コーチ3名にて実施。
試合に望む中、コーチの中で約束事を決めた。
ドリブル!、シュート!、パス!などの選手が萎縮(考えなくなって)してしまうような
コーチングはせず、選手が自ら考えるサッカーをさせよう。
始まる前に具体的な方策を伝え、試合中は極力指示は出さず、終わってから選手に
できたできないを気付かせようと言うものだった。
なかなか難しかったです・・・。

本当に暑い中、選手たちは必死に頑張ってくれました。
今後も基本プレーの習得による選手全体の底上げを図り、元気なフォルテの育成をしていきたいと思います。

朝早くから会場設営など保護者の皆様にはご協力感謝いたします。ありがとうございました。
今後も宜しくお願い致します。

乱筆、乱文失礼いたしました。

報告者:1年佐藤
————-
今回は、選手13名選手、6名、7名の2チームでエントリーしました。
今回初の取組として、選手、コーチ共に課題を持ち、試合に臨みました。
コーチ陣は、試合中の選手に対する動きについて、ノーコーチングでいる事で、選手達が考え、選択する機会を作ろうと実施しました。
選手に関しては、各チームキャプテンを決め、試合前の招集や、選手のみでのミーティングの中心となる様、
また個人として、目標を明確にし、試合前後のミーティング時に確認を行いました。

Aチーム
4戦 3勝1分
対 つくしの 4-2 勝ち
対 まちさかB 2-2 引き分け
対 ペガサス 3-0 勝ち
対 ハイビレッジ 3-1 勝ち

全試合において、選手達全員がボールへ向かい、攻守に全力でチャレンジしているのが良くわかる試合でした。
普段練習の時は、諦める事が多かった選手も、今回の試合では、倒れても自ら立ち上がり、ボールを追いかけていました。
今回、良い試合が出来たのは、個々の技術だけでなく、気持ちが勝っていたからだと思います。
これは、選手達に考える機会を与えた事による成果の一部ではないかと思います。

残念な点としては、ゴールを決める事が出来た選手が、少なかった事です。
しかし、今回の様な気持ちを持ち続ける事で、次回以降、期待出来るのでは無いかと思います。

1年佐々木

kkリーグ④ 2017/07/09(日) 
KKリーグ第4節結果 ⇒★2017フォルテ野田KKリーグ第4節結果

●kidsリーグ第4節結果
まちサカSC B戦 10-0 勝ち
松戸旭SC A戦 4-1 勝ち
つくし野SC B戦 3-0 勝ち
FORZA沼南戦 7-0 勝ち
最近、練習で取り組んでいる相手DFを左右にかわす切り返しを実戦で何処まで使えるのかをテーマとしました。
まだまだ、縦に急いでドリブルを仕掛けてしまう選手が多かったが、積極的に左右に振る選手も見られた。
これからも落ち着いて左右に揺さぶるドリブルをチャレンジさせたいと考えております。
ドリブル軍団を目指す2年生コーチ陣でした。
昨日は朝早くから、また、猛暑のなか大会運営をして頂きました保護者の皆様に感謝申し上げます。

寺田  

●Kinderリーグ第4節結果
猛暑日となった今日、一年生10人、園児2人で2チームで挑みました。

試合結果
チームA
vsつくし野SC 3-1 ○
vsまちさかSCA 5-0 ○
vs南流山SC 6-1 ○
チームB
vsまちさかSCB 6-0 ○
vsFORZA!沼南 4-0 ○
vsペガサスJFC 2-3 ×

今までなかなか勝利することができず苦しんできた一年生チームも練習の成果が出てきた1日になりました。
詳細はパトリックコーチより。

執行
————————–
The day before the game (Saturday), I was told that we would be fielding two
teams on game day (Sunday). I had the challenging
task of dividing the teams. Our top two players usually play with the 2nd grade
team but not on this day, so we were able to compete at full force.
The game day objective was to execute what we had been practicing over the past
few weeks. First, to dribble in the ball
in from the sidelines after the ball goes out the play. Second, to dribble the
ball up ourselves and not rely on our strongest players to do so.
Third, to dribble the ball around congested areas towards an open space.
Fourth, to have our goalkeeper throw the ball to our players on the side of the
pitch, avoiding the center area.
We also pushed our goalkeepers to participate on offense. I believe that an
aggressive team forces positive things to happen.
The players executed today’s objectives very well. Our aggressiveness payed off
as both teams scored more goals than any
other team in the tournament, even while only playing three games compared to
the other teams’ four.
Highlight of the day: Both our kindergarten kids scored goals!

Patrick Frenette

試合の前日(土曜日)に、試合日(日曜日)に2チームを擁立すると言われ、私はチーム分けを頼まれチャレンジしました。
1年生上位2人の選手はいつも2年生のチームに入ってプレーしてましたが、今日は1年生チームに入り戦力が整いました。
今日の目的は、私たちが過去数週間にわたって練習していたことを実行することでした。
まず、サイドラインからのドリブルイン。素早くボールをセットしてドリブルする。
第2に、上手な選手に頼らずボールを自分自身でドリブルする。
第3に、混雑したエリアから周りを見て空いているスペースに向かってドリブルすること。
第4に、ゴールキーパーは真ん中ではなくピッチのサイドのスペースへボールを投球させる。
また、ゴールキーパーは攻撃に参加するよう求めました。
私は積極的な姿勢が良い結果に繋がると信じています。
選手たちは今日の目標を非常にうまく実行しました。
今日の試合数は他のチームが4試合に対してフォルテのチームはそれぞれ3試合しかなくても積極的なプレーが功を奏し
他のチームよりもたくさんのゴールが生まれました。
今日のハイライト:両方の幼稚園の子供たちがゴールを決めました!

パトリック・フレネッテ

和訳:執行
                                                   .

kkリーグ③ 2017/06/11(日) 
8-0まちさか、4-0FORZA沼南、2-1つくし野、10-0南流山 会場 福田第二小学校

vsまちさか 8-0
vsFORZA沼南 4-0
vsつくし野 2-1
vs南流山 10-0

今日の課題はドリブルでサイドから中に切り込む、ドリブルしてる選手の後ろに付きフォローする。でした
全試合通して意識して出来ている場面と出来ていなかった場面が見られましたが、
全選手が積極的にフェイントを使いチャレンジ出来ていました。
また、細くドリブルするか、スペースにドリブルするかの判断も良くなってきました。
次の課題はシュート打つ時に逆サイドに打つ意識付けをしていきたいとおもいます。

今日も暑い中準備、運営、応援ありがとうございました。

だいし